« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

放送批評懇談会50周年記念イベント「ギャラクシー賞が見つめたラジオ、テレビ、CM」(千代田放送会館、2013年6月22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日))

◯放送批評懇談会50周年記念イベント「ギャラクシー賞が見つめたラジオ、テレビ、CM」(千代田放送会館、2013年6月22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日))

 

およそ半年前、放送批評懇談会50周年記念イベント「ギャラクシー賞が見つめたラジオ、テレビ、CM」(千代田放送会館、2013年6月22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日))を観に行った。このブログで言及し忘れていたのに気付いて、今頃書いております。

◯放送批評懇談会50周年記念イベント「ギャラクシー賞が見つめたラジオ、テレビ、CM」(公式サイト)


東京メトロ永田町駅から会場へ
駅の横では赤坂プリンスホテル跡地再開発工事中でした。
 

千代田放送会館
 

放送批評懇談会50周年記念イベント
「ギャラクシー賞が見つめたラジオ、テレビ、CM」
 

私は、最終日、以下のプログラムを観覧:

  • ラジオ部門プログラム10「制作者と聴くラジオドラマ大賞作品」
  • ラジオ部門プログラム11「ラジオの今を支えるDJパーソナリティ賞受賞者大競演」

ちなみに、テレビ部門では、百田尚樹と一緒に「探偵!ナイトスクープ」の全国アホ・バカ分布図の回を観賞するプログラムもあったようです。

さて、ここからは、私が観たふたつのプログラムをレポート。

実は、その時取ったメモがどっかに行ってしまっているので、目下、記憶だけが頼りの情況。メモが見つかったら改訂します。

ラジオ部門プログラム10「制作者と聴くラジオドラマ大賞作品」13:00-15:30

登壇したのは、エフエム福岡を中心にフリーのディレクターとして活躍している大塚和彦氏と、毎日放送の島修一氏。ちなみに、大塚和彦氏はライター集団 Write Stuff Guild も組織している。

Write Staff Guild | Facebook

会場には若い観覧者が多数で、意外だった。あくまで想像だけれど、どこかの放送系の専門学校か大学のクラスが全員で観に来ていた感じ。ラジオを聴く人は減っているけれど、ラジオで働きたい人は依然として多いんだなぁと実感。

さて、司会者(日大芸術学部の先生だったかな?)の進行で、まずはラジオ・ドラマの歴史を軽くおさらい。ラジオ・ドラマはラジオ芸術の究極形態だと私は思うのだけれど、意外にも、ギャラクシー賞大賞を受賞したラジオ・ドラマは、今のところわずか3つだけとのこと。

この日は、ゲストの大塚和彦氏が制作した「聞こえない声〜有罪と無罪〜」(エフエム福岡、2008年10月26日(日)19:00-20:00)を観賞。演出は大塚氏、脚本は映画『ペコロスの母に会いに行く』(2013年)の阿久根知昭。

「聞こえない声〜有罪と無罪〜」(プログラム|エフエム福岡)

ストーリー自体は2時間ドラマ的なサスペンスで、制作当時に導入を間近に控えていた裁判員裁判を題材にしたタイムリーさと、ある音が鍵になるラジオならではの謎解きが聴き所。登場人物がかなりディフォルメされていたけれど、登場人物の多い群像劇なので、上手く機能していたと思いました。

観賞後のトークの中で、謎解きの鍵になるある音を使った実験が行われたのだけれど、私はいちばん難易度の高い音はダメだったけれど、そのひとつ前まではついて行けました。

興味深かったのは、ディレクターの大塚氏は、劇中で使われる音楽も自ら作曲しているとのこと。理由としては、

  • 著作権の問題をクリアできるのでネット配信を視野に入れることができる。
  • シーンにピッタリのBGMを既存の楽曲の中から探すよりも時間を節約できる。

という利点を挙げていた。前者は何となく想像はつく。現在のところ、ありものの音楽を使ったラジオ・ドラマは、基本的に、地上波での再放送以外には再度リスナーに聴いてもらう方法がない。後者の方は目からウロコ、聞けばナットクな話で興味深かった。ちなみに、大塚氏はCubase、一緒に登壇した島修一氏の毎日放送は Pro Tools を使っているとのこと。

「聞こえない声〜有罪と無罪〜」有料配信のお知らせ - FM FUKUOKA

大塚氏によると、地方のラジオ局がラジオ・ドラマを制作する場合、開局記念特別番組などの場合は東京から有名な俳優を呼ぶこともあるが、通常は、制作費の問題などもあるので、地元の劇団とのコラボレイションになるとのこと。劇団員は、ふだんの公演で様ざまな役柄を演じているので、どんな役にも対応できるとのこと。

ただし、俳優とプロの声優とは決定的に異なる点があるとか。それは、マイク・パフォーマンスの違い。劇団員は基本的に舞台俳優であるため、オン・マイクの演技に必ずしも通暁していないのに対して、プロの声優はひと度マイクの前に立つと、マイクの前から少しもブレず、声だけで全てを表現する技術をもっているのだそうです。

何かのラジオ番組で聞いた話では、若い人が「声優になりたい」とか言うと、うるさ方の大物声優は決まって「声優になろうなんて思うな。声優は俳優業の一部だ」みたいな面倒くさいことを言うらしい。そんなイジワルなことを言うのは、俳優で食えなくてバイトで始めた「アテ師」の仕事で大成してしまったばっかりに、一生漱ぐことのできないルサンチマンを抱えた結果だと思うのだけれど、他方、最近の声優志望者は基本的にアニメを見て声優を目指すようになった人たちなので、むしろ「声優には声優なりの専門技術がある」みたいな話を聞きたいはず。そういう話は大御所声優ではなくディレクターに聞いたほうがいいのかもしれないね。

ラジオ部門プログラム11「ラジオの今を支えるDJパーソナリティ賞受賞者大競演」15:45-17:45

登壇したのは、

青山アナは、直前に足を骨折したとかで、松葉杖での登壇。

ここで、ラジオ・ドラマの話の時にいた学生さんたちがゴッソリいなくなり、「あぁ、最近の若い人は、上ちゃんとかピス兄は聴いてないんだなぁ」と寂しい気持ちに。

かくいう私も、先ほどのラジオ・ドラマの話に比べてやや盛り上がりには欠けたかなぁという印象。でも、興味深い話はあった。

上柳・高山両アナのようにラジオをやりたくて放送局に入る人も入れば、やの・西沢ご両人のように成り行きでラジオの世界に入ってくる人もいて、どんな人がラジオで成功するか判らないものだなぁと思った次第。

ピストン西沢は現在、パーソナリティー兼制作会社社長という立場とのこと。現在、番組に関してはすべて一任されている状態とのことだけれど、そこまで来るのに10年かかったとか。

また、ラジオは大勢の人を集めることに関してはテレビに到底かなわないけれど、ラジオは最も濃い100人を集めることができ、そこからの波及効果は馬鹿にできないと言っていた。さらに、ラジオ業界にはまだ可能性があり、目指すに値する業界であることを強調し、「オレはラジオの仕事でフェラーリを買った」とおっしゃっておりました。

プログラム後半から、ラジオ石巻の高橋幸枝アナが登壇。災害エフエムについての話に。使命感とはいいつつ、私からしてみれはむしろそれは乖離なのではないかと、精神的な負担が心配に。ただ、今回は堅い話中心だったものの、平時のやわらかい話でも面白そうな魅力のある人でありました。ちなみに、災害エフエムはサイマルラジオへの加盟費が免除されているとのこと。

この日。やのひろみの話を初めて聴いた。「あぁ、この人面白いなぁ」と、ちょっと得した気分でありました。これがこの日いちばんの収穫だったような気もする。

※当ブログ内の関連エントリー:

ギャラクシー賞入賞作品を聴いて、語り合う会Vol.13(ニッポン放送イマジンスタジオ、2011年7月3日(日)13:00-17:00)に行ってきた。

ギャラクシー賞入賞作品を聴いて、語り合う会Vol.14(日本大学藝術学部南棟B1 録音スタジオA、2011年10月2日(日)13:00-17:00)に行ってきた。

ギャラクシー賞入賞作品を聴いて、語り合う会Vol.15(ニッポン放送イマジンスタジオ、2012年7月7日(土)13:00-17:00)に行ってきた。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文化放送・水谷加奈アナのヌードが『FLASH』の巻頭を飾っていました。

◯文化放送・水谷加奈アナのヌードが『FLASH』の巻頭を飾っていました。

 

先日、拙ブログで、文化放送の水谷加奈アナが番組の企画でヌード撮影を体験したことに触れたのですが、最近妙にアクセスが増えて不思議に思っておりました。

文化放送の水谷加奈アナがヌードになられました。(当ブログ内)

水谷加奈アナのヌードが『FLASH』2013年12月10日号(光文社)に掲載されているのが理由のようです。


『FLASH』2013年12/10号(光文社)
 

「美魔女」とのこと
 

表紙を見るとそれほど大きい扱いではなさように見えますが、実は、巻頭グラビアです。

ヌードの他にも、ラジオのスタジオ内の写真なども載っていて、全5ページにわたる記事です。個人的には1ページ目の写真が良いと思います。

記事によると、今回の件で、検索ワードランキングで1位になったそうです。また、水谷アナは、「2ちゃんねるで自分の反響をチェックするのが好き」なのだとか。

『FLASH』からグラビアのオファーがあれば「会社員という立場もあるのですが、もちろん前向きに考えます」とのこと。まぁ、聞かなくても判ってますけど。

ひょっとすると写真集も出たりしてね。

ちなみに、『アサヒ芸能』2013年11月28日号(徳間書店)でも取り上げられているようです。

当ブログ内の関連エントリー:

文化放送の水谷加奈アナ、ヌードの次はポールダンスに挑戦。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネタバレ編:高畑勲[監督]『かぐや姫の物語』(2013年)を観た。

◯ネタバレ編:高畑勲[監督]『かぐや姫の物語』(2013年)を観た。

※少しだけ加筆(2013年11月28日、30日)

 


 

高畑勲[監督]『かぐや姫の物語』(2013年)を観たことは、先日、拙ブログで既に触れたが、今回はネタバレ編。

腐敗したこの世界こそ愛おしい

ちなみに前回のエントリーでは、この作品を端的にこうまとめた:


高畑勲[監督]『かぐや姫の物語』(2013年)予告編
 

素直な物語、豊穣な細部

『かぐや姫の物語』は、一見すると薄味で直球な『竹取物語』のアニメ化に見えてしまうかもしれない。ボンヤリしていると、ただの『竹取物語』のアニメ版として何も気づかずに終劇を迎えることもできる。そのように観た人は、この映画を、退屈なおとぎ噺として斬り捨てることもできるし、作画の美しさのみをひたすら褒めることもできる。

確かに、作品の核においては『竹取物語』ストーリーをなぞっているが、細部には『竹取物語』に関する考証がふんだんに盛り込まれている。それでいて、細部が極度に肥大しているわけではない。

全体と細部の両立のために、脚本は、ほぼ原作そのままのように見えて、実は驚くほど緻密に計算されている。

しかし、誰しもいくつか引っかかるシーンがあったはずだ。たとえば、月からの迎えがなぜ阿弥陀如来なのか。そのような描写が豊穣な細部への入り口になっている。こうした細部については、キリがないので割愛する。

高畑勲がはじめてセックスを描いた映画?

さて、本題。

宮崎駿監督が彼の引退作『風立ちぬ』(2013年)で、初めてセックスを描いたことが話題になった。

そして高畑勲監督も、これまでの作品の制作期間やインターバルを考えると同じく最後の作品になる可能性のある『かぐや姫の物語』で、初めてセックスを描いているのではないかと私は解釈している。

そのシーンとは、後半の飛行シーンである。

かぐや姫と捨丸が自然の中を自在に飛行するシーンは、一義的にはこの世の生の喜びのメタファーである。

それと同時に、あのシーンは、この世の性の悦びのメタファーでもあると思われる。

作品の中盤辺りで、かぐや姫が初潮を迎えたことが描写されるが、このことは、その後のストーリーに性が関わってくることを示唆している。

逆に、序盤では、まだ幼いかぐや姫が服を脱ぎ捨てて裸で水に跳び込むシーンがある。ジャーナリストの冷泉彰彦は、「欧米圏、あるいはイスラム圏では上映に大きな制約がつく」「このままでは折角の日本を代表するコンテンツの輸出に大きな制約がつく」として、「全世界で問題なく家族向けに上映できる版」への再編集を提案しているが、あのシーンのどこか物憂げなかぐや姫は、精神的には子供と大人の過渡期にあるが、肉体的にはまだ大人の女性ではないことを示すために必要なのだと思う。

世紀の大傑作『かぐや姫の物語』にあえて苦言を一言 | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

ついでに指摘しておきたいのは、作中で、彼女のアイデンティティーが着衣によって描き分けれられている点だ。白小袖と袴だけ(巫女さんと同じスタイル)の際は都に出る前の「竹の子」としての彼女、その上に衣を重ね着している際は都に出てからの「かぐや姫」としての彼女が表現されている。

例えば、名付の宴で、彼女の顔を見たいという貴族の手が迫った時、激情のあまり貝合わせの蛤を砕き割った彼女は、屋敷を跳び出し、衣を脱ぎ捨てながら山へ駆け戻り、その後誰もまだ足を踏み入れていない白い処女雪の上に横たわる(という夢想をする)。気がつくと、かぐや姫は御簾の中で目を醒ます。

純潔の危機に関するシーンがもうひとつある。それは、帝に抱きすくめられるシーンである。その後、かぐや姫は、魂を抜かれたような虚ろな表情で帝から逃れる。名付の宴のシーン同様、純潔の危機が正気の途絶として描かれる。

昇天するかぐや姫

話を飛行シーンに戻すと、媼(おうな)の指示で誰にも気づかれないように手配された牛車に乗って「かぐや姫」の姿で山に戻った彼女は、捨丸と再開する。5人の貴公子と帝を袖にしたかぐや姫は、ここで「竹の子」に戻り、いまや妻子ある捨丸と秘密の契りを結ぶ。

昼の野や山や湖や海の上を飛行したふたりは、途中で抱き合いながら、やがて月に届かんばかりの高みに達し、強く抱き合い、睦言とも取れる言葉を交わした後、急降下する。

衣を脱ぎ捨てて「かぐや姫」から「竹の子」に戻って飛行した彼女は、やがて牛車に乗って「かぐや姫」として都に帰って行く。かぐや姫の表情は伏せられ、帰路につく牛車だけが描かれる。

彼女が下界に興味をもつきっかけになった月の都の女性が、天女であること、人間の男と契りを結んで子を授かったこと、ふたりを汀に残して月に戻ったことを示すシーンがある。

かぐや姫もほぼ同じ道をたどったことになる。

思い返してみると、彼女が都の屋敷に初めて足を踏み入れた時に、数ある装束の中から薄衣を羽織って飛び回るように屋敷を駆け回るが、これは、かぐや姫自身も天女であることを示す伏線だったのだろう。

月へ帰る途中でかぐや姫は、地球を振り返って涙する。羽衣をまとうことでこれまでの記憶が消えているはずであるにもかかわらず。

きっとかぐや姫も、今ごろ月の都であの歌を歌っているに違いない。

※当ブログ内の関連エントリー:

高畑勲[監督]『かぐや姫の物語』(2013年)を観た。

高畑勲監督は初音ミクユーザーみたいです:「MUSIC 24/7 THU 森本千絵のエリンギとイベリコブタ」(TBSラジオ、2013年12月5日(木)20:00-22:00)

宮崎駿引退発表後、もう一度『風たちぬ』を観て気付いたこと。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (2) | トラックバック (18)

高畑勲[監督]『かぐや姫の物語』(2013年)を観た。

◯高畑勲[監督]『かぐや姫の物語』(2013年)を観た。

 


 

高畑勲[監督]『かぐや姫の物語』(2013年)を観た。シネマサンシャイン池袋のレイト・ショーで観賞。

かぐや姫の物語 公式サイト


高畑勲[監督]『かぐや姫の物語』(2013年)予告編
 

端的に言うと、

・話の構造としては、ニール・ブロムカンプ[監督]『エリジウム』Elysium(2013年)の逆。

・メッセージとしては、鬼塚ちひろ「月光」(2000年)の逆。

ネタバレになってしまうけれど、なななんと、かぐや姫は月に帰ってしまいます! ビックリさせてすみません。基本的には、誰もが知っている通りの話で、原作ファンも納得のストーリー。安心して下さい。

ただ、『竹取物語』で描かれていなかった部分、即ち、何故かぐや姫が月からやって来て月に帰って行ったのかという部分が高畑流の解釈で付け加えられている。

残念なのは、かぐや姫が作品のメッセージを演説してしまっていた点。台詞じゃなくてストーリーで表現してほしかった。それに、説明してしまっては、作中で繰り返される歌の意味がなくなってしまう。ただ、設定が設定だけに現代人が共感できるエピソードを挿入するのはなかなか難しいのかもしれない。

今どき流行りの映画にはない、驚くほどストレートな生の肯定。ただ、かぐや姫の罪や業の部分がもう少し深く鋭く描き込まれていれば、もっとメッセージが際立ったかもしれない。

この作品の最大の美点であるあの絵柄は、その点においては災いしていたかもしれない。

われらが伊集院光親方も声で出演している。伊集院は伊集院だった(観た人は解る)。結構上手かったと思う。

宮崎駿[監督]『風立ちぬ』(2013年)に比べると、モヤモヤした気持ちは残らず、スッキリ終る。スッキリしすぎて余韻に乏しいと言えなくはないけれど……。

たぶんヒットしないと思う。

でも、オレは好きかな。

きっと彼女は今頃、あの歌を歌っているに違いない。

※当ブログ内の関連エントリー:

ネタバレ編:高畑勲[監督]『かぐや姫の物語』(2013年)を観た

高畑勲監督は初音ミクユーザーみたいです:「MUSIC 24/7 THU 森本千絵のエリンギとイベリコブタ」(TBSラジオ、2013年12月5日(木)20:00-22:00)

宮崎駿引退発表後、もう一度『風たちぬ』を観て気付いたこと。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Kiss FM KOBE を池袋で発見!

◯Kiss FM KOBE を池袋で発見!

 

東京・池袋駅東口のヤマダ電機 LABI1日本総本店。2009年10月30日、三越池袋店跡に開店。今やすっかり定着した感があります。


ヤマダ電機 LABI1日本総本店
 

入り口横のパネル。


 

よ〜く見ると……。


 

Kiss-FM KOBE を発見!

池袋に遊びに行った際には探してみて下さい。


「ヤマダ電機の唄」
「ヒマだヒマヒマヒマならば 一度はおいでよヤマダまで デンデン電機はヤマダだな」の部分がなかなか挑発的です。
 

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝説の深夜ラジオ復活祭(CBCラジオ、2013年11月25日(月)〜28(日)22:00-23:55)

◯伝説の深夜ラジオ復活祭(CBCラジオ、2013年11月25日(月)〜28(日)22:00-23:55)

 

CBCラジオで、往年の深夜ラジオ番組が1夜限りの復活。


 

復活するのは、

  • つボイノリオ「星空ワイド 今夜もシャララ」
  • 「戸井康成の生ラヂオ」
  • 「冨田和音株式会社」
  • 「小堀勝啓のわ!Wideとにかく今夜がパラダイス」

の4番組。時代的にも地理的には、聴いたことのある番組はないけれど、伝説として聴いたことのある番組が多い。

20年以上経ってもリスナーの記憶に残っていて、もう一度復活の機会がある番組は、放送局の財産だよね。

当時小堀アナと人気で双璧を成していたKBCラジオ沢田幸二アナの「PAO〜N」も昼の帯番組として復活している。

現在放送されている番組のなかで、20年後に振り返ってもらえる番組がいくつあるのかなぁ。そのへんもラジオ離れの一因だと思うけれど。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

世界初のエイズ治療薬の開発者が日本人って知ってました?:「赤江玉緒 たまむすび」(TBSラジオ、2013年11月19日(火)13:00-15:30)

◯世界初のエイズ治療薬の開発者が日本人って知ってました?:「赤江玉緒 たまむすび」(TBSラジオ、2013年11月19日(火)13:00-15:30)

 

世界初のエイズ治療薬の開発者が日本人だって知ってました?

開発者は満屋裕明・熊本大学医学部教授。

私は、映画評論家の町山智浩が「赤江玉緒 たまむすび」(TBSラジオ、2013年11月19日(火)13:00-15:30)内で、マシュー・マコノヒー主演の映画、ジャン-マルク・ヴァレ[監督]『ダラス・バイヤーズ・クラブ』Dallas Buyers Club(2013年)を紹介した際に初めて知った。

podcast(TBS RADIO たまむすび)
※放送後1週間聴取可能

熊本大学医学部附属病院 血液内科/膠原病内科/感染免疫診療部 -教授略歴・挨拶-
※満屋教授の略歴などを掲載。

映画「ダラス・バイヤーズ・クラブ Dallas Buyers Club」公式サイト

気になったので調べてみた。

満屋は、熊本大学医学部で博士号を取得。ポスドクとして1984年に33歳で渡米し、国立衛生研究所(NIH: National Institutes of Health)国立がん研究所(NCI: National Cancer Institute)で研究に従事。

その時期に、上司の提案で、危険であることを理由に同僚たちが忌避していたHIV治療薬の開発に着手。既存の抗がん剤に抗HIV作用があることを発見し、見事に世界初のエイズ治療薬・AZTの開発に成功した。治療薬は、1987年3月にアメリカで、その半年後の11月に日本で、異例のスピード承認を受けた。

3'-Azido-3'-deoxythymidine (BW A509U): an antiviral agent that inhibits the infectivity and cytopathic effect of human T-lymphotropic virus type III/lymphadenopathy-associated virus in vitro.
※AZT開発に関する研究論文(Proceedings of the National Academy of Sciences, 1985 October; 82(20). pp.7096–7100. 掲載 )

しかし、満屋の知らないうちに、研究に協力した製薬会社が特許を取得してしまい、レトロビル (Retrovir) の商品名で発売された。患者に年間1万ドル(約100万円)以上の負担を強いる販売価格だった。

特許を取られたことよりも、高額の販売価格に激怒した満屋は、第2、第3の治療薬・ddIとddCを相継いで開発。AZTの価格は3分の1以下に下がった。また、ddIとddC のライセンス契約は、適切な価格での販売を条件とした。

満屋の実験は、単に化合物をふりかけるだけだと批判する人がいる。でも、ふりかける実験ができるのは、それだけで結果が出る手法を考案できた人だけだ。

満屋裕明

『朝日新聞』2011年2月15日朝刊23面
 

※関連リンク:

15歳の少年、膵臓がん発見の画期的方法を開発 たった5分、3セントで検査
※「ジョン・ホプキンス大学」じゃなくて「ジョン・ホプキンス大学」(Johns Hopkins University)だと思うけど。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「誰が山本太郎を当選させたのか 「山本親衛隊」という『宗教』」、『WiLL』2013年10月特大号(ワック出版局)

◯古谷経衡「誰が山本太郎を当選させたのか——「山本親衛隊」という『宗教』」、『WiLL』2013年10月超特大号(ワック出版局)

 

この解釈を通じて、われわれは「ジャンク知識」の存在に取り組むことになる。「ジャンク知識」とはすなわち、私たちの知識を拡張するごく普通の推論を妨げるような知識のことである。とりわけ、教条主義者の推論が批判の対象となるが、その理由は、彼の推論では、既知の条件のいくつかのせいでモードゥス・ポーネンスを通じた知識の拡張ができないという事実に思いが至らないからである。

Roy A. Sorensen, "Dogmatism, Junk Knowledge, and Conditionals", The Philosophical Quarterly Vol. 38, No. 153  (Oct., 1988) p.433

「理解的に」解明されたもののこの「明証性」が、「妥当性」といかなる関係ももつものではないことは慎重に弁別すべきである。なぜなら、それは、論理的な側面については、単に「解明的に」把握しうる諸連関の思惟可能性を、また、物象的側面については、単にその諸連関の客観的可能性を、前提条件としておのれのうちにふくむにすぎないからである。

Max Weber, "Roscher und Knies und die logischen Probleme der historischen Nationalökonomie" (1903-1906)
マックス・ウェーバー『ロッシャーとクニース』(未來社、1988年) p.234 の訳を一部変更)

山本太郎参議院議員の悪口が聞きたくてたまらない人たちの前に、成形肉の餌が投げられた。ファスト知識・ジャンク知識ずきにはタマラナイ御馳走。

『WiLL』2013年10月特大号(ワック出版局)掲載の、古谷経衡「誰が山本太郎を当選させたのか——「山本親衛隊」という「宗教」」という記事。


『WiLL』2013年10月超特大号(ワック出版局)
 

ネット上で話題になっていて、頻繁にツイートされたりしているようだ。8月終盤に紙の雑誌で出た時には、大して話題にならなかったようだけれど。

ちなみに、記事冒頭のツカミは「伊集院光 深夜の馬鹿力」の話だ。筆者はリスナーなの?

この記事の以下の部分が頻繁に引用されているようだ:

しかし、もはや自分がサヨクである自覚もなく、山本[太郎]や三宅[洋平]を熱心に応援している層は、貧困であるがゆえに(時に必然として)社会へコミットしていく、という古典的な社会運動や労働運動の発想自体が存在していない。

 むしろ、戦後日本という時代のなかで、大都市で、高所得世帯に生まれ、何不自由なく飼育された人間たちが、その余裕から、それがサヨクであるとも知らずに外から見れば過激で、時に空想的で、馬鹿げた護憲平和思想の虜になっていくのだ。まさしく、戦後日本の宿痾のような人種。それが山本を当選させ、三宅に大きな力を与えた元凶であったように思う。

誰が山本太郎を当選させたのか——「山本親衛隊」という『宗教』 【古谷経衡】 (WiLL) - Yahoo!ニュース

これ、話、逆じゃね?

「古典的な社会運動や労働運動」はそもそも歴史的に言って、大都市在住の高所得のインテリによって主導されたもので、貧困層が自発的に起こしたものはむしろ少ない。あったとしても「古典的」というよりは極めて新規な現象である。


つげ義春「隣りの女」(1985年)
 

古典的社会運動は前衛主義

実際のところ、人類史上でこれまでに登場してきた「古典的社会運動や労働運動」は、基本的にブルジョワ革命的であり、前衛主義であった。それどころか、カール・マルクスはルンペンプロレタリアートを軽蔑すらしていた。

フランツ・ファノンが、ナショナリスト政党(=エリート富裕層)ではなく民衆を脱植民地革命の主体として重視した『地に呪われたる者』Les Damnés de la Terre を上梓したのは1961年になってからのことであり、ファノン自身は精神科の医師であった。また、日本共産党が党規約から「前衛政党」の語を削除したのはようやく2000年に入ってからのことであるが、月刊機関誌『前衛』は現在も刊行中である。

正規雇用者により構成される日本の伝統的な企業別労働組合が、非正規雇用者との連帯に消極的なのも周知の通りである。非正規雇用者の労働組合は、1984年に発足したパート労働者の地域組合・江戸川ユニオンが最初期のもので、全国コミュニティ・ユニオン連合会が2002年、フリーター全般労働組合が2004年、派遣ユニオンが2005年、ガテン系連帯が2006年の発足である。

古典的社会運動の主導者は富裕層やインテリ

何を「古典的社会運動」とするかは記事には記されていないが、市民革命から辿ってみても、主導者は貴族・軍人・知識人であり、貧乏な民衆ではなかった。

アメリカ独立戦争主導者のジョージ・ワシントンやトマス・ジェファーソンも、フランス革命初期の指導者ミラボー伯爵やラファイエット侯爵も、19世紀の中南米独立革命のサン・マルティンやシモン・ボリヴァールも、ロシヤ革命のウラジミール・レーニンも、南アジアのマハトマ・ガンジーやムハンマド・アリー・ジンナーも、トルコのケマル・パシャも、中国の孫文や蒋介石や毛沢東も、ビルマのアウンサンも、インドネシアのスカルノも、キューバ革命のフィデル・カストロやチェ・ゲバラやその先駆者ホセ・マルティも、貧乏人ではなかった。

記事の筆者は、学生運動の主体を「六畳一間の風呂なし共同トイレのアパートで日がな火炎瓶を作っている」貧乏学生として戯画的に素描するにとどまっているが、実際のところ、彼らが学歴エリートで あったことを忘れてはならない。学生運動とは、図式としては、学生と国家権力の衝突であったかもしれないが、現場で起きていたのは、学歴エリートの大学生と労働者階級出身の機動隊との衝突であったとも言える。学生運動の主体を成した団塊の世代の多くは、その後、企業の正社員として日本の経済発展の中核を担い、現在、経済的に安定した老後を迎えつつある。

古典的社会運動の出発点は都市部

また、社会運動・労働運動は基本的に都市から起こる。

プロレタリアートとは、土地から引き剥がされて都市に流入した無産市民のことであり、運動を主導する有産階級であるブルジョワジー(bourgeoisie)の名は「都市」(burg)に由来する。

もちろん、農村を拠点にした運動も存在したが、ロシヤのナロードニキは農村に入るも支持を得られず失敗し、農村からの革命を目指した毛沢東やポル・ポトが辿った道は周知の通りである。

余談だが、滝川事件・ゾルゲ事件に材を取った黒澤明[監督]『わが青春に悔なし』(1946年)では、農村に入った幸枝(原節子)は、農民から手酷く拒絶される。

「戦後レジームからの脱却」という「宗教」

腑に落ちる話が、事実と合致するとは限らない。

前掲の『WiLL』2013年10月号の記事は、「分析」というよりはむしろ「戦後レジームからの脱却」というイデオロギーに基づいた「物語」だ。

前提がイデオロギーにすぎない論証は、その結論が健全とは言えず、せいぜい、そのイデオロギーを受け入れた人に限ってそような理解が可能であるという事例を提供しているに過ぎない。

ネット右翼的思考法の理念型としては有用で興味深い事例だった。

ちなみに私は、まだ何の仕事もしていない議員サンについて特に感想はありません。

※山本太郎騒動に関するおすすめリンク

第388回 「ジジネタの六十七 アンチ!アンチ!アンチ!」 - 桜川マキシム
※ネットラジオ

会話(171): ■■■■■の■■
※ブログのタイトル「謙遜と謙譲の音楽」は、特定秘密保護のため伏字の模様。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(83)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(83)

 

2013年9月のつづき:

「たまむすび」(TBSラジオ)、聴取率同時間帯単独首位(2013年8月)

声優検定・ラジオ講座(ラジオ日本、2009年6月16日(火)、23日(火)、30日(火)26:45-27:00)

北野誠の世紀の雑談 Part 62 ゲスト:みうらじゅん(TBSラジオ、2003年3月24日(日)27:00-29:00)

2013年10月:

ラジオの人気番組パーソナリティーの年齢

radioweb.jp、9月21日スタート。“ラジオ再価値化プロェクト”第2弾 全国民放ラジオ100局のオンエア情報が一目でわかる共通ウェブサイト(日本民間放送連盟プレスリリース、2013年9月12日)

ラジオの地方局、リスナーもパーソナリティーも涸渇?

ラジオな一曲(48):昔のラジオたんぱの歌とジングル

MUSIC TRAVEL #57 なぎら健壱(BSジャパン、2012年11月19日(土)23:00-24:00)

「これが元祖ブラック企業だ」:小林多喜二「蟹工船」(1929年)

「関西の深夜放送ラジオ 1995年01月 阪神大震災直後」

永遠のザ・フォーク・クルセダーズ~若い加藤和彦のように〜 第12回 ゲスト:泉谷しげる(FM COCOLO、2013年6月23日(日)18:00-19:00)

「福井謙二 グッモニ」をGoogleで検索しようとしたら……。

ラジオとSNS:「QIC」第883回(ウェブラジオFMC、2013年9月29日配信)

ラジオのギター講座と全盲の少年:「電撃黒潮隊」フリーワールド〜全盲ロックギタリストの挑戦〜(九州・沖縄・山口JNN系8局、1994年)

東京のミニFM局リスト(暫定版)2013年10月23日改訂

InterFM名古屋局に予備免許公布へ(2013年11月1日)

文化放送の水谷加奈アナがヌードになられました。

InterFM名古屋局、スタジオは瑞穂区(総務省電波監理審議会会長会見用資料より)

InterFM名古屋局、周波数は79.5MHz・送信所は東山タワー:東海総合通信局報道資料(2013年10月25日)

radiko、TuneIn、V-Lowマルチメディア放送のこれから:「ワールドビジネスサテライト」特集 変革するラジオに商機(テレビ東京、2013年10月17日(木)23:00-23:58)


当ブログ内の人気記事


過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(29)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(30)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(31)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(32)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(34)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(35)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(36)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(38)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(39)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(40)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(41)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(42) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(43)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(44)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(45)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(46)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(47)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(48)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(49)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(50)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(51)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(52)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(53)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(54)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(55)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(56)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(57)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(58)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(59)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(60)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (61)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (62)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(63)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(64)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(65)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(66)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(67)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(69)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(70)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(71)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(72)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(73)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(74)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(75)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(76) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(77) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(78)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(79) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(80)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(81)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(82) 

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニッポン放送開局60周年記念特設コーナー(東京・神保町 書泉グランデ1F、2013年11月1日(金)~11月30日(土))

◯ニッポン放送開局60周年記念特設コーナー(東京・神保町 書泉グランデ1F、2013年11月1日(金)~11月30日(土))

 

神保町の書店・書泉グランデの前を通ったら、ニッポン放送開局60周年記念特設コーナーができていました。

ニッポン放送開局60周年記念 特設コーナー in 書泉グランデ  | 書泉はアイドルイベント情報、鉄道・格闘技等、バックナンバー豊富な書店です。


書泉グランデ
 

店頭の掲示物
 

ニッポン放送アナウンサーのサイン入りポスター
 

カメとアンコー
 

ニッポン放送開局60周年記念 特設コーナー
書泉グランデ ウェブサイトより
 

ニッポン放送関連の書籍やグッズ、2014年の女性アナウンサー・カレンダー、「オールナイトニッポンモバイル」のCDなどが販売されています。私が訪れた時には、傍らのCDラジカセからBGMとして笑福亭鶴瓶の番組音源が流れておりました。

書泉グランデは、結構ラジオ関連のイヴェントをよくやりますね。

とりあえず今回は、ニッポン放送のタイムテーブルだけもらって帰りました。

文化放送アナのサイン会もあるよ

ニッポン放送のコーナーのわきに、文化放送の女性アナウンサー・カレンダー&クリア・ファイルも置いてありました。2013年12月14日(土)12:45-14:00に文化放送の伊藤佳子アナ・室照美アナ・加納有沙アナのサイン会が行われる模様。

文化放送アナウンサー 伊藤佳子さん・室照美さん・加納有沙さん サイン会  | 書泉はアイドルイベント情報、鉄道・格闘技等、バックナンバー豊富な書店です。

ニッポン放送のカレンダーはキッチリ封がしてあって中を見れなかったのですが、文化放送のは見本が置いてありました。

10月(石川真紀アナ・吉田涙子アナ)の写真のコンセプトが謎でした。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つボイノリオ「名古屋はええよ!やっとかめ」(1985年)

◯つボイノリオ「名古屋はええよ!やっとかめ」(1985年)

※ご指摘に基づき加筆(2013年11月19日)

 

痛快なり。


つボイノリオ「名古屋はええよ!やっとかめ」(1985年)
司会は志賀正浩。後ろにちょっとだけ映る女性は、デヴュー間もない中山美穂とのこと。今や半ば都市伝説化している「セーターを肩に掛けたディレクター」の実在も確認できる。
 

歌唱の安定感がすばらしい。

つボイ師匠は、言わずと知れた名古屋の朝の声。現在、「つボイノリオの聞けば聞くほど」(CBCラジオ、月〜金9:00-11:40)に出演中。

前掲動画は「おはようスタジオ」(東京12チャンネル)のものと思われる。1985年6月10日放送分のようだ。画面に映る自主制作のカセットブックなどに時代を感じる(いい意味で)。

1985年当時は「ばつぐんジョッキー」月曜(CBCラジオ)および「ハイヤングKYOTO」水曜(KBS京都ラジオ)のパーソナリティーを務めていた。

※現在「つボからボイン」(KBS京都ラジオ、土16:45-18:00)もご担当中。忘れておりました。田舎リスナーさん、ご指摘ありがとうございました。生放送の日には、「ハイヤングKYOTO」時代同様、放送前にリスナーと交流なさっているようで、時流に乗って「握手会」と呼んでおられるようです。


つボイノリオ「エビふりゃーでゃースキ」(1985年)
「名古屋はええよ!やっとかめ」のB面。CD化はされていない模様。もったいない。
 

「名古屋はええよ!やっとかめ」の作詞・作曲は山本正之。

「タイムボカン」シリーズの主題歌、中日ドラゴンズ応援歌「燃えよドラゴンズ」(1974年)笑福亭鶴光「うぐいすだにミュージックホール」(1975年)も彼の作品。

ちなみに、つボイ・山本ともに愛知県出身ではあるが、つボイは中島郡奥町(現・一宮市)、山本は安城市。


山本正之「タイムボカン」シリーズ主題歌
「ヤッターマン」〜「オタスケマン」〜「逆転イッパツマン」
「山本正之じゃんだらりんヒストリアライブ」(フェスタ510 名東の日・区民まつり:藤が丘駅前広場特設ステージ、2012年5月12日)
かっこいいぜ!


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

永六輔が「欽ドン!」(ニッポン放送)に投稿したネタ:「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」(TBSラジオ、2013年11月16日(土)8:30-13:00)

◯永六輔が「欽ドン!」(ニッポン放送)に投稿したネタ:「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」(TBSラジオ、2013年11月16日(土)8:30-13:00)

 

永六輔は「欽ドン!」(ニッポン放送)のハガキ職人だった

「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」(TBSラジオ、2013年11月16日(土)8:30-13:00)で、永六輔が「欽ちゃんのドンといってみよう!」(ニッポン放送、1972年10月9日〜1979年4月6日、月〜金21:40-22:00頃の10分間)にネタを投稿していたことがあるという話になった。吉田照美『ラジオマン 1974~2013 僕のラジオデイズ』(ぴあ、2013年)の対談でも話題に上っていた話。

永六輔 40年ほど前、昔の話——

外山惠理アナ 40年ほど前。

 「欽ちゃんのドンといってみよう!」っていうニッポン放送の番組があったんです。当時人気のある番組で、40年前です。

その番組に僕が投書してたの、ハガキで。

外山アナ 投書? はい。

 そのことを文化放送の……

外山アナ 吉田照美さん。

 が気にしてて、「あれ、永さん、本当に忙しい最中に他所の局に投書してたんですか?」っていうから、「してました」ってって言ったら、ずっと気にしてたって。

外山アナ へぇ〜!

 で、僕も昔のノートのメモを見てたら、あったんですよね。

外山アナ はい。

 40年前に僕が投書したハガキ[のメモ]が。

外山アナ はい。

 だから、それを後であなたとふたりでやってみようと思います。

外山アナ え!?

永六輔が「欽ドン!」に投稿していた理由

永六輔が「欽ドン!」に投稿していた理由のいうのが、

外山恵理アナ 40年前つったら、永さん、でももう40歳とかで、もうだって放送作家としてというか、ねぇ——

永六輔 忙しい最中。

外山アナ えぇ〜! 何となく?

永六輔 その番組に参加したいと思ったの。

外山アナ あ、そんなに面白い番組だったんですか?

 面白かったですね。

永六輔が「欽ドン!」に投稿したネタ

番組内で再現された投稿ネタは「母と子の会話」。正直って、面白いのもあれば面白くないのもあるという感じだったのですが……。披露された4本のうち2本を紹介:

母と子の会話

 ママ、パパが帰って来た。

 もっと遠くに捨ててこなきゃダメだよ。

 ママ、パパが帰って来た。

 よく狙って撃つんだよ。

個人的には2本目の方がツボでした。外山アナの読み方に邪気がないぶん、よけいに可笑しかったなぁ。永六輔が子供の役で「ママ」とか言ってるのもシュールでした。

ちなみに、午後のゲストはなぎら健壱でありました。


サスケ「上を向いても」
なぎら健壱のお弟子さんの双子デュオ。
弟さんは2013年7月に亡くなりました。合掌。

 

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「QIC」第888回公開収録の写真(ウェブラジオFMCトップページ)

◯「QIC」第888回公開収録の写真(ウェブラジオFMCトップページ)

 

ば! オレも写っとる。

ウェブラジオFMCのトップページに「QIC」第888回公開収録の写真が載っていた。


FMCトップページ
 

愉しかったなぁ。

こういうイヴェントのあとは、しばらくいい気分で日常生活を送ることができるので好きです。

※当ブログ内の関連エントリー:

日本最長寿ネットラジオ「QIC」第888回(ウェブラジオFMC)公開録音観覧と「てれっと会社の社長」

日本のネットラジオ最長寿番組「QIC」(ウェブラジオFMC)が2013年11月3日で888回を迎えるというので、ウクレレでお祝いいたします。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーベルコミックスの自販機(The MARVEL drink vending machine in Tokyo)

◯マーベルコミックスの自販機(The MARVEL drink vending machine in Tokyo)

 

The MARVEL drink vending machine in Ueno, TOKYO
マーベルコミックスのの自動販売機
The MARVEL drink vending machine
Ueno, TOKYO (Google maps
 

MARVELコミックの絵が描かれた自動販売機。日本でここだけみたいです。

伊集院光のラジオで年に2回ぐらい話題に上る東京・上野のおもちゃ屋、ヤマシロヤの横です。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラジオは本当に災害に強いのかな?」と一瞬疑った2013年11月10日(日)の朝7時37分頃

◯「ラジオは本当に災害に強いのかな?」と一瞬疑った2013年11月10日(日)の朝7時37分頃

 

2013年11月10日(日)7:37頃に、関東地方で久しぶりに大きな地震が起きた。

地震情報 2013年11月10日 7時37分頃発生 最大震度:5弱 震源地:茨城県南部 - 日本気象協会 tenki.jp

震源は茨城県南部、マグニチュード5.5、最強震度は茨城県筑西市の震度5弱。けっこう長く揺れた。ウチの近所は震度3〜4ぐらい。2011年3月11日以来、速報より先に体感で震度が判るようになってしまっている(こういう人は結構多いと思う)。

ラジオは災害に強いと言われている。しかし今回は、「ホントかな?」と一瞬疑った。

某民放AMラジオ局をつけていたものの、なかなか地震速報が流れない。待っているので余計に長く感じる。

痺れを切らせてダイヤルを回し、AM各局を確認したら、その時点で地震速報をやっていたのはNHKラジオ第1だけで、民放の地震情報はかなり遅れて始まった。

311の地震のとき、民放のテレビがなかなか地震速報に切り替わらなかったことは周知のことだが、それに似た印象。


東北地方太平洋沖地震発生時の全テレビ局同時マルチ映像

 

311の時には、ラジオは昼ワイド番組の生放送中に地震が起き、各局は即座に機動的な対応ができた。詳しい情報がまだなくても、とりあえずすぐに地震発生時の心得を伝えることができる。

しかし、今回の民放AM局の地震速報に関しては、日曜の朝は録音の番組やコーナーが多いためか、それらが一段落ついてからという感じだった。

そして、第一報後、そのまま地震速報を続けたのもNHKラジオ第1だけだった。

※当ブログ内の関連リンク:

東日本大震災発生の瞬間のラジオを改めて聴く


随時更新。被災地情報の取得等にお役立てください。
 

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (3) | トラックバック (0)

裏情報は弱者の結論:「菊地成孔の粋な夜電波」(TBSラジオ、2013年10月13日(日)19:00-19:57)

◯裏情報は弱者の結論:「菊地成孔の粋な夜電波」(TBSラジオ、2013年10月13日(日)19:00-19:57)

 

菊地成孔 私、基本的に、裏話とかですね裏情報持ってますよって人間が嫌いです。裏情報は弱者の結論だと思います。表を見れば全てが解る——これが私と、今は亡きナンシー関さんの共通するものの考え方ですけれども。

「菊地成孔の粋な夜電波」(TBSラジオ、2013年10月13日(日)19:00-19:57)

一見真面目な話っぽいけれど、話の流れとしては、ロイヤルホストのイタリアフェアのメニューに掲載された写真や文章だけを見ながら、あることないことを推測している最中のひとこと。

でも、テクスト論っぽい話で、若い頃にニューアカの洗礼を受けた人が言いそうなことではあるなぁ。

とはいえ、割と同意できる話。

裏情報に耽溺するあまり、陰謀論や都市伝説と現実との区別がつかなくなっている人はけっこう多い。そういう人に限って他人を情報弱者よばわりして、自分のことを慧眼の持ち主だと思っていたりしてね。

TBS RADIO 954 kHz │ 菊地成孔の粋な夜電波 - 第126回(2013年10月13日)のポッドキャストです。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神足裕司、復活!

◯神足裕司、復活!

 

よかったよかった。

療養中に、あのラジオ番組は終っちゃったけどね。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ラジオ親善大使に「第38回ホリプロタレントスカウキャラバ2013」グランプリを受賞した佐藤美希さん(20歳)を任命(日本民間放送連盟プレスリリース、2013年11月4日)

◯「ラジオ親善大使に「第38回ホリプロタレントスカウキャラバン2013」グランプリを受賞した佐藤美希さん(20歳)を任命 - 同世代の視点で若い人にラジオの魅力をアピール -」ラジオ再価値化プロジェクトの第3弾(日本民間放送連盟プレスリリース、2013年11月4日)

 

日本民間放送連盟が「ラジオ親善大使」を任命したとのこと。

(報道発表)「ラジオ親善大使」の任命について2013年11月4日日本民間放送連盟

プレスリリースのこの部分、

「ラジオ親善大使」を選出するにあたり、「第38回ホリプロタレントスカウキャラバン2013」 にご協力をいただくことにしたのは、“未来のファッションリーダー”を選ぶという募集コンセプトが、 若い人にラジオの魅力を伝えるとう「親善大使」 のミッションに合致すると考えたからです。

意味がよく解らないのですが……。

それと、

「ラジオ親善大使」の 広報活動(予定)

  • 全国各地のラジオ局訪問と番組出演
  • 民放ラジオ統一キャンペーン「ラジオがやってくる!」の告知
  • ラジオ共通ウェブサイト「 radioweb.jp 」を通じたPR活動

基本的に全部ラジオ界の内輪の活動じゃないか? ラジオ以外の媒体に露出しないとラジオの魅力を伝えるPRにならないのでは?

民放連の「ラジオ再価値化プロジェクト」は、どれもこれも的ハズレなものばありの印象。

まぁ、応援してはおりますが。


ISISのラジオを持つ、ラジオ親善大使・佐藤美希
第38回ホリプロタレントスカウキャラバン2013グランプリ
20歳での受賞は歴代最年長とのこと。

 

※当ブログ内の関連エントリー:

radioweb.jp、9月21日スタート。“ラジオ再価値化プロェクト”第2弾 全国民放ラジオ100局のオンエア情報が一目でわかる共通ウェブサイト(日本民間放送連盟プレスリリース、2013年9月12日)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

災害に備えコミュニティーFMが放送と通信の融合?:「ネット活用 伝達力強化」(讀賣新聞 秋田版、2013年10月29日)

◯災害に備えコミュニティーFMが放送と通信の融合?:「ネット活用 伝達力強化」(讀賣新聞 秋田版、2013年10月29日)

 

「ネット活用 伝達力強化」(讀賣新聞 秋田、2013年10月29日)

 鹿角市で今月、「鹿角コミュニティFM」が開局し、県内のコミュニティーFM局は5局になった。地域密着のニュース、話題に加え、災害時には住民が避難情報などを知る手段としても期待が大きい。厳しい経営環境のなか、どの局も従来の電波放送だけでなく、インターネットを活用して聴取者らから情報を収集、発信するなど工夫し、伝達力の強化を図っている。

(つづきは YOMIURI ONLINE で)

東日本大震災発生後ほどなく、被災地のラジオ局のウェブサイト・Twitterアカウント、ネット経由の聴取方法などの一覧をつくるために、私はネットを検索してみた。

宮城県のコミュニティーFMで、地震発生後すぐにTwitterを活用し始めたのは RADIO3(仙台市若林区周辺 76.2MHz)だけだったと記憶している。ライフ・ラインの復旧状況、食料が手に入る営業中の店の情報、炊き出しの情報などを、スタッフが街に出て収集・発信しているようだった。

Twitterアカウントをもっている局は他にもあったが、多くの場合、アカウントは休眠状態に近かった。ひょっとしたら、RADIO3も地震が発生するまではそうだったのかもしれない。

シビアな話、コミュニティーFMを日常的に聴いている人は少ない。タイムライン上にツイートが現れることも、そう頻繁ではない。アカウントがあっても、平時にどの程度有効活用されているかは疑わしい。

結局は、いざと言う時に発信する意志のある人が局内にいるかどうかが決め手になるのが現状だ。その意味で、RADIO3 のスタッフの対応はすばらしかったと思う。

ただ、コミュニティーFMスタッフの人数は少ない。ほとんどは無給のボランティア・スタッフで、有給の常勤職員はわずか数名だ。それに、災害時には局舎やスタッフも被災する。仮にそれを免れても、放送に手一杯でネットにまで手が回らないことも充分あり得る。

ネットを活用するのであれば、特定の個人のバイタリティーに依存することなく、誰が欠けても機能する活用法を平時のうちに検討しておかなければ、その意義は半減すると思う。

「ネットを活用する」ことは、「SNSのアカウントをつくる」ことと同義ではない。

※当ブログ内の関連リンク

『臨時災害放送局開設等の手引き書』(2012年)

レヴュー:東日本大震災とラジオに関する書籍あれこれ


随時更新。被災地情報の取得等にお役立てください。

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

立候補者が語る市議会選挙の舞台裏:「アダチ区民放送局」(ネットラジオ:CROSS WAVE☆SENJU、2013年11月2日(土)23:00-25:00)

◯立候補者が語る市議会選挙の舞台裏:「アダチ区民放送局」(ネットラジオ:CROSS WAVE☆SENJU、2013年11月2日(土)23:00-25:00)

 


「アダチ区民放送局」(ネットラジオ:CROSS WAVE☆SENJU、2013年11月2日(土)23:00-25:00)
ニコニコ生放送のタイムシフトでも視聴可。
 

足立FM開局準備会のプレ開局番組「アダチ区民放送局」(ネットラジオ:CROSS WAVE☆SENJU、2013年11月2日(土)23:00-25:00)、ゲストは、先の安曇野市議会議員選挙に28歳の再年少で出馬した矢沢たけひこ氏。立候補経験者が見た市議会議員選挙の舞台裏について語った。

矢沢たけひこ後援会 (azuminoyazawa) on Twitter

安曇野市議会議員選挙(2013年10月6日投票)候補者一覧|政治・選挙プラットフォーム【政治山】

話題に上ったのは以下のような話題:

  • 得票数に小数点以下が出るのはなぜか?
  • 供託金はいくらで、どこにどうやって納めるのか?
  • 地方議員の高齢化が進むのはなぜか?
  • 選挙カーはどのように手配するのか?
  • 街頭演説でトランジスタメガホンとホーンスピーカーが使われているのはなぜか?
  • 選挙活動費のうち税金負担されるもの、されないものは何か?
  • 愛人を選挙スタッフにできるのか?

矢沢氏がどのような政見を訴えて出馬したのかは寡聞にして存知上げないけれど、トークがわかりやすくて面白く、好印象だった。

個人的には、街頭宣伝用スピーカーの音質の話と、この件に関するMC宮崎誠弥の提案が興味深かった。

※関連リンク

足立エフエム開局準備会 | あなたの放送局、いま作ってます!

FM足立 ニコ生送信所 - ニコニコチャンネル:バラエティ

CROSS WAVE☆SENJU | powered by Radio Adachi Broadcasting


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドゥアイエンヌデュコミス:「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ、2013年11月3日(日)10:00-12:00)

◯ドゥアイエンヌデュコミス:「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ、2013年11月3日(日)10:00-12:00)

 

ホントに載ってるわ。


 

ちなみに、フランス語では Doyenné du Comice です。発音的には[ドゥアイエンヌ]より[ドゥワイェンヌ]が近いです。

詳しくはこちらで:

にち10ポッドキャスティング「厳しすぎて子供がグレるパターン」2013年11月03日放送分(TBS RADIO 954 kHz > 安住紳一郎の日曜天国)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中村こずえのサウンドピクチャー(ニッポン放送、日26:00-27:00)

◯「中村こずえのサウンドピクチャー」(ニッポン放送、日26:00-27:00)

 

オレも、ずっとそう思っていました。

でも、部屋の電気を消して寝ながら聴くと、あのリヴァーブのサイケな感じが良いのです。サウンド・ドラッグ的で。

中村こずえのサウンド ピクチャー 毎週日曜 26:00〜27:00 | AMラジオ 1242 ニッポン放送

※当ブログ内の関連エントリー:

新幹線のオーディオ・サーヴィスとホテルのラジオ、おまけに金環日蝕


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本最長寿ネットラジオ「QIC」第888回(ウェブラジオFMC)公開録音観覧と「てれっと会社の社長」

◯日本最長寿ネットラジオ「QIC」第888回(ウェブラジオFMC)公開録音観覧(2013年11月1日)と「てれっと会社の社長」

 

「QIC」第888回(ウェブラジオFMC)公開録音を観覧してきました

日本のネットラジオ最長寿番組と言われる「QIC」第888回(ウェブラジオFMC)公開録音(2013年11月1日)を観覧してきました。会場は横浜・中華街「三国志」新館。

「QIC:888公開録音」

横浜中華街でフカヒレ専門店なら【三国志】

FMCの皆さんのような熊本から約800kmの来浜に比べれば、都内に住んでいる私にとって横浜は目と鼻の先ですが、こういうチャンスでもないと案外出て来る機会がなかったりします。実は中華街は初めてで、「『ブレード・ランナー』 みたいだ!」と感動しました。


朝陽門
 

山下町公園
  

 

 

SEGAも中華街仕様
 

「三国志」新館
餃子がすごく美味しいかったです。
  

 

 

 

FMCのみなさんが登場し、いつもネットを通じて聴いている番組が目の前で始まるや否や、うれしいやら照れくさいやら、曰く言い難い気持ちで、しばらくニヤニヤしていました。


 

抽選会でBar:Colonのコースターが当りました。
けっこう本気でうれしいです。
 

FMCのみなさんは私にとって有名人と何ら変わりないので緊張し、さらに人見知り&内弁慶も災いして、交流を深めることができたとは言い難いですが、愉しい時間でありました。

FMCならびにFMC関東支部のみなさま、ごくろうさまでした。


Daft Punk feat. Pharrell Williams & Nile Rodgers,
"Get Lucky" (2013)

♪We’re up all night to get lucky.
 

実を言うと、会場では気後れして言いそびれましたが、私は大洋ホエールズ時代からの横浜ベイスターズ・ファンです。

「てれっと会社の社長」

さて、「QIC」とヤング定食が愉しみだったのはもちろんですが、私にはもうひとつのミッションがありました。公開録音に先立ち、桜木町駅前の某所に向いました。


 

 

「てれっと会社」発見です!

熊本弁の表現に、「てれっとする」という言い回しがあります。

てれっと[副・形動]精彩を欠く様子。だらしない、ボンヤリしている、気合が入っていないなどの意。形式上は形容動詞だが、専ら状態副詞的に用いる。
[用例]「なんばぬしゃそぎゃんてれっとしよっとや?」「てれっと会社の社長」

「てれっと」の最上級ともいうべき強意の慣用表現が「てれっと会社の社長」です。

「てれっと会社」は実在します。したがって「てれっと会社の社長」もいるはずです。

通信系の設備工事会社のようです。さすがに社長さんに面会を求めたりはしませんでしたが、たぶん、てれっとしてない会社だと思います。

※当ブログ内の関連エントリー:

日本のネットラジオ最長寿番組「QIC」(ウェブラジオFMC)が2013年11月3日で888回を迎えるというので、ウクレレでお祝いいたします。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »