« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

「ポップ・ナウ!」(JFN各局、1985年4月1日〜1998年3月31日、月~木16:00-16:55)

○「ポップ・ナウ!」(JFN各局、1985年4月1日〜1998年3月31日、月~木16:00-16:55)

 

ポップナウ コイケヤ
 

先日映画館に行ったら、売店で売っているポップコーンがこれだった。

ポップナウ コイケヤ
コイケヤ(湖池屋) ポップナウ
 

私がラジオを聴き始めた頃にやっていた「ポップ・ナウ!」(JFN各局、1985年4月1日〜1998年3月31日、月~木16:00-16:55)という番組のことを思い出した。

それだけの話。

パーソナリティーは三浦和人。元・雅夢の人。


雅夢「愛はかげろう」(1980年)
 

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原宿のミニFM局:SORA×NIWA FM HARAJUKU(ミニFM&ウェブラジオ、東京都渋谷区神宮前 3-25-18 THE SHARE 1F)

○原宿のミニFM局:SORA×NIWA FM HARAJUKU(ミニFM&ウェブラジオ、東京都渋谷区神宮前 3-25-18 THE SHARE 1F)

 

SORA×NIWA FM HARAJUKU(東京都渋谷区神宮前 3-25-18 THE SHARE 1F)を見に行った時の写真を公開。2013年の4月頃の撮影。

スタジオの場所は、原宿警察署の向かいあたりの明治通り沿い。竹下通り→裏原方面からだと、原宿通りの端を出たあたり(地図)。

SORA×NIWA HARAJUKU ソラトニワ原宿 ミニFM
SORA×NIWA FM HARAJUKUは、左手のビルの1F
 
SORA×NIWA HARAJUKU ソラトニワ原宿 ミニFM
明治通り側(上の写真の右手)のビルの1F
スピーカーからも音が出ています。
 

マット安川(月14:30-15:30)、ターザン山本(月21:00-22:30)、道端アンジェリカ(水13:00-14:30)、ジェーン・スー(金20:00-22:00)なども出演しているようだ。謎のバンランスだけれど、ヴァアラエティーに富んでいる。

てっきり「SORA×NIWA(ソラトニワ)」がミニFM局の名前だと思い込んでいたのだけれど、ショップやカフェなど、THE SHARE 1Fのスペース全体がSORA×NIWAで、ミニFM局はSORA×NIWA FMということのようだ。

SORA×NIWA HARAJUKU ソラトニワ原宿 ミニFM
原宿通り側のビル1F。この右奥がスタジオ
 
SORA×NIWA HARAJUKU ソラトニワ原宿 ミニFM
右がスタジオ
 
SORA×NIWA HARAJUKU ソラトニワ原宿 ミニFM
生放送の告知
 
SORA×NIWA HARAJUKU ソラトニワ原宿 ミニFM
このときは放送していませんでした。
 

原宿ではネット・ラジオだけでなく、88.8MHzでミニFMの放送もおこなっている。送信機の場所は突き止められなかった。オシャレな場所なので、場違いな男がウロウロしながらキョロキョロしていると気持ち悪がられると思い、怖じ気づいたからだ。

原宿の他に、SORA×NIWA GINZA(松屋銀座屋上)と SORA×NIWA UMEDA(大阪・阪急うめだ本店9F)でもそれぞれ公開放送を行っているが、銀座ではミニFMの電波は出していない模様。梅田については不詳。

※関連リンク:

sora×niwa|ソラトニワ|家を飛び出して、街を、人生を楽しもう

※当ブログ内の関連リンク

SORA × NIWA GINZA ソラトニワ銀座(ウェブラジオ、松屋銀座屋上:東京都中央区銀座3-6-1)

東京のミニFM局リスト


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(89)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(89)

 

2013年3月のつづき:

ボシュロムのテレビCM(1989年、1992年)※石田ひかり、中江有里

「JET STREAM」(TOKYO FM)オープニングの航空無線

「見えるラジオ」(TOKYO FM)がもうすぐ見えなくなるというので、見てみました。

「AVANTI」復活 !? 熊本一の日常会話:「KUMAMOTO Saturday Waiting Bar:TDK」(ネットラジオ、毎週土曜日配信)

InterFM名古屋の試験放送(音源)

東京のミニFM局リスト(暫定版)2014年3月23日改訂

「MUSIC 24/7」(TBSラジオ)の交通&天気予報のBGM

大森一樹[監督]『トットチャンネル』(1987年)をフィルムセンターで観た。

radiko.jp、エリア外聴取の有料解禁へ。月額350円+税:radiko.jpプレミアム、2014年4月1日スタート!

大森一樹監督・斉藤由貴主演・乙羽信子原作・新藤兼人脚本のテレビドラマ『女優時代』(近代映画協会/よみうりテレビ、1988年)をフィルムセンターで観た。

radiko.jpプレミアムに参加しないプレミアムなラジオ局一覧

『ガレキとラジオ』を無料上映:第3回うらやすドキュメンタリー映画祭2014

東京圏民放AMラジオ局2014年春の番組改編

InterFM NAGOYA のタイムテーブル発表(2014年4月〜)

2014年4月:

2014年の「川口桜まつり」(会場:文化放送川口送信所)は4月4日(金)〜6日(日)

祝・InterFM NAGOYA 開局!……でも中日新聞に番組表が載ってないらしい。

自衛官のお給料は? PKO手当1日3〜4万円:「日刊・深夜快速」Vol.1087「火曜版/週刊ミリタリートーク」(ウェブラジオFMC、2014年3月11日)

中日新聞、InterFM NAGOYA 開局記事を掲載、番組表は掲載せず(2014年4月2日)。

アピタ・ピアゴ&サークルKサンクスの時報CMが終ってるね(2013年1月1日5:00〜2014年4月1日4:00)。

InterFM NAGOYA 開局で名古屋に戻って来た元RADIO-iのDJは?


当ブログ内の人気記事


過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(29)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(30)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(31)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(32)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(34)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(35)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(36)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(38)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(39)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(40)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(41)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(42) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(43)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(44)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(45)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(46)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(47)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(48)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(49)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(50)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(51)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(52)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(53)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(54)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(55)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(56)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(57)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(58)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(59)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(60)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (61)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (62)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(63)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(64)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(65)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(66)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(67)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(69)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(70)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(71)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(72)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(73)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(74)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(75)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(76) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(77) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(78)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(79) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(80)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(81)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(82) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(83)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(84)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(85)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(86)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(87)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(88)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな所にコミュニティーFMの周波数(東京都世田谷区)

○こんな所にコミュニティーFMの周波数(東京都世田谷区)

 

世田谷区の街頭にある消火器。ありふれた光景。

世田谷区 消火器 エフエム世田谷 83.4
 

でも、他の区とチョッと違う。

近づいてみると……

世田谷区 消火器 エフエム世田谷 83.4
 

エフエム世田谷の周波数83.4MHzが書かれたステッカーが貼ってある。

世田谷区に行ったらチェックだ!

FM世田谷83.4MHz(エフエムせたがや)

この情報、下のブログで知りました。

災害の時はラジオと思ってもらうためのキカク : ボヤキカク

※当ブログ内の関連エントリー

今年も東日本大震災発生の瞬間のラジオを改めて聴く

東京都内のコミュニティーFM開局準備会リスト(2014年2月11日改訂)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイソン創業者 ジェームズ・ダイソンの哲学:「Make IT 21」(J-WAVE、2014年4月26日(土)21:30-22:10)

○ダイソン創業者 ジェームズ・ダイソンの哲学:「Make IT 21」(J-WAVE、2014年4月26日(土)21:30-22:10

 

家に帰りながらラジオを聴いていたら、ダイソン創業者でチーフ・エンジニアのジェイムズ・ダイソンのインタヴューを放送していた。かなり面白かったです。

4/26のMakeIT21は!Make IT 21 : J-WAVE 81.3 FM RADIO

忘れないうちにメモ。

以下、うろ憶え名言集。正確な引用ではありませんので、あしからず。

* * *

メーカーの経営者はエンジニアでなければならない。

  • 自社の製品を最もよく知っているのはエンジニアである。
  • ダイソンの若き日のヒーローは本田宗一郎と盛田昭夫だった。盛田はアメリカで、エンジニアが経営に参加していないこと、エンジニアには経営ができないと考えられていることに驚いた。

消費者は製品を買うのであって、会社を買うわけではない。

コンサルタントは信じない。アドバイスもしない。

  • 各者各様の問題に対する一般的な解決法は存在しない。
  • 問題を解決できるのは、問題を抱えている本人だけである。

自分のフラストレイションを解決する製品しか作らない。

  • 車イスの開発はやらない。自分には車イス利用者の気持ちがわからないからだ。

イノベーションはラディカル・ジャンプでなければならない。

リスクを取る能力を失ってはならない。

  • 失敗のコストは下がっている。
* * *
James Dyson ジェームズ・ダイソン 逆風野郎

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

InterFM NAGOYA が中日新聞ラジオ欄に載らない理由:「中日新聞のラジオ・テレビ欄に載らなかったInterFM NAGOYA」(TOPPYのくびったけブログ)

○InterFM NAGOYA が中日新聞ラジオ欄に載らない理由:「中日新聞のラジオ・テレビ欄に載らなかったInterFM NAGOYA」(TOPPYのくびったけブログ)

 

この4月から、「名古屋 79.5MHz」に類する検索で、多くの方がこのブログに来て下さっています。

名古屋 79.5MHz」といえば、言わずと知れた  InterFM NAGOYA。2014年4月1日に開局したばかり。

しかし、「言わずと知れた」とは必ずしも言い切れないようで、先日このブログでもご紹介したように、『中日新聞』のラジオ欄に掲載されず、名古屋では「言ってないから知らない」状態。

祝・InterFM NAGOYA 開局!……でも中日新聞に番組表が載ってないらしい。(当ブログ内)

「79.5MHzで何かやってるぞ」と偶然気づいたかたが検索しているのでしょうか?

さて、なぜ InterFM NAGOYA が『中日新聞』のラジオ欄に載らないのか、東海地方の放送事情に詳しい「TOPPYのくびったけブログ」が考察しています。

中日新聞のラジオ・テレビ欄に載らなかったInterFM NAGOYA(TOPPYのくびったけブログ)

記事を要約すると、「『中日新聞』ラジオ・テレビ欄は、中日新聞系列のラジオ・テレビを紹介するページであり、地元局を平等に紹介するページではない」とのこと。同ブログは、その理由を、『中日新聞』各エリア版のレイアウトから推論しています。また、『中日新聞』に広告を載せる載せないとかの仁義も絡んでいるのではないか、とも。

ちなみに、4月21日から、InterFM NAGOYA も小さく掲載されるようになったそうです。

詳しくは、「TOPPYのくびったけブログ」で。

蛇足。

日本の新聞初のラジオ欄は、『讀賣新聞』1925年11月15日付の 「よみうりラヂオ版」。ラジオを敵対視して掲載しなかった他紙に先んじた『讀賣新聞』。「新規購読者は月数千単位で増え、朝日、東日(毎日)は5年半後にラヂオ版を発行した」とのこと。要は、ビジネスチャンスの匂いを嗅ぎ取って先手を打ったってことですね。

なぜ読売新聞が選ばれるのか? |滋賀県読売会YCネット

ちなみに、『讀賣新聞』初代社長・子安峻は岐阜出身。

※当ブログ内の関連エントリー:

祝・InterFM NAGOYA 開局!……でも中日新聞に番組表が載ってないらしい。

InterFM名古屋局、2014年4月開局・周波数79.5MHz・送信所は東山タワー・試験放送2014年2月頃開始予定:東海総合通信局報道資料(2013年10月25日)

岐阜エフエムが自主再建を断念、新会社に放送事業譲渡へ。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

永六輔、土曜の朝から外山惠理アナに裸割烹着をリクエスト:「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」(TBSラジオ、2014年4月19日(土)8:30-13:00)

○永六輔、土曜の朝から外山惠理アナに裸割烹着をリクエスト:「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」(TBSラジオ、2014年4月19日(土)8:30-13:00)

 

「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」(TBSラジオ、2014年4月19日(土)8:30-13:00)、お題投稿コーナー「びっくり箱」のテーマは「割烹着のおもひで」。

この日は、アシスタントの外山惠理アナが割烹着を持参。後で着るという話になった。

すると、永六輔が出し抜けに「素肌に付けてほしい」と、外山アナに裸エプロンならぬ裸割烹着を要求。

外山アナはいつもの調子でケラケラ笑いつつ、「朝からそんなこと言って、お元気で」的な発言で、いい感じにあしらっていた。

しかし、外山アナは、直後の原稿を読むパートでそのことを想い出したらしく、終始ほのかに半笑い気味でありました。

続けてメールの宛先などを紹介するはぶ三太郎も、同じく半笑い気味。

男性リスナーからのメールも、裸割烹着に異常な食い付きぶりを見せていました。

年末、「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ、日13:00-17:00)「TBSラジオ珍プレー好プレー大賞」で、きっとまた聴けることでしょう。

土曜の朝からオスの片鱗をあらわにした、81歳の永さんでありました。

お元気そうでなによりです。

※当ブログ内の関連エントリー:

「金太の大冒険」フル・コーラス完奏:「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」(TBSラジオ、2014年4月12日(土)8:30-13:00)


当ブログ内の人気記事


Google
2014420

| | コメント (1) | トラックバック (0)

伊集院光 課金機能付きクリエイター向けSNS「note」のすゝめ:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月21日(月)25:00-27:00)

○伊集院光 課金機能付きクリエイター向けSNS「note」のすゝめ:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月21日(月)25:00-27:00)

 

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月21日(月)25:00-27:00)で、伊集院がクリエイター向けSNS「note」を紹介していた。(引用のあとに、内容のまとめあり。)

伊集院光 「note」っていうね、こういうデータ[『おくのほそ道』の歌枕でつくったダジャレのメモ]を100円で閲覧してもらうみたいなのを、最近、サイトを見っけたんで、こういうところで出しつつ、もし続くようだったら、なんかちょっと形にしたいなみたいなこと思ってんだけど。

CMをはさんで、

伊集院光 Twitter+ものを売る機能が付いてて、その「note」に登録して他の人の「note」をフォローするみたいのは、Twitterと変んないんだけど、データの売り買いみたいのをしましょうみたいな。まぁ、同人誌的、ソフトも歌も、そういうものの売り買いを活発にしましょうみたいな。ある意味、フリーマーケットみたいな。

で、今までネットを通じて何か自分の作品を売ろうと思うとスゲぇ敷居が高かったのが、買うほうはとりあえずクレジットカードを一応登録すると、もう、1個100円とか、1番高く値段付けて1個1万円かな、でいて、漫画家さんが漫画書いたりとかしてんだけど、それが読めると。

で、売るほうは、銀行口座を登録して、ほいで、自分の文章を、無料公開有料公開あるんだけど、普通のブログみたいに無料公開もできる。有料公開にする場合は、「こっから先はいくら」とか決められんのよ。「こっから先を読むのは100円」みたいのを決められて、ほいで、手数料は20%ぐらい取るっつったかな。でも、20%とかっていうのは、15%か20%かぐらいだと思うんですけど(註)、わりとすごく優良なんだよね。

註 手数料(プラットフォーム利用料)に関するnote利用規約は以下の通り:

5.代金およびnote利用料率

  • デジタルコンテンツの販売価格及びファンクラブの月額会費(以下併せて「代金」という。なお、消費税相当額を含む。)はユーザーからPOCの所定口座に振 り込まれます。POCは、クリエイターから支払いの申請があった場合、代金から決済手数料、プラットフォーム利用料、および金融機関の振込手数料を差し引 いた残額(以下「支払金額」という。)をクリエイターにお支払いします。
  • プラットフォーム利用料は、代金から決済手数料を控除した金額に10%を乗じた金額になります。

伊集院光 だから今、文章を書いて身を立てたいけどどうしていいかわからないような人とか、「同人誌書いてるけど発表の場が……」みたいな人とかは、そこでとりあえず100円で発表して、で、買ってもらえるか買ってもらえないかみたいなことの、ハードルはすごい低いんで、ちょっとおもしろいなと思って。

で、ただ問題は「千住ラ・アキ」までは無料で出しますよ、僕も。この先100円って言われて誰が金を払うかっていうと、これはあると思うんですけど。

でもね、チョッと思ったのは、とりあえず動いてみるっていうおもしろさはあると思ったの。

まとめ

  • noteは、文章・画像・音楽などのデジタル・コンテンツを発表、閲覧できるSNS。
  • 課金機能付きで、有料または無料でコンテンツを発表・閲覧できる。
  • 有料コンテンツの決済は、発表者は銀行口座で、閲覧者はクレジットカードでおこなう。
  • 代金は1件あたり100円〜10,000円のあいだで設定できる。
  • プラットフォーム利用料(手数料)は10%。(「代金から決済手数料を控除した金額に10%を乗じた金額」)。

note ――つくる、つながる、とどける。

note SNS

※当ブログ内の関連エントリー:

伊集院光が分析する中高生のラジオ離れ:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月14日(月)25:00-27:00)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京タワー塔頂部アンテナ工事の映像

○東京タワー塔頂部アンテナ工事の映像

 


感動!東京タワー塔頂部工事 Repairing the Tokyo Tower
 

東京タワー塔頂部でのアンテナ取り付け工事の様子。微速度映像。

TOKYO FM の新アンテナ工事だと思われます。この部分には元もと、地上アナログテレビのNHK総合テレビおよび教育テレビのアンテナが設置されていました。

取り付けているのは「スーパー・ターンスタイル・アンテナ」(super turnstile antenna)と呼ばれる種類のアンテナ。「STアンテナ」とも呼ばれる。

「ターンスタイル」(turnstile)とは回転扉のこと。形状が似ていることに由来する。"turn style" ではない。日本語版Wikipedia、間違ってるぞ(2014年4月20日現在)。形状がコウモリの羽にも似ていることから、「バットウィング・アンテナ」(batwing antenna)とも言う。

純粋におもしろい映像。

そして、300mを超える高所での作業、ご苦労様です。

※当ブログ内の関連エントリー:

TOKYO FM から新アンテナ記念の期間限定特製ベリカードが届いたよ。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOKYO FM のPR動画:TOKYO FM 2014

○TOKYO FM のPR動画:TOKYO FM 2014

 

先日、ABCラジオのPR動画をご紹介したけれど、TOKYO FM のウェブサイトにもPR動画が公開されていた。

TOKYO FM 80.0MHz - 80.Love FM RADIO STATION(公式サイト)


TOKYO FM 2014
 

ラジオのある日常と、若い人がスマホで聴くシーンを大きくフィーチャーしているのはABCラジオと同じだけれど、AMとFMだとこんなに雰囲気が変わるのか。

ABCラジオのほうはストーリー重視、TOKYO FM はイメージ重視という感じ。

おしゃれで、よく出来ているけれど、ポップすぎて自分に関係がある感じがしないのが残念……もちろん、残念なのはオレのほうですけどね。

あの世界観にピンとくる人がリスナーなのかな。

※当ブログ内の関連エントリー:

ABCラジオのPR動画:新生活にラジオをプラス!「+Radio」(2014年春)

「見えるラジオ」(TOKYO FM)がもうすぐ見えなくなるというので、見てみました。

TOKYO FM から新アンテナ記念の期間限定特製ベリカードが届いたよ。

radiko.jp、エリア外聴取の有料解禁へ。月額350円(税別):radiko.jpプレミアム、2014年4月1日スタート!

無料の録音・編集ソフト Audacity で radiko をタイマー録音しよう。

Macに初めから入っている音楽制作ソフト GarageBand で radiko を録音しよう。

radiko.jpプレミアムに参加しないプレミアムなラジオ局一覧


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ABCラジオのPR動画:新生活にラジオをプラス!「+Radio」(2014年春)

○ABCラジオのPR動画:新生活にラジオをプラス!「+Radio」(2014年春)

 

radiko.jpプレミアムも始まったことなので、面白そうな番組はないかと参加各局のウェブサイトを渉猟していると、ABCラジオのサイトに「+Radio」というタイトルの動画が公開されていた。

abc1008.com | ABC Radio 2014SPRING —新しいABCラジオを「+Radio」—

中学生か高校生の女子の、ラジオのある日常生活を描写したミニ・ドラマ。


1008kHz ABCラジオ 「+Radio」
 

【朝】【ランチ】【夕暮れ】【深夜】【星に…】の5編。主演は鎮西寿々歌。「天才テレビくん」(NHK教育テレビ)のテレビ戦士だった人とのこと。

【朝】編で、慌ただしく家を出て、玄関先でスマホのradiko.jpのアイコンをタップすると道上洋三。時間的にはそうなるんでしょうけど、なかなかシブい女子だなと、ちょっと笑ってしまった。

【夕暮れ】編の電柱広告に「開進館」とあるので、ロケ地は兵庫県なのだろうか?

【深夜】編を観て、スマホでラジオを聴く日常はこういう雰囲気になるのかと思ったり。

※当ブログ内の関連エントリー:

伊集院光が分析する中高生のラジオ離れ:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月14日(月)25:00-27:00)

radiko.jp、エリア外聴取の有料解禁へ。月額350円(税別):radiko.jpプレミアム、2014年4月1日スタート!

無料の録音・編集ソフト Audacity で radiko をタイマー録音しよう。
Macに初めから入っている音楽制作ソフト GarageBand で radiko を録音しよう。

radiko.jpプレミアムに参加しないプレミアムなラジオ局一覧


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ラジオな一曲(54):The Honeydrippers, "Sea of Love" (1984)

○ラジオな一曲(54):The Honeydrippers, "Sea of Love" (1984)

 


The Honeydrippers, "Sea of Love" (1984)

 

ラジオと関係のある内容の歌ではないのだけれど、上のミュージック・ヴィデオの00:20あたりで女の人が手に持って聴いている6石スーパーっぽいラジオが水に濡れないか心配だ。

The Honeydrippers は。Led Zeppelin のロバート・プラント(Robert Plant)が1981年に結成したロック・バンド。

発表したレコードは The Honeydrippers: Volume One (1984) のみ。50年代のR&Bのカヴァー。個人的に、最近、ロックン・ロール以前、60年代以前のポップスに興味があるので、このアルバムきっかけで聴いてみた曲もいくつかある。

このEPには、ジミー・ペイジ(Jimmy Page)、ジェフ・ベック(Jeff Beck)、ナイル・ロジャース(Nile Rogers)が参加している。ブライアン・セッツァー(Brian Setzer)もゲスト参加。


Phil Phillips, "Sea of Love" (1959)
※"Sea of Love" のオリジナル。いい声だなぁ。
 

「又紀仁美 あなたを聴かせて」(TOKYO FM)のジングルでした

The Honeydrippers の "Sea of Love" のイントロのストリングスの部分は、「又紀仁美 あなたを聴かせて」(TOKYO FM)というラジオ番組のジングルとして使われていた。なぜかとても強く記憶に残っている。憶えている人いるかな? 1994年ごろ、日曜深夜だったと思う。のちに「又紀仁美のユウキ100%」というタイトルに変わり、ジングルも変ったと思う。

又紀仁美(円谷一美)が円谷英二の孫だと知ったのは、ずっと後になってから。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カセット・テープ型 Flash mp3プレイヤー(実験中)

○カセット・テープ型 Flash mp3プレイヤー(実験中)

 

うまく再生されてます?

ネットで見つけたカセット・テープ型 Flash mp3プレイヤー。オープン・ソースです。

詳細はいずれ。もうちょっと勉強してから。

※当ブログ内の関連リンク:

寺沢大介「修理(なおし)もん研究室」第10話 ラジカセの修理もん(前編)、『ビッグコミックオリジナル』2010年4月5日号(小学館)

2012年はカセットテープ50周年だそうです。

カセットテープ紹介サイト tapedeck.org

カセットテープずき必見のPV:Bruno Mars, "Just the Way You Are" (2010)

ラジオな一曲(50):Coleman Hawkins, "Un Abraco No Bonfa (An Embrace to Bonfa)" (1962) ※「AVANTI」(TOKYO FM)のジングル。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊集院光が分析する中高生のラジオ離れ:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月14日(月)25:00-27:00)

○伊集院光が分析する中高生のラジオ離れ:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月14日(月)25:00-27:00)

 

伊集院光「オレ、聴取率正しいなんて思ってもないけど」

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月14日(月)25:00-27:00)オープニング・トーク後半で、伊集院光が聴取率について語った。聴取率については、やや虚無的な考えのようだ。

伊集院光 ラジオの聴取率とかってさぁ、そらぁオレたち必死こきますよ。

聴取率を信じてる人がいて、ね——オレ、聴取率正しいなんて思ってもないけど——信じてる人がいて、その数字がなんであろうと高いと、こんな馬鹿みたいなな話もしていいんでしょ? ね、ね、ね(笑)。その、していいってことのために、嘘でもいいから上がっときゃいいじゃんって思ったりすんだけど、なんかたぶん、聴取率よりもスゲぇこととか出てきそうだったり。

引き続き、聴取率調査週間に特別企画をやらなくなった理由について、

伊集院光 もっというと、よく聴取率調査週間みたいときに、すごく特別なプレゼントを出したりとか、特別な企画をやるじゃん。オレはチョッとこの10年以上それに対して懐疑的で、「ホントにそうか?」ってちょっと思ってるのね。一生懸命やった時期もあんだけど、ホントにそうなのかっていう。

「いつもと違うのやんなら、今日はチョッと違うとこ聴いてみよう」ってなる、なんない、みたいな。

そういえば、以前は、聴取率調査週間のときには若手芸人を集めて色いろな企画をやっていたけれど、さいきんはパッタリやっていないね。

聴取率調査週間のプレゼント攻勢や、特別企画や特別ゲストで普段の番組と様子が変ってしまうことについては賛否両論あると思うけれど、個人的にはふだん通りの放送のほうが好きだ。と言いつつも「深夜の馬鹿力」については、昔のような企画も懐しい気もする。

ラジオ離れ・テレビ離れは本当か?

続いて、巷間言われる若者のラジオ離れの話に話題が移った。

伊集院光 今聴いてる人に高校生っている? 高校生、どれぐらい?

自分たちのときは、よく言うんだけどさ、昔と違って今、ラジオは下火だって話になりがちなんだけど、オレの頃も充分下火だったんだよね。

で、ましてや、オレが中学校のときに、たけしさんのオールナイトがチョッとまぁ聴かれて、高校生から二十歳ぐらいのときは、とんねるずさんのオールナイトに関しては、チョッとラジオの中では特殊、チョッと特殊な感じだったけど、それ以外のいわゆるヒラでラジオってことに関しては、「それほどか……?」って。「ラジオ聴いてるよ」ってことに関しては「珍しいね」っていう感じだったから。

今もそれはキープなのかね?

クラスでたけしさんのオールナイト[……]中3のとき、生で聴いてる人はたぶん2人とかだったと思うのね。下手したら3人。

で、そいつがカセットに録ったりとかすると、「それ、聴かして」って奴がガ〜ッて増えるから、そうするとその、かなり浸透率は高くなってきて、で、そんなかのワン・コーナーだけ知ってるみたいな人とかも、まぁ出てくると。

つづいて、テレビ離れの話に:

[……]テレビの視聴率とかの、テレビ離れみたいな話で言うとね、オレ今46でさぁ、46だと、うちの親父、オレが高校生の時のうちの親父が——オレ30歳のときの子だから——46なんだ。で、観てないんだよテレビなんか、当然。観てなくて。もっと言うと、うちの親父がニュース以外のテレビを一生懸命観てる様子なんて、オレが物心付いたときから1回もないよ。

オレが……物心付いたのがその直前の15ぐらいだと思うんだけど(笑)、15ぐらいんとき、つかまり立ちが15だったかな? だけど、その……オレが6歳ぐらいんとき親父が36でも、もうその時点で親父が愉しみにしてるテレビなんてなかったと思うんだよね。

で、そう考えると、オレの中で、オレの周りで、「最近、テレビ観てる?」って言って、「観てない」って返ってきたとしても、それはテレビがつまんなくなったとか、テレビを観てる人が減ったってこととチョッと違うと思うんだよね。

テレビ離れが最近頻繁にささやかれるようになった原因を伊集院は次のように分析した:

伊集院光 で、確実に数字は減ってくるじゃん、確実に今たぶん数字は減ってるけど、局が増えたことが1個ね。1個と、人口比率として、おそらく子供も減ってるし、テレビを観る暇がある人が減ってる感じが——余裕があるってのは変だけど——減ってる気がするから、こんなもんかっていう。

そうすると、子ども社会の中でとか、テレビのメイン・ターゲットの年齢の人の中でそれほどテレビの存在価値って変ってないのかどうなのか、みたいな。

だから、高校生ぐらいの人は、テレビの話題を知ってるの、知ってないの? もしこの高校生ぐらいの人が、中学校・高校生が全くテレビに興味なくて、テレビの話題なんかしてませんよって言うんだったら、これはオレの考え方を根本から変えなきゃいけなくて、もうテレビっていう文化が終ってるってことなんだけど。

なんか、ちゃんとした大人の人同士がみんなで話して、「最近は面白いテレビがなくなったよね」って話をしてるときに、それをチョッと鵜呑みにできないんだよね。「昔っから大人同士の話ん中で、テレビって面白かったの?」って言うと、別に面白くなかったんじゃねぇかなって、チョッと思っちゃうんだよ。

テレビが出てきて、すげぇドカンって来たときは別よ。だけど、そんな気がすんだよね。

チャンネル数の増加、少子化などによるテレビのメイン・ターゲットの減少によって、テレビ離れが進んでいるように見えるのではないか、というのが伊集院の仮説。

その後、中高生からのメールを呼び込んだところ、意外と多くのメールが寄せられていた模様。

伊集院光 けっこう、その、高校生以下のリスナーの人からのメールもらいましたけど、なんかホッとする——「ホッとする」かな?——ホッとするやら。

やっぱ変んないね、オレらの頃と。

ただ、1個思ったのは、なんで聴き始めたのかなって思ったときに、兄弟の影響ってけっこうデカかったけど。兄貴がラジオ愉しそうに聴いてるからオレもみたいなことが、オレも、エンドウ君もそうだったから、そうすっと、少子化みたいのはチョッとキツいのかね。なんかその、兄貴の聴いてるものをオレもみたいな。

あと、なんかその、ラジオ聴いてるっていうのが、なんかオレからしてみたらさぁ、恥ずかしいことしてるとは思わないけど、よく判んないけど、ラジオ聴いてるって友だちに言うのがチョッと恥ずかしい感じも解るのと、その代わり、なんかの拍子に「え、お前も聴いてんの?」のときの、なんか熱さみたいのも、解らなくはないよねぇ。

まぁ、あとは、きっかけが友だちって人もいたりとかすると、捨てたもんじゃねぇなって、まぁ、思ったりはしますね。

あとは、女子高生はチョッとおもしろいわ。女子高生とかどんな顔して聴いてるんだろ? 46のおじさんの生理痛の話をどんな感じで聴いてんのかっていうのは、チョッとおもしろいよね。明らかに、男子のなかでの「あ、オレだけだろうな、伊集院のラジなんか聴いてんのは」の何10倍も、女子の中での伊集院のラジオ聴いてるの少なさって、すごそうだよな。

ちゃんとカムフラージュしてんのかな? ちゃんと伊集院のラジオ聴いてるにも関わらず、やっぱ嵐好きだってことにはなってるのかな? なんか、そのへんとか興味ありますけどね。懲りずに、懲りずにですね。

クラス、いま40人ぐらい? 40人弱ぐらい? 1人聴いてたら充分です。

全体を通して、聴取者・視聴者に関する量的な側面と質的な側面が混交しているところもあったけれど、興味深い話ではありました。

以下、蛇足の想い出話。

私は長男なので兄経由でラジオの面白さを知ることはなかったけれど、思い返してみると、小学校高学年ぐらいのときに、友だちのイトカワ君から教わったのがきっかけだったと思う。イトカワ君のお兄さんはそれほど熱心なラジオ・リスナーではなく、お兄さんの友だちから教わったようだ。

その後、私の周りに熱心なラジオ・リスナーはおらず、高校の部活で一緒になったエザキ君が、地元の夜ワイド番組の常連ハガキ職人だった。エザキ君が職人だということは他の友だちから聞いたので、その友だちもリスナーだったってことだよなぁ。そういう中高生向けローカル夜ワイド番組の多くは、「オールナイトニッポン」枠の拡大で駆逐されていった。

あるとき教室で、同じクラスの女子のキハラさんが何かの拍子に「コーラ!、ファンタ何言ってんの」というダジャレを口走ったことがあり、「あぁ、キハラさんも昨日、嘉門達夫のラジオ聴いたんだな」と思ったことを想い出した。

実はみんな、聴いてないようで聴いていたのかもしれない。

今もそうなのかな?

※当ブログ内の関連エントリー:

若者のラジオ離れに関する良いニュースと悪いニュース

ラジオ女子、聴取率を牽引 中学生、テレビやネットじゃ物足りない?(MSN産経ニュース、2010年1月2日(土))

「テレビと違って毒舌で『〜じゃないの?』って。すごくいい」 ラジオ女子の実態(MSN産経ニュース、2010年1月2日)

女子高生は「AMラジオ、全く聴かない」とハッキリ言った:「QIC」第799回(ウェブラジオFMC、2012年2月12日放送分)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (1)

電子工作×女子大生のマンガが始まったぞ:西餅「ハルロック」(『週刊モーニング』講談社、2014年19号(4月10日号)〜)

○電子工作×女子大生のマンガが始まったぞ:西餅「ハルロック」(『週刊モーニング』講談社、2014年19号(4月10日号)〜)

 

電子工作×女子大生のマンガが始まった。西餅の「ハルロック」

『週刊モーニング』(講談社)2014年19号(4月10日号)から巻頭カラーで連載開始。読み切りからの連載化。

週刊モーニング 2014年19号 4月10日号
西餅 ハルロック 週刊モーニング 2014年19号 4月10日号

 

幼い頃に、仕組みを知りたくて電化製品を分解して親を困らせていた少女が、高校の正課クラブでパソコン部の抽選に漏れて電気部に入部。不人気クラブのため部員もおらず、担当の教師と碁を打って過ごしていたが、PICマイコンを使ったタイマーを初めて作ったことをきっかけに電子工作に開眼。大学生になり、ロボットを作っている小学生と秋葉原で出会うところまでが第1話(表記は「1Ω」)。

生まれて初めて作ったタイマーに手を加えて寿命をカウントダウンするタイマーにしたりと、ギャグ漫画だが、第1話でオームの法則をちゃんとおさらいするあたり、おさえるところはちゃんとおさえている。

私のような文系のラジオずきにとっては、勉強にもなりそう。

ツボだったところをチョビっと引用:

西餅 ハルロック 週刊モーニング 2014年19号 4月10日号
「電子工作において『作るまでもない』は禁句な」
 

次回も愉しみ。

【5号連続新連載攻勢ラスト!】 電子工作ラブな女子大生・はるちゃん再び。『犬神もっこす』の西餅が贈る『ハルロック』、読み切り大好評につき新連載スタート! - モーニング公式サイト - モアイ
※読み切りの回を試し読み出来るよ。

※当ブログ内の関連エントリー:

お恥ずかしながら、回路図の記号が変っていたことに、つい先ほど気づきました。

ガイガー・カウンターは意外と簡単に作れるらしい:「手作りセンサーで、放射線をキャッチしよう」(日本ガイシ:NGKサイエンスサイト、1999年2月号)

寺沢大介「修理(なおし)もん研究室」第10話 ラジカセの修理もん(前編)、『ビッグコミックオリジナル』2010年4月5日号(小学館)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「金太の大冒険」フル・コーラス完奏:「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」(TBSラジオ、2014年4月12日(土)8:30-13:00)

○「金太の大冒険」フル・コーラス完奏:「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」(TBSラジオ、2014年4月12日(土)8:30-13:00)

※若干の加筆。(2014年4月14日)

 

「金太の大冒険」フル・コーラス完奏

土曜の朝から「金太の大冒険」が関東一円に鳴り響くというすばらしい事件が起きた。しかも、フル・コーラス完奏。

「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」(TBSラジオ、2014年4月12日(土)8:30-13:00)のゲスト・コーナー「六輔交友録」のコーナーにつボイノリオ大先生が出演した際のひとコマ。

永六輔・外山惠理アナのご両人がつボイ先生といっしょにスタジオで聴いているのかと想像すると、おかしくて、もう。


つボイノリオ「金太の大冒険」(1975年)
 

ちなみに、「金太の大冒険」の尺八バージョンも放送された。2013年9月27日を以って「休止」した「永六輔の誰かとどこかで」の意志を受け継ぎ、「つボイノリオの聞けば聞くほど」(CBCラジオ、月〜金9:00-11:55)内で放送している「つボイノリオの誰かとどこまで」の主題歌だ。


「つボイノリオの誰かとどこまで」

「つボイノリオの誰かとどこまで」のコーナーテーマ、『金太の大冒険』の"尺八バージョン"着うた®配信中! (hicbc.com:聞けば聞くほど information)

番組内で、つボイ先生は、東京に来た際に「土曜ワイド」を聴くのが愉しみなので出演を断ってきたと語っていた。「つボイ楽耳王」(ネットラジオ)収録のため、度たび東京には来ているとのこと。

私の記憶では、前回の「土曜ワイド」出演は12年前で、2002年5月12日の「乙女探検隊~関東新地図」のコーナーだったと思う。東京時代に住んでいたという中野の街をTBS954情報キャスターとともに散策。中野ブロードウェイや、かつて住んでいたアパートなどを訪ねていた。

既にご存知の方も多いかもしれないけれど、かつて永さんが「聞けば聞くほど」に初出演した際、「誰かとどこかで」の放送時間が近づいても「オレがせっかくここにいるんだから流さなくていい」「桃屋にはオレが言っておく」とかなんとか言って話し続けてコーナーを飛ばし、スタジオに営業や編成の人が殺到、CBCラジオが大騒ぎになった話なども披露していた。

当の永さんは「そういうことが出来る空気がスタジオにあったの」と泰然自若で、つボイ先生からは「いや、無理矢理だったんですよ」、外山アナからは「ホントはダメですよねぇ」とつっこまれていた。しかし後に、スポンサーの桃屋からは、番組にプレゼント用の商品が大量に届いたという、太っ腹な話でありました。

radiko.jpプレミアムも捨てたもんじゃないなぁ

番組内で読まれたメールの中には、CBCラジオのリスナーからの投稿も多数あったようで、つボイ先生の勇姿をradiko.jpプレミアムでリアル・タイムで聴いている人も多かった模様。

radiko.jpプレミアムも捨てたもんじゃないなぁ。

ちなみに、ラジオ・ネーム「ウルトラマンコメタロウ」が、「コメタロウ」に改められていたとのこと。つボイ先生が「TBSらしい」と指摘しておりました。

音源を発見。


「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」
ゲスト:つボイノリオ
(TBSラジオ、2014年4月12日(土)8:30-13:00)

 

※当ブログ内の関連エントリー:

「永六輔の誰かとどこかで」(TBSラジオ)を、つボイノリオが継承しているらしい:「つボイノリオの誰かとどこまで」(CBCラジオ)

恋するフォーチュンクッキー CBCラジオ Ver.

「笑っていいとも!」に出られなかった話:「つボイノリオの聞けば聞くほど」(CBCラジオ、2013年10月23日(水)9:00-11:40)

つボイノリオ「名古屋はええよ!やっとかめ」(1985年)

ラジオワールド「午前4時、微糖の缶コーヒー。男40代、父子家庭、職業はトラックドライバー」(TBSラジオ、2009年03月14日(土)20:00-21:00)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

90秒でたどる録音音楽100年史:Music Ramains: A Recorded Music Rube Goldberg Machine

○90秒でたどる録音音楽100年史:Music Ramains: A Recorded Music Rube Goldberg Machine (A history of recorded music in 90 seconds)

 

90秒でたどる録音音楽100年史。


Music Ramains:
A Recorded Music Rube Goldberg Machine

 

収録がおこなわれた場所はアビー・ロード・スタジオ。

視覚的には、ピタゴラスイッチ的な仕掛け(Rube Goldberg Machine)で音楽の記録媒体の歴史をたどりつつ、聴覚的には、ラッパーの Pepstar が以下のトラックにリリックを乗せる。

1910s The Oceanna Roll – Arthur Collins

1930s Sing Sing Sing – Benny Goodman

1950s Dream Lover – Bobby Darrin

1960s My Generation – The Who

1970s Dancing Queen - ABBA

1980s Walk This Way - Run D.M.C.

1990s Yellow - Coldplay

Early 2000s Hey Ya! - OutKast

Late 2000s Umbrella - Rihanna

2010s Get Lucky - Daft Punk

記録媒体は変っても、音楽だけは変らず鳴り続ける。

Let me just say this.
Look at you, you're still beaming
No CDs but you're still streaming
Years have passed, and nothing's the same but
You're the one thing that always remains
Music.

Music Remains(公式サイト、英語)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TBSが運営するクラシック専門局 OTTAVA、2014年6月末で休止へ。

○TBSが運営するクラシック専門局 OTTAVA、2014年6月末で休止へ。

 

TBSが運営する「コンテンポラリー・クラシック・ステーション OTTAVA」が2014年6月末で休止すると発表された。

休止の理由は次の通り:

2007年4月、OTTAVAは、日本初のコンテンポラリー・クラシック・ステーションを標榜し、デジタルラジオの実用化試験放送として開局。同時に、インターネットでの配信も開始しました。

その後、ラジオ業界は、デジタルラジオ本放送開始に向けて努力してまいりましたが、方向性がまとまらず、昨年、業界全体でのデジタルラジオ参入を断念いたしました。その結果、アナログからデジタルへと、音声メディアの将来像を描いていたTBSグループとしても、OTTAVAを含むデジタルラジオに向けた取り組みを見直すことになりました。


 

OTTAVA 休止のお知らせ(OTTAVA News | OTTAVA by TBS)

デジタルラジオの実用化試験放送は2011年3月31日に終了しているが、インターネット・ラジオによる配信は続いていた。

OTTAVAの一部の番組は地上派でも時差放送されていた時期がある。

  • 「OTTAVA amoroso」InterFM 2008年7月〜2009年3月31日 金24:00-27:30
  • 「OTTAVA con brio」TBSラジオ 2008年9月29日〜2010年4月2日 月〜金27:00-28:00

TBSラジオではJUNKの終了後に放送が始まることから、伊集院光が度たびネタにし、「デブとドブスがコンブリオ」という投稿コーナーも生まれた。


デブとドブスがコンブリオ
月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、月25:00-27:00)内

オープニング・テーマは、ジョスカン・デ・プレ(Josquin Des Prez)「心惹くこの形見の衣よ(Dulces exuviae)」
 

OTTAVA同様に、在京ラジオ局がデジタルラジオの実用化試験放送の一環として開局した独自編成チャンネルとして、ニッポン放送のラブソング専門局・Suono Dolce、文化放送のアニラジ専門局・超!A&G+がある。いずれもインターネットでの配信を継続中。

インターネットラジオ | OTTAVA by TBS

インターネットラジオ|Suono Dolce(スォーノ・ドルチェ)丸の内からラブソング

超!A&G+を視聴するには? | 超!A&G | AM1134kHz 文化放送 JOQR


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

InterFM NAGOYA 瑞穂スタジオのモニタースピーカー

○InterFM NAGOYA 瑞穂スタジオのモニタースピーカー

 

InterFM NAGOYA のスタジオは名古屋市瑞穂区にあるわけですが……。

スタジオの外のモニター・スピーカーはInterFMカラー。

FOSTEX PA-2 LG のようです。型番末尾の「LG」はライム・グリーン。

FOSTEX PA-2 LG
FOSTEX PA-2 LG
 

色はこの他に、ベージュ(BG)ライトブルー(LB)レモンイエロー(LY)ピンク(PK)、全5種類あるらしいです。

おシャレ。

※当ブログ内の関連リンク

 InterFM名古屋局、スタジオは瑞穂区(総務省電波監理審議会会長会見用資料より)

InterFM名古屋局、2014年4月開局・周波数79.5MHz・送信所は東山タワー・試験放送2014年2月頃開始予定:東海総合通信局報道資料(2013年10月25日)

祝・InterFM NAGOYA 開局!……でも中日新聞に番組表が載ってないらしい。

[動画]The Real Music Station / InterFM


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本統治下台湾の甲子園球児:「伊集院光 日曜日の秘密基地」ご長寿の穴スペシャル(TBSラジオ、2006年4月23日(日)13:00-17:00)

○日本統治下台湾の甲子園球児:「伊集院光 日曜日の秘密基地」ご長寿の穴スペシャル(TBSラジオ、2006年4月23日(日)13:00-17:00)

 

映画『KANO』(2014年)が台湾で大ヒット中

噂に聞いていた映画『KANO』(2014年)が台湾で公開され、大ヒットしているらしい。


マー・ジーシアン[監督]『KANO』(2014年)予告編
 

植民地時代の台湾、嘉義農林学校の弱小野球部の日本人・漢人・原住民混成チームが、わずか1年で甲子園出場を果たし準優勝するという、実話に基づいた青春映画。

『海角七号 君想う、国境の南』海角七號(2008年)『セデック・バレ』賽德克・巴萊(2011年)のウェイ・ダーション(魏徳聖)監督がプロデューサーを、『セデック・バレ』に俳優として出演していたマー・ジーシアン(馬志翔)が監督を務めている。

台湾総督府の利水技師・八田與一役で大沢たかおも特別出演。ちなみに、『JIN—仁—』(TBSテレビ)は台湾でも大変な人気のようだ。

また、文化放送の斉藤一美アナが、台湾全島大会の実況アナウンサー役を担当。

2015年、日本公開予定。早く観たいなぁ。

KANO 日本語版 | Facebook

「嘉義農林」というと……

東京近郊のラジオずきなかたのなかには、「嘉義農林」という校名に聞き憶えのあるかたも多いだろう。

「伊集院光 日曜日の秘密基地」(TBSラジオ、2006年4月23日(日)13:00-17:00)の企画「ご長寿の穴スペシャル」のなかの「幻の甲子園と憧れの洪太山選手」というエピソードに「嘉義農林」が登場した。


幻の甲子園と憧れの洪太山選手
「伊集院光 日曜日の秘密基地」ご長寿の穴スペシャル
(TBSラジオ、2006年4月23日(日)13:00-17:00)

 

ご長寿の方の依頼に番組が調査して答えるという企画で、植民地時代の台湾で台北工業中等学校の選手だった今野忠雄さん(当時81歳)が、ライバル校である嘉義農林学校の3番キャッチャーだった洪太山選手の美しいバッティング・フォームが忘れられず、洪選手が元気なら、当時の思い出話をしたいという依頼内容。

とてもいい話で印象に残っていて、映画『KANO』をきっかけに聴き直した。

当時、台湾でもニュースになったとのこと。

暌違60年 台日球友灑淚重逢(自由電子報-生活新聞、北京語)
※「60年ぶり、台日の球友が涙の再会」

まずは黙ってスクリーンに映るものを観よ

映画『KANO』に引っ掛けて、「日本は植民地主義で良いこともした」とか「この映画は親日映画だ」とか言い出す人もきっと出てくると思うけれど、監督はそのような意図を否定している。

マー監督は大阪でのインタビューで「日本の美化」をきっぱり否定した。「『KANO』は野球の映画。異なる民族の少年たちが一緒に夢を追ったことは、まぎれもない歴史の真実だ」と強調。「日本の植民地時代は悪いこともあった。しかし、人間にはいい面、悪い面、裏表もある。善人にも欠点が、悪人にも長所がある。誰かを愛していても、どこかに憎しみもある。人生は矛盾に満ちている。だからこそ素晴らしいと思いませんか」と語った。作品や台湾を「親日」「反日」などと単純化する行為は、意味のないことなのだ。

台湾の高校が甲子園で奮闘する映画に、日本でもスタンディングオベーション : 21世紀的亜細亜電影事情 - 映画.com

「親日/反日」のレッテル貼りに夢中で、スクリーンに映っているものを観ようとしないと、無様なことになるからくれぐれもご注意を。


「ニュースの読み方」台湾映画『海角七号』について
(チャンネル桜、2009年4月4日)

西村幸祐「これは今の台湾、国民党政権のもとでの台湾人の、日本に対する強力な、強烈なラブコールなんです。」
 

「ニュースの読み方」台湾映画「セデックバレ」とは何か
(チャンネル桜、2011年9月16日)

西村幸祐「実はこの映画、私はまだ観ていません。[……]私はハッキリ魏徳聖監督に聞きました。『[……]今度は反日映画を作るんでしょうか?』」
 

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

AMラジオのFM化と「情報の制空権」:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月7日(月)25:00-27:00)

○AMラジオのFM化と「情報の制空権」:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月7日(月)25:00-27:00)

 

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2014年4月7日(月)25:00-27:00)で、伊集院光が、先週に続きradiko.jpプレミアムをひとしきり腐した後、AMラジオのFM化について話題にしていた。

新聞で読んだ話であると前置きし、FM化した後もAM放送を維持しなければならない理由のひとつとして、「情報の制空権」の問題があると語った。既存のAM局が放送をやめてしまうと、隣国の放送局が高出力の放送を始めてしまい、空いた周波数が乗っ取られてしまうおそれがあるという話。

正直言って私は、radikoよりもこういう話のほうが興味ある。

伊集院光 このTBSもFM放送でも出そうみたいなことが一応法律的にはOKだが、許可みたいのは下りたんだけど、「FM放送では出してもAM放送もそのまま続けなさい」みたいな、「続けるんだったらやっていいよ」みたいな。

それに対して、ラジオ今あんま儲……もうお金ないからさ、そすと、2個の送信所を管理しなきゃいけないから、「FMで出すんだったらAMやめたいんだけど」みたいな、「それダメです」みたいな、「なんでダメなの?」みたいのが書いてあって。

それが、なんでAMもやんなきゃなんないのかっていったら、AMの放送局やめちゃうと、そこの周波数空いてるからっつって、いろんな近隣の国の、中国とか韓国とかソヴィエト——いまソヴィエトじゃないや——ロシヤとかが、AM放送の「そこ空いてんじゃん」っつって、出力もガンガン強めてきて、全部そこの、なんつうの、「情報の制空権」っていうか、それが握られちゃって、今度自分たちが使いたいって言っても、「使ってるんで」ってなっちゃうらしいね。それがあるから、埋めとかなきゃいけないっていうのは変な言い方だけど。

で、AMだと聴こえるけどFMだと聴こえないっていう、AMの特性もあるから、災害時とかも困るからみたいな、オレら全然「なんだよそれ? よくわかんねぇよ」って思ってるようなことの中にも、まぁ、理由はあったりとか。そんなですよ。そんなですわね。

九州のほうだと、朝鮮語の放送に「情報の制空権」を犯されることが度たびあったけれど、最近もそうなんすかね? 全然聴こえなくなるのはマズいけれど、あのくらいだったら、それはそれでAMラジオの味みたいなもんだったけどね。急に「ヒットゥ、ヒットゥ」とか割り込んできて、「あぁ、今誰かがヒット打ったんだな。どこの誰か知らねぇけど」みたいな。

経済合理性で言えばFM化したらAMをやめたほうがいいのかもしれないけれど、とりあえずAMは残りそうな感じ。

伊集院が話題にしていた新聞記事は、たぶんコレ:

AMも維持、国求める 同時放送、ラジオ局は負担懸念 FM整備、国補助は部分的(朝日新聞、2014年3月13日)

総務省が進める規制緩和により、AMのラジオ局によるFM同時放送が可能になる。しかし、AM局がFM局になるわけではない。国にはAM放送の中止を許すことができない事情があるからだ。ラジオ局は2種類の電波を送出することになり、新しいアンテナなどの設備投資で負担増になる恐れがある。

(つづきは朝日新聞ウェブサイトで)

記事によると、MBSラジオは2015年末までのFM放送開始を視野に入れていて、FM化した後、将来的にはできればAMをやめたいらしい。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

若者のラジオ離れに関する良いニュースと悪いニュース

○若者のラジオ離れに関する良いニュースと悪いニュース

 

若者のラジオ離れに関する良いニュース

若者のラジオ離れを嘆く声がよく聞かれますが、そんなご時世に、実は10代も結構ラジオを聴いているんじゃないかという良いニュース:

半分以上が聞いている! ティーンの聞いているラジオ! | マイナビニュース

「聞いてみました」という他に調査方法が明記されていない上に、サンプルが191人と少ないので、統計としては難がありますが、前掲記事によると、

ラジオは聞く?
○たまに聞く...66人(34.6%)
●よく聞く...31人(16.2%)
○聞かない...94人(49.2%)

「たまに聞く」+「よく聞く」=50.8%。ハッキリ言って、予想以上の数字。

具体的な番組については、

『たまに聞く』と答えてくれたのは66人。実に3分の1以上です。
聞いている番組では、ジャニーズ系の出ているラジオ番組の人気が高いようです。一番人気なのは文化放送の「レコメン!」(15人)で、その中の「Hey!Say!7 UltraPower」(東京都・高校2年生)や「Kis-My-Ft2 キスマイ Radio」(埼玉県・中学3年生)といった番組の人気が特に高いようです。ほかには「ラジオ英会話」(埼玉県・高校2年生)という勉強に活用している人も。

そして、『よく聞く』は31人から票を集めました。
こちらでも一番人気は文化放送の「レコメン!」(11人)です。特に木曜日の人気が高いようですね。「レコメン!木曜日」(東京都・高校2年生)といったように、木曜日を指定する人が何人かいました。2番人気はTOKYO FM系の「SCHOOL OF LOCK!」(5人)です。

ジャニーズ系が人気のようです。

また、この記事をきっかけにジャニーズのラジオ番組を聴き始める人が新たに出てくれば御の字です。

若者のラジオ離れに関する悪いニュース

続いて、悪いニュース。

なお、文化放送の下記の番組は、有料サービス『radiko.jpプレミアム』ではお聴きいただけませんのでご了承ください。

レコメン!  月〜水 24:00〜25:00
 木   22:00〜25:00
近藤真彦くるくるマッチ箱  火 21:30〜22:40(野球の最大延長時間を含む)
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP  木 21:30〜22:40(野球の最大延長時間を含む)
嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス  金 24:00〜24:30

 

4月1日以降のradiko.jpサービスについて(文化放送ウェブサイト)

そして、

一部の番組は『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』にご登録頂いてもお聞き頂くことができません。

ニッポン放送のレギュラー番組の中では、以下の番組が対象です。

毎週土曜日

21:50 キスマイ 北山宏光ナニキタ
22:00 関ジャニ∞ 大倉忠義 ラジオ好っきゃねん
22:30 タッキーの滝沢電波城
23:00 中居正広のSome girl' SMAP
23:30 オールナイトニッポンサタデースペシャル 福山雅治の魂のラジオ

4月1日以降のradiko.jpサービスについて(ニッポン放送ウェブサイト)

ジャニーズ系が揃い踏みです。

どちらの局も、ページのタイトルが同じってところもいいですね。偶然かしら。

※当ブログ内の関連エントリー:

女子中高生の好きなラジオ番組ベスト3:『Seventeen』2014年9月号(集英社)

ラジオ女子、聴取率を牽引 中学生、テレビやネットじゃ物足りない?(MSN産経ニュース、2010年1月2日(土))

「テレビと違って毒舌で『〜じゃないの?』って。すごくいい」 ラジオ女子の実態(MSN産経ニュース、2010年1月2日)

女子高生は「AMラジオ、全く聴かない」とハッキリ言った:「QIC」第799回(ウェブラジオFMC、2012年2月12日放送分)


当ブログ内の人気記事


Google
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(88)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(88)

 

2013年2月のつづき:

岐阜エフエムが自主再建を断念、新会社に放送事業譲渡へ。

佐村河内守に関するスモール・メディアのトーク

InterFM名古屋のスタジオ写真

InterFM名古屋、東京の番組中心の編成。

ラジオな一曲(53):Tom Petty & the Heartbreakers, "The Last DJ" (2002)

バイノーラル収録のネット・ラジオが始まったよ:「kumamoto modernology」(ウェブラジオFMC)

勝谷誠彦が語る佐村河内守ゴースト・ライター騒動の真相:「中西一清スタミナラジオ」(RKBラジオ、2014年2月11日(火)7:00-9:00)

ラジオにちなんだ80年代のCM:HONDA DJ・1、DJ・1R

2014年3月:

aiwa STRASSER XR7 の CM(1989年)

『グッドモーニング、ベトナム』超え!ラジオ映画 No.1 は Talk to Me (2007) で決まりだぜ、y'all, meeen! ※ドン・チードル、キウェテル・イジョフォー主演

カセットテープずき必見のPV:Bruno Mars, "Just the Way You Are" (2010)

InterFM名古屋が試験放送を始めたようです。

梅村太郎/塚原一成[監督]『ガレキとラジオ』(2012年)のやらせが発覚したそうです。

山下達郎「アトムの子」(1992年)

『ガレキとラジオ』やらせ問題「ラジオはドキュメンタリーにしにくい、絵にならない」:「QIC」第906回(ウェブラジオFMC、2014年3月9日放送分)

今年も東日本大震災発生の瞬間のラジオを改めて聴く

田中正造「百年の悔を子孫に傳ふるなかれ」

東日本大震災と『惑星ソラリス』 (1972)

Donald Fagen, Sunken Condos (2012)

「月に25万円のギャラが、インターFMではどうしても出せなくなったということです。」:都築響一「ROADSIDE RADIO」(InterFM) 終了の理由


当ブログ内の人気記事


過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(29)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(30)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(31)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(32)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(34)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(35)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(36)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(38)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(39)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(40)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(41)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(42) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(43)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(44)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(45)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(46)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(47)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(48)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(49)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(50)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(51)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(52)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(53)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(54)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(55)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(56)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(57)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(58)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(59)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(60)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (61)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (62)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(63)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(64)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(65)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(66)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(67)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(69)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(70)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(71)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(72)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(73)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(74)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(75)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(76) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(77) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(78)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(79) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(80)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(81)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(82) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(83)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(84)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(85)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(86)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(87)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失業した捕鯨漁師がホエール・ウォッチャーを皆殺しにする映画:ジュリアス・ケンプ[監督]『レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』(2009年)

○失業した捕鯨漁師がホエール・ウォッチャーを皆殺しにする映画:ジュリアス・ケンプ[監督]『レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』Reykjavik Whale Watching Massacre(2009年)

 

大洋ホエールズ時代からのベイスターズ・ファン、負けには慣れているMasaruSです。

国際司法裁判所は2014年3月31日、日本鯨類研究所による南極海での調査捕鯨JARPAII国際捕鯨取締条約(The International Convention for the Regulation of Whaling)違反と認定し、中止を命じました。国際司法裁判所での裁判は一審制で控訴不可、判決は法的拘束力をもつため、南極海での調査捕鯨中止が確定。

Whaling in the Antarctic (Australia v. Japan: New Zealand intervening)(国際司法裁判所公式サイト、英語)
※訴訟過程、判決など。

Key Documents(国際捕鯨委員会公式サイト、英語)
※国際捕鯨取締条約原文ほかを掲載。

(一財)日本鯨類研究所 : JARPA/JARPAII
※日本が南極海でおこなってきた調査捕鯨について。

法の庭で公明正大に白黒つければ日本は必ず勝つと思っていた人たちにはショックかもしれない。それどころか逆に、取り返しのつかないかたちで負けが確定することもあり得ると思い知らされる結果になった。

ただしこれは、南極海でのJARPAIIに法的正当性がないという判決であって、捕鯨全般の歴史的・文化的意義云々という話ではないので念のため。とはいえ、今後ほかの海域における同様の調査捕鯨も中止になる可能性が示唆されております。

しかし、例えば、和歌山県・太地町で行われているイルカ追い込み漁などは、伝統的な漁法の範疇に入ると思うので、文化の多様性の観点から、法的な手段で中止させるのは難しいのではないかと思われます。

さて、判決を受けまして、こんな映画をご紹介。南氷洋とは文字通り対極のアイスランドの映画ですけどね。

ジュリアス・ケンプ[監督]『レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』Reykjavik Whale Watching Massacre(2009年)


ジュリアス・ケンプ[監督]『レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』Reykjavik Whale Watching Massacre(2009年)予告編
 

捕鯨禁止で失業した漁師がホエール・ウォッチャーを皆殺しにする話です。同年に公開された、ルイ・シホヨス[監督]『ザ・コーヴ』The Cove(2009年)と二本立てで観たい作品。どっかの劇場でやってくれないかなぁ。アイスランド初のスラッシャー・ムービーとのこと。

裕木奈江も出てるよ。

こんな映画をお薦めしているので、私のことを捕鯨賛成派と思った人もいらっしゃるかもしれませんが、私は賛成でも反対でもありません。

どっちでもいいです。

そもそも、世の中のいろんな人が目を三角にして揉めている事のほとんどは、どっちでもいいです。

捕鯨に反対の人は反対だと言えばいいし、捕鯨を続けたい人・続けられる人は続ければいいと思います。

どっちにしろ、オレは鯨を食いますよ。でも、食べられなくなったら他のものでもいいです。

さらし鯨が辛口の日本酒に合うということだけは法を超えた真理です。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

InterFM NAGOYA 開局で名古屋に戻って来た元RADIO-iのDJは?

○InterFM NAGOYA 開局で名古屋に戻って来た元RADIO-iのDJは?

 

InterFM NAGOYA 開局で名古屋の電波に戻って来た元RADIO-iのDJは?

InterFM NAGOYA 開局で名古屋の電波に戻って来た元RADIO-iのDJは誰でしょう?

InterFM「Midday Magic」(月〜木10:00-12:00)「Paradise Drive」(土10:00-13:00)を担当している Vance K は、2010年9月30日に閉局したRADIO-iの元DJ(「iJ」)。彼の声が現在、3年半ぶりに名古屋で流れている。

Midday Magic(InterFM : インターFM [ 76.1MHz TOKYO / 76.5MHz YOKOHAMA / 79.5MHz NAGOYA ])

Vance K Midday Magic

Paradis Drive(InterFM : インターFM [ 76.1MHz TOKYO / 76.5MHz YOKOHAMA / 79.5MHz NAGOYA ])

Vance K Midday Magic

RADIO-I閉局まで「Aloha Brunch」(金10:00-12:00)を担当していた。


「Aloha Brunch」(RADIO-I、金10:00-12:00)
 

閉局の日にもマイクの前にいた。「金山の GOLD GYM にかよっている」と言っていたような記憶がある。InterFMでも「プロテイン飲みたい」とか、筋トレ・ジョークを言っていた。


RADIO-I閉局時のスタジオ
右端のタンクトップにキャップの人が Vance K
サカエ経済新聞より引用

 

InterFM NAGOYA 開局で名古屋の電波に戻って来た元ZIP-FMのDJは?

ちなみに、InterFMには久しぶりに名古屋に声が流れるDJがもうひとりいる。

 「LAZY SUNDAY」(InterFM、日11:00-15:00)を担当している渡辺麻耶は、元ZIP-FMのDJ。「BREEZY SATURDAY」(ZIP−FM、2009年4月4日〜2013年3月30日、土7:00-13:00)を担当していた。彼女の声は1年ぶりに名古屋に声が流れる。番組名が似ているね。

LAZY SUNDAY(InterFM : インターFM [ 76.1MHz TOKYO / 76.5MHz YOKOHAMA / 79.5MHz NAGOYA ])

Vance K Midday Magic

※関連リンク

Think,Earth:ありがとう、さよならRadio-i
※RADIO-i閉局の日のDJとオンエア曲リストが載っています。

※当ブログ内の関連エントリー:

祝・InterFM NAGOYA 開局!……でも中日新聞に番組表が載ってないらしい。 

InterFM名古屋局、2014年4月開局・周波数79.5MHz・送信所は東山タワー・試験放送2014年2月頃開始予定:東海総合通信局報道資料(2013年10月25日)

InterFM NAGOYA のタイムテーブル発表(2014年4月〜)

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(6+):RADIO-i

朝霧さぎり『サヨナラ、ありがとう〜FMラジオ局の音が消える日〜』(近代映画社、2011年)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アピタ・ピアゴ&サークルKサンクスの時報CMが終ってるね(2013年1月1日5:00〜2014年4月1日4:00)。

○アピタ・ピアゴ&サークルKサンクスの時報CMが終ってるね(2013年1月1日5:00〜2014年4月1日4:00)。

 

先日、深夜に文化放送を聴いていて何か不自然な感じがした。

時報CMがなくなっていた。

代わりに「再発見 文化放送」というナレーションが流れる。

ユニー&サークルKサンクスは、2013年1月1日5:00から、アピタ・ピアゴとサークルKサンクスの時報CMを流していた。

時報CMは2014年4月1日4:00で終了。1年3か月続いた。同日5:00からはノンスポンサーのようだ。時間によっては他のスポンサーがついているかもしれないけれど、未確認。

ちなみに、ユニー&サークルKサンクスの前の時報CMは、言わずとしれためいらくのスジャータ。1976年から2012年12月31日28:00(2013年1月1日4:00)まで、約35年間続いた。

スジャータのときはニュースになったけれど、今回はひっそり終了の感。

次はどの愛知県企業が担当するか?……別に愛知県縛りってわけじゃないけどね。


アピタ・ピアゴ&サークルKサンクス時報CM
 

※当ブログ内の関連エントリー:

AMラジオ時報CM、スジャータ(めいらく)からユニー・サークルKサンクスへ。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中日新聞、InterFM NAGOYA 開局記事を掲載、番組表は掲載せず(2014年4月2日)。

○中日新聞、InterFM NAGOYA 開局記事を掲載、番組表は掲載せず(2014年4月2日)。

 

2014年4月2日の『中日新聞』に InterFM NAGOYA 開局を報ずる記事が掲載された模様。ただし、番組表は依然掲載せず。

名古屋圏に外国語FM開局:トピックス:中日新聞女性向けサイト:オピ・リーナ(Opi-rina)

何か社内にルールがあるのかもしれないけれど、どういうバンランスなのか理解に苦しむところ。3日以降も番組表載ってないんスか?

過去のエントリーでご紹介したように、『中日新聞』の他、『毎日新聞』にも載っていないらしい。さらにこの他、『日本経済新聞』にも載っていないようだ。

こちらも、過去のエントリーでご紹介したけれど、2012年にビデオリサーチが実施した調査で、『中日新聞』閲読率は、東海三県全体では62.3%。地域別では、名古屋市63.3%、尾張67.6%、三河71.1%、岐阜県56.6%、三重県47.9%。

APPROACH 2014 中日新聞グループ媒体資料(中日新聞社広告局、PDFファイル)pp.17-22

※当ブログ内の関連エントリー:

祝・InterFM NAGOYA 開局!……でも中日新聞に番組表が載ってないらしい。

InterFM名古屋局、2014年4月開局・周波数79.5MHz・送信所は東山タワー・試験放送2014年2月頃開始予定:東海総合通信局報道資料(2013年10月25日)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自衛官のお給料は? PKO手当1日3〜4万円:「日刊・深夜快速」Vol.1087「火曜版/週刊ミリタリートーク」(ウェブラジオFMC、2014年3月11日)

○自衛官のお給料は? PKO手当1日3〜4万円:「日刊・深夜快速」Vol.1087「火曜版/週刊ミリタリートーク」(ウェブラジオFMC、2014年3月11日)

 

自衛隊
平成22年度自衛官募集ポスター(自衛隊徳島地方協力本部)
平成23年度はもっとすごいです。
 

ちょっと前の「日刊・深夜快速」で、自衛官の給料が話題になっていた。

Vol.1087「火曜版/週刊ミリタリートーク」: 日刊・深夜快速

番組では、各階級ごとの給料が下のほうから順番に紹介される。田母神俊雄・元航空幕僚長がどのくらいもらっていたかも判るよ。

ちなみに、PKO手当は1日3〜4万ぐらいとのこと。仮にその他の手当も全部のせの場合、制度上は最高で1日7万ぐらいの手当がつく計算になるとのこと。1回の派遣で100日ぐらい駐留すると考えると、ケッコウな額にのぼる。

とはいえ、音を上げてギヴ・アップする人や、体を壊したりして除隊を余儀なくされる人も多そうなので、高給までたどり着かない人も多そうだ。

ちなみに、うちの地元では、「あいつは素行が悪いから自衛隊に入れろ」というような言説がまかり通っていた。

東国原英夫も宮崎県知事時代の2007年11月28日に若手建設業者らとの懇談会で「徴兵制があってしかるべきと思ってるんですね、個人的には。個人的にはですよ。若者は1年か2年ぐらい自衛隊かあるいはああいうところに入らないといけないと思ってる」と発言して物議を醸したことがある。座持ちのために言ったんだろうけど、田舎のおっさんが言いそうなことだなと思った。国防はそんな半端モンで務まる仕事ではないんだけどね。

東国原知事が徴兵制あっていいと発言 - Dailymotion動画


更生したい暴走族精神修行! 自衛隊体験入隊ツアー
「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」(日本テレビ、放送日不詳)
 

ちなみに、ウチの親父は私を少年自衛官にしたかったらしく、しつこく説得された思い出がある(素行が悪かったからではない)。中三になって志望校の話をしたら、「お前、高校行くとや !?」と真顔でガッカリされた。


高田渡「自衛隊に入ろう」(1969年) amazon mp3
 

※当ブログ内の関連エントリー:

元刑事・自衛隊のラジオ番組があるらしい:「元刑事の知恵袋」・「自衛隊気ままにトーク」


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝・InterFM NAGOYA 開局!……でも中日新聞に番組表が載ってないらしい。

○祝・InterFM NAGOYA 開局!……でも中日新聞に番組表が載ってないらしい。

 

私は東京に住んでいるのですが、2014年4月1日は InterFM NAGOYA 開局ということで、なんとなく朝からInterFMを聴いておりました。

朝からFMで音楽というのは久びさだったのですが、これって、田舎の高校生だったころ分不相応に憧れたTOKYOのスタイリッシュなアーバン・ライフそのものじゃないか!

5:30からの K.C.も名古屋にお祝いの言葉を言っておりましたが、名古屋は「Barakan Morning」(7:00-10:00)から放送開始。冒頭でちょっとしたエイプリル・フールのジョークを入れつつ、名古屋のスタジオからの放送。


InterFM NAGOYA 開局
 

Twitterの#interfm#ifmnagoyaの動きを見ながら聴いていたのですが、7:00-7:30ぐらいのあいだに、#interfmは100、#ifmnagoyaは30ツイートぐらいでありました。

気になったツイートは:

開局前なら1分無音でも大丈夫なんですね。

愛知県で7割近いシェアの『中日新聞』に載っていないのは、かなり痛いと思うけれど。『中日』『毎日』の他に、『日本経済新聞』にも載ってないようだ。

APPROACH 2014 中日新聞グループ媒体資料(中日新聞社広告局、PDFファイル)pp.17-22
※『中日新聞』閲読率は、東海三県全体では62.3%。地域別では、名古屋市63.3%、尾張67.6%、三河71.1%、岐阜県56.6%、三重県47.9%。

あと、今のところradikoでは聴けないようだ。

2010年9月30日に閉局した RADIO-i で最後にかかった ABBA, "Thank You for the Music" (1977) へのアンサー・ソングを、という名古屋のリスナーからのリクエストに対してピーター・バラカンは、決定打とは言えないとことわりつつ、Sonny and Cher, "The Beat Goes On" (1967) で応えておりました(これ、「Barakan Beat」のジングルでしたね)。個人的には、ジョン・レノンの "(Just Like) Starting Over" (1980) みたいなベタなヤツでよかったんじゃないかと。


Sonny and Cher, "The Beat Goes On" (1967)

 

個人的には、番組序盤で、好きな Steely Dan高田渡が両方かかったので(!)、朝からお腹いっぱいでありました。この2曲がかかる番組、なかなかないよね。

東海地方の人たちの感想はどうだったのでしょうか?


Steely Dan, "FM (No Static at All)" (1978)

 

高田渡「値上げ」(1971年)
 

※当ブログ内の関連エントリー:

InterFM名古屋局、2014年4月開局・周波数79.5MHz・送信所は東山タワー・試験放送2014年2月頃開始予定:東海総合通信局報道資料(2013年10月25日)

InterFM NAGOYA のタイムテーブル発表(2014年4月〜)

ラジオな一曲(2):Steely Dan, "FM" (1978)

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(6+):RADIO-i

朝霧さぎり『サヨナラ、ありがとう〜FMラジオ局の音が消える日〜』(近代映画社、2011年)

東京圏民放AMラジオ局2014年春の番組改編


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年の「川口桜まつり」(会場:文化放送川口送信所)は4月4日(金)〜6日(日)

○2014年の「川口桜まつり」(会場:文化放送川口送信所)は4月4日(金)〜6日(日)

※末尾に加筆しました。(2014年4月7日)

 

今年も、埼玉県川口市赤井にある文化放送川口送信所(埼玉県川口市赤井3-9-16:地図)で、2014年第24回「川口桜まつり」が開催されます。会期中は送信所構内が開放されます。

川口桜まつり(公式サイト)

川口桜まつり 2014年

アクセスは、JR川口駅から国際興行バスで「蓮沼」もしくは「観音橋」下車。個人的には蓮沼がおすすめ。

念のために言っておくと、川口桜まつりは、文化放送の送信所の敷地内で開催される地元のお祭であって、文化放送のイヴェントではありません。声優とかは来ません。

例年は基本的に、ローカルな祭りらしい演歌中心のステージでしたが、今年は高知観光特使のご当地アイドル・はちきんガールズが来るようです。

高知県観光特使 エコアイドル「はちきんガールズ」オフィシャルホームページ

以下、過去の桜まつりの様子。


2008年の様子1


2008年の様子2


2008年の様子3
 

※加筆(2014年4月7日)

YouTubeに当日の様子がアップされていました:


2014 4 6 はちきんガールズ「第24回川口桜まつり」 LIVE
 

※当ブログ内の関連リンク

川口桜まつりin文化放送送信所(埼玉県川口市赤井3丁目9番16号、2008年4月4日(金)〜6(日))
※実際に足を運んだ際のレポート。長いこと行ってないなぁ。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »