« ケン・ローチ[監督]『天使の分け前』The Angel's Share(2012年)を観た。 | トップページ | 書き起こし(1):「歴史学の第一人者と考える『慰安婦問題』」秦郁彦 vs 吉見義明:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2013年6月13日(木)22:00-23:55) »

「歴史学の第一人者と考える『慰安婦問題』」秦郁彦 vs 吉見義明:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2013年6月13日(木)22:00-23:55)

○「歴史学の第一人者と考える『慰安婦問題』」秦郁彦 vs 吉見義明:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2013年6月13日(木)22:00-23:55)

 

「荻上チキ・Session-22」歴史学の第一人者と考える『慰安婦問題』(TBSラジオ、2013年6月13日(木)22:00-23:55)が面白かった。

歴史学者の秦郁彦吉見義明がゲスト。

「従軍慰安婦」問題をめぐる論陣をそれぞれ代表する論者の対決を通じて、何が争点になっているのかを一気にさらうことができた。

個人的には、昨今のご時世ウケがよさそうなのは秦だが、歴史学者としては吉見のほうがはるかに洗練されている印象を受けた。

ポッドキャストで聴くことができる:

2013年06月13日(木)「歴史学の第一人者と考える『慰安婦問題』」(対局モード) - 荻上チキ・Session-22
※原則1週間で配信終了。

私は、ものを考える前提は可能な限りシンプルなほうがよいと思っている。

例えば、私にとっては右か左かなどということはどうでもよい。どちらかの陣営に属した途端、常に他人の顔色をうかがう奴隷の生活が始まる。その代り、奴隷身分と引き換えに、ある程度の答えが用意される。

シンプルな前提でものを考えるということは、シンプルな考えに甘んじることとは本質的に異なる。前提がシンプルなぶん、思考そのものは自身の理性と倫理に委ねられる。自分で考える自由を得ると同時に、自分で考えなければならなくなる。

私は常に、権力から最も遠い場所で生きている人の立場で考える。人の話を聞くときは、その人が誰の利益を代弁しているのかに注意している。前提はこのくらいのシンプルさでいいのではないかと思っている。

Google

|

« ケン・ローチ[監督]『天使の分け前』The Angel's Share(2012年)を観た。 | トップページ | 書き起こし(1):「歴史学の第一人者と考える『慰安婦問題』」秦郁彦 vs 吉見義明:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2013年6月13日(木)22:00-23:55) »

AM」カテゴリの記事

TBSラジオ」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
改めて、この番組を聴きます。

投稿: 石﨑亮史朗 | 2013年6月17日 (月) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423073/52034911

この記事へのトラックバック一覧です: 「歴史学の第一人者と考える『慰安婦問題』」秦郁彦 vs 吉見義明:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2013年6月13日(木)22:00-23:55):

« ケン・ローチ[監督]『天使の分け前』The Angel's Share(2012年)を観た。 | トップページ | 書き起こし(1):「歴史学の第一人者と考える『慰安婦問題』」秦郁彦 vs 吉見義明:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2013年6月13日(木)22:00-23:55) »