« とちぎシティエフエムに予備免許。「全国で唯一コミュニティ放送局がなかった栃木県内において初のコミュニティ放送局」 | トップページ | ノザキのコンビーフ缶(アンディ・ウォーホル風) »

「このラジオをみんなも聴いている」というロマンとインターネット

○「このラジオをみんなも聴いている」というロマンとインターネット

 

クソ田舎の文化的不毛さに苛立ちつつ、深夜の勉強部屋で孤独にラジオを聴いていた少年時代。「どこかでみんなも聴いている」と夢想した。

インターネット、とりわけTwitterによって、あの共同幻想は具現化・可視化されたけれど、同時に脱魔術化されてしまった。あの日のロマンは、テクノロジーの残酷な光に照らされて、溶け落ちてしまった。

そして、自分が本当に愛していたのは、ロマンじゃなくて孤独のほうだと気づいた。

※当ブログ内の関連エントリー

ラジオな一曲(2):Steely Dan, "FM" (1978)

思春期のラジオと無味乾燥な郊外生活:ドナルド・フェイゲンの場合


当ブログ内の人気記事


Google

|

« とちぎシティエフエムに予備免許。「全国で唯一コミュニティ放送局がなかった栃木県内において初のコミュニティ放送局」 | トップページ | ノザキのコンビーフ缶(アンディ・ウォーホル風) »

ラジオ」カテゴリの記事

番組評以外のラジオの話題」カテゴリの記事

コメント

名文ですね、とても共感しました。

共同幻想があった時代のほうが、ネタはがきの完成度も高かったような気がしますが、それも幻想なのかもしれません。

投稿: | 2015年1月30日 (金) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423073/58737494

この記事へのトラックバック一覧です: 「このラジオをみんなも聴いている」というロマンとインターネット:

« とちぎシティエフエムに予備免許。「全国で唯一コミュニティ放送局がなかった栃木県内において初のコミュニティ放送局」 | トップページ | ノザキのコンビーフ缶(アンディ・ウォーホル風) »