« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

オランダのスケベニンゲンは本当に「スケベ人間」なのか?

○オランダのスケベニンゲンは本当に「スケベ人間」なのか?

 

珍地名の王者・スケベニンゲン

オランダのスケベニンゲン(Scheveningen)。

バヌアツ共和国のエロマンガ島とならんで、中学男子のハートをガッチリつかんで離さない地名のひとつです。

中学生の頃、エロマンガ島民とスケベニンゲン市民、本当にイヤラシイのはどっちなのか気になったものです。否、今でも気になっています。

スケベニンゲンは、ハーグ(Den Haag)郊外、北海に面した海水浴で人気のリゾート地。国際スケート連盟発祥の地でもあります。ちなみに、現在(1994年〜)の国際スケート連盟会長はオッタビオ・チンクアンタ。

スケベニンゲン 2010(「あんきょのホームページ」内)
※現地の写真がいっぱいの旅行記

History - ISU(国際スケート連盟公式サイト、英語)

Googleで「スケベニンゲン」を検索すると、Wikipediaの「スヘフェニンゲン」のページが1番目に出てきます。

ここへ来て、もしかしたら、Scheveningen は「スケベ人間」じゃないのかもしれないという疑惑が浮上。今さらそんなこと言われても困るんだ。オレたちは、もう後戻りできないんだ!


スケベニンゲン
大きな地図で見る
 

Scheveningen は本当に「スケベ人間」なのか?

ということで、オランダ語のネイティヴ・スピーカーの発音を聴いて確認してみましょう。

オランダ語の発音の確認に私がよく利用している、マルコ・スフェーレン氏(Marco Schuffelen)のウェブサイト "Hear Dutch Here" で "Scheveningen" を検索。

Hear Dutch Place Names - the names of towns and cities etc. in Holland (The Netherlands) and Belgium(英語)
※このページ内 "Scheveningen" の横のボタンをクリック。
トップページの写真に写っている自作マイクスタンドの潔さも必見、男泣き必至。

実際に聴いた音声をカタカナ表記すると、「スーフェニンゲン」に近いようです。

"ve" の部分は、Hear Dutch Hearではハッキリ[フェ] と発音しているように聴こえます。Wikipedia掲載の音声ファイルでは、やや[ヴェ]に近いようにも聴こえます。

銀座スケベニンゲン銀座スケベニンゲン
銀座スケベニンゲン
東京都中央区銀座3-7-13成田屋ビルB1(地図
松屋銀座の裏手にある老舗イタリア料理店です。フリッタータ(玉子をからめて焼いたミートソース・パスタ)が人気です。
 

スケベニンゲンの言語学

ここまでの問題を音声言語学的に解説すると以下の通りです。

Scheveningen の "ch" の部分は無声軟口蓋摩擦音と呼ばれる音で、のどの奥からハヒフヘホを絞り出すような音(国際音声記号 [x])。ドイツ語の "Ich"(私は)とか、ロシヤ語の "Хрущёв"(フルシチョフ)"хорошо"(素晴らしい)などでも使われている音です。

日本語には [x] の音がないため、転写(音訳)の際に、調音方法(発音の仕方)は異なるものの調音点(口の中の発音する位置)が同じカ行(無声軟口蓋破裂音)や、 調音点は異なるものの調音方法が同じハ行(無声声門摩擦音)で代用しているのです。

"Scheveningen" の [x] 日本語転写における音の代用

有声/無声 調音点  調音方法 IPS 
Scheveningen 無声 軟口蓋 摩擦音   x
ベニンゲン 無声 軟口蓋 破裂音   k
フェニンゲン 無声 声門 摩擦音   h

 

それでも「スケベ人間」をあきらめない

思春期の夢ははかないもので、Scheveningen は「スヘーフェニンゲン」であることが明らかになってしまいました。いつまでも少年のままではいられないのです。

でも、私は「スケベ人間」をあきらめません!

実践で通じるかどうか試してはいませんが、「スケベ人間」の「ケ」を強く、「ベ」を弱く発音することによって、理論上は、多少オランダ語の発音に近くなると思います。

発音上の戦略

この際、「ケ」の部分を、日本語風ではなく英語風に発音することがポイントです。

日本語の「ケア」の[k]と、英語の "care" の [k] の発音は、同じ無声軟口蓋破裂音ですが、実際には微妙に違います。英語の [k] のほうが勢いが強く、吐く息の量が多いのです。[k] の後に [h] の音が少し入るように聴こえる場合もあります。音声言語学では、この現象を「気息を伴う」と呼び、[kh] と表記することもあります。無声破裂音 [k] [t] [p] すべてに共通する現象です。

また、前掲のロシヤ語 "Хрущёв"(フルシチョフ)の英語表記は "Khrushchev"。Queen, "Killer Queen" (1974) の歌詞にも出てきますね。 英語にも[x] の音がないため、実は [k] で代用しているのです。


Queen, "Killer Queen" (1974)
♪キラー・クイ〜ン、がんば〜れタブチ
  

アクセント上の戦略

また、ネイティヴ・スピーカーが外国人の発話を聴くとき、発音は正確だがアクセントやイントネイションがデタラメな場合と、発音は多少アヤシイがアクセントやイントネイションが正しい場合とでは、後者のほうが通じやすいことが多いと思います。

よって、オランダ語のアクセントを完璧にマスターすることが肝要です。

社会言語学上の戦略

ある音の連続が、特定の意味をもったひとつの単語として理解されるためには、その単語を使う文脈も重要です。

難の脈略もなく「スケベ人間」と言うのと、例えばリゾートや海水浴の話題にさりげなく相手を誘導したとろで「スケベ人間」と言うのとでは、こちらの意図通りに認識される確率は大きく変ってくるでしょう。

相手のオランダ語話者が「スケベ人間」を認識しやすい文脈を作るためのソーシャル・エンジニアリングも決して徒労ではありません。

まとめ

「ケ」を強く英語風に、全体をオランダ語のアクセントに従って、相手の理解を助ける文脈を整えた上で発音することで、これからも「スケベ人間」のままで大丈夫だと期待を込めて本稿を締めくくりたいと思います。

 

人間!
 

人間!
 
人間!
 
…ベ人間!
 
……人間
 

……
 


 

……
 


 
 
祭の後
 

もうすぐ夏も終りだなぁ。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

呉美保[監督]『そこのみにて光輝く』(2014年)※綾野剛・池脇千鶴・菅田将暉出演

○呉美保[監督]『そこのみにて光輝く』(2014年)※綾野剛・池脇千鶴・菅田将暉出演

 

そこのみにて光輝く テアトル新宿
テアトル新宿
 
そこのみにて光輝く ヒューマントラストシネマ有楽町
ヒューマントラストシネマ有楽町
 

今年観た映画で暫定No.1。たぶん、このままNo.1だろうなぁ。

公開直後、テアトル新宿とヒューマントラストシネマ有楽町で観た。今年、2回観た作品は今のところこれだけ。


呉美保[監督]『そこのみにて光輝く』(2014年)予告編
 

メインキャストは、綾野剛・池脇千鶴・菅田将暉。高橋克也・火野正平・伊佐山ひろ子らが脇を固める。

池脇千鶴登場シーンの、背中から肩、二の腕にかけてが、もう、なんというか、目が釘付けです。

ここへきて全国でアンコール上映が始まっているらしい。まだのかたは是非。絶対損しないと思います。

映画『そこのみにて光輝く』公式サイト

言いたいことは、おおかた、ライムスター宇多丸に言われてしまったので割愛します。(高橋克也の視線については違う意見なんですけどね。)


「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」
(TBSラジオ、2014年5月10日(土)22:00-24:30)

 

これから観る人は、拓児が達夫に贈ったホタルブクロの苗木と、終盤で拓児を自転車の後ろに乗せているときに達夫が歌う歌などに注目。

エンディングでは、文字通り瀬戸際で、笑っているような悲しんでいるような表情で向き合うふたりに、朝陽が上る。

夕日でなくて、朝陽だ。今はドン底だけれど、きっと未来には光があるだろう。

同じ佐藤泰志原作の、熊切和嘉[監督]『海炭市叙景』(2010年)も良いです。


熊切和嘉[監督]『海炭市叙景』(2010年)予告編
 

※当ブログ内の関連エントリー

熊切和嘉[監督]『海炭市叙景』(2010年)を観てきた。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(93)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(93)

 

2013年6月のつづき:

5分でわかる!集団的自衛権行使が違憲である理由 by憲法学者・木村草太:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2014年6月16日(月)22:00-24:55)

American Top 40 初代DJ ケイシー・ケイサム、死去。(2014年6月15日)

文化放送などFM免許申請 年内にも放送へ(朝日新聞デジタル、2014年6月18日)

小沢昭一御大の名調子:西村昭五郎[監督]『競輪上人行状記』(1963年)

小泉今日子・真田広之[主演]/和田誠[監督]『快盗ルビイ』(1988年)は、期待をはるかに上回る快作だった。

クラシック専門のインターネットラジオ局「OTTAVA」継続、ナクソス・ジャパンが承継(ITPro、2014年6月23日)

トランジスタの日(6月30日)

2014年7月:

東京都議会におけるセクハラヤジについて

和田誠[監督]・寺山修司[脚本]『怪盗ジゴマ 音楽篇』(1988年)を観て思い出したのは、やっぱりアレ。

ラジオを10倍楽しく聴くアナログな方法:「アダチ区民放送局」(ネットラジオ、2014年6月28日(土)23:00-25:00)

終戦直後の台湾で中国人の親友から借りた千円を返したい:「CBCスペシャル 千円の約束」(CBCテレビ、2012年5月31日(木)10:00-11:20)

本広克行[監督]『7月7日、晴れ』(1996年)

七夕の願い事

6パターンもあった!「大岡越前」のテーマ曲:「日刊・深夜快速」Vol.1186 水曜版/週刊ドラマウォッチャーⅢ(ウェブラジオFMC、2014年6月25日)

高田渡「自衛隊に入ろう」(1969年)

加川良「教訓 I」(1971年)

真心ブラザーズ「人間はもう終わりだ!」(2001年)

聴取率1.9%でワールドカップ中継に対して大健闘:「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ、2014年7月13日(日)10:00-12:00)

高田渡「自衛隊に入ろう」がオン・エアされました:「Barakan Morning」(InterFM、2014年7月21日

AMラジオのFM化、予備免許第1号は鹿児島のMBCラジオ(2014年7月16日)


当ブログ内の人気記事


 

過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(29)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(30)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(31)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(32)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(34)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(35)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(36)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(38)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(39)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(40)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(41)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(42) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(43)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(44)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(45)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(46)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(47)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(48)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(49)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(50)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(51)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(52)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(53)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(54)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(55)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(56)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(57)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(58)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(59)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(60)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (61)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (62)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(63)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(64)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(65)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(66)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(67)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(69)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(70)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(71)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(72)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(73)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(74)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(75)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(76) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(77) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(78)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(79) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(80)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(81)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(82) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(83)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(84)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(85)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(86)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(87)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(88)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(89)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(90)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(91)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(92)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ナインティナインのオールナイトニッポン」終了の理由と、10月からの新番組。

○「ナインティナインのオールナイトニッポン」終了の理由と、10月からの新番組。

 

「ナインティナインのオールナイトニッポン」終了の理由

先日、「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送、木)が2014年9月25日(木)で終了すると発表されましたが、8月28日(木)の放送で、終了の理由が語られた。

終了を切り出したのは矢部浩之のほうで、岡村隆史も、決心は固いと察して了承したとのこと。

矢部が語った終了の理由は、

  • 岡村の休養中にひとりでパーソナリティーを務めたが、岡村の復帰後、妙な達成感を感じてしまい、以前の感覚に戻れなくなった。
  • 20周年や1000回などの区切りを迎えて、一段落付いてしまった。
  • 番組本を出してゆくうちに、カウントダウンのような感覚になってしまった。

といったことが積み重なったことによる。

10月からの新番組

10月2日(木)からの新番組は「岡村隆史のオールナイトニッポン」とのこと。

矢部卒業ってことなのね。

なんだか肩すかしだったけれど、リスナーはひと安心かな。

ナインティナインのオールナイトニッポン(公式サイト)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みのもんた BIGり!? 文化放送、BIG10億円で命名権(東京中日スポーツ、2014年8月23日)

○「みのもんた BIGり!? 文化放送、BIG10億円で命名権」(東京中日スポーツ、2014年8月23日)

 

みのもんた BIGり!? 文化放送、BIG10億円で命名権(東京中日スポーツ、2014年8月23日)

 文化放送の三木明博社長(67)とタレントみのもんた(70)が22日、東京・浜松町の同局で会見を開き、23日発売のスポーツ振興くじ「BIG」第 720回販売の1等当せん者に、当せん金10億円(キャリーオーバーの場合)で放送局の命名権を1日限定で販売すると発表した。個人向け命名権販売では国内最高額。また放送局の命名権販売は国内初。

 例えば「文化太郎」さんが購入すれば、「文化太郎放送」に社名を変更し、看板、社旗、名刺も差し替え、購入者の銅像をロビーに設置。さらに購入者の人生を、同局の番組に出演する立川志の輔(60)が落語に、弘兼憲史さん(66)がマンガに、みのがトーク番組を作る。

(つづきは、中日新聞ウェブサイトで)

宝くじは買わないけれど、もし買って当ったら、ラジオずきの私でも普通にゼニのほうを取るかなぁ。

10億円つったら、普通の人生4回分だもんなぁ。勤労者が20〜64歳で得る生涯賃金は、正規雇用で2億2432万円、非正規雇用では1億2104万円。

生涯賃金 非正規雇用は1億円以上低い/正規と比較 派遣法大改悪で貧困拡大(しんぶん赤旗|日本共産党)

文化放送も、買い手が付くと本気で思ってはいないだろうし、あくまもで局の宣伝ということでしょう。

また、記事から判るのは、文化放送で一番の広告塔になりうる象徴的なパーソナリティーはみのもんたってことになるんだなぁ。

普通に、勤め先とか行きつけの店に「金は出すから名前貸して」とか言って、好きな番組のスポンサーになったほうが安上がりかもね。

A&G枠を1週間好きなようにできるとか言ったら、ひょっとしたら酔狂な人が出て来たりして。


RCサクセション「宝くじは買わない」(1970年)
 

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイナイ、「オールナイト」辞めるってよ:「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送、木)2014年9月25日(木)で終了。

○ナイナイ、「オールナイト」辞めるってよ:「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送、木)2014年9月25日(木)で終了。

 

「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送、木)終了へ

「ナイナイ」オールナイトニッポン、終了へ(YOMIURI ONLINE、2014年08月22日)

 お笑いコンビのナインティナインがパーソナリティーを務めるニッポン放送の人気深夜番組「ナインティナインのオールナイトニッポン」が、9月26日未明の放送で終了することが21日、わかった。

 同番組は1994年4月にスタートした。ナインティナインはオールナイトニッポンのパーソナリティーの最長記録を更新、今年6月20日には放送1000回に達していた。同局では「29日午前1時からの放送で、本人たちが終了の理由などを直接説明する」としている。

辞めるのか、打ち切りなのか?

ここ数年来、本を出してきたのは、その布石なのか?

次の放送(8月28日(木))で「本人たちが終了の理由などを直接説明する」そうなので、ふだんは聴いていないけど聴こうかな。

後任は誰が来てもタイヘンだろうなぁ。

その昔、同じ木曜日で、ビートたけしの次に古田新太が出て来た時、最初はタイヘンだったらしいけれど、最終的には新しいラジオ・スターの誕生となった。今回も、そういう感じになればいいけれどね。

でも、人によっては、「オールナイトはナイナイだけ聴き続けている」とか、「ラジオ自体、今やナイナイだけ」というケースもあるだろうから。抜けた穴は大きそう。

「JUNK」(TBSラジオ)への切り替えを考える地方局が出てくる可能性も一瞬頭をよぎるけれど、スポンサー料の多いほうを採るだろうから、結局「オールナイトニッポン」の天下は続くのかな。

ナインティナインのオールナイトニッポン(公式サイト)

※当ブログ内の関連エントリー:

「ナインティナインのオールナイトニッポン」終了の理由と、10月からの新番組。

オールナイトニッポンのスポンサーが異常に減っているのに気付いた。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石橋蓮司映画祭(東京・池袋 新文芸坐、2014年8月20日(水)〜29日(金))

○石橋蓮司映画祭(東京・池袋 新文芸坐、2014年8月20日(水)〜29日(金))

 

先週・今週と「QIC」(ウェブラジオFMC)で、岐阜・柳ケ瀬の名画座ロイヤル劇場の企画力が話題になっておりました(第929回第930回)。

東京は池袋、新文芸坐も負けていません。現在、「役者生活60年 石橋蓮司映画祭」を開催中。シブすぎだよ!

感動はスクリーンから - 低料金2本立ての名画座 | 新文芸坐


 

※画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。
 

帰りに寄って来ました。

今日は2本とも黒木和雄監督作品で、『浪人街 RONINGAI』(1990年)『スリ』(2000年)。どっちも初見。

『浪人街』、最高!


黒木和雄[監督]『浪人街』(1990年)予告編
 

原田芳雄・石橋蓮司・田中邦衛・勝新太郎に、樋口可南子・杉田かおる・中尾彬と、キャストも豪華。

ラスト20分ぐらいまで、話が動きそうでなかなか大きく動かない抑制された演出なのだけれど、溜めて溜めて、溜めに溜め込んだエネルギーがクライマックスのダイナミックな殺陣で大爆発でございます。それでいて、作品全体には松竹的なヒューマニズムが流れています。

早送りできない、映画館の大きなスクリーンで観ることができて良かったです。

原田芳雄の「おし〜ん、聞こえるかぁ〜!」という雄叫びに、うっかり泣きそうになりましたよ……オレ、お新じゃないのに。

死に支度の白装束で、鬱蒼と茂る黒い森を疾駆する石橋蓮司もカッコよかった。

好きな映画がまた増えました。

石橋蓮司、新文芸坐、ありがとう。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイクの前の金魚すくいみたいなアレ、ポップガードを自分で作る方法

○マイクの前の金魚すくいみたいなアレ、ポップガードを自分で作る方法:"How to make your own microphone Pop Filter", YouTube Scotty D Channel

 

レコーディングやラジオのスタジオ映像などで見かける、マイクの前の金魚すくいみたいなアレ。ポップガード、ポップフィルター、ポップブロッカー、ウィンドスクリーンなどと呼びます。

パ行・タ行などの破裂音を発する際の、息の吹き込みノイズ(ポップ・ノイズ、吹かれ)を防ぐ道具です。これを使うと、「ボフッ!」となりません。

このポップガードを自分で作る方法を紹介している動画がありました。

単に自分で作れるだけでなく、見た目もそこそこ良いというところがポイント。


How to make your own microphone Pop Filter
 

材料

フィルター部

アーム部

  • VVFケーブル
    アーム本体に使用。屋内配線などでよく使われる、曲げを維持できるケーブル。東日本では「Fケーブル」、西日本では「VA線」などと呼ばれています。電気工事士試験の練習キットに入ってるアレです。動画内では "Romex wire"(ローメックス・ワイヤー)と言っています。アメリカではそう呼ぶんですね。
  • 結束バンド
    フィルターとアームを固定するために使用。
  • ホースクランプ
    アームをマイク・スタンドに固定するために使用。蛇口にホースを固定する時に使うアレ。
  • チューブ
    アームにかぶせるために使用。

刺繍枠なんて、中学の家庭科で1回使ったっきり、触ったことすらなかったなぁ。

アーム部分は、各人で好きな材料を使って、いかようにも工夫できそう。VVFケーブルなんて、日本の一般家庭に常備してないし。

ただ、SHURE SM58 みたいなタイプの、グリルボールの中にスポンジが入っているマイクをお使いの場合、特に必要ないような気もしますが……。

ともあれ、あれば見た目や気分がグっと良くなること請け合いです。これ、大事。

「最近は、安いポップガードもあるので、わざわざ自分で作らなくても……」というツッコミは禁止です。

ちなみに、動画の中で、Scotty D氏がポップ・ノイズのチェックの際に言っている言葉は、"Peter Piper picked a peck of pickled peppers"(ピーター・パイパーは、1ペックの唐辛子ピクルスをつまんだ)。マザー・グースの一節です。

※当ブログ内の関連エントリー:

総工費600円 バイノーラルマイク自作講座(TBUG / Tokyo Binaural Users Group)

オーディオ機器などのストレートコードをカールコードに加工する方法 


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子中高生の好きなラジオ番組ベスト3:『Seventeen』2014年9月号(集英社)

女子中高生の好きなラジオ番組ベスト3:『Seventeen』2014年9月号(集英社)

 

10代女子が好きなラジオ番組ベスト3

Seventeen 9月号 集英社
『Seventeen』2014年9月号(集英社)
 

BARKSの記事によると、『Seventeen』2014年9月号(集英社)の「Seventeen スーパーランキング2014 TEENS' NO.1 REPORT」という読者アンケート企画で、好きなラジオ番組のランキングが発表されているとのこと。

ベスト3は、

女子高生の「好きなラジオ番組」1位に文化放送『レコメン!』 | 関ジャニ∞ | BARKS音楽ニュース

ジャニーズの番組が人気

「bay storm」(bayfm)だけ聞き憶えがなかったので調べてみたら、嵐の二宮和也がパーソナリティーを務めている番組と判明。

「レコメン!」も、月~水はオテンキのりがパーソナリティーを務めているけれど、木曜日は関ジャニ∞の村上信五&丸山隆平。

若年層のラジオ離れというけれど、10代の女子にもジャニーズのラジオ番組は人気なんですね。

だけど、気になることが……

ただ、既視感と言うか、ちょっと気になることがあって、bayfmのウェブサイトを調べてみたら……

radiko.jp プレミアム はじまる!

パソコンやスマートフォンでラジオが聴けるIPサイマルラジオ「radiko.jp」。
4月1日(火)からは、配信エリアの枠を越えて、「radiko.jp」に参加しているラジオ局の番組を 全国各地どこにいても聴くことができるサービス「radiko.jp プレミアム」がスタートしました。

月額350円(税別)の課金制で、パソコンやスマートフォンの「radiko.jp」ウェブサイトで会員登録すると利用することができます。(登録初月は無料です。)
※特定のタレント出演番組やスポーツ中継など、聴取できない番組があります。

※下記の番組は、聴取できません。予めご了承ください
■「三宅健のラヂオ」三宅健・月曜24:00〜24:27
■「LOOK AT YOU-MA」中山 優馬・木曜24:30〜24:54
■「増田貴久 MASTER HITS」増田貴久(NEWS)・金曜23:00〜23:27
■「JUMP da ベイベー!」Hey! Say! JUMP(有岡大貴&髙木雄也)・金曜24:30〜24:57
■「堂本 剛とFashion&Music Book」堂本 剛・土曜22:00〜22:27
■「SMAP POWER SPLASH」SMAP・日曜19:00〜19:52
■「BAY STORM」嵐(二宮和也)・日曜22:00〜22:27

インフォメーション|bayfm 78.0MHz - LOVE OUR BAY LOVE OUR FUTURE

ジャニーズの人たちは、bayfmでもけっこうレギュラー番組もってるんですね。

※当ブログ内の関連エントリー:

若者のラジオ離れに関する良いニュースと悪いニュース

radiko.jpプレミアムに参加しないプレミアムなラジオ局一覧


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKスペシャル「調査報告 STAP細胞 不正の深層」の深層:「QIC」第928回(ウェブラジオFMC、2014年8月10日)

○NHKスペシャル「調査報告 STAP細胞 不正の深層」の深層:「QIC」第928回(ウェブラジオFMC、2014年8月10日)

 

「QIC」第928回(ウェブラジオFMC、2014年8月10日)では、NHKスペシャル「調査報告 STAP細胞 不正の深層」(2014年7月27日(日)21:00-21:49)が話題に。

FMC/QIC
※前掲ページの2014年8月10日放送分(第928回)の「お便り(リクライニング+笹井氏自殺とNスペ)」。公開後4週間聴取可能。

または、

"QIC"第928回(2014/8/10放送)B枠/リクライニング+笹井氏自殺とNスペ: QIC/Quemule Insider Club

同ネットラジオで俎上に上っていたのは、STAP細胞そのものの問題や、 STAP細胞騒動ではなく、NHKスペシャルの報道姿勢。メディア・リテラシー的な切り口。

ウチにはテレビがないので、NHKスペシャルを事前に観ていなかったのだけれど、まぁ、観ようと思えばナンダカンダで観られるもんですわ。求めよ、さらば与へられん

面白いなぁと思ったのは

  • この回でナレーターを務めたのがNHKアナウンサーではなく、元NHKのフリー・アナウンサーで「半沢直樹」のナレーターを務めた山根基世アナだったのはなぜか?
  • エンディング・ロールにクレジットを出さなかったのはなぜか?

などの論点。

それに、小保方-笹井間のメールを紹介する際の声優によるアフレコの演出には、番組で指摘されているように、確かに違和感を感じた。笹井芳樹博士のメールの読み上げ時に映される写真が微妙にニヤけ顔だったり。

世間では今や、STAP細胞そのものの問題とSTAP細胞騒動に関する問題がごっちゃになって、STAP細胞問題がメディア問題になってしまっている感が否めない。

STAP細胞論文の画期的な点は、遺伝子レベルの操作を必要としない簡便な手順で、体細胞から「万能細胞」(多能性細胞)をつくることができると主張している点だと私は理解している。

文系の私にも、体細胞にある種の刺激を与えることで予定運命がリセットされて多能性を得る論理的な可能性はあるかもしれないと思わせるところがあるし、理系の専門家もその可能性を否定できないので、権威ある科学誌の査読をパスしたのだろうと思う。

野次馬の判官贔屓で「晴子が『STAP細胞はあります!』つってんだから、あるってことでいいんじゃねぇのか?」と言うわけにもいかず、実際のところ、アクロシンGFPの件などは小保方サイドに圧倒的に不利と言わざるを得ない。STAP細胞論文の手順による再現は難航しそうな印象。

STAP幹細胞はどこから? | 日経サイエンス

Nature 掲載の、いわゆるSTAP細胞論文は取り下げられたものの、現在も同誌ウェブサイトで閲覧できる:

Stimulus-triggered fate conversion of somatic cells into pluripotency :  Nature :  Nature Publishing Group(英語、日本語要旨あり)

* * *

騒動を一旦リセットして、STAP細胞そのものについてもう一度考えてみたい人は、粥川準二「STAP細胞事件が忘却させたこと」、『現代思想』<特集:科学者——科学技術のポリティカルエコノミー>2014年8月号(青土社)がおススメ。

この人が書く文章は、文系の私が読んでも解りやすく、いつも頼りにしている。バイオケミストリーの現在をキチンと解きほぐしつつ、バイオポリティックスの現代的位相を的確に衝いていると思う。

同稿は、人工多能性幹細胞問題について、ES細胞・iPS細胞から説き起こしつつ、そもそもSTAP細胞とは何なのかを解説した上で、騒動で後景に退いてしまった幹細胞そのものが孕む問題について概説している。

ちなみに、同じ『現代思想』2014年8月号掲載の榎木英介論文に引用されている論文によると、2012年10月31日までに公表された日本における学術研究のうち、自然科学における研究不正の74.1%は生命科学の分野で起きているとのこと。

松澤孝明「わが国における研究不正——公開情報に基づくマクロ分析(1)」、『情報管理』 Vol.56, No.3 (2013) pp.156-165


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオのマンガが始まってるぞ!:沙村広明「波よ聞いてくれ」、『月刊アフタヌーン』2014年9月号〜(講談社)

○ラジオのマンガが始まってるぞ!:沙村広明「波よ聞いてくれ」、『月刊アフタヌーン』2014年9月号〜(講談社)

 

『月刊アフタヌーン』2014年9月号(講談社) で、ラジオを題材にした漫画がはじまっています。沙村広明「波よ聞いてくれ」。

機会があれば御一読を、と言いたいところですが、『月刊アフタヌーン』を普通に置いている書店等がお近くにあればよいのですが……。私は、出先のコンビニでたまたま表紙を見て手に取りました。最寄りのコンビニには置いてませんでした。

沙村広明 波よ聞いてくれ 月刊アフタヌーン 2014年9月号 講談社
『月刊アフタヌーン』2014年9月号(講談社)
 

あらすじ

カレーショップの店員・鼓田ミナレは、失恋の憂さ晴らしにバーで酔いつぶれていた。カラんでクダをまいた相手・麻藤兼は、MRS藻岩山ラジオ局のディレクター。

翌日、勤務先の店内に流れる藻岩山ラジオ局の放送。ミナレは、放送されたある音源を耳にするや、血相を変えて職場を放り出し、ラジオ局へ車を走らせる。バーでもらった麻藤の名刺を持ってスタジオに乱入。麻藤に促されてマイクの前に立つことになるが……。

「藻岩山ラジオ局」と聞くと、ラジオずきな人は三角山放送局を思い出すかと思いますが、スタジオ内の雰囲気は県域局っぽいです(Air-Gかな?)。「藻岩山」だけあって、麻藤Dの名刺には「札幌市中央区」と書いてあります。局名から察するに、ラジオ単営局の模様。局舎の外観に特徴があり、何かモデルがあるのかもしれません。ちなみに、スタジオのカフボックスは、おシャレな610FUM-B(スタジオイクイプメント社製)。

第1話の主要なモチーフは、「恋愛の地方性」みたいな話で、男子にはそれほどフックがないかもしれないし、後半の展開はちょっと強引だなとは思ったけれど、画力によって醸成される勢いで一気に読めました。次回以降が愉しみではあります。ラジオの話だしね。

日ハム・大野のたとえ話が微妙にツボで、ジワジワ来ました。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「サイボーグ009」第16話 太平洋の亡霊(NET、1968年)

○「サイボーグ009」第16話 太平洋の亡霊(NET、1968年)

 

荷宮和子『バリバリのハト派——女子供カルチャー反戦論』(晶文社、2004年)という本を書店で見かけた。

タイトルと、帯の背表紙部分に書いてあった「気分はもう改憲?」という言葉に引かれて購入。

なかでも面白かったのは下の2本:

  • 「反戦」を主張するアニメ脚本『(旧)サイボーグ009/太平洋の亡霊』を書いた辻真先は今なら「非国民」扱いされるはずである
  • 「『ミナミの帝王』よりも『ナニワ金融道』の方が偉い」とされる今の日本の漫画評論にはうんざりである

前者の論考でTVアニメ「サイボーグ009」第16話太平洋の亡霊(NET、1968年)が紹介されていた。


「サイボーグ009」第16話 太平洋の亡霊(NET、1968年)

 
 

反戦のメッセージは愚直なほどストレートだが、注意すべきは、作中に登場する平博士は軍国主義者ではないという点だ。それどころか、平和の名の下に進む軍拡に呪詛する反戦論者である。護憲派と言っても良い。

つまり、軍国主義の亡霊が息を吹き返しているわけではなく、戦没者への鎮魂が、平和主義の挫折をきっかけに、アメリカへの復讐戦へと反転しているのだ。

どちらかと言えば、平博士の心情は、「対米追従からの脱却」を謳う反米左翼や、戦争の混乱に乗じた武力革命を通じて帝国主義打倒をめざすマルクス-レーニン主義と地続きとすら言えるかもしれない。

軍国主義は、歴史修正主義の顕在化からだけでなく、平和主義の形骸化から生まれるおそれもある。

ともあれ、軍拡を終らせるための戦争という平博士のロジックは、戦争を終わらせるための原爆投下と同じぐらいねじれている。

特攻隊員として戦死した、平博士の息子・祐太郎の「僕たちの魂をこれ以上いじらないでくれないか」という言葉が印象的だ。

※当ブログ内の関連エントリー:

5分でわかる!集団的自衛権行使が違憲である理由 by憲法学者・木村草太:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2014年6月16日(月)22:00-24:55)

加川良「戦争しましょう」(1971年)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉音放送(NHKラジオ、1945年8月15日(水)12:00-)

○「玉音放送」(NHKラジオ、1945年8月15日(水)12:00-)

 

※頂いた情報により玉音放送の書き起こし部分の不明箇所を改訂、および末尾に若干の加筆(2010年1月11日)

ポツダム宣言受諾を宣布する「終戦ノ詔書」が天皇裕仁により朗読され、アセテート盤に録音。これが、1945(昭和20)年8月15日(水)正午、ラジオを通じて放送され、大日本帝国臣民に日本の敗戦・無条件降伏が伝えられた。これがいわゆる「玉音放送」である。

和田信賢アナウンサー 全国ノ聴取者ノ皆様、御起立願ヒマス。

下村宏情報局総裁 天皇陛下ニ於カセラレマシテハ、全国民ニ対シ畏クモ御自ラ大詔ヲ宣ラセ賜ウ事ニナリマシタ。此ヨリ謹ミテ玉音ヲ御送リ申シマス。

(君が代演奏)

天皇裕仁 朕深ク世界ノ大勢ト帝国ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ収拾セムト欲シ茲ニ忠良ナル爾臣民ニ告ク

朕ハ帝国政府ヲシテ米英支蘇四国ニ対シ其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ

抑々帝国臣民ノ康寧ヲ図リ万邦共栄ノ楽ヲ偕ニスルハ皇祖皇宗ノ遣範ニシテ朕ノ拳々措カサル所曩ニ米英二国ニ宣戦セル所以モ亦実ニ帝国ノ自存 ト東亜ノ安定トヲ庶幾スルニ出テ他国ノ主権ヲ排シ領土ヲ侵スカ如キハ固ヨリ朕カ志ニアラス然ルニ交戦已ニ四歳ヲ閲シ朕カ陸海将兵ノ勇戦朕カ百僚有司ノ励精 朕カ一億衆庶ノ奉公各々最善ヲ尽セルニ拘ラス戦局必スシモ好転セス世界ノ大勢亦我ニ利アラス加之敵ハ新ニ残虐ナル爆弾ヲ使用シテ無辜ヲ殺傷シ惨害ノ及フ所 真ニ測ルヘカラサルニ至ル而モ尚交戦ヲ継続セムカ終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招来スルノミナラス延テ人類ノ文明ヲモ破却スヘシ斯ノ如クムハ朕何ヲ以テカ億兆ノ赤子ヲ保シ皇祖皇宗ノ神霊ニ謝セムヤ是レ朕カ帝国政府ヲシテ共同宣言ニ応セシムルニ至レル所以ナリ

朕ハ帝国ト共ニ終始東亜ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ対シ遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス帝国臣民ニシテ戦陣ニ死シ職域ニ殉シ非命ニ斃レタル者及其ノ 遺族ニ想ヲ致セハ五内為ニ裂ク且戦傷ヲ負ヒ災禍ヲ蒙リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ朕ノ深ク軫念スル所ナリ惟フニ今後帝国ノ受クヘキ困難ハ固ヨリ尋常ニアラス爾臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所耐ヘ難キヲ耐ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス

朕ハ茲ニ国体ヲ護持シ得テ忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚シ常ニ爾臣民ト共ニ在リ若シ夫レ情ノ激スル所濫ニ事端ヲ滋クシ或ハ同胞排擠互ニ時局ヲ 乱リ為ニ大道ヲ誤リ信義ヲ世界ニ失フカ如キハ朕最モ之ヲ戒ム宜シク挙国一家子孫相伝ヘ確ク神州ノ不滅ヲ信シ任重クシテ道遠キヲ念ヒ総力ヲ将来ノ建設ニ傾ケ 道義ヲ篤クシ志操ヲ鞏クシ誓テ国体ノ精華ヲ発揚シ世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ期スヘシ爾臣民其レ克く朕カ意ヲ体セヨ

(君が代演奏)

下村総裁 謹ンデ天皇陛下ノ玉音放送ヲ終リマス。

和田アナウンサー 畏クモ天皇陛下ニ於カセラレマシテハ、万世ノ為ニ泰平ヲ開カント思シ召サレ、昨日政府ヲシテ米英支蘇四国ニ対シテ、ポツダム宣言ヲ受諾スル旨通告セシメラレマシタ。

畏クモ天皇陛下ニ於カセラレマシテハ、同時ニ詔書ヲ渙発アラセラレ、帝国ガ四カ国の共同宣言ヲ受諾スルノ止ム無シニ至ツタ所以ヲ御宣シアラセラレ、今日正午畏キ大御意ヨリ詔書ヲ御放送アラセラレマシタ。

コノ御堂ノ御事ハ拝察スルダニ畏キ極ミデアリ、一億等シク感泣致シマシタ。

我々臣民ハ只々詔書ノ御旨ヲ必謹誓ツテ国体ノ護持ト民族ノ名誉保持ノ為滅私ノ奉公ヲ誓ヒ奉ル次第デ御座ヒマス。

最後のアナウンスで一箇所聴き取れないところがありました([……]の部分)。また、聞き誤った箇所も散見されると思いますので、お気づきのかたはご教示ください。

め さんから頂いたコメントにより、該当箇所(上掲載書き起こし下線部)は「必謹誓ツテ」と判明致しました。「承詔必謹」 の 「必謹」とのことで、意味から判断しても間違いないと思います。貴重なご教示、誠にありがとうございます。

玉音放送録音・放送の経緯については、『朝日新聞』夕刊で 2008年12月1日(月)〜12月26日(金)にかけて連載された「ラジオの時代」第2部で数回取り上げられ、概説されている(この連載、本にならないのかなぁ)。

「ラジオの時代」 第2部 あのとき あの場で、『朝日新聞』夕刊(2008年12月1日(月)〜12月26日(金))総目次(当ブログ内)

ちなみに、録音に使用されたのは、DENON DP-17-K 可搬型録音再生機(日本電気音響株式会社:現DENON)

東京・西新宿の平和祈念展示資料館には、「終戦ノ詔書」のレプリカが展示されていた。入場無料。誰がどういう意図で行っている展示なのかに気をつけて観覧する必要があるものの、展示物そのものには見る価値があると思う。

平和祈念展示資料館

平和祈念展示資料館(東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル48階)(当ブログ内)

※加筆
NHK放送博物館には、玉音放送の原盤(玉音盤)のレプリカと、天皇裕仁自身が玉音放送を聴いたラジオ受信機(RCA の 真空管ラジオ Radiola の卓上モデル)が展示されている。

NHK放送博物館
※こっちも、入場無料

※当ブログ内の関連エントリー:

第1回大本営発表(真珠湾攻撃・太平洋戦争開戦)(NHKラジオ、1941年12月8日(月)6:00-)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加川良「戦争しましょう」(1971年)

○加川良「戦争しましょう」(1971年)

 

明日は終戦記念日。

「英霊に感謝と哀悼の誠を捧げる」ために、議員や閣僚たちが、靖國神社を訪れるだろう。

アメリカと戦って命を落とした英霊に、「日本はアメリカと組んで戦争ができる国になりました」と報告するのだろうか。


加川良「戦争しましょう」(1971年)

 

※当ブログ内の関連エントリー:

サイボーグ009 第16話 太平洋の亡霊(NET、1968年)

高田渡「自衛隊に入ろう」(1969年)

加川良「教訓 I」(1971年) 

「まず、総理から前線へ。」『広告批評』1982年6月号

「愛国者」「愛国心」:アンブロウズ・ビアース『悪魔の辞典』(1911年)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロビン・ウィリアムズ、死去(2014年8月11日)。

○ロビン・ウィリアムズ、死去(2014年8月11日)。

 


    バリー・レヴィンソン[監督]『グッドモーニング、ベトナム』Good Morning, Vietnam(1987年)

ロビン・ウィリアムズさん死去 自殺による窒息か(シネマトゥデイ、2014年8月12日)

 映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』『ジュマンジ』などで知られる米俳優のロビン・ウィリアムズさんが現地時間11日、カルフォルニア州ティブロンの自宅で亡くなっているのが見つかった。63歳だった。死因は自殺による窒息とみられる。

(つづきはシネマトゥデイウェブサイトで)

鬱病の療養中だったとのこと。

ご冥福を。


Louis Armstrong, "What a Wonderful World" (1968)

 

※当ブログ内の関連エントリー:

決定版 映画の中のラジオDJベスト10:Classic Ten - Radio DJs in the Movies(AMC Blog, November 18, 2009)

ラジオな一曲 (19): Louis Armstrong, "What a Wonderful World" (1968)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロボット・ジャーナリストの誕生: "Remplacer les journalistes par des robots" (Radio-Canada Premiere, Le samedi 26 juillet 2014)

○ロボット・ジャーナリストの誕生: "Remplacer les journalistes par des robots" (Radio-Canada Première, Le samedi 26 juillet 2014)

 

カナダの公共放送CBCのウェブサイトに、短いけれど面白い記事が掲載されていた。

ジャーナリストがロボットに取って代わられるというお話。

ロボット・ジャーナリストの誕生

記者の人員削減がジャーナリズムを終りに導くと考える人びとは、生身の記者をロボットに置き換えるという計画に落胆するかもしれない。

機械で自動生成された最初の記事は、今年の春、低強度地震がロサンゼルスを襲った際に、ロサンゼルス・タイムズ紙のウェブサイトに登場した。データ・ベースに接続されたロボットは、地震発生を検知し、短いが首尾一貫したテキストを数秒で生成した。

いくつかの企業はすでに、ジャーナリズムの自動化には巨大な商業的ポテンシャルがあると見込んでいる。AP通信はすでに、人間の記者が現在書いている10倍の記事を作成するために、ロボットによるテキストを利用すると発表している。

しかし、楽観主義者にとっては、この技術的推移は恐るに足らない。ジャーナリストは今や、取材や大事件のレポートといった高貴な仕事に時間を捧げることができるからだ。

この記事は、テクノロジーと社会に関する話題をとりあげるラジオ番組 "La Sphère" (Radio-Canada Première, Le samedi 26 juillet 2014, 13:00-14:00EDT) の一部を要約したもの。番組サイトおよびポッドキャストで番組音声を聴くこともできる。

前掲記事の中に「いくつかの企業はすでに、ジャーナリズムの自動化に巨大な商業的ポテンシャルを見込んでいる」という記述がある。ウェブサイトにニュース記事を掲載するということは、商業的に言うと、サイト上に広告スペースをつくることと同義なのだなと改めて感じた。

「報道は事実だけを伝えればよい」という意見の人も多い。確かに、地震速報などであれば、抽出したデータで定型文の空欄を埋めることで、それなりの記事が比較的容易に作成できるかもしれない。しかし、ジャーナリズムの本義は単に事実を伝えることだけではないことが、記事の最後で示唆されているようにも思える。

別のサイトの記事によると、人間が書いた記事には「なぜ」に関する言及があるが、ロボットの書いた記事には「いつ」「どこで」「だれが」「なにを」「どうした」しかないとのこと。

以上、ラジオ批評ブログのアルゴリズムがお伝えしました。

※関連リンク

La sphère | ICI Radio-Canada Première(番組公式サイト、フランス語)

BBC News - Robot writes LA Times earthquake breaking news article(英語)
※世界で初めてロボットが自動生成した記事について。

Automated Insights to write AP earnings reports: Why robots can't take journalists' jobs. (Slate)(英語)

※当ブログ内の関連エントリー:

横山美和「ラジオ番組制作者のための創造支援システム "miwa radio"」

カナダCBCラジオの番組を聴いて、英語で経済のお勉強: "The Invisible Hand" (CBC Radio One, Canada)


アルゴリズムこうしん

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高田渡「ブラザー軒」(1997年)

○高田渡「ブラザー軒」(1997年)

 

今日から仙台七夕まつり

仙台七夕まつり公式サイト

先の戦争および東日本大震災で亡くなられた方がたの御霊が安らかでありますように。


高田渡「ブラザー軒」(1997年) 

高田渡「ブラザー軒」(1997年)
詩・菅原克己

東一番丁、
ブラザー軒。
硝子簾がキラキラ波うち、
あたりいちめん氷を噛む音。
死んだおやじが入って来る。
死んだ妹をつれて
氷水喰べに、
ぼくのわきへ。
色あせたメリンスの着物。
おできいっぱいつけた妹。
ミルクセーキの音に、
びっくりしながら
細い脛だして
椅子にずり上がる。
外は濃藍色のたなばたの夜。
肥ったおやじは
小さい妹をながめ、
満足気に氷を噛み、
ひげを拭く。
妹は匙ですくう
白い氷のかけら。
ぼくも噛む
白い氷のかけら。
ふたりには声がない。
ふたりにはぼくが見えない。
おやじはひげを拭く。
妹は氷をこぼす。
簾はキラキラ、
風鈴の音、
あたりいちめん氷を噛む音。
死者ふたり、
つれだって帰る、
ぼくの前を。
小さい妹がさきに立ち、
おやじはゆったりと。
東一番丁、
ブラザー軒。
たなばたの夜。
キラキラ波うつ
硝子簾の向うの闇に。

※関連リンク

仙台市 青葉区 ブラザー軒です。心を込めたおもてなしで皆様をお待ちしております。 (ブラザー軒公式サイト)

※当ブログ内の関連エントリー:

今年も東日本大震災発生の瞬間のラジオを改めて聴く

東日本大震災と『惑星ソラリス』 (1972)

いとうせいこう「想像ラジオ」、『文藝』2013年春号(河出書房新社)

高田渡「自衛隊に入ろう」(1969年)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »