« 2017年1月 | トップページ

2017年3月

放送記念日(3月22日)

○放送記念日(3月22日)

 

3月22日は放送記念日。日本最初の放送電波が送信されたことを記念し、NHKが1943年に制定。

1925(大正14)年3月22日9:30、東京放送局(現在のNHKラジオセンター)が、東京府東京市芝区新芝町(現・東京都港区芝浦)の東京高等工芸学校内の仮送信所から放送した。放送周波数800kHz、出力約220W、コール・サインは現在と同じJOAK。

 


放送記念碑
 

記念プレート
 

第一声は京田武男アナウンサー:

アーアー、聞こえますか。

JOAK、JOAK、こちらは東京放送局であります。こんにち只今より放送を開始致します。

この放送の音源は残っていないと言われている。

素朴な疑問探求会[編]『明治・大正人の朝から晩まで』(河出書房新社 、2008年)によると、放送初日のタイムテーブルはこんな感じ:

  1. 第一声(9:30-)
  2. 天気予報
  3. 海軍軍楽隊の演奏
  4. 記念式典(10:00-)
    後藤新平総裁挨拶
  5. 音楽
  6. ラジオ劇

通常は下記タイムテーブルの様な放送を行っていたようだ:


1925(大正14)年のラジオ番組表
『朝日年鑑』大正15年(朝日新聞社、1926年)
 

送信機には、アメリカ製の電信電話用送信機を放送用に改造したものが使われた。

仮送信所の写真や、そのとき使われた送信機の実物は、NHK放送博物館(東京都港区愛宕)で見ることができる。

NHK放送博物館(公式サイト)

※当ブログ内の関連エントリー:

放送記念碑(東京都港区芝浦3-3-6 東京工業大学附属科学技術高等学校外)

萩原朔太郎「ラヂオ漫談」(1925年)

「箱から声が聞こえる!ラジオを恐れた大正人たち」、素朴な疑問探求会[編]『明治・大正人の朝から晩まで』(河出書房新社 、2008年)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本大震災から6年、臨時災害FMの現状

○東日本大震災から6年、臨時災害FMの現状

 

東日本大震災を受けて開局された臨時災害放送局(災害FM)の現状。

誤りのご指摘やご意見がありましたら、ご忌憚なくどうぞ。

太字で、局名の末尾に「*」のあるものが現在災害FMとして放送中の局。

岩手県

  • かまいしさいがいエフエム* 86.0MHz(釜石市)
  • りくぜんたかたさいがいエフエム* 80.5MHz(陸前高田市)
  • おおつちさいがいエフエム 77.6MHz(上閉伊郡大槌町)
    →廃止(2016年3月18日)
  • 奥州エフエム 77.8MHz(奥州市)
    →2011年3月29日に元の出力に戻る。
  • FM One 78.7MHz(花巻市)
    →2011年4月3日に元の出力に戻る。
  • みやこさいがいエフエム 77.4MHz(宮古市)
    みやこたろうさいがいエフエム 77.4MHz(宮古市)
    みやこハーバーラジオ 82.6MHz(2013年8月26日開局)
  • IBC 山田災害臨時ラジオ 76.7MHz(下閉伊郡山田町)
    →2015年3月からFM補完中継局に移行予定。
  • おおふなとさいがいエフエム
    ・第1送信所 78.5MHz(大船渡市の一部)
     →廃止(2013年3月31日)
    ・第2送信所 80.5MHz(大船渡市および陸前高田市の一部)
     →廃止(2011年12月9日)
    FMねまらいん(2013年4月5日開局)
宮城県

福島県

関東地方の被災地

茨城県
  • FMかしま市民放送 76.7MHz(鹿島市)
    →2011年6月1日に元の出力に戻る。
  • ラヂオつくば 84.2MHz(つくば市)
    →2011年4月15日に元の出力に戻る。
  • たかはぎさいがいエフエム 76.8MHz(高萩市)
    たかはぎFM 76.8MHz(2013年4月1日開局)
  • とりでさいがいエフエム 89.4MHz(取手市)
    →廃止(2013年1月31日) 

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ