« 「歴史学の第一人者と考える『慰安婦問題』」秦郁彦 vs 吉見義明:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2013年6月13日(木)22:00-23:55) | トップページ | レイシストを葬送するための読書メモ »

書き起こし(1):「歴史学の第一人者と考える『慰安婦問題』」秦郁彦 vs 吉見義明:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2013年6月13日(木)22:00-23:55)

○書き起こし(1):「歴史学の第一人者と考える『慰安婦問題』」秦郁彦 vs 吉見義明:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2013年6月13日(木)22:00-23:55)

 

この日の放送は、歴史学者の秦郁彦と吉見義明がゲスト、「従軍慰安婦」問題がテーマ。

ポッドキャストで聴くことができる:

2013年06月13日(木)「歴史学の第一人者と考える『慰安婦問題』」(対局モード) - 荻上チキ・Session-22
※原則1週間で配信終了。

勉強のために、内容を文字起こししてみようと思う。

文字起こしのほか、番組内の発言を評価する材料として、言及される史資料へのリンクも可能な限り貼ってゆく予定。リンク先のサイトの皆様に感謝します。

今回は、本編に入る前の「慰安婦」問題の概要の部分まで。導入部です。これをおさえるだけでも、この問題に関する見通しが結構良くなると思う。

* * *

 

「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2013年6月13日(木)22:00-23:55)
 

橋下徹大阪市長 軍自体が、日本政府自体が、暴行脅迫をして拉致をしたという、女性を拉致をしたというそういう事実は今のところ証拠で裏付けられていないので、そこはしっかり言っていかなきゃいけないと思いますよ。

[……]

当時、慰安婦制度ってのは各国の軍は持ってたんです。当時はそういうもんだったんです。ところがなぜ、欧米のほうですね、日本のいわゆる「従軍慰安婦」問題だけを取り上げられたかといったら、強制的に意に反して慰安婦を拉致してですね、そういう職業に就かせた「レイプ国家」だっていうところで世界は非難してるんだってところを、もっと日本人はねぇ、世界にどういうふうに見られてるかってことを認識しなきゃいけないです。

時事ドットコム:橋下氏の発言要旨=従軍慰安婦問題


【2013.5.13】橋下徹 大阪市長 登庁時 ぶらさがり取材

南部広美 大阪市の橋下市長の会見の音声の一部をお聴き頂きましたが、この発言がきっかけとなり、慰安婦問題が再燃しました。

慰安婦問題の経過を辿ってみます。

慰安婦とは、1930年代から45年まで、日本の戦地・占領地で日本軍が作った慰安所で軍人の性の相手となった女性たちのことです。

その存在は以前から知られていましたが、1991年に元日本軍の慰安婦だった韓国人女性が謝罪と賠償を求めて名乗り出たことから、政治・外交問題となりました。

日本政府は、慰安所の設置や、慰安婦の募集に日本軍が関与した証拠はないと主張してきましたが、調査を進めた結果、1993年のいわゆる「河野談話」の中で、初めて軍の関与や強制性があったことを認め、謝罪しました。

1993年8月4日に、当時の河野洋平官房長官が発表した、いわゆる「河野談話」の概要です:

  • 慰安所の設置・管理および移送については、旧日本軍が直接あるいは間接的にこれに関与した。
  • 慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれにあたったが、その場合も、甘言・強圧によるなど、本人たちの意志に反して集められた事例が数多くあり、さらに、官憲などが直接これに関与したこともあったことが明らかになった。
  • また、慰安所における生活は、強制的な状況の中での痛ましいものだった。

慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話(平成5年8月4日)(外務省ウェブサイト)

そして、1995年に、女性のためのアジア平和国民基金、いわゆる「アジア女性基金」が設立され、元慰安婦に、首相のお詫びの手紙と民間募金によるお見舞金が渡されることになりました。

慰安婦問題とアジア女性基金/デジタル記念館 (アジア女性基金公式サイト)

2002年までに、364人の元慰安婦が償い金を受け取りましたが、あくまでも国家による賠償を求め、受け取りを拒否した元慰安婦も数多くいます。

また、河野談話が出されて以降も、閣僚から「慰安婦は自由意志で買春をした」という発言があったり、第1次安倍内閣が「軍や官憲によるいわゆる「強制連行」を直接示すような記述も見当たらなかった」とする内容を閣議決定するなど、河野談話の見直しにつながるような動きも出ています。

軍の強制連行の証拠ない 河野談話で政府答弁書(47NEWS)

橋下徹大阪市長の慰安婦を巡る発言の背景となった安倍首相の「閣議決定」に関する発言について:辻元清美 ブログ:つじともWEB

また以前は、日本の歴史教科書の多くに慰安婦についての記述がありましたが、現在はほとんどなくなっています。

その一方で、国連では、「女性たちを強制的に「レイプ・センター」で性奴隷にした」という報告書が提出され、欧米では、日本に改めて謝罪を求める決議が相継ぐなど、この問題は、国際問題であり続けています。

CONTEMPORARY FORMS OF SLAVERY: Systematic rape, sexual slavery and slavery-like practicesduring armed conflict (E/CN.4/Sub.2/1998/13)(国連ウェブサイト、PDFファイル、英語)
※国連人権委員会 差別防止・少数者保護小委員会で1998年に採択された、いわゆる「マクドゥーガル報告書」
"the McDougall Report" Commission on Human Rights, Sub-Commission on Prevention of Discrimination and Protection of Minorities

* * *

荻上チキ 今、冒頭のほうで南部さんのほうから、一般的な慰安婦問題の経緯の説明がありました。まず、これ自体についてもどうか、どう思っているのかと聞いてみたいと思うんですけども、秦さんは先ほどの解説、聞かれてどのように思われましたかねぇ?

秦郁彦 そうですね、細かいことを言いますとですね、多少違和感のある部分がないでもないんですけど、まぁだいたい要約の要約みたいなもんですから、大きな過ちはないと思います。

荻上 なるほど。吉見さん、いかがでしょうか?

吉見義明 経緯については特に異存はないですね。ただ、まぁ一点、歴史教科書ですけども、記述がなくなったのは中学校の歴史教科書で、それは全くなくなっているということですね。

荻上 なるほど。

つづく

※当ブログ内の関連リンク

「風俗業の活用」について

「歴史学の第一人者と考える『慰安婦問題』」秦郁彦 vs 吉見義明:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2013年6月13日(木)22:00-23:55)

翻訳:英『エコノミスト』誌による安倍政権評:"Abe’s master plan", The Economist, May 18th-24th 2013, p.11

Google

|

« 「歴史学の第一人者と考える『慰安婦問題』」秦郁彦 vs 吉見義明:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2013年6月13日(木)22:00-23:55) | トップページ | レイシストを葬送するための読書メモ »

AM」カテゴリの記事

TBSラジオ」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423073/52029113

この記事へのトラックバック一覧です: 書き起こし(1):「歴史学の第一人者と考える『慰安婦問題』」秦郁彦 vs 吉見義明:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2013年6月13日(木)22:00-23:55):

« 「歴史学の第一人者と考える『慰安婦問題』」秦郁彦 vs 吉見義明:「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2013年6月13日(木)22:00-23:55) | トップページ | レイシストを葬送するための読書メモ »