« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

ラジオにちなんだ80年代のCM:HONDA DJ・1、DJ・1R

○ラジオにちなんだ80年代のCM:HONDA DJ・1、DJ・1R

 


HONDA DJ・1 のCM(1985年)
 

HONDA DJ・1R のCM(1986年)
マイクは RCA 74B かな?
 

CMに使われている曲は、「DJ in My Life」。女性版(1985年)は Annie による歌唱。男性版(1986年)はジョウゼフ・ウィリアムズ(Joseph Williams)。彼は「スター・ウォーズ」シリーズの作曲などで知られるジョン・ウィリアムズ(John Williams)の息子で、TOTOの3代目リード・ヴォーカル。この曲は、シブがき隊もカヴァーしている(1986年)

上のCMによると、DJ・1Rを買うと、「DJサウンド・レシーバー」というヘッドフォン型AM/FMラジオがもらえたらしい。


DJサウンド・レシーバー
 

原付のおまけに両耳をふさぐ物をプレゼントするっていうのも、なかなか大胆な発想だ。ちなみに、DJ・1Rの発売が1986年3月。原付のヘルメット着用が義務化されたのが1986年6月1日から。

最近では、電動アシスト自転車の登場で、原付の売り上げもめっきり落ち込んでいるらしい。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

勝谷誠彦が語る佐村河内守ゴースト・ライター騒動の真相:「中西一清スタミナラジオ」(RKBラジオ、2014年2月11日(火)7:00-9:00)

○勝谷誠彦が語る佐村河内守ゴースト・ライター騒動の真相:「中西一清スタミナラジオ」(RKBラジオ、2014年2月11日(火)7:00-9:00)

 

佐村河内守ゴースト・ライター騒動については、これに尽きると思う:


「中西一清スタミナラジオ」
(RKBラジオ、2014年2月11日(火)7:00-9:00)

 

勝谷誠彦、オレはあんまり好きじゃないんだけど、いちばん腑に落ちた。

ところで、「中西一清のスタミナラジオ」のサイトでコメンテーターの布陣を見たけれど、RKBラジオ、けっこう頑張ってるなぁ。

中西一清スタミナラジオ(公式サイト)

※当ブログ内の関連エントリー:

佐村河内守に関するスモール・メディアのトーク


当ブログ内の人気記事


| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイノーラル収録のネット・ラジオが始まったよ:「kumamoto modernology」(ウェブラジオFMC)

○バイノーラル収録のネット・ラジオが始まったよ:「kumamoto modernology」(ウェブラジオFMC)

 

バイノーラル収録のネット・ラジオ

2014年2月に、バイノーラル収録のネット・ラジオが始まった。「kumamoto modernology」(ウェブラジオFMC)

"Web Radio FMC/kumamoto modernology"

1970年代後半から90年代前半までの熊本(厳密には熊本市内)を振り返る「考現学」(モダノロジー)番組。月1回配信の全3回。テーマは以下の予定:

  • 第1回:電気店
  • 第2回:おもちゃ屋
  • 第3回:レコード店

メディア・プロデューサーの榎田信衛門氏と、映像作家の花岡山花岡氏による対談形式で番組は展開する。

私は郡部のクソ田舎に住んでいたので、番組に出て来る店の多くは、名前は知っていてなじみはあるけれど、実際に行ったことはあまりない。また、大学進学を機に東京に出てしまったので、大人になってから熊本市内で遊んだこともない。とはいえ、熊本市内のことを詳しく知らなくても、面白く聴けるから不思議だ。

いろんな人がいろんな街で同じコンセプトの番組をつくればいいのにね。

既に配信中の第1回「熊本の家電シーン」は、BCLブームを端緒に、オーディオ機器などに話が及ぶ。エレクトロニクス寿屋のカドグチさんみたいな店員にオレも出会いたいよ。

榎田氏は、日本の民放ラジオで初めて、バイノーラル収録によるレギュラー番組「WA!アメーバだ」(FM中九州=現・エフエム・クマモト、1985年10月〜12月、月25:00−26:00)を手がけた人物。私はまだそのころはラジオに目覚めていなかったので、悔しいっス。もっと早く生まれたかったよ、ホント。

収録に使われているダミー・ヘッド

番組内で、収録にはSONYの「シミュレイテッド・ヘッド」を使っているという話が出た。

たぶん、下記ページに載っている「ソニー・シミュレーションヘッド DH-5」のことだろう:

SONY オーディオ機器 カタログ 関連資料 1977年(昭和52年)(「ビデオ工房トパーズ 」ウェブサイト内)

頭の形を大胆に模式化した構造で、なかでも外耳のディフォルメはかなり大胆だ。ただ、耳たぶは、外形がほぼ捨象されている一方で、材質は音の反射を考慮して他の部分とは変えてあるように見える。自作派の人の参考になりそうだ。

オレの kumamoto modernology

私の場合、JRの最寄り駅から熊本市内までは鹿児島本線で当時片道470円ぐらいかかったので気軽に出かける感じではなかった。

部活の試合で北岡自然公園に行った帰りに、下通のマツモトレコードに寄ったり、紀伊国屋書店に寄るぐらいだった。Amazon.co.jp がなかった当時、熊本で洋書が買えるのは紀伊国屋ぐらいだった。

番組内でも言及される「角マック」は、私が生まれて初めて行ったマクドナルドだ。熊大病院に通院していた母に付いて行った幼稚園児の私と未就園児の弟は、「これで昼ご飯食べときなっせ」と1,000円づつ渡されたので、角マックに行ってみることにしたのだ。当時の九州は、マクドナルドよりもモスバーガーの勢力が圧倒的に強く、熊本の郡部にはまだマクドナルドはそれほどなかったので、珍しかったからだ。でも、初めて見たマニュアル接客が心の底から薄気味悪くなって、 弟のほうを見ると同じ気持ちのようだった。阿吽の呼吸で、自分たちの番が来る前に逃げた。なんか、怖かったんだよね。

角マックは健在のようだけれど、寿屋も、マツレコも、下通の紀伊国屋も、今やどれひとつ残ってないとはねぇ……。

※当ブログ内の関連エントリー:

総工費600円 バイノーラルマイク自作講座(TBUG / Tokyo Binaural Users Group)

ロケットニュース「熊本あるある54連発」を、熊本のネットラジオ番組「QIC」が検証しているよ。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオな一曲(53):Tom Petty & the Heartbreakers, "The Last DJ" (2002)

○ラジオな一曲(53):Tom Petty & the Heartbreakers, "The Last DJ" (2002)

 


Tom Petty & the Heartbreakers, "The Last DJ" (2002)

最後のDJが去って行く
かけたい曲をかけ
言いたいことを言うDJが

選択の自由が去って行く
最後の人間の声が去って行く
最後のDJが去って行く

There goes the last DJ
Who plays what he wants to play
And says what he wants to say, hey hey hey...

And there goes your freedom of choice
There goes the last human voice
There goes the last DJ

昔気質のDJの歌。語り手はリスナーだ。

曲が発表されたのが2002年なので、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ後のラジオ界について歌っているものと思われる。

かけたい曲をかけ、言いたいことを言うDJは、経営陣にとって目の上のタンコブだ。

あいつを会社の言いなりになんかできない
売女にしようとしても無理だ
上にいる小僧たちはどうせ解りはしない
お偉方たちはあいつの饒舌さを良しとしない

Well you can't turn him into a company man
You can't turn him into a whore
And the boys upstairs just don't understand anymore
Well the top brass don't like him talking so much

歌詞から察するに、DJよりも経営陣のほうがはるかに若いようだ。

リスナーには、経営陣の思惑はこう見える。

オレたちはそこそこの暮らしで満足しているのに
上の小僧たちは確かめたがっている
昔タダだったものがいくらで売れるのかを

As we celebrate mediocrity
all the boys upstairs want to see
How much you'll pay for what you used to get for free

現代的だわね。

結局、そのDJはどうなったかというと、

それで彼ははるかメキシコのラジオ局でDJになった
たまには電波が入るかもしれない
そしたらオレは、小おどりして、昔のことを想い出すだろう

Well he got him a station down in Mexico
And sometimes it'll kind of come in
And I'll bust a move and remember how it was back then

ここからは私の勝手な考えだけれど、この曲は、去っていったDJのことをリスナーはちゃんと憶えているという曲と解釈することも出来る。

一時的な逆風に踵を返して迎合するよりも、信念に従って、最後のひとりになっても、かけたい曲をかけ、言いたいことを言う。そんなDJのほうが絶対にカッコいいと思う。

リスナーはちゃんと憶えている。

日本のラジオはどうですかね?


"The SImpsons" にも出演。
Season 14 Episode 2, "How I Spent My Strummer Vacation"

 

※関連リンク:

ラジオな一曲(51):榎本健一「これが自由というものか」(1954年)(当ブログ内)

1150 KRKD: THE TOWER SURVIVES!(socalradiohistory.com内、英語)
PVに出て来るラジオの送信鉄塔に関するページ
KRKDは、1932〜1970年にかけてロサンゼルス広域圏向けに放送していたAMラジオ局。様ざまな変遷を経て、現在は、クリア・チャンネル(Clear Channel Communications)傘下のKEIB "The Patriot"

Radio.com にアクセスしてみた。(当ブログ内)
※アメリカのラジオネットワークについての概説。ただし、情報は少し古いです。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

InterFM名古屋、東京の番組中心の編成。

○InterFM名古屋、東京の番組中心の編成:「春から新たなラジオ局 InterFM NAGOYAスタート」(billboard JAPAN Daily News、2014日2月18日)

 

billboard JAPAN ウェブサイトに、2014年4月開局予定の InterFM NAGOYA の編成に関する情報がちょこっとだけ出ている。

記事によると、

 InterFM NAGOYAでは、首都圏エリアで放送されているInterFMの番組を中心に編成しつつ、名古屋のスタジオからも生放送を行うなど、ネット番組とローカル番組の混合編成を予定。2月下旬~3月上旬にかけて試験電波が発射され、3月中旬にサービス放送、そして4月1日より本放送がスタートする予定だ。

春から新たなラジオ局 InterFM NAGOYAスタート│Daily News│Billboard JAPAN

InterFM と InterFM NAGOYA の関係は、何となく、FM802と FM COCOLO みたいな感じになるのかと想像していたれど、どちらかと言うと、TOKYO FM と JFN加盟の県域局との関係に近そうだ。

経費を抑えるための編成方針なのだろう。

私のような東京に住んでいるラジオずきにとっては、ローカル制作の番組が多いほうが、行ったときに聴く愉しみが大きいけれど、地元の人は、東京の番組が聴けるほうが実はうれしいかもしれない。オレも、田舎にいるときはそうだった。

ただ、InterFMはみんながテレビで知っている有名人がたくさん出ているという感じではないので、吉と出るか凶と出るか気になるところ。

※関連リンク:

InterFM名古屋局、2014年4月開局・周波数79.5MHz・送信所は東山タワー・試験放送2014年2月頃開始予定:東海総合通信局報道資料(2013年10月25日)

InterFM名古屋のスタジオ写真


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

InterFM名古屋のスタジオ写真

○InterFM NAGOYA のスタジオ写真

 

InterFM NAGOYA のスタジオ写真InterFMのウェブサイトに、2014年4月開局予定の InterFM NAGOYA のスタジオ写真が掲載されています。工事中の写真ですが、逆にレアかもしれません:

2014年4月 InterFM NAGOYA開局!! InterFM : インターFM [ 76.1MHz TOKYO / 76.5MHz YOKOHAMA ])

開局が近づいて来たなぁという感じがする。

※関連リンク:

InterFM名古屋局、2014年4月開局・周波数79.5MHz・送信所は東山タワー・試験放送2014年2月頃開始予定:東海総合通信局報道資料(2013年10月25日)

InterFM名古屋、編成は東京の番組中心。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐村河内守に関するスモール・メディアのトーク

○佐村河内守に関するスモール・メディアのトーク

 

現代のベートーベンこと佐村河内守の件。

ウチにはテレビがないので、問題が起きて、『週刊文春』の記事やラジオのニュース・トピックスに上ってくるまで全く知りませんでした。

下記リンクは、私が聴いた範囲のネット・ラジオなどで話題に上った佐村河内守トーク。スモール・メディアやっぱり面白いなぁ。「さむらかわちのかみ」は、意外と思いつく人が多いネタなのかもしれません。

FMC/QIC
※上記サイトの「2014年2月9日放送分(第902回)B枠「お便り(現代のべートーべーン+輸送艦おおすみ事故)」」

第403回 「ジジネタの七十 奇跡のポッドキャスト」 - 桜川マキシム

週刊マンデーイレブン | FMらら : 第79回/2014年2月10日放送
※岐阜県可児市のコミュニティーFM曲の番組のポッドキャスト版
 佐村河内守の話題は00:07:00ぐらいから。

さばラジオ : 第三百二回 遅疑逡巡の一部
「『さむらごうち』ってことが言いたいだけやな」は至言。

本人ではなくゴースト・ライターが書いていたというだけで、作曲者や楽曲そのものは優れていると言っている音楽家や評論家もいるようです。

偽ベートーベン事件の論評は間違いだらけ あまりに気の毒な当代一流の音楽家・新垣隆氏:JBpress(日本ビジネスプレス)

クラシックでしかもチョッと前衛的ってところが曲者ですね。私のような素人には、そんな曲の善し悪しを理解したり判断したりする音楽的素養はハッキリ言ってないです。歌詞でも付いてればまだなんとか取りつく島もありますけどね。


バラクーダー「演歌・血液ガッタガタ」(1985年)
現代のベートーベンは、ベートーベン鈴木で決まり!
 

当ブログ内の人気記事


| | コメント (1) | トラックバック (0)

岐阜エフエムが自主再建を断念、新会社に放送事業譲渡へ(2014年3月31日)。

岐阜エフエムが自主再建を断念、新会社に放送事業譲渡へ(2014年3月31日)。

 

ビフォさんから頂いたコメントにもあるように、経営難の岐阜エフエムが自主再建を断念し、2014年3月31日で会社を解散、新会社に事業を譲渡するとのこと。いわゆる「新旧分離」。

このニュースを、朝日新聞中日新聞岐阜新聞それぞれのウェブ版で見たところ、不思議なことに、岐阜から離れれば離れるほど記事が詳しい。岐阜新聞に至っては、サイト内を「岐阜エフエム」で検索しても事業譲渡に関する記事がない(2014年2月20日現在)。大人の事情? 紙の紙面には出てるのかもしれないけど。

経営難の岐阜エフエム、3月で解散 新会社に事業譲渡へ(朝日新聞デジタル、2014年2月19日)

 岐阜県域のFMラジオ放送局で、債務超過による経営難に陥っていた岐阜エフエム放送(岐阜県大垣市、金川五朗社長)は19日、自主再建を断念し、3月末で解散すると発表した。放送事業は今後、同局が加盟する系列のキー局、エフエム東京やエフエム愛知が新設した会社が引き継ぐ。

(つづきは朝日新聞デジタルで)

岐阜エフエムが会社解散、新会社に譲渡へ(中日新聞、2014年2月19日)

 岐阜県内でFMラジオ放送を行う岐阜エフエム放送(岐阜県大垣市)は19日、総務省の許可を条件に、3月31日で解散して放送事業を新会社「エフエム岐阜」に譲渡すると発表した。

 総務省から放送免許承継の許可を受けて事業譲渡されるのは、全国の民放FM局では3例目。エフエム岐阜は事業所やスタジオ、従業員をそのまま引き継ぎ、放送を継続する方針。

(つづきは CHUNICHI WEB で)

岐阜新聞 Web内「岐阜エフエム」の検索結果

気になるのは、「「新会社「エフエム岐阜」(大垣市)は昨年8月、エフエム東京、愛知の2局のほか、民放FM38局に番組を供給する「ジャパンエフエムネットワーク」の出資で設立」(朝日新聞)とのこと。地元に受け皿となる企業がいないのだろう。「承継後の今年4〜6月に第三者割当増資を実施し、岐阜県内企業の出資比率を50%以上に引き上げる」(中日新聞)とのことだけれど……。

岐阜エフエムは、21世紀に入ってから開局した唯一の県域ラジオ局(2001年4月1日)。Wikipedia によると「県域AM局として岐阜新聞系列の岐阜放送があり、1980年代後半まで郵政省が、県域AM局経営安定の観点から県域FM局の周波数割り当てを渋っていた」とのこと。経営に関する懸念は開局する前からあったということだ。

Radio-i 閉局(2010年9月30日)も含め、九州・関西・東海でラジオ局の苦境が顕在化してきた。関東は、いつまで持ち堪えられるのだろうか?

※ラジオ局の事業譲渡

  • CROSS FM:株式会社エフエム九州→株式会社CROSS FM(2008年7月1日)※新旧分離
  • Kiss FM KOBE:株式会社Kiss-FM KOBE→兵庫エフエム放送株式会社(2010年10月1日)※新旧分離
  • LOVE FM:株式会社九州国際エフエム→天神エフエム株式会社(2011年1月1日)※既存別会社への譲渡
  • FM COCOLO:関西インターメディア株式会社→株式会社FM802(2012年4月1日)※既存別会社への譲渡
  • 岐阜エフエム:岐阜エフエム放送株式会社→エフエム岐阜(2014年4月1日)※新旧分離

以前に一度だけ岐阜に行ったことがある。金の信長像が屹立する駅前の道路の道幅の広さにはビックリしたけれど、ほとんど車が走っていなかった(日曜日だったからかもしれない)。

他方、岐阜駅への人の流れは多かった。同行の名古屋人によれば、「名古屋に行くんじゃない?」とのこと。新快速1本、20分ぐらいで岐阜から名古屋に出られてしまう。県庁所在地同士がこんなに近いというのも珍しい。岐阜駅前に柳ヶ瀬という大きな繁華街があったけれど、人はあまりいなかった。

ひょっとしたら、リスナーも広告も名古屋の放送局に吸い取られてしまってるのかも。岐阜県内では名古屋のAMも聴けるし、美濃のほうは FM AICHI や ZIP-FM も受信できるらしい。

広告代理店の人も売り上げを上げたい一心で、「もうちょっと上乗せして頂ければ、名古屋のラジオで広告出せますよ」とか言っちゃってたりして(これは邪推)。


JR東海道本線新快速車窓 岐阜~名古屋
ホントに20分で着いてしまうんです。
 

岐阜エフエムは「13年3月期で3億円超の債務超過」(中日新聞)なのだとか。ちなみに、その昔、金津園に3か月で1億稼いだ「南野陽子」というソープ嬢がいたらしい。「南野陽子」9か月分。90年代は景気よかったんスね。

東海地方では、4月にはInterFM名古屋も開局する。新生岐阜エフエムも良い再スタートが切れることをお祈りいたします。

ナンノこれしきっ!

※当ブログ内の関連エントリー:

ラジオ局売上高ランキング(関東)平成24(2012)会計年度

nterFM名古屋局、2014年4月開局・周波数79.5MHz・送信所は東山タワー・試験放送2014年2月頃開始予定:東海総合通信局報道資料(2013年10月25日)

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(6+):RADIO-i

朝霧さぎり『サヨナラ、ありがとう〜FMラジオ局の音が消える日〜』(近代映画社、2011年)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ)ワタミ過労死裁判の回を聴いて、高杉良『青年社長』(ダイヤモンド社、1999年)を想い返す。

○「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ)ワタミ過労死裁判の回を聴いて、高杉良『青年社長』(ダイヤモンド社、1999年)を想い返す。

 

「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2014年02月17日(月)22:00-24:55)、テーマは「ワタミ社員の過労死裁判をきっかけに考える。過労死をなくすには、どうしたらいいのか?」:

2014年02月17日(月)「過労死問題 」(提案モード) - 荻上チキ・Session-22

元会長で参議院議員の渡辺美樹は、出演依頼に応じず。

番組を聴きながら、高杉良『青年社長』(ダイヤモンド社、1999年)を想い出した。

この小説は、渡辺美樹を主人公とする立志伝で、学生時代の仲間たちと起業し、ワタミフードサービスを成功に導く、彼の半生に取材している。

この小説は、渡辺が夢ひとつ徒手空拳でベンチャー企業を立ち上げ、自らの商才とヴァイタリティーで外食業界トップの一角にまで登り詰める話——と思われているかもしれない。

しかし実際に読んでみると、渡辺の成功は、周囲の人たち、とりわけ先輩たちの助けなしではあり得なかったことが判る。

まず、学生時代に立ち上げたイヴェントで資金集めに窮した際には、大学の剛胆なOBの手が差し伸べられ、成功に漕ぎ着けることができた。

開業資金を貯めるために入社した佐川急便では、大卒だというだけの理由で他のトライヴァーの理不尽なイジメにあい、「一日のノルマが、七十軒百三十個の配達と、二十軒八十個の集荷」という重労働で体を傷めてしまう。しかし、所長や古参のドライヴァーの理解に助けられる。

(ちょっと脱線。世間じゃ「佐川男子」だとか「佐川萌え」だとか言ってるけれど、要は、筋肉質で機敏な青年が四六時中走り続けないとこなせない仕事量ってことなんじゃないの?)

飲食店経営のスタートでも、同業の大先輩であるつぼ八の社長の提案で、飲食業会のノウハウを実地で学ぶチャンスを得る。仲間をつぼ八に入社させて「産業スパイ」よろしくノウハウを学ばせていたとろ、それに気づいたつぼ八の社長からスカウトされたのだ。

その後何度も経営上の危機に瀕するものの、その度に必ず様ざまな先達の助け舟を得て切り抜けている。

出来る人というのは、他人にも多くを要求するもので、社員に過大な要求をするのは、渡辺自身が自分の手で事業を成功させたという自負の結果かもしれない。

でも、先輩たちに助けられて来たという事実を、忘れちゃぁいないかい。

渡辺がキー・ワードとしてよく挙げる言葉に「夢」がある。彼が以前文化放送で担当していた番組名が「渡邉美樹「夢の途中」」だったり、彼が理事長として文京区で運営している学校の名前は「郁文館夢学園」だったり、ことあるごとに「夢」を語る。

でも、命あっての夢だよね。

※関連リンク:

ワタミ社内文書入手渡辺美樹会長が「365日24時間死ぬまで働け」 | スクープ速報 - 週刊文春WEB


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

残念……:「新藤映画「裸の島」舞台 宿祢島落札できず」(YOMIURI ONLINE、2014年2月15日)

○残念……:「新藤映画「裸の島」舞台 宿祢島落札できず」(YOMIURI ONLINE、2014年2月15日)

 


宿彌島
大きな地図で見る
 

新藤兼人[監督]『裸の島』(1960年)の舞台となった広島県三原市沖に浮かぶ島・宿彌島(すくねじま)が競売にかけられ、「新藤兼人監督と映画『裸の島』を愛する会」が落札のため募金を呼びかけておりました。

私も寄付を申し出ていたのですが……残念。

新藤映画「裸の島」舞台 宿祢島落札できず(YOMIURI ONLINE、2014年2月15日)

 新藤兼人監督の映画「裸の島」(1960年)の舞台で、競売にかけられた三原市鷺浦町の無人島・宿祢(すくね)島の落札者を決める開札が14日、地裁福山支部であり、福山市西深津町のアパート賃貸業の男性(73)が約780万円で落札した。名作の舞台を守ろうと寄付を募って応札した、新藤さんの次男で近代映画協会の新藤次郎社長(64)や映画ファンの思いは届かなかった。 (田中昭二)

(つづきは YOMIURI ONLINE で)

落札者が今後の売買交渉には応じる意向らしいので、まだ可能性は残されているようです。


新藤兼人[監督]『裸の島』(1960年)テーマ曲
 

※関連リンク:

映画『裸の島』の島が競売にかけられるそうです。(当ブログ内)

新藤兼人監督に関して、小林信彦のほうが正しいことが判りました:「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、2012年1月29日(木)22:00-23:50)(当ブログ内)

宿禰島の住人 : 勝手に 佐木島製作所 日報


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パーラメントCMソング名曲5:「Hyadain Station」(bayfm、2013年7月28日(日)23:00-23:30)

○パーラメントCMソング名曲5:「Hyadain Station」(bayfm、2013年7月28日(日)23:00-23:30)

 

ナイスな企画でございます。


「Hyadain Station」
(bayfm、2013年7月28日(日)23:00-23:30)

 

日本のどこかで同じCMを同じような気持ちで見ていた人がいたと思うと、チョッとうれしい。

「自由と安らぎの香り、PARLIAMENT」というナレーション、長塚京三だったんですね。

番組内では、ボビー・コールドウェル(Bobby Caldwell)はPARLIAMENTのCMに2曲も採用されたという話になっているけれど、番組で紹介された  "Stay with Me" (1988)"Heart of Mine" (1988) のほかに "Come to Me" (1978) も採用されたので、実際には3曲だ。

番組の最後にかかった  "Stay with Me" の歌詞・節回しともに完璧に同期して歌える自分が、懐かしいやら気持ち悪いやらである(ただし、歌唱力はイマイチ)。

個人的にはレイ・ケネディ(Ray Kennedy)の "Just for the Moment" (1980) が5位までに入っていなかったのが残念。


Ray Kennedy, "Just for the Moment" (1980)
 

私がラジオを聴き始めた頃は、PARLIAMENT提供の「Fabulous Night」(TOKYO FM、放送期間等不詳)というAOR専門番組があったし、「JT YEAH! YEAH!」(TOKYO FM、1988~1992年、月~金23:00-23:30)でもAORアーティストが特集されることがけっこうあった(と思う)。

正直言って、PARLIAMENTのCMやAOR楽曲に象徴される「都会・外国・大人」の雰囲気に憧れていた。

私が中学・高校ぐらいのころは、田舎でくすぶっているヤンキーにウケそうなポップなJロックが人気だったように思う。クソ田舎に住んでいた私の周りもその例外に漏れなかったけれど、アンチ・ヤンキーで教師たちとの折り合いも良かった私には全然響かなかった。

大学進学と同時にこんな町からとっとと抜け出してやろうと心に決めていた私にとっては、PARLIAMENTのCMとAORの浮世離れした世界観は、決してフィクションではなく、むしろ未来を先取りしたヴァーチャルなリアリティーだった。

ただ、実際に東京に出て、大人になったけれど、PARLIAMENTのCMに出てくる「タックス&タイでプールサイドのカクテル・パーティー」みたいな経験は未だにない。下町暮らしである。

バブル崩壊は遅くとも1991年の2月だと言われている。したがって、今になって思えば、私がAORを聴いていたころには、バブルは終っていたことになる。

その後、1995年1月17日の阪神・淡路大震災、1995年3月20日の地下鉄サリン事件が続く。

オレたちは、90年代に裏切られた世代だなぁ。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットラジオの登録者数と日本の都市人口を比較してみた。

○ネットラジオの登録者数と日本の都市人口を比較してみた。

 

調査内容

ネットラジオの登録者数と日本の都市人口との比較

調査方法

下記の2つのデータを対照:

データが古く、終了している番組も多いですが、まぁ、お遊びということで。

調査結果

番組名・自治体名の右の数字が、登録者数・人口です。

  • (東京23区 8,945,695)
  •  神奈川県横浜市 3,688,773
  • 男と女の心理講座「知りたい!相手の気持ち」 3,452,049
  •  大阪府大阪市 2,665,314
  • セクシー心理学~声だけで人間の心をつかむ技術~ 2,581,726
  •  愛知県名古屋市 2,263,894
  • いーふろん亭 ぽっど寄席 2,237,910
  •  北海道札幌市 1,913,545
  •  兵庫県神戸市 1,544,200
  •  福岡県福岡市 1,474,015
  •  京都府京都市 1,463,743
  •  神奈川県川崎市 1,425,512
  •  埼玉県さいたま市 1,222,434
  •  広島県広島市 1,173,843
  • 野口嘉則の "幸せ成功法則" <ポッドキャスト>  1,126,178
  • Podcast français facile 1,087,116
  •  宮城県仙台市 1,045,986
  •  福岡県北九州市 976,846
  • i-morley 964,865
  •  千葉県千葉市 961,749
  •  東京都世田谷区 877,138
  • テレビ番組を斬る! 862,431
  •  大阪府堺市 841,966
  • 和田裕美のWada Cafe~Podcasting~ 829,762
  • ふぁんた時間 813,103
  •  新潟県新潟市 811,901
  •  静岡県浜松市 800,866
  •  熊本県熊本市 734,474
  • のりものポッドキャスト 731,136
  •  神奈川県相模原市 717,544
  •  静岡県静岡市 716,197
  •  東京都練馬区 716,124
  •  岡山県岡山市 709,584
  •  東京都大田区 693,373
  •  東京都足立区 683,426
  •  東京都江戸川区 678,967
  • すぐにつかえる中国語3分講座 653,680
  •  千葉県船橋市 609,040
  •  鹿児島県鹿児島市 605,846
  •  東京都八王子市 580,053
  •  埼玉県川口市 561,506
  •  東京都杉並区 549,569
  •  兵庫県姫路市 536,270
  •  東京都板橋区 535,824
  •  愛知県松山市 517,231
  •  栃木県宇都宮市 511,739
  •  大阪府東大阪市 509,533
  • Apple Accent 500,376
  • SoccerCast 503,402
  •  千葉県松戸市 484,457
  •  兵庫県西宮市 482,640
  •  岡山県倉敷市 475,513
  •  大分県大分市 474,094
  •  千葉県市川市 473,919
  •  石川県金沢市 462,361
  •  広島県福山市 461,357
  •  東京都江東区 460,819
  •  兵庫県尼崎市 453,748
  •  長崎県長崎市 443,766
  •  東京都町田市 426,987
  •  東京都葛飾区 442,586
  •  富山県富山市 421,953
  •  愛知県豊田市 421,487
  •  香川県高松市 419,429
  • クラシック名曲サウンドライブラリー 418,624
  •  神奈川県横須賀市 418,325
  •  岐阜県岐阜市 413,136
  •  神奈川県藤沢市 409,657
  • ☆ひなこの簡単!一言心理学☆ 408,220
  •  大阪府枚方市 407,978
  •  千葉県柏市 404,012
  •  宮崎県宮崎市 400,583
  • セクシー女優!最新!裏事情 391,947
  •  大阪府豊中市 389,341
  •  長野県長野市 381,511
  •  愛知県一宮市 378,566
  • 女の子の写真スライドショー 377,198
  •  愛知県豊橋市 376,665
  •  愛知県岡崎市 372,357
  •  群馬県高崎市 371,302
  •  和歌山県和歌山市 370,364
  •  奈良県奈良市 366,591
  •  東京都品川区 365,302
  •  大阪府高槻市 357,359
  •  大阪府吹田市 355,798
  •  北海道旭川市 347,095
  • 蛙男商会 ポッドキャスティング 346,788
  •  高知県高知市 343,393
  •  埼玉県川越市 342,670
  •  福島県いわき市 342,249
  •  埼玉県所沢市 341,924
  •  群馬県前橋市 340,291
  •  福島県郡山市 338,712
  •  滋賀県大津市 337,634
  •  東京都北区 335,544
  • 毎日ちょこっとリスニング特訓~podcast~ 334,249
  •  埼玉県越谷市 326,313
  •  東京都新宿区 326,309
  •  秋田県秋田市 323,600
  •  沖縄県那覇市 315,954
  •  東京都中野区 314,750
  •  三重県四日市市 307,766
  •  愛知県春日井市 305,569
  • BS@もてもてラジ袋 303,686
  • S-J-P Study Japanese Podcast 302,829
  •  福岡県久留米市 302,402
  •  青森県青森市 299,520
  •  岩手県盛岡市 298,348
  • 田透と国井咲也(アニメ会)の二次元へいきまっしょい!(にじいき) 295,352
  • ワンボタンの声 293,056
  •  福島県福島市 292,590
  •  兵庫県明石市 290,959
  •  三重県津市 285,746
  •  東京都豊島区 284,678
  •  新潟県長岡市 282,674
  • 東京ポッド許可局 282,645
  •  山口県下関市 280,947
  •  千葉県市原市 280,416
  •  北海道函館市 279,127
  • アキバ系!電脳空間カウボーイズ 277,849
  • タイムマシン部 276,040
  •  大阪府茨木市 274,822
  •  大阪府八尾市 271,460
  •  茨城県水戸市 268,750
  •  東京都目黒区 268,330
  •  兵庫県加古川市 266,937
  •  福井県福井市 266,796
  •  徳島県徳島市 264,548
  •  長崎県佐世保市 261,101
  •  神奈川県平塚市 260,780
  • おかんニュース 259,393
  • 役に立たない英会話 259,334
  • STORYTELLER BOOK ポッドキャスティング by 心尽 255,898
  •  東京都府中市 255,506
  •  山形県山形市 255,506
  •  静岡県富士市 254,027
  •  東京都墨田区 247,606
  • ハイテクおもしろWebラジオ『ハラショー』 246,282
  •  埼玉県草加市 243,855
  •  長野県松本市 243,037
  • 続・師匠的。 240,157
  • Chinese Station 2 - ポッドキャストで中国語 241,831
  •  広島県呉市 239,973
  •  大阪府寝屋川市 238,204
  •  青森県八戸市 237,615
  •  佐賀県佐賀市 237,506
  •  埼玉県春日部市 237,171
  •  神奈川県茅ヶ崎市 235,081
  •  神奈川県大和市 228,186
  •  兵庫県宝塚市 225,700
  •  神奈川県厚木市 224,420
  •  埼玉県上尾市223,926
  •  東京都調布市 223,593
  • ラーメン動画 byゼロスペ 222,762
  •  群馬県太田市 216,465
  •  茨城県つくば市 214,590
  •  島根県松江市 208,613
  •  群馬県伊勢崎市 207,221
  •  東京都文京区 206,626
  •  東京都港区 205,131
  •  東京都渋谷区 204,492
  •  新潟県上越市 203,899
  • 新刊ラジオ―「話題の本を耳で読む」新刊JP公式ポッドキャスティング 203,582
  •  東京都荒川区 203,296
  •  埼玉県熊谷市 203,180
  •  静岡県沼津市 202,304
  •  三重県鈴鹿市 199,293
  • 森脇健児の楽屋噺 199,277
  •  大阪府岸和田市 199,234
  •  山梨県甲府市 198,992
  •  神奈川県小田原市 198,327
  •  鳥取県鳥取市 197,449
  •  山口県山口市 196,628
  •  東京都西東京市 196,511
  •  兵庫県伊丹市 196,127
  •  茨城県日立市 193,129
  • VC社長日記 191,780
  •  広島県東広島市 190,135
  • アニメ会の『ヲタめし!』 190,088
  •  千葉県八千代市 189,781
  • Pirates Choice 189,693
  •  京都府宇治市 189,609
  •  東京都小平市 187,035
  •  東京都三鷹市 186,083
  •  大阪府和泉市 184,988
  •  青森県弘前市 183,473
  • Podcasting 京都 183,297
  •  愛知県豊川市 181,928
  •  北海道釧路市 181,169
  • フラつく。-フランス人のカノジョをつくろう。 180,705
  • ブレンダ&武田和久の「引き寄せの法則&EFT」 180,467
  •  東京都日野市 180,052
  • 藤原直哉のインターネット放送局 179,942
  •  東京都立川市 179,668
  •  愛知県安城市 178,691
  •  富山県高岡市 176,061
  •  東京都台東区 175,928
  •  神奈川県鎌倉市 174,314
  • お経・JP 174,169
  •  山口県宇部市 173,772
  •  北海道苫小牧市 173,320
  •  千葉県佐倉市 172,183
  •  島根県出雲市 171,485
  • Road to TOEFL iBT 170,463
  •  神奈川県秦野市 170,145
  • 朗読の森 169,940
  •  宮崎県都城市 169,602
  • トリカゴ放送 169,153
  •  静岡県磐田市 168,625
  •  北海道帯広市 168,057
  •  三重県松阪市 168,017
  •  愛媛県今治市 166,532
  • Chinese Station-ポッドキャストで中国語 166,204
  •  愛知県西尾市 165,298
  •  千葉県浦安市 164,877
  •  千葉県習志野市 164,530
  •  栃木県小山市 164,454
  •  千葉県流山市 163,984
  • 内藤みかの聴く連ドラ〜小説朗読podcasting〜 162,404
  •  岐阜県大垣市 161,160
  •  宮城県石巻市 160,826
  •  長野県上田市 159,597
  •  埼玉県新座市 158,777
  •  茨城県ひたちなか市 157,060
  •  兵庫県川西市 156,423
  •  埼玉県狭山市 155,727
  •  千葉県野田市 155,491
  • Filnラジオ放送局 154,617
  •  栃木県足利市 154,530
  •  埼玉県久喜市 154,310
  • 秘伝!診断士暗記術 153,794
  •  東京都東村山市 153,557
  •  埼玉県入間市 149,872
  •  山口県周南市 149,487
  •  鳥取県米子市 148,271
  • ▼秘伝!社労士暗記術▼ 148,150
  •  東京都多摩市 147,648
  •  愛知県小牧市 147,132
  •  大阪府守口市 146,697
  • Apple News Radio ワンボタンの声 146,656
  •  栃木県栃木市 145,783
  •  愛知県刈谷市 145,781
  • ポッドキャスト・ドラマ「耳がミケランジェロ」 145,630
  •  岐阜県各務原市 145,604
  •  広島県尾道市 145,202
  •  埼玉県深谷市 144,618
  •  山口県岩国市 143,857
  •  茨城県土浦市 143,839
  •  静岡県焼津市 143,249
  •  茨城県古河市 142,995
  •  静岡県藤枝市 142,151
  •  長崎県諫早市 140,752
  •  三重県桑名市 140,290
  •  東京都青梅市 139,339
  •  東京都武蔵野市 138,734
  •  山形県鶴岡市 136,623
  •  愛知県稲沢市 136,442
  •  宮城県大崎市 135,147
  • ポッドキャスト説法 134,119
  •  千葉県我孫子市 134,017
  • 南原竜樹の未来時事通信 132,954
  •  熊本県八代市 132,266
  •  愛知県瀬戸市 132,224
  •  静岡県富士宮市 132,001
  •  北海道小樽市 131,928
  •  福岡県飯塚市 131,492
  •  埼玉県三郷市 131,415
  •  宮崎県延岡市 131,182
  •  滋賀県草津市 130,874
  •  大阪府門真市 130,282
  •  三重県伊勢市 130,271
  •  沖縄県沖縄市 130,249
  •  大阪府箕面市 129,895
  •  埼玉県朝霞市 129,691
  •  神奈川県座間市 129,436
  •  千葉県木更津市 129,312
  • Japanese Classical Literature at Bedtime 128,941
  •  千葉県成田市 128,933
  •  神奈川県海老名市 127,707
  •  岩手県一関市 127,642
  •  大阪府大東市 127,534
  •  鹿児島県霧島市 127,487
  • Diving Movies 127,218
  •  佐賀県唐津市 126,926
  •  福島県会津若松市 126,220
  • 四畳半スクリーマー 126,088
  •  北海道北見市 125,689
  •  奈良県橿原市 125,605
  •  大分県別府市 125,385
  •  岩手県奥州市 124,746
  •  大阪府松原市 124,594
  •  滋賀県長浜市 124,131
  •  北海道江別市 123,722
  •  福岡県大牟田市 123,638
  •  埼玉県戸田市 123,079
  • K-MIX:相馬裕子のCHEERS 123,046
  •  東京都中央区 122,762
  • R30 122234
  •  愛媛県新居浜市 121,735
  •  群馬県桐生市 121,704
  • コーチングでポジティブライフ (オン・ゴーイング) 121,599
  • 119Mac 121,369
  •  栃木県佐野市 121,249
  •  東京都国分寺市 120,650
  •  埼玉県鴻巣市 119,639
  •  大阪府富田林市 119,576
  •  東京都小金井市 118,852
  •  愛知県半田市 118,828
  •  奈良県生駒市 118,113
  •  栃木県那須塩原市 117,812
  •  大阪府羽曳野市 117,681
  •  沖縄県うるま市 116,979
  •  山口県防府市 116,611
  •  東京都東久留米市 116,546
  •  静岡県掛川市 116,363
  •  滋賀県東近江市 115,479
  • "超"ポッドキャストマーケティング 115,151
  •  埼玉県加須市 115,002
  •  兵庫県三田市 114,216
  •  広島県廿日市市 114,038
  • Theravada Online ゴータミー精舎日記 113,574
  •  岐阜県多治見市 112,595
  •  大阪府河内長野市 112,490
  • オッサンとあたし 112,353
  •  東京都昭島市 112,297
  •  滋賀県彦根市 112,156
  •  愛媛県西条市 112,091
  •  静岡県三島市 111,838
  •  山形県酒田市 111,151
  •  香川県丸亀市 110,473
  •  石川県白山市 110,459
  •  沖縄県浦添市 110,351
  •  茨城県取手市 109,651
  •  茨城県筑西市 108,527
  •  石川県小松市 108,433
  • ビジネス「超」進化論 108,192
  •  千葉県鎌ケ谷市 107,853
  •  愛知県東海市 107,690
  •  岡山県津山市 106,788
  •  福岡県春日市 106,780
  •  埼玉県富士見市 106,736
  •  埼玉県ふじみ野市 105,695
  •  長野県飯田市 105,335
  •  鹿児島県鹿屋市 105,070
  • まよコソ♪ 104,435
  •  大阪府池田市 104,229
  • インターネットラジオ/お笑いマンション708 102,649
  •  栃木県鹿沼市 102,348
  •  新潟県三条市 102,292
  •  埼玉県坂戸市 101,700
  •  岩手県花巻市 101,438
  •  新潟県新発田市 101,202
  •  神奈川県伊勢原市 101,039
  •  大阪府泉佐野市 100,801
  • 心に響く話し方実践セミナー(ソーシャルキャピタルWAVE) 100,674
  •  長野県佐久市 100,552
  •  広島県三原市 100,509
  •  静岡県島田市 100,276
  •  福岡県筑紫野市 100,172
  •  愛知県江南市 99,730
  •  鹿児島県薩摩川内市 99,589
  •  福岡県糸島市 98,435
  •  秋田県横手市 98,367
  •  岐阜県可児市 97,436
  • お台場レインボーステーション 97,424
  •  三重県伊賀市 97,207
  • ホセ先生 の ラジオスペイン語講座 96,805
  •  長野県安曇野市 96,479
  •  福岡県宗像市 95,501
  •  福岡県大野城市 95,087
  • 富士丸な日々 94,875
  • 今すぐ使える新潟弁byポッドキャスト 94,875
  •  茨城県神栖市 94,795
  •  北海道室蘭市 94,535
  • イス研ラジオBLOG 94,229
  •  兵庫県高砂市 93,901
  •  北海道千歳市 93,604
  •  富山県射水市 93,588
  •  兵庫県芦屋市 93,238
  •  岩手県北上市北上市 93,138
  •  千葉県茂原市 93,015
  •  岐阜県高山市 92,747
  •  滋賀県甲賀市92,704
  •  京都府亀岡市92,399
  •  沖縄県宜野湾市91,928
  •  福井県坂井市91,900
  • RDK -RoDoKu- / 朗読ポッドキャスティング 91,584
  •  新潟県柏崎市 91,451
  •  岐阜県関市 91,418

※当ブログ内の関連エントリー:

ラジオの地方局、リスナーもパーソナリティーも涸渇?


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「東京には臨時災害FMの免許は出ません」by総務省:「アダチ区民放送局」(ネットラジオ、2014年2月8日(土)23:00-24:50)

○「東京には臨時災害FMの免許は出ません」by総務省:「アダチ区民放送局」(ネットラジオ、2014年2月8日(土)23:00-24:50)

 

「アダチ区民放送局」(ネットラジオ、2014年2月8日(土)23:00-23:50)によると、「東京には臨時災害FMの免許は出ません、出しません」というのが総務省の立場とのこと。

上記の発言は総務省の正式な発表ではないものの、同番組のパーソナリティーで、足立区民放送開局準備室の宮﨑誠弥氏が、担当者から直接聞いた話のようだ。

足立区民放送開局準備室 | あなたの放送局、いま作ってます!(公式サイト)

アダチ区民放送局 2014年2月8日号 - 2014/02/08 23:00開始 - ニコニコ生放送

阪神淡路大震災・東日本大震災以降、災害FMの重要性は広く知られるようになった。したがって、「免許を出さない」という発言は一見理不尽にも思えるが、ちゃんとした理由がある。

災害FMは、急を要し、かつ人命に関わるため、電話など口頭で開局の申請ができる。しかし、臨時災害放送局と言えども、れっきとした放送局であるため、周波数が空いてなければ開局は出来ない。東京には周波数の空きがないため、免許を出せないとのこと。聞けば納得な話だ。

災害FMが開局できないとなると、既存のコミュニティーFM局が頼りとなる。しかし、62の市区町村を擁する東京都に、現在、コミュニティーFM局は10局しかない。周波数の空きがないという事情もあるが、人口比からいっても圧倒的にに少ない。この数は、47都道府県で7位。

都道府県別コミュニティーFM局数ランキング
※2014年2月現在

  1. 北海道  26局
  2. 沖縄県  16局
  3. 神奈川県 13局
  4. 静岡県  11局
  5. 兵庫県  11局
  6. 鹿児島県 11局
  7. 東京都  10局
    新潟県  10局
    愛知県  10局

ただ、コミュニティーFM局のない地方自治体の中には、送信機を購入している所もあるようだ。いざというときにはその送信機で災害FMを開局するという考えのようだ。しかし、前述の理由から、東京では宝の持ち腐れになる恐れもある。

もし、近隣でコミュニティー放送局の開局準備中の団体があればどんな活動をおこなっているか確認して、趣旨に賛同できる場合は応援するのが、転ばぬ先の杖ではないかと思う。

※当ブログ内の関連エントリー:

東京都内のコミュニティーFM開局準備会リスト(2014年2月11日改訂)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京都内のコミュニティーFM開局準備会リスト(2014年2月11日改訂)

○東京都内のコミュニティーFM開局準備会リスト(2014年2月11日改訂)

 

以前に作成した、東京都内のコミュニティーFM開局準備会リストを改訂しました。

「地元の人が意外と気づいてない」というのが東京の準備会あるある?

東京都内のコミュニティFM開局準備会リスト

開局予定地の自治体コード順。

「他にもある」という情報があればぜひご教示を。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(86)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(86)

 

2013年12月のつづき:

池袋のTOYOTAオートサロン アムラックス東京、2013年12月23日(月・祝)で閉館。

浅草で見かけたひときわ異彩を放つポスター:『ALL ABOUT UMEKICHI』(2010年)

在京ラジオ局新規採用者数一覧(1987〜2012年度)

ラジオ局売上高ランキング(関東)平成24(2012)会計年度

セブン銀行とKDDIのクリック募金

煙突のない公営団地にもサンタがやって来るのはなぜか?:Sharon Jones & the Dap-Kings, "Ain't No Chimneys in the Projects" (2010)

カネはなくても、クリスマスはやって来る:Paul Simon, "Getting Ready For Christmas Day" (2010)

ラジオNIKKEI社屋が移転しました。

輝く!僕のラジオ大賞 2013

2014年1月:

あけましておめでとうございます。

「ロシアの声」日本語放送、中波放送を廃止、短波放送は継続。

[動画]The Real Music Station / InterFM

ラジオな一曲(49):Liza Minnelli, "New York, New York" (1977)

(TOKYO 女の選択:8)「興味の向くまま体当たり 水谷加奈さん」(朝日新聞デジタル、2014年1月7日)

やしきたかじん特集:「林哲司・半田健人 昭和音楽堂」(静岡放送SBSラジオ、2013年5月5日(日)21:00-21:30)

「大瀧詠一のスピーチバルーン」ゲスト:高田渡(BSデジタルラジオ LFX488、2001年12月15日(土)21:00-22:00)

実写版Twitter炎上

恋するフォーチュンクッキー CBCラジオ Ver.

ラジオな一曲(50):Coleman Hawkins, "Un Abraco No Bonfa (An Embrace to Bonfa)" (1962) ※「AVANTI」(TOKYO FM)のジングル。

ウクレレで「AVANTI」(TOKYO FM)のジングルを弾いてみました。※インチキなタブ譜付


当ブログ内の人気記事


過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(29)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(30)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(31)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(32)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(34)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(35)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(36)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(38)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(39)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(40)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(41)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(42) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(43)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(44)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(45)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(46)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(47)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(48)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(49)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(50)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(51)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(52)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(53)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(54)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(55)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(56)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(57)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(58)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(59)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(60)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (61)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (62)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(63)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(64)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(65)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(66)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(67)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(69)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(70)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(71)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(72)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(73)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(74)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(75)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(76) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(77) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(78)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(79) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(80)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(81)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(82) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(83)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(84)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(85)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオ福島が契約アナウンサーを募集しているようです(平成26年4月入社)。

○ラジオ福島が契約アナウンサーを募集しているようです(平成26年4月入社)。

 

ラジオ福島が契約アナウンサー(平成26年4月入社)を募集しているようです。

応募締切は平成26年2月17日(月)正午必着とのことです。

契約アナウンサー募集| いつもいっしょに。Withラジオ福島

※当ブログ内の関連エントリー

レヴュー:東日本大震災とラジオに関する書籍あれこれ


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオな一曲(52):伊藤久男「選挙くせものこわいもの」

○ラジオな一曲(52):伊藤久男「選挙くせものこわいもの」

 

東京は大雪でありました。投票率、低いだろうなぁ。


 

伊藤久男「選挙くせものこわいもの」
 

伊藤久男「選挙くせものこわいもの」

雨のふる日に長靴で
おえらいお方がてくてくと
ちっぽけ間借のボクン家へ
泥んこ道をいとやせぬ
ちょいとなさけにほだされて
いつもその手でだまされる
選挙くせものこわいもの

[……]

狭い日本に八千万
親子八人四畳半
息もできない不自由さ
物も言えない不自由さ
もしも僕らが投票を
売らなきゃ自由になったのに
選挙くせものこわいもの

親父辛党 酒が好き
息子甘党 菓子が好き
それぞれ好みはあろうもの
無理に合わせちゃ身の毒よ
親子親類夫妻
右にならえにゃおよばない
選挙くせものこわいもの

作詞作曲は三木鶏郎。

※当ブログ内の関連エントリー:

ラジオな一曲(51):榎本健一「これが自由というものか」(1954年)

「大瀧詠一のスピーチバルーン」ゲスト:高田渡(BSデジタルラジオ LFX488、2001年12月15日(土)21:00-22:00)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

問題:日本で初めて男の子を演じた大人の女性声優は誰でしょう?

◯問題:日本で初めて男の子を演じた大人の女性声優は誰でしょう?

 

日本で初めて大人の女性が男の子を演じたラジオ・ドラマは?

今や、アニメ・洋画で女性声優が男の子を演じることは珍しくないが、その始まりは1954年。ラジオ・ドラマ「ヤン坊ニン坊トン坊」(NHKラジオ第1、1954年4月11日〜1957年3月31日、日17:30-18:00)。

「ヤン坊ニン坊トン坊」は、西の国(インド)の王が虎の国(中国)の皇帝に献上した高貴な白い仔猿の3兄弟が、両親に会うために逃げ出して故郷に帰る様子を描いた冒険譚。

原作は、ウォルター・ジョン・デ・ラ・メア(Walter John de La Mare, OM)の The Three Mulla Mulgars  (1910), aka The Three Royal Monkeys。日本では、ドラマ化の2年前に脚本家・飯沢匡自身によって『サル王子の冒険』(岩波文庫、1952年)として出版された他、『ムルガーのはるかな旅』(岩波少年文庫、1997年)としても翻訳されている。

児童文学ではあるが、執筆当時にイギリスとロシヤが中央アジア覇権をめぐって展開していた対立、いわゆる「グレート・ゲーム」(the Great Game)がストーリーの背景にあると考えられる。


「ヤン坊ニン坊トン坊」最終回
(NHKラジオ第1、1957年3月31日(日)17:15-18:00)

 

日本で初めて男の子を演じた大人の女性は黒柳徹子

このラジオ・ドラマの主役である3匹のオスの仔猿を、成人女性が演じている。その3人うちのひとりが、「徹子の部屋」(テレビ朝日)で知られる黒柳徹子。末っ子のトン坊を演じている。この作品は、彼女の初主演作品でもある。主役3人のうち、初回から最終回まで3年間演じ通したのは黒柳のみである:

  • ヤン坊宮内順子(文学座、劇団の地方公演のため降板)→里美京子(NHK放送劇団)
  • ニン坊:西仲間幸子(文学座、妊娠により降板)→横山道代(NHK放送劇団、現・横山道乃)
  • トン坊黒柳徹子(NHK放送劇団)

里美・横山・黒柳の3人は「NHK三人娘」として人気者となり、「ヤン坊ニン坊トン坊」も好評を博した。


「ヤン坊ニン坊トン坊」収録風景
 

上の写真の右から2番目、髪を触っている女性が黒柳徹子。ヴァイオリニストの父とエッセイストの母とのあいだに乃木坂で生まれた深窓のご令嬢。

ちなみに、写真中央のマイクは、マツダA型ベロシティーマイクロフォンと思われる。「マツダ」(MAZDA)はGE社が所有していたアメリカのブランド。玉音放送も、同じ型のマイクで録音された。

「イチかバチかの大冒険」

番組オーディションの様子は黒柳の著書『トットチャンネル』(新潮社、1984年;新潮文庫、1987年)に詳しい。NHK職員が次のように説明するシーンがある:

「[……]このオーディションの最大の目的は、

『大人で子供の声を出せる人』

という事。作者の飯沢匡先生は、子役を使わずにやりたい、脚本を、本当に理解し、感情を表現して演じる、ということは、子役には難しいし、スタジオで、学校の宿題をやったりしているのを見るのは、子供が気の毒でたまらない。まして、これは、ナマ放送の上に、歌が何曲もあるので、子供には無理だろう、と、おっしゃってます。それで、今までに、ないことですが、大人の女性の皆さんに、男の子の声を出して頂いてみることにしました」

[……]「これは、大冒険で、かなりの反対もあったけれど、飯沢匡先生の強い希望であるので、イチかバチか、やってみようと思う」ということも、その人は、つけ加えた。なお、役に合った声が必要なので、審査員になまじ、顔を見せないほうがいい、という事で、ガラス箱のむこうの副調整室と、マイクの前に立つ女優とは、厚い木の、ついたてが、遮断した。

黒柳徹子『トットチャンネル』(新潮文庫、1987年)PP.190-191

ちなみに、このオーディションには、当時文学座の岸田今日子も参加していた。このとき選に漏れた彼女も、のちに「ムーミン」(フジテレビ、1969年および1972年)でムーミンを演じ、男の子の声を担当することになる。

女性声優に男の子を演じさせるという脚本家・飯沢匡の「イチかバチか」の「大冒険」が、今や普通のこととして浸透している。

孫悟空の野沢雅子や、江戸川コナンの高山みなみへ続く道の始まりは、黒柳徹子だったということになる。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィリップ・シーモア・ホフマン、死去。(2014年2月2日)※『パイレーツ・ロック』(2009年)主演

○フィリップ・シーモア・ホフマン、死去。(2014年2月2日)※『パイレーツ・ロック』(2009年)主演

 


Philip Seymour Hoffman (1967-2014)
 

俳優のフィリップ・シーモア・ホフマン(Philip Seymour Hoffman)が、2014年2月2日に死去した。享年46歳。ヘロインの過剰摂取が死因と見られている。

ベネット・ミラー[監督]『カポーティ』Capote(2005年)のトルーマン・カポーティー役などで知られ、同作でアカデミー主演男優賞およびゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞した。

当「ラジオ批評ブログ」としては、リチャード・カーティス[監督]『パイレーツ・ロック』The Boat That Rocked(2009年)での主演、ザ・カウント役が印象深い。


リチャード・カーティス[監督]『パイレーツ・ロック』
The Boat That Rocked
(2009年)
予告編
 

つづいて『パイレーツ・ロック』から、「F」ワードに関する名シーンをどうぞ。

ビル・ナイ(Bill Nighy)演じる局の運営者クエンティン(Quentin)とザ・カウントのやり取り。どちらの言うことにも一理ある。自由な表現と表現の自由との両立は大変だ。

ご冥福を。


 

ザ・カウント うれしいお知らせです。オレはまもなく、連合王国のロックンロール・ラジオ史上はじめて「F」ワードを言ったDJになる。

でも、人を不快な気持ちにするのが目的じゃない、楽しませるためさ。それに、ちょっとだけ教育的な目的もあるかもしれない。

銃をぶっ放したら誰かが死ぬし、爆弾を落としたら大勢が死ぬ。女を殴ったら愛が死ぬ。でも、「F」ワードを言ったって、実際何も起りはしない。

じゃあ行くぜ。あなたにお送りする、「F」ワード。

 (クエンティン、ブースに入って来る)

ザ・カウント その前に、すてきな音楽をどうぞ。

クエンティン それはダメだ。

ザ・カウント どうしてダメなんだ? ただの言葉だろ!

クエンティン 心ひかれる発想だ。でも、状況は単純だ。当局はすでに私たちを嫌っている。そんなことしたら、彼らは私たちを心底嫌って、何が何でもこの局をつぶしにかかる。

ザ・カウント できっこない。オレたち海賊だぜ。だからわざわざ海のド真ん中にいるんじゃないか。

クエンティン 彼らはきっとやる、間違いない。政府というのは、民衆が自由でいることをイヤがるものだ。

ザ・カウント わかった。

わかった、考えがある。

親愛なる同志諸君、残念なお知らせだ。然る筋からのお達しで、「F」ワードはおあずけだ。

少なくとも今は、オレたちの自由の夢は悲劇の死を遂げた。でもホリーズはまだ生きてるぜ。

クエンティン ありがとう。

ザ・カウント どうしてあんなことするのか解らない。たった1回だけ "fuck" って言おうとしただけだ。ほんの1回のちっぽけな "fuck" だ。

クエンティン ほんのちっぽけな "fuck" なんてものはない。

ザ・カウント いや、あるさ。アンガスの彼女に聞いてみなよ。

クエンティン それはそれとして、私たちを "fuck up" しないで済むようなちっぽけな "fuck" なんてものはない。ある日夢が叶って、ラジオで "wank" だとか "bollocks" だとか、"cock" だって言えるようになるかもしれない。 でも、"fuck" だけは絶対ダメだ。

 (ハロルド、ブース内に入って来る)

ハロルド 失礼します、閣下。

ザ・カウント おお、どうした、ハロルド?

ハロルド スタジオのマイクがオンのままです。

ザ・カウント そうだな。

ラジオの前のみんな、4回も「F」ワードを言ってしまったことを謹んでお詫びする。……いや、5回だっけ、クエンティン?

引き続き、ホリーズを最後までどうぞ。

悪かった、クエンティン。でも、あんた、いい声だったじゃないか。ラジオ向きの美声だ。

クエンティン Fuck off.

ザ・カウント 6回目だ、クエンティン。

The Count  [...] so I'm proud to announce I will soon be the first person to say the "F" word on rock'n'roll radio in the United Kingdom of Great Britain.

But my aim is not to offend, it is to entertain, but also, perhaps, to educate a little.

Because if you shoot a bullet, someone dies.  When you drop a bomb, many die.  If you hit a woman, love dies.  But if you say the "F" word, nothing actually happens.

So here it comes.  Especially for you, the "F" word.

 (Quentin enters.)

The Count  First, though, this very fine piece of music.

Quentin  You can't do this.

The Count  Why not?  It's just a word!

Quentin  Charming thought, but here's the simple situation.  The authorities already dislike us.  If you do this they will hate us, and by hook or by crook, they'll find a way to close us down.

The Count  They can't close us down.  We're pirates.  That's why we're sitting out here in the middle of the freaking ocean.

Quentin  Believe me, they will find a way. Governments loathe people being free.

The Count  Okay.  Okay, I'm thinking about it.

My dear comrades, I have some sad news.  The powers that be have decreed that the "F" word is a word too far.

But at least for now, even though our dreams of freedom have died a tragic death, the Hollies are still alive.

Quentin  Thank you.

The Count  I don't know why you did that. I was just gonna say "fuck" once. You know, one tiny little "fuck."

Quentin  There's no such thing as a tiny little "fuck. "

The Count  Yeah there is.  You should ask Angus' girlfriend.

Quentin  Be that as it may, there's no "fuck" so small it won't fuck us up. One day, in a world of dreams, you'll be able to say "wank" or "bollocks" or even "cock" on the radio. But "fuck," never.

 (Harold enters)

Harold  Excuse me, my Lordship.

The Count  Yes, Harold?

Harold  You've left your mike up in the studio.

The Count  So I have.

I do apologise to everyone out there for the four...  Or was it five "F" words, Quentin? The Hollies will continue undisturbed.

I'm so sorry about that, Quentin, but you know, I thought you sounded good. You have a lovely voice for radio.

Quentin  Fuck off.

 The Count  That makes it six, Quentin.


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオな一曲(51):榎本健一「これが自由というものか」(1954年)

○ラジオな一曲(51):榎本健一「これが自由というものか」(1954年)

 


榎本健一「これが自由というものか」(1954年)
 

榎本健一「これが自由というものか」(1954年)

知らない間に実験で
知らない間にモルモット
知らない間にピカドンで
知らない間に水爆病
これは呆れた驚いた
何が何だかわからない
これが平和というものか
あちら任せの平和論

知らない間に値上げして
知らない間にMSA
知らない間に教育法
知らない間に機密法
これは呆れた驚いた
何が何だかわからない
これが自由というものか
あなた任せの自由論

知らない間に金上げて
知らない間に金取って
知らない間に税金で
知らない間に自衛隊
これは呆れた驚いた
何が何だかわからない
これが政治というものか
おかみ任せの政治論

60年前の曲なのに、今の日本にも当てはまる部分が多い。

作詞作曲は三木鶏郎。永六輔のお師匠さんですね。

この曲は、「ユーモア劇場」(NHKラジオ第1、1952年6月15日〜1954年6月13日、日19:30 - 20:00)のために作られたものと思われる。「日曜娯楽版」(NHKラジオ第1、1947年10月12日〜1952年6月8日、日19:30 - 20:00)の後番組。

1番で歌われているのは、アメリカがビキニ環礁でおこなった水爆実験および第五福竜丸事件(1954年3月1日)のこと。

2番の歌詞に出て来る「MSA」とは、1954年5月1日に結ばれた「日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定」(U.S. and Japan Mutual Defense Assistance Agreement)(PDF)。

そして三番、自衛隊の発足が1954年7月1日。

※当ブログ内の関連エントリー

「大瀧詠一のスピーチバルーン」ゲスト:高田渡(BSデジタルラジオ LFX488、2001年12月15日(土)21:00-22:00)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

V-Lowマルチメディア放送について書こうと思ったのだけれど……。

○V-Lowマルチメディア放送について書こうと思ったのだけれど……。

 

「V-Lowマルチメディア放送ってどうなの?」というタイトルで何かを書こうと思ったけれど、調べれば調べるほど、私はこの話に興味がないと確信した。

でも、私が読んだ中では、ブログ「フロムさんの大きなお世話~プロデューサー逍遥記」の一連の文章と、同氏のツイートがいちばん参考になった。ネットの趨勢としては、手放しで礼賛するニュース系の提灯記事と、「どうせ失敗するに決まってる」という個人の発言に大別されるようだけれど、そのどちらでもないところが良いと思う。

V-Lowマルチメディア放送(フロムさんの大きなお世話~プロデューサー逍遥記)

abex (abex795) on Twitter

私が途中まで書いていた記事の本文は全部消して、とりあえずリンクだけ残しておこう:

総務省|V-Lowマルチメディア放送に関する講演会を名古屋市内で開催

特別シンポジウム開催!|福岡V-LOW マルチメディア放送実験協議会

V-Lowマルチメディア放送が切り開く、全く新しい放送サービスとライフスタイルイノベーション(前編):ITpro

radiko、TuneIn、V-Lowマルチメディア放送のこれから:「ワールドビジネスサテライト」特集 変革するラジオに商機(テレビ東京、2013年10月17日(木)23:00-23:58)(当ブログ内)

Twitter / 検索 - V-Lowマルチメディア

総務省|放送法施行規則の一部を改正する省令案に係る電波監理審議会への諮問及びその答申並びに意見募集の結果

朝日新聞デジタル:NHK、ラジオのデジタル放送参入せず 費用面など懸念 - カルチャー

V-Lowマルチメディア放送 | NTTデータ

ニュース - V-High放送のソフト事業者に5社が名乗り、業務認定を申請:ITpro


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »