« 「サイボーグ009」第16話 太平洋の亡霊(NET、1968年) | トップページ | NHKスペシャル「調査報告 STAP細胞 不正の深層」の深層:「QIC」第928回(ウェブラジオFMC、2014年8月10日) »

ラジオのマンガが始まってるぞ!:沙村広明「波よ聞いてくれ」、『月刊アフタヌーン』2014年9月号〜(講談社)

○ラジオのマンガが始まってるぞ!:沙村広明「波よ聞いてくれ」、『月刊アフタヌーン』2014年9月号〜(講談社)

 

『月刊アフタヌーン』2014年9月号(講談社) で、ラジオを題材にした漫画がはじまっています。沙村広明「波よ聞いてくれ」。

機会があれば御一読を、と言いたいところですが、『月刊アフタヌーン』を普通に置いている書店等がお近くにあればよいのですが……。私は、出先のコンビニでたまたま表紙を見て手に取りました。最寄りのコンビニには置いてませんでした。

沙村広明 波よ聞いてくれ 月刊アフタヌーン 2014年9月号 講談社
『月刊アフタヌーン』2014年9月号(講談社)
 

あらすじ

カレーショップの店員・鼓田ミナレは、失恋の憂さ晴らしにバーで酔いつぶれていた。カラんでクダをまいた相手・麻藤兼は、MRS藻岩山ラジオ局のディレクター。

翌日、勤務先の店内に流れる藻岩山ラジオ局の放送。ミナレは、放送されたある音源を耳にするや、血相を変えて職場を放り出し、ラジオ局へ車を走らせる。バーでもらった麻藤の名刺を持ってスタジオに乱入。麻藤に促されてマイクの前に立つことになるが……。

「藻岩山ラジオ局」と聞くと、ラジオずきな人は三角山放送局を思い出すかと思いますが、スタジオ内の雰囲気は県域局っぽいです(Air-Gかな?)。「藻岩山」だけあって、麻藤Dの名刺には「札幌市中央区」と書いてあります。局名から察するに、ラジオ単営局の模様。局舎の外観に特徴があり、何かモデルがあるのかもしれません。ちなみに、スタジオのカフボックスは、おシャレな610FUM-B(スタジオイクイプメント社製)。

第1話の主要なモチーフは、「恋愛の地方性」みたいな話で、男子にはそれほどフックがないかもしれないし、後半の展開はちょっと強引だなとは思ったけれど、画力によって醸成される勢いで一気に読めました。次回以降が愉しみではあります。ラジオの話だしね。

日ハム・大野のたとえ話が微妙にツボで、ジワジワ来ました。


当ブログ内の人気記事


Google

|

« 「サイボーグ009」第16話 太平洋の亡霊(NET、1968年) | トップページ | NHKスペシャル「調査報告 STAP細胞 不正の深層」の深層:「QIC」第928回(ウェブラジオFMC、2014年8月10日) »

メディアに取り上げられたラジオ」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423073/57056410

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオのマンガが始まってるぞ!:沙村広明「波よ聞いてくれ」、『月刊アフタヌーン』2014年9月号〜(講談社):

« 「サイボーグ009」第16話 太平洋の亡霊(NET、1968年) | トップページ | NHKスペシャル「調査報告 STAP細胞 不正の深層」の深層:「QIC」第928回(ウェブラジオFMC、2014年8月10日) »