« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

短編映画『ゴジラ対オランダ』by 超美人監督:「日刊・深夜快速」Vol.1158 水曜版/週刊ドラマウォッチャーⅢ「ベルリン映画祭その1」(ウェブラジオFMC、2014年5月28日)

○短編映画『ゴジラ対オランダ』by 超美人監督:「日刊・深夜快速」Vol.1158 水曜版/週刊ドラマウォッチャーⅢ「ベルリン映画祭その1」(ウェブラジオFMC、2014年5月28日)

 

「日刊・深夜快速」Vol.1158 水曜版/週刊ドラマウォッチャーⅢ(ウェブラジオFMC、2014年5月28日)で、パーソナリティーで映像作家の花岡山花岡氏が、第50回ベルリン国際映画祭(2000年)に参加した時の話をしていた。

Vol.1158「水曜版/週刊ドラマウォッチャーⅢ」: 日刊・深夜快速

花岡氏によれば、ベルリン国際映画祭では、出品作品上映の前に、学生などが撮った短編映画を流すようだ。

そのなかに『ゴジラ対オランダ』という作品があったそうで、ゴジラがチューリップを踏みつけたり風車を壊したりして、オランダの名所をひたすら破壊してゆく内容とのこと。しかも、上映後に登場した監督が、女性で超美人だったらしい。

気になったので検索してみた。

たぶん、この作品:


Godz***a vs the Netherlands (2000)
ちょっとコミカル。
最後に流れる曲は、PIZZICATO FIVE「世界は1分間に45回転で廻っている」(アルバム『HAPPY END OF THE WORLD』(1997年)所収)

 

監督はこの方:

Profile picture for sietske tjallingii
  

ホントに超美人。

名前は、Sietske Tjallingii。たぶん、「シーツカ・チャリンヒー」という読み方だと思う。オランダのかた。

他にはこんな作品も撮っている。


Miss T's Teaserama - Battle of the sexes (2002)
同じシリーズの Size does matter も面白い。
どちらも、どことなくgenophobicな感じがする。

  

The General (2004)
 

My American Dream trailer
おバカでポップなデイヴィッド・リンチみたいな感じ?
個人的にはこれがいちばん好き。
 

オフビート感あふれる映像だけでなく、音の使い方にも独特なセンスがあって面白いと思う。

※関連リンク:

sietske tjallingii on Vimeo

Miss T(公式サイト、英語)

Miss T - My American Dream | Facebook


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMがなければネットで稼げばいいじゃない?:ラジオ局はYouTube公式チャンネルを開設すべきだと思う。

○CMがなければネットで稼げばいいじゃない?:ラジオ局はYouTube公式チャンネルを開設すべきだ。

 

ラジオ局はYouTubeパートナーになるべきだ

MBSラジオがYouTube公式チャンネルを開設しているのを最近知った。

MBS1179RADIO - YouTube

ポッドキャストで番組本編の音源およびスピン・アウト音源を配信しているラジオ局は多いものの、YouTube公式チャンネルで公開している局は、まだ少数派だと思う。

ラジオ局はYouTube公式チャンネルを開設して、YouTubeパートナーになるべきだと思う。

YouTubeパートナーとは、動画再生時に表示される広告から得られる収入を、パブリッシャー(=動画配信者)とYouTubeが分け合うシステム。

パートナーになるためには、公開するコンテンツが著作権等の問題をクリアしたオリジナルである必要があるが、その点、放送局は、最も良質なオリジナル・コンテンツを制作できるパブリッシャーになりうるはずである。

YouTubeでいくら儲かるのか?

古い話になるけれど、2013年1月にGoogleのCBOニケシュ・アローラ(Nikesh Arora)が語ったところによると、YouTube史上初めて10億回の再生を突破したPSYの「Gangnam Style」(江南スタイル)はYouTubeで800万ドル以上の広告収入を稼ぎ出したという。1ドル=102円とすると、8億1600万円の収入となる。その後も再生回数を伸ばしている。


PSY - GANGNAM STYLE (강남스타일) M/V (2012)
※これを観ると、遠藤周作「黒い旧友」(1975年)を思い出してしまう。
 

広告収入のうちYouTubeの取り分はどうやら45%らしいので、PSYの取り分は440万ドル(4億4880万円)の計算になる。

YouTubeパートナーが得る、動画再生の1回あたりの取り分を計算した人たちによると、0.1〜0.8円/回となるようだ。しかし、実際のところ、0.1円/回前後が平均的な数字のようだ。

他方、以前見た某ラジオ局のセールス・シートによると、若手お笑い芸人が担当する深夜の30分番組の広告料が350万円/月ぐらいだったと記憶している。

となると、広告料と同じ額をYouTubeで稼ごうと思えば、3500万回/月の再生が必要になるが、言語の壁や日本の人口を考えると、現実的ではない。

週1回=月4回の放送で、仮に1回の放送が1万回再生されたとしても、4,000円/月の収入にしかならない。それっぽっちの小銭を拾いに行くぐらいなら、350万円/月の夢を追ったほうがマシと考えるのが、マスメディアの矜持というものかもしれない。

ラジオ局がYouTubeパートナーになるメリット

しかし、ラジオ局がYouTubeパートナーになることには、以下のようなメリットがある:

  • ラジオ局側のメリット
    • サーヴァー・コストの負担がない。
    • 広告を取るための営業をする必要がない。
    • 公式音源が存在することで違法アップロードが減る(違法アップロードする意味がなくなる)。
    • 番組の宣伝になる。
  • リスナー側のメリット
    • 無料で聴取できる。

「らじこん」では、20〜30分の放送音源を1本200〜300円で有料配信している。

しかし、どんなに面白い番組でも、放送では得られない付加価値を付けるとか、定額制で聴き放題にするとかしない限り、1回タダで放送された音源をわざわざお金を払って買う人は、それほどいないだろう。

※関連リンク:

ラジオ局売上高ランキング(関東)平成24(2012)会計年度(当ブログ内)

Google: Psy’s ‘Gangnam Style’ Has Earned $8 Million On YouTube Alone - Business Insider(英語)

PSY「江南スタイル」、YouTubeの広告収入だけで800万ドル - ITmedia ニュース

Does YouTube Want a Bigger Cut of Branded Entertainment Ad Revenue? - CMO Today - WSJ(英語)

YouTubeの「1再生あたりの収益はいくらなのか」調べてみた

-らじこん- ラジオ局やコンテンツプロバイダー制作の音声コンテンツ配信サイト


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊集院光、パソコン遠隔操作事件について語る:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年5月26日(月)25:00-27:00)

○伊集院光、パソコン遠隔操作事件について語る:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年5月26日(月)25:00-27:00)

 

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年5月26日(月)25:00-27:00)で、伊集院光が、片山祐輔被告によるパソコン遠隔操作事件について語った。

伊集院光 いや、世間は色いろ起こりますけど、素朴に「スゲェなぁ」とか「そういうことなんだなぁ」とか思ったのは、片山[祐輔]被告……今、片山「被告」になったんだっけ?

片山被告のPC遠隔操作事件みたいのあんじゃない? ほいでさぁ、「サイバー犯罪」とかいうので、そういうところにいっぱい人を割いたりとかさぁ、最新鋭の捜査方法みたいのをやってるんだろうけどさぁ、結果として、エンディングは、電話を土手に、土手の土に埋めてるところを、尾行して警察官が見るっていう。もう、土の匂いしかしないっていう(笑)、デジタルの匂いは一切しない。

で、おそらくだけど、「ハイパー捜査官」みたいな、オレたちの中で超カッコいい響きのところは、結果、だまされちゃって、間違った人を逮捕しちゃうっていうほうしか今回は結果を残せてなくて。

しかも、闇の部分は、片山被告の言ってる通りだとすると、片山被告になりすまされて誤認逮捕されちゃった人のうち数人が自白をしてて、さらに大学生の子なんかは保護観察処分っていうか、結局、刑がある意味確定しちゃってるみたいなとこあるわけでしょ?

なんか、スゴい……よね。っていうか、なんか世の中スゴいことになってるし、皮肉なことになってんなみたいなことですよね。

一連のパソコン遠隔操作事件、確かに、あっけなかったというか、「そんな終わり方かよ?」と拍子抜けな幕引き。

私はあまり詳しくないのですが、Torという匿名化技術とトロイの木馬を用いた今回の手口は、それほど高度な技術でもないとのこと。それでも、サイバー捜査官は手玉に取られてしまっていたわけで。

結局、リアル・ワールドで尻尾を出すのを待つしかないぐらい、決め手になる証拠がなかった模様。

逆に言うと、荒川土手に携帯を埋めなければ逃げ切れたのかな?

※当ブログ内の関連エントリー:

TBSに送られた遠隔操作ウイルス犯行声明、宛先は「Dig」(TBSラジオ)

伊集院光が語る「美味しんぼ」福島原発問題:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年5月12日(月)25:00-27:00)

伊集院光、『アナと雪の女王』主題歌騒動を語る:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年5月5日(月)25:00-27:00)

伊集院光 課金機能付きクリエイター向けSNS「note」のすゝめ:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月21日(月)25:00-27:00)

伊集院光が分析する中高生のラジオ離れ:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月14日(月)25:00-27:00)

AMラジオのFM化と「情報の制空権」:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月7日(月)25:00-27:00)

ラジオな一曲(55):「便秘のブルース」Screamin' Jay Hawkins, "Constipation Blues" (1970)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオのダークサイド:NHKスペシャル 「なぜ隣人を殺したか〜ルワンダ虐殺と煽動ラジオ放送〜」(NHK総合テレビ、1998年1月18日(日)21:00-21:58)

○ラジオのダークサイド:NHKスペシャル 「なぜ隣人を殺したか〜ルワンダ虐殺と煽動ラジオ放送〜」(NHK総合テレビ、1998年1月18日(日)21:00-21:58)

 

ラジオは他のメディアと同様、隠れ蓑をつけている。うわべは、個人個人でじかに向かい合っているような、親密で私的な態度を装ってわれわれに近づいてくるが、究極的な事実としては、遥か過去の忘れられた心の琴線に触れる魔術的な力をもつ識閾下の反響室なのだ。

Radio comes to us ostensibly with person to person directness that is private and intimate, while in more urgent fact, it is really a subliminal echo chamber of magic power to touch remote and forgotten chords.

マーシャル・マクルーハン『メディア論——人間の拡張の諸相』(みすず書房、1987年)p.313
Marshall McLuhan, Understanding Media: the Extensions of Man (McGraw-Hill, 1964) p.302

ルワンダで1994年に起きたフツ族によるツチ族の大虐殺には、ラジオが深く関わっていたという話。ラジオのダーク・サイド。


NHKスペシャル 「なぜ隣人を殺したか〜ルワンダ虐殺と煽動ラジオ放送〜」(NHK総合テレビ、1998年1月18日(日)21:00-21:58)
 

「千の丘ラジオ」は、虐殺の1年前にフツ族過激派によって設立された。元アナウンサーのヒティマナ・ノエリ(Hitimana Noheli)によれば、同局は「軍や政府の金持ち」「情報相や内務省の役人」によってつくられたという。

堅苦しい内容の国営放送に対して、最新のポップスを流す庶民的なDJは、農村の若者たちを中心に瞬く間に人気を得た。

DJはやがてツチ族に対する暴力を煽動するようになる。

こちら『千の丘ラジオ』
君のあなたのオレたちのラジオだ

マリファナ吸ってもりあがろうぜ
ゴキブリどもを血祭りにあげよう

心配ない ラジオが味方だ
だから武器を取って家を出よう

結果として、犠牲者推計約80万人・加害者13万人にのぼる大虐殺へとつながった。

この番組は、第15回 ATP賞 '98 ドキュメンタリー部門優秀賞を受賞している。

ちなみに、「千の丘ラジオ」(Radio Télévision Libre des Mille Collines:千の丘自由ラジオ・テレビ)の「千の丘」(Mille Collines)とは、平地の少ない内陸の山国であるルワンダの別名である。テリー・ジョージ[監督]『ホテル・ルワンダ』Hotel Rwanda(2004年)の舞台になったホテルの名は「オテル・デ・ミル・コリーヌ」(Hôtel des Mille Collines=千の丘ホテル)。日本では「オテル・デ・ミル・コリン」という読み方が定着している模様。

※当ブログ内の関連エントリー:

『グッドモーニング、ベトナム』超え!ラジオ映画 No.1 は Talk to Me (2007) で決まりだぜ、y'all, mem! ※ドン・チードル、キウェテル・イジョフォー主演


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (2) | トラックバック (0)

川田亜子アナウンサーが亡くなって6年になります。

○川田亜子アナウンサーが亡くなって6年になります。

 

2014年5月25日で川田亜子アナウンサーが亡くなって今日で6年になります。

生前は、「伊集院光 日曜日の秘密基地」(TBSラジオ)でアシスタントを務めたり、「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ)に出演したりしておられました。

合掌。


「小島慶子 キラ☆キラ」
(TBSラジオ、2009年5月25日(月)13:00-15:30)

 

「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ、2008年6月1日(日)10:00-12:00)(当ブログ内)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京のミニFM局リスト(暫定版)2014年5月23日改訂

○東京のミニFM局リスト(暫定版)2014年5月23日改訂

 

※最新版はコチラから。

※改訂内容:どすこいFMを修正。

先日公開した「東京のミニFM局のリスト」を更新してみました。

ミニFM局って何?
ミニFM局とは、免許を必要としない微弱電波による放送を行っているFM局です。コミュニティーFMとは異なります。


総務省ウェブサイトより引用
 

微弱な電波を利用した無線設備(総務省北海道総合通信局)

ミニFM局以外に、前身がミニFM、あるいは私が勝手に「ミニFM的」だと判断したネットラジオなども含まれています。

活動を休止したと思われるものも残してあります(休止を確認したものは見せ消し表示)。

情報が少なく、たいして網羅できていません。「他にもこんな局がある」「情報が間違っている」「私がやっています」「ミニFM始めました」などの情報をお待ちしています。頂いた情報に基づき加筆・修正してゆきたいと思います。

* * *

掲載順は放送拠点所在地の全国地方公共団体コードに拠る。同一市区町村内では局名五十音順。

あわたまFM(東京都中央区銀座2-8-15 共同ビル、88.8MHz)
株式会社コスモス食品東京事務所が運営するミニFM。USTREAM配信も行っている。2011年以降の活動については不詳。

おちあいFM(東京都新宿区西落合1-31-24 西落合児童館2階 落合三世代交流サロン、86.9MHz)
目白大学放送研究会による番組などを放送中。その他の番組やタイムテーブルは不詳。

あさくさFM(浅草花やしき内:東京都台東区浅草2-28-1、83.7MHz)
浅草の遊園地花やしきから放送しているミニFM局。生放送番組「Asakusa Catch UP」(月〜土は1日1回、日曜は1日2回)と、多数の録音番組を放送。生放送パートはUSTREAMでも放送していて、放送ブース内の映像を見ることができる。

コジマラジオ(東京藝術大学アトリエ:東京都台東区上野公園12-8)
局名は、かつて小島アートプラザ(旧台東区立小島小学校内)で活動していたことに由来する。
現在は、東京藝術大学のアトリエに拠点を置いている。毛原大樹を中心とするインカレ・ラジオ制作サークル。定期的に放送を行っているかどうかは不明だが、88.0MHzで放送している模様。


どすこいFM(両国国技館:東京都墨田区横網1-3-28、83.4MHz、初日〜千秋楽15:00-)
両国国技館内で場所中に聴取可能なオリジナル館内放送。ラジオの貸し出しも行っている。
この他に、下記番組音声の再送信も行っている:

  • 「NHK BS 大相撲中継・日本語放送」(76.6MHz、初日〜千秋楽13:00-)
  • 「NHK BS 大相撲中継・英語放送」(78.3MHz、初日〜千秋楽16:00-)

平成26年五月場所では、インターネット配信も実施。全取組み終了後に特集動画も配信。

中目黒ステーションFM(東京都目黒区鷹番3-6-8 T'Sビル2F ダイニングアンドバー「Lucci」、87.0MHz、火16:00-17:30)
伊藤清光氏の屋上パフォーマンスの一環として始められたミニFM局。番組のネット配信も行っている。2014年3月18日(火)に「学大FM」から改称。現在休止中とのこと。

K-MEG4(東京都目黒区上目黒4-28-3、88.0MHz)
プレス・リリース配信サイト ValuePress! が運営する非営利のミニFM局。ポドキャスティングも行っている。
サイトによると、「ValuePlease!(バリュープリーズ)」(水18:00-)と、「The Day Of The Best」(月18:00-)の2番組を制作・放送している模様。いずれもネット配信が更新されていないので、もう放送されていないのかもしれない。

目黒FM(東京都目黒区、88.0MHZ、月〜土10:30-22:30)
コンテンツ制作などを手がける株式会社クロアが運営するミニFM局。
目黒区内でのミニFMによる放送とUSTREAM配信を行っているとのことだが、ミニFMの放送エリアについては不詳。木村祐一・大西ライオン・安田大サーカス クロちゃんなど、タレントの出演多数。

自由が丘FM(東京都世田谷区奥沢6-33-7、ネット・テレビ)
自由が丘を拠点にUSTREAMでネット・テレビを放送中。
局のメールアドレスから、88.0MHzでミニFMの放送を行っていることも推測されるが、未確認。

SORAxNIWA FM HARAJUKU(東京都渋谷区神宮前 3-25-18 THE SHARE 1F、88.8MHz、毎日10:00-24:00)
開局当初はミニFMと謳うネット・ラジオと紹介されていたが、原宿ではミニFMの放送も行っている。
原宿の他に、SORA×NIWA GINZA(松屋銀座屋上)と SORA×NIWA UMEDA(大阪・阪急うめだ本店9F)でもそれぞれ公開放送を行っているが、銀座ではミニFMの電波は出していない模様。梅田については不詳。

さん茶FM(東京都世田谷区太子堂2-34-5、77.0MHz、第2・第4日曜日)
居酒屋「かめや」を拠点として活動するミニFM局。毎月第2または第4日曜日に生放送を行っているとのこと。放送時間は不明。かつては「しゃれなあど ふれあいひろば」で定期的にイヴェントも行っていた。

○下北FM(SFMホール:東京都世田谷区代沢5-8-14 岩城ビルB1F スタジオベイド 下北沢店、ネットラジオ)
大蔵ともあきが代表・プロデューサー・DJを務める「ストリートラジオ局」。週1回のペースで木曜夜に公開生放送を行っている。会場での番組観覧は有料。女性アイドルのゲスト出演が多い。
元もとは88.8MHzのミニFM局としてスタートした模様。ウェブサイトには「是非FMラジオをご持参でのお越しをお待ちしております!」とあるが、現在もミニFMの放送を行っているかは不明。
USTREAMおよびニコニコ動画でのライブ配信も行っている。

ラジオぱお(駒沢大学:東京都世田谷区駒沢1-23-1、88.0MHz、毎月「8」「0」のつく日の12:10-12:50)
駒沢大学グローバル・メディア・スタディーズ学部 金山智子ゼミが運営するミニFM局。駒沢大学内売店・食堂パオわきのテントから放送。

○素人の乱FM(杉並区高円寺北3-9-11 素人の乱五号店周辺、88.0MHz、毎週火曜22:00時ごろ-)
東京都高円寺・北中通商店街でリサイクルショップ・古着屋・飲食店・雑貨店を営んだり、脱原発デモをおこなったりしている素人の乱によるミニFM。アーカイヴをポッドキャストでも配信中。「FM放送をカセットで記録してそれをインターネットに上げている」とのこと。

ラジオぱちぱち(東京都杉並区善福寺3-13-10 善福寺北児童館周辺、88.0MHz、毎月第2土曜日10:00-公開生放送・同日夜再放送、ほか)
杉並区立桃井第四小学校および善福寺北児童館エリアのこどもたちが運営しているミニFM局。複数のレギュラー番組がある。USTREAMでも生放送。

Amlux Campus Channel(東京都豊島区東池袋3-3-5 トヨタオートサロン アムラックス東京 B1サテライトブース、火〜金17:30-18:30)
オートサロンaMLUX東京閉館(2013年12月23日)に伴い終了?
毎週火曜日から金曜日まで、首都圏17大学の放送関係サークルが日替わりで行っている公開放送。電波は送信していない模様。

○FM千早88(東京都豊島区千早、88.0MHz、土15:00-)
現在放送中かどうかは不明。
日野エフエムが技術的なノウハウを提供して開局したとのこと。

○参考:小学生“女子アナ”活躍 豊島にミニ放送局 『FM千早88』 (東京新聞、2007年2月12日(月))


豊島区千早のミニFM「女子アナ」は小学生「TOKYO MX NEWS」
(TOKYO MXTV、2007年10月15日)

コミュニティラジオ きたくなるまち(東京都北区王子、ネットラジオ、毎月10日・20日・30日配信)
PAL-FM。現在はネットラジオのみの放送。

大東ラジオ・Click Fine T(東京都板橋区高島平2-26-3 高島平団地内さくら通り商店街「コミュニティ・カフェ サンク」)
大東文化大学の「らみらいネット高島平」の一環。学生と地域の住民でラジオ番組を作成。
FMおだわら(神奈川県小田原市、78.7MHz)での「Many Thanks 高島平」(日15:00-15:30;月23:00-24:00(再))の放送が2010年3月で終了し、ネットラジオに移行。

練馬放送(東京都練馬区、ネットラジオ)
生放送番組「ねりなま!」、他録音番組をネット配信。
ラジオネリマ・旧FMえすかれぇしょん(千葉県市川市大洲、埼玉県川口市芝富士、東京都練馬区南田中、東京都上落合などから放送していた)。

WERE-FM(東京都練馬区富士見台周辺、87.5MHz、放送スケジュール不詳)
2001年開局。土日祝日11:00-25:00、音楽中心の放送を行っていたようだが、ミニFMからUSTRAMに移行。おちあいFMでも放送を行っていたが、現在の活動については不詳。
2010年8月1日には、埼玉県川越市の川越百万灯夏まつりにあわせて、ミニFMのイヴェント放送を主催し、連続テレビ小説「つばさ」(NHK総合テレビほか、2009年3月30日~9月26日)の「ラジオぽてと」「甘玉堂」が1日限りの復活を果たしたとのこと。

足立区民放送(東京都足立区、ネットラジオ、土22:00-23:50
足立FM開局準備会による放送。毎週土曜日「アダチ区民放送局」を公式サイトUSTREAMねとらじなどで生放送。現在ミニFMは放送休止中。2013年6月29日(土)から放送時間を変更し、CROSS WAVE☆SENJU 内での放送に移行。

CROSS WAVE☆SENJU(東京都足立区・北千住駅前、ネットラジオ、月〜土21:00-23:50)
株式会社CANが運営するSENJU×ROAD(SENJUX)によるネット・ラジオ局。足立エフエム開局準備会の技術協力で開局。試験放送を経て、2013年7月8日(月)から本放送開始。

FM LoveWAVE(東京都葛飾区柴又1丁目、88.2MHz)
柴又駅前からの不定期放送。
放送環境上の理由から、ネットでのストリーミング生放送に移行の予定。
現在の活動については不詳。

○東京競馬場場内ミニFM(東京都府中市日吉町1-1、東京競馬場内)
場内で下記番組を放送・再送信中。

  • グリーンチャンネルEAST:87.0MHz
  • ラジオNIKKEI第1放送:87.5MHz
  • ニッポン放送:88.0MHz
  • ラジオ日本:88.5MHz
  • 場内実況:89.5MHz

2000年10月まで「TSS(Turf Sounds Station)」(87.0MHz)、2001年1月から2001年12月まで「Green WAVE」(87.0MHz)で場内限定オリジナル番組の放送を行っていた。

※参考:
東京競馬場の鉄人 [ TOKYO RACE COURSE ] :Anaba
※Green WAVE のスタジオ・ブースの写真あり。

TSS SUPPORT HOME PAGE
グリーンウェーブ(「篠崎菜穂子 応援サイト しのなお.com」内)
場内FMメモリアル(「篠崎菜穂子 応援サイト しのなお.com」内)

FM府中(東京都府中市 府中駅周辺? 89.2MHz?)
FM府中開局準備室による「公式放送を想定したUstream放送」。USTREAMのページに「89.2MHz」という記載があるので、ミニFMによる放送もおこなっているようだが、送信所は不明。facebookページに番組表あり。ポッドキャスト配信も実施中。

FM小金井(東京都小金井市本町6丁目周辺、88.8MHz)
2013年6月30日を以て閉局。関係者がFM府中を開局。
2010年7月20日開局。大光寺邦彦氏が運営し、JR中央線・武蔵小金井駅南口シャトー小金井から放送。USTREAMでも配信中
レコーディングにも対応できるDJブースをもち、ミニFMとしてはかなり本格的。

※参考:
FM小金井(東京都小金井市本町6丁目 シャトー小金井周辺:88.8MHz)(当ブログ内)

さくらじょうすいマイクロFM(東京都小平市上水南町、76.8MHz)
各種災害時における地域密着型の防災支援放送を目的とする放送。平時は、木21:00-24:55および金21:00-23:55に、海外のネット・ラジオを再送信している模様。

局名は「さくらじょうすいマイクロFM」だが、最寄り駅は京王線・桜上水ではなく、JR国分寺駅か武蔵小金井駅。小金井市テニスコート、サレジオ小学校・中学校の付近で聴取可能のようだ。サレジオ学院(横浜市都筑区)・サレジオ高専(東京都町田市)ではない。

日野エフエム放送(東京都日野市新井、76.8MHz)
京王電鉄高幡不動駅周辺で原則毎週土曜日に放送していたが、現在の放送日は不明。詳細はメーリングリストで告知されるとのこと。ミニFM局では珍しい緊急地震速報を導入、 日野市内で震度4以上が観測されると自動放送される。

※参考:
夜のロフトスタジオ(日野エフエム放送:東京都日野市 京王電鉄高幡不動駅周辺 76.8MHz、2009年8月13日(木)21:00-23:00)(当ブログ内)

○JOUT-FM(FM百草)(送信所不詳、86.9MHz)
2011年7月17日に電波法違反で逮捕(同19日の警視庁発表による)。
詳細不明。休日祝祭日に音楽のみを放送しているとのこと。
livedoor のねとらじでの放送も行っていることがあるようだ。ねとらじの番組内容説明によると「UTさん」により「週末 FM  86.9MHz  高幡 百草周辺でオンエア中」とのこと。

※参考:
タレント鈴木蘭々さん兄を逮捕 無許可でFM局開設 蘭々さん、ゲストとして登場も(MSN産経ニュース、2011年7月19日)(当ブログ内)
今日もギンギン謎のFM(電波堂本舗)
JOUT-FM(86.9MHz)(パラかめタクシー、○○中!)
○2009年10月12日(月)に立川駅下りホーム上で放送を確認。
 ・ダウンロード 200910121718joutfm.mp3 (20.5K)
  (17:18ごろの10秒間)

AZYLE-FM(東京都福生市、88.0MHz)
福生市を中心とする西東京地区で活動する AZYLE Entertaiment によるミニFM。
ミニFMおよびUSTREAM配信を行っているようだが、ミニFMの放送エリアは不詳。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「まず、総理から前線へ。」『広告批評』1982年6月号

○「まず、総理から前線へ。」『広告批評』1982年6月号

 

まず、総理から前線へ。広告批評 1982年6月号 38号 糸井重里 浅葉克己
まず、総理から前線へ。
『広告批評』38号/1982年6月号
コピー:糸井重里/デザイン:浅葉克己
 

この広告、やきとりさんのブログ「謙遜と謙譲の音楽」で知りました。

まず、総理から前線へ。: 謙遜と謙譲の音楽

※当ブログ内の関連エントリー:

「愛国者」「愛国心」:アンブロウズ・ビアース『悪魔の辞典』(1911年)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオな一曲(55):「便秘のブルース」Screamin' Jay Hawkins, "Constipation Blues" (1970)

○ラジオな一曲(55):「便秘のブルース」Screamin' Jay Hawkins, "Constipation Blues" (1970)

 


Screamin' Jay Hawkins, "Constipation Blues" (1970)

 

Screamin' Jay Hawkins, "Constipation Blues"(便秘のブルース)(1970年)は、月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、月25:00-27:00)内のコーナー「Yahoo!クソ袋」のテーマ曲。

先日伊集院が、『アナと雪の女王』Frozen(2013年)の主題歌「ありのままで」("Let It Go")を話題にしたのを受けて、リスナーの報告により、「Yahoo!クソ袋」のテーマ曲にも "let it go" という歌詞が含まれていることが判明した。

あのうなり声は伊集院が曲の上にかぶせて録音したものかと思っていたけれど、元の曲に入っるスクリーミン・ジェイ・ホウキンスの声のようであります。

Screamin' Jay Hawkins スクリーミン・ジェイ・
ホーキンス 便秘のブルース
Screamin' Jay Hawkins
 

英語のネイティヴ・スピーカーは、便秘のとき、トイレでねばりながら "Let it go, Let it go!" って言ってんのかな? 確認のしようもないけれどね。

この曲のついでに、山下達郎によるCMソング「いちじく浣腸」(1975年)を思い出した。

※当ブログ内の関連エントリー:

伊集院光、『アナと雪の女王』主題歌騒動を語る:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年5月5日(月)25:00-27:00)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FMはradikoより地上波のほうが高音質:「TOKYO FM 技術部長が語る FMラジオの受信の仕方」

○FMはradikoより地上波のほうが高音質:「TOKYO FM 技術部長が語る FMラジオの受信の仕方」

 

TOKYO FM の公式動画で、川島修技術部長がFMラジオの受信方法について解説しています。


TOKYO FM 技術部長が語る FMラジオの受信の仕方
 

FMは地上波のほうが高音質

前掲動画で紹介されている受信のコツは、このブログをご覧のかたにとっては既知の事柄ばかりかもしれません。

ただ、1か所気になる部分がありました。

川島修 TOKYO FM 技術部長 やはりFMの最高の音質を楽しむためにはですね、電波で受けてFMの音を聴いて頂くというのが、これが最高の楽しみ方だと思います[……]。

前掲動画によると、FMは地上波のほうが高音質ということらしいのです。AMはradiko.jpのほうが高音質なのは自明ですけどね。

文系人間の直感としては、「デジタルのradikoでは音声が圧縮されているのに対して、アナログの地上波FMでは圧縮されていないから高音質なのかな?」と想像するのが関の山なわけですが、実際のところどうなのでしょう?

ちょっと調べてみました。

radikoにおけるFMの音質

そもそも、radikoの音質とは、どのくらいのものなのでしょうか?

AV Watch の記事は次のように説明しています:

 音質はHE-AAC 48kbpsのステレオで、AM/FM/短波のいずれも違いは無い。音質の良し悪しは人によって感じ方が異なるものだが、もともとがナローな音質のAMを radikoで聴くと、レンジが広がるため、音楽やトーク中の音声がクリアになり、個人的には普通のラジオで聴くよりも高音質に感じる。ただ、高音部や、 トークの言葉が終わる瞬間に、圧縮の弊害であるシャラシャラしたノイズが確認できる。しかし、トークの最中にノイズを感じる場面は少ないので、聴きにくい ほどではない。

[……]

 FMは、ステレオの高音質聴取が基本であるため、radikoで聴いてもAMラジオほどの音質の変化は感じない。じっくり聴いてみると、 前述の高音部分の圧縮ノイズや、情報量が圧縮で間引かれたことで音が“痩せて”聴こえるため、電波状況の良いFMチューナの音を比べた場合、radiko の方が音質が劣るだろう。

遂に開始したラジオのネット配信、「radiko」を聴いてみた -AV Watch

FMの場合、本来高音質の地上波と比較すると、radikoでは音声データが圧縮されるため、圧縮ノイズや情報量の間引によって音質が落ちてしまうということのようです。

radikoで用いられている音声圧縮方式「HE-AAC」

前掲記事の「HE-AAC」とは何なのでしょうか?

radikoで用いられている音声圧縮方式、HE-AAC(High-Efficiency Advanced Audio Coding)とは、まずAACによって音声を MPEG-4 Audio に圧縮し、圧縮によって失われる部分をSBR(Spectral Band Replication)で補完する方式のようです。

配信と再生の過程では、次のようなことがおこなわれているようです:

  • 配信:AACで音声データをMP4に、圧縮によって失われる高音をSBRで大まかなデータにそれぞれ圧縮。
  • 再生:圧縮された音声データを復元しつつ、復元された音声との相関関係を基に、圧縮しきれなかった高音を大まかなデータから予測して復元する。

HE-AACを文系なりに言い替えると

HE-AACを文系の私なりに言い替えると、音声を、まずMP4に圧縮して、圧縮しきれなかった高音に関するヒントを簡単なメモにして添付する、みたいな感じでしょうか。

高音部分が簡単なメモなので、高音の圧縮率が高まる利点がある一方、高音が必ずしも元通りにならなかったりノイズが聴こえたりする難点があるようです。

やっぱりラジオで聴くのが良いんじゃないっすか?

川島技術部長は、受信方法の解説に続けて、次のように付け加えています:

川島修 TOKYO FM 技術部長 電波で聴いて頂けるってことはですね、非常災害時にじゅうぶん役に立つ。IPサイマルの場合は、どうしてもパソコンとかそういうものが、あとはネットワーク網が切れてしまうとか、電池の問題もありますから、やっぱり長続きするのはつらいと思います。

音質においても防災においても、やっぱりラジオで聴くのがよろしいようで。

※当ブログ内の関連エントリー:

TOKYO FM 技術部長が語る 東京タワー頂上部 地上高333m 新アンテナの魅力


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(90)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(90)

 

2013年4月のつづき:

失業した捕鯨漁師がホエール・ウォッチャーを皆殺しにする映画:ジュリアス・ケンプ[監督]『レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』(2009年)

若者のラジオ離れに関する良いニュースと悪いニュース

AMラジオのFM化と「情報の制空権」:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月7日(月)25:00-27:00)

日本統治下台湾の甲子園球児:「伊集院光 日曜日の秘密基地」ご長寿の穴スペシャル(TBSラジオ、2006年4月23日(日)13:00-17:00)

InterFM NAGOYA 瑞穂スタジオのモニタースピーカー

TBSが運営するクラシック専門局 OTTAVA、2014年6月末で休止へ。

90秒でたどる録音音楽100年史:Music Ramains: A Recorded Music Rube Goldberg Machine

「金太の大冒険」フル・コーラス完奏:「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」(TBSラジオ、2014年4月12日(土)8:30-13:00)

電子工作×女子大生のマンガが始まったぞ:西餅「ハルロック」(『週刊モーニング』講談社、2014年19号(4月10日号)〜)

伊集院光が分析する中高生のラジオ離れ:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月14日(月)25:00-27:00)

カセット・テープ型 Flash mp3プレイヤー(実験中)

ラジオな一曲(54):The Honeydrippers, "Sea of Love" (1984)

ABCラジオのPR動画:新生活にラジオをプラス!「+Radio」(2014年春)

TOKYO FM のPR動画:TOKYO FM 2014

東京タワー塔頂部アンテナ工事の映像

伊集院光 課金機能付きクリエイター向けSNS「note」のすゝめ:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月21日(月)25:00-27:00)

永六輔、土曜の朝から外山惠理アナに裸割烹着をリクエスト:「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」(TBSラジオ、2014年4月19日(土)8:30-13:00)

InterFM NAGOYA が中日新聞ラジオ欄に載らない理由:「中日新聞のラジオ・テレビ欄に載らなかったInterFM NAGOYA」(TOPPYのくびったけブログ)

ダイソン創業者 ジェームズ・ダイソンの哲学:「Make IT 21」(J-WAVE、2014年4月26日(土)21:30-22:10)

こんな所にコミュニティーFMの周波数(東京都世田谷区)


当ブログ内の人気記事


 

過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(29)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(30)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(31)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(32)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(34)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(35)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(36)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(38)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(39)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(40)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(41)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(42) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(43)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(44)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(45)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(46)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(47)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(48)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(49)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(50)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(51)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(52)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(53)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(54)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(55)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(56)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(57)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(58)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(59)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(60)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (61)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (62)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(63)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(64)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(65)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(66)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(67)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(69)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(70)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(71)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(72)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(73)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(74)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(75)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(76) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(77) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(78)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(79) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(80)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(81)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(82) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(83)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(84)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(85)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(86)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(87)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(88)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(89)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コスプレで音楽

○コスプレで音楽

 

なんとなく思い出したので……。


ゴスロリ演歌
神園さやか「おじいちゃん」(2005年)
 

着物でブルース
※静沢真紀
 

色んな格好でディスコ
Village People, "YMCA" (1978)
 

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「愛国者」「愛国心」:アンブロウズ・ビアース『悪魔の辞典』(1911年)

○「愛国者」「愛国心」:アンブロウズ・ビアース『悪魔の辞典』(1911年); Ambrose Bierce, The Devil's Dictionary

 

愛国者[名詞] 全体の利益より部分の利益が優先すると考える人。政治家のカモ、征服者の手先。

愛国心[名詞] 自分の名に光を当てようとする野心家が使うランプの燃料にうってつけの可燃ゴミ。

 

PATRIOT, n. One to whom the interests of a part seem superior to those of the whole. The dupe of statesmen and the tool of conquerors.

PATRIOTISM, n. Combustible rubbish ready to the torch of any one ambitious to illuminate his name.

※関連リンク:

【安倍首相会見(1)】国民の命を守る責任 「放置せよ」と憲法は言っていない+(1/2ページ) - MSN産経ニュース

時事ドットコム:集団的自衛権、反対50%=賛成37%−時事世論調査

2014年05月15日(木)『「集団的自衛権」安倍総理会見』(検証モード) - 荻上チキ・Session-22


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

宇野常寛絶賛の立ち食い蕎麦「いわもとQ」

○宇野常寛絶賛の立ち食い蕎麦「いわもとQ」

 

「宇野常寛のオールナイトニッポン0」(ニッポン放送、2013年4月5日〜2014年3月28日、金27:00-29:00)で宇野常寛が絶賛していたという立ち食い蕎麦屋「いわもとQ」に寄ってみました。

いわもとQのホームページ|立ち食いそばチェーン店として東京で低価格・高品質の「ありえない店」を目指します

実は私、番組は聴いておらず、絶賛されたことは河内の政さんのブログ「ラジオの雑談」で知りました。

宇野ゼロリスナーに捧ぐ: ラジオの雑談

以前どこかで店を見たことがあったものの、「蕎麦屋で「Q」はねェだろ」と思って、入ったことがなかったのであります。

番組で話題になったのは歌舞伎町店らしいのですが、私は池袋でたまたま見かけたので入ってみました。

いわもとQ
いわもとQ池袋店
 

かき揚げのサクサクな食感と、つゆの風味がとてもよいです。

いわもとQ かき揚げそば
かき揚げそば
 

あと、そば湯が無料です。立ち食い蕎麦で、これはありそうでなかったなぁ。

いわもとQ そば湯
そば湯
 

※関連リンク:

PLANETSチャンネル(PLANETS/第二次惑星開発委員会) - ニコニコチャンネル:エンタメ


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大森一樹[監督]『オレンジロード急行』(1978年)をフィルムセンターで観た。

○大森一樹[監督]『オレンジロード急行』(1978年)をフィルムセンターで観た。

 

大森一樹監督 オレンジロード急行 1978年
 

京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで2014年3月18日〜30日にかけて開催されていた、大森一樹特集『オレンジロード急行』(1978年)を観た。

上映会情報 自選シリーズ 現代日本の映画監督2 大森一樹

『オレンジロード急行』は、海賊ラジオをモチーフにした作品。

実はこの作品、フィルムセンターで2014年5月17日(土)・5月25日(日)にアンコール上映される。たぶん、また観に行ってしまいそうな気がする。

以下、映画とトーク・ショーのレポート。

『オレンジロード急行』(1978年)を観た

『オレンジロード急行』は現在DVD・Blu-ray化されておらず、中古のVHSソフトを入手する以外に観る方法がない。そんな作品をスクリーンで観ることができるというので、喜び勇んでフィルムセンターへ。それに何と言っても、ラジオの話なので、「ラジオ批評ブログ」としては見逃せない。

大森一樹監督 オレンジロード急行 1978年
大森一樹[監督]『オレンジロード急行』(1978年)
 

あらすじ

流(森本レオ)・ダンプ(中島ゆたか)・ファイト(小倉一郎)たちは、やめ時を逸したかのように海賊放送を続けて8年になる。自動車に機材を積み込み、移動しながの放送。しかし、放送を技術的に支えていた羽島(河原崎建三)はアメリカの大学に招聘され、メカ(志麻哲也)は田舎の和歌山へ帰郷し、それぞれ海賊放送から離脱。放送の継続が困難になる。

後日、帰郷したメカから無線を受信すると、和歌山に遊びに来いと言う。流・ダンプ・ファイトの3人は、最後の海賊放送の旅に出る。

これまで彼らに目を付けていた源田刑事(原田芳雄)が、海賊放送の後を追う。

他方、嵐寛寿郎・岡田嘉子演ずる老カップル(「夫婦」と解説しているサイトがあるが、夫婦ではない)が、自動車泥棒を繰り返しつつ旅を続けている。盗んだ自動車に子供が乗っていたため、この老カップルも誘拐容疑で源田刑事に追われることになる。

海賊放送のトラックは、路肩に立つ老カップルに遭遇する……。

感想など

作品全体としてはドタバタ逃亡劇の青春ロード・ムービーであるが、ジャン-リュック・ゴダール『気狂いピエロ』Pierrot Le Fou(1965年)の影響が見られる(と思う)。

自動車泥棒の老カップルにも何か出典があるのかもしれないけれど、私には分からない(心当りのあるかたはご教示ください)。ただ、ふと、もしボニーとクライドが生きていたら、当時あのくらいの歳かなぁ、と思ったりはしたけれど。

ちなみに、自動車を盗まれる被害者のひとりとして、作品冒頭にTBSの林美雄アナウンサーも登場する。

エンディングに関しては、フランソワ・トリュフォー『大人は判ってくれない』Les Quatre Cents Coups(1959年)の影響があると思われる。

『大人は判ってくれない』の主人公・アントワーヌは、現実から目を逸らして逃げ続けた人生のあげく、最後には鑑別所から逃亡するが、行き止まりの波打ち際で引き返すことを余儀なくされる。アントワーヌは、いよいよ大人になることを迫られるのだ。

しかし、『オレンジロード急行』の主人公たちは、波打ち際で引き返さない。大人になることを拒否するかのように、「公海上で海賊放送をやろう」と語り合いながら、舟に機材を積み込んで、沖をめがけて出航する。

大森一樹監督 オレンジロード急行 1978年
 

トークショー

『トットチャンネル』(1987年)のトークショーでは斉藤由貴をゲストに向かえ、撮影秘話や思い出話中心だったけれど、この回では映画論的な話となった。

・ジャパニーズ・ニューウェイブの監督たち

80年代に頭角を現した、いわゆる「ジャパニーズ・ニューウェイブ」の監督の中には、相米慎二・根岸吉太郎のような映画会社の撮影所出身監督と、大森一樹・森田芳光・井筒和幸・石井聰亙・渡辺真耶のような自主映画出身監督がいる。

彼らがデヴューする以前の映画界は、映画会社が作って劇場公開される商業映画と、それ以外の自主映画がハッキリと分かれていて、両者に交流はなかったとのこと。

この世代は自主映画からいきなり劇場映画監督デヴューした最初の世代で、大森監督は日本初の現役大学生監督となった。

『オレンジロード急行』と同時に、自主映画時代の作品『ヒロシマから遠く離れて』(1972年)・『暗くなるまで待てない』(1975年)・『夏子と長いお別れ(ロンググッドバイ)』(1978年)も上映された。大森監督自身は上映に乗り気ではなかったけれど、自主映画→商業映画監督という流れを重視するプログラムであると学芸員の方が説明していた。

ちなみに、客席には、ATGと文芸坐の元社長も来場していた。映画の歴史の流れの中にいるような気持ちになり、少しドキドキした。

撮影所の意義

しかし、大森監督としては、映画監督として撮影所のスタッフと仕事をすることによる気付きや学びもあったそうで、自主映画作品と比べると、『オレンジロード急行』が商業映画としてよくできていることが判るとのこと。

撮影所のスタッフたちによって発展・蓄積されてきた技術や設備が映画を豊穣にしていたという。ちなみに例えば、今回の特集でも上映された『ゴジラvsキングギドラ』(1991年)のジャングルのシーンは、東宝の撮影所裏の林で撮影されたとのこと。

しかし、最近では、撮影所はもっぱら貸スタジオとなってしまっていて、撮影の時だけスタッフが入る感じになっているとかで、かつての撮影所のような機能を果たしていないそうだ。

大森監督は大学で映画を教えているが、大学は撮影所の代替物としては不十分との意見。

フィルムとデジタルの違い

フィルム時代の撮影・編集法は、1台のカメラを据えて撮っていったものをつなぐ、モンタージュ的な手法であったのに対し、デジタル時代は、カメラが安価になったこともあり、複数のカメラで撮影したものを切り替えるようなスイッチング的手法になっているというのが、大森監督の意見のようだ。

大森一樹監督 オレンジロード急行 1978年
帰りにサインして頂いたぞ!
手ェ震えたわい。
 
* * *

同時上映の自主映画作品について

『夏子と長いお別れ(ロンググッドバイ)』(1978年)のなかで、『暗くなるまで待てない』(1975年)に主演した稲田夏子と大森監督が、ほろ酔い加減で『暗くなるまで待てない』について議論するシーンがある。

稲田が「そこに映画があったのは事実やんか」みたいなことを言うと、大森監督が「今でもあるよ」と答える。このシーンでは思わず笑ってしまった。可笑しいやら、胸がキュンとするやらでありました。

作品を観て、「稲田夏子さんは今、何をしておられるのだろう?」と思った人は多いと思うけれど、そんなセンチメンタルな男たちは結局、夏子を撃つことも、お別れすることもできやしないんだ。

※当ブログ内の関連エントリー:

大森一樹[監督]『トットチャンネル』(1987年)をフィルムセンターで観た。

大森一樹監督・斉藤由貴主演・乙羽信子原作・新藤兼人脚本のテレビドラマ『女優時代』(近代映画協会/よみうりテレビ、1988年)をフィルムセンターで観た。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊集院光が語る「美味しんぼ」福島原発問題:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年5月12日(月)25:00-27:00)

○伊集院光が語る「美味しんぼ」福島原発問題:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年5月12日(月)25:00-27:00)

 

プールで息継ぎイップスになったことのあるMasaruSです。

さて、月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年5月12日(月)25:00-27:00)で、伊集院光が、「美味しんぼ」福島原発問題について語った。

ちなみに、同番組のメイン・スポンサーは小学館で、『ビッグコミックスピリッツ』のCMが流れる。

番組内で伊集院は、

  • 「美味しんぼ」だけでなく、同じ小学館の『ビッグコミック』連載の山本おさむ「そばもん」も読んでほしい。
  • 漫画を提供する会社として、両方の意見の漫画を掲載することは「アリ」だ。
  • 政治家の仕事は、漫画についてコメントすることではなく、不安を取り除くことだ。
  • この騒動がコミック規制に雪崩れ込むことが心配だ。

などの持論を展開した。

スピリッツ24号掲載の「美味しんぼ」に関しまして(小学館 コミック -ビッグコミックスピリッツ〜SPINET-)

 

「『ビッグコミック』の「そばもん」も読んでほしい」

伊集院光 さぁ! 今日オレが「美味しんぼ」の話をするかどうかという(笑)。[……]

これがまた、超めんどくさい話になる。

[……]

「美味しんぼ」の件を話しても話さなくてもいいんですけど、僕の中での被害妄想・誇大妄想、さらには中学生の時の僕が僕のことを見てるとこで言うと——あいつはまたイヤなヤツなんだよ——「小学館がスポンサードしている枠が長い以上、この番組のほぼ90%が小学館のスポンサー枠である以上、伊集院はビビってその話をしねぇんだろうな」って思われるっていうことが、何だかとてもイヤなんです(笑)。

でいて、「思ってない」って、「オレ、思ってねぇですけど」っていう人もいっぱいいると思うんですけど、何か僕の被害妄想が、「言っても、スポンサーに怒られるような話はしないよね〜、あいつもね〜」って誰か言ってんじゃねぇかっていうことを一応ビビるわけですよ、ね。

で、今、その逆のことで言うと、ディレクターの金子は大変ビビってると思いますけども(笑)。

これがね、ここで終るんならね、「伊集院さん、僕も腹決めましたよ。じゃぁ、しゃべりましょうよ、思ってること」と思ったとしても、ディレクターの金子が思ったとしても、ここでもう一個面倒くさいことがあるんですよ。結果、そんなに簡単な話ではないけど、僕たぶん、聴く人によっては、小学館を擁護するような意見をもってるんです。で、そうすると、せっかく言ったのに、「あいつ媚びてんじゃん」っていう結論になるような気がして、スゲぇ損した感が、もう。

なんかね、別にね、擁護とかそういう……いろんな事象が絡んでるから、擁護するとかそういうことじゃないんだけど、同じ時期の『ビッグコミック』を読んでほしいんだよね。

『ビッグコミック』に「そばもん」っていう漫画があって、僕この漫画がスゴい好きなんですよ。地味な日本そばのそば打ち名人とそばの話だけでよく延々と連載してるなっていうヤツなんですけど。これは、みんなの色んな、「福島」っていう言葉に対する恐怖感とかコンプレックスとか先入観みたいなものだけでみんながそば粉に、農産物に放射能が含まれてるんじゃないかと思っちゃうことの愚かさについて、その、コッチの作者なりの論点で語ってるものなんですよ。

だから小学館に関して言うと、僕が思うには、両方載せるっていうことは、漫画を提供してくれる会社としては「アリ」だなと。

「コミック規制みたいのに入るのがイヤなんだよね」

伊集院光 もちろん、この後に色んな壁はありますよ。その、抗議が来ました、もしくは、科学的には事実じゃないっていうことを証明できる人が来たときに、裁判をしましょうになった時は、色いろ腹をくくらなきゃならないこともあると思うんだけど。

オレ、なんか、その漫画も載ってるっていうことも誰かチョッと触れてほしいなって思うのが、まぁ1個と、なんか本質で……さすがに「コレを描いた時点でもう、載せた時点でもう反響がスゴいってことは覚悟はしてるでしょ?」っていうのをチョッと思うのと、なんつうのかなぁ、イヤなことばっか描いてあるんだよねぇ。これを変な風に盛り上げていって、コミック規制みたいのに入るのがイヤなんだよね。雪崩れ込む可能性がスゴくあるんですよ。僕は危惧する。僕の、それは被害妄想の誇大妄想かもしれないけど、政治の人たちが色んな発言をして行く中で、変な盛り上がり方をすると、漫画で言っていいことの話になりかねない。

僕は思うんだけど、潜在的に不安だっていうこと、潜在的にみんなが不安なんだっていうことに関して、「漫画に何か言うよりは、政治の人たちは、そっちを取り除くにはどうしたらいいんだっていうことのほうをする仕事でしょ?」って思うんだけど、「ああいう漫画が出ることが遺憾だ」みたいな話になっちゃうと。

いや、福島の人が「あの漫画の書かれ方は違うよ」って言うのとか、福島を応援してる人たちが「違うよ」、もしくはちゃんとしたデータや持論をもってる人が「違うよ」って言ったりとか、もしくはちゃんとした持論をもってる人が「そうだよ」って言うのは全然良いと思うんだけど、政治の人に関しては、特に国の政治に関して言うと、なんでみんながあれを読んで、なんかザワめくのかみたいなことの責任の一端みたいなことはある気がすんだよね。

だって、もしかしたら、政治家の人たちが言ってる言葉よりも、雁屋哲の、もしくは「美味しんぼ」のキャラクターの、「美味しんぼ」の漫画に出てくる人の言ってることに耳を傾けちゃう自分とかがいたりとかするわけでしょ? そこだと思うんだよなぁ。そこの問題が、オレ、スゲぇあると思うんだよね。あと、「美味しんぼ」の持ってるメジャー感とか特性みたいなものもあるので、なんかその辺だよね。

「オレ、「美味しんぼ」ってギャグ漫画だと思ってたからね」

伊集院光 で、雁屋さん自体は、僕「美味しんぼ」ずっと見てて、ここ何か月ぐらいの、この……震災以降の、このシリーズに入るまでの雁屋さんとチョッと違っちゃってる。

オレ、「美味しんぼ」って、かなり前半の頃ほうって、雁屋さんはどう思ってるか知んないよ、オレはギャグ漫画だと思ってたからね。オレの中ではギャグ漫画っていう位置。「え、ご飯が美味しい美味しくないでこんな?」っていう位置のものでオレの中ではとらえてたから。

なんか分かんないけど、その全部が相まってへんな感じになってて、で、これ以上金子ディレクター胃に穴が開くような話を(笑)しつづけるべきかどうかは難しいけれど、まぁまぁ、オレ自体は、結果コレで「伊集院は結局、小学館擁護で終ったね」みたいな話になるんなら、それはそれでしょうがないけど、一応オレとしては……うぅん……言ってみたっていう(笑)。しゃべってはみたっていう、そんな感じですよ。

※当ブログ内の関連エントリー:

伊集院光、『アナと雪の女王』主題歌騒動を語る:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年5月5日(月)25:00-27:00)

伊集院光 課金機能付きクリエイター向けSNS「note」のすゝめ:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月21日(月)25:00-27:00)

伊集院光が分析する中高生のラジオ離れ:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月14日(月)25:00-27:00)

AMラジオのFM化と「情報の制空権」:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月7日(月)25:00-27:00)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山下達郎が浪人時代にアルバイトしていたというレコード屋に行ってみたのですが……。

○山下達郎が浪人時代にアルバイトしていたというレコード屋に行ってみたのですが……。

 

ひょんなことから、山下達郎が大学浪人時代に西武池袋線・東長崎駅前の「日新堂」というレコード屋でアルバイトしていたという話を知った。池袋あたりの出身だということは知っていたのだけれど。

場所が判ったので、Googleマップで検索してみたら、

山下達郎が大学浪人時代にアルバイトしていたレコード店 日新堂 西武池袋線・東長崎駅
日新堂(西武池袋線・東長崎駅前)
 

……閉店しとる。それどころか、明らかに解体待ち状態。

でも、幌の破れ方など、いい感じの廃墟具合なので見に行ってみた。

山下達郎が大学浪人時代にアルバイトしていたレコード店 日新堂 西武池袋線・東長崎駅
西武池袋線・東長崎駅南口
 

西武池袋線で池袋から2駅の東長崎駅。南口から歩いてすぐ。

 

山下達郎が大学浪人時代にアルバイトしていたレコード店 日新堂 西武池袋線・東長崎駅
 

……すでに駐車場になってた。

上の写真で、街灯の向こう、車が停まっているあたりの手前が日新堂跡地。

まぁ、解体済みは想定内ではありましたが。

ちなみに、この駐車場の奥にあるアパート「冨士見荘」が山口百恵の生家とのこと。

山口百恵の生家 富士見荘 西武池袋線・東長崎駅
冨士見荘
 
山口百恵の生家 富士見荘 西武池袋線・東長崎駅
冨士見荘
 

※当ブログ内の関連エントリー:

山下達郎による解説:「リマスターとは何か?」

山下達郎「アトムの子」(1992年)

TOKYO FM 新アンテナからのオンエアー1曲目は、山下達郎「ヘロン」(1998年)だったそうです。

山下達郎近況インタビュー(ファンクラブ会報『TATSURO MANIA』No.54 2005 Spring)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (1)

小津安二郎のローアングルについての読書メモ

○小津安二郎のローアングルについての読書メモ

 

小津安二郎のロー・アングルについての読書メモ。

先日の私の仮説は、トンチンカンもいいところだったようで……。

原田雄春(小津組のカメラマン)が小津から直接聞いた話

原田雄春(カメラマン) [……]僕はね、昔、こんなこと話した記憶がある。「絵というのはたいがいかぶせて描いてある。絵というのはロー・アングルというのがむずかしいのですか」と聞いたのです。「それはそうだよ。絵を描くにはどうしてもああいう位置から対象を見ることになっちゃう。しかし映画というのは絵で描けない位置で撮れる。それがロー・アングルであって、畳をかぶせて撮ると人物を引き締められないことがあるんだよ」そう言われた。しかし基礎的な理論がどうなってるかということは、聞こう聞こうと思っていて、とうとう聞き損じちゃったですからね。

○座談会「小津先生という人」、月刊『シナリオ』1964年2月号(シナリオ作家協会)

小津が、「映画というのは絵で描けない位置で撮れる」ことを自覚して、映画にしかできない挑戦をおこなっていたというところが面白い。

それにしても、「基礎的な理論」、なんで聞き損じちゃったかなぁ。残念。

 

佐藤忠男(映画評論家)

[……]小津は、そうした多様なアングルはいっさい採用せず、ほとんど不自然なくらい、ローアングルに固執したからである。おそらく、小津は画面の構成が不安定になることを嫌ったのである。

佐藤忠男『小津安二郎の芸術』上(朝日選書、1978年)p.18

まぁ、「基礎的な理論」の軸はこのあたりのような気がする。

また、透視図の消失点は低いほうが、画面の下側が圧縮されて、上側が解放されるので、重心が低くなって安定するような気もする。

 

前田英樹(フランス文学者)

たとえば、日本間に座る複数の人物をロング・ショットで撮るときのキャメラの位置は、人が座って見る位置よりも低く、寝そべって見る位置よりも高い。絵がこの位置から描かれることがないのは、ひとつに画家の身体上の苦痛によるのだろうが、もっと重要なことは、そうした苦痛が、見られる事物に対する主体の支配力をそのまま弱化させるということではないのか。これは、もはや単なる苦痛ではない。身体がイマージュ総体に対して獲得しつづける地位の減縮である。むろん、人はこの位置からさまざまななものを観ることができる。だが、その知覚はいつでも中心化されたべつの知覚の回想によって補われ、仕立て直され、破棄されてしまう。

身体による知覚は、小津が定位したロー・ポジションに定位することができない。言いかえれば、小津は非中心的な知覚がイマージュの総体に対して最も無基盤に定位しうるポジションを驚嘆すべき直覚によって引き出したのだ。

前田英樹『小津安二郎の家——持続と浸透』(書肆山田、1993年)pp.32-33

「驚嘆すべき直覚によって」というのは、本人の意図に関係いことを何でも書けてしまうのでチョッとズルいような気もするけれど、話としてはおもしろい。

私は、ロー・アングルよりも会話シーンでのカメラの切り返しのほうに「非中心的な知覚」のようなものを感じる。

気をつけて観ていると、例えば、笠智衆がアップのときにはカメラ目線で、切り返しで原節子のアップのときは目線を外していても、同じシーンの次カットでは笠が目線を外していて、原がカメラ目線だったりすることがある。カメラ目線によってカメラの外在性が破棄されると同時に、ある時は誰かの知覚、あるときは別の人の知覚、またある時は誰の知覚でもなく、今度は無人の部屋をロー・アングル——という具合に視点が常に分散・移動している。

ところで、この本のAmazon.co.jp唯一のカスタマーレビューには「念仏を唱えるように抽象的概念を100回程繰り返して、それで小津映画の秘密を解明したつもりの噴飯本」と書いてある。ちょっと冗長なところはあるものの、決して抽象的ではないと思うのだけど……。

人文書のカスタマーレビュー全般に言えることだけれど、「酸っぱいブドウ」的な悪口を工夫をする代りに、どうして「私には難しくて理解できなかった」と書かないのだろうか? この手のレヴューのほとんどには、内容に関する言及がほとんどない。筆者に気の毒だ。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビートきよしが語るツービート結成秘話:「小林悠 たまむすび」(TBSラジオ、2014年5月9日(金)13:00-15:30)

○ビートきよしが語るツービート結成秘話:「小林悠 たまむすび」(TBSラジオ、2014年5月9日(金)13:00-15:30)

 

「小林悠 たまむすび」(TBSラジオ、2014年5月9日(金)13:00-15:30)に、ビートきよしがゲスト出演し、ツービート結成に至る芸人人生を語った。浅草演芸史としても興味深い。

TBS RADIO 5月9日(金) 小林悠×玉袋筋太郎 - たまむすび (公式サイト)

レオナルド熊の名前、久びさに聞いたなぁ。

そういえば、オレが子供の頃の日曜の朝か昼ごろに、やすきよの番組にコント・レオナルドが出ていた記憶がある。西川きよしはいいとして、横山やすし・レオナルド熊・石倉三郎——今思えば、スゲぇ強面の日曜日だなぁ。

ロック座、そしてフランス座へ

ビートきよしは山形から上京すると、まずはピンク映画などに出演、その後、若松孝二監督の誘いを断って、養成所の先輩の紹介でロック座へ移る。

玉袋筋太郎 また裸ですね、師匠。

ビートきよし また裸でしょ。こんな裸やりに来たんじゃねぇなと。「だけどねお前、ここ裸だけど、こっから出てる有名な人、いっぱいいるんだよ」と。

玉袋 これだ! 出た!

きよし 佐山俊二さん、渥美[清]さん、長門勇さん、東八郎さんもそうですよ。で、僕が入ったとき、欽ちゃんは売れてなかったんだけど——

玉袋 [コント]55号。萩本欽一さん。

小林悠アナ はぁ〜。

きよし まだ売れてなかった。欽ちゃんもロック座の先輩。

小林アナ 錚々たる面々ですね。

きよし それを聞いて、ロック座に入ろうと。

玉袋 おぉ〜。

きよし ロック座入って、まぁ、裏方からやらされるわけだよねぇ。

玉袋 そうですよねぇ。

きよし 進行・照明・効果ってやらされんの。効果なんかやったらさぁ、振付の先生がいたんですよ、そん時。で、踊り子さんに、こう、振付をするわけですよね。この何小節で終って、違う曲。オレ、音楽掛けながら、何小節なんてわかんねぇから。

玉袋・小林アナ はははは。

きよし だいたいこの辺だったなぁって思って掛けるでしょ。踊り子さん踊んないんだよ、ズレるから。終った後、インターホンで怒鳴りだよ。「テメェ、バカ野郎、何やってんだよ!」

玉袋 インターホンで。ほう。

きよし オレ、女の人ってこんなに怖いもんかなぁって。

玉袋 お姉さんね。

小林アナ 女の人ですか、怒鳴ってくるの?

玉袋 その当時の給料って、いくらぐらいだったんですか?

きよし 2万円。月2万円。ロック座。

玉袋 ロック座で2万円ですか?

きよし でもねぇ、ロック座は40分の軽演劇の芝居と、踊り子さんの幕間のセット・チェンジのコントやってたんです。

玉袋 はいはいはい。

きよし で、お客さんも裸だけ見に来るんじゃなくて——

玉袋 コントもね。

きよし コントも芝居も見に来てる。

玉袋 はいはいはい。

きよし 東さんなんか、テレビの撮り終って、早く終ると、ロック座遊びに来るわけよ。

玉袋 東八郎さんがですか?

小林アナ はぁ〜。

きよし そすっと、師匠が舞台で芝居やってるときにね、深見千三郎だよ——

玉袋 うちの師匠の師匠でもある。

きよし 深見千三郎が、「お〜い、お前ら何やってんだい?」って袖にしゃべるわけだよ。

玉袋 はいはい、コントやってんのに。

きよし そすっと、出てくるんだよ。

玉袋 わぁ、最高じゃん!

小林アナ はははははは。

きよし お客、喜ぶじゃない。

玉袋 東八郎さん出たら喜ぶよ。

きよし 全盛期の頃ですよ。

玉袋 ですよねぇ。えぇ、えぇ、えぇ。

きよし その時の深見千三郎っていったら、ビリビリですよ。座長だから。

玉袋 うちの師匠の師匠ですよ。きよし師匠の師匠でもある。

きよし そして、ロック座が……ロック座って東洋興業っていうのが持ってたんですよ。ロック座・フランス座・[浅草]演芸ホール。

玉袋 はいはい、そうですね。

きよし 東洋興業が少し落ち目になっちゃって、今のロック座を、今の斎藤[恒久]社長のところに売っちゃったわけですよ。僕らが居れなくなって、フランス座に移ったんですよ、ロック座からね。そん時に、フランス座は舞台が狭いんで芝居ができないから、深見千三郎師匠と僕がふたりでフランス座に移って来たわけですよ。

玉袋 移籍ですよ。大型移籍ですよ。えぇ。

たけし登場

ロック座にエレベーター・ボーイとして、のちの相方、ビートたけしが入ってくる。

ビートきよし それで、深見師匠と僕はコントをやってたんですよ、フランス座で。そん時に、ウチの相方[ピートたけし]が二十歳そこそこで入って来たわけですよ。

玉袋筋太郎 フラっと。

小林アナ わぁ〜! 

玉袋 フラっと入って来たんだ、風来坊が。

きよし 入って来たんだよ、エレベーターで。

玉袋 エレベーターですよね。これが。

きよし だけどよ、ストリップ劇場のエレベーターなんていうのは、お爺ちゃんとかお婆ちゃんがやるわけよ。

玉袋 そうそうそう。

きよし 二十歳そこそこの男がエレベーター・ボーイで入った。変ってるヤツが来たもんだなぁって思ったよ。

玉袋 その時はまだ、きよし師匠とは当時それほど接してないですよね? 先輩は先輩ですけど。

きよし オレは舞台出てるわけだから。

玉袋 あの野郎、まだ。

ビートきよし まだ。

小林アナ たけしさんは後輩なんですね。

きよし エレベーター・ボーイだよ。

玉袋 えぇ。

怖い物知らずのたけし、師匠をイジる

新人のエレベーター・ボーイながら、怖い物知らずのたけしは、毒舌で師匠の深見千三郎をイジる。そんなたけしを深見はかわいがる。

ビートきよし ほいでねぇ、[たけしが]休憩時間に楽屋に来るわけだよ。

玉袋筋太郎 ふふふふふ。

きよし すっと、深見千三郎の恐ろしさを知らない。見てないわけだよ。僕はもう見てるんだから。

小林悠アナ はい。

玉袋 わぁ。

きよし だからあんまり余計なこと言えないわけだよね。

玉袋 ほとんどコレですよね[頬に指で斜め線を描く仕種をしていると思われる]、もう。コレに近いですよね、貫禄としては。

小林アナ ちょっと怖い感じ。

きよし それぐらい。「テメェ、バカ野郎、コノ野郎!」ってすぐ言う師匠だから。

で、そん時に、ウチの相方がそういうのを解っていないから平気だよ。

玉袋 へっへっへっへ。

きよし そいでね、あの、指がなかったんですよ、4本。

玉袋 うん。

小林アナ 深見さんが?

きよし 師匠が、深見師匠が。なぜかっていうと、戦争征きたくなくて、旋盤で指1本だけ落とそうとしたら、4本落っことしちゃったっていう。

小林アナ いや〜……。

玉袋 スゴい話でしょ、コレ。

小林アナ あらあらあら。

きよし だから、そういう人なんですよ。

玉袋 うん。

小林アナ はい。

きよし それを、こう、指に包帯を巻いて舞台出てたんですけど、それをネタにするわけだよ、ウチの相方が。

玉袋 ほら、いきなりそこ行っちゃうらしいよ。怖い物知らず。

きよし 知らずで。ね。「師匠なんか、水泳なんかやんないだろ?」つって。

玉袋 ふふ。

きよし で、「バカ野郎、オレだって水泳なんか得意なんだ」って師匠が言うんだよね。「師匠、平泳ぎすると左曲がって行っちゃうだろ?」。

玉袋 はははは、それだ、それ!

きよし そういうネタを平気でやるんだよ。

玉袋 これですよ。そっからですね。

きよし オレは「何だコイツ。スッゲぇヤツがいるなぁ」って思ったの。

小林アナ えぇえぇ。

きよし んで、朝来るとさぁ「師匠、おはようございます」つって、「あれ、指、頭に入っちゃった」とか言う。そういうのを平気でやるんだわ。

玉袋 ねぇ。

小林アナ スゴい。

きよし オレはさぁ、目が点になるわけじゃない、深見師匠の偉大さを知ってるから。

玉袋 えぇ。

きよし だけど、深見師匠はウチの相方、かわいがったのよ。

玉袋 これなんですよね。

きよし これがなぁ〜。

小林アナ はぁ〜。

「バカ野郎、コノ野郎」のルーツ

たけしの「バカ野郎、コノ野郎」のルーツは、師匠の深見千三郎の口癖。

玉袋筋太郎 それで結局、深見師匠の「バカ野郎、コノ野郎」っつうのは、うちの師匠の、ねぇ——

ビートきよし そうだよ。

だから、飯食いに、「おい、飯食い行くぞ」って言うと、行くじゃない?

玉袋 えぇ。

きよし メニュー見たら「バカ野郎、コノ野郎、お前何食べんだ?」って言って。「師匠さぁ、食べ物訊くのに『バカ野郎、コノ野郎』いらないんじゃない?」

玉袋・小林悠アナ ははははは。

きよし 必ず「バカ野郎、コノ野郎」付くんだから。表立ってて会うと、「バカ野郎、コノ野郎、お前らどこ行くんだ?」 必ず付くんだよ。

小林アナ あいさつ代り。

玉袋 「バカ野郎、コノ野郎」ですよ。

きよし そう。それが僕らクセんなっちゃって、すぐ「バカ野郎」とか「コノ野郎」とかっつって言っちゃうんだけど。

きよしとたけし、フランス座でコンビに

3人で舞台に立っていた深見・きよし・たけし。深見の提案で、きよし・たけしのふたりで舞台に立つことに。ツービートの原型だが、この時は漫才ではなくコントだった。

玉袋筋太郎 うちの師匠ときよし師匠が「じゃぁ、やってみっか」って3か月以上口説いてツービートに、漫才——

ビートきよし いや、だから、その前に、うちの相方が舞台に出だしてきたわけだよ。

玉袋 はいはいはい、オカマの役で。

きよし いや、僕らのコントだから、その中に。最初は誰でもボケ役から入るわけですよ。

小林悠アナ へぇ〜。 

きよし コレだけは、オレは強く言いたい。

玉袋 うん、言ってください、師匠!

きよし ツッコミとボケっているでしょ?

玉袋 はい。

きよし ツッコミっていうのは、どんなボケが来てもやれんのがツッコミなんですよ。ツッコミの腕がある人。

小林アナ えぇ、えぇ、えぇ。

玉袋 おぉ、来た来た来た!

きよし ボケっていうのは、ツッコミを選ばなきゃいけない。自分に合うツッコミを選ばなきゃいけないですよ。これが大変なんだよ。だ〜から〜——

玉袋 「だ〜から〜」(笑)

きよし 浅草で上手くなってくるとツッコミをやらせるんだよ。

小林アナ はぁ〜。

玉袋 だから天下のツッコミになったわけですね。

きよし オレは深見千三郎と3人で、相方とステージ出てるうちに、深見師匠が「オレはもう。お前らふたりでやれ」と。「オレ出ないからちょっとやってみろ」って言われて、オレがツッコミやって、相方がボケやってんのを見て、ね、「オレは明日から出ないから、お前らふたりでやれ」と。

玉袋 おぉっと、ツービート!

小林アナ へぇ〜!

玉袋 これだぁ!

きよし それで、ストリップ劇場のフランス座で相方とふたりでやってたわけだよ。

玉袋 出た、これだぁ!

コントから漫才へ

浅草の舞台でコントを演じていたきよしは、世に出たい、テレビに出たいという思いから、漫才へ転向する。

ビートきよし ところがだよ——

玉袋筋太郎 ところが!

きよし 浅草の舞台でやってたって、世に出たいわけだ、オレは。テレビに出たい。こう、劇場居たって出れないな、と。

玉袋 うん。

きよし 「どうしよっかなぁ」っていつも考えながらやってたんだよ。

小林悠アナ えぇ。

きよし ある時ねぇ、寄席を見に行ったんだよ。

玉袋 はいはいはい。

きよし 浅草松竹演芸場。

玉袋 松竹演芸場ね。

きよし その舞台に、Wけんじ師匠が、全盛期のときですよ——

玉袋 Wけんじ師匠が、はい。

きよし その舞台出てるわけですよ。「あれ? テレビ出てる人がこの舞台出てるんだから、この舞台出たらテレビ出れるんじゃないか」と。

玉袋 おぉ!

小林アナ うん。

きよし 「これはやっぱ漫才やるしかねぇな」。

玉袋 師匠がひらめいたわけですね。

きよし そう。

玉袋 たけしがひらめいたわけじゃなく。

きよし オレ、オレだよ。

玉袋 オレ、オレだよ。

きよし オレだぞ〜、お前。

小林アナ ははははははははは。

きよし そいで、「よし、漫才やろう」と。コント今までやってたから、コントやろうかなと思ったけど、コントってのは、扮装したり、小道具とか、カネがかかるんで。漫才はスーツひとつあったらさぁ、カネかかんないゼ。司会やったり、いろんなことできるし。「いや、これは漫才だな」と。

玉袋 うんうんうん。

きよし で、漫才やろうと。ほいで、漫才始めたわけだよ。

ツービート以前のビートきよし

しかし、ツービートの前に、別の漫才コンビで世に出ようとしたきよしだったが……。

玉袋筋太郎 でも、その頃、ツービートじゃないですよね?

ビートきよし そん時は、[松鶴家]二郎次郎。

小林悠アナ 名前違ったんですね。

きよし 違ったんだよ。初代が、相方じゃないから。

小林アナ あぁ〜。

きよし 今、ホープ、ユートピアのホープいるだろ?

玉袋 はい。

きよし あの野郎が「いいヤツがいるから」って連れて来たのがレオナルド熊の弟子なんだよ。

玉袋 出た! ほら! 田端グループですね、田端グループ。 そういうお笑いのグループがあったんだよ。

小林アナ へぇ〜。

きよし 組んだらね、そいつがたまたま熊さんとこドロンしてる。

玉袋 ドロンしてる。へっへっへ。

きよし 不義理をしてる。

小林アナ あら。

きよし 怒ってるっていう情報が入って来たんだよ。

玉袋 コレ、オレ師匠から聞いたんですけど、当時のレオナルド熊さんっていったら、メチャクチャ怖かったっていう。

きよし メチャクチャだよ。だってさぁ、もう、ポン中だから。

玉袋 また、言い切りますね。

きよし 昔は、だってさぁ——

玉袋 ヒロポン。

きよし 僕らの大先輩なんかは、みんなヒロポン打ってたっていう。

小林アナ そういう時代もあったそうですけどねぇ。

きよし だから、ヒロポン……ポン中なんだよ。

小林アナ ははは、言い切った!

きよし ポン中で頭がおかしかったわけだよ。

玉袋・小林アナ はははは。

小林アナ ちょっと、大丈夫ですか?

きよし 大丈夫大丈夫、当時だから。もう、レオナルド熊さんも死んじゃって、いないからさぁ。

小林アナ はははは。

玉袋 レオナルド熊は、でも、コント・レオナルドとしてはブレイクする前ですもんね?

きよし そうそう。ブレイクする前はどうしようもなかった。

そいで、その相方連れて、「お前、怒ってるらしいから、あいさつに行こう」って連れて行ったんだよ。もう、何にも通んない、話が。

玉袋 うぅん。

きよし 「テメェ、コノ野郎」だもん。

玉袋 あぁ。

きよし 「テメェ、コノ野郎、漫才やるんだったら指つめろ!」だもん。

小林アナ えぇ……!

玉袋 怖い世界。

きよし 「コノ野郎」って、枕元から出刃包丁出すんだよ。

玉袋・小林アナ わぁ〜!

きよし どうすんのよ、これ?

玉袋 大変ですよ。

きよし 夕方6時行って、夜中の2時までオレも正座しっぱなし。

玉袋 はははは。

小林アナ えぇ!

ツービート結成

ついに、ツービート結成。デヴューは名古屋の大須演芸場だった。

ビートきよし 話がつかないから、一回、もう解散、やめようと。「もう、だめだこらぁ」つって、解散したんだけど、そん時に、たまたまだよ、名古屋の大須演芸場って所に1年間スケジュールを切ってくれたんだよ、その社長が。

玉袋筋太郎 おぉ。

ビート 「お前ら、毎月10日づつ出ろ」と。

玉袋 えぇ、えぇ。

きよし でも、寄席なんてのは、キャバレーとかそういうところと違ってさぁ、寄席っていうのは格が上じゃない?

玉袋 はいはいはいはい。

きよし 「これ、なんかこのスケジュール無くしたくねぇな」と。「こらぁ、相方呼びに行こう」つうんで、今の相方を呼びに行ったんですよ。

玉袋 これだ。

小林悠アナ そういうことだったんですか。

玉袋 たどり着くまで長かったですね。

きよし 長いだろ?

玉袋 ツービートまで22分ですよ、師匠。

小林アナ ははははは。

きよし 歴史だ、歴史。

小林アナ 時間が足りない。

玉袋 歴史、レジェンド。「オレはレジェンドだ」。

きよし 上手いなぁ。いっぺんぽんに話したら、次、呼ばれないだろ?

玉袋・小林アナ ははははは。

玉袋 小出し。

小林アナ 作戦ですか、これ? やられた〜!


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぎら健壱の名コーナー、7年の歴史に幕:「あの頃のフォークが聴きたい」最終回(NHKラジオ第1、2014年3月30日(日)6:14-6:25)

○なぎら健壱の名コーナー、7年の歴史に幕:「あの頃のフォークが聴きたい」最終回(NHKラジオ第1、2014年3月30日(日)6:14-6:25)

 

なぎら健壱の名コーナー、7年の歴史に幕。残念だ。


「あの頃のフォークが聴きたい」最終回
(NHKラジオ第1、2014年3月30日(日)6:14-6:25)

 

最終回の曲は、なぎら健壱(FOLKMAN BROTHERS)「フォークシンガー」(1983年)。コーナーのオープニング曲でもある。名曲。

「腰をかけなきゃ歩けない」って、そういう意味だったのか。

いつかどこかで、またフォークの話してほしいなぁ。

※当ブログ内の関連エントリー:

MUSIC TRAVEL #57 なぎら健壱(BSジャパン、2012年11月19日(土)23:00-24:00)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小津安二郎のローアングルについて

○小津安二郎のローアングルについて

 

池袋の新文芸坐で2014年4月25日〜5月6日まで小津安二郎の特集をやっていた。そのうち4日通った。

感動はスクリーンから - 低料金2本立ての名画座 | 新文芸坐

いちばん観たかったのは、まだ観たことがなかった『お早よう』(1959年)「伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!」(TBSラジオ、2012年11月23日(金)、12月7日(金)15:00-15:20)で山本晋也監督が紹介していて興味をもったからだ。コレについては、また後日。

映画館では、普段は決まって後ろのほうに座るのだけれど、連休終盤の5日と6日は特に客が多く、是非もなく前のほうの席に座るはめになった。

小津安二郎というと、独特のロー・アングルがトレード・マークになっているのはご存知の通り。このロー・アングルのについては、例えば、あれは「物の視線」であるなど、批評家たちあいだで解釈は様ざまである。なかには、作品への創造的介入や、さらには、こじつけに近いものもある。これほど諸説が入り乱れているということは、小津本人は何も言っていないのだろうか?

個人的には、あのロー・アングルには、もっとシンプルでプラクティカルな理由があるのではないかという気がしている。「なんだ、そんなことか?」みたいな感じの。

さて、今回、前の席で小津の映画を見上げていると、ふと、あのロー・アングルは、観客の視線のアングルなのではないか、と思った。映画館では、多くの場合、客席からスクリーンを見上げるかたちになる。この観客の視線の仰角とカメラのアングルがピタリと一致するように感じた。

こんな仮説、どうっスかね?

いずれにせよ、家でDVDで観ていたら、こんなこと考えなかった。やっぱり、映画は劇場で観るのがいちばん。

* * *

新文芸坐、小津のあとは、

  • 5/7〜11:『キャプテン・フィリップス』『ゼロ・グラビティ』の2本立て
  • 5/12〜22:川島雄三特集

また、5月10日のオールナイトは牧口雄二特集で、『徳川女刑罰絵巻 牛割きの刑』(1976年)などを上映。新鮮なモツが好きな方は是非。

場内アナウンスのかたの声が、TBSの安東弘樹アナウンサーにチョッと似ているような気がする。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TVトークショー形態論

○TVトークショー形態論

 

「ラジオ批評ブログ」と名乗りつつ、今回はテレビの話題。

仮説

テレビのトーク番組は、テレビの外に実在する様ざまな語りの場をアレンジして舞台装置の形に設えている。よって、テレビのトーク番組は、セットの形態に注目して分類することが可能である。

本論

テレビのトーク番組は、形態論上、以下のように分類することが可能である。

カフェ・スタイル

朝〜昼の時間帯で、比較的カジュアルな番組によく見られる形態。現在も主流。

おしゃれ 日本テレビ
「おしゃれ」
(日本テレビ、1974年4月1日〜1987年4月3日、月〜金13:15 - 13:30)
資生堂提供ゆえ、この場合、「カフェ」ではなく「パーラー」と呼ぶべきか。
 

応接室スタイル

朝〜昼の時間帯のうち、比較的フォーマリティーの高い番組で見られる形態。現在も主流。

徹子の部屋 テレビ朝日
「徹子の部屋」
(テレビ朝日、1976年2月2日〜、現在月〜金12:00-12:30)
 

クラブ・スタイル

深夜の大人向けトーク番組に見られた形態。現在では稀になりつつある。平板アクセントの「クラブ」ではなく、第1音節にアクセントの「ラブ」であることに注意。

今夜は最高! 日本テレビ
「今夜は最高!」
(日本テレビ、1981年4月4日〜1982年4月3日、1982年9月4日〜1989年10月7日、土23:00-23:30)
 

バー・スタイル

深夜の大人向けトーク番組に見られる形態。いわゆる「ヤングアダルト」をターゲットとする番組に多く見られる。セット内にネオン・サインやネオンカラーの照明が配置されることも多い。

噂的達人 TBSテレビ
「噂的達人」
(TBSテレビ、1988年4月1日〜1989年9月29日、金23:30-24:00)
 

ラウンジ・スタイル

深夜の大人向けトーク番組の多くは、「クラブ・スタイル」からこの形態に移行した。バブル期における「リビング・スタイル」(後述)と見ることも可能であるが、ポスト・バブル期の「リビング・スタイル」と比較すると、生活感が格段に乏しい。

オシャレ30・30 日本テレビ
「オシャレ30・30」
(日本テレビ、1987年1月4日〜1994年6月26日、日22:00-22:30)
なぎら健壱がDCブランドのスーツを着用している点にも注目。
 
オシャレ30・30 日本テレビ
「オシャレ30・30」
(日本テレビ、1987年1月4日〜1994年6月26日、日22:00-22:30)
 

リビング・スタイル

あらゆる時間帯で見られる形態。深夜の大人向けトーク番組のうち、女性をターゲットとする番組やヤングアダルトをターゲットとする番組は、「ラウンジ・スタイル」からこの形態に移行。

オシャレイズム 日本テレビ
「おしゃれイズム」
(日本テレビ、2005年4月10日〜、日22:00-22:30)
 

キャバクラ・スタイル

深夜の大人向けトーク番組において、男性をターゲットにした番組によく見られる形態。キャバクラのフロアーを垂直に起こした意匠。多数の女性が、テーブルで男性のとなりに付く代りに雛壇上に配置され、専ら背景として物象化されている。

やりすぎコージー テレビ東京
「やりすぎコージー」
(テレビ東京、2005年4月2日〜2011年9月14日、終了時水22:00-22:54)
 

オリジナル・スタイル

撮影上の機能性を追求するテレビ的合理主義に則って独自に発達したスタイル。テレビの外に対応物を見いだすことは困難である。

おしゃれカンケイ 日本テレビ
「おしゃれカンケイ」
(日本テレビ、1994年7月3日〜2005年3月27日、日22:00-22:30)
 

ラジオ・スタイル

アメリカのトークショーで見られるが、日本ではほとんど見られない形態。一見オフィス風だが、ラジオのトーク番組の形態をそのままテレビに持ち込んだもの言えよう。デスク上のマイクは飾りではなく、ONの状態で音声を拾っている。

Late Show with David Letterman CBS レターマン・ショー
Late Show with David Letterman
(CBS, 23:35-24:35 Weeknights, August 30, 1993-)
 

考察

朝〜昼の番組においては形態変化があまり見られないのに対して、夜の番組においては形態変化が起こりやすい。後者については、テレビ業界人のナイト・ライフの変化を反映している可能性もあるが、その因果関係は定かではない。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊集院光、『アナと雪の女王』主題歌騒動を語る:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年5月5日(月)25:00-27:00)

○伊集院光、『アナと雪の女王』主題歌騒動を語る:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年5月5日(月)25:00-27:00)

 

伊集院光が、月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年5月5日(月)25:00-27:00)で、ディズニー映画『アナと雪の女王』(2013年)について語った。

火曜JUNK「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ、2014年4月29日(火)25:00-27:00)における、太田光の『アナと雪の女王』主題歌に関する発言をきっかけにした騒動の分析から始まり、自らを雪の女王に準えつつ深夜放送におけるトークについて持論を述べ、観客のリテラシーに触れつつ、全体としては見事な作品評となっていた。これを聴いて、観に行こうかなと思ったり。

間接的には太田への助け舟のようにも聴こえるけれど、本人の意図は定かではない。「カーボーイ」も聴いてたけど、「いつもの調子だな」という感じで、特に気にならなかったけどね。

『アナと雪の女王』主題歌騒動について

伊集院光 『アナと雪の女王』の話なんだけどね、もう「どうなの?」って思うのがさぁ、こういう番組の聴き起こしサイトみたいのがあってさぁ、そういう人はさぁ、ちょっとまぁ、その人の好みによって、すごい好意的に書いたり否定的に書いたりとか、コツとしてはチョッと煽り系のキャッチをつけると、見てくれる人も増えますし、アフィリエイト系とかも上手にいくんでしょう。

ほいで、チョッと強めのキャッチとかつけるじゃん、そすっと、ラジオとか聴いてない人も、まぁ、見ますわね。だって「『アナと雪の女王』を批判」って書いてあるから。で、見てさぁ、そこまでの流れはしょうがないよ、こういう仕事だから。

で、しょうがないんだけどさぁ、その先さぁ、それを見たってことがネットニュースになるじゃん。で、そのネットニュースん中でも、今回「なんだお前ら!?」って思うのって、日刊スポーツ.comみたいなとまでやり始めるじゃん。さらには、チョッとした新聞とにも載り始めるじゃん。もうなんか、そうすっとさぁ、「どこまでがそういうものをソースにして載っけていいってことになるの?」っていう。

ほいで「ネットの一部では」みたいな書きかたしてさぁ、「週刊誌の一部では」みたいな書きかたして、「夕刊紙には」って書きかたたして、みんなでキャッチボール回してるとさぁ、どんどん大きくできるわけでしょ。

「僕は深夜放送で、自分の切り口で自分の思ったことを「ありのままに」しゃべっていきます」

伊集院光 で、そこでちょっと言いたいことなんですけど、僕自体はミュージカル映画の歌の部分に関して興味がないっつってる時点で、そこについてはもう、それこそ、そこが好きだって言う人に関しては、そこが好きだからしょうがないと思うし、そこが好きじゃないオレもしょうがないじゃん。

ただまぁ、こういうところの公共の電波で、自分が1800円出したり、愉しみにしてた映画のことを「つまんなかった」「響かなかった」って言われんのは、気持ちよくないだろうねって思うよ。で、それと、しかも、それを「批判」というそこの文字面だけ受け取って見ちゃうと、批判されたらうれしくないだろうねと思うんだけど。

ストーリーに関して、ね、あのストーリーを是非オレ逆にじゃぁ見に行って、こういう心構えで見に行ってほしいと思んだけど。僕は生まれてすぐに、口は達者だったと思います。誰よりも口が達者って言う能力。で、あと、他の人と違う所を見てて、で、それに関してわーわー言うっていう。

だからその……おじいちゃんが死んだ日に、死んだお葬式の日に、自分の勉強部屋ができるってことの喜びを言って廻り(笑)、でいて、「ちょっと黙ってなさい」って言われることがスゴく多かったです。ね。で、この能力のせいで人を傷付けるということが、僕はありましたよ。ホントに多々ありましたから、なるべく孤独に過ごすことになります。

こっから先、とても僕は孤独に過ごすことになりますけども、ずっと黙ってるわけにはいかないので、ある日、このクソみてぇなトーク能力みたいなものを自分の城では炸裂させるということを決めます。

ほいでいて、僕は深夜放送のここで、自分の切り口で自分の思ったことを「ありのままに」しゃべっていきます。しゃべっていきます。ただ、これがご迷惑をかけることがございます。不愉快な思いをすることもございますっていうこのストーリーを憶えて『アナと雪の女王』を見てください。

で、そうすると、『アナと雪の女王』を認めてるのにもかかわらず、ストーリーが良いって言ってるにもかかわらず、「お前は何だ?」って言うことがおかしいってことに気付きますから。

「ありのままに」はみんなで元気に子どもと歌う歌ではない

伊集院光 あの……思うんですけどね、あの映画見てますとね、見てるとね、みんなで元気に子どもと「ありのままに」って歌うじゃないですか? 「♪ありのままに〜」って歌うじゃないですか? あの歌の流れるシーンって、決して幸福なシーンじゃないですよ。

観に行ってもらうとわかりますけど、「もう、人に迷惑かかるとか関係ない」っていうシーンですよ。ね。それ、「死者が出ても関係ない」っていうシーンですよ。その国民全員が不幸になっても関係ない。ただ自由に、「私は自由になるんだ」ってね、ひとりでひっそりと、家族もしがらみも仲間もなくていい。ひとりで生きてく、ありのままに生きてくってことを決意して歌うんですけど、そのことで人に多大な迷惑がかかるシーンで、不幸に言ったん突っ込んで行くシーンですから、その、あれを子供とみんなで愉しく歌うってこと自体は、少し僕は違うと思いますよ、あの映画をちゃんと観てたら。

「自分があの映画の中でどの配役か考えてみ」

伊集院光 で、何度も言っときますけど、ストーリー自体は僕にとって毒にも薬にもない。ね。で、CGはスゴいです、氷はサックサクです。

でいて、僕の中に、歌とかキレイさの評判を押し付けてくることみたいなことに関してはoffって観てますので、そこに関しては別に何とも思ってないです。

そこを観に行こうとも思ってませんから、っていうのが僕の話で、これが批判って言うんなら批判でもう結構ですが、あの、むしろお薦めしたいのが、あの雪の女王がオレだということに関してですね(笑)、配役はオレだということに関して、この番組のリスナーの人は観に行って頂くと合点がいくところがいっぱいあると思います。で、今後僕にああいう未来が待っているなら良いなと思います(笑)。

ああいう未来が待っているなら良いなと思いますけども、僕が僕の城でこういうことをしてます。で、こういうことをしてます。で、それなりにそれを良いと思ってくれてる人もいるでしょう。ただ、これをしたせいで、ものすごく震える人たちがいるんでしょう。

で、困る人もいるんでしょうけども、あの、わざわざ覗きに来られてとか、人づてに聞いて、それに石を投げてきたりとか、「お化けだ」つってくる人が、あの映画の中でどの配役か考えてみ、っていう。お前らがうっとりしたヤツの中にはいないよっていうのを、これを、こんな素晴らしい台本を構成の渡辺君が一字一句書いて頂きましたて、僕は全然思ってない(笑)。

※関連リンク

爆笑問題の太田光 「アナと雪の女王」主題歌を歌う女性に「本当に気持ち悪い」 - リアルライブ


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0)

ネットラジオをきれいな音質で録るコツ:「日刊・深夜快速」Vol.1134 日曜版/週刊QUEMULE EXTRA(ウェブラジオFMC、2014年5月4日)

○ネットラジオをきれいな音質で録るコツ:「日刊・深夜快速」Vol.1134 日曜版/週刊QUEMULE EXTRA(ウェブラジオFMC、2014年5月4日)

 

リスナーの方からの質問を受けて、ウェブラジオFMCの音質の良さの秘密に、榎田信衛門氏が答えていた。リスナーの方が言うように、FMCの音声は、音質が異常に高いのに、ファイルが異常に軽いのが不思議だった。(ファイルがやたら重いのにノイズだらけで聴いてられないような番組もわりとある。)

機材については、100円のマイクと1万円のマイクでは当然違いがあるが、実際のところは工夫次第とのこと……これを言われちゃぁ形無しでございます。

肝はマイクとの距離を一定に保つことで、素人はマイクとの距離が近すぎるとのこと。近づかないと録れないマイクを使っていることも問題のようだ。

録音ソフトのパラーメーター設定にも秘密があるようだけれど、それは秘密らしい。

詳しいことは番組で:

Vol.1134「日曜版/週刊QUEMULE EXTRA =NEW=」: 日刊・深夜快速

※当ブログ内の関連エントリー:

劇空間ラブホテル2013『榎田信衛門◎大実況二六七三』(ウェブラジオFMC 月テレ、2013年)

バイノーラル収録のネット・ラジオが始まったよ:「kumamoto modernology」(ウェブラジオFMC)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水曜日のカンパネラ「ミツコ」(2014年)

○水曜日のカンパネラ「ミツコ」(2014年)

 

このあいだの「文化系トークラジオ Life」(TBSラジオ、2014年4月27日(日)25:00-28:00)でかかっていた。「Life」は、隔月放送になって、USTREAM配信のヴューアーが半分ぐらいに減っているような気がする。


水曜日のカンパネラ「ミツコ」(2014年)
 

「ミツコ」は、園子温[監督]『恋の罪』(2011年)の美津子のことなんですね。もう3年以上前の映画かぁ。そんなに経ちましたっけ?

※当ブログ内の関連エントリー:

園子温[監督]『恋の罪』(2011年)と初日舞台挨拶を観てきた。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOKYO FM 技術部長が語る 東京タワー頂上部 地上高333m 新アンテナの魅力

○TOKYO FM 技術部長が語る 東京タワー頂上部 地上高333m 新アンテナの魅力

 

2013年2月11日(月)から運用を開始した東京タワー塔頂部の TOKYO FM 新送信アンテナを、TOKYO FM 川島修技術部長が自ら解説。もっと無線オタクっぽい人かと思ってたけど、違った。やっぱり、第一級陸上無線技術士なんスかね?


TOKYO FM 技術部長が語る 東京タワー頂上部 地上高333m 新アンテナの魅力
 

まとめ

  • 運用開始は2013年2月11日(月)。
  • TOKYO FM 社員は、つらいことがあると東京タワーを見て励まされている。
  • 旧アンテナは、特別展望台下、地上200m付近に設置されていた。
  • 新アンテナは塔頂部の333m付近の赤く塗装されている部分。元もとNHK総合・教育テレビの地上アナログ放送のアンテナが設置されていた。
  • 塔頂部の細い柱の部分にスーパー・ターンスタイル・アンテナ(super turnstile antenna)、その下に双ループ・アンテナ(twin loop antenna)が設置され、この2種類のアンテナで送信している。
  • スーパー・ターンスタイル・アンテナが設置されている柱は、以前は丸かったが、新アンテナの設置にあわせて四角に変更された。
  • スーパー・ターンスタイル・アンテナはこうもりの羽に似ていることから「バット・ウィング」(bat wing)ともいわれる。
  • TOKYO FM のスーパー・ターンスタイル・アンテナは東西南北に各1枚×6段=計24枚。1枚の高さは約3m。
  • 施工は古河C&B。工事は人目に付かない夜間におこなわれた。塔頂部に登れる技術者は日本に数名しかいない。
  • 双ループ・アンテナは東西南北に各1つ×2段=計8つ。
  • スーパー・ターンスタイル・アンテナは、細い柱に設置できるハイ・パワーなアンテナである。双ループ・アンテナは、電波の指向性の細かい調整に適している。
  • 給電線はWX120Dという同軸ケーブルを4本使用。うち1本は予備。2本はスーパー・ターンスタイル・アンテナへ、2本は双ループ・アンテナへつながっている。

※当ブログ内の関連エントリー:

東京タワー塔頂部アンテナ工事の映像

TOKYO FM 新アンテナからのオンエアー1曲目は、山下達郎「ヘロン」(1998年)だったそうです。

TOKYO FM のPR動画:TOKYO FM 2014

「見えるラジオ」(TOKYO FM)がもうすぐ見えなくなるというので、見てみました。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

杉真理「バカンスはいつも雨(レイン)」(1982年)〜村田和人「一本の音楽」(1983年)

○杉真理「バカンスはいつも雨(レイン)」(1982年)〜村田和人「一本の音楽」(1983年)

 

すばらしい。


村田和人&杉真理スペシャルライブ
(大阪南港ATC海辺のステージ、2012年5月4日)

 

これ以来、毎年、大阪南港ATCでフリー・ライヴをおこなっているようだ。2014年は5月3日(土・祝)。

村田和人&杉真理シーサイドライブ ATC20周年記念セレモニー : 大阪南港ATC

2曲はいずれも、往年のCMソング。

杉真理「バカンスはいつも雨」(1982年)はグリコ セシルチョコレートのCMソング。


グリコ セシルチョコレートTVCM(1982年)
 

村田和人「一本の音楽」(1983年)は、そもそもmaxellからの依頼で作られた曲とのことで、「一本の音楽」という曲名はカセット・テープに由来している。


maxell XL I TVCM(1983年) 

※当ブログ内の関連エントリー:

ボシュロムのテレビCM(1989年、1992年)※石田ひかり、中江有里


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇空間ラブホテル2013『榎田信衛門◎大実況二六七三』(ウェブラジオFMC 月テレ、2013年)

○「劇空間ラブホテル2013」、『榎田信衛門◎大実況二六七三』(ウェブラジオFMC 月テレ、2013年)

 

ラブホテル街を車で流しつつ実況する動画。

このシリーズ、おもしろい。


「劇空間ラブホテル2013」
『榎田信衛門◎大実況二六七三』(ウェブラジオFMC 月テレ)

 新語「ラブ旅籠」(笑)
 

実況って、自分でやってみようとすると結構難しい。

"Web Radio FMC"Web-Site(ウェブラジオFMC公式サイト)

ウェブラジオFMCポッドキャスト支店 : 劇空間ラブホテル実況2003(ダイジェスト版)

榎田信衛門◎大実況二六七三DVD通販サイト


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »