番組評以外のラジオの話題

放送記念日(3月22日)

○放送記念日(3月22日)

 

3月22日は放送記念日。日本最初の放送電波が送信されたことを記念し、NHKが1943年に制定。

1925(大正14)年3月22日9:30、東京放送局(現在のNHKラジオセンター)が、東京府東京市芝区新芝町(現・東京都港区芝浦)の東京高等工芸学校内の仮送信所から放送した。放送周波数800kHz、出力約220W、コール・サインは現在と同じJOAK。

 


放送記念碑
 

記念プレート
 

第一声は京田武男アナウンサー:

アーアー、聞こえますか。

JOAK、JOAK、こちらは東京放送局であります。こんにち只今より放送を開始致します。

この放送の音源は残っていないと言われている。

素朴な疑問探求会[編]『明治・大正人の朝から晩まで』(河出書房新社 、2008年)によると、放送初日のタイムテーブルはこんな感じ:

  1. 第一声(9:30-)
  2. 天気予報
  3. 海軍軍楽隊の演奏
  4. 記念式典(10:00-)
    後藤新平総裁挨拶
  5. 音楽
  6. ラジオ劇

通常は下記タイムテーブルの様な放送を行っていたようだ:


1925(大正14)年のラジオ番組表
『朝日年鑑』大正15年(朝日新聞社、1926年)
 

送信機には、アメリカ製の電信電話用送信機を放送用に改造したものが使われた。

仮送信所の写真や、そのとき使われた送信機の実物は、NHK放送博物館(東京都港区愛宕)で見ることができる。

NHK放送博物館(公式サイト)

※当ブログ内の関連エントリー:

放送記念碑(東京都港区芝浦3-3-6 東京工業大学附属科学技術高等学校外)

萩原朔太郎「ラヂオ漫談」(1925年)

「箱から声が聞こえる!ラジオを恐れた大正人たち」、素朴な疑問探求会[編]『明治・大正人の朝から晩まで』(河出書房新社 、2008年)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本大震災から6年、臨時災害FMの現状

○東日本大震災から6年、臨時災害FMの現状

 

東日本大震災を受けて開局された臨時災害放送局(災害FM)の現状。

誤りのご指摘やご意見がありましたら、ご忌憚なくどうぞ。

太字で、局名の末尾に「*」のあるものが現在災害FMとして放送中の局。

岩手県

  • かまいしさいがいエフエム* 86.0MHz(釜石市)
  • りくぜんたかたさいがいエフエム* 80.5MHz(陸前高田市)
  • おおつちさいがいエフエム 77.6MHz(上閉伊郡大槌町)
    →廃止(2016年3月18日)
  • 奥州エフエム 77.8MHz(奥州市)
    →2011年3月29日に元の出力に戻る。
  • FM One 78.7MHz(花巻市)
    →2011年4月3日に元の出力に戻る。
  • みやこさいがいエフエム 77.4MHz(宮古市)
    みやこたろうさいがいエフエム 77.4MHz(宮古市)
    みやこハーバーラジオ 82.6MHz(2013年8月26日開局)
  • IBC 山田災害臨時ラジオ 76.7MHz(下閉伊郡山田町)
    →2015年3月からFM補完中継局に移行予定。
  • おおふなとさいがいエフエム
    ・第1送信所 78.5MHz(大船渡市の一部)
     →廃止(2013年3月31日)
    ・第2送信所 80.5MHz(大船渡市および陸前高田市の一部)
     →廃止(2011年12月9日)
    FMねまらいん(2013年4月5日開局)
宮城県

福島県

関東地方の被災地

茨城県
  • FMかしま市民放送 76.7MHz(鹿島市)
    →2011年6月1日に元の出力に戻る。
  • ラヂオつくば 84.2MHz(つくば市)
    →2011年4月15日に元の出力に戻る。
  • たかはぎさいがいエフエム 76.8MHz(高萩市)
    たかはぎFM 76.8MHz(2013年4月1日開局)
  • とりでさいがいエフエム 89.4MHz(取手市)
    →廃止(2013年1月31日) 

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘉門達夫「怒りのグルーヴ~震災編~」(1995年)

◯嘉門達夫「怒りのグルーヴ~震災編~」(1995年)

 

1月17日は、阪神・淡路大震災が発生した日です。

1995年(平成7年)1月17日(火)に発生した兵庫県南部地震に端を発する大震災でした。

嘉門達夫「怒りのグルーヴ~震災編~」(1995年)は、阪神・淡路大震災を期につくられた曲です。


嘉門達夫「怒りのグルーヴ~震災編~」(1995年)
 

この曲は、私の記憶が正しければ、もともとあった「怒りのグルーヴ」という曲に新たな歌詞が付けられたもので、「KAMON・SAIKOの爆裂スーパーファンタジー」(JFN、1993年4月〜1995年6月)(TOKYO FM系)内で歌われ、のちにCDになりました。

僕ぐらいの歳だと、嘉門達夫と言えば「鼻から牛乳」(1992年)の人だったので、ラジオでこの曲を聴いた時には、「こんな歌も歌うのか」と強く印象に残った記憶があります。

この曲は、2011年の東日本大震災の際に再び注目され、「怒りのグルーヴ〜震災篇2011〜」(2011年)もつくられました。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

在京ラジオ局新規採用者数一覧(1987〜2015年度)

◯在京ラジオ局新規採用者数一覧(1987〜2015年度)

 

在京主要ラジオ局の新規採用者数一覧表に2015年度のデータを加えて更新してみました(1987〜2015年度)。

年度
TBS
文化
ニッ
ポン
日本
Inter
TFM
J-WA
NIKK
2015
0
0
5
0
4
9
4
0
2014
0
0
3
3*
0
9
0
0
2013
0
3
4
0
0
6
0
1
2012
2
2
1
0
14
0
2
0
2011
2
2
2
1
0
2
0
0
2010
3
0
0
0
0
0
0
2
2009
2
3
3
0
5
0
0
0
2008
3
3
5
1
3
5
0
1
2007
5
3
5
2
0
5
0
2
2006
2
4
2
3
0
6
0
2
2005
5
2
4
0
3
4
0
0
2004
6
1
5
0
4
5
0
0
2003
7
2
8
0
0
4
0
0
2002
7
2
7
2
0
17
0
0
2001
6
0
10
3
0
13
0
4
2000
(27)
0
6
3
0
13
0
4
1999
(21)
5
10
4
0
10
2
0
1998
(35)
5
10
2
0
8
2
4
1997
(33)
7
24
4
8
8
3
2
1996
(40)
4
12
2
-
5
2
4
1995
(39)
4
12
2
-
5
2
4
1994
(42)
4
15
0
-
6
0
3
1993
(38)
4
8
0
-
0
0
3
1992
(42)
8
11
0
-
0
0
4
1991
(49)
10
15
0
-
8
0
5
1990
(60)
13
12
0
-
9
4
6
1989
(59)
5
10
0
-
9
3
5
1988
(58)
10
10
0
-
6
7
5
1987
(46)
9
12
0
-
6
-
11

※2014年度のラジオ日本の採用3名は契約社員。

参考

  • 1989年12月29日:日経平均株価最高値(最高値38,957.44円/終値38,915.87円)
  • 1987年10月19日:株価大暴落(ブラック・マンデー)
  • 1990年10月1日:日経平均株価最高値一時2万円割れ。バブル経済崩壊へ。
  • 1991年3月〜2002年1月:失われた10年 
  • 2004年:ネット広告費がラジオ広告費を初めて上回る。
  • 2008年9月15日:リーマン・ショック
  • 2009年:有効求人倍率最低(0.45倍)
  • 2011年3月11日:東日本大震災

※当ブログ内の関連エントリー

ラジオ局売上高ランキング(関東)平成27(2015)会計年度

「ニッポン放送 批判」で検索してこのブログを見ている人がここ数日やたら多い件について


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオ局売上高ランキング(関東)平成27(2015)会計年度

◯ラジオ局売上高ランキング(関東)平成27(2015)会計年度

 

関東のラジオ局を売上高の順に並べてみました。

関東限定ですが、矢野研の『マーケットシェア事典』より詳しいと思います。

関東ラジオ局売上高ランキング
平成27会計年度(2015.4.1-2016.3.31)
単位:千円
放送局 売上高 税引前当期利益 当期純利益
ニッポン放送 14,475,333 142.959 145,099
エフエム東京 14,271,930 1,923,139 1,324,648
TBSラジオ&コミュニケーションズ 10,674,604 352,0880 210,280
文化放送 7,462,111 1,004083 902,133
J-WAVE 4,645,559 257,379 177,227
FM NACK5 2,807,956 338,432 74,588
横浜エフエム 2,477,817 139,356 116,929
ベイエフエム 2,310,945 130,732 74,588
アールエフラジオ日本 1,764,150 ▲476,924 ▲477,938
日経ラジオ社 1,517,544 ▲35,666 ▲37,066
エフエムインターウェーブ   1,382,859 101,143 89,854
エフエム群馬 809,672 8,163 894
エフエム栃木 744,498 27,162 22,488
エフエム富士 616,343 14,211 15,632
茨城放送 609,054 54,483 53,291
栃木放送 518,622 13,830 12,491
※参考
日本テレビ放送網 307,077, * * * 9,488, * * * 30,116, * * *
フジテレビジョン 289,708, * * * 6,257, * * * 3,348, * * *
テレビ朝日 228,224, * * * 12,168, * * * 8,056, * * *
TBSテレビ 210,353, * * * 9,488, * * * 6,349, * * *
テレビ東京 107,396, * * * 5,981, * * * 4,142, * * *
東京メトロポリタンテレビジョン   16,470,* * * 1,377, * * * 899, * * *
サンテレビジョン 5,959,544 287,467 156,068

 

日本民間放送連盟[編]『日本民間放送年鑑2016』(コーケン出版、2016年)掲載の各局損益計算書をもとに作成しました。

※関東外ですが、手元のチューナーで東京の地域設定でプリセットされているFM-FUJIも追加しています。

※1000の位以下は四捨五入、10万円台以下の不明な数字は「*」で置き換えています。

※当ブログ内の関連エントリー

ラジオ局売上高ランキング(関東)平成26(2014)会計年度

ラジオ局売上高ランキング(関東)平成25(2013)会計年度

ラジオ局売上高ランキング(関東)平成24(2012)会計年度

ラジオ局売上高ランキング(関東)平成23(2011)会計年度


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディスク・ジョッキーの日(12月28日)

○ディスク・ジョッキーの日(12月28日)

 

12月28日は、元ニッポン放送アナウンサーで、「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)の初代パーソナリティー陣のひとりでもある糸居五郎(1921年1月17日-1984年12月28日)の命日。

ラジオ・プロデューサーの「ドン上野」こと上野修(?-2002年6月30日)の提唱により、この日がディスクジョッキーの日と定められたとのこと。


「糸居五郎のオールナイトニッポン」最終回エンディング
(ニッポン放送、1981年6月30日(月)27:00-29:00)
※司会はくり万太郎
 

「ミュージック・スペシャル in DAC」
(FM東京、1976年11月?日)
※DAC——今はなき第一家電のことなんですねぇ。FM東京でも番組を担当していたとは知りませんでした。
 

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回大本営発表(真珠湾攻撃・太平洋戦争開戦)(NHKラジオ、1941年12月8日(月)7:00-)

○「第1回大本営発表(真珠湾攻撃・太平洋戦争開戦)」(NHKラジオ、1941年12月8日(月)7:00-)

 

下に紹介する音源は、真珠湾攻撃と英米との開戦を伝える大本営発表。1941年12月8日(月)7:00からNHKラジオで放送された。これが第1回目の大本営発表となる。

日本の戦争は、真冬に始まり、真夏に終った。

当時のNHKは既に第1放送と第2放送に分かれていた。もちろん、テレビはまだない。第2放送は1941年12月から戦争の影響で放送休止。正確な休止日が判らないので、大本営発表が第1放送のみだったのか、サイマル放送だったのかは不明。植民地で短波放送で聴いた人たちもいたかもしれない。ご存知のかた、是非ご教示ください。


 

臨時ニュースヲ申シ上ゲマス。臨時ニュースヲ申シ上ゲマス。

大本営陸海軍部、十二月八日午前六時発表。

帝国陸海軍ハ今八日未明、西太平洋ニ於ヒテ、アメリカ、イギリス軍ト戦闘状態ニ入レリ。

帝国陸海軍ハ今八日未明、西太平洋ニ於ヒテ、アメリカ、イギリス軍ト戦闘状態ニ入レリ。

放送されたのは月曜日の早朝で、

真珠湾攻撃の第一報である。この日は月曜日だった。第1次攻撃隊の攻撃発起は8日午前3時25分。ハワイ時間の7日(日曜日)午前7時55分だった。休日・安息日の朝だからこそ、奇襲になる。[……]「12月8日」という形で日本時間で理解していると、「日曜日の奇襲」の仕掛けがわからない。

米英軍「と」から「ともに」へ 2003年12月8日
(「平和憲法のメッセージ 早稲田大学・水島朝穂のホームページ」内)

上に引用した大本営の音源には、続けて同日午後一時発表の音源が収められている:

臨時ニュースヲ申シ上ゲマス。臨時ニュースヲ申シ上ゲマス。

帝国海軍ハ、ハワイ方面ノアメリカ艦隊並ビニ航空兵力ニ対シ決死ノ大空襲ヲ敢行シ、シンガポール其ノ他ヲモ大爆撃シマシタ。

大本営海軍部今日午後一時発表。

一、帝国海軍ハ本八日未明、ハワイ方面ノアメリカ艦隊並ビニ航空兵力ニ対シ、決死ノ大空襲ヲ敢行セリ。

二、帝国海軍ハ本八日未明、上海ニ於ヒテイギリス砲艦ペトレル号ヲ撃沈セリ。アメリカ砲艦ウエーキ号ハ同時刻我ニ降伏セリ。

三、帝国海軍ハ本八日未明、シンガポールヲ爆撃シテ大ナル戦果ヲ収メタリ。

四、帝国海軍ハ本八日早朝、ダバオ、ウエーク、グアムノ敵軍事施設ヲ爆撃セリ。

アナウンスの読み上げの前にチャイムが流れる。これは緊急放送時に用いられるもので、内容の重要度によって3段階あるとのこと。上掲音源のチャイムは最も重要度の高い放送の時に用いられるものだとか。


NHKの緊急放送チャイム3段階
 

当ブログ内の関連エントリー:

玉音放送(NHKラジオ第1、1945年8月15日(水)12:00-)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リクエストの日(10月25日)

◯リクエストの日(10月25日)

 

リクエストの日

10月25日は「リクエストの日」。

1936年の10月25日、ドイツ放送ベルリン局(Deutschlandsender Berlin)で、ラジオのリクエスト番組が始まったことに由来する、と言われている。

ことの発端は1935年のクリスマス、オーケストラによる生演奏番組の放送中に、リスナーから、自分の好きな曲を演奏してほしいとの電話が入った。番組はこれに応えた。これが世界初の電話リクエストと言われている。

しかし、注意深い人はお気づきかもしれない——「10月25日じゃないじゃん」。世界初の電話リクエストは1935年の12月25日だが、1936年の10月25日まで10か月の時間差がある。

この話には続きがある。

1935年の12月25日にリクエストが叶ったリスナーは、お礼として「ドイツ民族冬季援助活動」(Winterhilfswerk des Deutschen Volkes)に20ライヒスマルクを寄付した。救世軍の社会鍋のような慈善活動と思われる。

この出来事に着想を得たドイツ放送アナウンサーのハインツ・ゲデック(Heinz Goedecke)は、年明けの1936年1月14日、「冬季援助活動のためのリクエスト・コンサート」(Wunschkonzert für das Winterhilfswerk)を放送。今の日本で言うと、「ラジオ・チャリティー・ミュージックソン」(ニッポン放送、毎年12月24日12:00〜12月25日12:00)みたいなものかもしれない。

肝心の1936年10月25日開始の番組については、結局、今のところ判らずじまい。ウェブ上の文章や書籍を結構調べたのだけれど、10月25日の番組について具体的な記述が見当たらない。推測だが、同じコンセプトの番組がレギュラー化したものと思われる。調査継続中。情報をおもちの方は、是非ご教示を。

いずれにせよ、心温まるラジオのいい話だ。

「国防軍のためのリクエスト・コンサート」

しかし、以上はすべて、ナチス政権下で起こった出来事である。

人間は、いかなる時にも善意とユーモアを失わず、他者をいたわる存在であるとも言えるが、裏を返せば、普通の善良な市民が、他者の殲滅を目論む専制に容易に加担しうるとも言える。皮肉な真実である。

その後、番組は方向転換する。

ドイツ軍のポーランド侵攻によって第二次世界大戦の口火が切られたのは1939年9月1日。そのちょうど1か月後の10月1日、番組は、兵士たちのリクエストに応える「国防軍のためのリクエスト・コンサート」(Wunschkonzert für die Wehrmacht)へと衣替えし、前線・銃後における国威発揚と軍資金調達のために利用された。

この番組は、エドゥアルト・フォン・ボルゾディ(Eduard von Borsody)監督のプロパガンダ映画『リクエスト・コンサート』Wunschkonzert(1940年)の題材として取り上げられた。


エドゥアルト・フォン・ボルゾディ[監督]
『リクエスト・コンサート』Wunschkonzert(1940年)

演壇に立っているのがアナウンサーのハインツ・ゲデック。
 

※[お願い]登場したドイツ語の固有名詞に定訳があれば、是非ご教示下さい。

「前線へ送る夕」(NHK)

ちなみに、日本で戦時中に放送されていた「前線へ送る夕」(東京放送局=現在のNHK)は、「国防軍のためのリクエスト・コンサート」を参考にしたものである。


「前線へ送る夕」
 

※当ブログ内の関連エントリー:

ラジオのダークサイド:NHKスペシャル 「なぜ隣人を殺したか〜ルワンダ虐殺と煽動ラジオ放送〜」(NHK総合テレビ、1998年1月18日(日)21:00-21:58)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民放ラジオ放送開始記念日(9月1日)

○民放ラジオ放送開始記念日(9月1日)

9月1日は、民放ラジオ放送開始記念日。

1951年9月1日、6:30に中部日本放送(CBCラジオ)が、12:00に新日本放送(現在の毎日放送 MBSラジオ)が日本初の民放ラジオ局として本放送を開始。これを記念して制定された。

※当ブログ内の関連エントリー:

民放の日(4月21日)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都知事選挙:ラジオの開票速報番組一覧(各局、2016年7月31日(日))

○東京都知事選挙:ラジオの開票速報番組一覧(各局、2016年7月31日(日))

 

 


ラフィータフィー「目覚まし時計は歌う-選挙ソング」(2000年)
 

2016年7月31日(日)は東京都知事選挙の投票日。

選挙当日のラジオの開票速報特番の一覧をつくってみた。


放送時間分布図(詳細はご確認を)
 

◇NHK第1:「東京都知事選開票速報」20:00-20:15、23:00-23:20

NHKネットラジオらじるらじるでもサイマル放送を実施、

 

◇TBSラジオ:「東京都知事選挙開票特別番組 都民の選択・都政の未来 」21:00-22:00

特設サイトなし

【司会】
カンニング竹山
外山惠理(TBSアナウンサー) 
【解説】
武田一顕(TBSラジオ国会担当記者)
木寺元(政治学者)

独自のストリーミング放送も実施。

 

◇文化放送:「首都決戦!東京都知事選挙開票スペシャル」19:50-21:00

[出演]
砂山圭大郎(文化放送アナウンサー)
白石真澄(関西大学教授)
たかまつなな(お笑いジャーナリスト)

[電話もしくはコメント出演]
北川正恭(前三重県知事)
上田清司(埼玉県知事)
松沢成文(前神奈川県知事)
伊藤惇夫(政治アナリスト)

 

◇ニッポン放送:「ニッポン放送 東京都知事選挙開票速報!どうする?どうなる?東京の未来!!」21:00-22:00

[解説]
鈴木哲夫(政治ジャーナリスト)
石元悠生(産経新聞編集委員・元猪瀬直樹都知事秘書)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧