« 追悼 中沢啓治さん 著名人が語り尽くす『はだしのゲン』、『週刊朝日』2013年8月9日増大号 | トップページ | 永六輔『無名人のひとりごと』(金曜日、2013年) »

宮崎駿[監督]『風立ちぬ』(2013年)を観た。

○宮崎駿[監督]『風立ちぬ』(2013年)を観た。

 


 

この間の日曜日に、宮崎駿[監督]『風立ちぬ』(2013年)を観た。

風立ちぬ 公式サイト

零戦(零式艦上戦闘機)の生みの親・堀越二郎の半生に、作家・堀辰雄のエピソードを付加した、実話に基づいたフィクション。

土曜日に観に行ったら、混んでいて3回先まで席がなかったので諦めた。後で判ったのだけれど、前日が「バルス!」だったらしい。翌日、空いていそうな1回目の上映に合せて出かけた。それでも、ほぼ満席。

ジブリ・アニメを劇場で観るのは初めて。予告編を観て、傑作の予感を感じたので観ておこうと思ったのだ。


宮崎駿[監督]『風立ちぬ』(2013年)予告編
 

『風立ちぬ』の賛否は、多くの場合、庵野秀明のアフレコに対する賛否に関連しているようだ。私は「賛」のほう。けっこう良かったと思う。

例えば、妻に対する愛の言葉などは、上手くないし、プロの発声でもないし、それどころか芝居もしていない感じだけれど、それが逆にリアリティーを醸成していたように思う。

全体的に言っても、悪くない映画だった。

ただ、予告編が完璧すぎたので、そのぶん、以下のような点で少しもの足りなさも感じた。

  • ジブリ映画で飛行機の話というので、斬新な工夫や実験のある飛行シーンを期待したけれど、そういうシーンはほとんどなかった。
  • アニメとしての見せ場が少なかったと思う。厳密に言うと、映像的に面白い部分は全て予告編に使われているので、劇場でのサプライズはなかった。
    (個人的には、予告編にも出てくるシーンだけれど、風に飛ばされた二郎の帽子を菜穂子が記者から身を乗り出して取った後、体を切り返すところが良かったなぁ。ああいうのがちゃんと再現されているアニメは観ていて愉しい。)
  • 國村隼の声の存在感に、絵が完全に負けていた(これは仕方ない)。
  • 災害や戦争の時代の混乱のなかで若者がどのように生きたかみたいなことがテーマだと聞いていたが、終盤は二郎と菜穂子のふたりの愛の世界になっていて、時代に竿さす話にはなっていなかった。
  • 有り体に言えば、地方の旧家の出の天才技術者と上野のお嬢様の恋愛モノということで、下層労働者階級出身の私には感情移入しにくい部分もあった。

まぁ、色いろ書いたけれど、悪い映画ではないので、念のため。

でも、零戦目当ての軍ヲタの人は、ハッキリ言ってガッカリすると思う。

小学生の時、紙飛行機クラブというのに入っていたので、映画に出てくる紙のグライダーが懐しかった。


今でも買えるシベリア
 

※加筆

後日もう一度映画を観直してみました。

宮崎駿引退発表後、もう一度『風たちぬ』を観て気付いたこと。(当ブログ内)

※当ブログ内の関連エントリー:

週刊映画時評 ムービーウォッチメン「風立ちぬ」、「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」(TBSラジオ、2013年8月17日(土) 22:00-24:30)

町山智浩による、宮崎駿[監督]『風立ちぬ』(2013年)評:「赤江玉緒 たまむすび」(TBSラジオ、2013年8月20日(火)13:00-15:30)

Google

|

« 追悼 中沢啓治さん 著名人が語り尽くす『はだしのゲン』、『週刊朝日』2013年8月9日増大号 | トップページ | 永六輔『無名人のひとりごと』(金曜日、2013年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423073/52791495

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎駿[監督]『風立ちぬ』(2013年)を観た。:

» 風立ちぬ/庵野秀明、瀧本美織 [カノンな日々]
『崖の上のポニョ』以来5年ぶりとなる宮崎駿監督の最新作です。公開前から既に超話題作って感じですが、宣伝手腕も巧みでTOHOシネマズに映画を観に行くとほぼ必ず目にする4分間の特 ... [続きを読む]

受信: 2013年8月13日 (火) 09時42分

» 「風立ちぬ」 テクノロジーの両側面 [はらやんの映画徒然草]
「崖の上のポニョ」から5年ぶりの宮崎駿監督の新作です。 本作は宮崎監督としては珍 [続きを読む]

受信: 2013年8月13日 (火) 22時32分

» 『風立ちぬ』 宮崎駿と堀越二郎を繋ぐのは誰だ? [映画のブログ]
 宮崎駿監督の育った家は、戦争中とても景気のいい家だった。  自動車の個人所有が一般的ではなく、しかも原油不足から民間では木炭自動車が使われていた当時にあって、彼の父はガソリンの自家用車に乗って...... [続きを読む]

受信: 2013年8月24日 (土) 23時31分

« 追悼 中沢啓治さん 著名人が語り尽くす『はだしのゲン』、『週刊朝日』2013年8月9日増大号 | トップページ | 永六輔『無名人のひとりごと』(金曜日、2013年) »