« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

「生島ヒロシのおはよう一直線」(TBSラジオ)、ラジオ大阪でネット開始(2014年9月29日(月)〜)。

○「生島ヒロシのおはよう一直線」(TBSラジオ)、ラジオ大阪でネット開始(2014年9月29日(月)〜)。

 

最近は寺ちゃんピーター・バラカンという流れが定着していたのだけれど、2014年9月29日(月)の朝、たまたまTBSラジオを聴いた。

「生島ヒロシのおはよう一直線」(TBSラジオ、月〜金5:30-6:30)は、この秋からラジオ大阪でネット開始とのこと。

生島ヒロシのおはよう定食・おはよう一直線

初日となる2014年9月29日(月)は、ラジオ大阪からの生放送だった。

ヘンテコな大阪弁を交えたり、電話でゲスト出演した櫻井よしこの髪型を話題にしてイジったりと、相変わらずのフリーダムで、ヒロシ節が炸裂。

そのうち、生放送中に蜂蜜やヨーグルトをこぼしたりするので、大阪の皆さんは乞うご期待。

ちなみに、ラジオ大阪はTBS系のJRNではなく、ニッポン放送系のNRNのみに加盟。

Twitter上で「ラジオ大阪、思いっきり目玉マークついとるがな」というツッコミを見かけて笑った。


ホ、ホンマやぁ!
 

同じ大阪のMBSラジオABCラジオは、JRN・NRN両方に加盟している。

TBSラジオは、この秋からABCラジオの番組「道上洋三の健康道場」(日12:00-12:30)と「サラダトーク お仕事カフェ」(日17:15-17:30)のネットを開始する。「グリコ 2段熟カレー販売対決!」のような企画ネット番組的な例は既にあった。

MBSラジオは自社制作番組の割合が高い印象がある。

※当ブログ内の関連エントリー

東京圏民放AMラジオ局2014年秋の番組改編:まとめとコメント※随時更新


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ラジオな一曲(57):赤い公園「NOW ON AIR」(2014年)、「交信」(2013年)

○ラジオな一曲(57):赤い公園「NOW ON AIR」(2014年)、「交信」(2013年)

 

赤い公園「NOW ON AIR」(2014年)

2014年9月29日から始まる「赤い公園のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送、月27:00-28:30)を担当する赤い公園の曲。

ちなみに、「オールナイトニッポン0(ZERO)」は2014年秋から、月〜木は90分になるんですね。

ラジオずきなひとの心と共振する歌詞です。


赤い公園「NOW ON AIR」(2014年)
 

赤い公園「交信」(2013年)

モールス信号が歌詞に出てくるよ:


赤い公園「交信」(2013年)
 

先生もパパもママも
寝かしつけて来たぜよ

の部分が秀逸。

トトトツーツーツートトト。

mon:オールナイトニッポン0[ZERO] 毎週月曜日〜金曜日 27:00〜29:00

※当ブログ内の関連エントリー

東京圏民放AMラジオ局2014年秋の番組改編:まとめとコメント※随時更新

ラジオな一曲(14):新居昭乃「鉱石ラジオ」(2001年)

ラジオな一曲(25):谷山浩子「電波塔の少年」(2002年)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオな一曲(56):月がきれい「月がきれい」(2011年)

○ラジオな一曲(56):月がきれい「月がきれい」(2011年)

 

久びさに聴いたけれど、いい曲だなぁ。

以前、「青春あるでひど」(ネットラジオ)のエンディング・テーマでした。


月がきれい「月がきれい」(2011年)
 

月がきれいは、あじじみ~たによるユニット。

青春あるでひど

月がきれいオフィシャルウェブサイト


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲストは元AKB48篠田麻里子:第3回東京拘置所矯正展(東京拘置所、2014年10月4日(土)9:30-15:00)&第2回2013年のレポート

○ゲストは元AKB48篠田麻里子:第3回東京拘置所矯正展(東京拘置所、2014年10月4日(土)9:30-15:00)&第2回2013年のレポート

 


 
 

毎年10月に開催されている東京拘置所矯正展。2014年で3回目。割と新しいイヴェント。この日は、被告人や死刑囚や面会者じゃなくても拘置所内に入ることができるチャンス。

開催日時は2014年10月4日(土)9:30-15:00で、最寄駅は東武スカイツリー線の小菅駅。JR常磐線および東京メトロ千代田線の綾瀬駅も、ちょっと遠いけど利用可(Googleマップ)。

法務省:東京拘置所矯正展の開催について

今年のオープニングのゲストは元AKB48の篠田麻里子とのこと。テープ・カットしたらすぐ帰ってしまうので、見に行く人は注意。ちなみに、2013年は藤原紀香だった。

 

拘置所の給食をイメージした「プリズン弁当」(株式会社 葉隠)が人気だ。午前中には売り切れてしまう。今年も出るのかなぁ?

刑務作業品の即売だけでなく、有名企業や、近隣の企業・商店なども多数参加し、拘置所の祭というよりは地元の大きめの祭という雰囲気。2013年は、ミスタードナツ、31アイスクリーム、コカコーラ、東芝(電池つかみ取り)、日産プリンス(自動車の展示)なども出店。

今年は、葛飾区・足立区のゆるキャラも登場予定。

以下、去年のレポート。ご参考まで。

2013年の模様


入口で検問があります。
カバンを持ってない人はすんなり通れます。
 

東京拘置所正門
 

旧庁舎も忘れずに

拘置所に入る前に、正門左手の旧庁舎もチェックだ。


正門の左脇には独特な意匠の白い建物
 

東京拘置所旧庁舎
 

車輛展示&自衛官募集
 

窓がモダンでカッコいい。
 

開かずの門(拘置所旧庁舎内)
東京集治監時代の門(明治12年〜)を遺構として保存。
 

イカツイ監門のカワイイ錠前。
 

会場内へ突入


東京拘置所正門内
 

会場案内図
上の画像をクリックすると、大きい画像が開きます。
 

刑務作業品即売会
 

「本日限り」
 

千葉刑務所謹製御神輿
税込¥2,940,000
 

プリズン弁当

何はともあれ、まずは「プリズン弁当」をゲット。


「プリズン弁当」のテント前。10:30ごろ。
 

あっという間に完売。11:30ごろ。
 

ちなみに、2012年のプリズン弁当はこんな感じだったようだ:

そして、2013年のプリズン弁当は……


2013年は生姜焼きと酢豚の2種類(各¥350)。
掛紙はA4の紙にインク・ジェットの手作り。
 

これが2013年版プリズン弁当の中身だ!
もちろん麦飯。
 

2013年は豪華になってた。2012年版のほうがプリズン感があって好き。


拘置所内は、ものすごい人出の大盛況。
 

「受刑者のアイドル」Paix2のライヴ

刑務所慰問ライヴで有名な「受刑者のアイドル」Paix2(ペペ)のライヴ。堀江貴文も収監中に観たそうだ。


Paix2のおふたり
MC&客いじりも上手く、とても盛り上がっていました。
 

Paix2 を撮影する仁王立ちの刑務官
 

ついつい機材に目が行ってしまう。
 

拘置所周辺

帰りに拘置所の周辺を散策。


池田屋差入店
拘置所内に差し入れする人はココで注文。
この日はお休み。
 

保釈金立替の宣伝
 

さすが葛飾区。
 

なぎら健壱「昭和の銀次」(1974年)
歌詞に「小菅の刑務所」が出てきます。
厳密には、刑務所ではなく拘置所ですけどね。

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特集「「慰安婦」が見た日本軍」:『DAYS JAPAN』2014年10月号

○特集「「慰安婦」が見た日本軍」:『DAYS JAPAN』2014年10月号

 

フォト・ジャーナル誌『DAYS JAPAN』2014年10月号。特集は「「慰安婦」が見た日本軍」。元「慰安婦」が日本軍による慰安所運営の指導・関与と強制性を証言している。

DAYS JAPAN 2014年10月号 特集「慰安婦」が見た日本軍
『DAYS JAPAN』2014年10月号
特集:「慰安婦」が見た日本軍」
 

元「慰安婦」の証言と聞いて、「また反日の特定アジアか?」と思った似非愛国者のあなた。甘い甘い。

この特集は、インドネシア人・フィリピン人の証言と公文書の3本柱。メインは「親日国」インドネシアの元「慰安婦」たちによる実名・写真つきの証言集。

確かに、当事者の証言を史料としてどう扱うかは、オーラ・ルヒストリーのデリケートな問題だけれど、特集のしんがりは、日本軍による慰安所運営の指導・関与を裏付ける公文書。

なかなか練られた構成。よくある紋切り型の論難は通用しない。

記事とは直接関係ないけれど、ついでに思い出したことがある。

学生時代に、ウチの大学で戦時中のインドネシアに関するワークショップが開催されたことがあった。学者の人たちっていうのはふだん集まりが悪いのに、その日は見慣れない顔の一団が早くから前列に陣取っていた。

会が始まるやいなや、前列の一団が怒号を発し始め、進行を妨害。彼らの主張は「日本の国立大学で反日イヴェントの開催など許されない」。

そんなこと言ってたら国公立大学は行政の御用学者だらけになってしまうし、「大学の自治」という概念を知らんのかいな。それに「反日イヴェント」じゃないし。

真の愛国者ならむしろ、「親日国インドネシアを蹂躙した日本軍許すまじ」って言わなきゃダメじゃない?

国の肩を持つことで強いものと一体化して安心するのは、愛国者ではなく、国家主義者・権威主義者のやることだよ。

そのとき、イエスは言われた「父よ、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、わからずにいるのです」。

ルカによる福音書 23:34

※当ブログ内の関連エントリー

書き起こし(1):「歴史学の第一人者と考える『慰安婦問題』」秦郁彦 vs 吉見義明:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2013年6月13日(木)22:00-23:55)

「風俗業の活用」について

「愛国者」「愛国心」:アンブロウズ・ビアース『悪魔の辞典』(1911年)

レイシストを葬送するための読書メモ


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(94)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(94)

 

2013年7月のつづき:

ニッポン放送開局60周年記念グッズ大集合!(東急ハンズ池袋店1F、2014年7月19日(土)〜8月15日(金))

A級戦犯の声を聞く 58年前のラジオ番組、DVDに(朝日新聞夕刊、2014年7月23日11面)

勝鬨橋・洲崎の昔と今 1956/2014:川島雄三[監督]『洲崎パラダイス 赤信号』(1956年)

アマチュア無線の日(7月29日)

秋葉原の昔と今 1956/2014:川島雄三[監督]『洲崎パラダイス 赤信号』(1956年)

2013年8月:

高田渡「ブラザー軒」(1997年)

ロボット・ジャーナリストの誕生: "Remplacer les journalistes par des robots" (Radio-Canada Premiere, Le samedi 26 juillet 2014)

ロビン・ウィリアムズ、死去(2014年8月11日)。

加川良「戦争しましょう」(1971年)

玉音放送(NHKラジオ、1945年8月15日(水)12:00-)

「サイボーグ009」第16話 太平洋の亡霊(NET、1968年)

ラジオのマンガが始まってるぞ!:沙村広明「波よ聞いてくれ」、『月刊アフタヌーン』2014年9月号〜(講談社)

NHKスペシャル「調査報告 STAP細胞 不正の深層」の深層:「QIC」第928回(ウェブラジオFMC、2014年8月10日)

女子中高生の好きなラジオ番組ベスト3:『Seventeen』2014年9月号(集英社)

マイクの前の金魚すくいみたいなアレ、ポップガードを自分で作る方法

石橋蓮司映画祭(東京・池袋 新文芸坐、2014年8月20日(水)〜29日(金))

ナイナイ、「オールナイト」辞めるってよ:「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送、木)2014年9月25日(木)で終了。

みのもんた BIGり!? 文化放送、BIG10億円で命名権(東京中日スポーツ、2014年8月23日)

「ナインティナインのオールナイトニッポン」終了の理由と、10月からの新番組。

呉美保[監督]『そこのみにて光輝く』(2014年)※綾野剛・池脇千鶴・菅田将暉出演


当ブログ内の人気記事


 

過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(29)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(30)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(31)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(32)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(34)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(35)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(36)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(38)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(39)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(40)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(41)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(42) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(43)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(44)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(45)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(46)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(47)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(48)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(49)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(50)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(51)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(52)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(53)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(54)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(55)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(56)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(57)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(58)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(59)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(60)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (61)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (62)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(63)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(64)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(65)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(66)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(67)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(69)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(70)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(71)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(72)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(73)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(74)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(75)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(76) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(77) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(78)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(79) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(80)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(81)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(82) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(83)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(84)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(85)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(86)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(87)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(88)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(89)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(90)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(91) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(92)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(93)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Barakan Morning」(InterFM)終了後の新番組、DJはVance K

○「Barakan Morning」(InterFM)終了後の新番組、DJはVance K

 

2014年9月いっぱいで終了する「Barakan Morning」(InterFM、月〜木7:00-10:00)の後番組、Vance K がDJを担当する「The Vance K Show」(InterFM、月〜木7:00-10:00)とのこと

The Vance K Show(InterFM : インターFM)

Vance K Band (vancekband) | Twitter

Vance Kは、2014年9月現在「Midday Magic」(InterFM、月〜木10:00-12:00)を担当している。

2014年9月24日(水)の「Barakan Morning」で、ジャーニーの話題になったとき、ピーター・バラカンが、僕の番組ではかからないけれど、Vanceはジャーニーのファンなので彼の番組ではかかるでしょうという話の流れのなかで、10月以降の担当DJが Vance K であることが発表された。

※当ブログ内の関連エントリー

 「Barakan Morning」(InterFM)、2014年9月末で終了へ。

高田渡「自衛隊に入ろう」がオン・エアされました:「Barakan Morning」(InterFM、2014年7月21日(月)7:00-10:00)

InterFM名古屋局、2014年4月開局・周波数79.5MHz・送信所は東山タワー・試験放送2014年2月頃開始予定:東海総合通信局報道資料(2013年10月25日)

宇多田ヒカル、ボブ・ディラン、小坂忠、 都築響一……InterFMの2013年春の改編は気合いが入っているゾ!

騒動摘出 忌野清志郎「反原発ソング」放送禁止騒動でピーター・バラカンに聞く「放送局の役割と風評被害」、『SAPIO』2011年5月4日・11日号(小学館)

ピーター・バラカン『ラジオのこちら側で』(岩波新書、2013年)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (1)

復調?単なるワールドカップ特需?:ラジオ広告費が28か月ぶりにプラスに:「特定サービス産業動態統計調査」(経済産業省、2014年9月9日)

○復調?単なるワールドカップ特需?:ラジオ広告費が28か月ぶりにプラスに:「特定サービス産業動態統計調査」(経済産業省、2014年9月9日)

 

2014年7月のラジオ広告費、28か月ぶりにプラス(+0.7%)

2014年7月期を対象とした「特定サービス産業動態統計調査」(経済産業省、2014年9月9日)によると、「広告業」の分野で、ラジオ広告費が前年同月比+0.7%で、28か月ぶりにプラスに転じた。

特定サービス産業動態統計調査|経済産業省

同調査に関するGarvbageNews.comの記事の解説によると、

  • 2014年7月の日本の広告業全体における売上高は前年同月比+5.4%で増加傾向
  • 新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・インターネット中、「新聞」「雑誌」がマイナス、「テレビ」「ラジオ」がプラス。
  • 「新聞」がマイナス6.6%で最大の下落率。
  • 「ラジオ」は28か月ぶりにプラス(+0.7%)。
  • 「インターネット」はプラスを維持

また、同記事は、ラジオの伸びはFIFAワールドカップ特需ではないかと示唆している。

ラジオが28か月ぶりに前年同月比プラスに(経産省広告売上推移:2014年9月発表分)(最新) - ガベージニュース

「+0.7%」っていくら?

GarvbageNews.comの記事では専ら前年同月比について話題にしている。

それでは、「前年同月比+0.7%」を金額で言うといくらなのか? 実際の金額に注目してみよう。

ここで改めて「特定サービス産業動態統計調査」(経済産業省、2014年9月9日)を参照して、ラジオ広告費の前年同月比を金額で見てみると:

(2014年7月期)-(2013年7月期)= 4683 - 4646

                 =37(単位:100万円) 

ゆえに、

ラジオの広告費の前年同月比+0.7%=3700万円

となる。

一般人の家計から見れば、3700万円は大金だが、広告業界にとってはどうだろうか?

同じ期間で、テレビ広告費の「0.7%」に該る金額は8億7816万4000円、インターネット広告費は2億2499万8000円という計算になり、桁が違う。

やはりワールドカップ特需か?

また、2014年7月期は、4大マスメディアのうちテレビとラジオだけが上昇。いずれも放送メディアだ。ワールドカップ中継による広告費増が原因ではないかと推測される。

従って、ラジオ広告費の上昇は、28か月のあいだ分母が縮小し続けたところに、ワールドカップ中継特需によるまとまった臨時収入でプラスに転じたのではないだろうか。

広告費減少が底を打ったのか、特需なのか、来月以降に引き続き注目だ。

※当ブログ内の関連エントリー

地域別のラジオ広告料金一覧:株式会社シスコム ウェブサイト

オールナイトニッポンのスポンサーが異常に減っているのに気付いた。

ラジオ局売上高ランキング(関東)平成24(2012)会計年度

在京ラジオ局新規採用者数一覧(1987〜2012年度)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域別のラジオ広告料金一覧:株式会社シスコム ウェブサイト

○地域別のラジオ広告料金一覧:株式会社シスコム ウェブサイト

 

株式会社シスコムのウェブサイト(2014年9月23日閲覧)に、地域別ラジオ広告料金の一覧が掲載されている。

掲載されているのは20秒のスポットCM1回あたりの料金で、下は1万円から、上は10万円(制作費等は別)。

最高額は、TOKYO FM・文化放送・ニッポン放送の10万円:

  • TOKYO FM 100,000円
  • 文化放送 50,000円 ~ 100,000円
  • ニッポン放送 65,000円 ~ 100,000円

最安値は、FM山形・大分放送・FM宮崎の1万円:

  • FM山形 10,000円 ~ 16,000円
  • 大分放送 10,000円 ~ 15,000円
  • FM宮崎 10,000円 ~ 15,000円

最高と最安で10倍の差。エリア内の人口も違うので当然か。

1万円ならお得だと思ったけれど、同サイトによると、

※スポットCM(20秒)の制作料金は18万円(消費税別)より作成いたします。
(台本作成代、スタジオ使用代、ナレーター、企画代 etc.)

とのこと。

ラジオCM、出してみる?

その他、詳しくは株式会社シスコムのウェブサイトで:

地域別ラジオ広告料金 | ラジオ広告・ラジオCM企画・制作のラジコム|株式会社シスコム

※当ブログ内の関連エントリー

ラジオ局売上高ランキング(関東)平成24(2012)会計年度

ラジオの地方局、リスナーもパーソナリティーも涸渇?

ネットラジオの登録者数と日本の都市人口を比較してみた。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東京圏民放AMラジオ局2014年秋の番組改編:まとめとコメント※随時更新

○東京圏民放AMラジオ局2014年秋の番組改編:まとめとコメント※随時更新

※TBSラジオ・文化放送の追加情報について加筆(2014年9月23日)

 

改編が近づいてまいりました。

TBSラジオ 2014秋の新番組情報!
 番組表:TBS RADIO 954 kHz 週間番組表

「再発見」 2014年 文化放送 秋の新番組
 A&G番組情報 | 超!A&G 文化放送
 番組表:AM1134kHz 文化放送 JOQR

2014年秋の新番組 - AMラジオ 1242 ニッポン放送
 オールナイトニッポンzero 新パーソナリティ
 番組表:AMラジオ 1242 ニッポン放送 番組表

○ラジオ日本(改編特集ページなし)
 TOPICS|ラジオ日本 AM1422kHz
 番組表:タイムテーブル | ラジオ日本 AM1422kHz

* * *

以下、ひとことコメントなど。

TBSラジオ 2014秋の新番組情報!

今期も「ザ・トップ5」(火〜金17:50-20:00)が登場。定着してきましたね。前期まで人気だった人の大半抜けて、ラインナップが一新。木曜日は本谷有希子とのこと。

「OLÉRA」(火〜金20:00-22:00)。パッと見、「OLÉRA」は「L'ORÉAL」に似にている。金曜日には、怒髪天・増子直純が登場。♪ROCKでない奴ぁロクデナシ。

※[加筆]
日曜日の昼に関西の朝の声・道上洋三の番組が始まる。「道上洋三の健康道場(仮)」(日12:00-12:30)」。他にも、「サラダトーク お仕事カフェ」(日17:15-17:30)のネットも開始。ABCラジオが番組をTBSラジオで流れることになるようだ。新展開。「グリコ 2段熟カレー販売対決!」のような企画ネット番組的な例はこれまでもあったけれどね。。

改編情報ページ掲載番組


怒髪天「ロクでナシ」(2005年)
 

 

「再発見」 2014年 文化放送 秋の新番組
A&G番組情報 | 超!A&G 文化放送

ひとことコメント

「山本彩の、レギュラーとれてもうた!」(木19:00-19:30)が注目なんでしょうか? ラジオに勢いがあった頃は、ナイター・オフになると、こういう若者向けの30分番組がいろいろあったよね。

※[加筆]
「智一・美樹のラジオ ビッグバン」(日25:00-25:30)が9月末で終了。15年半の歴史に幕とのこと。10月からは「花澤香菜・雨宮天のRADIO GREE NIGHT」(日25:00-25:30)が放送開始。

改編情報ページ掲載番組

  • オトナカレッジ(火~金20:00-22:00)
  • 楽器楽園~ガキパラ~for all music-lovers(土18:00-19:55)
  • 山本彩の、レギュラーとれてもうた!(木19:00-19:30)
  • 木田裕士 ジパングの黄金(金19:00-19:30)
  • なかにし礼 明日への風(金19:30-20:00)
  • ココロのオンガク ~music for you~(月~金18:30-19:00)
  • 「花澤香菜・雨宮天のRADIO GREE NIGHT」(日25:00-25:30)

 

2014年秋の新番組 - AMラジオ 1242 ニッポン放送
オールナイトニッポンzero 新パーソナリティ

ひとことコメント

「今夜もオトパラ!」(月〜木17:30-20:50)に六角精児。TBSじゃないんだ?
あと気になるのは、「赤い公園のオールナイトニッポン 0」(ZERO)(月27:00-28:30)かな。

「オールナイトニッポン 0(ZERO)の月〜木は90分になるんですね。

改編情報ページ掲載番組


赤い公園「今更 」(2013年)
 

ラジオ日本

ひとことコメント

ナイター・オフに改編情報ページがないのは昨年と同じ。

夕方ワイドにアイドルいうのは、ちょっと珍しいかも。「60TRY部(ロクマルトライブ)」(18:00-21:00)

改編情報ページなし

※当ブログ内の関連エントリー

無料の録音・編集ソフト Audacity で radiko をタイマー録音しよう。

Macに初めから入っている音楽制作ソフト GarageBand で radiko を録音しよう。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画に関する名言?

○映画に関する名言?

 

Les films sont merveilleux, parce que seulement pendant que vous les regardez, vous n'avez pas de voir toutes les autres choses.

François Truffaut(1932 - 1984)

 

映画は素晴らしい。映画を見ている間だけは、他の物は何も見ないで済む。

フランソワ・トリュフォー(1932 - 1984)

さっきオレが考えたウソの名言だから信じるなよ!

C'est un citation fictif.  Ne le croyez pas!


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「秋葉原」の地名の由来はココだ!:秋葉神社(東京都台東区松が谷3-10-7)

○「秋葉原」の地名の由来はココだ!:秋葉神社(東京都台東区松が谷3-10-7)

※加筆・修正しました。(2014年9月20日)

 

秋葉神社
 

電気街・ホビーの街として知られる秋葉原。

地名の由来は、火災の延焼を食い止める火除地と、そこに建立された社にちなんだ「秋葉原(あきばはら)」。この「あきばはら」が「あきはばら」に転じた。ご存知の人も多いかもしれない。

1869(明治2)年12月に神田花岡町一帯を襲った大火を期につくられた火除地に、英照皇太后の意向を受けた明治天皇の勅命で、皇居内の紅葉山から火産霊大神(火の神)・水波能売神(水の神)・埴山比売神(土の神)の「鎮火三神」が勧請され、鎮火社が創建された。

「秋葉大権現」として地元民の信仰を集めたが、これは早とちりで、実際には秋葉大権現と関係はない。

「世人、当社を鎮火の社と号せらるゝをもて、子細を弁ぜずして遠州秋葉山の神を勧請ありしと心得て、参詣のもの秋葉山権現と称へて拝する人まゝあり」

 『武江年表』明治三年の記述で、当時の東京市民の多くは鎮火社の祭神は秋葉権現と別なのに「火伏せの神さまなら秋葉権現に違いない」と勝手に思い込んでしまった。

大成建設 | ライブラリー - 鎮火社 秋葉原 秋葉神社

しかし、これにより当地は「秋葉の原」「秋葉っ原」と呼ばれるようになった。

この社は、今は秋葉原には存在しない。

現在の秋葉原駅の場所にあった社は、1888(明治21)年、鉄道の路線延長の際に現在の東京都台東区松が谷3丁目に遷され、1930(昭和5)年に秋葉神社となった。

秋葉神社はどんな神社か?

行ってみた。

最寄駅は上野駅。入谷口から徒歩15分ほどの距離。日本初の鉄道学校で岩倉具視の名を冠する岩倉高校を右手に見つつ進み、上野バイク街を通り抜け、北山珈琲店の黄色い幌が見えたら右折。昭和通り・清洲橋通りなどを横断したら、神様までもう少しだ(Googleマップ)。

秋葉神社

 
秋葉神社
あった!
 

周辺は静かな住宅地で、所どころに商店や工場などがある。人通りは少なく、地元の人ばかりだ。

秋葉神社
西側の鳥居
ビルの隙間です。
 
秋葉神社
秋葉神社の由緒書き
上の画像をクリックすると大きな画像が開きます。
 
秋葉神社
火渡神事の英語解説
 
秋葉神社
鳥居の向こうは、いい感じに木々が茂っています。
 
秋葉神社
社殿

秋葉神社
本坪鈴と銘板
 
秋葉神社
こぢんまりとした境内
手水舎と神輿蔵などがあります
例大祭は5月18日、鎮火際・火渡神事は11月6日。
 
秋葉神社
御遷座百年記念碑
 
秋葉神社
提灯
紋は「丸に剣花菱」
 
秋葉神社

 
秋葉神社
東側の鳥居
参道は東西に伸びている。
 

結論:秋葉神社はアキバ系ではない。

  

※当ブログ内の関連エントリー

問題:秋葉原は東京都の何区でしょう?

秋葉原の昔と今 1956/2014:川島雄三[監督]『洲崎パラダイス 赤信号』(1956年)

ラジオな一曲(39):吾妻光良 & The Swinging Boppers「秋葉原」(1991年)

秋葉原ラジオストアー閉館、64年の歴史に幕(2013年11月30日)

秋葉原ラジオセンターの階段

秋葉原の東京ラジオデパート豆知識

秋葉原無差別殺傷事件被告・加藤智大の軌跡:「中島岳志のフライデースピーカーズ」(三角山放送局:札幌市西区周辺 76.2MHz、2012年9月7日(金)15:00-17:00)

秋葉原の牛丼専門サンボもハイテク化 


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「いいか?」ボタン facebook "Like?" button

○「いいか?」ボタン facebook "Like?" button

 

つくってみた。


 

 

※当ブログ内の関連エントリー

文系にもできた!ココログフリーでfacebookのいいね!ボタンをTwitterの横に表示させて、なおかつ一括管理する方法。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Barakan Morning」(InterFM)、2014年9月末で終了へ。

○「Barakan Morning」(InterFM、月〜木7:00-10:00)、2014年9月末で終了へ。

 

ピーター・バラカンがDJを務める「Barakan Morning」(InterFM、月〜木7:00-10:00)が、2014年9月末で終了するとのこと。


「Barakan Morning」(InterFM、2014年9月15日(月)7:00-10:00)
 

9月15日(月)のバラカン本人の弁によると、「コマーシャルなこと」を求めるInterFMとの方向性の違いで執行役員を6月30日で退任し、今回の番組打ち切りはこれに連座した改編の模様。

ピーター・バラカン ちょと覚悟して下さい。大変残念なんですけど、「Barakan Morning」も、9月いっぱいで終了することになりました。

[……]

僕が執行役員を退任した6月の時点で、こういうことがあり得ると覚悟はしていました。しかし「LIVE MAGIC!」[InterFM主催でバラカンがオーガナイズする音楽フェス Peter Barakan's LIVE MAGIC!]が10月末にあるので、さすがにそれまでは番組があると甘く考えてました。そんな甘いもんじゃなかった。9月末で終ることになりました。

[……]

色いろ考えていると、こういうことになってしまったのは、ある意味、僕がもっと執行委員としてコマーシャルなことをやっていれば、こういうことにはたぶんならなかったんだろう。でもね、それはたぶんできない。だから、最初からね、そういうコマーシャルなものを求めていた InterFM が僕を起用すること自体が、まぁ、ある意味間違ってたかもしれませんね。

まぁ、今、一DJに戻ってこういうかたちでやってて、僕はもう100%納得できることをやっているので、悔いはないし、……まぁ、残念ですけど、頑張りましょう。

「Barakan Morning」(InterFM、2014年9月15日(月)7:00-10:00)

あくまで想像だけれど、レコード会社からお金をもらって曲をかけるパワー・プッシュ的なこととの絡みだと思われる。

執行役員在任中に出演したあるイヴェントでバラカンは、「DJとは、レコードをかける人、自分で選曲したものについて自分の言葉で語る人」であると語っていた。

実は、BARAKAN MORNING」終了は2度目:

  • 第1期;2009年10月5日〜2012年3月30日、月〜金7:00-10:00
  • 第2期:2013年4月1日〜2014年9月25日、月〜木7:00-10:00(予定)

「Barakan Morning」終了後は、日曜日の1800-20:00に「Barakan Beat」を担当する予定とのこと。InterFMでの「Barakan Beat」放送は3度目になる。

個人的には「Barakan Beat」の時間のほうが聴きやすいけれど、新生InterFMのフラッグシップ番組をこんなかたちで打ち切りにして、良いことがあるとは到底思えないけどね。

ビジネスとしてのラジオ局経営って、タイヘンですね。

ピーター・バラカン「Barakan Morning」終了を突然発表 | 東スポWeb - 東京スポーツ新聞社

InterFM : インターFM [ 76.1MHz TOKYO / 76.5MHz YOKOHAMA / 79.5MHz NAGOYA ]

BARAKAN BEAT - 76.1 InterFM

※当ブログ内の関連エントリー

ラジオ局売上高ランキング(関東)平成24(2012)会計年度

ギャラクシー賞入賞作品を聴いて、語り合う会Vol.16(TBS放送センター11階セミナー室、2013年12月1日(日)13:00-17:00)に行ってきた。

高田渡「自衛隊に入ろう」がオン・エアされました:「Barakan Morning」(InterFM、2014年7月21日(月)7:00-10:00)

「月に25万円のギャラが、インターFMではどうしても出せなくなったということです。」:都築響一「ROADSIDE RADIO」(InterFM) 終了の理由

宇多田ヒカル、ボブ・ディラン、小坂忠、 都築響一……InterFMの2013年春の改編は気合いが入っているゾ!

騒動摘出 忌野清志郎「反原発ソング」放送禁止騒動でピーター・バラカンに聞く「放送局の役割と風評被害」、『SAPIO』2011年5月4日・11日号(小学館)

ピーター・バラカン『ラジオのこちら側で』(岩波新書、2013年)

InterFM名古屋局、2014年4月開局・周波数79.5MHz・送信所は東山タワー・試験放送2014年2月頃開始予定:東海総合通信局報道資料(2013年10月25日)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオが生き残るカギは「無名だけど面白いヤツ」:「伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!」ゲスト 鴻上尚史(TBSラジオ、2014年9月12日(金)15:00-15:20)

○ラジオが生き残るカギは「無名だけど面白いヤツ」:「伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!」ゲスト 鴻上尚史(TBSラジオ、2014年9月12日(金)15:00-15:20)

 

「小林悠 たまむすび」(TBSラジオ、金13:00-15:30)内のコーナー、「伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!」に2014年9月12日(金)、鴻上尚史がゲスト出演した。ゲストがおすすめの映画を紹介するコーナー。

TBS RADIO 954 kHz │ 伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!

コーナー序盤で、ともに「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)パーソナリティー経験者のふたりが、当時の思い出と、今後のラジオへの提言を語った。


「伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!」
ゲスト:鴻上尚史
「小林悠 たまむすび」(TBSラジオ、2014年9月12日(金)13:00-15:30)
 

鴻上尚史「局に勢いがあるときは、よくわかんない人を使える。勢いがなくなると、名前しかない人しか使えない」

伊集院光 当時のニッポン放送は、「オールナイト」が1部と2部。2部は3時から。で、鴻上さんも、3時からを始めたときは、得体の知れないヤツだったんですよ。

鴻上尚史 はは、もちろん。そうです。「何だお前は?」っていう。

伊集院 謎のオペラ歌手並みに得体の知れない人だったんですよ、この人は。

鴻上 そこまで得体知れなくないよ。

[……]

伊集院 で、この2部が当たると1部に上がれるっていう道筋があって——

鴻上 ありました、ありました。

伊集院 僕にしてみれば[鴻上は]先駆者で。

鴻上 もう、やっぱり、放送局に勢いあるときっていうのは、よくわかんない人を使えるんだよね。

伊集院 そう!

鴻上 勢いなくなると、もう、名前しかない人しか使えないんだよねぇ。

伊集院 もう、おっしゃる通りで——

鴻上 ホントにねぇ。

伊集院 だって、僕が「オールナイト」に起用された理由も、オーディション番組に勝ったっていうのもあるんですけど、会議で「ちょっとみんな有名なヤツ揃いすぎてない?」って言って、要するに、訳のわかんないヤツいないとダメじゃんっていうんで、むしろ知名度の高いヤツが落とされたんだから、そん時。

山内あゆアナウンサー へぇ〜。

鴻上 訳がわかんないと、まだヒマなので、ラジオの良さって機動力だから、どこにでも行けちゃうんですよ。時間があるから。

伊集院 うん。

鴻上 だから僕なんかも、「オールナイトニッポン」2部んときなんかも、週2日打ち合わせしてましたから。もうやることもないのに2日も。

伊集院 あと、反省会ね(笑)。

鴻上 反省会して。

そういう点では、「オールナイトニッポン」は当時からの精神を維持しているとも言える。TBSラジオの「JUNK」は、有名なヤツ揃いすぎてない?

鴻上尚史「朝の6時に日比谷公園でジェンカ」

鴻上尚史 朝の6時に日比谷公園でジェンカ踊ったり。

伊集院光 そう(笑)。

山内あゆアナウンサー えぇ〜?(笑)

鴻上 色んなことやったんですよ。

山内アナ だって、放送3時〜5時ですよね?

鴻上 3時〜5時。6時からジェンカ踊って。

僕は朝の5時に、放送終る直前に、「あぁ〜、ジェンカ踊りたい、ジェンカ踊りたい! 今から日比谷公園で6時から踊りたい。お前ら絶対来るなよ。オレが「来い」って言ったら、これはお前、集会したってことで東京都の条例違反なんだからな。絶対来んなよ、お前ら。オレはひとりでジェンカを踊るんだからな!」 ブツって切るわけですよ。

伊集院 はははは!

山内アナ ほぇ〜!

鴻上 それで6時に日比谷公園行くと、いるんですよ。「お前ら、来るなって言ったじゃねぇかよ!」っつって。

「オレはジェンカ踊り始めるけど、お前ら絶対オレの肩に両手置くなよ! お前ら、わかってんのか?」って言って。

伊集院 はははは!

鴻上 で、気がつくと、日比谷公園の噴水ぐるっと200人ぐらい囲んでるわけですよ。

山内アナ すごい!

鴻上 1周まわったあとで、「お前ら、絶対友だち同士になんなよ!」とか言って帰って行くっていう、そんだけの。

他にも、夜中に臨時列車を出して車内から生放送とかもやってたような。

「本村康祐・西岡隼基のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送、2012年4月6日〜2013年3月29日、金27:00-29:00)のラジオ体操は、このジェンカの翻案だったのかなぁ。

鴻上尚史「ラジオが生き残るには外へ出て行くしかない。無名で面白いヤツに色んなとこ行かしてやるのが面白い」

伊集院光 そんな、無名だと変なことやらされて。

鴻上尚史 うん、だから、ラジオ生き残るためには出て行くしかないと思うんだよね。ひとつはね。

伊集院 まぁまぁ、そうですね。

鴻上 そのためには、やっぱり、無名で面白いヤツに色んなとこ行かしてやるのがね、面白いと思うんだよねぇ。

以前、あるイヴェントで、ニッポン放送の吉田尚記アナも、リスナーとの接点をふやすべきだと言っていて、ギャラクシー賞を受賞したときも、トロフィーを持って外に出てリスナーと会ったりしたらしい。

なんだかんだで、ニッポン放送は立派だなぁと思う。

僕が聴きたいラジオは、鴻上が言うようなラジオなのだけれど、このご時世、ラジオで無名な人の話を聴くよりも、Twitterとかで有名人にちょっかい出すほうが愉しいって人のほうが多いのかもしれないね。

※当ブログ内の関連エントリー

オールナイトニッポンのスポンサーが異常に減っているのに気付いた。

ラジオ局売上高ランキング(関東)平成24(2012)会計年度

在京ラジオ局新規採用者数一覧(1987〜2012年度)

ギャラクシー賞入賞作品を聴いて、語り合う会Vol.15(ニッポン放送イマジンスタジオ、2012年7月7日(土)13:00-17:00)に行ってきた。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「高柳明音(SKE48)の暗黙の了解」(TOKYO FM、土25:30-26:00)の電飾看板(東京・池袋 サンシャインシティ)

○「高柳明音(SKE48)の暗黙の了解」(TOKYO FM、土25:30-26:00)の電飾看板(東京・池袋 サンシャインシティ)

 

東急ハンズ池袋店サンシャイン60を結ぶ「サンシャインシティ地下通路」の途中に、ラジオ番組の広告がありました。

高柳明音(SKE48)の暗黙の了解 TOKYO FM
「高柳明音(SKE48)の暗黙の了解」(TOKYO FM、土25:30-26:00)の電飾看板(池袋・サンシャインシティ)

 

けっこう人通りが多いので、写真を撮るのはチョッと恥ずかしかったです。

アイドルに関しては不勉強なので、番組もご当人もこの広告で初めて知ったのですが、これも何かの縁なので一度聴いてみようと思います。

高柳明音(SKE48)の暗黙の了解 supported by サンシャインシティ - TOKYO FM 80.0MHz - 高柳明音

SKE48 高柳明音 暗黙の了解 supported by SunshineCity

番組は、サンシャインシティの提供。

サンシャインシティとは、サンシャイン60・サンシャインシティプリンスホテル・ワールドインポートマート・サンシャインシティ文化会館から成る複合商業施設。

サンシャインシティ オフィシャルサイト

地下通路だけでなく、サンシャインシティ内にも同じ広告看板があります。ファンの方は探してみてはいかがでしょうか?

サンシャイン60
サンシャイン60
 

※サンシャインシティ・トリビア

サンシャインシティ内のワールドインポートマート1F・B1は、池袋サンシャインシティALTA。アルタは新宿だけじゃないのです。

スタジオはないけどね。

サンシャイン60
池袋サンシャインシティALTA
 

ALTA Style.com|新宿アルタ 池袋サンシャインシティアルタ 新潟アルタ
※新潟にもあるんだね。2015年春には原宿アルタもオープン予定。そういえば、何か工事してたなぁ。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオの生放送中にテロ予告:ハ・­ジョンウ主演 『テロ、ライブ』더 테러 라이브(2013年)

○ラジオの生放送中にテロ予告:ハ・­ジョンウ[主演]キム・ビョンウ[監督]『テロ、ライブ』더 테러 라이브(2013年)

 

「ラジ批評ブログ」なのに最近映画の話ばっかりだったので、今回はラジオの話。と言っても、ラジオに関する映画の話なんですけどね。

テロ、ライブ 新宿シネマカリテ
キム・ビョンウ[監督]『テロ、ライブ』(2013年)
新宿シネマカリテ
 

ラジオの生放送中にテロ予告、という映画。

韓国では557万人の観客を動員した大ヒット。主演は、『チェイサー』추격자(2008年)『ベルリン・ファイル』베를린(2013年)のハ・ジョンウ(하정우)。

パンフレットは、映画が終ってから見たほうがいいぞ(笑)。

映画『テロ, ライブ』公式サイト


キム・ビョンウ[監督]『テロ、ライブ』(2013年)予告編
 

あらすじ

ラジオ局に左遷された元有名テレビキャスターのユン・ヨンファ(ハ・ジョンウ)。生放送中に、建設作業員を名乗る男から「橋を爆破する」とのテロ予告。真に受けないヨンファ。しかし、スタジオのすぐ近く、漢江にかかる麻浦(マポ)大橋が予告通り爆破される。寸断された橋には市民が取り残されている。

犯人の要求は大統領の謝罪。麻浦大橋建設に従事し、のちの補修工事で命を落とした彼の3人の同僚は、国に見殺しにされ、補償も受けられなかったと犯人は語る。

警察に通報しようとするスタッフを制止して、ヨンファは、局長(イ・ギョンヨン 이경영)と交渉。スクープをネタに、テレビ・キャスターに復帰しようと画策する。

スタジオに乗り込んで来て陣頭指揮する局長は、ヨンファにテロリストと対決するよう演出し、視聴率をつり上げることしか考えていない。局長も、上層部と取引していたのだ。

同じくスタジオに乗り込んで来た政府のテロ対策室主任(チョン・ヘジン 전혜진)は、大統領がスタジオに向かっているという。

ヨンファのイヤフォンには爆弾が仕掛けられているため、スタジオのデスクから離れることができない。

スタジオと犯人とのやり取り、スタジオ内での三巴のだまし合いが同時進行する。

感想

ラジオ局のスタジオを舞台にした事実上の密室劇で、ベタで含羞のないハリウッド映画的なサスペンスですが、エンターテインメント作品としてはじゅうぶん愉しめました。

爆破された隣のビルが、放送局のビルに倒れかかる映像は、「お!」と思いました。

ラジオのスタジオを舞台にしているものの、すぐにテレビ中継の話になってしまうのが、「ラジオ批評ブログ」的にはちょっと残念。

「民放FMの朝の番組にしては、トーク・テーマが硬派すぎやしないか?」とか、「韓国ではテレビとFMのラテ兼営局って普通なのかな?」とか、気になる点もありました。

個人的には、生放送で犯人の個人情報をバラしてしまうタカ派説教オヤジの警察庁長官がツボでした。あまりにも紋切り型な人物なのですが、このご時世、行政のトップや政治家の人物像としては、その薄っぺらさにむしろ滑稽なリアリティーがあって、笑えないブラック・ジョークのようでした。実は、この役には実在のモデルがいるそうで、 韓国人や、韓国の政治に詳しい人はピンとくるそうです。

ところで、イ・ギョンヨンって、石橋凌と佐野史郎を足して2で割った感じだね。

※ここからネタバレを含みます。

犯人の登場シーンでは、ハッキリ言って「あなた、どなた?」という感じで、ちょっとしっくり来ませんでした。こういう話の犯人は、序盤に一度登場している人物じゃないとダメなんじゃないかなぁ。例えばラジオ局のアルバイトでも何でもいいので。

終盤では、犯人同様、すべてを知るヨンファも警察から命を狙われます。

犯人に、生きろとか、お前が死んでもあいつら(権力者)は変らないと言った本人が自爆するというオチはいかがなものか? 余韻を残すにはいいんでしょうけど、ちょっと子どもっぽい。麻浦大橋は自殺の名所だそうで、ひょっとしたら伏線だったのかな。考えすぎか?

最後は、窓を背にしたヨンファのアップで終ります。窓から見える風景だけが変化して、局舎ビルが国会議事堂に向かって倒壊して行くのが判ります。実際は、麻浦大橋近くのビルが倒れても国会議事堂には届かないそうです。まぁ、これは映画的な演出上の嘘としてアリでしょう。

ただ、メディア批判もこの映画の重要なモチーフのひとつなので、「自壊するメディア」の隠喩として、倒壊する局舎ビルの映像も一度見せておく必要があったんじゃないかな。

自爆オチより、良心に目覚めてもう一度放送を始めようとしたところで特殊部隊が突入、その時ビルが議事堂に向かって倒壊みたいなオチのほうが、犯人の親が信じたキャスターの最期としては良かったんじゃないかと思いますが。

※参考サイト:

映画『ザ・テロライブ (テロ、ライブ)』 感想など | ハ・ジョンウ主演(Paek Hyang Ha.Com 韓国語翻訳家白香夏(ぺくひゃんは)のブログです)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (3)

町山智浩と宮台真司による、映画『アデル、ブルーは熱い色』評

○町山智浩と宮台真司による、映画『アデル、ブルーは熱い色』評


アブデラティフ・ケシシュ[監督]
『アデル、ブルーは熱い色』(2013年)
予告編
 

先日、アブデラティフ・ケシシュ[監督]『アデル、ブルーは熱い色』La vie d'Adèle – Chapitres 1 et 2(2013年)を観てからというもの、仕事も何も手に付かない。呉美保[監督]『そこのみにて光輝く』(2014年)の時もそうだった。

今年は、10年に1本クラスの映画に2つも当った。ラッキーだ。

登場人物が本当に生きている人に見える映画を観た後は、スクリーンの向こうとコッチが地続きのように思えて、自分の平凡な人生も何だかちょっとだけ映画みたいで劇的なもののように感じられる。

映画『アデル、ブルーは熱い色』公式サイト

町山智浩の『アデル、ブルーは熱い色』評


町山智浩の『アデル、ブルーは熱い色』評
「赤江珠緒 たまむすび」(TBSラジオ、 2014年3月18日(火)13:00-15:30)
 

最初は聴き憶えがないと思っていたのだけれど、聴いているうちにだんだん思い出して来た。

「奇妙な映画」という風には、私は感じなかったけれど……。今ひとつ作品の魅力を伝えきれいないような印象があり、町山らしくない。彼にはヒットしなかったのかなぁ。

映画を観た後で聴くと、「だからオレ、この映画、スルーしてたのか」と納得。

宮台真司の、映画『アデル、ブルーは熱い色』評


宮台真司の、映画『アデル、ブルーは熱い色』評
「荒川強啓 デイ・キャッチ」(TBSラジオ、2014年5月9日(金)15:30-17:50)
 

これは、既に観た人むけかな。

「教養の劣化」は大袈裟じゃないか思うのだけれど、宮台が指摘する階級の関点に、あの映画を観て気づかない人がいることに、むしろ驚いた。

TBS RADIO ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル: ムービーウォッチメン

ライムスター宇多丸の番組では、『アデル』扱わなかったんだなぁ。きっと観てはいるだろうけれど。聴いてみたいなぁ。

※当ブログ内の関連エントリー:

アブデラティフ・ケシシュ[監督]『アデル、ブルーは熱い色』(2013年)を観た。

呉美保[監督]『そこのみにて光輝く』(2014年)※綾野剛・池脇千鶴・菅田将暉出演 


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラジオより○○のほうが面白い?

○ラジオより○○のほうが面白い?

 

「最近は、ラジオより映画のほうが面白い」と書きかけて、よく考えたら、東京じゅうで上映されている映画の中から、面白そうなもの、評判の良いものを選んで観に行っているのだから当然だと気づいた。

「ラジオは○×より面白い」とか「ラジオは○×よりつまらない」という言い方はポイントがズレていると改めて確認。

かといって、いまやせっかくTuneInradiko.jpプレミアムもあるのだから、日本全国のラジオ番組の中から、口コミでブームになるラジオ番組が出て来るといいのだけど……。

ちなみに、今年観てガッカリした数少ない映画は:

「これを面白いと言わないヤツは解ってない踏み絵」みたいでイヤな感じ。

ゴジラは、本多猪四郎『ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版』(1954年)のほう数段が面白かった。

今年は、宮崎駿『ルパン三世 カリオストロの城 デジタルリマスター版』(1979年)『LUPIN THE THIRD 次元大介の墓標』を観てきた手前、小栗旬の『ルパン三世』(2014年)も観なきゃいけないような気がしていて、本当に困っています。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アブデラティフ・ケシシュ[監督]『アデル、ブルーは熱い色』(2013年)を観た。

○アブデラティフ・ケシシュ[監督]『アデル、ブルーは熱い色』(2013年)を観た。

※少し加筆・修正しました。(2014年9月7日)

 

アブデラティフ・ケシシュ[監督]『アデル、ブルーは熱い色』(2013年)を観た

アブデラティフ・ケシシュ アデル、ブルーは熱い色 2013年
池袋・新文芸坐
 

アブデラティフ・ケシシュ[監督]『アデル、ブルーは熱い色』La vie d'Adèle – Chapitres 1 et 2(2013年)を観た。池袋の新文芸坐。いつもと客層が違う(笑)。

女子高生のアデル(アデル・エグザルホプロス Adèle Exarchopoulos)が、美術学校に通う青い髪の少女・エマ(レア・セドゥ Léa Seydoux)に出会い、恋に落ちるという同性愛の話。R18+

4月の封切り時はノー・マークだったけれど、今年観た映画暫定2位に急浮上。

上映している劇場は少なくなったけれど、まだある。東京の場合、池袋・新文芸坐での上映は2014年9月7日(日)で終りだけれど、キネカ大森で9月20日(土)~9月26日(金)に上映される。未見の人は是非。

ヘテロな九州男児のオレですら、帰り道の切ないこと切ないこと。

あと、ボロネーゼが食べたい。

"Dans la cuisine Maman épluche un oignon."——書けたよ、先生! "oignon"(玉ねぎ) って単語、久びさに見たなぁ。

映画『アデル、ブルーは熱い色』公式サイト


アブデラティフ・ケシシュ[監督]
『アデル、ブルーは熱い色』(2013年)
予告編
 

原作は、ジュリー・マロ(Julie Maroh)のコミック(BD)、『ブルーは熱い色』Le bleu est une couleur chaude(2010年)。伝聞ながら、原作では、映画ではあまり描かれないエマの視点が描かれていて、結末も映画と違うのだとか。

「なんだよ、フランスのやおいか?」と興味を失った人も、「何ですと〜!? フランスのやおいですと〜?」と興味をもってモニターに何cmか近づいた人も、どちらも必見。

この映画は、社会学・ジェンダー論に興味のある人から、映画好きな人、やおいずきな人、レズビアンの人、フランス美女が組んずほぐれつするレズ・プレイを見たいだけの男まで、誰でも愉しめるはず。「そんな言い方は作品への冒瀆だ!」と怒ってはいけない。素晴らしい作品とは、様ざまな人が、様ざまな位相で鑑賞することができるものである。

主人公のアデルが魅力的

なんと言っても主人公のアデルは、ちょっと口元がだらしないけれど、表情豊かで愛嬌があり、とても魅力的。全体的に、アデルのアップのシーンが多いのだけれど、彼女が画面に映っているだけで映画が成立する感すらある。

この映画のあらすじそのものは極めて単純だ——ふたりが出会って、すれ違って、片方が浮気をして、別れる。話の構造は、同性愛/異性愛の違いに関係ないとも言える。ラヴ・ストーリートとしては陳腐とすら言える話を、アデルの表情と存在感が見事に肉付けしている。

主演のアデル・エグザルホプロスとレア・セドゥは、2013年の第66回カンヌ国際映画祭で、演者として史上初のパルム・ドール(Palme d'or)を受賞。最高賞のパルム・ドール受賞作は他の賞を受賞できないため、審査委員長のスティーヴン・スピルバーグ(Steven Spielberg)が、ふたりの主演女優にも特別に授与した。当時19歳のアデル・エグザルホプロスは、パルム・ドール最年少受賞者となった。


Lykke Li, "I Follow Rivers (The Magician Remix)" (2011)
例の歌です。スウェーデンのアーティストの曲で、ヨーロッパ中心に大ヒット。日本では未発売。
 

社会的なテーマを女の人生として描く

この映画は、「同性愛」「セックス」「ジェンダー」といったテーマを、運動家のスローガンとしてではなく、フランス語の原題が示す通り、アデルという女の人生(La vie d'Adèle)として描いている。

ただし、後述するように、この映画が社会的なテーマを描いていないわけではない。アデルとクラスメイトたちがデモに参加してシュプレヒコールを上げるシーンがあり、そのシーンにはCGT(Confédération générale du travail=労働総同盟)の一団がほんのワン・カットだけ挿入されたりもする。また、アデルとエマがゲイ・プライドに参加する様子も映し出される。このように、階級とジェンダーについての登場人物のポジションが示される。

また、ストーリー展開の主要な動因にはなっていないが、アデルが食べるケバブ、アデルがつくるブリック、幼稚園のお遊戯の曲など、多文化主義的な要素が背景としてそこかしこにちりばめられている。

肉体的快楽

この映画の興味深い点は、肉体的快楽が大きくフィーチャーされている点である。晩期フーコー的かもしれない(なんつって)。

作品序盤では、このことは、アデルの食欲と、先述の少しだらしない口元で暗示される。

なによりも強い印象を与えるのは、アデルとエマが初めて結ばれる場面で、正確に時間を計測したわけではないけれど10分近くセックスのシーンが続くことだ。このシーン、撮影に10日間かかったとのこと。「レズの人たちはこんな感じでやるのかぁ」という邪な気持ちもちょっとだけあったけれど、「ここまで描き切るのか?」と圧倒され、見入ってしまった。

アデルのエマに対する愛は、肉体的快楽に惹起された感情であるという側面が大きい。ゲイ・バーで、アデルは、客のゲイ男性から「恋は性別を越える」と話しかけられるが、アデルの場合、性別を越えた欲望・快楽の向こうに愛があるように見える。

実存は本質に先行する。

セックスの壁は越えた。でも越えられない壁がある

この映画のもうひとつ画期的な点は、セックス(生物学的性)の壁は越えられても越えられない壁が他にあることを描いている点だ。

エマと恋に落ちたアデルは、自己の決断と行動でセックスの壁を跳び越える。また、ゲイ・コミュニティーや、同性愛者に寛容な人びとに囲まれて過ごす時間は、ある種の解放区または避難所として機能する。

しかし、そのアジールのなかにも別の壁が存在する。同性愛者に寛容なインテリや芸術家のなかで、おそらく労働者階級出身のアデルは疎外感を感じる。

パーティーで孤立するアデルは、酒を注いで廻って料理を取り分けるという、極めてジェンダー化された役割を演じることで所在なさをやり過ごす。

アデルが唯一打ち解けることができた人物は、アクション俳優という極めてマッチョな職業の男性ひとりだけだった。

また、職業不詳だが裕福な芸術愛好家のエマの両親は同性愛に寛容で、アデルはことのほか歓迎される。他方、労働者階級のアデルの父は保守的で、エマに対する警戒を隠さない。母は、社交的だが、旧態依然とした家族観に縛られている。したがって、アデルたちは、ふたりの本当の関係を両親に話すこともできない。

アデルは、セックス(生物学的性)の壁は越えられても、ジェンダー(社会的性)と階級の壁が越えられないのだ。

このまま一緒にいられれば幸せだと言うアデルに対して、エマはアデルに文章を書くことを勧め、自分たちのように知的で創造的な生き方を求める。このことが、アデルとエマのすれ違いの端緒になる。

アデルはレズビアンなのか?

グーダル ビール レズビアン goudale beer lesbian
"Tu bois de la Goudale, la bière des goudous."
「グーダル飲んでる。レズのビールだよ」
ゲイ・バーでアデルとエマが初めて言葉をかわすシーンに出てくるビール。日本での取り扱いは基本的にないようです。
 

エマがレズビアンという性的選好を公言しているのに対して、アデルにとっては、エマとの肉体的快楽と愛こそが重要性をもっている。よりを戻すためにエマを呼び出したときのアデルの発言と行動は、そのことを裏付けている。エマと別れたアデルはその後彼氏も彼女もおらず、行きずりの相手と関係をもったことはあるが、結局エマが忘れられない。

アデルは、エマと出会わなければ、彼氏と別れることもなかったかもしれないし、同性愛を知ることもなかったかもしれない。

最終的にエマのもとを去るアデルが次に愛する相手は、また女性かもしれないし、男性かもしれない。劇中でジョアキムが言及するテイレシアス(Τειρεσίας)の神話が思い出される。

その[性的・感情的衝動の]連続体の一方の端にはお墨付きのヘテロセクシュアリティー、他方の端には妥協なきホモセクシュアリティー、そのあいだには、感情と性的感性の広大な領域が存在する。ある特定の文化や環境に身を置くことで、個人は、このスペクトラムを横断する大いなる自由を得ることができる。

At one end of the continuum lies committed heterosexuality, at the other uncompromising homosexuality; between, a wide latitude of emotions and sexual feelings. Certain cultures and environments permit individuals a great deal of freedom in moving across this spectrum.

Caroll Smith-Rosenberg, "The Female World of Love and Ritual: Relations Between Women in Nineteenth-Century America", Signs: A Journal of Women in Culture and Society Vol.1 No.1 (1975)

出会いの曲は別れの曲

この映画には多くの音楽が流れる。しかし、いわゆるBGMは使われていない(はず)。いずれも、デモの音楽、バーの音楽、パーティーの音楽など、映画のシーンの環境音として流れる。

ただ、1か所だけBGMが流れるシーンがある。エンディングでアデルがエマの展覧会場から去って行く別れの場面だ。ここで流れる音楽は、ふたりが出会った日にストリート・ミュージシャンが演奏していたカイサ・ドラムの音色でである。

※当ブログ内の関連エントリー:

町山智浩と宮台真司による、映画『アデル、ブルーは熱い色』評


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (12)

TBSラジオ・文化放送・ニッポン放送、FM放送の予備免許取得。放送開始は2015年春以降

○TBSラジオ・文化放送・ニッポン放送、FM放送の予備免許取得。放送開始は2015年春以降

 

在京AMラジオ3局が、2014年9月3日にFM補完中継局の予備免許を取得したとのこと。放送開始は2015年春以降の予定。親局のAM放送は今後も継続する。

総務省|関東広域AMラジオ3社のFM補完中継局に予備免許

対応ラジオやエリアは? 関東広域AM3社がFM補完放送を説明 - AV Watch

TBSラジオがFMラジオでも聴けるようになります!|TBS RADIO 954 kHz トピックス&ニュース
災害対策・難聴対策のためのFM補完中継局の予備免許取得について(文化放送ウェブサイト)
ニッポン放送のFM補完中継局開設について

周波数

  • TBSラジオ:90.5MHz
  • 文化放送:91.6MHz
  • ニッポン放送:93.0MHz

送信所:東京スカイツリー(東京都墨田区押上)

放送出力:7kW

受信機によっては、90.5MHz・91.6MHz・93.0MHzを受信できない機種もある。地上アナログテレビの音声が受信できていたもの(FMワイド対応機種)なら聴けると思う。

個人的にはAM放送への愛着が強いので、そのままAMで聴くと思うけれど、ウチは放送エリア内で、ベランダの窓からスカイツリーがよく見えるので、かなりキレイに聴こえるんじゃないかとは思う。

東京スカイツリー
ウチのベランダから見た東京スカイツリー
 

※当ブログ内の関連エントリー

AMラジオのFM化と「情報の制空権」:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月7日(月)25:00-27:00)

AMラジオのFM化、予備免許第1号は鹿児島のMBCラジオ(2014年7月16日)

J-WAVEの試験放送(2012年7月15日(日)深夜〜16日(月)早朝)

TOKYO FM 技術部長が語る 東京タワー頂上部 地上高333m 新アンテナの魅力


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『花子とアン』(NHKテレビ)はラジオと関係ある話らしいです。

○『花子とアン』(NHKテレビ)はラジオと関係ある話らしいです。

 

NHK連続テレビ小説『花子とアン』(NHKテレビ)はラジオと関係のある話らしいと、つい最近知りました。主人公が、ラジオに出演しているようです。

明日2014年9月6日(土)の23週第138話では、日米開戦、大本営発表などが取り上げられるとのこと。

NHKは自身の暗部をどこまで描くのか興味があります。

NHK連続テレビ小説「花子とアン」

※当ブログ内の関連エントリー

第1回大本営発表(真珠湾攻撃・太平洋戦争開戦)(NHKラジオ、1941年12月8日(月)6:00-)

玉音放送(NHKラジオ、1945年8月15日(水)12:00-)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軍歌特集:松山千春 ON THE RADIO(NACK5、2014年8月17日(日)21:00-22:00、ほか)

○軍歌特集:「松山千春 ON THE RADIO」(NACK5、2014年8月17日(日)21:00-22:00、ほか)

 

さっき、生島ヒロシのラジオで、ヒロシが、「松山千春さんが、ラジオで『戦争反対』って言って、ずっと軍歌をかけていた」と言っていた。

気になって調べてみた。


「松山千春 ON THE RADIO」
(NACK5、2014年8月17日(日)21:00-22:00、ほか)

 

後で聴こう。

以上、取り急ぎ、メモ代わり。

※加筆(2014年9月2日)

オンエアー曲

  1. 春日八郎「露営の歌」
  2. 陸軍士官学校・海軍兵学校出身者「戦友」
  3. 三船浩「月月火水木金金」
  4. 鶴田浩二「同期の桜」

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美空ひばりは演歌歌手ではない。

○美空ひばりは演歌歌手ではない。

 

『私が好きな美空ひばりの歌』(2014年)

「文化系トークラジオ Life」(TBSラジオ)を聴きながら寝ようと思ったら、割とすぐに寝てしまった。

目が醒めると、違う番組が始まっていた。

美空ひばりの小特集をやっていた。

ビートたけし・王貞治など著名人が1曲づつ選曲した『私が好きな美空ひばりの歌』(2014年)というCDの宣伝のようだった。

私が好きな美空ひばりの歌
『私が好きな美空ひばりの歌』(2014年)
 

 収録曲・発売年と選曲者

  1. 港町十三番(1957年) 選曲:阿木燿子(作詞家)
  2. 悲しき口笛(1949年) 選曲:湯川れい子(音楽評論家/作詞家)
  3. 東京キッド(1950年) 選曲:鋤田正義(写真家)
  4.  あの丘越えて(1951年) 選曲:串田和美(俳優/演出家/美術家)
  5.  リンゴ追分(1952年) 選曲:冨田勲(作曲家)
  6.  お祭りマンボ(1952年) 選曲:古田新太(俳優)
  7. 津軽のふるさと(1953年) 選曲:五木寛之(作家)
  8.  花笠道中(1958年) 選曲:宇崎竜童(音楽家)
  9.  車屋さん(1961年) 選曲:松山千春(ミュージシャン)
  10.  ひばりの佐渡情話(1962年) 選曲:横尾忠則(美術家)
  11.  悲しい酒(セリフ入り)(1966年/セリフ入り:1967年) 選曲:王貞治(福岡ソフトバンクホークス(株) 取締役会長)
  12.  真赤な太陽(1967年) 選曲:森雪之丞(作詞家)
  13.  歌は我が命(1976年) 選曲:佐々木秀実(シャンソン歌手)
  14.  愛燦燦(1986年) 選曲:森英恵(デザイナー)
  15.  みだれ髪(1987年) 選曲:篠山紀信(写真家)
  16.  われとわが身を眠らす子守唄(1988年) 選曲:夏木マリ(歌手/俳優)
  17.  川の流れのように(1989年) 選曲:秋元康(作詞家)
  18.  上海(1953年) 選曲:金子國義(画家)
  19.  A列車で行こう(1955年) 選曲:吉井和哉(ミュージシャン)
  20.  スターダスト(1965年) 選曲:市川染五郎(歌舞伎役者)
  21.  港町十三番地(再録音)(1983年) 選曲:ビートたけし(テレビタレント/俳優/映画監督)

ちなみに、僕が一番好きなのは「港町十三番地」。そんな情報いらないか。


美空ひばり「港町十三番」(1957、83年)
 

美空ひばりは演歌歌手である以前に映画スターだった

さて、番組内でSアナウンサーが曲を紹介するときに(もちろん、放送作家が書いた原稿だろうけど)、「いちばん演歌っぽくない曲」「ジャズの曲も入っている」というような、美空ひばりは演歌歌手だと言う前提に立った紹介をしていた。

それは、まったくアベコベだと思う。

美空ひばりは演歌歌手ではない。演歌歌手である以前に映画スターであったという事実を過小評価すると、彼女の歌手人生を正確に捉えられないと思う。

日本の戦後映画音楽における歌モノの基本はブギウギやジャズであった。幼い頃から映画スターとして活躍した美空ひばりの音楽的素養として、ジャズは外せないのだ。「ジャズの曲も入っている」程度の軽い話じゃないんだYo!


美空ひばり「上海」(1953年)
 

長唄の名取の家に生まれた勝新太郎が、ジャズを歌わせたら天下一品であるのも同じ理由だ。個人的には、勝新が歌う "I'll Remember You" は本当に絶品だと思う(聴いたことがない人は、機会を見つけて是非)。

美空ひばりは演歌が生まれる前から歌っていた

それに、演歌というジャンルが確立する以前から、美空ひばりは歌っている。

輪島裕介『創られた「日本の心」神話——「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史』(光文社新書、2010年)が証明したように、「日本の心・演歌」は、実のところ1960年代に「創造された伝統」であり、極めて新規な音楽ジャンルである。

輪島裕介『創られた「日本の心」神話——「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史』 - 昆虫亀
前掲書の、わりと詳しい紹介

池田勇人が「もはや戦後ではない」と宣言したのは1956年、昭和で言うと31年。演歌が「日本の心」として、「失われたもの」として創造(あるいは捏造)されたのが60年代。その捏造された60年代・昭和30年代が、21世紀の現在、新たな意匠の擬似ノスタルジーとして消費されている。

他方、美空ひばりの映画およびレコード・デビューは1949年。その後の「悲しき口笛」のリリースおよび大ヒットも同1949年。「東京キッド」リリースは1950年である。


美空ひばり「悲しき口笛」(1949年)
 

美空ひばりは演歌が生まれる前から歌っていたのだ。

結論めいた主張

長じて後の美空ひばりの音楽的素養と歌唱力を大人の日本語話者が受容することのできる音楽的市場が、当時は、演歌・歌謡曲のジャンルしかなかったというだけで、美空ひばりをハナから演歌歌手だと決めてかかるのは本末転倒である。

以上、不肖MasaruS、多くの音楽ファンの皆さまに代わって、自説を述べさせて頂きました。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民放ラジオ放送開始記念日(9月1日)

○民放ラジオ放送開始記念日(9月1日)

9月1日は、民放ラジオ放送開始記念日。

1951年9月1日、6:30に中部日本放送(CBCラジオ)が、12:00に新日本放送(現在の毎日放送 MBSラジオ)が日本初の民放ラジオ局として本放送を開始。これを記念して制定された。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »