« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

秋葉原の昔と今 1956/2014:川島雄三[監督]『洲崎パラダイス 赤信号』(1956年)

○秋葉原の昔と今 1956/2014:川島雄三[監督]『洲崎パラダイス 赤信号』(1956年)

 

2014年5月12日(月)~22日(木)にかけて、池袋の新文芸坐でやっていた川島雄三監督特集で、『洲崎パラダイス 赤信号』(1956年)を観た。

古い映画の面白さのひとつは、当時の街の様子が記録されているところだ。

映画は56年5月の売春防止法成立直後、クランクイン」、劇場公開日は1956年7月31日。したがって、作品に映し出されるのは、少なくとも1956年5月21日〜7月31日の約2か月のあいだの東京ということになる。

前回は勝鬨橋と洲崎を訪ねた

勝鬨橋・洲崎の昔と今 1956/2014:川島雄三[監督]『洲崎パラダイス 赤信号』(1956年)(当ブログ内)

今回は秋葉原。

秋葉原

蔦枝(新珠三千代)は、スクーターで洲崎通いする羽振りのいい神田のラジオ屋・落合(河津清三郎)とともに去って行く。義治(三橋達也)は、蔦枝を追って秋葉原を彷徨する。


川島雄三[監督]『洲崎パラダイス 赤信号』(1956年)
1956年5月21日〜7月31日あたりの秋葉原
 

今見るとレトロな面白さがあるが、当時としては近未来的で奇矯な街のイメージかもしれない。

秋葉原の高架橋
秋葉原の高架橋
総武線の高架橋(御成街道架道橋)
 
新徳電氣商会・東洋電球
SEGA秋葉原1号館 CLUB SEGA秋葉原・松屋秋葉原中央通店
新徳電氣商会(後のシントク)と東洋電球は、SEGAと松屋に。
 

シントクは1993年に倒産、東洋電球は現在も松屋秋葉原中央通店の上の階に存在する。一般的に言って、量販店よりも、専門性の高い電材商のほうが生存率が高いようだ。

秋葉原
この場所は特定できず。ご教示を。
 
小野電業社
秋葉原の高架橋
ひさしに「小野電業社」の文字。現在のオノデン
昔から、動く看板がお好き。

 

つづいて、この場所は、

秋葉原ラジオ会館
秋葉原ラジオ会館
 

丸山無線でピンと来た人もいるかもしれない。現在のここ。

秋葉原ラジオ会館新本館
秋葉原ラジオ会館新本館
2014年7月20日にグランドオープン。当日は入場制限も。
 
秋葉原ラジオ会館新本館
秋葉原ラジオ会館新本館
パッと見、パチンコ屋みたいだ。怪しさが減衰して少し残念。地下には銀座ライオンが入居という新展開。ラジオ会館初の飲食店。
 

ラジオ会館に関しては、通例として、今回オープンしたものを新本館、建て替え中から分散展開しているものを別館、建て替え前のものを旧本館と呼ぶらしい。

しかし、映画に出てくるラジオ会館はさらにそれ以前のもの。現在の敷地の駅寄り西側にラジオ会館(1950年開業)、その東側に別館(1953年開業)があった。いずれも2階建。

1962年には、その南側に、秋葉原ラジオ会館電化ビルができる。秋葉原電気街初の高層ビルで8階建。

1963年頃の秋葉原ラジオ会館
1963年の秋葉原ラジオ会館周辺(goo地図
本館・別館・電化ビルの3つに別れているのが判る。
 

2011年7月31日まで営業していた旧本館は1972年に完成。旧本館は、2階建て部分を8階建てに建て替えて、電化ビルと合体させたもの。

秋葉原ラジオ会館|写真で見る歴史

映画に出てくる丸山無線は、旧本館が閉館してからも、8月4日まで映画と同じ場所で営業していた。新本館には入居しておらず、移転先は不明。廃業したのだろうか? 

ラジオ会館東の路地
ラジオ会館東の路地
ラジオ会館東側の路地
 
秋葉原
この場所は特定できず。ご教示を。
 

上のカットの背景にある看板の「タカツキ無線」は、当時はラジオ会館に入居していたと思われる。現在も昌平橋北詰に存在し、コミュニティー放送向けの送信機などを取り扱っている(高槻無線)。「ネジの水谷」(現・ユニタス)は当時、ラジオ会館のそばに本社を構えていたようだ。2013年11月30日まで、閉館した秋葉原ラジオストアーで営業していた(ストア・ミズタニ)。

秋葉原駅と電波会館の間から出てくる義治。横引きシャッター上のプレートには「秋葉原デパート通用口」の文字。

小野電業社
秋葉原の高架橋
 

JR秋葉原駅の駅ビルだったアキハバラデパート(1951年〜2006年)は、独特の地味さと古臭さが一部の人びとの心を引きつけていたものの、2002年にホビー関連を強化した「アキデパ フジヤマ」として一旦リニューアル。人間大のガンダムやザク、コスプレ喫茶などがあった。しかし、アキハバラデパートは2006年12月31日に閉店した。建て替えられ、現在はアトレ秋葉原1となっている。コスプレ喫茶閉店後に入居したマクドナルドも、閉店間際に期間限定で店員がコスプレしたりしていた

秋葉原
アキハバラデパートは、アトレ秋葉原1に。
つまらなくなったけれど、客は驚くほど増えた。マーフィー岡田は、もういない。
 

義治は、電波会館沿いに中央通り方面へ。

小野電業社
秋葉原の高架橋
電波会館前
 

電波会館の店の並びは、東から、

  • 映画(1956年):ナカデ電氣商会→曙電気→松波無線→瀬田無線鳥居電業寿電気商会ミツワ電気照明
  • 現在(2014年):ナカデ電気商会→田中無線電機→鳥居パーツ→田中無線電機→瀬田無線寿電機ミツワデンキ

順番は少し変っているものの、ラインナップは60年近く経った今もほぼ同じというところがスゴい。

松波無線は、量販店「電気のマツナミ」へと成長して数店舗を展開、現在のAOKI秋葉原店の南半分の位置に本店自社ビルを構えていたが、1982年4月21日にラオックスに吸収合併。ちなみに、AOKI秋葉原店の北半分はナカウラだったけど、憶えてる?

小野電業社
秋葉原の高架橋
電波会館前→中央通り
コケた! 秋葉原における記録上最古の orz か?
 

炭火珈琲庵古炉奈→欧風ギルドレストラン ザ・グランヴァニアの場所には「びっくり」という名の飲食店。

ラジオ屋の落合とスクーターを発見!

小野電業社
秋葉原の高架橋
落合の店「日米電化ルーム」はこの辺り。
現・半田ビルの左端あたりだろうか?
 

「日米電化ルーム」は全く架空の屋号なのか? それとも、「秋葉原のスーパージャンク」こと日米商事や、ラジオガァデンの日米無線電機商会と何か関係があるのか、ないのか?

小野電業社
秋葉原の高架橋
偶然同じ位置に自転車。
映画で右端後方に見える「谷口電機」 は、谷口電機(現・ラオックス)の秋葉原2号店に該り、今この場所は免税店 AKKY One 本店
 
小野電業社
秋葉原の高架橋
映画の頃の肉の万世はまだ2階建て。肉の万世は1949年の創業で、電気部品商「鹿野無線」からの転業とのこと。
 

義治は落合を追うが、途中で行き倒れてしまう。言葉に訛りのある親切な道路工事人夫たちに助けられる。

小野電業社
秋葉原の高架橋
たぶんこのあたり?
映画で奥に見えるビル群は東京医科歯科大学や順天堂大学だろうか?
 
洲崎パラダイス赤信号
川島雄三[監督]『洲崎パラダイス赤信号』(1956年)
 

※関連リンク:

第11回 50年前のアキバ 秋葉原電気街今昔(NipponStyle JKヴィジュアルアーカイブ)

秋葉原~神田(1)(東京 -昭和の記憶-)

※当ブログ内の関連エントリー:

問題:秋葉原は東京都の何区でしょう?

ラジオな一曲(39):吾妻光良 & The Swinging Boppers「秋葉原」(1991年)

秋葉原ラジオセンターの階段

秋葉原ラジオ会館が2011年7月末で閉館するそうです。

秋葉原ラジオストアー閉館、64年の歴史に幕(2013年11月30日)

勝鬨橋・洲崎の昔と今 1956/2014:川島雄三[監督]『洲崎パラダイス 赤信号』(1956年)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アマチュア無線の日(7月29日)

○アマチュア無線の日(7月29日)

 

7月29日はアマチュア無線の日。

太平洋戦争で禁止されていたアマチュア無線が1952年のこの日に復活。これを記念して、1973年に日本アマチュア無線連盟(JARL)が制定した記念日。

1952年(昭和27年)7月

7月29日 全国で局免許申請者30名に予備免許がおりる。これは戦後のアマチュア無線再開であり、のちに7月29日が「アマチュア無線の日」と制定される。

アマチュア無線年表 70年史・昭和中期(一般社団法人 日本アマチュア無線連盟ウェブサイト)

平和と自由は無条件にすばらしい。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝鬨橋・洲崎の昔と今 1956/2014:川島雄三[監督]『洲崎パラダイス 赤信号』(1956年)

○勝鬨橋・洲崎の昔と今 1956/2014:川島雄三[監督]『洲崎パラダイス 赤信号』(1956年)

 

2014年5月12日(月)~22日(木)にかけて、池袋の新文芸坐でやっていた川島雄三監督特集で、『洲崎パラダイス 赤信号』(1956年)を観た。


川島雄三[監督]『洲崎パラダイス 赤信号』(1956年)
 

古い映画の面白さのひとつは、当時の街の様子が記録されているところだ。

主なロケ地として、当時の勝鬨橋・洲崎・秋葉原が登場する。「映画は56年5月の売春防止法成立直後、クランクイン」、劇場公開日は1956年7月31日。したがって、作品に映し出されるのは、少なくとも1956年5月21日〜7月31日の2か月のあいだの東京ということになる。

訪ねてみた。

勝鬨橋

勝鬨橋
勝鬨橋
勝鬨橋
同じアングルは無理でした。
 
勝鬨橋
勝鬨橋
勝鬨橋
橋の色が違う。
 

所持金も行くあてもない義治(三橋達也)と蔦枝(新珠三千代)は、勝鬨橋からバスに乗る。

今でもほぼ同じ場所に、都営バスの勝鬨橋南詰バス停が存在する。

勝鬨橋は、かつては大きな船が航行する際に橋桁の一部が開く跳ね橋(跳開橋)であったが、現在は開閉しない。再稼働を求める地元住民の声もあるようだが、膨大な費用がかかるため実現していないとのこと。現地に行くと判るが、開閉を前提としない設備や配線も追加されている。

勝鬨橋をあげる会

大金を使って築地市場を移転するぐらいなら、勝鬨橋を動かせばいいのにと思わなくもない。市場とセットで観光の目玉になるんじゃないかな。

勝鬨橋
勝鬨橋の歩道と車道を隔てるガードレール
跳ね橋が稼働していた頃を偲ばせる。
 

洲崎

ふたりは洲崎弁天町バス停に降り立つ。

洲崎
洲崎
洲崎弁天町バス停付近
今でも概ね同じ場所に都営バスの東陽三丁目バス停が存在する。永代通りの向こうのそば屋は今も健在。
 
洲崎大門
洲崎大門
洲崎大門
洲崎川にかかる洲崎橋の向こうにそびえる洲崎大門。その先は出島で遊郭街。現在ガードレールの部分が、かつて橋だった。
 

当時の洲崎は、赤線地帯の末期。映画のクランクインが売春防止法成立直後の1956年5月、売春防止法施行は1958年。現在は普通の商店街・住宅街だが、往時の「特殊喫茶店」を偲ばせるカフェー建築が2011年頃までは残っていたとのこと。

「映画監督 川島雄三と時代」(1) 洲崎パラダイスの痕跡 没後50年、変転リアルに : てくてくjapan - 47NEWS(よんななニュース)
赤線跡・深川洲崎弁天町 (2) カフェー建築 - 東京DEEP案内
木村聡『赤線跡を歩く 消えゆく夢の街を訪ねて』 | 遊郭部
赤線跡探訪・洲崎の消えた赤線建築 : ねりうま写真生活

現在は、洲崎川、洲崎橋、洲崎大門のいずれも残っていない。

洲崎川緑道公園
洲崎川は埋め立てられて……
 
洲崎川緑道公園
……洲崎川緑道公園に。
 
洲崎橋
洲崎橋の銘板は記念碑に。
 
洲崎大門
洲崎大門があった場所には日章旗と愛国的提言。
 
大門通り
洲崎大門は通りに名前を留めている。
 

ふたりは、洲崎橋北詰の飲み屋兼貸しボート屋「酒の店 千草」に身を寄せる。

酒の店千草
酒の店千草
酒の店 千草
むかし千草、今はるみ。
 
洲崎端北詰
洲崎端北詰
洲崎端北詰
 
洲崎端北詰
洲崎端北詰
洲崎端北詰
左奥の「化粧品きくや」は現在も同じ場所で営業中に。
 

「酒の店 千草」から西に5分ほど歩いたところに洲崎神社(洲崎弁天)がある。

洲崎弁天外観
洲崎弁天外観
洲崎神社(洲崎弁天)
 
洲崎弁天境内
洲崎弁天境内
洲崎神社境内
 

ちなみに、弁天様につきものの弁天池が見当たらなかった。調べたら、境内裏手にあった弁天池は2013年頃に埋め立てられたようで、駐車場になっていた。

 

洲崎弁天の弁天池跡地
弁天池跡
 

長くなったので、今回はここまで。

次回は秋葉原

秋葉原の昔と今 1956/2014:川島雄三[監督]『洲崎パラダイス 赤信号』(1956年)(当ブログ内)

洲崎パラダイス赤信号
川島雄三[監督]『洲崎パラダイス赤信号』(1956年)
 

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A級戦犯の声を聞く 58年前のラジオ番組、DVDに(朝日新聞夕刊、2014年7月23日11面)

○「A級戦犯の声を聞く 58年前のラジオ番組、DVDに」(朝日新聞夕刊、2014年7月23日11面)

 

『朝日新聞』夕刊(2014年7月23日)に東京裁判とラジオに関する面白い記事が載っていた。

A級戦犯の声を聞く 58年前のラジオ番組、DVDに(朝日新聞夕刊、2014年7月23日)

第2次世界大戦後の東京裁判でA級戦犯=※=として裁かれた人たちの声が1956年、ラジオ番組で流れた。「敗戦は我々の責任じゃない」。かつての戦争指導者らの言葉を見つめ、いまという時代を考えたい――。音源をDVDに収めて、共有しようとする動きがある。

(つづきは紙面、または朝日新聞ウェブサイトで)

※<A級戦犯> 連合国による極東国際軍事裁判(東京裁判、1946~48年)で罪に問われた日本の指導者。28人が起訴され、25人が有罪となった。元首相・東条英機ら7人が絞首刑。16人が終身刑、2人が禁錮刑となった。53年の衆院での赦免決議で釈放された。

記事で取り上げられているラジオ番組とは、「マイクの広場」 A級戦犯(文化放送、1956年4月14日(土)2:00-2:30、再放送15(日)11:20-11:50)という30分の録音構成番組。今で言うところのラジオ・ドキュメンタリー番組。

DVDは、『右傾化の源流——マイクの広場A級戦犯を聞く』(『新聞うずみ火』制作、1000円・手数料別)。文化放送の番組を再現したもの。(とりあえず注文したので、いずれレポートするかもしれない。)

映像作品 | 新聞うずみ火

記事では、次のような発言が紹介されている:

  • 橋本欣五郎(元陸軍大佐)
    「東京裁判はね、ひとつの「ショー」であると僕は思うね。見せ物。要するに、この日本を弱体化させようと思っとるんだね。(中略)戦争をやるべく大いに宣伝したのは事実。国民にすまんと思っているが、外国には思っていない。」
     
  • 賀屋興宣(東条英機内閣大蔵大臣、後の池田勇人内閣法務大臣)
    「敗戦は我々の責任じゃない。我々がけしからんと言って憤慨するのは、少し筋違いじゃないか。」
     
  • 鈴木貞一(元企画院総裁、日米開戦決定の御前会議に出席)
    「国民が戦争を本当に欲しないという、それ(民意)が政治に強く反映しておれば、できない。政治の力が足りなかった。(中略)政治家は一人で立っているわけじゃない。国民の基盤の上に立っている。」
     
  • 荒木貞夫(元陸軍大将)
    「負けたとは私は言わん。(中略)負けたと思うときに初めて負けるんだ。」

ちなみに、私の記憶が正しければ、安倍晋三首相は、これまで再三、「東京裁判の判決を認めない」と発言している。キャスターや記者が「東京裁判を認めないのか?」と追求すると、「東京裁判の判決を認めない」と念を押して反論する。「法廷は正当だが、判決は不当」という意味にも取れてしまうけれど、イデオロギーと発言がねじれてないかい? 

安倍首相のような人物が「法廷は不当、したがって判決も不当」と言うのなら、是非は置いても、論理的にはスッキリ理解できるのだけれど。

親米右翼の板挟みというところだろうか?

※当ブログ内の関連エントリー:

書き起こし(1):「歴史学の第一人者と考える『慰安婦問題』」秦郁彦 vs 吉見義明:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2013年6月13日(木)22:00-23:55)

第1回大本営発表(真珠湾攻撃・太平洋戦争開戦)(NHKラジオ、1941年12月8日(月)6:00-)

玉音放送(NHKラジオ、1945年8月15日(水)12:00-)

平和祈念展示資料館(東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル48階)

5分でわかる!集団的自衛権行使が違憲である理由 by憲法学者・木村草太:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2014年6月16日(月)22:00-24:55)

「まず、総理から前線へ。」『広告批評』1982年6月号

「愛国者」「愛国心」:アンブロウズ・ビアース『悪魔の辞典』(1911年)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ニッポン放送開局60周年記念グッズ大集合!(東急ハンズ池袋店1F、2014年7月19日(土)〜8月15日(金))

○ニッポン放送開局60周年記念グッズ大集合!(東急ハンズ池袋店1F、2014年7月19日(土)〜8月15日(金))

 

東急ハンズ池袋店1Fで、「ニッポン放送開局60周年記念グッズ大集合!」と題したイヴェントが開催されている。

ニッポン放送開局60周年記念グッズ大集合! - 1F - イチオシ - 東急ハンズ池袋店

ニッポン放送グッズの販売の他、スタジオで使われているカフ・ボックスやマイク、例の片耳ヘッドフォン(ASHIDAVOX MT-3) 、中継用・競馬中継用のミキサー卓などを展示。さらに、一部の展示品は販売もされている。コーデック、売ってたよ。

モニターでは「オードリーのオールナイトニッポン」のDVDを上演していた。

60周年記念のタイムテーブルも配布されている。

ニッポン放送開局60周年記念グッズ大集合!(東急ハンズ池袋店1F、2014年7月19日(土)〜8月15日(金)
東急ハンズ・ウェブサイトより引用
 
ニッポン放送開局60周年記念グッズ大集合!(東急ハンズ池袋店1F、2014年7月19日(土)〜8月15日(金)
東急ハンズ・ウェブサイトより引用
 

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(92)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(92)

 

2013年5月のつづき:

ラジオな一曲(55):「便秘のブルース」Screamin' Jay Hawkins, "Constipation Blues" (1970)

「まず、総理から前線へ。」『広告批評』1982年6月号

東京のミニFM局リスト(暫定版)2014年5月23日改訂

川田亜子アナウンサーが亡くなって6年になります。

ラジオのダークサイド:NHKスペシャル 「なぜ隣人を殺したか〜ルワンダ虐殺と煽動ラジオ放送〜」(NHK総合テレビ、1998年1月18日(日)21:00-21:58)

伊集院光、パソコン遠隔操作事件について語る:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年5月26日(月)25:00-27:00)

CMがなければネットで稼げばいいじゃない?:ラジオ局はYouTube公式チャンネルを開設すべきだと思う。

短編映画『ゴジラ対オランダ』by 超美人監督:「日刊・深夜快速」Vol.1158 水曜版/週刊ドラマウォッチャーⅢ「ベルリン映画祭その1」(ウェブラジオFMC、2014年5月28日)

2014年6月:

電波の日(6月1日)

井上陽水 高田渡 三上寛 友部正人 小室等 加川良

過払い金請求のCM

ギャラクシー賞入賞作品を聴いて、語り合う会Vol.16(TBS放送センター11階セミナー室、2013年12月1日(日)13:00-17:00)に行ってきた。

American Top 40 初代DJ ケイシー・ケイサム、危篤:"Casey Kasem alert but in critical condition" (CNN.com, June 6, 2014)

第51回ギャラクシー賞(ラジオ関連のみ抜粋)

Bugって花井「メガマウス音頭」が関東一円+全国7県に流れました:「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ、2014年6月8日(日)13:00-17:00)

「伊集院静先生の本…ではありません」:伊集院光『のはなしし』(宝島社、2014年)

文系にもできた!ココログフリーでfacebookのいいね!ボタンをTwitterの横に表示させて、なおかつ一括管理する方法。

Windows XP のセキュリティーと、合理化の落とし穴:「桜川マキシム」第417回 「ジジネタの七十五 せきゅあ」(ネットラジオ、2014年6月9日)

FMの日(6月13日)

ワールドカップ裏の通常放送と聴取率のレッドライン:「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ、2014年6月15日(日)10:00-12:00)


当ブログ内の人気記事


Google

 

過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(29)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(30)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(31)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(32)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(34)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(35)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(36)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(38)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(39)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(40)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(41)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(42) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(43)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(44)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(45)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(46)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(47)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(48)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(49)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(50)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(51)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(52)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(53)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(54)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(55)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(56)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(57)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(58)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(59)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(60)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (61)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (62)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(63)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(64)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(65)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(66)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(67)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(69)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(70)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(71)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(72)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(73)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(74)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(75)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(76) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(77) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(78)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(79) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(80)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(81)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(82) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(83)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(84)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(85)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(86)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(87)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(88)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(89)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(90)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(91) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AMラジオのFM化、予備免許第1号は鹿児島のMBCラジオ(2014年7月16日)

○AMラジオのFM化、予備免許第1号は鹿児島のMBCラジオ(2014年7月16日)

 

AMラジオのFM化の予備免許第1号

ここ最近、AMラジオのFM化(FM補完中継局)が話題になっているけれど、予備免許第1号は鹿児島のMBCラジオ。2014年7月16日に交付された。

すでにFMの中継所を持つAMラジオ局は存在するが、昨今のFM化の一環としてはMBCラジオが第1号に該る。

総務省|FM補完中継局に予備免許−災害対策用FM補完中継局として、全国初の予備免許−

送信所は鹿児島市紫原、錦江湾外縁がサーヴィス・エリアの模様。

総務省のウェブサイトにによると「MBC鹿児島FM」という呼称のようだ。概要は以下の通り:

  • MBC鹿児島FM
  • 申請者:(株)南日本放送
  • 放送区域:鹿児島県鹿児島市、鹿屋市、指宿市、垂水市、日置市、霧島市、南九州市、姶良市、肝属郡錦江町、南大隅町の各一部
  • 放送区域内世帯数:328,135世帯(申請による)
  • 送信所設置場所:鹿児島県鹿児島市紫原
  • 電波の形式、周波数:F8E、92.7MHz
  • 出力:1kW 最大実効輻射電力 3.45kW
  • 本放送開始予定日:2015年3月頃

電波の形式「F8E」とは何か?

上の概要にも引用したが、総務省のサイトに「電波の形式」が「F8E」である旨記載がある。これはいったい何を指すのだろうか?

F8Eの文字はそれぞれ、

  • F=周波数変調
  • 8=アナログ信号2以上のチャンネル
  • E=電話(音響)

を指し、有り体に言えばFMステレオのこと。

Eの「電話」という表現がピンと来ないかもしれない。「電話じゃないよラジオだよ」とツッコミたくなる。ここで言う「電話」とは、搬送波に音声を乗せて変調したもののことを指すようだ。元の英語のtelephoneを想起すれば、遠隔地に(tele)音声(phone)を伝える手段を指していることがわかる。

ちなみに、AMアナログ放送および短波放送はA3E(両側波帯・アナログ信号の単一チャネル・電話(音響))、地上デジタルテレビはX7W(その他・デジタル信号の2以上のチャネル・組合せ)となる。

電波の形式を表す3文字は、下記のルールに準拠している。

■電波型式を決める規則

 電波型式は、「アルファベット・数字(例外もあります)・アルファベット」の3文字で構成され、それぞれの文字の意味は、次の表のとおりです。

第1文字 第2文字 第3文字
主搬送波の変調の型式 主搬送波を変調する信号の性質 伝送情報の型式
無変調 N 変調信号無し 0 無情報 N



調
両側波帯 A 副搬送波を使用しないデジタル信号の単一チャネル 1 電信(聴覚受信) A
単側波帯・全搬送波 H 電信(自動受信) B
副搬送波を使用するデジタル信号の単一チャネル 2 ファクシミリ C
単側波帯・
低減搬送波
R データ伝送・遠隔測定・遠隔指令 D
アナログ信号の単一チャネル 3
単側波帯・
抑圧搬送波
J 電話(音響) E
デジタル信号の2以上のチャネル 7 テレビジョン(映像) F
独立側波帯 B
残留側波帯 C



調
周波数変調 F アナログ信号の2以上のチャネル 8 NからFまでの組合せ W
位相変調 G 1以上のアナログ信号のチャネルと1以上のデジタル信号のチャネルの複合方式 9
振幅変調及び角度変調を同時に又は一定の順序で変調 D

電波の型式について(JARL(日本アマチュア無線連盟)ウェブサイト)

※当ブログ内の関連エントリー:

文化放送などFM免許申請 年内にも放送へ(朝日新聞デジタル、2014年6月18日)

AMラジオのFM化と「情報の制空権」:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月7日(月)25:00-27:00)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高田渡「自衛隊に入ろう」がオン・エアされました:「Barakan Morning」(InterFM、2014年7月21日(月)7:00-10:00)

○高田渡「自衛隊に入ろう」(1969年)がオン・エアされました:「Barakan Morning」(InterFM、2014年7月21日(月)7:00-10:00)

 

「Barakan Morning」(InterFM、2014年7月21日(月)7:00-10:00)を聴いていると、高田渡「自衛隊に入ろう」(1969年)がオン・エアーされました。リスナーのリクエストに応えてのオン・エアー。併せて、この曲がかつては法曹界の自主規制によって要注意歌謡曲に指定されていたが、現在はそうではないことも説明。

海の日のスタートとしては、なかなか乙ですね。


高田渡「自衛隊に入ろう」(1969年)

 

Charlie Haden & Hank Jones, “Down by the  Riverside” (2011) から「自衛隊に入ろう」につなぐ、反戦歌リレーでありました。


Charlie Haden & Hank Jones,
“Down by the  Riverside” (2011)


 

チャーリー・ヘイデンは取り上げる曲の選択で反戦のメッセージを表現した人だったそうだけれど、その点、ピーター・バラカンも同じだね。

※当ブログ内の関連エントリー:

騒動摘出 忌野清志郎「反原発ソング」放送禁止騒動でピーター・バラカンに聞く「放送局の役割と風評被害」、『SAPIO』2011年5月4日・11日号(小学館)

5分でわかる!集団的自衛権行使が違憲である理由 by憲法学者・木村草太:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2014年6月16日(月)22:00-24:55)

自衛官のお給料は? PKO手当1日3〜4万円:「日刊・深夜快速」Vol.1087「火曜版/週刊ミリタリートーク」(ウェブラジオFMC、2014年3月11日)

高田渡「自衛隊に入ろう」(1969年)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結果発表!聴取率1.9%でワールドカップ中継に対して大健闘:「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ、2014年7月13日(日)10:00-12:00)

○結果発表!聴取率1.9%でワールドカップ中継に対して大健闘:「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ、2014年7月13日(日)10:00-12:00)

※コメント欄における「レッド・ライン/デッドライン」の話について末尾に加筆。(2014年7月17日)

 

2014年6月15日(日)は、聴取率調査週間(スペシャルウィーク)で、なおかつ多くの局がサッカーのワールドカップ日本対コートジボワール戦を中継する中、TBSラジオは「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ、2014年6月15日(日)10:00-12:00)の通常放送を実施。また、同日の各局の聴取率をリスナーに当ててもらおう「サッカー中継TOTO」も実施した。

聴取率調査の結果は7月8日に既に出ていたが、「にち10」の勝敗は本番までのお愉しみということのようだった。

結果は:

  • NHKラジオ第一:1.1%
  • TBSラジオ:1.9%
    残りの局は非公表。

引っ張った割にはアッサリとした発表。包み隠さず発表してほしかったが、大人の事情があるのだろう。

応募総数は1847通中、すべて的中したリスナーは0人。1局的中は422人、2局は34人、3局は3人、すべて外したリスナーは1388人とのこと。

順位は、TBSラジオのウェブサイト上の報告で何となく察しはつくけど……。

レッド・ラインの2.0%を切ってしまい、安住アナは「監理ポスト入り」と言っていたけれど、ネタだろう。

6月15日の放送によると過去1年間の聴取率の平均が2.4%とのことなので、今回1.9%ということは、「にち10」リスナーのうち79%以上が、一大スポーツ・イヴェントと関係なく「にち10」を選ぶということになるのかな?

大健闘。

※「レッド・ライン/デッドライン」に関する加筆(2014年7月17日)

コメント欄で「レッド・ライン」か「デッドライン」かが議論になっていますが、私は安住アナが「レッド・ライン」と言っていたので、それに準じました。

※当ブログ内の関連エントリー:

ワールドカップ裏の通常放送と聴取率のレッドライン:「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ、2014年6月15日(日)10:00-12:00)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (3) | トラックバック (0)

真心ブラザーズ「人間はもう終わりだ!」(2001年)

○真心ブラザーズ「人間はもう終わりだ!」(2001年)

 


真心ブラザーズ「人間はもう終わりだ!」(2001年)

平和なんか一人のバカがぶっこわす

死んだ後も名を残すなんて
欲のかきすぎだ

※当ブログ内の関連エントリー:

5分でわかる!集団的自衛権行使が違憲である理由 by憲法学者・木村草太:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2014年6月16日(月)22:00-24:55)

高田渡「自衛隊に入ろう」(1969年)

加川良「教訓 I」(1971年)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (1)

加川良「教訓 I」(1971年)

○加川良「教訓 I」(1971年)

 

敗戦の教訓もスッカリ今は昔。

御国のため。よその御国のため。


加川良「教訓 I」(1971年)

死んで神様と 言われるよりも
生きてバカだと いわれましょうヨネ
きれいごと ならべられた時も
この命を すてないようにネ
青くなって しりごみなさい
にげなさい かくれなさい

※当ブログ内の関連エントリー:

5分でわかる!集団的自衛権行使が違憲である理由 by憲法学者・木村草太:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2014年6月16日(月)22:00-24:55)

高田渡「自衛隊に入ろう」(1969年)

井上陽水 高田渡 三上寛 友部正人 小室等 加川良

「まず、総理から前線へ。」『広告批評』1982年6月号

「愛国者」「愛国心」:アンブロウズ・ビアース『悪魔の辞典』(1911年)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高田渡「自衛隊に入ろう」(1969年)

○高田渡「自衛隊に入ろう」(1969年)

 

自衛官募集。海外で活躍できるお仕事です。

次のポスター、コピーはこれで決まりだ。

 


高田渡「自衛隊に入ろう」(1969年)

 

高田渡は、ある時期からこの曲を封印して歌わなくなったけれど、彼のアルバムのうちダウンロード販売されているのは、この曲が収録されている『高田渡/五つの赤い風船』(1969年)だけ。皮肉だねぇ。

※当ブログ内の関連エントリー:

高田渡「自衛隊に入ろう」がオン・エアされました:「Barakan Morning」(InterFM、2014年7月21日(月)7:00-10:00)

5分でわかる!集団的自衛権行使が違憲である理由 by憲法学者・木村草太:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2014年6月16日(月)22:00-24:55)

自衛官のお給料は? PKO手当1日3〜4万円:「日刊・深夜快速」Vol.1087「火曜版/週刊ミリタリートーク」(ウェブラジオFMC、2014年3月11日)

高田渡「ブラザー軒」(1997年)

「大瀧詠一のスピーチバルーン」ゲスト:高田渡(BSデジタルラジオ LFX488、2001年12月15日(土)21:00-22:00)※ニッポン放送で2013年1月18日(金)21:00-21:50に再放送。

井上陽水 高田渡 三上寛 友部正人 小室等 加川良

「東電に入ろう(倒電に廃炉)」(2011年)

「まず、総理から前線へ。」『広告批評』1982年6月号

「愛国者」「愛国心」:アンブロウズ・ビアース『悪魔の辞典』(1911年)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

6パターンもあった!「大岡越前」のテーマ曲:「日刊・深夜快速」Vol.1186 水曜版/週刊ドラマウォッチャーⅢ(ウェブラジオFMC、2014年6月25日)

○6パターンもあった!「大岡越前」のテーマ曲:「日刊・深夜快速」Vol.1186 水曜版/週刊ドラマウォッチャーⅢ(ウェブラジオFMC、2014年6月25日)

 

「日刊・深夜快速」Vol.1186 水曜版/週刊ドラマウォッチャーⅢ(ウェブラジオFMC、2014年6月25日)は、「大岡越前テーマ曲の歴史」と題し、歴代テーマ曲を聴き比べ。なんともまぁ、モノメイニアックなことを。

でも、こういうの好きだなぁ。面白い。

Vol.1186「水曜版/週刊ドラマウォッチャーⅢ」: 日刊・深夜快速

ちなみに、私の父が時代劇ずきで、私は付き合わされて「大岡越前」はけっこう観ていたけれど、テーマ曲が6パターンもあるとは知らなかった。私も最初のヤツがいちばんいいと思った。

父は、テレビで時代劇をやっていると必ず観る人だった。コッチは子どもなので、最初はつまらなかったけれど、次第に、面白いものもあるということが判った。今でも特段に好きというほどではないけれど、嫌いではない。同世代の中では、観ているほうかもしれない。

ちなみに、私が好きなテレビ時代劇は、「破れ傘刀舟悪人狩り」(NETテレビ、1974年〜1977年)と「岡っ引どぶ」(フジテレビ、1981年、1991年)。映画は、山田洋次[監督]『隠し剣 鬼の爪』(2004年)

※当ブログ内の関連エントリー:

短編映画『ゴジラ対オランダ』by 超美人監督:「日刊・深夜快速」Vol.1158 水曜版/週刊ドラマウォッチャーⅢ「ベルリン映画祭その1」(ウェブラジオFMC、2014年5月28日)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七夕の願い事

○七夕の願い事

 

帰りに某商業施設に寄ったら、短冊に願い事を書いて笹に吊るす催しをやっていた。

七夕
 

私自身は、願掛けのごとき呪術行為に与する前近代的な人間ではないのだけれど、みうらじゅんの「ムカ絵馬」の影響で、何が書いてあるか見るのは好きなのである。

「○○くんとず〜っとず〜っといっしょにいられますように♡」だとか、「××のライブでいい席が取れますように」だとか、「家族全員が健康でいられますように」といった、ありきたりな願い事の中に、

 「2600万円」

とだけ書かれた短冊を発見。

リアルな大金、生々しい端数。

いいもの見せてもらったなぁ。

ちなみに、小学生の頃に、他の児童が「PUMAのスパイクがほしい」だとか、「○○の超合金がほしい」だとか書いている中、私は「別にいい」と書いた記憶がある。

※当ブログ内の関連エントリー:

本広克行[監督]『7月7日、晴れ』(1996年)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本広克行[監督]『7月7日、晴れ』(1996年)

○本広克行[監督]『7月7日、晴れ』(1996年)

 


本広克行[監督]『7月7日、晴れ』(1996年)
ジャケット表に監督名の記載はない。
 

『踊る大捜査線』シリーズの本広克行映画初監督作品

ラジオを題材にした映画で、DVDにもBlu-rayにもなっていないものが結構ある。ラジオ酔狂も膏肓に入り、そういう作品のVHSテープをいくつも持っている。

『7月7日、晴れ』(1996年)もそんなVHSテープの1本。「踊る大捜査線」シリーズ(フジテレビ)の本広克行の映画初監督作品。

2006年にさぬき映画祭再上映されたという情報もあるけれど、今や中古のVHSでしか入手できない。


 

『昭和40年男』Vol.14 2012年 08月号(クレタパブリッシング)掲載の本広克行のインタヴューに、この映画への言及があった。封切り当時にこの映画を観た織田裕二が「スゴイよかった。日本人でもこんな映画が作れるんだね」と感想を語ったというので、「そんなにスゲェんだったら、観てやろうじゃないか」と思い立った次第。

話は、七夕伝説と『ローマの休日』Roman Holiday(1953年)を足して2で割ったようなトレンディー・ドラマ風ラヴ・ストーリー。主演は、萩原正人と観月ありさ。他には、田中律子、うじきつよしなどが出演。

時代だなぁ。

テーマ曲「7月7日、晴れ」(1996年)をはじめ、「うれしい!たのしい!大好き!」(1989年)、「go for it!」(1993年)、「WINTER SONG」(1994年)など、DREAMS COME TRUE の初期のヒット曲が全編にわたり大々的にフィーチャーされていて、サントラは初期ベスト盤の趣。

時代だなぁ。

クライマックスの部分でラジオが重要な役割を果たす映画でもある。

あらすじ

山部健太(萩原聖人)は、パシフィック自動車の車輛事業部に勤務するサラリーマン。仲間とのキャンプ中、釣りをしている最中に、ひとりの女性と出会う。その女性は、また東京で会おうと言い残し、健太の手に強引に自分の電話番号を書いて去ってゆく。


 

東京に帰った健太は、彼女が世界的に活躍している日本人シンガーの望月ひなた(観月ありさ)であることを知り、連絡を取る。何度か会ううちに引かれ合ってゆくふたり。

ひなたは健太に、自分の誕生日は7月7日なのに天の川を見たことがないと吐露する。健太は一計を案じ、ひなたを誘って再び仲間とキャンプに出かける。ひなたはそこで、初めて天の川を目にして感動する。


 

健太とひなたが東京で会っている時に、通行人に気づかれてしまい大騒ぎになる。健太が勤務する会社の宣伝部長・岸和田(伊武雅刀)は街で偶然その様子を目撃する。営業部から宣伝部に異動したばかりの岸和田は、望月ひなたを新車のCMキャラクターに起用する企画を立てたものの、ひなたサイドから断られていた。


 

ある日、健太は突然、宣伝部に引き抜かれる。その理由は、健太とひなたの関係を知る岸和田部長が、新車の発表会にひなたを誘い出すためだった。営業一筋の岸和田が畑違いの宣伝部長に抜擢された理由は、同期のライヴァルが岸和田の失脚を画策したからだという。何としても宣伝部で実績を挙げて鼻を明かしたいと、岸和田は健太に土下座して懇願する。健太は、岸和田の願いを聞き入れる。

健太はひなたを新車の発表会に誘い出す。発表会のクライマックスで、客席に突然スポットライトが当てられ、ひなたは宣伝に利用されてしまう。


 

この件がひなたサイドの逆鱗に触れる。しかしこれをきっかけに、大人の話し合いを経て、ひなたのCM起用が決まる——ただし、健太とひなたを別れさせるという条件で。ふたりは会えないまま、ひなたが日本を発つ日が近づく。

日本滞在の最後に、ひなたはラジオ番組に出演する。ひなたは、決められた原稿をただ淡々と読み上げてゆく。彼女はこれまでスタッフが決めたイメージ戦略に沿ってアーティスト望月ひなたを演じるだけの人生を送ってきたのだ。

夜景が都会の天の川のようだというくだりで、ひなたは原稿を読むのをやめる。健太と見た天の川を思い出し、台本を閉じ、「違うよ。本当の天の川はこんなんじゃない」と初めて自己主張する。

ひなたが、「お願い、灯を消して。天の川を見せて」とリスナー呼びかけるや、横浜の街の灯がみるみるうちに消えてゆく(驚くべき高聴取率ラジオ番組!)。ひなたは健太を思い、「会いたい」とつぶやく。

 
 

一方その頃、ラジオを聴いた健太はひなたのもとに走っていた。


 『7月7日、晴れ』ラスト・シーン
 

そして、天の川の下、健太とひなたは再会。抱き合うふたり。めでたしめでたし。

劇中のラジオ局

作品に関するトリビア。

クライマックスのラジオのシーンでは、局舎・スタジオが横浜ランドマークタワー内にある設定。したがって、舞台はFMヨコハマかと思ったけれど、架空の放送局のようだ。局舎内に貼られているポスターには「BAY GROOVE FM 89.3MHz」とある。


 

撮影に使われているラジオのスタジオがFMヨコハマのものかどうかは不明。あるシーンで、スタジを出たところに「4802」という部屋番号が映るが、FMヨコハマの局舎はランドマークタワーの10階。エンドロールの「ロケーション協力」にもFMヨコハマの名前はない。


 

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終戦直後の台湾で中国人の親友から借りた千円を返したい:「CBCスペシャル 千円の約束」(CBCテレビ、2012年5月31日(木)10:00-11:20)

○終戦直後の台湾で中国人の親友から借りた千円を返したい:「CBCスペシャル 千円の約束」(CBCテレビ、2012年5月31日(木)10:00-11:20)

 

「つボイノリオの聞けば聞くほど」(CBCラジオ)に寄せられたメールから始まるストーリー。

終戦直後の台湾、小野駿一郎さんは、引き揚げ直前に中国人の親友・沈維屏さんから千円を借りる——「これはやるんじゃない、貸すんだ。また会うときに必ず返してくれ。必ず会おう」。精糖業の盛んだった台湾で砂糖を買って船に乗り、物資の乏しかった日本でお金に換えて家族6人の生活の基盤を整えた。

千円を返す約束を果たしたいと言う小野さんの娘さんが、沈氏を探してほしいと番組に依頼。


「CBCスペシャル 千円の約束」
(CBCテレビ、2012年5月31日(木)10:00-11:20)

 

※関連リンク:

感兴趣_中国近代海军创办人沈葆桢纪念馆_Netor评论典藏106473号_沈葆桢@网同纪念
※番組に登場する北京語のサイト。

※当ブログ内の関連エントリー

日本統治下台湾の甲子園球児:「伊集院光 日曜日の秘密基地」ご長寿の穴スペシャル(TBSラジオ、2006年4月23日(日)13:00-17:00)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオを10倍楽しく聴くアナログな方法:「アダチ区民放送局」(ネットラジオ、2014年6月28日(土)23:00-25:00)

○ラジオを10倍楽しく聴くアナログな方法:「アダチ区民放送局」(ネットラジオ、2014年6月28日(土)23:00-25:00)

 

東京都足立区でコミュニティー放送局開局を目指して活動している足立区民放送開局準備室。区民ではないけれど、密かに応援している。

同準備室は、プレ放送番組「アダチ区民放送局」(ネットラジオ、土23:00-25:00)をUSTREAMニコニコ生放送で配信中。

アダチ区民放送局

あだちFM ニコ生送信所(足立FM開局準備会) - ニコニコチャンネル:バラエティ

USTREAM: CROSS WAVE☆SENJU: . ラジオ

2014年6月28日(土)の番組終盤で、深夜放送が話題に上った。開局の暁には、深夜放送全盛期のような番組をやりたいという話に:

源彩乃 中学生とかがねぇ、お布団をかぶって聴くようなねぇ。

宮﨑誠弥 そうそうそうそうそうそう。あれ、布団をかぶって聴くと、なんでさぁ、面白くないラジオのパーソナリティーが面白くないこと言っても面白く感じるのかねぇ?

 なんなんですかねぇ。

夢咲ゆりあ 魔法ですね。布団という魔法ですね。

 布団とラジオの化学反応ですよね。

この感覚、すっかり忘れてたなぁ。

思春期の頃は、自分の部屋の中でパーソナルな空間を更に強靭化するために、頭から布団をかぶったものです。

今時の中学生も、やってるのかなぁ?

このあいだ、この方法で試しに伊集院を聴いてみたら、いつもより何割か増しで面白くなったった。でも、我に返って、「いい歳こいて何やってんだか」と少し照れたけど。

でも、意外と愉しいので、皆さんもぜひ。

ラジオ復活の鍵は、デジタルではなくアナログ、radikoではなく布団かもしれない。

※関連リンク:

出資のお願い | 足立区民放送開局準備室

※当ブログ内の関連エントリー:

『なつかしラジオ大全』(三才ブックス、2012年)

村野まさよし『深夜放送がボクらの先生だった』(有楽出版社、2008年)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和田誠[監督]・寺山修司[脚本]『怪盗ジゴマ 音楽篇』(1988年)を観て思い出したのは、やっぱりアレ。

○和田誠[監督]・寺山修司[脚本]『怪盗ジゴマ 音楽篇』(1988年)を観て思い出したのは、やっぱりアレ。

 

先日、池袋の新文芸坐和田誠[監督]『快盗ルビイ』(1988年)を観た。主演は、小泉今日子・真田広之。


和田誠[監督]『快盗ルビイ』(1988年)予告編
 

この映画のまえに、和田誠監督・寺山修司脚本のアニメ『怪盗ジゴマ 音楽篇』(1988年)も上映された。手もとのチラシによると、「国際アニメーション・フェスティバルの審査員を頼まれた和田が「作家として審査される側でいたい」と自主制作したアニメ」。


和田誠[監督]寺山修司[脚本]『怪盗ジゴマ 音楽篇』(1988年)
 

和田誠[監督]寺山修司[脚本]『怪盗ジゴマ 音楽篇』(1988年)
 

このアニメは、今回の新文芸坐での上映同様に、『快盗ルビイ』公開時に上映され、VHSソフトには収録されていたが、DVDやBlu-rayにはなっていないと、トーク・ショーで和田誠が言っていた。

それはさておき、このアニメを観て思い出すのはやっぱりコレ。なつかしい。


「ゴールデン洋画劇場」(フジテレビ系)
1981年4月〜1995年3月オープニング
 
音楽は『怪盗ジゴマ 音楽篇』と同じ八木正生。
 

※2014年6月27日に、『怪盗ジゴマ 音楽篇』に声優として出演していた斎藤晴彦が死去。残念です。


KDD TVCM(1986年) 

※当ブログ内の関連エントリー:

小泉今日子・真田広之[主演]/和田誠[監督]『快盗ルビイ』(1988年)は、期待をはるかに上回る快作だった。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都議会におけるセクハラヤジについて

○東京都議会におけるセクハラヤジについて

 

東京都議会本会議平成26年第2回定例会において、塩村文夏議員(みんなの党・世田谷区)の一般質問中に、議場から「早く結婚した方がいいんじゃないか!」、「自分が産んでから」、(女性の不妊に関して)「やる気があればできる」などのヤジが飛んで話題になりました。

朝日新聞デジタル:女性都議へのヤジ問題に関するトピックス

平成26年第2回東京都議会定例会 本会議録目次〔速報版〕

「早く結婚した方がいいんじゃないか!」という発言に関しては、鈴木章浩議員(自由民主党・大田区)によるものと特定され、本人も認め、謝罪しました。

鈴木都議は、2005年には海外視察報告書の半分近くを千葉県のホームページからほぼ丸写しで作成したり、2012年8月19日には、尖閣諸島の魚釣島に泳いで上陸したり、なにかと世間を騒がせているようです。一説ではたいへんな野心家で、太田区長や国政進出を狙っているとの噂もあるようです。

自民区議が報告書盗用?/千葉県HPから丸写し/東京・大田/1人80万円海外視察/共産党区議団 究明求める(日本共産党ウェブサイト)

地方議員ら日本人10人 尖閣上陸、日の丸掲げる — スポニチ Sponichi Annex 社会

今回のヤジについては、ジェンダー論的な観点から様ざまな批判があるかと思いますが、これは他の人に任せるとしましょう。

私としては、議場のヤジそのものを必ずしも否定するものではありませんが、品がないところが頂けないと思います。

ヤジは、ユーモアのセンスがあり、民の声を代弁するものであってほしいものです。

「早く結婚した方がいいんじゃないか!」ではなく、せめて「オレと結婚してくれ!」だったら、結果も随分ちがっただろうにね。既婚かもしれないけど。

※当ブログ内の関連エントリー:

「ホモソーシャル」とは何か。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »