« 裏情報は弱者の結論:「菊地成孔の粋な夜電波」(TBSラジオ、2013年10月13日(日)19:00-19:57) | トップページ | マーベルコミックスの自販機(The MARVEL drink vending machine in Tokyo) »

「ラジオは本当に災害に強いのかな?」と一瞬疑った2013年11月10日(日)の朝7時37分頃

◯「ラジオは本当に災害に強いのかな?」と一瞬疑った2013年11月10日(日)の朝7時37分頃

 

2013年11月10日(日)7:37頃に、関東地方で久しぶりに大きな地震が起きた。

地震情報 2013年11月10日 7時37分頃発生 最大震度:5弱 震源地:茨城県南部 - 日本気象協会 tenki.jp

震源は茨城県南部、マグニチュード5.5、最強震度は茨城県筑西市の震度5弱。けっこう長く揺れた。ウチの近所は震度3〜4ぐらい。2011年3月11日以来、速報より先に体感で震度が判るようになってしまっている(こういう人は結構多いと思う)。

ラジオは災害に強いと言われている。しかし今回は、「ホントかな?」と一瞬疑った。

某民放AMラジオ局をつけていたものの、なかなか地震速報が流れない。待っているので余計に長く感じる。

痺れを切らせてダイヤルを回し、AM各局を確認したら、その時点で地震速報をやっていたのはNHKラジオ第1だけで、民放の地震情報はかなり遅れて始まった。

311の地震のとき、民放のテレビがなかなか地震速報に切り替わらなかったことは周知のことだが、それに似た印象。


東北地方太平洋沖地震発生時の全テレビ局同時マルチ映像

 

311の時には、ラジオは昼ワイド番組の生放送中に地震が起き、各局は即座に機動的な対応ができた。詳しい情報がまだなくても、とりあえずすぐに地震発生時の心得を伝えることができる。

しかし、今回の民放AM局の地震速報に関しては、日曜の朝は録音の番組やコーナーが多いためか、それらが一段落ついてからという感じだった。

そして、第一報後、そのまま地震速報を続けたのもNHKラジオ第1だけだった。

※当ブログ内の関連リンク:

東日本大震災発生の瞬間のラジオを改めて聴く


随時更新。被災地情報の取得等にお役立てください。
 

当ブログ内の人気記事


Google

|

« 裏情報は弱者の結論:「菊地成孔の粋な夜電波」(TBSラジオ、2013年10月13日(日)19:00-19:57) | トップページ | マーベルコミックスの自販機(The MARVEL drink vending machine in Tokyo) »

AM」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ご無沙汰しております。

録音放送時に対応が遅いのは、東京でよっぽど大きい地震が無い限り、番組に割り込んだりするとスポンサー対応などで後々大変な事になる、という事のようです。

また、日曜休日、深夜などでは即座に情報を流す体制になっていないので、人員・コスト削減も影響しているのではと思います。

投稿: take2-chances | 2013年11月11日 (月) 01時06分

こんばんは。
先日の地震の際、FMラジオの対応及び放送内容が気になります。

投稿: 石崎亮史朗 | 2013年11月13日 (水) 20時31分

地震が震度が低い地震を含めると、回数が多くなっているため抑えている節もなきにしもあらずです。テレビのデータ放送もそういう感触があるような感じです。でも今年は地震の宏観現象がきつくてえらいです。

投稿: ビフォ | 2013年11月13日 (水) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ラジオは本当に災害に強いのかな?」と一瞬疑った2013年11月10日(日)の朝7時37分頃:

« 裏情報は弱者の結論:「菊地成孔の粋な夜電波」(TBSラジオ、2013年10月13日(日)19:00-19:57) | トップページ | マーベルコミックスの自販機(The MARVEL drink vending machine in Tokyo) »