« 電波の日(6月1日) | トップページ | トミカのラジオカー第2弾&NHK受信サービスカーが発売予定 »

「風俗業の活用」について

○「風俗業の活用」について

 

橋下 ソープを使え、ルーク。

ルーク とても嫌な予感がする。

Hashimoto: Use the Soap, Luke.

Luke: I have a very bad feeling about this.

例の、橋下徹大阪市長による「風俗業の活用」発言。

橋下徹大阪市長「米軍の風俗業活用を」はいかなる文脈で発言されたのか(2013年5月13日) | SYNODOS -シノドス

米軍に風俗業の活用を提案するのは大きなお世話だというのは既に多くの人が言っていることだけれど、風俗嬢にかかる負担の大きさについては案外スルーだったりする。

「自分の命を落とすかもわかんないような、そんな極限の状況まで追い込まれるような、仕事というか任務」に就いている「海兵隊のあんな猛者」が、天下御免で「性的なエネルギー」を「発散」しに来ると思ったら、怖くてやってられないだろうに。

また、いわゆる「従軍慰安婦」は性奴隷ではなく売春婦だったのだから問題ないと主張する人もいる。結局私には、一見知識人っぽいチンピラが歴史学のふりをして、「接客業だろ? 客に対してガタガタ言うな。こっちはカネ払ってんだぞ!」と言っているようにしか聞こえないのだけれど。

根底にある考え方は同じ。家父長制と拝金主義の混合物。下衆の極みではないか。

風俗を肯定するつもりはないけれど、産業として存在している以上は、労働者の権利や労働環境ってもんがあるだろうに、とも思う。「自らの意志でそういう職業に就いてる人」か「意に反して、そうせざるをえなかったという人」かは全く関係ない。

橋下市長は、「配慮」の必要性を後者に限定している。人権という発想がないのだろう。弁護士なのにね。風俗業が「法律の範囲内」であることを強調しつつ、風俗嬢を法律の外に放逐している。

彼だけでなく、「商売女は、何をされても自己責任」と内心思っている男は案外多そうだけどね。

日本は軍事的な負担を沖縄に押しつけているし、橋下はそこから派生する社会的負担を風俗嬢に押しつけようとした。

みなさん、弱い者いじめがよほどお好きなようで。

※関連リンク

国連委、慰安婦中傷の阻止勧告 日本政府に要求 - 47NEWS(よんななニュース)

Google

|

« 電波の日(6月1日) | トップページ | トミカのラジオカー第2弾&NHK受信サービスカーが発売予定 »

コメント

おはようございます。
記事を読みました。いろいろ考えさせられます。

投稿: 石崎亮史朗 | 2013年6月 2日 (日) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423073/51843557

この記事へのトラックバック一覧です: 「風俗業の活用」について:

« 電波の日(6月1日) | トップページ | トミカのラジオカー第2弾&NHK受信サービスカーが発売予定 »