« セブン銀行とKDDIのクリック募金 | トップページ | カネはなくても、クリスマスはやって来る:Paul Simon, "Getting Ready For Christmas Day" (2010) »

煙突のない公営団地にもサンタがやって来るのはなぜか?:Sharon Jones & the Dap-Kings, "Ain't No Chimneys in the Projects" (2010)

○煙突のない公営団地にもサンタがやって来るのはなぜか?:Sharon Jones & the Dap-Kings, "Ain't No Chimneys in the Projects" (2010)

 


Sharon Jones & the Dap-Kings,
"Ain't No Chimneys in the Projects" (2010)


 

ゲットーに住む黒人の少女はサンタクロースについてある疑問を抱いていました:

When I was a child, I used to wonder
How Santa put my toys under the tree
I said, "Mama, can you tell me how this can be
When there ain't no chimneys in the projects?"

子供の頃、不思議だった
サンタがどうやってツリーの下におもちゃを持って来るのか
「ママ、おしえて。どうしてこんなことができるの?
 プロジェクトには煙突なんかないのに」

「プロジェクト」(the projects)とは、低所得者向けの公営団地のこと。ヒップホップなどのブラック・ミュージックずきな人はご存知かもしれません。"public housing project"(公共住宅計画)が呼称の由来。

歌詞に話を戻すと、その後、母親による説明が続き、やがて大人になった主人公はクリスマスの真実を知ります。煙突のない団地にプレゼントが届くのは、母親が言うようなサンタの魔法ではなかったのです。

ピーター・バラカンの「ウィークエンド サンシャイン」(NHK-FM、2011年12月24日(土)7:20-9:00)でこの曲を聴いて以来、最も好きなクリスマス・ソングのひとつになりました。

DJの選曲を通じて新しい音楽を知るということは、ラジオの愉しみのひとつです。CDを全部集めたミュージシャンは久しぶりでした。女ジェイムズ・ブラウンですよ、ホント。

PVも秀逸です。

主人公の少女はプロジェクトの屋上でひとりぼっちです。今ごろ母親は働いているのかもしれません。

すると、世界の上と下がひっくり返り、天空にプロジェクトが舞い上がります。でも、それはスノー・ドームの中の世界だったという切ないファンタジーです。

歌っているのは、シャロン・ジョーンズ(Sharon Jones)


 

まぁ、パッと見、小柄な小太りのおばちゃんです。

2013年6月に初期癌が見つかったものの、手術は成功し、年内は抗癌剤治療中とのことですが、11月にはニューヨーク市の "Macy's Thanksgiving Day Parade" に登場して健在ぶりを示しました。でも、少し心配です。


 

Sharon Jones and the Dap Kings to Play Macy's Thanksgiving Parade | News | BET(英語)

こんな実力のある人が、わりと最近までほぼ無名で、全く売れずにいたということに驚くとともに、アメリカのミュージック・シーンの層の厚さを感じます。

実力があって、歌い続けていれば、いつか陽の目を見るかもしれないというのは、機会の国アメリカの美点のひとつかもしれません。ただ、「層の厚さ」というのは、才能ある多くの人たちが過小評価されている状態の別名でもあります。

サンタの魔法でなんとかならないもんですかね?

* * *

シャロン・ジョーンズはこんな曲も歌っています

"100 Days, 100 Nights" (2010)

下の動画は、ホール&オーツ(Hall & Oats)のダリル・ホール(Daryl Hall)が、自宅から配信しているインターネットTV番組 "Live from Daryl's House" から。

Episode 34: Sharon Jones :: Live From Daryl's House with Daryl Hall(番組公式サイト、英語)

ゲストが到着してから、歌ったり、しゃべったり、食事をつくったり、食べたり、半日がかりで収録しています。おすすめ番組です。


Sharon Jones & Daryl Hall, "100 Days 100 Nights"
"Live from Daryl's House" 15rh Oct, 2010"

  

"This Land is Your Land" (2005)

ウディー・ガスリー(Woody Guthrie)によるフォークの名曲をブラック・ミュージックに再解釈。カッコいいです。


Sharon Jones & the Dap-Kings,
"This Land is Your Land" (2005)

 

※関連リンク

Sharon Jones: 'No Chimneys In The Projects' : NPR(英語)
※アメリカの公共放送・NPR(National Public Radio)の "Song of the Day" ウェブサイト

Sharon Jones and the Dap-Kings(公式サイト、英語)

ピーター・バラカン『ラジオのこちら側で』(岩波新書、2013年)(当ブログ内)


当ブログ内の人気記事


Google

|

« セブン銀行とKDDIのクリック募金 | トップページ | カネはなくても、クリスマスはやって来る:Paul Simon, "Getting Ready For Christmas Day" (2010) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 煙突のない公営団地にもサンタがやって来るのはなぜか?:Sharon Jones & the Dap-Kings, "Ain't No Chimneys in the Projects" (2010):

« セブン銀行とKDDIのクリック募金 | トップページ | カネはなくても、クリスマスはやって来る:Paul Simon, "Getting Ready For Christmas Day" (2010) »