« 本広克行[監督]『7月7日、晴れ』(1996年) | トップページ | 「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(78) »

太陽光発電が気になるけれど、それは結局いかにして電力を調達するかという問題設定から1歩も足抜けできないということに他ならない。

○太陽光発電が気になるけれど、それは結局いかにして電力を調達するかという問題設定から1歩も足抜けできないということに他ならない。

 

関東も梅雨明けした模様。

秋葉原に行ったときの巡回コースで、千石電商3号店の店頭および店内のソーラー・パネルがずっと気になっている。


 

 

何年も前から、ラジオとパソコンの電力ぐらいはまなかえないかなぁ、と思っているのだ。

蓄電用の2次電池はいくらでも安いものがありそうだし、コントローラーの類は自作できるんじゃないかと思ったり思わなかったり。

結局、良いソーラー・パネルをどれだけ安く手に入れられるかが肝なのかな。

独自の電源を持つのは危機管理上好ましいことかもしれないし、クリーン・エネルギーへの期待も高まっている。でも、それはすなわち、太陽光にせよガスにせよ風力にせよ、いかにして電力を調達するかという問題設定から1歩も足抜けできないということに他ならない。

電気仕掛けのオレんち。

結局、イニシアティヴは電力会社にあるのか。

ただ、数年前、ベランダにドライ・ミストを設置したので、冷房に関してはちょっとだけ非電化に成功しているはず。

Google

|

« 本広克行[監督]『7月7日、晴れ』(1996年) | トップページ | 「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(78) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電が気になるけれど、それは結局いかにして電力を調達するかという問題設定から1歩も足抜けできないということに他ならない。:

« 本広克行[監督]『7月7日、晴れ』(1996年) | トップページ | 「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(78) »