« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

都知事選とラジオの話

○都知事選とラジオの話

 

東京都知事選挙を前にして、ラジオの出演者が局側から原発の話はNGだと言われた話が話題になっている。

「原発に触れないで」放送局が要請 ピーター・バラカン氏の衝撃の生告白がネットで反響 : J-CASTニュース

東京新聞:NHK、脱原発論に難色 「都知事選中はやめて」:社会(TOKYO Web)

てことは、もちろん、「東京オリンピックの話したいんだけど」と言っても、都知事選前だから止められるんでしょうな、きっと。

さて、ピーター・バラカンと中北徹東洋大教授のふたつの話、同じ話に見えるけれど、前者は告示前、後者は告示後の話だと言う点が異なる。

私は、基本的にはいつでもどんなことでも本人の責任で喋ればいいと思うけれど、百歩譲って告示後に神経質になるのは理解できないこともない。ただ、告示前に止められるというのは、立候補者が正式に決まっていないのだから、論理的におかしい。

OKな話題とNGな話題の線引き、OKな時期とNGな時期の線引きは、どこにあるんでしょうね?

暗黙の自主規制なのか明示的な上からの規制なのか、原発だけ特殊な扱いなのか、そこが判らない以上、情緒的なことしか言えない。プロデューサーに一任されているとは思えないので、放送局ごとに判断基準があるはずだ。

NHK と TOKYO FM はキチンと説明したほうが話がはやいと思う。たとえばNHKの「詳細は番組制作の過程に関わることなのでお答えを控えます」と言うだけでちゃんと説明しないから、みんな陰謀論のバンドワゴンに跳び乗ってしまうのだと思う。

そういう意味に限っては、NHK と TOKYO FM に対するガッカリ感は否定のしようがない。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

これが名古屋のFMラジオ送信所、東山タワーだ!(名古屋市昭和区高峯町154 中京テレビ放送センター内)

○これが名古屋のFMラジオ送信所、東山タワーだ!(名古屋市昭和区高峯町154 中京テレビ放送センター内)

※送信アンテナについて加筆・修正。(2014年3月28日)

 

InterFM名古屋局に予備免許が公布されたのは2013年11月1日のこと。予定では、開局は2014年4月、試験放送開始は2月となっています。試験電波の送信もそろそろ始まるのではないでしょうか?

名古屋のFMラジオ送信所はどんなとこ?

送信所は、名古屋の県域FM局の送信所となっている東山タワー(名古屋市昭和区高峯町154 中京テレビ放送センター内)。

「TOPPYのくびったけブログ」によると、少なくとも2014年1月14日現在、送信所で工事が行われている様子はないとのこと。

通りがかったので東山タワーを見てきました(TOPPYのくびったけブログ)

※加筆

新しく独自のアンテナが設置されたようです:

以下、写真を交えつつ送信所をレポート。私が訪れたのは2013年3月なので、現状とは少し異なるかもしれません。

東山タワーはこんなところ

最寄駅は市営地下鉄名城線・八事日赤駅です。駅名の通り、近くには日赤病院があります。

東山タワーは、坂を登りきったところにある、丘の上の送信所です。


 東山タワー

中京テレビ局舎が見えてきました。


中京テレビ局舎
 

電波塔は、この奥、中京テレビ放送センターの端にあります。

FMラジオの送信アンテナ

下の写真に写っている部分にFMラジオの送信アンテナが設置されています。


この部分がFMラジオの送信アンテナ群。 
 

上の画像をクリックすると別ウィンドウで大きい画像が開きます。

上の赤い部分の中の左面に2段の構造物、右面に1段の構造物があります(裏側の2面にもそれぞれ1段づつあります)。この部分を NHK-FM と FM AICHI が共用しているらしいです。さらに、総務省の資料によると、NHK-FMとVICSも設備を共用しているとのこと。NHKと同じ周波数による多重放送というかたちです。

その下から白い部分にかけての同様の構造物が、ZIP-FMのようです。

よく見ると、それぞれの段に蝶ネクタイを縦にしたような形のものが見えます。この部分が送信アンテナです。東山タワーで使われているものは、「2L型双ループアンテナ」と言うそうです。

「2L型」とは、ループが2つあることを指します。双ループアンテナ(twin loop antenna)では、2つのループ(2Lアンテナ素子)が基本単位のようです。ループが4つあるものは、「4L型双ループアンテナ」、ループが6つあるものは、「6L型双ループアンテナ」と呼ばれます……文系のにわか勉強なのでトンチンカンな説明になっているかもしれません。これであってます?

送信鉄塔は中京テレビ放送センター内にあります。


中京テレビ放送センター
 

鉄塔の周囲にはいくつかの設備棟が並んでいます。

下記の画画像をクリックすると、Googleストリートビューで撮影地点とアングルがわかります。


「FM愛知送信所」の文字が読み取れます。
 

FM AICHI 以外は、どれがどの局の施設かは判りません。

アナログテレビの送信設備棟が撤去される以前は、FM AICHI も、隙間からチョッと見えるという感じだったようです。


 

 

 

Google Earth の衛星写真を見ると、建物ごとに屋根の汚れかたが違うので、設備の新旧はなんとなく想像できますが、それ以上のことは判りません。


東山タワー俯瞰図
大きな地図で見る
 

鉄塔をじろじろ見ていると、どこからともなく守衛さんが現れて、「中京テレビに何かご用ですか?」と声をかけられてしまいました。電波塔を見に来たと正直に告げると、苦笑しつつ、「とりあえず、敷地内には入らないでくださいね」と言って去って行きました。

これをGOサインと勝手に解釈して、飽きるまで電波塔を眺めて帰ってきました。


 

※当ブログ内の関連エントリー:

InterFM名古屋局、周波数79.5MHz・送信所は東山タワー:報道資料「名古屋地区における外国語超短波放送局の予備免許」(東海総合通信局、2013年10月25日)

※参考にしたサイト

名古屋市 昭和区(中京テレビ鉄塔)(「送信鉄塔見て歩きWeb」内)

名古屋のもうひとつのテレビ塔はどうなるの?(「TOPPY.NET」内)

FM(超短波)放送局配置図(総務省ウェブサイト内、PDFファイル)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ヘッドフォンかイヤフォンで聴いてみてください:「バイノーラルマイク(立体音響)を作って録音してみた(ヘッドフォン推奨)」(ニコニコ動画、2014年01月16日投稿)

○ヘッドフォンかイヤフォンで聴いてみてください:「バイノーラルマイク(立体音響)を作って録音してみた(ヘッドフォン推奨)」(ニコニコ動画、2014年01月16日投稿)

 

ニコニコ動画経由でウチのブログにアクセスがあるので確認したところ、こんな動画が投稿されていました……あ、再生する前に、ヘッドフォンかイヤフォンを準備して下さい。


バイノーラルマイク(立体音響)を作って録音してみた(ヘッドフォン推奨)
 

内容は、投稿者「おっと」さん自作のバイノーラル・マイクによる録音音源。参考サイトとして、拙ブログのエントリーを挙げてくださっております。

空き缶か何かの音のとき、思わず音のする方を見てしまいました。

だまされたと思って、ヘッドフォンかイヤフォンで聴いてみて下さい。けっこうスゴいです。

※当ブログ内の関連エントリー:

総工費600円 バイノーラルマイク自作講座(TBUG / Tokyo Binaural Users Group)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『裸の島』の島が競売にかけられるそうです。

○映画『裸の島』の島が競売にかけられるそうです。

 


宿彌島
大きな地図で見る
 

新藤兼人[監督]『裸の島』(1960年)の舞台となった広島県三原市沖に浮かぶ島・宿彌島(すくねじま)が競売にかけられるとのこと。「QIC」第900回(ウェブラジオFMC、2014年1月26日放送分)で話題になっていた。

映画の舞台となったこの島を守ろうと、俳優の柄本明をはじめとする「新藤兼人監督と映画『裸の島』を愛する会」が落札のため募金を呼びかけるている。

募金の申し込みは2014年1月末までで、入金は落札後。落札の暁には、参加者全員の名前を刻んだプレートを設置し、島は三原市に寄付するとのこと。詳細は、近代映画協会ウェブサイトで:

株式会社 近代映画協会

私は、『裸の島』を運よく劇場で観ることができた。2012年6月に川崎市市民ミュージアムで行われた新藤兼人監督の追悼企画で観て、深い感銘を受けた。

私も募金に協力しようと思います。

※関連リンク:

新藤兼人監督に関して、小林信彦のほうが正しいことが判りました:「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、2012年1月29日(木)22:00-23:50)(当ブログ内)

新藤兼人監督:「裸の島」競売へ 映画人ら募金呼びかけ - 毎日新聞

宿禰島の住人 : 勝手に 佐木島製作所 日報


新藤兼人[監督]『裸の島』(1960年)テーマ曲

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無料音楽ストリーミング・サービス「Spotify」

○無料音楽ストリーミング・サービス「Spotify」

 

ネットで見かけたある記事のタイトルの中に "Spotify" という単語が出て来た。お恥ずかしながら知らなかったので調べてみた。

「Spotify」は、スウェーデン発の無料音楽ストリーミング・サイトで、2013年12月現在、55カ国でサービスが提供されている。

無料版の「Spotify Free」と有料版の「Spotify Premium」(アメリカでは月額9.99米ドル)があるとのこと。無料版は広告入り。有料版は広告ナシで、30日間3台のデバイスで3333曲までの保存できるオフライン利用も可能。

Facebook のアカウントからの利用もできる。

Spotify Radio という機能を使うと、気に入った曲やアーティストの関連楽曲リストが自動生成され、再生されるとのこと。

ちなみに、海外のラジオの音楽専門局は、「Spotify」にお客を取られているという話も。

ただ、ザ・ビートルズ、AC/DC、レッド・ツェッペリン、キング・クリムゾンなど、楽曲提供を拒否しているアーティストもいるとのこと。

今のところ、日本版は公開されていない。レコード業界の利権が複雑なことが理由とのこと。日本からサイトにアクセスしてもIPアドレスで弾かれてしまう。それでも、アドオンを使ったりVPNを使ったりして利用している人もいるようだ。

もし日本版が公開されることになれば、日本のレコード会社やアーティストはどのくらい参加するのだろうか?

インターネットの普及につれてCDが売れなくなってきているというのは周知のこと。音楽業界が夢を売る商売ならば、「その夢に3,000円の価値はない」と宣告されているようなものだよね。

※関連リンク

Spotify: Music for everyone.(公式サイト)

間もなく日本上陸!? 無料の音楽スリトーミングサービス「Spotify」とは? (1) 無料の音楽サービスSpotify | マイナビニュース
連載第13回 次世代音楽放送の王者Pandora Radioに挑むSpotify | Musicman-NET
トム・ヨーク、「これでは新人アーティストが食っていけない」とスポティファイから音源を引き上げる (2013/07/16) | 洋楽 ニュース | RO69(アールオーロック)

Spotifyを日本で使う方法 2013年版(※ 自己責任でよろ) - Flash Black
日本からSpotifyを聴く方法〜洋楽好きには天国のようなサービスだよね | 山崎潤一郎の「また買ってしまった。」


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「永六輔の誰かとどこかで」(TBSラジオ)を、つボイノリオが継承しているらしい:「つボイノリオの誰かとどこまで」(CBCラジオ)

○「永六輔の誰かとどこかで」(TBSラジオ)を、つボイノリオが継承しているらしい:「つボイノリオの誰かとどこまで」(CBCラジオ)

 

およそ46年9か月、放送12,629回の歴史に惜しまれながら幕を下ろした「永六輔の誰かとどこかで」。

この番組をつボイノリオが継承しているらしい。その名も「つボイノリオの誰かとどこまで」。

「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」(TBSラジオ、2014年1月25日(土)8:30-13:00)によれば、つボイノリオが「永六輔の誰かとどこかで」のファンであることから、意志を継いで「つボイノリオの聞けば聞くほど」(CBCラジオ、月〜金9:00-11:40)内でパロディー番組を放送しているとのこと。

尺八によるオープニング・テーマ、タイトル・日付・回数を読み上げてから本編に入るなど、番組のスタイルを継承している。


「つボイノリオの誰かとどこまで」
(CBCラジオ、2013年10月15日(火))

 

でも、オープニングの曲がちがうなぁと思ってよく聴くと、「金太の大冒険」じゃないか! つボイ先生、さすがです。

この曲、着うたで配信中とのこと:

「つボイノリオの誰かとどこまで」のコーナーテーマ、『金太の大冒険』の"尺八バージョン"着うた®配信中! (hicbc.com:聞けば聞くほど information)

「永六輔の誰かとどこかで」でディレクターを務めていた石井彰氏もこのコーナーに登場した。


「つボイノリオの誰かとどこまで」
(CBCラジオ、2013年10月8日(火))

 

最近このブログ、CBCの話多いね。

※当ブログ内の関連エントリー:

永六輔の誰かとどこかで(TBSラジオ)、2013年9月27日で終了へ。

恋するフォーチュンクッキー CBCラジオ Ver.

「笑っていいとも!」に出られなかった話:「つボイノリオの聞けば聞くほど」(CBCラジオ、2013年10月23日(水)9:00-11:40)

つボイノリオ「名古屋はええよ!やっとかめ」(1985年)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「笑っていいとも!」に出られなかった話:「つボイノリオの聞けば聞くほど」(CBCラジオ、2013年10月23日(水)9:00-11:40)

○「笑っていいとも!」に出られなかった話:「つボイノリオの聞けば聞くほど」(CBCラジオ、2013年10月23日(水)9:00-11:40)

 

「つボイノリオの聞けば聞くほど」(CBCラジオ、2013年10月23日(水)9:00-11:40)によると、つボイノリオ先生は、「笑っていいとも!」(フジテレビ)の「テレフォンショッキング」に、もうチョットのところで出られなかったとのこと。

つボイ先生は声優の神谷明と旧知の親友で、「もしどちらかが「テレフォンショッキング」に呼ばれたら、お互いを紹介し合おう」と決めていたとか。実際に、神谷明が出演することになったけれど……


「つボイノリオの聞けば聞くほど」
(CBCラジオ、2013年10月23日(水)9:00-11:40)

 

ということで、神谷明の次は声優の平野文になったそうでございます。

そういえば、伊集院光も「大親友の」片平なぎさや斎藤陽子を紹介したことがある件についてラジオで話したことがあった。

ちなみに、オレは小学生のとき、もし「テレフォンショッキング」に呼ばれたら、親友のイトカワ君を紹介しようと心に決めていた。

※当ブログ内の関連エントリー:

恋するフォーチュンクッキー CBCラジオ Ver.

つボイノリオ「名古屋はええよ!やっとかめ」(1985年)

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(2):CBCラジオ


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民放ラジオ再編へ放送法改正 総務省(日本経済新聞電子版、2014年1月9日)

○「民放ラジオ再編へ放送法改正 総務省」(日本経済新聞電子版、2014年1月9日)

 

ラジオ局の経営統合、ラジオ業界の再編が始まるようだ。

JFN系列の県域FM局は、ほぼ一日中東京の番組を流しているので、どこがどこと経営統合しようと、聴いた感じは大して変らないような気もするけどね……などと意地の悪いことを言ってみたりして。

民放ラジオ再編へ放送法改正 総務省(日本経済新聞電子版、2014年1月9日)

 総務省は民放ラジオ局の経営統合を進めるため放送法の規制を緩める。いまは都道府県ごとにローカル番組を作らせる規定があるが、経営統合したラジオ局には課さないことにする。番組を共通化できれば制作費が大幅に減り、都道府県の境をまたいだ再編が進むとみている。広告収入の減少で経営が悪化している局が多く、制作の効率化が必要だと判断した。

(つづきは日本経済新聞電子版で)

マスメディア集中排除原則(放送法第93条第1項第4号及び第2項)の緩和がよりいっそう進むということなのだろう。

放送法(「法令データ提供システム」内)

おさらい

マスメディア集中排除原則の緩和については、既に、以下のような動きがあった。

2010年11月26日に「放送法等の一部を改正する法律案」(平成22年法律第65号)(PDFファイル)が成立している。

2011年3月4日に発表された省令案において次のような案を発表した:

II-(2)-②-ア 基幹放送の業務に係る表現の自由享有基準に関する省令を定める省令案

a ラジオ局(コミュニティ放送は除く。)について、放送対象地域の重複にかかわらず、4局(AM・FMの別を問わない)までマスメディア集中排除原則の適用除外とする特例を新設する。

b 地上放送全般(テレビ局、5局目以降のラジオ局、コミュニティ放送)について、放送対象地域が重複しない場合の議決権保有割合に係る支配基準を、現行の「20%以上」から「33.33333%超」に改正する。

別紙1. 平成23年3月. 総 務 省. 放送法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係省令等の整備について. (放送法等の一部を改正する法律(平成二十二年法律第六十五号)関係)(PDFファイル)

これを受けて、以下のような動きがある。

2012年4月から、FM802が FM COCOLO の経営を行う1局2波体制となった。

11月1日付けで、InterFMが名古屋に新しい外国語放送局を開局するための予備免許が2013年交付され、2014年4月開局予定である。

※当ブログ内の関連エントリー:

InterFM名古屋局、周波数79.5MHz・送信所は東山タワー:報道資料「名古屋地区における外国語超短波放送局の予備免許」(東海総合通信局、2013年10月25日)(当ブログ内)

南海放送取締役、ラジオのこれからを大いに語る:「まっすんのこれかラジオ♪ そこに風は吹いているか」(南海放送RNBラジオ、2012年6月4日(月)18:00-18:30)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(85)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(85)

 

2013年11月のつづき:

世界初のエイズ治療薬の開発者が日本人って知ってました?:「赤江玉緒 たまむすび」(TBSラジオ、2013年11月19日(火)13:00-15:30)

伝説の深夜ラジオ復活祭(CBCラジオ、2013年11月25日(月)〜28(日)22:00-23:55)

Kiss FM KOBE を池袋で発見!

高畑勲[監督]『かぐや姫の物語』(2013年)を観た。

ネタバレ編:高畑勲[監督]『かぐや姫の物語』(2013年)を観た。

文化放送・水谷加奈アナのヌードが『FLASH』の巻頭を飾っていました。

声優と俳優の違いとは何か?:放送批評懇談会50周年記念イベント「ギャラクシー賞が見つめたラジオ、テレビ、CM」(千代田放送会館、2013年6月22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日))

2013年12月:

「AVANTI」(TOKYO FM)でおなじみ「仙台坂」に関するトリビア

「radiko負担金、月額40万円強」(ZIP-FM):『中日新聞』2012年1月10日夕刊9面

クリックするだけで「ラジオ・チャリティー・ミュージックソン」(ニッポン放送)に募金ができるよ(第7回セブン銀行クリック募金、2013年12月1日〜2014年1月15日)

高畑勲監督は初音ミクユーザーみたいです:「MUSIC 24/7 THU 森本千絵のエリンギとイベリコブタ」(TBSラジオ、2013年12月5日(木)20:00-22:00)

秋葉原ラジオストアー閉館、64年の歴史に幕(2013年11月30日)

第1回大本営発表(真珠湾攻撃・太平洋戦争開戦)(NHKラジオ、1941年12月8日(月)6:00-)

三宅裕司が地井武男さんの“助っ人”「かぐや姫の物語」で声優(スポーツ報知、2013年12月6日)

グリエルモ・マルコーニ(Guglielmo Marconi 1874-1937)、大西洋横断無線通信に成功(1901年12月12日)。

文化放送の水谷加奈アナ、ヌードの次はポールダンスに挑戦。

昭和23年の新聞ラジオ欄に見る原子力政策:『朝日新聞』1957年3月31日(日)朝刊5面

「金儲け目当てにつくられたガラクタを美化するイデオロギー」:マックス・ホルクハイマー、テオドール W. アドルノ『啓蒙の弁証法——哲学的断章』(岩波文庫、2007年)

KKKと友達になった黒人ピアニスト:"Outlook" Black American Befriends the KKK (BBC World Service, 14:06GMT Mon, 16 Dec 2013)

スキップのすゝめ:「日刊深夜快速」Vol.1008「月曜版/週刊買い物ブギ」(ウェブラジオFMC、2013年12月9日配信)


当ブログ内の人気記事


過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(29)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(30)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(31)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(32)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(34)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(35)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(36)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(38)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(39)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(40)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(41)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(42) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(43)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(44)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(45)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(46)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(47)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(48)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(49)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(50)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(51)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(52)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(53)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(54)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(55)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(56)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(57)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(58)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(59)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(60)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (61)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (62)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(63)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(64)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(65)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(66)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(67)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(69)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(70)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(71)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(72)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(73)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(74)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(75)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(76) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(77) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(78)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(79) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(80)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(81)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(82) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(83)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(84)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウクレレで「AVANTI」(TOKYO FM)のジングルを弾いてみました。※インチキなタブ譜付

○ウクレレで「AVANTI」(TOKYO FM)のジングルを弾いてみました。※インチキなタブ譜付

 

ウクレレで「AVANTI」(TOKYO FM)のジングルを弾いてみました

今更ながら、「Santory Saturday Waiting Bar "AVANTI"」(TOKYO FM、1992年4月4日〜2013年3月30日、土17:00-17:55)のCM前のジングルを、ウクレレ・ソロで弾いてみました。


「AVANTI」(TOKYO FM)のジングル
〜ウクレレ・ソロ・ヴァージョン〜

 

インチキなタブ譜も作ってみました

タブ譜も作ってみました。

雰囲気重視でアレンジしました。メロディーは自分が弾きやすいように変え、コードは似た感じに聴こえるように変えているので、原曲とは違うかもしれません。

音楽の理論が解らないので、自分がどのコードを弾いているのか判りません。とりあえず、下のタブ譜には原曲のコードネームを書きました。

チューニングはスタンンダード(High G)ですが、Low G でも同じように弾けると思います。

本末転倒かもしれませんが、ギターでも5カポで1〜4弦だけを使えば同じように弾けると思います。


上の画像をクリックすると拡大表示されます。
 

※当ブログ内の関連エントリー:

ラジオな一曲(12):Fourplay, "Li'l Darlin'" (1993) ※「AVANTI」(TOKYO FM)のエンディング・テーマ

ラジオな一曲(50):Coleman Hawkins, "Un Abraco No Bonfa (An Embrace to Bonfa)" (1962) ※「AVANTI」(TOKYO FM)のジングル。

「AVANTI」(TOKYO FM)でおなじみ「仙台坂」に関するトリビア


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオな一曲(50):Coleman Hawkins, "Un Abraco No Bonfa (An Embrace to Bonfa)" (1962) ※「AVANTI」(TOKYO FM)のジングル。

○ラジオな一曲(50):Coleman Hawkins, "Un Abraco No Bonfa (An Embrace to Bonfa)" (1962) ※「AVANTI」(TOKYO FM)のジングル。

※誤りに気付き、加筆・修正しました。小見出しも付けました。(2014年1月19日)

 

「AVANTI」(TOKYO FM)のジングル

「Santory Saturday Waiting Bar "AVANTI"」(TOKYO FM、1992年4月4日〜2013年3月30日、土17:00-17:55)のジングルに使われていた曲がずっと判らなかった。CMの前に番組名やサイトのURLを読み上げるバックで流れていた ♪シシシシララッレ、ララララソソッドってやつ。

曲名が判明

お昼にたまたま入った大戸屋のBGMで、同じ曲の違うヴァージョンが流れていたので、USENのウェブサイトでプレイ・リストを検索して曲名がわかった。

「AVANT」のジングルに使われていた曲は、ジョアン・ジルベルト(João Gilberto)の "Um Abraço no Bonfá" (1960) 。邦題は「ボンファに捧ぐ」。読み方は「ウン・アブラッソ・ノ・ボンファ」、意味は「ボンファに抱擁を」みたいな感じ。


João Gilberto, "Um Abraço no Bonfá" (1960)
 
 

楽譜も見っけた。ウクレレで練習してみようかな。

UM ABRACO NO BONFA'(「BOSSANOVA GUITAR PLAYER'S PAGE」内)

ジングルで使われているヴァージョン

これで終ったと思って安心していたら、よく聴くと、ジルベルトのヴァージョンは、ジングルとバックの演奏が違う。それに、CM明けのサックスのヴァージョンも気になる。

再度調べたところ、コールマン・ホーキンス(Coleman Hawkins)の "Un Abraco No Bonfa (An Embrace to Bonfa)" (1962) と判明。

ジングルは、CM前・CM明けともに、このヴァージョンから取られているようだ。タイトルの表記が、オリジナルと若干違う(スペル・ミス?)。


Coleman Hawkins, "Un Abraco No Bonfa
(An Embrace to Bonfa)" (1962)
 
 

「ボンファ」(Bonfá)って誰?

曲名にある「ボンファ」(Bonfá)とは、ルイス・ボンファ(Luiz Bonfá)のこと。マルセル・カミュ[監督]『黒いオルフェ』Orfeu Negro(1958年)の主題歌「カーニバルの朝」"Manhã de Carnaval" などの作曲者。言わずと知れた、スタンダード・ナンバー。


Luiz Bonfá, ”Manhã de Carnaval" (1958) 
 

※当ブログ内の関連エントリー:

ウクレレで「AVANTI」(TOKYO FM)のジングルを弾いてみました。※インチキなタブ譜付

ラジオな一曲(12):Fourplay, "Li'l Darlin'" (1993) ※「AVANTI」(TOKYO FM)のエンディング・テーマ

「AVANTI」(TOKYO FM)でおなじみ「仙台坂」に関するトリビア


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋するフォーチュンクッキー CBCラジオ Ver.

○「恋するフォーチュンクッキー」CBCラジオ Ver.

 

つ、つボイ先生……ま、さんまで。


「恋するフォーチュンクッキー」CBCラジオ Ver.
 

ほかにもやってるラジオ局あるのかなぁ?


AKB48「恋するフォーチュンクッキー」(2013年)
福岡で撮ってんのかな?
 

※当ブログ内の関連エントリー:

つボイノリオ「名古屋はええよ!やっとかめ」(1985年)

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(2):CBCラジオ


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

実写版Twitter炎上

○実写版Twitter炎上:Twitter on Fire, the Movie - Alfred Hitchcock, The Birds (1963)

 

Twitter炎上を実写化するとこんな感じかな。いろんな意味でしっくりきて、味わい深いです。

50年も前の映画です。


アルフレッド・ヒッチコック[監督]『鳥』The Birds(1963年)
 

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「大瀧詠一のスピーチバルーン」ゲスト:高田渡(BSデジタルラジオ LFX488、2001年12月15日(土)21:00-22:00)

○「大瀧詠一のスピーチバルーン」ゲスト:高田渡(BSデジタルラジオ LFX488、2001年12月15日(土)21:00-22:00)※ニッポン放送で2013年1月18日(金)21:00-21:50に再放送。

 

大瀧詠一が高田渡を、高田渡が大瀧詠一を、お互いに語りあった回。


「大瀧詠一のスピーチバルーン」ゲスト:高田渡
(BSデジタルラジオ LFX488、2001年12月15日(土)21:00-22:00)

 

番組全体のテーマは、添田啞蟬坊らの明治演歌の精神が現代のポピュラー音楽にどのように受け継がれているか/いないのか、というような話。ちょっとした近現代日本ポピュラー音楽史。

ゲストのミュージシャンにオフの過ごし方を訊くような番組も悪くはないのかもしれないけれど、こういうインスピレイションを与えてくれる濃い音楽談義は聴いていて愉しい。

「ラジオ批評ブログ」としては、明治演歌をルーツとする諷刺の系譜として「日曜娯楽版」(NHKラジオ第1)と高田渡がつながっているというのは興味深かった。大瀧詠一の番組でなければ、こんな話題はなかなか出てこないだろうなぁ。

また、はっぴいえんどを一番最初に評価したのは高田渡だったとのこと。確かに、高田渡のメジャー・デヴュー・アルバム『ごあいさつ』(1971年)のレコーディングでバックをつとめたのは、はっぴいえんどでありました。

高田渡 おたくらの最初のグループのときにさぁ、日本語でロックやってたでしょ?

大瀧詠一 やってたね。やりたくなかったんだよ。

高田 いやいや、あの、はっぴいえんどの時ね、僕ね、最初出たときにね、こういうものは出てくるもんだと思ってたの。

大瀧 ふ〜ん。

高田 出てこなきゃおかしいと思ってたの。

大瀧 ほうほう。

高田 あのね、正確に言うとね、横文字の歌ばかり歌ってるヤツがず〜っといたら、こんなもんどうしようもないと思ってたの。

ちょっとね、あの、難解というかね、無理矢理なとこあったよ、ね、はっきり言えば。

大瀧 無理矢理でしたよ。

高田 松本[隆]君のせいだけどね。

大瀧 いやいやいや。

高田 でも、これは実験としてはいいと思った。

大瀧 実験でしたね、間違いなくね。

高田 だからね、あの実験は、僕は最初にね、面白いと思った。非常に面白かった。

大瀧 あなた、一番最初に評価してくれたからね。

今や、ふたりとも鬼籍の人であります。あぁ。


はっぴいえんど「さよならアメリカ、さよならニッポン」(1973年)
Live in「オール・トゥギャザー・ナウ」国立競技場、1985年6月15日
 

※関連リンク:

19850615: 謙遜と謙譲の音楽

FMC/QIC(ウェブラジオ)
2014年1月12日放送分(第898回)B枠「お便り(追悼大瀧詠一さん+頑張れ!!吉松育美さん+エクアドル日本人殺傷事件)」
※公開後4週間聴取可能。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

やしきたかじん特集:「林哲司・半田健人 昭和音楽堂」(静岡放送SBSラジオ、2013年5月5日(日)21:00-21:30)

○やしきたかじん特集:「林哲司・半田健人 昭和音楽堂」(静岡放送SBSラジオ、2013年5月5日(日)21:00-21:30)

 

以下にご紹介するのは、やしきたかじんが手術後に復帰したのを受けて、「林哲司・半田健人 昭和音楽堂」(SBSラジオ、2013年5月5日(日)21:00-21:30)で組まれた特集。

YouTubeにSBSラジオの公式動画が公開されています。ただし、曲の部分はカット。

以下の通り、番組を再現してみました。


「林哲司・半田健人 昭和音楽堂」
静岡放送SBSラジオ、2013年5月5日(日)21:00-21:30M

0:00-2:00
 

やしきたかじん「ゆめいらんかね」(1976年)
 

「林哲司・半田健人 昭和音楽堂」
2:00-4:47
 

やしきたかじん「あんた」(1984年)
 

「林哲司・半田健人 昭和音楽堂」
4:47-6:18
 

やしきたかじん「東京」(1993年)
 

「林哲司・半田健人 昭和音楽堂」
6:18-7:55
 

やしきたかじん「再会〜After Five Years〜」(1984年)
 

「林哲司・半田健人 昭和音楽堂」
7:55-11:01
 

やしきたかじん「やっぱ好きやねん '96」(1996年)

オリジナル・バージョン(1984年)

 

「林哲司・半田健人 昭和音楽堂」
11:01-エンディング
 

※関連リンク:

林哲司・半田健人昭和音楽堂  | SBS RADIO (公式サイト)

〝浪花の視聴率男〟やしきたかじんさん死去 食道がんで休養中 - MSN産経west


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(TOKYO 女の選択:8)「興味の向くまま体当たり 水谷加奈さん」(朝日新聞デジタル、2014年1月7日)

○(TOKYO 女の選択:8)「興味の向くまま体当たり 水谷加奈さん」(朝日新聞デジタル、2014年1月7日)

 

文化放送の水谷加奈アナウンサー、ヌード&ポール・ダンスでプチ・ブレイク中のようです。


 

東京)(女の選択)興味の向くまま体当たり(朝日新聞デジタル、2014年1月7日)

■ヌードになったアナウンサー 水谷加奈さん(46)

 文化放送アナウンサー、水谷加奈さん(46)は昨年10月、ヌードになることを決意した。

(つづきは朝日新聞デジタルで)

記事に、水谷アナの身長と体重が載っていました。結構小柄ですね。

……ていうか、うちのオカンとほぼ同じ背格好じゃないか! 水谷アナの責任ではありませんが、ちょっと微妙な気持ちになりました。

※当ブログ内の関連エントリー:

文化放送の水谷加奈アナがヌードになられました。

文化放送・水谷加奈アナのヌードが『FLASH』の巻頭を飾りました。

文化放送の水谷加奈アナ、ヌードの次はポールダンスに挑戦。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオな一曲(49):Liza Minnelli, "New York, New York" (1977)

○ラジオな一曲(49):Liza Minnelli, "New York, New York" (1977)

 


Liza Minnelli, "New York, New York" (1977)
マイクはガイコツ(SHURE 55SH)ですね。
 

映画史上屈指の歌唱シーンだと思います。

フランク・シナトラ(Frank Sinatra)の歌唱でこの曲を知っている人が多いと思いますが、マーティン・スコセッシ[監督]『ニューヨーク・ニューヨーク』New York, New York(1977年)でライザ・ミネリ(Liza Minnelli)が歌う劇中歌がオリジナル・ヴァージョンです。

それぞれ歌手とサックス奏者としての成功を夢見てニュー・ヨークにやってきた、フランシーヌ(ライザ・ミネリ)とジミー(ロバート・デニーロ)の青春ラヴストーリー。

上の動画は、愛し合ったまま不本意な別れを経て、歌手として成功したフランシーヌと別のかたちで成功を手にしたジミーが同席するシーンです。上の動画にもあるように、ジミーが作った曲という設定です。曲紹介の中の "a great believer in major chords" というフレイズが好きです。

ニュー・ヨークを取り上げるテレビ番組やコーナーでは必ずと言っていいほどこの曲のシナトラ版がBGMに使われるのはご存知のことでしょう。確かに、都会的でゴージャス、なおかつクラシカルな感じが、いかにもニュー・ヨークを彷彿とさせます。

しかし実際には、この歌はニュー・ヨークの歌ではなく、ニュー・ヨークに上京してくる田舎者の歌です。歌い出しはこうです:

Start spreading the news
I am leaving today
I want to be a part of it
New York, New York
さあ、みんなにニュースを広めてよ
今日出発するんだ
仲間に入りたい
ニュー・ヨークの

たかが上京するぐらいで大騒ぎですが、私も上京組の田舎者なので気持ちは解ります。

さて、関東在住で伊集院光のリスナーを長く続けている人は、最後まで聴くと懐かしい演奏を聴くことができます。「ラジオ批評ブログ」的には、これが本題なんですけどね。

「2時間クイズ、むずかC〜!」

* * *

余談ですが、"Martin Scorsese" 、何と読みますか?

日本語での読み方は、最近では 「マーティン・スコセッシ」で定着しているようですが、かつては映画雑誌によってまちまちで、私は最初「スコシージ」と憶えていました。少なくとも、私が中学生ぐらいのころの『ロードショー』(集英社)では「スコシージ」だったと思います。

ちなみに、Scorsese 作品に主演したこともあるレオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)が「スコースィーズ」と発音しているのを聴いた記憶もあります。"Scorsese" を英語の発音のルールに則って素直に読むとそうなるので、英語音声学的には正しい発音です。

では、Martin Scorsese 本人はどう発音しているかというと、


「アントラージュ★オレたちのハリウッド」
"Entourage" season 5, episode 12(November 23, 2008)

 

「スコースィー」に近いようです。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[動画]The Real Music Station / InterFM

○[動画]The Real Music Station / InterFM

 

こんな動画を発見。知らなかった。

動画の公開日が2013年5月2日で、ついさっき確認した再生回数が1,142回だったので、きっと皆さんもご存知ないだろうと思い、ご紹介します。

2012年9月14日付けで InterFM の執行役員(放送事業担当)に就任したピーター・バラカンが、2013年4月に自身が担当した初の改編と編成方針を紹介しています。


The Real Music Station / InterFM
スタジオのモニター・スピーカーはKRK VXT4(かな?)、マイクは Electro-Voice RE20 のようだ。
 

※当ブログ内の関連エントリー:

InterFM名古屋局、2014年4月開局・周波数79.5MHz・送信所は東山タワー・試験放送2014年2月頃開始予定:東海総合通信局報道資料(2013年10月25日)

ピーター・バラカン『ラジオのこちら側で』(岩波新書、2013年)

宇多田ヒカル、ボブ・ディラン、小坂忠、 都築響一……InterFMの2013年春の改編は気合いが入っているゾ!

ピーター・バラカン、InterFMの執行役員に就任。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ロシアの声」日本語放送、中波放送を廃止、短波放送は継続。

○「ロシアの声」日本語放送、中波放送を廃止、短波放送は継続。

 

2013年の8月以来、「ロシアの声」の短波放送が2013年いっぱいで廃止されるという報道が話題になっていました。

Voice of Russia Radio Stops Shortwave Service | Russia | RIA Novosti

ロシアの声,短波廃止問題 (続報4) - 国際短波放送情報

しかし実際には、「ロシアの声」日本語放送は短波ではなく中波を廃止したとのこと。

重要なお知らせ

「ロシアの声」日本語放送はこれまで長らく短波・中波でお届けして参りましたが、このほど中波放送が廃止されることになりました。

2013年末日までは従来通り短波5980、中波720の各kHzでお届けし、

2014年1月1日から3月29日までの期間は短波 5980kHzのみにて放送をお届けします。

3月30日以降の周波数については、追って本ページにてご案内いたします。

なお、引き続き、サイトの「アーカイヴ放送」(http://japanese.ruvr.ru/14-radio-programs)でも放送をお聞きになれます。

今後ともモスクワからの日本語放送をお楽しみください。

「ロシアの声」日本語課編集部

新春番組2013-2014: The Voice of Russia


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます。

○あけましておめでとうございます。

 


 

ふなっしー&くまモン羽子板
 

あけましておめでとうございます。

今年も昨年同様、そこそこがんばります。


 

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »