« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

トランジスタの日(6月30日)

○トランジスタの日(6月30日)

 


RCサクセション「トランジスタラジオ」(1981年)
 

アメリカのベル研究所(Bell Laboratories)のジョン・バーディーン(John Bardeen 1908-1991)とウォルター・ハウザー・ブラッテン(Walter Houser Brattain 1902-1987)は、トランジスター開発につながる現象を発見した。

ウィリアム・ブラッドフォード・ショックレー(William Bradford Shockley 1919-1989)と研究を進め、3人の連名で1948年6月30日にトランジスターの発明を発表。1956年にはノーベル物理学賞を受賞した。

トランジスター(transistor)の名付け親は、ノーベル物理学賞受賞者のジョン・R・ピアース(John R. Pierce 1910-2002)。

トランジスターの発明者は日本人?

ちなみに、トランジスターの発明者は日本人だという説もある。

その説とは、NHK技術研究所の内田秀男が、上記3名に先立ってトランジスターの原理をすでに発見していたというもの。

「鉱石ラジオの鉱石は検波しかないが、真空管は検波用もあれば増幅用もある。ならば鉱石でも増幅用ができないだろうか?」という学生時代の着想が元になっているという。思考の流れとしては筋が通っている。1943年にはトランジスター発明の確信を得て、戦後には開発に必要な条件を満たした鉱石の調達の目処も立っていたという。内田はこのトランジスターを「三極鉱石」と命名。

画期的なアイディアであったが、上司の無理解で発表の機会が得られず、GHQの検閲によりこの情報がアメリカに漏れたと言われている。ベル研究所の3名がトランジスターの発明を発表したのは、検閲の半年後だったという。

ただ、当時の日本では、トランジスター開発に必要な高純度のシリコンやゲルマニウムの結晶は入手できなかったとの理由で、日本人発明説を否定する声もある。

これらの話を聞いた素人の私の感触では、内田秀男はトランジスター原理を発見し、発明直前までアイディアを練っていたものの、実際に現物をつくるところまでは至らず、ベル研究所の3人に先を越されてしまったということなのかもしれない。

ちなみに、秋葉原のラジオセンターの2階に「内田ラジオアマチュアショールーム」という店がある。クラシックなラジオが所狭しと並べられた店内におばあさんが座っている。この方が内田秀男夫人の久子さん。内田秀男が開いた店とのこと。

ラジオセンターにそのような店が存在するというのも象徴的だ。この話を聴くまでは店の前を何の気なしに通っていたけれど、この話を知って以来、特別な店のような気がしている。

NSの歩きかた 第10回 アキバに見た ヴィンテージ・ラジオの宝庫(「NipponStyle JKヴィジュアルアーカイブ」内)

秋葉原ラジオセンター各店舗のご案内 内田ラジオアマチュアショールーム


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FMの日(6月13日)

○FMの日(6月13日)

 

6月13日は「FMの日」なのだとか。FMの「F」がアルファベットの6番目、「M」が13番目というのが由来とのこと。

FM(frequency modulation:周波数変調)の発明者はエドウィン・ハワード・アームストロング(Edwin Howard Armstrong, 1890-1954)。彼は、超再生方式、スーパーヘテロダイン方式の発明者でもあり、20世紀で最も偉大なラジオ技術者のひとり。

ちなみに、FMラジオの特許成立は1933年12月26日(アメリカ合衆国特許第1,941,066号)。

RADIO SIGNALING SYSTEM - Google Patent Search

以前、ローレンス・レッシグ『FREE CULTURE』(翔泳社、2004年)で、FMラジオについて、次のような印象深いエピソードを読んだことがある——

アームストロングは、1935年11月5日、エンパイア・ステイト・ビルディング(Empire State Building)で行われていた無線技術者協会の会合でFM放送の実証実験を行い、これまで聴いたこともないクリアーな音声で人びとを驚かせた。

アームストロングはRCA(Radio Corporation of America、AV機器用ケーブルのRCA端子でおなじみですね)からの依頼をきっかけに、このFM技術を発明した。

ただ、RCA社長のデイヴィッド・サーノフ(David Sarnoff, 1891-1971)は、アームストロングがAM放送のノイズ除去フィルターを開発するものと期待していた。意に反して、アームストロングはAM放送に対抗しうる全く新しい放送技術を発明してしまったのだ。即ち、アームストロングは、RCAのライヴァルになってしまった。

RCAは当時のアメリカ合衆国のラジオ業界を牛耳る存在。サーノフ社長は、FM技術を社内に封じ込めた。そして、連邦通信委員会(FCC)長官・AT&Tなども巻き込み、テレビ用の周波数調整の名目でFMラジオの割当周波数帯を変更し、出力も制限した。結果として、FMラジオの普及は遅れた。

テレビにもFM技術が使われているが、RCAはアームストロングにFM技術の特許無効を宣告、特許使用料支払いを拒否。

アームストロングはRCAとの訴訟のあと破産し、1954年1月31日、妻へ宛てた遺書を残して13階の窓から投身自殺した。

以上がローレンス・レッシグ『FREE CULTURE』で紹介されていたFM技術開発の裏話。

サーノフ社長は、アームストロングの訃報にふれて「私がアームストロングを殺したわけではない」(I did not kill Armstrong.)とコメントしたと言われている。

皆さんが日頃聴いているFMラジオの背景にはこのような話があることをぜひご記憶ください。

Edwin Howard Armstrong (1890 - 1954) - Find A Grave Memorial(英語)
※お墓検索サイトのアームストロングのページ。サイバーお墓参りをどうぞ。ヴァーチャル献花もできるようです。


Edwin Howard Armstrong, 1890-1954
 

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミュニティ放送の日(6月6日)

○コミュニティ放送の日(6月6日)

 

日本コミュニティ放送協会(JCBA)が、2006年5月に、6月6日をコミュニティ放送の日に制定。6月6日は、JCBAが中間法人として設立登記された日に該る。

以上。

……これで終りではなんなので、関連した話題をもう少し。

現在は削除されているが、以前JCBAトップ・ページに「radio☆star」というバナー広告が掲載されていた。気になったのでクリックしたところ、そのとき既に「Not Found」。

調べてみると、「radio☆star」とは、ポッドキャスティングのポータルサイト Castalia を運営するキャスタリア株式会社JCBAが提携して、個人発ポッドキャスト番組をコミュニティーFM局向けに供給可能にするSNSだったようだ。同時に、放送コンテンツをポッドキャスティング配信するための管理ツールをコミュニティーFM局に提供していた。

Castalia -キャスタリア株式会社- 個人発ラジオ番組プロダクションサイト「radiostar」の開始ーネット経由でコミュニティFM約200局への番組提供可能

Apple Tips 第29回 ポッドキャストを活用したビジネスモデルに学ぶ、その2  すべてのものづくりの根源は「あったらいいな」というモノコト | 大塚商会
※Podcasting954(TBSラジオ)オリジナル番組「Apple Tips」サイト。音源公開は終了。番組内容の要約を掲載。

もう終了したものと思われる。

配信管理ツール「castplant」のサイトには、最近までradio☆starのログイン・ページが残っていたけれど、コチラも今はアクセスできない。

結果としてどのような番組がどのくらいコミュニティーFM局に供給されたのか興味があるところだが、定かではない。

面白い試みだったと思うんだけどなぁ。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

是枝裕和監督『万引き家族』のパルム・ドール受賞を祝福しない安倍政権に関する『ル・フィガロ』紙の記事を訳してみました。

◯是枝裕和監督『万引き家族』のパルム・ドール受賞を祝福しない安倍政権に関する『ル・フィガロ』紙の記事を訳してみました。

 

是枝裕和監督『万引き家族』のパルム・ドール受賞を祝福しない安倍政権に関する『ル・フィガロ』紙の記事を訳してみました。

元記事:Robin Cannone, "Une affaire de famille: la palme de l'embarras pour le gouvernement japonais" Le Figaro, Mis à jour le 22/05/2018 à 10:04 Publié le 21/05/2018 à 16:10

誤訳がありましたら、忌憚なくご教示下さい。

* * *

『万引き家族』:日本政府にとっては困惑のパルムドール

ロバン・キャノン

是枝裕和がカンヌ映画祭で名誉ある賞を受賞しても、海外で賞を受けた日本人に対して通常は賛辞を贈るはずの日本の首相は沈黙したままだ。それもそのはず、この映画監督は、自身の映画やインタヴューで日本の政治を非難することをやめないからだ。

日本政府は、海外で名誉ある賞を受賞した日本人に対する称賛を惜むということは通常はない。2016年のノーベル医学生理学賞の大隅良典から、翌年のノーベル文学賞のカズオ・イシグロ、そして、つい最近の平昌オリンピックで入賞したメダリストたちまで、かれらはみな安倍晋三首相から祝福され、のちに訪問を歓迎されている

※[訳註]カズオ・イシグロは安倍総理を訪問していないはずなので、『ル・フィガロ』が誤解していると思われる。

第71回カンヌ映画祭のパルム・ドール受賞者の是枝裕和が慣例通りには行かないのはもっともなことだと、ル・ポワン誌の記者たちは言う。それもそのはず、受賞した彼の長編映画『万引き家族』は、日本の保守政権は真っ向から批判しているように見えるからだ。特に、この映画監督はかつて、この日出づる国の文化政策については辛辣だった。

国の事情?

「ドラマなき社会派ドラマ」である是枝の13作目の映画は、ル・フィガロの文化部チーフエディターのフランソワ・オーベルによれば、「日本社会の崩壊に対する最後の砦としての助け合う家族」の物語である。『誰も知らない』の監督による、家族というプリズムを通して日本社会の崩壊を観察するひとつの方法だ。安倍自民党政権が主導する政治の責任を問うひとつの方法でもある。是枝は数日前、「富める者と、働いても生きるのが困難な貧しい者との間に格差が広がっている」と『ル・フィルム・フランセ』の記者に説明した。

『そして父になる』の監督は、「第七芸術を軽視している」としてすでに首相には敵対的であった。この映画監督は、作家性の高い映画が日本から無くなることを危惧しつつ、文化を国民的議論の中心に据え直すよう求めてきた。彼によれば、安倍氏が主導する文化政策は、インディペンデント映画を犠牲にして商業映画を優遇している。輸出の問題であり、深い考えはない、と是枝は批判する。彼は、東京国際映画祭開幕の首相あいさつに対して、「ここ日本では、文化が、国にもたらしうる利益という観点でしか考えられていない。この見方は映画やオリンピックに対しても同じだ。しかし、彼ら対して、それは間違っていると声高に言わなければならない」と発言した。

日曜日、カンヌでの受賞後、日出づる国の新聞がこの映画監督についての長文記事に紙面を割いても、首相とその周辺はひと言も発しなかった。月曜日になって、会見で記者からの質問に答えて、官房長官が「是枝氏を心から祝福」しただけだった。まるで虫歯を抜くのと同じように、口から強引に引き出されたような祝福の言葉ではあったが……。

是枝裕和監督 最新作『万引き家族』公式サイト


是枝裕和『万引き家族』予告編
 

※当ブログ内の関連エントリー:

伊藤詩織さんに関する『ル・フィガロ』紙の記事を訳してみました。

『ル・フィガロ』紙の『この世界の片隅に』片渕須直監督のインタビューを訳してみました。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »