« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

「日本のクリント・イーストウッド」高倉健、死去:仏『ル・モンド』紙の記事を翻訳してみました。Le Monde.fr 19.11.2014

○「日本のクリント・イーストウッド」高倉健、死去:仏『ル・モンド』紙の記事を翻訳してみました。Le Monde.fr 19.11.2014

 

フランスの新聞『ル・モンド』Le Monde のウェブサイトに、高倉健死去に関する記事が出ていたので翻訳してみました。

* * *

「日本のクリント・イーストウッド」高倉健、死去。

「日本のクリント・イーストウッド」とも称され、文化勲章を授与された唯一の日本の俳優・高倉健が、11月10日に東京で死去したことが所属事務所により発表された。享年83。

日本のあらゆるメディアが、11月18日の午後、安倍晋三首相の解散表明をよそに、日本映画の記念碑的人物に惜しみない讃辞を贈った。新聞各紙は「『健さん』の愛称で知られ、25歳で俳優業をスタート、映画人として半世紀以上のキャリアをもつ、戦後日本を象徴する俳優」と強調した。映画評論家はテレビで「身も心も強い男を演じることのできる俳優」と語った。

高倉自身によれば、「いつも強い本当の男」・耐える男・泣かない男でいることは簡単なことではなかったという。それでも、彼はそれを気に入っていた。あるときは警察官、またあるときは侠客、しゃがれ声と落ち着いた表情、まるで測ったような一挙手一投足で一言一句を発した俳優・高倉健は、国際的には、リドリー・スコット監督の『ブラック・レイン』でのマイケル・ダグラスとの共演で知られていた。

「これからも生きるために一生懸命に演じていきたい」

中国では高く評価されている高倉健(本名・小田剛一)も、西洋では同様の名声を得るには至らなかった。福岡県生まれで身長180cmの高倉と同じ日本の人たちは、山田洋次監督『幸せの黄色いハンカチ』における観客を魅了する存在感と、降旗康男監督『鉄道員(ぽっぽや)』における感動的な演技を思い出す。

「私は生きるために俳優になり、これからも生きるために一生懸命に演じていきたい」——高倉は数年前に日本での主演男優賞授賞の席でこう語った。また、映画『ホタル』の撮影後、NHKのインタヴューでは、いつものシリアスな面持ちで「撮影が終わるといつも寂しい」と吐露した。『ホタル』は、戦中戦後が舞台の、国のために命を落とした若い兵士に関する2001年公開の映画。高倉は「この映画をつくらなければならなかった」と語った。

高倉は、昨年、俳優で初めて文化勲章を授章した際に「日本人に生まれて本当によかった。日本のたった5人しか選ばれない1人に、映画俳優をやっていても選ばれたということ­が、とってもうれしかったです」。「二百何本という膨大な数字の本数をやらせていただきましたけれども、ほとんどは前科­者をやりました。そういう役が多かったのにこんな勲章をいただいきました。これからの作品選びとか、章に恥じないものをやらなければいけない」とコメントした。

※当ブログ内の関連エントリー:

ル・モンド紙、震災と原子力ロビーに関する記事を翻訳してみました:「福島、罪深き沈黙」 "Fukushima, silences coupables", Le Monde, 26 Mars 2011

フランス誌で福島原発特集:Fukushima: et si le pire était à venir?  Le Nouvel Observateur, du 23 au 29 août 2012.

翻 訳:仏ル・モンド紙「福島:日本の司法、反原発運動家を訴追、東電を無罪放免」:"Fukushima : la justice japonaise poursuit les antinucléaires et blanchit Tepco", Le Monde, 12 septembre 2013


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギャラクシー賞入賞作品を聴いて、語り合う会 Vol.17(TOKYO FM 11階 レセプションルーム、2014年9月28日(日)13:00-17:00)に行ってきた。

○ギャラクシー賞入賞作品を聴いて、語り合う会 Vol.17(TOKYO FM 11階 レセプションルーム、2014年9月28日(日)13:00-17:00)に行ってきた。

 


*
 

1か月以上前の話だけれど、「ギャラクシー賞入賞作品を聴いて、語り合う会 」Vol.17(TOKYO FM 11階 レセプションルーム、2014年9月28日(日)13:00-17:00)に行って来た。

ラジオ部門<ギャラクシー賞入賞作品を聴いて、語り合う会Vol.17>開催!(放送批評懇談会)

この日に上演されたのは下記の2作品。どちらも、東日本大震災に関する作品:

東京メトロ半蔵門駅→TOKYO FM



最寄り駅は、東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅1番、2番出口
 

駅出口の目の前に小さな神社があります。
 

TOKYO FM 社屋
 

屋上のアンテナ・タワー
ここが予備送信所。3段のスーパー・ターンスタイル・アンテナ。出力1kW。
上の画像をクリックすると大きな画像が開きます。
 

半蔵門
ジョガーだらけで、ジョガーじゃない私がむしろ浮いた存在。
 

社屋わきのビルの谷間にはこんな日本家屋も。
 

東京に住んでそこそこ経つけれど、TOKYO FM の社屋を実際に見るのは初めて。当然、社屋に入るのも。

TOKYO FM 11階 レセプションルーム

会場内は撮影不可とのことで、ここからは、例のように法廷画風スケッチでお送りします。


会場の TOKYO FM 11階のレセプションルーム
 

イスは金属フレームで布張り
 

スピーカーはBOSE 301V-W の模様。
小さいのにいい音。
 

独特のデザインの照明
 

ニッポン放送開局60周年記念ラジオドラマ「想像ラジオ」(ニッポン放送、2014年3月9日(日)20:00-21:50)

芥川賞候補にもなった、いとうせいこう『想像ラジオ』(河出書房新社、2013年)のラジオ・ドラマ化。主演は西田敏行・小泉今日子。

いとうせいこうの話題作、ニッポン放送でラジオドラマ化 ニッポン放送開局60周年記念ラジオドラマ 想像ラジオ 3月9日(日)20:00~21:50 OA(公式サイト)

作品聴取後に担当ディレクターの宗岡芳樹氏(エル・ファクトリー)が登壇。「オードリーのオールナイトニッポン」(土25:00--27:00)ではおなじみの「ヨシキさん」。


宗岡芳樹ディレクター(エル・ファクトリー)
 

作品聴取後に担当ディレクターの宗岡芳樹氏(エル・ファクトリー)が登壇。「オードリーのオールナイトニッポン」の「ヨシキさん」。

宗岡氏はもともと、主演に宮藤官九郎をイメージしていたとのこと。西田敏行の起用は、いとうせいこうの意向らしい。

制作でいちばん大変だったのは、西田敏行・小泉今日子のスケジュールの調整とのこと。ふたりが共演するシーンは、同じスタジオで収録したいとの考え。

実は私は、原作小説は、雑誌掲載時に読み、単行本になったときにまた読んだ。よって、ラジオ・ドラマ化の話を聞いて気にしていたにもかかわらず、聴き逃していた。今回が初聴取。

原作を読んだ人には解るように、この小説は、ラジオをモチーフにしているにもかかわらず、そのままラジオ・ドラマ化することができない作品で、文学にしかできない表現になっている。

事実いかがですか、僕の声の調子は? バリトンサックスの一番低い音なみに野太い? それとも海辺の子供の悲鳴みたいに細くて高い? または和紙の表面み たいにカサカサしてたり、溶けたチョコレートなみに滑らかだったり声のキメにも色々あると思いますが、それ皆さん次第なんで一番聴き取りやすい感じに チューニングして下さい。

いとうせいこう『想像ラジオ』(河出書房新社、2013年)

想像することで聴こえる、想像した人それぞれに聴こえるラジオということなので、ラジオ・ドラマ化は、イメージを限定することになってしまうからだ。したがって、ラジオ・ドラマ化には少し懐疑的でもあった。

実際に聴いてみると、他方、ラジオ版は、地上波のラジオに想像ラジオが混信してくるという演出になっていて、ラジオというメディア特有の性質を生かした表現に挑戦していた。

また、当日は、同時に、ニッポン放送のネットラジオ Suono Dolce で、想像ラジオのパートを放送。地上波に「混信」していない部分もずっと流れていたとのこと。

ひとつ難を言うと、トークの部分は、もう少しフリー・トークっぽい雰囲気があったほうが良かったんじゃないかなぁとは思った。

 

「これからを見つめて 〜 LOVE & HOPE 3年目の春だより〜」(TOKYO FM、2014年3月11日(火)13:00-15:45)

この番組は、2011年4月に放送を開始し、現在月〜金6:30-6:40に放送されている「LOVE & HOPE ヒューマンケアプロジェクト」のこれまで3年間の集大成的となる特別番組。出演は、ロバート・キャンベル、高橋万里恵。

2014 東日本大震災から3年 特別企画 LOVE & HOPE 3年目の春だより (公式サイト)

番組聴取後、担当プロデューサーの延江浩氏(TOKYO FM)が登壇。


延江浩プロデューサー(TOKYO FM)
 

スタッフの方がたが制作にあたっていちばん気にしているのは、東日本大震災の風化を防ぐこととのこと。

リスナーからの反響は必ず番組にフィードバックしているとのことだけれど、反響が来るようになったのは3年目に入ったころからで、震災直後である放送開始当初はなかったとのこと。

とにかく現地に入って現地の人の話を直接聞くということを心がけていて、逆に、現地の人に会うことが動機付けにもなっているそうだ。

3年間番組を続けて来られた意外な理由として、延江氏は、スポンサーが付いていないことを挙げていた。スポンサーが降りたとたんに番組がなくなることがよくあるものの、その心配はないとか。

現地の人たちが今最も何を望んでいるかというフロアーからの質問に対しては、「物資よりも、忘れないでほしい」という声が最も多いとのこと。震災直後に比べて、現地でのイヴェントなどもめっきり減ってきているとのこと。

また、被害者の声の他に、被害者の沈黙をラジオはどう拾い上げることができるか考えてしまった。自分の経験や気持ちを言葉にできない人も多いだろうし。

噂の会員制レストラン「JET STREAM」

閉会後の懇親会の会場は、同じフロアーにある TOKYO FM 直営の会員制レストラン「JET STREAM」。噂には聞いていて気になったけれど、帰りに外からチラッと見ただけで退散。小心者なんです。

※当ブログ内の関連エントリー:

いとうせいこう「想像ラジオ」、『文藝』2013年春号(河出書房新社)

ギャラクシー賞入賞作品を聴いて、語り合う会Vol.16(TBS放送センター11階セミナー室、2013年12月1日(日)13:00-17:00)に行ってきた。

放送批評懇談会50周年記念イベント「ギャラクシー賞が見つめたラジオ、テレビ、CM」(千代田放送会館、2013年6月22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日))

ギャラクシー賞入賞作品を聴いて、語り合う会Vol.15(ニッポン放送イマジンスタジオ、2012年7月7日(土)13:00-17:00)に行ってきた。

ギャラクシー賞入賞作品を聴いて、語り合う会Vol.14(日本大学藝術学部南棟B1 録音スタジオA、2011年10月2日(日)13:00-17:00)に行ってきた。

ギャラクシー賞入賞作品を聴いて、語り合う会Vol.13(ニッポン放送イマジンスタジオ、2011年7月3日(日)13:00-17:00)に行ってきた。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (2) | トラックバック (0)

板東英二、イースターで復活か? 「おばあちゃん、イースターエッグって知ってますか~?」 ハロウィン人気が後押し。

○板東英二、イースターで復活か? 「おばあちゃん、イースターエッグって知ってますか~?」 ハロウィン人気が後押し。

 

板東英二、イースターで復活か?(毎朝新聞、2014年11月4日(火)朝刊)


 

「おばあちゃん、イースターエッグって知ってますか~?」

板東英二がイースターを機に復活するとの噂がささやかれている。

2012年、事実上の個人事務所による、所得隠しを含め総額7500万円にのぼる申告漏れに対し、名古屋国税局の税務調査を受けた板東は、芸能活動の縮小を余儀なくされてきた。

しかし、関係筋によれば、ここへ来て、近年のハロウィン人気に後押しされるかたちで、同じくイースターを一大イベント化したい業界関係者と、ゆで玉子ずきで知られる板東の思惑が一致した模様。

イースターとは、イエス・キリストの復活を祝うキリスト教の祭りで、復活祭とも呼ばれる。西方教会では3月22日から4月25日の間の日曜日、東方教会では4月4日から5月8日の間の日曜日に行われる。

その際、玉子に装飾や塗装を施した「イースターエッグ」が用いられることでも知られている。

全部ウソだから信じないでね。

※関連リンク:

板東英二のおばあちゃんと話そう(MBSラジオ MBS1179.com)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界初のラジオ局開局の日(1920年11月2日)

○世界初のラジオ局開局の日(1920年11月2日)

 

1920年11月2日は、世界初のラジオ局開局の日。

アメリカのラジオ局・KDKA がペンシルヴェイニア州イースト・ピッツバーグ(East Pittsburgh, Pennsylvania)から世界最初のラジオ放送を行った日。

This is KDKA of the Westinghouse Electric and Manufacturing Company in East Pittsburgh, Pennsylvania.

We shall now broadcast the election returns.  We are receiving these returns through the co-operation and by special arrangements with the Pittsburgh Post and Sun.  The election returns will be broadcast as soon as they are received by us here at KDKA.

We'd appreciate it if anyone hearing this broadcast would communicate with us, as we are very anxious to know how far the broadcast is reaching and how it is being received.

(こちらは、KDKA。ペンシルヴェイニア州イースト・ピッツバーグ、ウェスティングハウス電機製作所の放送局です。

これから選挙結果をお送り致します。選挙結果は、『ピッツバーグ・ポスト・アンド・サン』紙の協賛とご厚意により入手予定です。選挙結果がこちらKDKAに届き次第、放送致します。

この放送の到達範囲と受信状況が是非知りたいので、この放送をお聴きの方はご連絡くだされば幸いです。)

KDKA, November 2, 1920
 

'Conrad's Garage'
"All Things Considered" (NPR, Oct 28, 2002)

KDKAの放送音源は8:10ごろから。
 

KDKAの前身は、ウェスティングハウス電機製作所(Westinghouse Electric and Manufacturing Company)のエンジニアであったフランク・コンラッド(Frank Conrad)がペンシルヴェイニア州ウィルキンスバーグ(Wilkinsburg)の自宅ガレージでおこなっていた実験放送。

その後、ウェスティングハウス社の申請によりコール・サインが付与され、世界初のラジオ局KDKAが誕生。したがって同局は、世界初の民間放送局でもある。

最初の放送は1920年11月2日18:00に同社屋上のシャックから行われ、放送内容は大統領選挙速報だった(ハーディング vs コックス)。キャスターは同社社員レオ・ローゼンバーグ(Leo Rosenberg)が務めた。

エンジニアのコンラッドは、放送事故に備え、予備の送信機を準備して自宅待機。世界初放送の瞬間に立ち会うことができなかった。

ちなみに、日本初のラジオ放送は、1925(大正14)年3月22日9:30、東京放送局仮放送所(東京高等工芸学校内:東京市芝区新芝町(現・東京都港区芝浦3丁目))から行われた。これが後のNHK東京放送局。

※関連リンク

Frank Conrad(アメリカ国立放送博物館ウェブサイト、英語)
フランク・コンラッド自宅のアンテナとシャックの写真も掲載。

Dr. Frank Conrad, Radio Pioneer, Dies(ニュー・ヨーク・タイムズ紙ウェブサイト、英語)
※フランク・コンラッドの死亡記事

Pennsylvania, Pennsylvania Association of Broadcasters Leo Rosenberg(英語)
※キャスターを務めたレオ・ローゼンバーグについて。

NewsRadio 1020 KDKA « CBS Pittsburgh(KDKA公式サイト、英語)
※KDKAは現存します。

※当ブログ内の関連エントリー:

放送記念碑(東京都港区芝浦3-3-6 東京工業大学附属科学技術高等学校外)

萩原朔太郎「ラヂオ漫談」(1925年)

放送記念日(3月22日)

もうひとつの放送記念碑:放送記念碑(東京都千代田区内幸町2丁目2)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »