« 大森一樹[監督]『トットチャンネル』(1987年)をフィルムセンターで観た。 | トップページ | 大森一樹監督・斉藤由貴主演・乙羽信子原作・新藤兼人脚本のテレビドラマ『女優時代』(近代映画協会/よみうりテレビ、1988年)をフィルムセンターで観た。 »

radiko.jp、エリア外聴取の有料解禁へ。月額350円+税:radiko.jpプレミアム、2014年4月1日スタート!

○radiko.jp、エリア外聴取の有料解禁へ。月額350円+税:radiko.jpプレミアム、2014年4月1日スタート!

 

radiko.jpをエリア外からも聴取できるradiko.jpプレミアムが2014年4月1日からスタートする。ただし、聴取には「プレミアム会員登録」が必要で、月額350円(税別)の費用がかかる。ただし、最初の月は無料。「システム・サーバーなどにかかる初期費用と運用費をカバーするため」の課金とのこと。

正直言って、こんなに早く実現するとは思ってもいなかった。

radiko.jpプレミアムの聴取率調査とかも、やってくれたら面白いのに。技術的には簡単なはず。

radiko.jp(公式サイト)

プレスリリースより抜粋:

『radiko.jp プレミアム(エリアフリー聴取)』概要

内容: 「radiko.jp」の配信エリアの枠を超え、「radiko.jp」に参加しているラジオ局を全国各地どこにいても聴くことができるサービス
(一部の放送局と特定のタレント出演番組やスポーツ中継など一部の番組を除く)

聴取エリア: 国内限定

開始日: 2014年4月1日(火)

仕様: PCおよびスマートフォンの「radiko.jp」ウェブサイト(http://radiko.jp/)にて

プレミアム会員登録
【必要項目:性別、生年月日、郵便番号、Email、支払方法】
※支払方法については、①クレジットカード決済、②キャリア決済(ドコモ・au)③フレッツ・まとめて支払い の3種類から1つを選択

聴取ツール: PCウェブサイト、スマートフォンアプリ
※スマートフォンアプリで利用する場合は、「radiko.jp」アプリのアップデートが必要です。

料金: 月額350円(税別)
※登録初月無料(ドコモ決済の場合は、登録月に解約すると、1 か月分の支払いが生じます)

2014.03.25-配信エリアの枠を超え、日本全国で聴取可能に『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』を4月1日(火)より開始(radiko.jpニュースリリース、PDFファイル)

「特定のタレント出演番組やスポーツ中継など一部の番組を除く」ってところが気になりますが、なにはともあれ、エリア外聴取の解禁はめでたいことです。

ただ、大都市圏の放送局は網羅されているものの、一部の地方局は聴取可能リストから外れている(詳細はプレスリリース参照)。

解禁を歓迎すると同時に、やっっぱり有料かという印象も。放送法ではなく、結局お金の問題だったようで。それに、いったん有料で始めたものを無料化することは、あまり期待できなさそう。

でも、エリア外にお金を払ってでも聴きたい番組がある大人には、手頃な値段かもしれない。

350円払って、何聴きます?

「JUNK」とか、ローカルのアニラジとかアイドル番組に人気が集まるのでしょうか。GIZMODE JAPAN の記者の人は「昌鹿野(ラジオ関西「集まれ昌鹿野編集部」)がリアルタイムで聞ける!! と、テンションが5段階くらい上がりました」と書いているけれど、確かにあれは面白いよね。

ともあれ、仮に今のところ聴きたい番組がなくても、いつでも聴けるという環境が整っているということが、選択の自由という意味で重要。

「これ聴いてみな」っていう面白い番組があったら教えてください。

ナンダカンダで、ついに来たなって感じがする。

※関連リンク

ラジオっ子大歓喜! radiko.jpで全国の放送局が聞ける「radiko.jpプレミアム」が4月1日スタート! : ギズモード・ジャパン

無料の録音・編集ソフト Audacity で radiko をタイマー録音しよう。(当ブログ内)

radikoのエリア制限が撤廃されない理由(当ブログ内)

「radiko負担金、月額40万円強」(ZIP-FM):『中日新聞』2012年1月10日夕刊9面(当ブログ内)


当ブログ内の人気記事


Google

|

« 大森一樹[監督]『トットチャンネル』(1987年)をフィルムセンターで観た。 | トップページ | 大森一樹監督・斉藤由貴主演・乙羽信子原作・新藤兼人脚本のテレビドラマ『女優時代』(近代映画協会/よみうりテレビ、1988年)をフィルムセンターで観た。 »

AM」カテゴリの記事

FM」カテゴリの記事

TBSラジオ」カテゴリの記事

ニッポン放送」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

文化放送」カテゴリの記事

番組評以外のラジオの話題」カテゴリの記事

コメント

始めまして、私は岡山県在住の者です。さて、この度radikoプレミアムが開始致しましたが、私は大変嬉しくて、radikoプレミアムにはまりました。私のお気に入りは主に大阪のABC 朝日放送ラジオの番組(慶元まさみの「おはようパートナー」や「おはようパーソナリティー道上洋三です。」や武田和歌子の「ぴたっと」)を中心に名古屋CBC ラジオのつボイノリオの「聞けば聴くほど」やFM OSAKA の「LOVE FLAP 」月曜担当のDJ谷口キヨコさんの分や愛媛の南海放送ラジオの「月曜パワフルレイディオらくさぶろうとやのひろみのらくやのぉ」や土曜深夜は、RF ラジオ日本の「菊地亜美の1ami 9」など色んなジャンル・パーソナリティーの番組を聴いています。

投稿: KDDI一筋10年 | 2014年5月10日 (土) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423073/55513524

この記事へのトラックバック一覧です: radiko.jp、エリア外聴取の有料解禁へ。月額350円+税:radiko.jpプレミアム、2014年4月1日スタート!:

« 大森一樹[監督]『トットチャンネル』(1987年)をフィルムセンターで観た。 | トップページ | 大森一樹監督・斉藤由貴主演・乙羽信子原作・新藤兼人脚本のテレビドラマ『女優時代』(近代映画協会/よみうりテレビ、1988年)をフィルムセンターで観た。 »