« 山下達郎「アトムの子」(1992年) | トップページ | 今年も東日本大震災発生の瞬間のラジオを改めて聴く »

『ガレキとラジオ』やらせ問題「ラジオはドキュメンタリーにしにくい、絵にならない」:「QIC」第906回(ウェブラジオFMC、2014年3月9日放送分)

○『ガレキとラジオ』やらせ問題「ラジオはドキュメンタリーにしにくい、絵にならない」:「QIC」第906回(ウェブラジオFMC、2014年3月9日放送分)

 

「QIC」第906回(ウェブラジオFMC、2014年3月9日放送分)で、リスナーからの投稿を受けて、『ガレキとラジオ』やらせ問題が話題に上った。

パーソナリティー榎田信衛門氏が、今回の騒動およびやらせ一般について、30分弱にわたって語った。

榎田信衛門 実は、ラジオというものは、ドキュメンタリーに極めてしにくいものだと私は思ってるんですよ。[……]絵になんないのよ、だいたい。ぼんやりとしたもんでしてねぇ。

で、もっと絵にならないものがあるんですよ。それは何かっていうとね、ラジオを聴いてる姿。みなさん、ラジオどうやって聴いてます。だいたい、だらんとして聴いてないスか?[……]だいたい、パッとしないっスよ。シャキッとしない状態で聴いてると思いますよ。

ラジオを真剣に聴いてる頭の中にこそ、本当に面白い映像が実はそこにあって、イマジネーションの世界で、それをねドキュメンタリーで表現するのは極めて難しいなと思ってるから、もう、昔っからやりたいんだけど、できない、ですよ。

その後、ウェブラジオFMCの前身であるミニFM局が某公共放送の取材を受けたときの体験について語り、やらせがどのようにしてつくられるか実例を以って説明した。この取材に基づく番組は、1985年に関西以西の西日本全域で放送されたとのこと。

「QIC」の番組ウェブサイトに、実際に放送された映像に榎田氏がコメントを付けた「実例動画」へのリンクが貼ってある。

この映像も爆笑で、一見の価値あり。

QIC/FMC
※2014年3月9日放送分(第906回)B枠「お便り(花粉症+ガレキとラジオ)」の7:15ぐらいから。
公開後1か月聴取か可能。

※当ブログ内の関連エントリー:

梅村太郎/塚原一成[監督]『ガレキとラジオ』(2012年)のやらせが発覚したそうです。


当ブログ内の人気記事


Google

|

« 山下達郎「アトムの子」(1992年) | トップページ | 今年も東日本大震災発生の瞬間のラジオを改めて聴く »

コミュニティーFM、ミニFM」カテゴリの記事

ネットラジオ」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
映像(写真や動画)は確かに印象に残る。が、「絵になる」という価値観はどうなのだろうか。「絵になる」のなら、事実はどうでもいいのだろうか。
事実を軽視するドキュメンタリーの存在意義は何。それなら、フィクション(ドラマ)のスタッフの方が尊敬に値する。

投稿: 石崎亮史朗 | 2014年3月10日 (月) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423073/55311560

この記事へのトラックバック一覧です: 『ガレキとラジオ』やらせ問題「ラジオはドキュメンタリーにしにくい、絵にならない」:「QIC」第906回(ウェブラジオFMC、2014年3月9日放送分):

« 山下達郎「アトムの子」(1992年) | トップページ | 今年も東日本大震災発生の瞬間のラジオを改めて聴く »