« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

民放の日(4月21日)

○民放の日(4月21日)

 

4月21日は「民放の日」。

日本民間放送連盟:4月21日は民放の日

1951年4月21日に民放ラジオ16社に初の予備免許が与えられたことを記念し、日本民間放送連盟(=民放連)が制定した記念日。

この記念日は、1968年に「放送広告の日」として制定され、1993年に「民放の日」へと改称された。

ちなみに、1951年9月1日の6:30に中部日本放送(CBCラジオ)が、12:00に新日本放送(現在の毎日放送 MBSラジオ)が日本初の民放ラジオ局として本放送を開始。

これを記念して制定されたのが「民放ラジオ放送開始記念日」(9月1日)。

※当ブログ内の関連エントリー

民放ラジオ放送開始記念日(9月1日)

世界初のラジオ局開局の日(1920年11月2日)

放送記念碑(東京都港区芝浦3-3-6 東京工業大学附属科学技術高等学校外)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅直人の脱原発フランス訪問に関する仏『ル・パリジャン』紙の記事を訳してみました。

◯菅直人の脱原発フランス訪問に関する仏『ル・パリジャン』紙の記事を訳してみました。

 

菅直人衆議院議員の脱原発フランス訪問に関する『ル・パリジャン』紙の記事を訳してみました。2018年3月11日の記事です。

元記事:Emilie Torgemen, « Fukushima : Naoto Kan, le repenti du nucléaire, en tournée en France », Le Parisien, 11 mars 2018, 13h17.

自信のないところもあるので、誤訳がありましたら、忌憚なくご教示下さい。。

* * *

福島:菅直人、原子力に関する自責の念 フランス行脚にて

エミリー・トルジュマン 2018年3月11日

7年前、福島における原発の大惨事のとき、菅直人は日本の総理大臣だった。それ以来、彼の人生と信念は大きく変わった。彼は今週の月曜日、メッセージを伝えるためにフランスを訪れる。

「もし全てが悪い方向に進めば、原発事故は、最悪の戦争の惨禍よりもはるかに悲惨な結果をもたらします」と菅直人は冷静沈着な声で述べる。この一文には経験の重みがある。というのも、この言葉の主は、福島の原発の大惨事のとき指揮を執っていたからだ。その人物は日本の元総理大臣だ。

現在、衆議院議員(立憲民主党)の菅直人は、2011年以来の反原発運動のロックスターのように、脱原発ネットワーク(Réseau sortir du nucléaire)とエコー・エシャンジュ(Écho échange)の招きを受けて今週月曜日にフランス行脚を開始する(下記参照)。そして、すべてのスターと同様に、彼にインタヴューするのは一筋縄ではいかず、優秀かつ熱心な助手たちと交渉しなければならず、彼らは新聞の影響力を綿密に考慮してから電話インタヴューの権利を承諾する。

しかし、電話の向こうの、反原発に改宗した72歳の男は、温和であると同時に勿体ぶった言葉を使うこともない。彼は先だってのフランス訪問を思い出す。それは2年前で、彼は福島の悲惨な経験を共有するために既にフランスを訪れていた。「私は、フランス、アメリカ、イギリス、デンマーク、韓国、台湾、ポーランドでお話しさせて頂きました」と彼は列挙する。彼は政権を離れて以来、行脚の旅を続け、会見や集会を重ねている。「どこへ行っても同じメッセージをお伝えしています。原子力から脱却しなければならない!」

「日本の原発に自信を持っていた自分に嫌気がさしている」

2011年3月11日に——今週の日曜日で7年になるが——海底大地震は、福島第一原発の6機中3機の相次ぐメルトダウンにつながる津波を引き起こした。

チェルノブイリとともに史上最悪の原子力事故(国際的な評価尺度INESの最高レべル)に格付けされた福島は、今後何世代にも余波を及ぼすだろう。菅直人は、今でも3月11日から15日のあいだに経過した1分1秒を思い出す。その間は最悪の事態は避けることができたと言えるだろう。彼は、ある本*でそれらについて振り返っている。

しかし、彼が生まれ変わったのは、厳密には、辛くも大惨事を免れた後で、「私は180度変わりました。正直言って、日本の原発に自信を持っていた自分に嫌気がさしています」と彼は語る。すべてが変わったのは、彼の要請に応じて、原子力安全委員会委員長があの事故は原発から半径200kmの避難につながる恐れがあったことをシミュレーションによって明らかにしたときだった。そこには東京の人口密集地域も含まれる。「つまり5000万人の住民、日本の全人口の40%にあたります。30年から50年経つまでは家に帰ることができなくなる恐れのある住民のことです」と彼は主張する。行政機関の完全崩壊と日本国の終焉を伴う事態だ。

物理学者の専門家

「菅直人は、権力の座に就いたときは、政権交代を象徴していた。取り替え可能なテクノクラートとはほど遠かった」と翻訳家で日本の左翼に詳しいカトリーヌ・カドゥーは語る。68年世代で市民社会派の彼は、あるフェミニストの助手としてキャリアをスタートさせた。しかし、彼はかつては、いわゆる「特には考えない」原発推進派だった。「すべての日本人と同様に、私もわが国の高水準の技術に自信を持っていました」と彼は振り返って分析する。もちろん、物理学の専門家である彼は、1986年のチェルノブイリについても知っていたが、それは、砂上の楼閣となった大国・ソ連でのことだった。

ベテラン政治家である菅直人が、国政選挙の下心を満足させるために世界水準の反原発拡声器になったのではないかと疑う人もいるかもしれない。そんなことはどうでも良い。彼は福島の経験からの真摯に影響を受けているようだ。2011年夏、彼は1年2ヶ月権力の座に就いて、日本の原子炉54基を停止し、代替エネルギーへの投資を奨励する法案を成立させた後にはじめて退陣を受け入れた。

フランスのための指南

国のエネルギーの75%が原発でつくられ、世界で最も原子力化した国であるフランスに到着する前日、世界の果てからやってきた伝道師は、フランス政府が「原子力への依存を減らすだけでなく、再生可能エネルギーの開発を行う」ことができると信じたいと思っていた。「とりわけ福島以降に基準が強化されたため、原子力でつくられた電力のコストは競争において優位ではないからこそなおさらです」と彼は主張する。その瞬間、活動家は政治的戦略家へと変わる。

トラウマを受けた国だというのに原発が再稼働するという事実を思い起こすとき、彼が好んで言及するのは、7年間で再稼働したのが4基であるのに対して、安倍晋三首相は1年に7基の再稼働を公約にしているということだ。「デモや、時に消極的な抵抗になることもある地元の人々や、原子力業界に反対する団体に触発された幾多の行動のおかげで、アンゲラ・メルケルは、自身の意見で推進した原子力から脱却した」と、ドイツの例を引きながらこの活動家は指摘する。

フランスに関しては、エコロジー大臣が公約にかかげるように、原発でつくられる電力を70%から50%に減らすことですでに「第一歩」を踏み出しているのかもしれない。例えば、フランスは歴史上最大の大破局のひとつを自国内で経験していたかもしれないし、歴史的な大惨事を辛くも免れることができたのかもしれないし、今後も楽観的なままかもしれない。

*My Nuclear Nightmare, Cornell University Press(未仏訳)。
(訳註:『東電福島原発事故—— 総理大臣として考えたこと』(幻冬舎新書、2012)の英語版。)

菅直人のフランス行脚
菅直人は、今秋の月曜日にパリで行われる映画『太陽の蓋』の上映会に参加する予定である。彼のキャラクターが劇中に登場し、福島が経験した5日間をたどるフィクションである。彼は明日、3月18日まで脱原発に関する国民投票を組織するグループ「服従しないフランス」(France insoumise)の招きで国民議会に出席する。
彼はその後、フランスの原子力関連施設、とりわけフラマンヴィル原子力発電所(マンシュ)を訪れ、続いて、ラ・アーグ再処理工場へ向かう。


映画『太陽の蓋』予告編
 

※当ブログ内の関連エントリー:

翻 訳:仏ル・モンド紙「福島:日本の司法、反原発運動家を訴追、東電を無罪放免」:"Fukushima : la justice japonaise poursuit les antinucléaires et blanchit Tepco", Le Monde, 12 septembre 2013

ル・モンド紙、震災と原子力ロビーに関する記事を翻訳してみました:「福島、罪深き沈黙」 "Fukushima, silences coupables", Le Monde, 26 Mars 2011


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蝮さんは東京の移動祝祭日だ:「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」(TBSラジオ)が週1回放送になることについて。

○蝮さんは東京の移動祝祭日だ:「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」(TBSラジオ)が週1回放送になることについて。

 

「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」(TBSラジオ)が、これまでの月〜木曜日の放送から、金曜日のみの週1回の放送になる。

1969年10月6日に放送開始し、「こんちワ近石真介です」に内包され、そのまま「大沢悠里のゆうゆうワイド」内で番組は継続した。順当に行けば「伊集院光とらじおと」(月〜木8:30-11:00)内で放送が続くかと思われたが、「ジェーン・スー 生活は踊る」(月〜金11:00-13:00)内へ移動した。伊集院光が断ったと言っていた記憶がある。

個人的には、これは正解だったと思う。伊集院×蝮さんの掛け合いは面白いに決まっているが、語弊を恐れず言えば、ある程度は想像がついてしまうところもある。その点、ジェーン・スー×蝮さんの掛け合いは未知数であったが、そこが良かった。ラジオっ聴きとしては、どうせなら聞いたことのないものを聴いてみたいし、変化の中にこそラジオの活路があるはずだ。

ちなみに、「毒蝮三太夫」「毒蝮」などと記述したほうが、書き手の中立性を目に見える形で示すことができるかもしれないが、以下、敬意と親愛の情を込めて「蝮さん」で通す。

すぐれて「東京的」な番組

radiko.jp のエリアフリーが始まったとき、関東以外のラジオリスナーに私がいちばん聴いてほしいと思った番組が「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」だった。

その理由は、この番組はすぐれて「東京的」な番組だからだ。

「東京的」な番組と聞いて、どんな番組を思い浮かべるだろうか? 全国区で旬の有名タレントが出演する番組? オシャレな番組? あるいは、最新の情報をフィーチャーした番組だろうか?

この番組は、そういう番組とはちょっと違う。

この番組の「東京らしさ」とは、リスナーは、地方としての東京を感じることができ、東京の普通のリスナーの日常を垣間みることができる番組という意味である。

地方としての東京

この番組では、蝮さんは東京都内またはその近県へ赴き、中継会場に集まる町の人たちの話を聞く。

そこには、東京に憧れて上京してきた私のような田舎者が期待していたスタイリッシュなアーバン・ライフとは明らかに異なる東京がある。空想上の大都会ではなく、地に足の付いた実在の人々が暮らす生活の場としての東京である。

中継会場に集まってくる人たちも、地方出身者が時に敵視しながら仮構していた気取った「東京人」はひとりもいない。

番組内で開陳される日常生活の場としてのリアルな東京は、「地方としての東京」とも言えるかもしれない。

リスナーの日常

もちろん、蝮さんが町にやって来ることは「日常」というよりは「ハレ」の瞬間ではあり、むしろお祭りですらあるが、スーパーやドラッグストアーや銭湯や福祉施設のような日常生活の場の雰囲気がラジオを通じて共有される。

放送に登場する町の人たちは、気取った言葉は使わないが、日々の暮らしの中で心に蓄積された感情を蝮さんに聞いてもらいたがっている。

放送内容は似たものにはなりがちだが、蝮さんが毎日ちがう町を訪れることで、日常生活の継続性と東京の空間的な広がりが、ラジオを通じて共有され、番組を聴いている自分もラジオの中の人たちの一部であることが自覚される。

その意味では、連日放送していることの意味は大きかったと思う。

蝮さんは東京の移動祝祭日だ

とはいえ、蝮さんも82歳のご高齢だ。腸閉塞による入院で2006年1月9日(月)から2月17日(金)まで休んだ以外は、1969年10月6日(月)からロケの帯番組を続けてきた。このことのほうが奇跡と言える。

これからは週1回の放送になる。

番組は金曜「たまむすび」(TBSラジオ、13:00-15:30)内に移動し、蝮さん×玉袋筋太郎×外山恵理アナウンサーの江戸っ子3人による放送に変わる。よってこれからは「ハレ」の瞬間が際立ち、週1回開催される東京の動くお祭りとして番組は続く。それはそれで愉しみだ。

もし君が幸運にも「ミュージックプレゼント」を一度でも聴いたことがあるのなら、週1の放送になっても、他の日に何を聴いていようと、蝮さんは君についてくる。なぜなら蝮さんは東京の移動祝祭日だからだ。

「よせよ!」

ミュージックプレゼント(公式サイト)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年の「川口桜まつり」(会場:文化放送川口送信所)は4月6日(金)〜4月8日(日)

○2018年の「川口桜まつり」(会場:文化放送川口送信所)は4月6日(金)〜4月8日(日)

 

今年も、埼玉県川口市赤井にある文化放送川口送信所(埼玉県川口市赤井3-9-16(地図)で、2018年第28回「川口桜まつり」が開催されます。会期中は送信所構内が開放されます。送信所の敷地に入れるレアなチャンスです。

個人的には、もう1週間早くしたほうが良いのではないかと毎年思います。

川口桜まつり(公式サイト)

川口桜まつり 2018年
 

アクセスは、JR川口駅から国際興行バスで「蓮沼」もしくは「観音橋」下車。個人的には蓮沼がおすすめ。

念のために言っておくと、川口桜まつりは、文化放送の送信所の敷地内で開催される地元のお祭であって、文化放送のイヴェントではありません。声優とかは来ません。

トイレは有料らしいです。

以下、過去の桜まつりの様子。


2008年の様子1


2008年の様子2


2008年の様子3
 

※当ブログ内の関連リンク

川口桜まつりin文化放送送信所(埼玉県川口市赤井3丁目9番16号、2008年4月4日(金)〜6(日))
※実際に足を運んだ際のレポート。長いこと行ってないなぁ。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京圏民放AMラジオ局2018年春の番組改編:まとめ&コメント※随時更新

○東京圏民放AMラジオ局2018年春の番組改編:まとめ&リンク&コメント※随時更新

 

今期は、ナイターシーズンの割には新番組が多い気がする。4月1日の夜中は、録音タイマーの設定で忙しくなりそう。

TBSラジオ 2018年春の新番組情報!
 番組表:TBS RADIO 954 kHz 週間番組表

文化放送 2018年 春の改編番組のご案内
 A&G番組情報 | 超!A&G 文化放送
 番組表:AM1134kHz 文化放送 JOQR

ニッポン放送 春の新番組のご案内 | ニッポン放送 ラジオAM1242+FM93
 番組表:AMラジオ 1242 ニッポン放送 番組表

○ラジオ日本(改編特集ページなし)
 TOPICS|ラジオ日本 AM1422kHz
 番組表:タイムテーブル | ラジオ日本 AM1422kHz

* * *

以下、ひとことコメントなど。

TBSラジオ 2018年春の新番組情報!

ひとことコメント

なんと言っても、今改編のいちばんの話題はナイターの終了。これはひとつの英断かもしれない。その後は、ライムスター宇多丸が土曜日から移って、「アフター6ジャンクション」(月~金18:00-21:00)が放送開始。

そして「たまむすび」(月~金13:00-15:30)に赤江珠緒が復帰。金曜日はフリーになって卒業の安東弘樹アナに代わって、外山惠理アナ。「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」が金曜「たまむすび」内に。玉さん×外山アナ×蝮さんの江戸っ子トライアングルだ!

あと、「乗りものニュース1155」(日11:55-12:00)も地味に気になっている。

改編情報ページ掲載番組

 

文化放送 2018年 春の改編番組のご案内
A&G番組情報 | 超!A&G 文化放送

ひとことコメント

個人的に聴きたいと思うのは、いとうあさこの「ラジオのあさこ」(土7:00-8:45)

「玉川美沙 ハピリー」終了はちょっと残念だけど、月曜夜に「玉川美沙 MUSIC SELECTION」(月20:00-20:30)が放送開始。

うまいこと考えたなぁと思うのは、若手男性声優による深夜ワイド番組「ユニゾン!~ジェネレーション~」(月~木25:00-26:00)文化放送らしいし、裏番組とリスナーがあまり重ならない感じがする。

あと、「音楽ゴリラ」(火26:15-26:30)って何だ?

改編情報ページ掲載番組

 放送時間変更

 

ニッポン放送 春の新番組のご案内 | ニッポン放送 ラジオAM1242+FM93

ひとことコメント

ニッポン放送は、これまで通りナイターに力を入れている印象。

高島ひでたけアナに代わり、「飯田浩司のOK!Cozy Up!」(月~金6:00-8:00)がスタート。かなりの若返りだが、飯田浩司アナは新人の頃から見た目がベテランっぽかった記憶がある。

「草野満代 夕暮れWONDER4」(月~木16:00-17:40)。もしかして、ラジオ初レギュラー番組というのは意外。

改編情報ページ掲載番組

改編情報ページにない改編番組

  • 「根本宗子と長井短のオールナイトニッポン0(ZERO)」(月27:00-28:30)
  • 「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」(火27:00-28:30)
  • 「四千頭身のオールナイトニッポン0(ZERO)」(木27:00-28:30)
  • 「健太郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」(第3土27:00-29:00)
  • 「WANIMAのオールナイトニッポン0(ZERO)〜1 CHANCE NIGHT FEVER〜」(第4土27:00-29:00)※火曜日から移動。

 

ラジオ日本

ひとことコメント

ナイター・オフに改編情報ページがないのは昨年と同じ。

「DeNA BAY SPORTS」(月18:30-19:00)名前の通り、DeNAグループのスポーツチームおよびスポーツ事業に関する情報。パーソナリティーは髙田延彦。ベイスターズOBとかじゃないんだ?

改編情報ページなし

公式サイト番組表掲載の新番組

  • 「体よろこぶ大発見!」日5:40-5:25
  • 「松崎道男のみんなでスマイル」日17:35-17:20
  • 「お届け〜幸せマルシェ」月5:25-5:10
  • 「DeNA BAY SPORTS」月18:30-19:00
  • 「さわち美欧 歌の花道」月22:45-23:00
  • 「南條有香と原あや香のふんわりハーモニー」火22:30-23:00
  • 「Marumaru Lounge 夜の賢人たち」火2300-23:15
  • 「埼玉彩響のおもてなし」火24:30-25:00
  • 「OBCシネマ同好会」火26:00-26:30
  • 「Chuning Candy Tune Up Party!!」木22:00-22:30
  • 「小田飛鳥とキングダム」金23:30-23:45
  • 「まいどあり〜。」土8:00-8:15

※当ブログ内の関連エントリー

無料の録音・編集ソフト Audacity で radiko をタイマー録音しよう。

Macに初めから入っている音楽制作ソフト GarageBand で radiko を録音しよう。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »