« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

Lifeが支えるメディアの未来——文化系トークラジオLife長谷川裕プロデューサーインタビュー(cakes、2013年4月30日、5月7日)

○「Lifeが支えるメディアの未来——文化系トークラジオLife長谷川裕プロデューサーインタビュー」(cakes、2013年4月30日、5月7日)

 

「cakes」というウェブサイトにTBSラジオの長谷川裕プロデューサーのインタヴューが載っている。有料記事だが、5月28日〜5月31日の期間限定で無料公開しているとのこと。

Lifeが支えるメディアの未来――文化系トークラジオLife長谷川裕プロデューサーインタビュー|cakes編集部|cakes(ケイクス)

この部分、目からウロコだった:

長谷川 僕に関して言うと、とにかくラジオのプレゼンスが過小評価されている感覚があって、それをどうにかしたい気持ちが原動力になっています。

加藤 過小評価ですか。

長谷川 たとえば、僕が最初に担当した『森本毅郎・スタンバイ!』という番組があります。今でも魅力ある番組の一つですが、僕が担当していた当時は、100万人が聞いているくらいの高聴取率でした。

加藤 100万人! すごいですね。

長谷川 しかも毎朝ですよ。本の100万部と比較してもすごいじゃないですか。でも、世の中の人にしてみたら雑誌の方が断然プレゼンスがありますよね? みんな、『森本毅郎・スタンバイ!』は知らないけど、週刊朝日や週刊現代は知っている。

加藤 そうですね。みんな読んだことのない雑誌を知っていても、ラジオの場合、ラジオを聴いていない人は番組を全然知らないことが多い。

長谷川 雑誌の場合、電車に中吊り広告があったり本屋に置いてあったり、いろいろな場所で人目に触れることができるんですよね。ラジオにはそれがない。だから、ラジオを聴かない人に対してプレゼンスを高めていきたい気持ちがすごくあります。

ラジオが聴かれなくなって来ているとは言うけれど、こう考えると結構聴かれている。

また、「文化系トークラジオ Life」(TBSラジオ、隔月第4日曜日25:00-28:00)については:

長谷川 僕はLifeのことは一度死んだ番組だと思っています。Lifeには、もともと毎週土曜日の夜8時にやっていたものが、半ば打ち切りのような形で毎月第四日曜日の深夜に移動したという経緯があります。今回また、月1回放送から隔月1回放送へ変更になりましたし。 一度死んだ番組だからこそ、実験的なことをやって既存のラジオとは別の存在意義を示していかないといけないと思って、いろいろ試しています。

もとより、ラジオそのものも、死なないためには、実験的なことをやって既存のメディアとは別の存在意義を示していかないといけないと思う。

結局は、ラジオでしか聞けない話、ラジオでしか得られない経験、ラジオでしか実現できないスタイル……ということなんだと思うけど。

他には、「荻上チキ Session-22」(TBSラジオ、月〜金22:00-)についても話題に上っているよ。

※当ブログ内の関連エントリー:

「ラジオは変わるのか」ゲスト:TBSラジオ「Dig」プロデューサー・鳥山穣(談話室沢辺、2010年6月14日)


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語で学ぶAMとFMの違い

○英語で学ぶAMとFMの違い

 

根っからの文系の私。

でも、単にラジオを聴くだけじゃなくて、ある程度はラジオの仕組みも知りたいと思っている。

例えばAMとFMの違いなんかは、AMが振幅変調(amplitude modulation)でFMが周波数変調(frequency modulation)だということは知っている。AMでは音声信号の変化を搬送波の振れ幅の大小に置き換え、FMでは音声信号の変化を搬送波の周波数の疎密に置き換える……ぐらいのところまでは解る。

でも、その先の具体的な中身となると……。AMのほうは比較的直感で解(ったような気にな)るけれど、FMの場合は数式がちょっとね……。ここでで何度もつまづいて来た。

AMとFMについて解説している動画がYouTubeにあった。英語だけど:


Waveform of Amplitude Modulated Wave(AM電波の波形)
 

Frequency Modulation (FM)(周波数変調(FM))
 

物理について英語で解説するYouTubeチャンネル "Physics Galaxy" のコンテンツ。内容は中学から高校ぐらいのレヴェルとのこと。

インドのかたがやっているようで、バリバリのインド英語。でも、発音とイントネイションのクセに慣れればなんとかなると思う。

そもそも、図解しているので、英語が解らなくてもある程度は勉強になる。

と言っても結局、今回もFMの数式のところは解らなかったんだけど。

やっぱり数学と物理を勉強しないとダメなのか? ダメなのね。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKラジオのネット配信「らじる★らじる」で聴ける仙台・名古屋・大阪局のローカル番組一覧

○NHKラジオのネット配信「らじる★らじる」で聴ける仙台・名古屋・大阪局のローカル番組一覧

 

NHKラジオ仙台・名古屋・大阪局のローカル番組一覧(2013年5月27日現在)

※下記エントリーの一部を独立させました:

NHKラジオ「らじる★らじる」が仙台・名古屋・大阪局の配信を開始(2013年5月27日17:00-)&3局のローカル番組一覧 

2013年5月27日17:00かららじる★らじるでの配信が始まったNHK仙台・名古屋・大阪3放送局で聴くことのできるローカル番組の一覧。ご参考にどうぞ。

らじる★らじる NHKネットラジオ

仙台放送局

名古屋放送局

大阪放送局

※当ブログ内の関連エントリー:

総務省、NHKラジオIPサイマル放送「らじる★らじる」に仙台・名古屋・大阪の地域番組配信を認可。

無料の録音・編集ソフト Audacity で radiko をタイマー録音しよう。
Macに初めから入っている音楽制作ソフト GarageBand で radiko を録音しよう。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKラジオ「らじる★らじる」が仙台・名古屋・大阪局の配信を開始(2013年5月27日17:00-)&3局のローカル番組一覧

○NHKラジオ「らじる★らじる」が仙台・名古屋・大阪局の配信を開始(2013年5月27日17:00-)&3局のローカル番組一覧

 

NHKラジオ「らじる★らじる」が仙台・名古屋・大阪局の配信を開始

らじる★らじる NHKネットラジオ

NHKラジオIPサイマル放送「らじる★らじる」の仙台・名古屋・大阪局の配信が、2013年5月27日17:00(JST)から開始されたようだ。1月16日に認可が下りていた。大阪局のFMには、配信開始を記念してNMB48のメンバー(岸野里香山田菜々山口夕輝)が出演したようだ。

DIARY 2013年5月(FMサウンドポケット なみはな)

ちなみに、FMの平日夕方は基幹局ないしローカル局制作の音楽番組というのが通例だったけれど、仙台の「夕べのひととき」は2011年3月10日で、名古屋の「FMトワイライト」は2013年3月29日で終了。3局のうちで、残っているのが大阪の「FMサウンドポケット なみはな」だけというのが残念。

 

仙台・名古屋・大阪局のローカル番組一覧

今回配信が始まった3局で聴くことのできるローカル番組の一覧を作ってみた。ご参考にどうぞ。

仙台放送局

名古屋放送局

大阪放送局

それにしましても(NHKアナウンサー風の閑話休題)、「らじる★らじる」という名前がもっちゃりし過ぎていると思うのは私だけ? いっそ「らじ★らじ」とかにしてくれてたほうがスッキリするんだけど。

※当ブログ内の関連エントリー:

総務省、NHKラジオIPサイマル放送「らじる★らじる」に仙台・名古屋・大阪の地域番組配信を認可。

無料の録音・編集ソフト Audacity で radiko をタイマー録音しよう。
Macに初めから入っている音楽制作ソフト GarageBand で radiko を録音しよう。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みうらじゅんのサントラくん(NHKラジオ第1、最終火曜日21:05-21:55)

○「みうらじゅんのサントラくん」(NHKラジオ第1、最終火曜日21:05-21:55)

 

「みうらじゅんのサントラくん」(NHKラジオ第1)が、特番から、月イチでレギュラー化した。2013年4月から、毎月最終火曜日21:05-21:55の放送。

NHK | R1 [ラジオ第1]みうらじゅんのサントラくん

映画のサウンド・トラックの中から選曲し、エピソードを語る内容。

いつもの調子で、いつものゲストで、いつもの話をしている。みうらじゅんが出演する番組をよく観聴きしている人にとっては、既に聞いたことのある話も多い。

でもなぜか面白いし、何度でも聴けてしまうから不思議だ。ちょっと、古典落語の風情すら感じられる。

でも、今回言いたかったのはそんな話ではない。

この番組で最も興味深いのは、みうらじゅんのトーク合間に、うっすらではあるが構成作家の笑い声が聴こえる点だ。レギュラー化第1回を聴いていて気付いた。

NHKのラジオでは聞いたことがない。

画期的。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エフエム世田谷がジングルを募集しているよ(2013年6月30日締切)

○エフエム世田谷がジングルを募集しているよ(2013年6月30日締切)

※ご指摘に基づき、締切の誤記を訂正しました。

 

エフエム世田谷が、開局15周年を記念して、ジングルを募集している。締切は2013年6月30日。詳細は公式サイトでご確認を。

局名「エフエム世田谷」と周波数「83.4MHz」の入った20秒・40秒のオリジナル作品が条件。

同時にエフエム世田谷をテーマにした歌(5分以内)も募集している。

審査結果は、2013年7月30日(火)の開局記念特番などで発表とのこと。

是非、チャレンジを。

でも、20秒って長くない?

〜15周年記念〜■エフエム世田谷のジングル/歌を 大募集!(FM世田谷83.4MHz (エフエムせたがや))


 
Google

| | コメント (2) | トラックバック (0)

抄訳:ソープランドでは泡ノミクス——英『エコノミスト』誌によるアベノミクス評:"Once more with feeling", The Economist, May 18th-24th 2013, pp.21-23

○抄訳:ソープランドでは泡ノミクス——英『エコノミスト』誌によるアベノミクス評:"Once more with feeling", The Economist, May 18th-24th 2013, pp.21-23

※既出エントリーの一部を独立させました。

 

安倍晋三内閣総理大臣がイギリスの The Economist の表紙になったことで話題になっているようだ。


The Economist, May 18th-24th 2013, p.11
「鳥だ、飛行機だ、いや、ニッポンだ!」
で、なんでジャケット着てんの?
  

先日、同誌掲載の安倍政権に関する記事 "Abe's master plan" を訳した。

一部メディアでは、「アベノミクスが高く評価されている」と紹介しているようだけれど、要約すると「経済は自由化しろ、余計な野心は抱くな」と釘を刺す記事:

翻訳:英『エコノミスト』誌による安倍政権評:"Abe’s master plan", The Economist, May 18th-24th 2013, p.11(当ブログ内)

同じ号には、この記事の他に、長めの記事がもう1本ある(pp.21-23)。そのタイトルは "Once more with feeling"(ノリでアンコール)。『エコノミスト』誌はおそらく、アベノミクスの理論的整合性を全く信用しておらず、フィーリングでやってると思っているようだ。

この記事のイントロが良かったので、チョコっとご紹介:

ノリでアンコール

東京の売春地帯「ソープランド」で最近、「マッサージ」30分の基本料金が、1990年以来初めて値上がりしている。セックス産業を扱う雑誌『俺の旅』の編集長・生駒明によると、60,000円以上の最高級「ハイテク」マッサージの需要がうなぎ上りだ。彼によれば、全て株式市場の高騰のおかげだという。

ソープランドでは、この再活性化は、言いも言ったり、「泡ノミクス」と呼ばれている。日本の別の場所では、2012年12月に首相に就任した安倍晋三を讃えて「アベノミクス」と呼ばれている。[……]

バブルだってさ。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翻訳:英『エコノミスト』誌による安倍政権評:"Abe’s master plan", The Economist, May 18th-24th 2013, p.11

○翻訳:英『エコノミスト』誌による安倍政権評:"Abe’s master plan", The Economist, May 18th-24th 2013, p.11

 

安倍晋三内閣総理大臣がイギリスの The Economist の表紙になったことで話題になっているようだ。


The Economist, May 18th-24th 2013, p.11
「鳥だ、飛行機だ、いや、ニッポンだ!」
で、なんでジャケット着てんの?
  

同誌掲載の安倍政権に関する記事 "Abe's master plan" を訳してみた。

一部メディアでは、"Yet if his plans are even half successful, he will surely be counted as a great prime minister." の部分を強調して、「アベノミクスが高く評価されている」と紹介しているようだけれど、全体を読むとそこがポイントじゃないことが解る。その会社には英語ができる人はいないのかい?

そもそそも、表紙見たら解るし。

記事は "The way to restore Japan is to focus on reinvigorating the economy, not to end up in a needless war with China." で締められている。前段の "half successful" が指しているのは、そういうことなのでは。

要約すると、「経済は自由化しろ、余計な野心は抱くな」と釘を刺す記事です。

安倍のマスタープラン

安倍晋三は、繁栄と愛国の日本というヴィジョンをもっている。経済のほうがナショナリズムよりもマシのように見える。

安倍晋三がわずか1年で総理大臣を辞職した直後の2007年9月には、彼は有権者の嘲笑の的になり、持病の餌食となり、 近年の日本のリーダーの多くの命取りとなった愚かな行いを批判された。今日では、第2次安倍政権に入ってまだ5か月にすぎないが、安倍氏は別人になったように見える。彼は日本を「アベノミクス」体制に乗せた。日本経済にショックを与え、20年にわたって日本経済の足かせとなってきた不活状態から脱却させる、リフレと財政出動と成長戦略の混合物である。安倍氏は、再び政府を強靭にするために、かつて恐れられた日本の官僚制を強化した。そして、自身の健康が回復すると、地政学的な再ブランディングと憲法改正のプログラムの素案を発表した。日本のあるべき姿であると安倍氏が考える世界的な大国としての地位に日本を戻すことを意図したものだ。

安倍氏は、政治家たちへの忠誠心を失った国の電子化に取り組んでいる。就任以来、株価は55%の上昇率だ。第1四半期の一般消費は、年率換算で3.5%の伸びに達した。安倍氏の支持率は70%を超えている(他方、第1次安倍政権末期は約30%だった)。安倍自民党は7月の参院選での勝利を目指す構えだ。両院で過半数を得れば、法案の通過は自由自在だ。

日本を不況から脱却させるのは大仕事だ。失われた20年の後の今、日本の名目GDPは1991年と同じ値で、日経平均は、最近の急上昇の後でさえも、かろうじてピーク時の3分の1に過ぎない。日本の労働力弱体化の原因は、高齢者人口の増加によるコストが重荷になっていることにある。日本社会は内向き傾向にあり、日本企業は革新的先端性を失った。

安倍氏は、日本再生を公約にした最初の政治家ではなく——日出づる国はこれまで、偽りの夜明けを見せられるだけでは済まなかった——そのニューモデルである安倍も、ひとつひとつ証明しなければならないことばかりである。にもかかわらず、もし彼の計画が半分でも成功すれば、名宰相に列せられることは間違いないだろう。

我に策あり

今回がこれまでとは違うと考える理由は、中国にある。経済の衰退が新しい現実味を帯びたのは、2010年に中国が日本を押しのけて世界第2位の経済大国に躍り出た時だ。中国は自信を強め、沿岸水域に、対日本については、問題となっている尖閣諸島/釣魚島に重きを置き始めた。今月初めの中国共産党機関紙『人民日報』は、日本の沖縄に対する主権にさえ異議を唱えた。

中国の挑戦を迎え撃つことで、日本を永年にわたって囚えてきた無関心と消極性に揺さぶりをかけて取り除くことができるというのが安倍氏の信条だ。彼の計画の真の野望を説明するならば、彼の国民が明治時代のスローガン「富国強兵」を唱えることだ。富んでいてばこそ初めて、日本は自国を防衛しうる。自国を防衛することが出来て初めて、日本は中国に対して立ち上がることが出来る——そして同じく、盟主アメリカへの従属を免れることが出来る。アベノミクスは、財政出動と金融緩和を伴うゆえに、あたかも経済学説であるかのように聞こえるが、実際には、少なくとも同時に国家防衛に関するものである。

おそらく、それゆえに、安倍氏がかかる緊急時に政権に就いたのであろう。最初の数週間のうちに、安倍氏は10.3兆円(約1000億ドル)規模の補正予算を発表した。安倍氏は、金融市場にさらなる資金を注入すると公約した日銀の新総裁を任命した。これが円安につながる限りにおいては、輸出を加速させるだろう。もしこれがデフレの亡霊を追い祓えば、消費をも加速させるかもしれない。しかし、紙幣を刷ることによって実現できるのはそこまでで、GDPの240%に該る負債により、日本がまかなうことの出来る新規の財政支出には制限がかかる。したがって、経済の長期ポテンシャルを変化させるためには、安倍氏は、計画の第三の部分、構造的な部分を続行しなければならない。目下安倍氏は、根本的なサプライサイド改革を煽動する5つの諮問機関を立ち上げている。2月には、安倍氏は、農業などの保護産業の強制的開放を約束する地域通商協定であるTPPへの日本の交渉参加を表明し、支持者をも驚かせた。

悪しき血

グローバル需要の源泉となるかもしれない日本のさらなる繁栄に異を唱えることの出来る者はいない。「自衛隊」を他国のような常備軍に転換させた愛国的な日本は、北東アジアの安全を増強するだろう。にもかかわらず、安倍氏の破滅的な第1次政権を憶えている人たちには、2つの懸念が残されている。

経済に関する危険は、彼が以前同様のソフト路線であることだ。すでに次のようなささやきが聞かれている。第2四半期の成長がお粗末なものであれば、景気回復への圧迫を恐れて、2014〜15年に予定されている2段階の消費増税のうちの第1段階を延期するだろう。懸念されるのは、彼が抵抗勢力であるロビー団体に屈することだ。農業、製薬、電力は、競争に晒される必要のある産業の一部に過ぎない。安倍氏は、自民党の一部に弓を引くことになったとしても、それらの業界に対峙することに尻込みしてはならない。

対外的な危険は、彼が強硬路線を張り、破壊的で後ろ向きなナショナリズムで国民のプライドを混乱させているることだ。安倍氏は、日本が戦後にアメリカの監督下にあったことを屈辱とみなすようにようになっているマイノリティーに属している。彼の支持者は次のように主張している。安倍氏は、日本が戦時中に犯した罪を最小化することは受け入れ難いことであると学んできた、と。しかしながら彼は、大日本帝国(彼の祖父は占領下の満州経営の協力者である)が本当に侵略者であったかどうかを問い、A級戦犯が戦没者と合祀されている靖国神社への参拝を閣僚に許すことで、既に中国と韓国の反感を煽っている。これに加えて、安倍氏は、今の日本に必要十分な常備軍では飽き足らないようだ。話題に上るのは、1947年にアメリカから引き継いで以来変更されていない、憲法のリベラルな部分の全面検討だ。安倍氏は、敢えて地域対立の火に油を注いでおり、これが貿易に脅威を与えることで経済成長を低下させるおそれがある。

安倍氏が日本を覚醒させたいというのは当然のことだ。参院選後、彼は実際にそのチャンスをつかむだろう。日本再生の道は、経済を再活性化させることであり、中国との不要な争いに陥ることではない。

"Once more with feeling"

同じ号には、上に訳した記事の他に、長めの記事がもう1本ある(pp.21-23)。そのタイトルは "Once more with feeling"(ノリでアンコール)。『エコノミスト』誌はおそらく、アベノミクスの理論的整合性を全く信用しておらず、フィーリングでやってると思っているようだ。

この記事のイントロが良かったので、ついでにご紹介:

東京の売春地帯「ソープランド」で最近、「マッサージ」30分の基本料金が、1990年以来初めて値上がりしている。セックス産業を扱う雑誌『俺の旅』の編集長・生駒明によると、60,000円以上の最高級「ハイテク」マッサージの需要がうなぎ上りだ。彼によれば、全て株式市場の高騰のおかげだという。

ソープランドでは、この再活性化は、言いも言ったり、「泡ノミクス」と呼ばれている。日本の別の場所では、2012年12月に首相に就任した安倍晋三を讃えて「アベノミクス」と呼ばれている。

"Once more with feeling", The Economist, May 18th-24th, 2013, p.21

バブルだってさ。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川田亜子アナウンサーが亡くなって5年になります。

○川田亜子アナウンサーが亡くなって5年になります。

今月25日で川田亜子アナウンサーが亡くなって今日で5年になります。

生前は、「伊集院光 日曜日の秘密基地」(TBSラジオ)でアシスタントを務めたり、「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ)に出演しておられました。

合掌。 


「小島慶子 キラ☆キラ」
(TBSラジオ、2009年5月25日(月)13:00-15:30)

 

川田亜子アナウンサーのご冥福を祈ります。(当ブログ内)

安住紳一郎の日曜天国(TBSラジオ、2008年6月1日(日)10:00-12:00)(当ブログ内)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

創価学会のCMと池田大作『人間革命』第二巻について

○創価学会のCMと池田大作『人間革命』第二巻について

 

以前、創価学会および聖教新聞社のラジオCMについて、このブログで言及した:

創価学会がラジオCMを縮小しているようです。(当ブログ内)

前掲エントリーでは言及しなかったが、ウェブ上の記述によると、池田大作による長編小説『人間革命』に次のような箇所があるという:

或る人は利口気にいう。布教に、ラジオを使うべきだ、テレビを使用すべきだ―と。何と浅はかな言であろうか。俗にいう、PRなど学会には絶対に必要ないのだ。これこそ、多くの新興宗教の取るべき、悪質な企業宗教の手段にほかならない。正法は、断じて法を下げるような方法は取らない。取る必要がないのである。

現状を鑑みるとあまりにも出来過ぎた話なので、ひょっとしたらアンチの人たちによるネタではないかと思い、確認してみた。

ウェブ上の引用を総合すると、該当箇所は『人間革命』第二巻の p.117であるという。

しかし、『人間革命』には、

  • ハード・カヴァー版
  • 聖教文庫版
  • 聖教ワイド文庫版

の3つのヴァージョンが存在する。

どの p.117?

各版の該当箇所を確認してみた。

ハード・カヴァー版

或る人は利口気にいう。布教に、ラジオを使うべきだ、テレビを使用すべきだ——と。

何と浅墓な言であろうか。俗にいう、PRなど、学会には、絶対に必要ないのだ。これこそ、多くの新興宗教の取るべき、悪質な企業宗教の手段にほかならない。

正法は、断じて法を下げるような方法は取らない。取る必要がないのである。

聖教文庫版

またある人は、利発そうに言うかもしれない。——そんなにいい宗教なら、なぜラジオや新聞で、もっと宣伝しないのか、と。

なんとあさはかな言葉であろうか。地獄の苦しみに落ちた人間を、救うことができるかどうかが、あらゆる宗教の存在価値を決める尺度である。そんな時に、美しい宣伝文句を並べて騙すのは、きまって悪質な企業宗教である。それに対し学会は、または正宗は、法を下げるような方法は、断じて取らない。また、取る必要も認めないのである。牧口会長いらいの、学会伝統の座談会を、いきいきと推進しつづけるかぎり、広布の水かさは着々と増していくであろう。

聖教ワイド文庫版

記述なし。

該当箇所は p.127であるが、当該表現を含む数段楽が削除されている。

表現の異同

版によって、該当箇所の記述に異同がある。

  • メディアを使った布教自体を厳しく戒める内容になっているハード・カヴァー版に対して、聖教文庫版では、メディアでの宣伝の程度が争点になっている(「なぜラジオや新聞で、もっと宣伝しないのか」)。
  • これに関連して、ハード・カヴァー版では、PR自体が「絶対に必要ない」、「悪質な企業宗教の手段」であるという行論であるのに対して、聖教文庫版では、「地獄の苦しみに落ちた人間を」「美しい宣伝文句を並べて騙す」のが「悪質な企業宗教」であると、PRの内容ないし方法が争点になっている。
  • 聖教ワイド文庫版では、当該の記述が削除されている。

結論

ネット上に広まっている引用は、ハード・カヴァー版の記述を基にしていることが判った。

しかし、

  • ネット上に広まっている引用の多くは、ひと段落で記述されているが、本では3段落に分かれている。投稿先の環境によっては改行が生かされない場合もあるが、改行が生かされる環境でもひと段落で引用されている例がほとんどである。
  • ネット上に広まっている引用の多くと、ハード・カヴァー版の記述では、句点の打ち方や漢字の使い方(浅墓/浅はか)が異なる場合が多い。
  • Wikipedia には、創価学会の創立者のひとりで2代目会長・戸田城聖の言葉であるとある(2013年5月11日閲覧)が、この言葉は、実際には地の文であり、三人称のナレイターの言葉である。
  • Wikipedia による引用は、ひと段落で記述され、本の記述と表現が異なる部分がある。
  • ウェブ上の引用でも戸田城聖の言葉であるという言及が少なからず見られる。

とはいえ、ハード・カヴァー版に複数のヴァージョンがある可能性も否定できないので、以上の結論は暫定的なものである。

ちなみに、聖教文庫版からの引用は少ない。例えば、同版の表現「またある人は、利発そうに言うかもしれない。」を検索したところ、6件のヒットだった。

疑問

大勢の人たちは、現在市場で入手することの難しいハード・カヴァー版をわざわざ入手して確認したのだろうか?

あるいは、例えば東京都内の図書館のほとんどで閉架書庫に収められている同版をわざわざ出納するような手間を取って確認したのだろうか?

いずれにせよ、そんな手間を取ってまで確認した本の内容を、揃って不正確に引用しているのはなぜだろうか?

比較的入手し易い聖教文庫版からの引用が圧倒的に少ないのはなぜだろうか?

現在書店にもおいてある2013年発表の聖教ワイド文庫版では、その記述が削除されていることに言及している人が少ないのはなぜだろうか?

私の意見

自分の考えと合致するからといって、真偽の確認もせずウェブ上にコピー&ペーストするのはやめたほうがよいと思う。

今回の例では、内容的に大差ないので問題は生じていないけれど、場合によってはデマの拡散につながりかねないよ。

ちなみに、私は創価学会や公明党を擁護も攻撃もするつもりはない。知り合いの中には信者の人もいるけれど、勧誘されたこともないし、何ら実害を被ったこともない。

Google

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(76)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(76)

 

2013年4月のつづき:

TBSラジオの時報前CMからセブン&アイが撤退したようです。

TBSラジオのタイムテーブル、土曜日28:00-29:00が空いているよ。

創価学会がラジオCMを縮小しているようです。

フランス公共放送 ラジオ・フランスについてのドキュメンタリー映画『ラジオの家』:Nicolas Philibert, La Maison de la radio (2012)

フィラー音楽放送(TBSラジオ、2013年4月6日(土)28:00-29:00)

音楽自由区。(JFN系列各局、月5:00-6:00、火〜金4:00-6:00)

臨時災害FM、コミュニティーFM移行への動き始まる。

榎田信衛門[監督]『堂免公園』(2013年)東京先行上映会に行って来ました。

Suntory Saturday Waiting Bar "AVANTI"(TOKYO FM)、終ってたのね。

長谷川三郎[監督]『ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳』(2012年)を観た。

radiko を鉱石ラジオの音質で愉しむ方法

「劇空間ラブホテル」シリーズ(ウェブラジオFMC)

AVANTIよ、永遠に:「東京一の日常会話を聞き続けてきた男たち。」『BRUTUS』725号 2013年4月15日号(マガジンハウス)

全国FM放送局・送信所一覧図(暫定版)(「BLUESS Laboratory」内)

コミュニティーFM開局への道を目撃せよ!:株式会社足立区民放送(仮称)発起人会(2013年4月10日)の様子が公開されているよ。

TOKYO FM から新アンテナ記念の期間限定特製ベリカードが届いたよ。

名古屋の radiko を聴いてみた。

東京都内のコミュニティFM開局準備会リスト(暫定版)

仁科友里「欲望ギラ☆ギラ小島慶子 すべての自虐は〝私ってすごい〟に通ず」『週刊文春』2013年5月2日・9日 ゴールデンウィーク特大号

梅村太郎/塚原一成[監督]『ガレキとラジオ』(2012年)を観た。

過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(29)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(30)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(31)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(32)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(34)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(35)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(36)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(38)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(39)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(40)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(41)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(42) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(43)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(44)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(45)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(46)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(47)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(48)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(49)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(50)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(51)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(52)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(53)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(54)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(55)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(56)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(57)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(58)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(59)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(60)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (61)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 (62)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(63)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(64)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(65)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(66)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(67)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(68)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(69)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(70)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(71)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(72)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(73)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(74)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(75)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ「ラジオ警察」(妄想)

○ドラマ「ラジオ警察」(妄想)

 

先日、街なかで目に留まった『コドモ警察』のポスター。

「カタナカ3文字+警察」つながりで、もしも「ラジオ警察」というドラマがあったら……という妄想を愉しんでみました。

電車の中でずっとニヤニヤしながら考えていたので、はたから見たら不審者だったかもしれません。

以下、記憶を基にドラマの設定などを書いてみました。

無線に詳しくないので、表現が適切でないところもあるかもしれません。忌憚なくご教示を。

舞台

警視庁ラジオ係:警視庁捜査一課長直属の部署。ラジオや無線を使った犯罪を専門に捜査する部署だが、暇なので、事件のない時はラジオを聴いている。無線マニアである課長の酔狂だと陰口を叩かれている。サイバーポリスとはライバル関係にあり、「アナログ軍団」と嫌味を言われ、時どき対立する。

オープニング・テーマ曲

「ラジオ警察メインテーマ」:マーカー音、ハムノイズ、テルミン、アナログ・シンセサイザーなどによって演奏される大味なインストゥルメンタル曲。

見どころ

  • カーチェイスや全力疾走での犯人追跡などのアクション・シーンは一切なく、全て無線で済ませる。
  • 銃撃戦の代りに、妨害電波を発射する。
  • 刑事たちは全員ハンディー無線機を所持。無線機は、銃の代りにホルスターに収められている。
  • 刑事部屋内でも、お互いに無線で話す。
  • 聞き込みも無線で行う。写真が使えないので、言葉による表現力がものを言う。
  • 刑事には、無線機や受信機のメーカーやブランドから取ったニックネームが付いている:
    • YAESU刑事:ラジオ係一番の古株。愛称は「YAEさん」。同僚たちから一目置かれている。
    • STANDARD刑事:若手。YAESU刑事とコンビを組んでいる。
    • PERSEUS刑事:新人。ITに強い。サイバーポリスに人脈があり、合同捜査で活躍、同僚たちの信頼を得る。
      ……などなど。

決め台詞など

  • 「とんだEスポだったな!」(思わぬところで尻尾をつかまれた犯人に向って言う言葉)
  • 「ワッチを続けろ」(=捜査を続けろ)
  • 「(捜査では)アンテナも大事だ」(YAESU刑事の口癖)
  • 「気にするな、フェージングだ」(つかみかけた手がかりを失った若手に対して、ベテラン刑事が「まだチャンスはある」と慰める言葉)
  • 「高飛び」(=犯人が他の帯域に移ること)
  • 「○○(犯人の名前)、お前をキャッチした!」(逮捕時の決め台詞)

名シーン1:PERSEUS刑事登場

団長「今日からオレたちの仲間に加わることになったPERSEUS刑事だ。どうぞ」

PERSEUS刑事「PERSEUSです。よろしくお願いします。どうぞ」

刑事A「おいおい、とんだハイテクお坊っちゃまのお出ましだぜ。どうぞ」

団長「聞こえてるぞ。まぁみんな、可愛がってやってくれ。どうぞ」

名シーン2:捜査開始

通信係「○○より入感。○○より入感。×××MHz帯に被疑者が現れたとの受信報告。そうぞ」

団長「YAEさんとSTANDARDは直ちに現場へ向ってくれ。どうぞ」

YAESU刑事・STANDARD刑事「了解。どうぞ」

団長「ALINCO からの報告はまだか? どうぞ」

ICOM刑事「まだ戻って来ません。あの野郎、ひとりで飛ばし過ぎだぜ。どうぞ」

名シーン3:取り調べ

YAESU刑事「なぁ、もういい加減吐いたらどうだ? お前もそろそろバッテリー切れじゃないのか? どうぞ」

  被疑者、無言で睨み返す。

YAESU刑事「音声信号なしか。強情なヤツだ。どうぞ」

ICOM刑事「(取調室に入りながら)どうです? どうぞ」

STANDARD刑事「完黙ですよ。どうぞ」

YAESU刑事「(唸るように)むむむ……」

ICOM刑事「落としのYAEさんがハムノイズとは、まだまだ手こずりそうだな。どうぞ」

名シーン4:エンディング

課長「一時はどうなることかと思ったが、無事解決でなによりだ。どうぞ」

団長「(頭を下げながら、低い声で)はい。どうぞ」

  課長、戸棚から通信用ヘッドフォンを2つ取り出し、
  ひとつを装着。

課長「ご苦労だった。(もうひとつのヘッドフォンを団長に差し出しながら)これから中南米の局でも狙ってみるか? どうぞ」

団長「はい。どうぞ」

  デスクトップ機の前に並んで腰掛けるふたり。
  ダイヤルを回す課長。

  課長が歌うエンディング・テーマ曲
  「みんな電波を探してる」が流れる。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音で聞く太陽フレア:無線通信を妨害(WIRED.jp、2013年2月6日)

○「音で聞く太陽フレア:無線通信を妨害」(WIRED.jp、2013年2月6日)

 

「太陽フレア」(solar flare)が話題になっている。

大規模な太陽フレア発生が相次ぐ、今後2週間は人工衛星/GPS/通信の障害に警戒が必要 - インターネットコム

太陽フレアとは、太陽の表面で起きている爆発現象。太陽フレアが発生すると、X線などが大量に放射され、電離層の攪乱が生じ、GPSなどの無線通信に障害が出る。

「電離層」という言葉は、ラジオ・ファンにはおなじみ。

そんなラジオ・ファンの中には、こう思う人もいるずだ:

電離層の攪乱で無線通信に障害が出るのであれば、太陽フレアを「聴く」ことができるんじゃないか?

検索してみると、下記の記事で2013年2月2日に録音された太陽フレアの音源を聴くことができる:

音で聞く太陽フレア:無線通信を妨害 «  WIRED.jp
※英語版の元記事はコチラ

厳密に言うと、

太陽フレアにより放射された強い電波で短波帯の無線通信が聴こえなくなる様子を聴くことができる

ちなみに、天文学のサブカテゴリーに電波天文学(radio astronomy)という分野がある。光学的な手段ではなく、電波望遠鏡などの電波の受信を用いた観測手段で天体活動を研究する学問だ。

FMラジオの伝播異常を観測し、地震予知に活用しようという研究も存在する。

※当ブログ内の関連エントリー:

12月から1月に巨大地震が再び東日本を襲う? FM電波で地震を予知する北大の博士の話:「QIC」第789回(ウェブラジオFMC、2011年11月27日放送分)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界卓球と南北統一の青春スポ根映画:ムン・ヒョンソン[監督]『ハナ〜奇跡の46日間〜』코리아(2012年)を観た。

○世界卓球と南北統一の青春スポ根映画:ムン・ヒョンソン[監督]『ハナ〜奇跡の46日間〜』코리아(2012年)を観た。

 

ムン・ヒョンソン[監督]『ハナ〜奇跡の46日間〜』코리아(2012年)を観た。

映画『ハナ〜奇跡の46日間』オフィシャルサイト

先日、渋谷の映画館で、たまたまこのポスターが目に留まった。


 

ノー・マークの映画だったけれど、ふたりの表情にハートを射抜かれてしまった。その日の上映は終っていたので、「また後日」と思っていたら、渋谷での上映が終ってしまった。

都内でのもうひとつの上映館、Garden Theater in 虎ノ門四丁目で観賞。


ムン・ソンヒョン[監督]『ハナ〜奇跡の46日間〜』코리아(2012年)予告編
 

1991年に千葉で開催された世界卓球選手権に、韓国と北朝鮮が史上初めて統一コリア・チームとして出場し、女子が団体優勝を果たしたという実話に基づいたフィクション。卓球を通して実現した、ほんのつかのまの南北統一の話。

原題は『코리아』(コリア)。学生時代の韓国人の友人が、自己紹介の時に「韓国出身」ではなく「コリア出身」と言っていたのを思い出した。

韓国のエース、ヒョン・ジョンファをハ・ジウォン、北朝鮮のエース、リ・プニをペ・ドゥナが演じる。

南北分断をモチーフにしているものの、ストーリー自体はスポ根もの。ドラマティックに演出された試合と実況の組み合わせ、アリーナの外での笑いと努力と友情は、『週刊少年ジャンプ』の連載漫画のようですらある。『キャプテン翼』か『スラムダンク』か、ことによると『キン肉マン』か『ワンピース』か、というようなベタで子供っぽい話と言えばそれまでなんだけど……。

また、団体戦の最後がダブルスだったり、韓国、北朝鮮、統一コリア・チームのユニフォームのブランドがいずれも Nittaku だったりと、ツッコミどころもいくつかある。

でも、ハッキリ言って、そんなことはアっと言う間に関係なくなるっス。爽快な青春エンターテインメント作品です。

一番のクライマックスは女子団体決勝戦。国際試合初出場で4番手の北朝鮮のユ・スンボク(ハン・イェリ)の試合で盛り上がり、最後のダブルスで大団円。

これだけでも充分なのに、まだまだ山場は続く。何回おかわりがあるんだよ! でも、何杯でも食べられるから不思議だね。

泣いている人はけっこう多かったと思う。

私がいちばん好きなシーンは、2年後のイエーテボリ大会のシーン。ミーティングの統一旗のエピソードがじんわり想い出される。欲を言えば、あのミーティングのシーンは、始まり方といい、「卓球台です」という驚くべき以心伝心の即答ぶりといい、もうちょっと丁寧に描いてほしかったなぁ。あそこで話のテンポを落とせないのは解るけど。

あと、ペ・ドゥナとハ・ジウォンのユニフォーム姿がとても良かったです。

※関連リンク

'コリア'ヒョン・ジョンファが明らかにした実話VS映画、ここが違って|kazumiのミーハーワールド!

映画「ハナ~奇跡の46日間~」実在のヒョン・ジョンファとリ・プニを再会させるため、署名運動が広がる - ENTERTAINMENT - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle

 

パンフレット

パンフレットは、冊子ではなく、A全の紙をA4サイズに折ったもの。

情報量は少なめだけれど、拡げると片面がA2サイズの写真x2になっていて、ポスターっぽい感じになる。これはアイディアだなぁ。ひとつのイヤフォンをふたりで片方づつのペ・ドゥナとハ・ジウォン、バスの窓越しに別れを惜しんで見つめ合い手を握るふたり、の2枚。

この2枚の写真と裏表紙の写真が、ちょっと百合っぽいです。

劇中でも、ペ・ドゥナxハ・ジウォンが、汗だくになって頂点を目指します。

 

Garden Theater in 虎ノ門四丁目

Garden Theater in 虎ノ門四丁目は MORI TRUSUT GARDEN TORA4内にある劇場。

Garden Theater in 虎ノ門4丁目 | SUMOMO

MORI TRUST GARDEN TORA4 - モリトラストガーデン トラヨン

トラックを使った日本初の本格的移動式映画館 MoMO で上映している。


MoMO設営の様子
 

MoMOとは、Movin’on Movie Oasisの略で、13トンの大型トラックに超軽量素材の大型エアーテントを組み合わせた移動式の映画館だそうです。

 映写機器を取り揃え本格的な劇場環境に仕上げ、座席は肘掛・ドリンクホルダーの付いた高低差のある120席。トラックから座席を引き出し、エアーテントを立ち上げる仕組みで、スタッフ5名ほどで1時間以内には組み立てが完了するとか。

移動映画館「MoMO」とは!? : 編集局ブログ“BunLOG” − 文化通信.com

MoMOが常設されている MORI TRUSUT GARDEN TORA4 は、森ビルが運営する「期間限定のアウトドアパーク」。


MORI TRUST GARDEN TORA4
 

MORI TRUST GARDEN TORA4 内
 

映画館の他に、フード・コート、貸菜園、フットサル場などがある。
 

Garden Theater in 虎ノ門四丁目
中に入るとけっこう広いです。
 

カフェも併設
 

卓球台も併設
  

世界卓球の宣伝
 

上映中の作品
 

裏から見たMoMO
車輛は仙台ナンバーのメルセデス-ベンツ・アクトロス(Mercedes-Benz ACTROS)
  

こういう劇場で観るのは、映画体験として新鮮だ。外で風が吹くと、スクリーンがちょっとだけ揺れたりする。新作の他に、往年のハリウッド映画も上映しているので、映画ファンはけっこう楽しめると思う。

『ハナ』を配給している映画制作・配給会社SUMOMOが運営している。

SUMOMO のロゴに既視感を感じて調べてみたら、シネカノンの李鳳宇氏が代表を務める会社のようだ。また、面白い映画を制作してほしい。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J-WAVEのスタジオ機材:J-Wave 六本木ヒルズ 森タワー33階((株)スタジオイクイプメント ウェブサイト)

○J-WAVEのスタジオ機材:J-Wave 六本木ヒルズ 森タワー33階((株)スタジオイクイプメント ウェブサイト)

 

(株)スタジオイクイプメントのウェブサイトに、J-WAVEのスタジオ機材が紹介されている。2011年頃の設備のようだ。

社屋内のスタジオと、けやき坂スタジオ(サテライト・スタジオ)の様子が26枚の写真とともにかなり詳しく説明されている。

J-Wave 六本木ヒルズ 森タワー33階((株)スタジオイクイプメント ウェブサイト)

※当ブログ内の関連エントリー

FMラジオ局の設備:「FM OSAKA 施設案内」(FM OSAKA ウェブサイト内)

中波ラジオ局の設備(情報通信審議会 情報通信技術分科会 放送システム委員会放送設備安全信頼性検討作業班1(第1回)資料作1 1−5、2010年12月27日(月))

BBCラジオ、Googleストリートビューでスタジオ内部を公開

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオで好きな曲がかかるとうれしい理由

○ラジオで好きな曲がかかるとうれしい理由

 

ラジオで好きな曲がかかるとうれしい。

ラジオから流れる好きな曲は、幸運な不意打であると同時に、CDとひと味違った音質で新鮮に聴こえる——というのは表面的なことかもしれない。

たぶん、それだけが理由ではない。

その昔、あるアニメの最後で少女が少年に「気持ち悪い」と言い放ったと聞いたとき、私は狂喜した。

他者とは究極的には理解し難い「気持ち悪い」存在であり、また、一旦は「おめでとう」と受け入れつつも、いつ突然「気持ち悪い」と突き放してくるか判らない存在であり、それでも他者が消えれば自分という存在も消えてしまうということが印象的に表現されたからだ。


庵野秀明[監督]『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』(1997年)ラストシーン
 

社会的存在として生きるということは、そういう厄介な他者との厄介な関係をどうにかこうにか維持管理していく厄介な営みだ。私たちは通常そんな厄介な社会の外に飛び出すことは出来ない。

ラジオから好きな曲がかかると、会ったこともない他者から突然「気持ちいい?」と語りかけられたような気分になる。

プチ解脱。

厄介な修行生活の合間の、ちょっとした休み時間みたいな感じだね。

Google

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ラジオ・ドラマのシナリオ公募リスト(改訂版)

○ラジオ・ドラマのシナリオ公募リスト(改訂版)

 

以前公開したラジオ・ドラマのシナリオ公募リストを改訂しました。

ラジオ・ドラマといえば、NHK-FMの「青春アドベンチャー」で放送された、「カラマーゾフの森」(2002年10月7日〜10月18日、月〜金22:45-23:00)、もう一回聴きたいなぁ……独り言です。

* * *

掲載は例年の締切順。

正確な締切・詳しい応募要項等は主催者発表の情報をご確認ください。作品の舞台、応募資格などが限定されている場合があります。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素人の乱・松本哉氏の3人デモ:「荻上チキ Session-22」(TBSラジオ、2013年5月13日(月)22:00-24:55)

○素人の乱・松本哉氏の3人デモ:「荻上チキ Session-22」(TBSラジオ、2013年5月13日(月)22:00-24:55)

 

「荻上チキ Session-22」(TBSラジオ、2013年5月13日(月)22:00-24:50)を聴いていたら、素人の乱・松本哉氏が出ていた。最近では、反原発デモの人としてのほうが知られているかもしれない。

「3人デモ」が話題になっていた。オレも、これ好きだったなぁ。


WE ARE THE THREE (ONLY) !  

3人デモの様子
 

素人の乱はミニFMもやってるよ:

素人の乱FM 88.0MHZ

素人の乱FM88.0MHz「ついに石原都知事と橋下市長が立ち上がった!」(ミニFM:東京都杉並区高円寺北3-9-11素人の乱五号店周辺、2012年6月5日(火)22:00ごろ-?) (当ブログ内)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年(平成24年)日本民間放送連盟賞(ラジオ関連のみ抜粋)

○2012年(平成24年)日本民間放送連盟賞(ラジオ関連のみ抜粋)

 

日本民間放送連盟賞/2012年(平成23年)入選・事績

日本民間放送連盟賞について

 日本民間放送連盟賞(連盟賞、英文名:NAB Awards)は、番組、CM、放送技術の向上と、放送活動のより一層の発展を図ることを目的に、日本民間放送連盟(民放連)が1953(昭和28)年に創設した賞です。民放連の会員である全国の民放各社から参加のあった番組・事績を対象に毎年1回実施し、優れた番組、優秀と認められた事績を顕彰しています。表彰は、毎年秋に開催する「民間放送全国大会(民放大会)」の式典席上で行います。
 このように長い歴史を持つ連盟賞ですが、平成18年に「青少年向けのテレビ番組」とラジオ・テレビ共通の「放送と公共性」の2種目を新設しました。このうち、「青少年向け番組」は、青少年への影響やメディアリテラシーの向上など、民放に対して求められている放送活動に照らして、新たな種目として設けたもので、現在、全国のテレビ各社で選定・放送している「青少年に見てもらいたい番組」を対象としています。また、「放送と公共性」は、放送の公共性を強く意識しながら民放各社で取り組んでいる企画や開発の事績に対して賞を贈ります。

※メモ:番組部門以外に、CM部門、放送技術部門、特別表彰(青少年向け番組・放送と公共性)も顕彰。番組部門もいくつかのカテゴリーに分類。ラジオに関しては、ラジオ報道番組・ラジオ教養番組・ラジオエンターテインメント番組・ラジオ生ワイド番組の4つに別れている。放送技術部門があるのも特徴的。民間放送全国大会で表彰。

ラジオ関連部分のみ抜粋&関連リンク貼付:

番組部門

ラジオ報道番組

ラジオ教養番組

ラジオエンターテインメント番組

ラジオ生ワイド番組

CM部門

ラジオCM 第1種(20秒以内)

  • 最優秀 <朝日放送> 二階堂酒造 大分むぎ焼酎二階堂/好きな音 篇(20秒)
  • 優 秀 <文化放送> 日本製粉 小麦粉/おき手紙(20秒)
  • 優 秀 <ニッポン放送> 統一キャンペーン・スポット/守ろう地球環境「告白」篇(20秒)
  • 優 秀 <エフエム東京> 味の素 クノール スープDELI/きょうの夫婦 その3(20秒)
  • 優 秀 <信越放送> 宮坂醸造 創業350周年(20秒)
  • 優 秀 <中部日本放送> 花田時計店 時計/雨香 ~豊かな時間~(20秒)
  • 優 秀 <エフエム大阪> 環境EVOT事務局 EVタクシー/「見つけたら」篇(20秒)

ラジオCM 第2種(21秒以上)

  • 最優秀 <ニッポン放送> 統一キャンペーン・スポット/守ろう地球環境「出席簿」篇(40秒)
  • 優 秀 <文化放送> ライオン スマイル40EXゴールド/冥土喫茶(40秒)
  • 優 秀 <エフエム東京> キヤノンマーケティングジャパン 「走馬灯」篇(120秒)
  • 優 秀 <エフエム東京> 味の素 イエモトのチャーハン(150秒)
  • 優 秀 <エフエム大阪> 環境EVOT事務局 EVタクシー/「口癖」篇(60秒)
  • 優 秀 <和歌山放送> 和歌山放送事業センター 和歌山放送カルチャースクール/△△歳・○○○○、□□□を…(70秒)
  • 優 秀 <山口放送> 統一キャンペーン・スポット/守ろう地球環境~物に宿る思いを紡ぐ~(120秒)

特別表彰部門

放送と公共性

 

受賞作詳細:

番組部門

ラジオ報道番組

最優秀
<北海道放送> 凍えた部屋~姉妹の“孤立死”が問うもの~

ラジオ報道.jpg
プロデューサー 花里康生
ディレクター 岩下恵子、磯貝 拓
ナレーター 赤城敏正

近所づきあいも頼れる身寄りもない40代の姉妹が、凍えた都会のマンションで死後何日も経って見つかった。姉 は区役所に3回も生活保護の相談をしていたが、役所側は対応に落ち度はないと主張する。相談の記録や担当職員の証言、友人の声などを丹念に積み上げ、姉妹 が窮乏を極めていくさまを切迫感をもって描いた。二人の部屋を閉ざしたものは何か、なぜ救いの手は差し伸べられなかったかを問いかけ、警鐘を鳴らした意義 は大きい。

優 秀
<ニッポン放送> ニッポン放送報道スペシャル『東日本大震災と視覚障がい者~またひとつ試練を越えて』

プロデューサー 上村貢聖
ディレクター 森田耕次
ナレーター 上柳昌彦
構成 桜林美佐

東日本大震災の際、視覚障がい者は、迫り来る危機がわからない、身動きがとれない、命は助かっても慣れない場 所での避難生活に不自由が多い、などの苦難を経験した。平時でさえ困難に直面してきた人々が、震災による新たな試練を正面から受け止め、力強く生きるさま を、61歳の弱視の女性と全盲の少女の姿を通して追った。障がい者の視点から被災の実態を捉え直し、「あと少しの支援」とは何だったのかを深く考えさせ る。

優 秀
<信越放送> SBCラジオスペシャル ふるさとをもう一度~ウィーンに響く「コカリナ」復興への誓い

プロデューサー 長岡克彦
ディレクター笠原公彦
技術 茂木裕光
ナレーター 牛山美耶子

木の楽器「コカリナ」の第一人者であり名づけ親でもある黒坂さんは、震災で焼け残った宮城県石巻市の1本の松 を材料に、被災した地元の子どもたちのためにコカリナを作った。そして黒坂さんの提案で、全国の愛好者とともに5人の子どもたちがウィーン楽友協会ホール のステージに立つ。今後の復興を担う子どもたちのふるさとや海への想い、音楽とともに成長する姿に希望が見える。コカリナの澄んだ音色が心に染み入る作品 である。

優 秀
<中部日本放送> ラジオ特集 隙間~おひとりさまを支える現場から

プロデューサー 山室雅子
ディレクター 菅野光太郎
効果・編集 舘 一孝ほか
ナレーター 榊原忠美

名古屋市内のNPO「ぷらっとほーむ」は、一人暮らしの高齢者を支える活動を行っている。身の回りの世話から 介護、そして看取ることもあり、家族に代わって一人の人間の人生を背負う。元名古屋市中区長である糸柳さんの同NPOでの活動に密着し、“おひとりさま” を取り巻く現状、認知症の高齢者を支えるための成年後見制度の不備、NPOに依存する行政の姿など、超高齢化社会の今日的課題を優れた構成により浮き彫り にした。

優 秀
<毎日放送> 報道特別番組『作業員が語る福島第一原発』 

ディレクター 森俊雄
出演 水野晶子、上田崇順
技術 亀田悠一

原発事故の収束宣言は出されたが、政府や電力会社から知らされる原発の姿はどこまで真実に近いのか、多くの国 民が不信感を募らせている。番組では、日々命を削りながら働いている原発作業員の貴重な証言から、原発内部の現実に迫った。仕事を失うおそれから重い口の 作業員からは、信じがたい労働環境や雇用形態、驚くべき現場の実態が語られる。粘り強い取材で、何重もの下請け構造の問題にも光を当てた力作である。

優 秀
<南海放送> 四度目の被ばく~ビキニ事件から58年~

プロデューサー 松本直幸
ディレクター 伊東英朗
ナレーター 月岡 瞳
構成・編集 日野 聡

日本が被ばくしたのはヒロシマ、ナガサキ、フクシマだけではなかった。1954年にアメリカがビキニ環礁で6 回もの水爆実験を行った際、「第五福竜丸」だけでなく、近くにいた多くの遠洋マグロ漁船が被ばくしていたのである。元高校教師による精力的な追跡調査を きっかけに、局としても2003年から高知船籍の漁船の取材を続けた結果、乗組員の多くが50代、60代で病死していることが判明。遺された妻や乗組員へ の丁寧なインタビューと緻密なデータが説得的で、埋もれた事実を掘り起こした意欲作である。

優 秀
<九州朝日放送> 原発マネーの代償~佐賀・玄海町 シナリオの誤算~

プロデューサー 花田明男
ディレクター 岡本郡治
編集 富山孝洋
録音 衛藤紀幸

かつて過疎と貧困に苦しんだ玄海町は、原発に夢を託し、「原発マネー」を得て大きな発展を遂げた。しかし現 在、玄海原発は全原子炉が運転を停止し、再稼働の目処は立っていない。将来の財政不安から一刻も早い再稼働を切望する町長。町の予算の大半を占める交付金 や税収、立派な公共施設の建設など、複雑な原発マネーの実態を多角的に取材し、村長が「脱原発」を宣言した茨城県東海村などとの対比も交えつつ、原発との 依存関係からの脱却が困難な地元自治体の現実とこれからを鋭く見つめた。

 

ラジオ教養番組

最優秀
<中国放送> 核と向き合う~ヒロシマからフクシマ~

ラジオ教養.jpg

プロデューサー 柏原清純
ディレクター 岡本 幸
番組進行 吉田 幸
出演者 肥田舜太郎

広島原爆忌の8月6日に「内部被曝」の専門家2人をゲストに招き、その危険性について対談。原爆による内部被 曝経験者の証言や福島での原発事故について不安を持つ当事者の声を聞く生放送番組。内部被曝の実態がとても詳しく説明されており、知らない情報、知識を与 えてくれる。原爆の被害を受けた広島ならではの視点を持った番組で、現在福島で起きている事態について改めて考えさせられる内容となっている。

優 秀
<青森放送> RABジオスペシャル ドキュメンタリー 金正美の青春 詩人桜井哲夫との17年

ディレクター 三浦明子
ミキサー 川瀬光平
出演 桜井哲夫、金 正美

17年前、当時19歳の金正美は、大学の活動で訪れたハンセン病療養所で盲目の詩人桜井哲夫と出会う。祖父と 孫娘のような関係になった二人。療養所から外出しての二人旅やローマ法王への謁見などを描き、桜井の詩と正美の話に取材カットを交え構成する。桜井の詩が うまく組み込まれており、彼の声を一生懸命に伝えようとしているのが感じられ、桜井流の生きていくうえでの哲学を教えてくれる。桜井と正美の魅力が見事に 引き出されており、二人の生き方が心に染み入る作品である。

優 秀
<ニッポン放送> テレフォン人生相談

ディレクター伊藤了子
パーソナリティー 市川森一、今井通子
回答者 大原敬子

40年以上の歴史を持つ長寿番組で、相談者が電話で悩みを伝え、回答者がそれに真摯に向き合い、解決の糸口を 一緒になって探していく。冗長になりがちな相談を15分ほどの短い時間の中で、過不足なく伝えている構成は素晴らしく、回答者の親身な姿勢に感動を覚え、 また回答自体にも納得させられる。これだけ長い間親しまれているのも理解ができ、ぜひ続いていってほしい番組である。

優 秀
<信越放送> 心から心へ 時代を超えて~唱歌・故郷

プロデューサー 西沢 透
ディレクター 中島拓生
ナビゲーター・シンガー 手仕事屋きち兵衛

ナビゲーターは長野県出身のシンガーソングライター、手仕事屋きち兵衛。唱歌「故郷」を「守り」「受け継ぎ」 「伝える」がテーマ。長野県中野市出身で「故郷」の作詞者・高野辰之の関係者へインタビューした内容ときち兵衛の語りを交えて構成した。きち兵衛の語りに とても惹かれる番組である。また、「故郷」という日本人なら誰でも知っている歌を取り上げており、日本人の琴線に触れる聴きごたえ十分の作品である。

優 秀
<東海ラジオ放送> よみがえる話芸 節談説教

プロデューサー 秋田和典
ディレクター 松波宏治
構成 高橋真裕美
技術 杉浦 実

僧侶が言葉に抑揚をつけ身振り手振りを交えながら信仰の啓蒙のために行う「節談説教」。名古屋の住職・祖父江 省念がこれを講じた30年前のテープが自社の番組保存用ロッカーから見つかった。その歴史を伝え、後継者として活動する人や説教を聴く人を取材し、魅力や 現代における意義を探る。ともすれば地味になりそうなテーマであるが、講談師の神田京子が面白おかしく伝えていて聴きやすい。あまり馴染みのない「説教」 だが、話芸の源流といわれる「節談説教」について理解を深めることができ、知識を豊かにする番組である。

優 秀
<毎日放送> 春山満の 若者よ、だまされるな!

プロデューサー 今道 彰
アシスタントディレクター 磯野順子
出演 春山 満、和泉夏子

難病により車椅子生活を送る春山満氏がメインパーソナリティを務め、失意と再興の体験で得た生きるためのエッ センスをメッセージにして提示する番組。若者だけでなく、幅広い世代から反響が寄せられる。春山氏の言葉には説得力があり、ひしひしと伝わる彼の力強さに パワーをもらうことが出来る。構成がシンプルでメッセージも明瞭なため、分かりやすい。  

優 秀
<エフエム鹿児島> 鹿児島弁で若衆と語いもそ

プロデューサー・ナレーター 中村 香
ディレクター 松下順一
出演者 ありまゆき、新坂恵梨

新聞に投稿された鹿児島弁についての小学生の作文がきっかけとなって作られた番組。鹿児島内外の人に鹿児島弁 のイメージをインタビューした内容と、鹿児島弁で繰り広げられる遊びを紹介しながら、「若い人も年配の人ももっと鹿児島弁で語り合いましょう」というテー マで進行していく。出演者の爽やかな声や掛け合いに引き込まれ、元気になる番組である。鹿児島の言葉や県民の様子がよく表されていて面白く、聴き入ってし まう。

 

ラジオエンターテインメント番組

最優秀
<琉球放送> RBCiラジオスペシャル 復帰40周年特別番組 ラジオドラマ「40才のタンカーユーエー」

ラジオエンタ.jpg

プロデューサー 比嘉京子
ディレクター 宮國宏美
脚本・演出 小波津正光
出演 仲座健太

本土に復帰して40年経った沖縄を舞台に、復帰の年に生まれた「復帰っ子」で宜野湾市で喫茶店を営む主人公の 日常を切り取ったラジオドラマ。本土復帰とともに生きてきた復帰っ子世代の物語が、復帰前後の沖縄の世相を象徴する時々の音声と沖縄をテーマにした音楽を 織り交ぜながら展開される。悲しい歴史を笑い飛ばしてきた沖縄の文化が伝わる完成度の高い作品。リスナーに「これを聞かせたい」という制作者の気概も伝 わってくる。

優 秀
<青森放送> 伊奈かっぺい 旅の空うわの空 800回記念特別バージョン ノンフィクション?フィクション! 時空を超える旅 縄文の声が聞こえる

プロデューサー・ディレクター 渡辺英彦
企画・出演 伊奈かっぺい
出演 松崎菊也
脚本・出演 今野 仁

放送800回を記念して、縄文遺跡・青森県三内丸山遺跡にちなみ、縄文土器の縄目を題材に嘘八百を放送した奇 想天外な生ラジオドラマ。伊奈かっぺいが以前から懇意にしていた縄文学者が、「縄文土器の縄目に規則性があり、文字であることを発見した」と言うのだが、 リスナーは放送を聞いていくうちに奇妙な展開であることに気づいていく。虚と実の際をバランスよく進み、リスナーを引き付けるエンターテインメントの王道 を歩む作品である

優 秀
<J-WAVE> DOCOMO SOUNDS OF STORY ~ASADA JIRO LIBRARY~  

プロデューサー 宇治啓之
ディレクター 戸田健太郎
構成 大塚和宏
出演者 杏

週替わりのゲストがストーリーテラーを担当し、小説家・浅田次郎の短編小説の数々に触れる機会を提供する番 組。渾身のリーディングとその物語にイメージされる楽曲がコラージュされ、いわゆるラジオ朗読番組とは一線を画す魅力あふれる音世界を紡ぎ出していく。タ イミングの良い音楽と効果音の使用で、浅田次郎の世界を音の力で魅力的に伝えることに成功している。

優 秀
<FM NACK5> スギテツのGRAND NACK RAILROAD

プロデューサー 清水 誠
ディレクター 三國 游
出演 杉浦哲郎、岡田鉄平

古くから鉄道にゆかりのある大宮に本社を構えるFM NACK5ならではの、鉄道をテーマにした番組。鉄道 ファンの「スギテツ」こと杉浦哲郎と岡田鉄平のふたりが、鉄道と音楽を連結させる。今回は、多くの鉄道の車内アナウンスの英語バージョンを担当しているク リステル・チアリをゲストに招き、車内アナウンスにまつわる興味深いエピソードを紹介。音中心の優れた構成で、鉄道ファンでなくとも楽しめる番組である。

優 秀
<岐阜放送> 「帰ってきた ヤングスタジオ1430-往年の深夜放送 一夜限りの復活-」

ディレクター 竹林良樹
アナウンサー 伊藤伸久

ラジオファンの語り草となっていた「ヤングスタジオ1430」が、岐阜放送の開局50年記念特別番組の一部と して一夜限りで復活した。70~80年代の岐阜の中高生に絶大な支持を得ていた番組を、当時のリスナーからの投稿を紹介しつつ、パーソナリティが回顧す る。単に昔を振り返るだけでなく、今後のラジオの在り方のヒントなども探っていく。パーソナリティの力、言葉の力、ラジオの力が伝わり、あらためて若者向 けの深夜放送を待望させる作品である。

優 秀
<大阪放送> OBCベジスタワンダーランド

プロデューサー 納谷有可里
ディレクター 中川さよ子
出演 和田麻実子、樹リューリ

ラジオ大阪のアイドルまみりんが、「野菜の王様・ベジキング」から、食べることの大切さ、食に関する正しい知 識、健康な体作りのヒントなどをゲーム感覚で学んで行く番組。全国の子供たちへのインタビューからは、「食」に関する地域の特色や文化が垣間見られる。構 成と演出に工夫がされ、教育と娯楽が融合した番組である。幅広いリスナーに向けた企画が光る。

優 秀
<エフエム香川> ことひらどれじゃ~ハンティング番外編「心の町」 

プロデューサー 蒲野誠一
取材・スクリプト・パーソナリティ 甲山万友美

琴平の町に魅かれて集まった人たちの足跡を追って、明治・幕末・戦後の時代へと迷い込み、平安時代さながらの 「例大祭」を楽しむうちに現代に戻ってくるという、時空を超えた紀行番組。丁寧に選んだ言葉の力により、歴史的にも文化的にも奥が深く、広がりのある琴平 の景色が見えてくる。地域の歴史を紹介するお手本のような番組で、リスナーに琴平への旅情をいざなう。

 

ラジオ生ワイド番組

優 秀
<東北放送> ロジャー大葉のラジオな気分

プロデューサー 伊香由美子
ディレクター坂戸貴之
パーソナリティ ロジャー大葉
リポーター 川野目亭南天

月~金/13時~16時の放送。東北放送は震災後の昨年6月から、宮城県内各地の避難所や仮設住宅などをアナ ウンサーが訪問するミニイベント「キャンドルナイト」を行ってきた。この日は、津波の被害が大きかった東松島市の仮設住宅でのイベントの模様を紹介。あわ せて市町村の支援情報やリスナーからの防災のアイデアを放送した。パーソナリティとリポーターの役割分担がしっかりと作られている。その場の雰囲気をうま く引き出しながら、必要な生活情報をポンポンと的確に入れている。

優 秀
<TBSラジオ&コミュニケーションズ> 久米 宏 ラジオなんですけど 

出演 久米 宏
プロデューサー 池田卓生
ディレクター 長谷川和正、星 迅

土曜日/13時~14時55分の放送。この日は久米 宏の石巻の街からの震災レポート。5日間の滞在中にインタビューした人数は、石巻駅で出会った乗客、商店街の楽器店・精肉店の店主、小学生、女川町の病院 の警備員、石巻漁港の競りで働く人々、途方に暮れて海岸沿いを歩く老人など99人。その一部だが、意図的な編集などを行わずそのまま放送した。被災地にい ま暮らす人々の、その生活の場を歩き、話しかけることで、被災地の暗さと明るさと希望を全部合わせた感じをメディアに乗せている。

優 秀
<山梨放送>Talk魂765 GO!GO!イチ「やまなし涼活のススメ」

プロデューサー 浅川俊介
ディレクター 若尾佳那
パーソナリティ 難波紀伝
リポーター 角田郁帆

月~金/13時~16時29分の放送。トークテーマへのメッセージを募集し、リスナーとの「双方向」を意識し た昼ワイド。「涼活」とは節電を意識して涼しく過ごす活動のこと。この日は環境生理学の専門家を招き、盆地の地形でとりわけ暑い山梨の夏を涼しく楽しく過 ごす方法を考えた。構成がしっかりしており、聴きやすく分かりやすい。ゲストをうまく番組に取り込んでいる。

優 秀
<エフエム愛知> サンデー・エクスプレス 子どもたちの心の音~被災地 陸前高田・石巻より~

プロデューサー 植田英樹
構成 高橋真裕美
出演者 内藤 聡、矢野きよ実

日曜日/6時30分~8時30分の放送。この日は陸前高田の子どもたちが書いた「書」と子どもたちの笑顔いっ ぱいの「写真パネル」を展示した作品展を紹介。ゲストの矢野きよ実はラジオパーソナリティで書道家。書で子どもたちの心を癒やすボランティア活動を行って きた。その思いを内藤 聡が問いかけながら、名古屋からは距離のある被災地とどのように向き合えばよいのかを考えた。書というラジオでは伝え辛いものを通じて子どもたちの気持ち を伝えようというチャレンジが成功している。

優 秀
<大阪放送> 高岡美樹のべっぴんラジオ

プロデューサー 内田 修
ディレクター 竹中淳子
パーソナリティ 高岡美樹
アシスタントディレクター 吉岡あゆみ

月~木/15時05分~17時30分の放送。関西のおねえちゃん、高岡美樹が健康、美、生活情報、お得情報、 芸能情報などを生活感たっぷり、好奇心満載で伝える。東京スカイツリーが開業したこの日は、大阪らしい反骨精神で開業100周年が間近の通天閣・新世界に スポットを当てた。「聞いて想像して行動」というラジオならではのアプローチに成功しており、リスナーに「改めて通天閣に行ってみたい」と思わせる。

優 秀
<南海放送> やのひろみのゴゴモリ!!~愛媛の行商モノガタリ~

プロデューサー 日野 聡
ディレクター 真田嘉雄
パーソナリティ やのひろみ

月~木/13時45分~16時50分の放送。水・木のプレゼンターをやのひろみが務める。この日は街で聞こえ る行商の声の裏側にある「思い」や「エピソード」を紹介することで、商売以外の「何か」を探すことを試みた。行商や移動販売を行う人たちやお客さんの声を 集めるうちに「何か」とは「互いを思う気持ち」であることが分かってくる。パーソナリティの親しみやすさと話を広げる力量、ディレクターの事前準備による 情報量の豊富さが光る。

優 秀
<九州朝日放送> PAO~N

プロデューサー 窪田雅美
ディレクター 佐藤雅昭
出演者 沢田幸二、中島浩二

月~金/13時~17時の放送。1990年に一旦終了した中高生向けの夜ワイド番組を2003年にお昼のワイ ド番組として復活させ、今では40代となった当時のリスナーをコアターゲットに制作。幅広い話題にパーソナリティの独自の解釈や意見を交えながら、フリー トーク主体の番組構成を行う。この週の1週間を通してのメッセージテーマは「わが家の年代物選手権」。この日は出演者から「実家には西郷隆盛直筆の掛け軸 がある」との発言が飛び出し、この「お宝話」をプロの技で素晴らしく展開。生放送ならではのドキドキ感を感じさせる。

 

CM部門

ラジオCM 第1種(20秒以内)

最優秀 <朝日放送> 二階堂酒造 大分むぎ焼酎二階堂/好きな音 篇(20秒)

プロデューサー 野本友恵
プランナー 北田 淳
ディレクター 村上正道(ビー・ジー・エム・サービス)
コピー 森田一成(ビッグフェイス)

“トク トク トク トク……”、焼酎がボトルから流れ出る、あの音。なぜか、友人と話している最中に、そんな音が聞こえてくる。「えっ、なに、なに~?」と不思議がる友人 に、本人はケータイを取り出し、「はい、もしもし~」と話し始める。着信音にしてしまうほど、好きな味、好きな音なのだ。効果的に“音”を使いながら、商 品の魅力も伝え、さらにハッピーな気持ちにさせてくれる、ラジオCMの見本のような作品。

優 秀
<文化放送> 日本製粉 小麦粉/おき手紙(20秒) 

プロデューサー・ディレクター 見目幸伸
プランナー 橋本庸介
ミキサー 上原裕司
企画 白石仁司

妻は夫に置き手紙を残し、友達と2週間のハワイ旅行に出かけてしまった。手紙には「私が留守のあいだ、お好み 焼きでもパスタでも天ぷらでも自由に食べられるよう“小麦粉”を置いていきますね」と書いてあった。夫は一言、「自由すぎるだろ……」。いまどきの熟年夫 婦事情で笑わせながら、“さまざまな料理に使える”という商品特長もさりげなくアピールしている。

優 秀
<ニッポン放送> 統一キャンペーン・スポット/守ろう地球環境「告白」篇(20秒)

プロデューサー 高橋晶子、林 尚司(電通)
ディレクター 松田哲雄(サウンドマン)
コピー 佐藤延夫(ロケットペンシル)

愛の告白を、ワット数で表現していく。100ワットの告白は、とても元気に「愛してる!!」。50ワットの告 白はやや元気に、4ワットの場合はささやくように。すごく良い雰囲気になったところで、最後に「電気を消して」と一言。省エネを実行すると、家族の愛も深 まるのだった。どうせなら節電を楽しもうというメッセージを、あやしい雰囲気を醸し出しながら伝える演出が楽しい。

優 秀
<エフエム東京> 味の素 クノール スープDELI/きょうの夫婦 その3(20秒)

クリエイティブディレクター 石井利始(アサツー ディ・ケイ)
ディレクター 林屋創一
コピー 渋谷三紀(アサツー ディ・ケイ)
出演 内田春菊(ノックアウト)ほか

リビングで交わされる夫婦の会話。「もう一回結婚式やりたいなぁ」と語る妻に、どうして、と尋ねる夫。すると 妻は「一生愛し続けますか?って聞かれたら………、正直に言う」とつぶやく。最後に「あったかいスープで夫婦関係もあっためたい」とのナレーションで締め る。妻が正直にどんなことを言おうとしているのか、リスナーそれぞれが思わず考えてしまう構成となっており、コピーの巧みさが光る。

優 秀
<信越放送> 宮坂醸造 創業350周年(20秒)

プロデューサー 田中穂積
ディレクター 松田 隆(アンチテーゼ)

宮坂醸造は1662年に創業し、350周年を迎えた。仕込みからたった1年でこんなにうまいお酒ができるので すか、という問いに、「いやぁ、この味になるまでに350年かかっています」と語る職人さん。熟練した蔵人による精緻な仕事ぶりが言葉から伝わる。老舗で なければできないCMであり、1日1日を大事にしているというモノづくりの姿勢が、うまく表現されている。

優 秀
<中部日本放送> 花田時計店 時計/雨香 ~豊かな時間~(20秒)

プロデューサー 山室雅子
ディレクター 森合康行
ナレーター 渡邊美香
音響効果 今井志のぶ(東海サウンド)

あいにくの天気、足元が悪い――など、雨には外出を避けたくなるような言葉がある。しかし、昔の人たちは、花 の香りが高くなると言われる雨の日を選んで、出かけたという。「雨香(うこう)」という言葉を紹介しながら、スピード・効率の求められる現代でも、先人た ちが楽しんだ“豊かな時間”を感じてほしい、と訴える。メッセージが印象的で、企業のイメージアップに貢献している。

優 秀
<エフエム大阪> 環境EVOT事務局 EVタクシー/「見つけたら」篇(20秒)

プロデューサー 小田切武史
ディレクターディレクター・コピー 森田一成(ビッグフェイス)
出演 下間都代子(グループエコー)ほか

タクシーで繰り広げられる、運転手とお客さんの会話。どこまで行きますかとの問いに、「とりあえず、まっすぐ 行って…」とお客さん。さらに「EVタクシーがみつかったら、そこで止めてください」と伝えるのだった。そこまでしなくても、EVタクシーはスマホのアプ リで呼び出せることをPRする。EVタクシーに乗るという新しい選択肢があることを、コンパクトに伝えることに成功している。

 

ラジオCM  第2種(21秒以上)

最優秀
<ニッポン放送> 統一キャンペーン・スポット/守ろう地球環境「出席簿」篇(40秒) 

プロデューサー 高橋晶子、林 尚司(電通)
ディレクター 松田哲雄(サウンドマン)
コピー 廣瀬 大(電通)

先生が「青山」「海野」「小川」と出欠を取り始めると、「はい!」と元気な返事が返ってくる。「清水」「畠 山」と続くが、「最近、見ません」「ぐれました」との返答。「森」にいたっては、「消えました!」と生徒全員から言われてしまうのだった。名前を通じて、 日本人が豊かな自然の中で暮らしてきたことを気づかせてくれるとともに、その自然が危機に瀕している現状を訴える構成が見事だ。

優 秀
<文化放送> ライオン スマイル40EXゴールド/冥土喫茶(40秒)

プロデューサー・ディレクター・コピー 見目幸伸
プランナー 原 敏生
ミキサー 上原裕司

初めて“メイド喫茶”を訪れた男性。ハートのオムライスを注文すると、代わりに焼き飯を勧められたり、メイドのカチューシャが三角形だったり、何か雰囲気が違う。実は、そこは高齢の女性たちがお出迎えする“冥土喫茶”だったのだ……。目の疲れから看板を見間違え た主人公とメイドとの思わず笑ってしまうやり取りを通して、商品特性を巧みに訴えている。

優 秀
<エフエム東京> キヤノンマーケティングジャパン 「走馬灯」篇(120秒)

プロデューサー 林屋創一
ディレクター 山口景子
コピー 井田万樹子(ペープロ)
ミキサー 安田慎一(Weed)

階段を踏み外した男性の頭に、それまでの人生が走馬灯のように駆け巡る。その映像には奥さんの声でナレーショ ンがついており、すべてが奥さん目線で一方的に語られてしまう。挙句の果てに、最後は「人生に、たくさんの、思い出を。ENJOY! PHOTO & MOVIE」とのナレーションで締めくくられる。斬新な手法を用いて、写真と映像の大切さを訴えかけるCMで、脚本のうまさが評価された。亡くなったと思 わせたあとに、意識が戻り、「俺の走馬灯にコマーシャルがついてたぞ」との一言が、また笑わせてくれる。

優 秀
<エフエム東京> 味の素 イエモトのチャーハン(150秒)

ディレクター 林屋創一
コピー 三井明子(アサツー ディ・ケイ)
出演者 立川談春(オフィス フラジール)}
クリエイティブディレクター 早乙女修(アサツー ディ・ケイ)

2011年に亡くなった落語家・立川談志を弟子の立川談春が語る。空腹の弟子たちを見かねて、汗を流して10 人前のチャーハンを炒めてくれたにもかかわらず、師匠の分を考えずに平らげてしまい、怒らせたことがあるという。食事を通じた、師匠と弟子との心温まるエ ピソードにより、“食生活を応援する”という企業姿勢を、うまく伝えている。「俺はやっぱり、なんだなぁ~腹いっぱい食って死にてえね」と話す人間味あふ れる談志の声が心に残るCMである。

優 秀
<エフエム大阪> 環境EVOT事務局 EVタクシー/「口癖」篇(60秒)

プロデューサー 小田切武史
ディレクター・コピー 森田一成(ビッグフェイス)
出演 Fジャパン(リコモーション)、関 敬(同)

EV(電気自動車)タクシーがスマホで呼び出せることを、若い男性の2人の掛け合いで軽妙に伝えるCM。さん ざん語ったあとに、「よう知らんけど」と付け加える大阪人のクセをネタに、スマホ呼びだしの利便性に加えて、渋滞の減少や、CO2削減という環境面の利点 までを、無理なく簡潔に盛り込んだ点が評価された。

優 秀
<和歌山放送> 和歌山放送事業センター 和歌山放送カルチャースクール/△△歳・○○○○、□□□を…(70秒)

プロデューサー・ディレクター・コピー・作曲 三宅良治
ディレクター 鶴岡さなえ(グループエコー)
出演者 福山秀見(グループエコー)、柘植義信

カルチャースクールのCM。小さい男の子の「ごさい。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。はじめて、 さっきょくを、する」という声に続き、「14歳、樋口一葉、塾に入門し、和歌・古典を学ぶ」と少女のハキハキとした声。年齢を重ねていく声色により、95 歳で衆院選に出馬した尾崎行雄まで10名の偉人たちの事績を、その時の年齢とともに伝える。「いくつになっても“適齢期”です。あなたも始めませんか?」 というメッセージが背中を押し、勇気や元気を聴取者に与えてくれる。

優 秀
<山口放送> 統一キャンペーン・スポット/守ろう地球環境~物に宿る思いを紡ぐ~(120秒)

プロデューサー 藤田史博
ディレクター 大谷陽子
ナレーター 小野口奈々
ミキサー 寺岡岳男

山口市に住む関ヨシミさん(77歳)は、使用済みの古い布団の綿から糸を紡ぎ、娘のシャツを仕立てている。元 となる布団は、50年前に嫁入り道具として母親が作ってくれたもの。12枚の布団から仕立てた200枚を超えるシャツは、着られなくなると、布巾や雑巾と し、最後は灰にして畑の肥料にする。物を大切にし、物に宿る母の“思い”を娘へとつなぐ姿が胸に迫る、環境キャンペーンCMである。

 

特別表彰部門

放送と公共性

優 秀
<エフエム仙台> Date fm Hope for MIYAGI 

実施責任者 澁谷彰一

エフエム仙台は、震災直後から1年続けてきた「Pray for MIYAGI」という復興支援キャンペーンを一歩踏み出すための震災復興応援プロジェクト「Date fm Hope for MIYAGI」として本年3月に改めてスタートした。ラジオカーが県内に13局あるすべてのコミュニティFM・臨時災害FMをまわり、放送関係者の活動や 被災地の今を伝えた。同社は、現在もコミュニティFMなどと取材等で交流を続けている。県域のFM局がコミュニティーFMと日常的に連携するという取り組 みが、これからのラジオ局のひとつのあり方を示すものと評価された。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成24年度 第67回 文化庁芸術祭賞(ラジオ関連のみ抜粋)

○平成24年度 第67回 文化庁芸術祭賞(ラジオ関連のみ抜粋)

 

文化庁 | 芸術文化 | 優れた芸術活動への重点支援(文化庁芸術祭について)

文化庁芸術祭について

 文化庁芸術祭は,広く一般に優れた芸術の鑑賞の機会を提供するとともに,芸術の創造とその発展を図り,もって我が国芸術文化の振興に資することを目的として昭和21年以来毎年秋に開催される芸術の祭典です。
 文化庁芸術祭の形態は,執行委員会もしくは執行委員会が委嘱した芸術家等が企画して行う主催公演,芸術祭の期間中に開催される優れた活動実績を持つ芸術家等が行う公演等のうちから参加を希望する公演(演劇,音楽,舞踊,大衆芸能の4部門)や作品(テレビ・ドラマ,テレビ・ドキュメンタリー,ラジオ,レコードの4部門)のうちから執行委員会が芸術祭にふさわしいものとして参加を認めた参加公演および参加作品,このほか優れた実績をもつ芸術家又は団体が芸術祭の期間中に行う公演(作品)のうち,芸術祭の趣旨に協賛しており,文化庁がその公演の広報宣伝に努める協賛公演(作品)があります。
 参加公演・参加作品については,それぞれの部門で公演・作品内容を競い合い,成果に応じて文部科学大臣賞(芸術祭大賞,芸術祭優秀賞,芸術祭新人賞)が贈られます。

※メモ:エントリー後、定められた期間に作品を放送する。ラジオ部門には、「ドラマの部」と「ドキュメンタリーの部」があるが、賞はラジオ部門をひと括りにして授与される。

ラジオ関連部分のみ抜粋&関連リンク貼付:

ラジオ部門

芸術祭大賞

東海ラジオ
「よみがえる話芸節談説教」(ドキュメンタリーの部)

受賞理由
落語、講談など話芸の源流といわれる「節談説教」。浄土真宗の僧侶たちが仏教をわかりやすく伝えるため「話が節になり、節が話になる」語りで魅了した。「節談説教」の魅力を名人と慕われた故・祖父江省念の録音や逸話などもまじえ、面白く構成して聴く人を魅きつけた。ラジオ=語りの原点を再考させる見事な番組である。

 

芸術祭優秀賞

NHK-FM
「FMシアター「ヘブンズコール」」(ドラマの部)

受賞理由
「天国からの電話」というタイトルが想像力を膨らませる。3.11以降、誰もが自分の問題として意識せざるをえない災害、事故、命、人の絆を静かに描いてゆく。主人公を演じる役者の淡々としたセリフが若者の虚無感や優しさを巧みに表現し、人の声や携帯電話を効果的に使いラジオの特性を生かしたドラマに仕上げた。

 

RABラジオ
「RABラジオスペシャルドキュメンタリー 金正美の青春 詩人桜井哲夫との17年」(ドキュメンタリーの部)

受賞理由
ハンセン病による70年の療養生活を送った桜井哲夫、その言葉のどれもが深いニュアンスを帯びて、リスナーの心に届いてくる。寄り添って生きてきた正美さんや神父の語りもよい。緻密で誠実な取材が紡ぎ出したものだろう。構成も巧みだ。正美さんの人物像をもっと描いてほしかったという意見もあったが、ラジオ作品として、力強い仕上がりになっている。

 

HBCラジオ
「凍えた部屋~姉妹の“孤立死”が問うもの~」(ドキュメンタリーの部)

受賞理由入社1年目の記者が、札幌市内で起きた姉妹2人の「孤立死」を丹念に追ったドキュメント。2人を、誰に看取られることなく、死後何日も経った状態で発見されてしまうという結末に追い込んだのは何なのか。生活保護の問題点を突くだけで終わらず、誰もが明日、同様の悲劇に陥ってしまう可能性があることを訴えた。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ノーラ・エフロン[監督]『めぐり逢えたら』Sleepless in Seattle(1993年)

○ノーラ・エフロン[監督]『めぐり逢えたら』Sleepless in Seattle(1993年)

 

ノーラ・エフロン[監督]『めぐり逢えたら』Sleepless in Seattle(1993年)を観た。


ノーラ・エフロン[監督]『めぐり逢えたら』
Sleepless in Seattle
(1993年)

 

本来なら全く食指ののびないジャンルで、一生観ないと思っていた。

「小林悠 たまむすび」(TBSラジオ、2013年4月29日(金)13:00-15:30)内の「伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!」で、字幕翻訳家の戸田奈津子が紹介していて、興味をもった。

2013年04月26日の戸田奈津子さんのオススメ映画は(TBS RADIO 954 kHz │ 伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!)

戸田によると、数えるほどしかない傑作ラブコメのうちの1本。コメディーとしてもラブ・ロマンスとしても良くできていて、両者のバランスも良いとのこと。他方、同じノーラ・エフロン監督、トム・ハンクス&メグ・ライアン主演の『ユー・ガット・メール』You've Got Mail(1998年)は「すごくつまらない」のだとか。

まぁ、何と言っても決め手は、

婚約者との結婚に迷うキャリア・ウーマンと、妻に先立たれたシングル・ファーザーが、あるラジオ番組をきっかけに運命的な出会いをする。

「ラジオ番組」ですと!? だったら観ざるを得ないでしょう。

やっぱりメールよりも、ラジオの方がロマンティックな話には向いているのだろうか? ちなみに、『めぐり逢えたら』には、PCの通信ソフトか何かでFAXを送るシーンがある。まだEメールの時代じゃないんだね。

あらすじ

癌で妻を亡くした建築家のサム(トム・ハンクス)は、妻との想い出の地シカゴを離れ、息子のジョナとシアトルに引っ越す。ある夜、ジョナは、精神科医がパーソナリティーを務める「心のクリニック」("You and Your Emotions")というラジオ番組に電話を掛け、父親には新しい奥さんが必要だと相談する。しぶしぶ電話に出たサムは、妻を失った心境を率直に語り、「シアトルの眠れぬ男」(Sleepless in Seattle)として話題となり、全米の女性から手紙が殺到する。

ボルチモアの新聞記者アニー(メグ・ライアン)は、フィアンセを家族に紹介した帰りに、カー・ラジオで偶然この番組を聴き、もらい泣きする。マリッジ・ブルーのアニーは、「シアトルの眠れぬ男」に次第に心を奪われてゆき、取材を口実に、サムについて調査し、名画『めぐり逢い』に倣って「ヴァレンタイン・デーにエンパイア・ステイト・ビルの展望台で逢いたい」とサムに手紙を出す。

アニーの申し出に乗り気な息子に対して、サムは全く興味を示さなかったが……。

何と言っても白眉は、番組序盤のラジオ番組のシーン。

アニーが、車内であるのをいいことに大声でラジオに合せて歌ったり、トークにツッコミや合の手を入れたりしながら運転するシーンがとても素晴らしく、映画を観ている人は、たぶんここでメグ・ライアンのことが好きになること請け合い。


 

この部分を含む10分ぐらい、むしろこの部分ではなく、この前後が名シーンなんだけどなぁ。亡き妻に関する父子の心の距離が、物理的な距離に置き換えられている演出もなかなか。

他にも、ひとつの台詞が別のシーンの台詞とリンクしていたり、台詞も凝っていて、BGMの選曲も絶妙だったりと、なかなか良くできた映画だと思う。

「シアトルの眠れぬ男」および映画『めぐり逢い』に対する男女の反応の違いなども面白い。ただ、「40女の結婚率は、テロで殺される率より低い」"It's easier to be killed by a terrorist than get married over the age of 40." という台詞は、今となっては二重の意味でアウトだけどね。

気乗りしないサムがエンパイア・ステート・ビルに向かうことになる理由なども、よくできている。

ただ惜しむらくは、エンパイア・ステート・ビルの見えるレストランで、アニーがフィアンセにある決心を語るシーン以降の展開が強引な点だ。その直前までの周到なストーリー展開と比べると、今ひとつ釈然としない。また、一度展望台を去ったサム父子が戻ってくる理由も、わざとらしいというか、ベタというか。

おそらく、この映画を観ながらアニーに感情移入している女性には、私が釈然としない部分などもはや関係ないのだと思う。アニーになってしまった観客は、自分の心に聴けば良いのだから、細かい説明は要らないのだと思う。逆に、そこで合理的説明を求めるオレは野暮なんだろうね。

そういう意味では、この映画も "That's a chick's movie." なのかもしれない。

でも、私のように一生この映画を観るつもりはないと思っていた男でも、一見の価値はあると思う。

アニーとビルのガードマンのあのやりとりは好き。

下敷きとなっている名画『めぐり逢い』An Affair to Remember(1957年)が悲恋の映画なのに対し、『めぐり逢えたら』がハッピー・エンドでこれに応えているという点も良い。

でも、もし男女が逆だったら単なる気持ち悪いストーカー。『めぐり逢えても』になっていたかも。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイター・シーズンのラジオについて。

○ナイター・シーズンのラジオについて。

 

野球は好きだが、トーク・ラジオのほうがもっと好きなので、ラジオのナイター中継をじっと聴くことはあまりない。

そんな私にとって、ナイター・シーズンは、トーク・ラジオのオフ・シーズンだ。

AMラジオの2大ネットワークJRNとNRNは、1965年に、抬頭目覚ましいテレビへの対抗措置として成立し、基本的にはニュースとナイターのネットワークとして機能している。全国ネットのナイターは高額の広告料が取れる。

他方、この時期どこに変えてもナイターばかりやっているのが若者のAMラジオ離れの原因ではないかと思ったり思わなかったり。

私は昭和生まれの田舎者なので、子供時代の遊びの定番は野球だった。したがって、野球に対しては一定の親しみがあり、贔屓のチームもある(ベイスターズ)。しかし、大学進学で上京してみると、同期でも東京近郊出身者は、リトル・リーグや高校野球の経験者でもない限り、一度も野球をやったことのない者が多く、サッカー・ファンのほうが多数派だった。

TBSラジオはここ数年土日のナイター中継をやめている。文化放送も2013年春は日曜日のナイターをやめた。

ナイターすら売れなくなっているのかもしれない。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おおつちさいがいエフエム・清水章代氏の話:「ぬくだまりの宿みちのく亭」(NHKラジオ第1、2013年5月8日(水)21:30-21:55)

○おおつちさいがいエフエム・清水章代氏の話:「ぬくだまりの宿みちのく亭」(NHKラジオ第1、2013年5月8日(水)21:30-21:55)

 

「ぬくだまりの宿みちのく亭」(NHKラジオ第1、2013年5月8日(水)21:30-21:55)で聞いた、おおつちさいがいエフエム(岩手県上閉伊郡大槌町 77.6MHz)・清水章代氏の話が興味深かった。夜道を歩きつつ携帯ラジオをつけたら偶然やっていた。

「ぬくだまりの宿みちのく亭」は、奥羽山脈の奥にある温泉宿「みちのく亭」の主人に扮する伊奈かっぺいが、宿泊客の話を聞く、という設定のトーク・ラジオ。

ゲストの清水氏は神戸市出身で、舞台女優として活動していた方のとのこと。東北の被災地でのボランティア活動の過程で大槌町で災害エフエムに関わることとなり、現在は運営・制作・DJもこなしている。神戸時代にはラジオにも出演した経験があるものの、しゃべり以外は経験がなかったそうだ。

行政の言葉を町民に解る言葉に直して伝えるのが基本姿勢とのこと。新聞記事の紹介にも自分なりの論評を加えているとか。

上意下達・以心伝心がコミュニケイションの基本であった大槌町では、新たな町づくりについても町民から意見が上がらず、議論が深まりにくい傾向があるそうだ。なるべく町民にしゃべってもらうというのも課題とのこと。

おおつちさいがいエフエムは、沿岸部では近隣の街まで電波が達するものの、山間部では同じ町内でも電波が届かないところがあるそうだ。そういう町民の中にはカー・ラジオで放送を聴いている人もいるらしい。

清水氏はによれば、そういう電波状況の良くないエリアでは、取材に行った際に「この間○○に取材に行って××という話を聞いた」と、直接話して聴いてもらっているのだとか。

清水氏曰く、「足電波・口電波」。

いい話・いい言葉を聞いたなと思いつつ、ニヤニヤしながら夜道を歩いて帰ったのでありました。

※リンク

臨時災害放送局(おおつちさいがいエフエム) | 大槌町
おおつちさいがいエフエム - Ustream
おおつちさいがいエフエム (otsuchisaigaifm) on Twitter

サイマルラジオ


随時更新。被災地情報の取得等にお役立てください。
Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「あなたのスクウェア·エニックスアカウントの異常」というフィッシング・メールが来た!

○「あなたのスクウェア·エニックスアカウントの異常」というフィッシング・メールが来た!

 


 

件名「あなたのスクウェア·エニックスアカウントの異常」というフィッシング・メールが来た!

「あなたのスクウェア·エニックスアカウントの異常」という件名のメールが来た。

そんなアカウント作ってないけど……。

HTML形式のメールで、本文の内容はこんな感じ:

スクウェア·エニックスアカウント管理システム
あなたのスクウェア·エニックスアカウントの異常、ログインしてください:http://secure.square-enix.com/account/app/svc/Login.html?cont=account
商品やサービス側に関連するサポート情報
スクウェア·エニックスサポートセンター
http://secure.square-enix.com
※サイト、検索機能の様々な製品やサービスの利用
サポート情報は確認した。
スクウェア·エニックスサポートセンターのご意見やご要件、ご使用ください

しかし、URLの部分には "square-enix.com" ではなく、"square-enix.pw" へ誘導するリンクが貼ってある。

フィッシング・メールです。

同様のメールが来た人は、くれぐれもアクセスしたり情報を入力したりないように。

アクセス解析

面白いので、ひまつぶしにアクセス解析などをやってみた。

解析結果の利用に関して当方は責任を負いませんが、検索に利用した方法を示してありますので、興味のある方は各自ご確認を。

結論を先に言うと、送信元は中国で、サイトのサーヴァー所在地も中国、サイトのドメイン名取得も中国からです。ありがちな話ですが。

メール送信元の情報

メールのヘッダーを詳しく見ると、送信元は:

Received    :    from esnx.org (mail.highartland.com [211.155.129.5])
by *** with ESMTP id *** for *** ; Mon, 6 May 2013 20:**:** +0900

送信元IPアドレスは [211.155.129.5}。

複数のサーヴァーを使っているかもしれないので、ここは受信者によって違うかもしれません。

送信元IPアドレス[211.155.129.5}の管理者情報は:

検索方法:APNIC - Query the APNIC Whois Database で検索

inetnum:        211.155.128.0 - 211.155.143.255
netname:        HDBMAN
country:        CN
descr:          Haidian District, Beijing, China 100086
admin-c:        LH43-AP
tech-c:         HL2-AP
status:         ALLOCATED PORTABLE
changed:        shenzhi@cnnic.cn 20050629
changed:        ipas@cnnic.net.cn 20050711
mnt-by:         MAINT-CNNIC-AP
source:         APNIC

person:         Lixian He
nic-hdl:        LH43-AP
e-mail:         hongde@hdcatv.com
address:        Bldg. #10, Zijin Zhuangyuan, Suzhou Street
address:        Haidian District, Beijing, China 100086
phone:          +86-10-82672299
fax-no:         +86-10-82672299
country:        CN
changed:        ipas@cnnic.net.cn 20030805
mnt-by:         MAINT-CNNIC-AP
source:         APNIC

person:         Hongde Luo
nic-hdl:        HL2-AP
e-mail:         hongde@hdcatv.com
address:        Bldg. #10, Zijin Zhuangyuan, Suzhou Street
address:        Haidian District, Beijing, China 100086
phone:          +86-10-82672299
fax-no:         +86-10-82672299
country:        CN
changed:        ipas@cnnic.net.cn 20030805
mnt-by:         MAINT-CNNIC-AP
source:         APNIC

サイト "square-enix.pw" の情報

"square-enix.pw" のIPアドレスは検索できませんでした。SOAデータは下記の通り

検索方法:nslookup(dig)テスト【DNSサーバ接続・応答確認】で検索

Non-authoritative answer:
square-enix.pw
origin = ns11.xincache.com
mail addr = hostmaster.xincache.com
serial = 2002042718
refresh = 3600
retry = 900
expire = 720000
minimum = 3600
square-enix.pw nameserver = ns11.xincache.com.
square-enix.pw nameserver = ns12.xincache.com.

Authoritative answers can be found from:
square-enix.pw nameserver = ns11.xincache.com.
square-enix.pw nameserver = ns12.xincache.com.

続いて、ドメイン名 "square-enix.pw" の登録者情報は以下の通り:

検索方法:ドメイン名検索結果: SQUARE-ENIX.PW

Domain ID:CNIC-DO1151648
Domain Name:SQUARE-ENIX.PW
Created On:04-May-2013 09:06:54 UTC
Expiration Date:04-May-2014 23:59:59 UTC
Status:OK
Status:ADD PERIOD
Registrant ID:s0a7p5v20p5vnr
Registrant Name:sadasd
Registrant Organization:sad
Registrant Street1:asdasd
Registrant City:Unknown City
Registrant State/Province:Unknown Province
Registrant Postal Code:211226
Registrant Country:CN
Registrant Phone:+0806.02231111222
Registrant FAX:+086.01133
Registrant Email:210055@qq.com
Admin ID:s0a7p5v20p5vnra
Admin Name:sadasd
Admin Organization:sad
Admin Street1:asdasd
Admin City:Unknown City
Admin State/Province:Unknown Province
Admin Postal Code:211226
Admin Country:CN
Admin Phone:+0806.02231111222
Admin FAX:+086.01133
Admin Email:210055@qq.com
Tech ID:s0a7p5v20p5vnra
Tech Name:sadasd
Tech Organization:sad
Tech Street1:asdasd
Tech City:Unknown City
Tech State/Province:Unknown Province
Tech Postal Code:211226
Tech Country:CN
Tech Phone:+0806.02231111222
Tech FAX:+086.01133
Tech Email:210055@qq.com
Billing ID:s0a7p5v20p5vnra
Billing Name:sadasd
Billing Organization:sad
Billing Street1:asdasd
Billing City:Unknown City
Billing State/Province:Unknown Province
Billing Postal Code:211226
Billing Country:CN
Billing Phone:+0806.02231111222
Billing FAX:+086.01133
Billing Email:210055@qq.com
Sponsoring Registrar ID:H429656
Sponsoring Registrar IANA ID:120
Sponsoring Registrar Organization:Xin Net Technology Corp.
Sponsoring Registrar Street1:Sino-I Campus,No.1 Disheng West Street
Sponsoring Registrar Street2:Beijing Economic & Technological Development Zone
Sponsoring Registrar City:Beijing
Sponsoring Registrar Postal Code:100176
Sponsoring Registrar Country:CN
Sponsoring Registrar Phone:010-58022233
Sponsoring Registrar Website:http://www.xinnet.com
Name Server:NS11.XINCACHE.COM
Name Server:NS12.XINCACHE.COM
DNSSEC:Unsigned


 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京のミニFM局リスト(暫定版)2013年5月6日改訂

○東京のミニFM局リスト(暫定版)2013年5月6日改訂

 

※最新版はコチラから。

※あわたまFM・目黒FM・SORAxNIWA HARAJUKU・AZYLE-FMを追加。

先日公開した「東京のミニFM局のリスト」を更新してみました。

ミニFM局って何?
ミニFM局とは、免許を必要としない微弱電波による放送を行っているFM局です。コミュニティーFMとは異なります。


総務省ウェブサイトより引用
 

微弱な電波を利用した無線設備(総務省北海道総合通信局)

ミニFM局以外に、前身がミニFM、あるいは私が勝手に「ミニFM的」だと判断したネットラジオなども含まれています。

情報が少なく、たいして網羅できていません。「他にもこんな局がある」「情報が間違っている」「私がやっています」「ミニFM始めました」などの情報をお待ちしています。頂いた情報に基づき加筆・修正してゆきたいと思います。

* * *

掲載順は放送拠点所在地の全国地方公共団体コードに拠る。同一市区町村内では局名五十音順。


あわたまFM(東京都中央区銀座2-8-15 共同ビル、88.8MHz
株式会社コスモス食品東京事務所が運営するミニFM。USTREAM配信も行っている。2011年以降の活動については不詳。

おちあいFM(東京都新宿区西落合1-31-24 西落合児童館2階 落合三世代交流サロン、86.9MHz)
目白大学放送研究会による番組などを放送中。その他の番組やタイムテーブルは不詳。

あさくさFM(浅草花やしき内:東京都台東区浅草2-28-1、83.7MHz)
浅草の遊園地花やしきから放送しているミニFM局。生放送番組「Asakusa Catch UP」(月〜土は1日1回、日曜は1日2回)と、多数の録音番組を放送。生放送パートはUSTREAMでも放送していて、放送ブース内の映像を見ることができる。

コジマラジオ(東京藝術大学アトリエ:東京都台東区上野公園12-8)
局名は、かつて小島アートプラザ(旧台東区立小島小学校内)で活動していたことに由来する。
現在は、東京藝術大学のアトリエに拠点を置いている。毛原大樹を中心とするインカレ・ラジオ制作サークル。定期的に放送を行っているかどうかは不明だが、88.0MHzで放送している模様。

どすこいFM(両国国技館:東京都墨田区横網1-3-28、83.4MHz、初日〜千秋楽15:00-)
両国国技館内で場所中に聴取可能なオリジナル館内放送。ラジオの貸し出しも行っている。
この他に、下記番組音声の再送信も行っている:

  • 「NHK BS 大相撲中継・日本語放送」(76.6MHz、初日〜千秋楽13:00-)
  • 「NHK BS 大相撲中継・英語放送」(78.3MHz、初日〜千秋楽16:00-)

学大FM(東京都目黒区五本木2-15-12 五本木プロジェクトビル 五本木カフェ HANADA ROSSO、87.0MHz、火16:00-17:30)
伊藤清光氏の屋上パフォーマンスの一環として始められたミニFM局。番組のネット配信も行っている。

K-MEG4(東京都目黒区上目黒4-28-3、88.0MHz)
プレス・リリース配信サイト ValuePress! が運営する非営利のミニFM局。ポドキャスティングも行っている。
サイトによると、「ValuePlease!(バリュープリーズ)」(水18:00-)と、「The Day Of The Best」(月18:00-)の2番組を制作・放送している模様。いずれもネット配信が更新されていないので、もう放送されていないのかもしれない。


目黒FM(東京都目黒区、88.0MHZ、月〜土10:30-22:30)
コンテンツ制作などを手がける株式会社クロアが運営するミニFM局。
目黒区内でのミニFMによる放送とUSTREAM配信を行っているとのことだが、ミニFMの放送エリアについては不詳。福井仁美・エハラマサヒロ・大西ライオン・安田大サーカス クロちゃんなど、タレントの出演多数。


SORAxNIWA HARAJUKU ソラトニワ原宿(東京都渋谷区神宮前 3-25-18 THE SHARE 1F、88.8MHz、毎日10:00-24:00)
開局当初はミニFMと謳うネット・ラジオと紹介されていたが、原宿ではミニFMの放送も行っている。
原宿の他に、SORA×NIWA GINZA(松屋銀座屋上)と SORA×NIWA UMEDA(大阪・阪急うめだ本店9F)でもそれぞれ公開放送を行っているが、銀座ではミニFMの電波は出していない模様。梅田については不詳。

さん茶FM(東京都世田谷区太子堂2-34-5、77.0MHz、第2・第4日曜日)
居酒屋「かめや」を拠点として活動するミニFM局。毎月第2または第4日曜日に生放送を行っているとのこと。放送時間は不明。かつては「しゃれなあど ふれあいひろば」で定期的にイヴェントも行っていた。

○下北FM(SFMホール:東京都世田谷区代沢5-8-14 岩城ビルB1F スタジオベイド 下北沢店、ネットラジオ)
大蔵ともあきが代表・プロデューサー・DJを務める「ストリートラジオ局」。週1回のペースで木曜夜に公開生放送を行っている。会場での番組観覧は有料。女性アイドルのゲスト出演が多い。
元もとは88.8MHzのミニFM局としてスタートした模様。ウェブサイトには「是非FMラジオをご持参でのお越しをお待ちしております!」とあるが、現在もミニFMの放送を行っているかは不明。
USTREAMおよびニコニコ動画でのライブ配信も行っている。

ラジオぱお(駒沢大学:東京都世田谷区駒沢1-23-1、88.0MHz、毎月「8」「0」のつく日の12:10-12:50)
駒沢大学グローバル・メディア・スタディーズ学部 金山智子ゼミが運営するミニFM局。駒沢大学内売店・食堂パオわきのテントから放送。

○素人の乱FM(杉並区高円寺北3-9-11 素人の乱五号店周辺、88.0MHz、毎週火曜22:00時ごろ-)
東京都高円寺・北中通商店街でリサイクルショップ・古着屋・飲食店・雑貨店を営んだり、脱原発デモをおこなったりしている素人の乱によるミニFM。アーカイヴをポッドキャストでも配信中。「FM放送をカセットで記録してそれをインターネットに上げている」とのこと。

ラジオぱちぱち(東京都杉並区善福寺3-13-10 善福寺北児童館周辺、88.0MHz、毎月第2土曜日10:00-公開生放送・同日夜再放送、ほか)
杉並区立桃井第四小学校および善福寺北児童館エリアのこどもたちが運営しているミニFM局。複数のレギュラー番組がある。USTREAMでも生放送。

Amlux Campus Channel(東京都豊島区東池袋3-3-5 トヨタオートサロン アムラックス東京 B1サテライトブース、火〜金17:30-18:30)
毎週火曜日から金曜日まで、首都圏17大学の放送関係サークルが日替わりで行っている公開放送。電波は送信していない模様。

○FM千早88(東京都豊島区千早、88.0MHz、土15:00-)
現在放送中かどうかは不明。
日野エフエムが技術的なノウハウを提供して開局したとのこと。

○参考:小学生“女子アナ”活躍 豊島にミニ放送局 『FM千早88』 (東京新聞、2007年2月12日(月))


豊島区千早のミニFM「女子アナ」は小学生「TOKYO MX NEWS」
(TOKYO MXTV、2007年10月15日)

コミュニティラジオ きたくなるまち(東京都北区王子、ネットラジオ、毎月10日・20日・30日配信)
PAL-FM。現在はネットラジオのみの放送。

大東ラジオ・Click Fine T(東京都板橋区高島平2-26-3 高島平団地内さくら通り商店街「コミュニティ・カフェ サンク」)
大東文化大学の「らみらいネット高島平」の一環。学生と地域の住民でラジオ番組を作成。
FMおだわら(神奈川県小田原市、78.7MHz)での「Many Thanks 高島平」(日15:00-15:30;月23:00-24:00(再))の放送が2010年3月で終了し、ネットラジオに移行。

練馬放送(東京都練馬区、ネットラジオ)
生放送番組「ねりなま!」、他録音番組をネット配信。
ラジオネリマ・旧FMえすかれぇしょん(千葉県市川市大洲、埼玉県川口市芝富士、東京都練馬区南田中、東京都上落合などから放送していた)。

WERE-FM(東京都練馬区富士見台周辺、87.5MHz、放送スケジュール不詳)
2001年開局。土日祝日11:00-25:00、音楽中心の放送を行っていたようだが、ミニFMからUSTRAMに移行。おちあいFMでも放送を行っていたが、現在の活動については不詳。
2010年8月1日には、埼玉県川越市の川越百万灯夏まつりにあわせて、ミニFMのイヴェント放送を主催し、連続テレビ小説「つばさ」(NHK総合テレビほか、2009年3月30日~9月26日)の「ラジオぽてと」「甘玉堂」が1日限りの復活を果たしたとのこと。

足立区民放送(東京都足立区、ネットラジオ、土23:00-24:55
足立FM開局準備会による放送。毎週土曜日「アダチ区民放送局」を公式サイトUSTREAMねとらじなどで生放送。現在ミニFMは放送休止中。

FM LoveWAVE(東京都葛飾区柴又1丁目、88.2MHz)

柴又駅前からの不定期放送。
放送環境上の理由から、ネットでのストリーミング生放送に移行の予定。
現在の活動については不詳。

○東京競馬場場内ミニFM(東京都府中市日吉町1-1、東京競馬場
場内で下記番組を放送・再送信中。

  • グリーンチャンネルEAST:87.0MHz
  • ラジオNIKKEI第1放送:87.5MHz
  • ニッポン放送:88.0MHz
  • ラジオ日本:88.5MHz
  • 場内実況:89.5MHz

2000年10月まで「TSS(Turf Sounds Station)」(87.0MHz)、2001年1月から2001年12月まで「Green WAVE」(87.0MHz)で場内限定オリジナル番組の放送を行っていた。

※参考:
東京競馬場の鉄人 [ TOKYO RACE COURSE ] :Anaba
※Green WAVE のスタジオ・ブースの写真あり。

TSS SUPPORT HOME PAGE
グリーンウェーブ(「篠崎菜穂子 応援サイト しのなお.com」内)
場内FMメモリアル(「篠崎菜穂子 応援サイト しのなお.com」内)

FM小金井(東京都小金井市本町6丁目周辺、88.8MHz)
2010年7月20日開局。大光寺邦彦氏が運営し、JR中央線・武蔵小金井駅南口シャトー小金井から放送。USTREAMでも配信中
レコーディングにも対応できるDJブースをもち、ミニFMとしてはかなり本格的。

※参考:
FM小金井(東京都小金井市本町6丁目 シャトー小金井周辺:88.8MHz)(当ブログ内)

さくらじょうすいマイクロFM(東京都小平市上水南町、76.8MHz)
各種災害時における地域密着型の防災支援放送を目的とする放送。平時は、木21:00-24:55および金21:00-23:55に、海外のネット・ラジオを再送信している模様。

局名は「さくらじょうすいマイクロFM」だが、最寄り駅は京王線・桜上水ではなく、JR国分寺駅か武蔵小金井駅。小金井市テニスコート、サレジオ小学校・中学校の付近で聴取可能のようだ。サレジオ学院(横浜市都筑区)・サレジオ高専(東京都町田市)ではない。

日野エフエム放送(東京都日野市新井、76.8MHz)
京王電鉄高幡不動駅周辺で原則毎週土曜日に放送していたが、現在の放送日は不明。詳細はメーリングリストで告知されるとのこと。ミニFM局では珍しい緊急地震速報を導入、 日野市内で震度4以上が観測されると自動放送される。

※参考:
夜のロフトスタジオ(日野エフエム放送:東京都日野市 京王電鉄高幡不動駅周辺 76.8MHz、2009年8月13日(木)21:00-23:00)(当ブログ内)

○JOUT-FM(FM百草)(送信所不詳、86.9MHz)
2011年7月17日に電波法違反で逮捕(同19日の警視庁発表による)。
詳細不明。休日祝祭日に音楽のみを放送しているとのこと。
livedoor のねとらじでの放送も行っていることがあるようだ。ねとらじの番組内容説明によると「UTさん」により「週末 FM  86.9MHz  高幡 百草周辺でオンエア中」とのこと。

※参考:
タレント鈴木蘭々さん兄を逮捕 無許可でFM局開設 蘭々さん、ゲストとして登場も(MSN産経ニュース、2011年7月19日)(当ブログ内)
今日もギンギン謎のFM(電波堂本舗)
JOUT-FM(86.9MHz)(パラかめタクシー、○○中!)
○2009年10月12日(月)に立川駅下りホーム上で放送を確認。
 ・ダウンロード 200910121718joutfm.mp3 (20.5K)
  (17:18ごろの10秒間)


AZYLE-FM(東京都福生市、88.0MHz)
福生市を中心とする西東京地区で活動する AZYLE Entertaiment によるミニFM。
ミニFMおよびUSTREAM配信を行っているようだが、ミニFMの放送エリアは不詳。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川口ライブラリーラジオをまた聴いて来た。(川口市立中央図書館&川口市メディアセブン、2013年4月30日(月・祝))

○川口ライブラリーラジオをまた聴いて来た。(川口市立中央図書館&川口市メディアセブン:埼玉県川口市 JR川口駅東口前 キュポ・ラ5〜7階、2013年4月30日(月・祝))

 

区の図書館が閉っていたので、荒川沿いを散歩しつつ川口市立中央図書館へ行ってみた。

せっかくなので、ミニFM/自由ラジオ・川口ライブラリーラジオも聴いて来た。館内およびその上の川口市メディアセブンで、毎日10:00からFM88.0MHzで放送している。現地に行った人だけが聴くことのできるプレミアムなラジオ。

川口ライブラリーラジオ (m7_libraryradio) on Twitter
川口ライブラリーラジオ 5月番組表(PDFファイル)


川口ライブラリーラジオ
 

私が着いた時には、「ラジオの現場」(16:00-17:00)を放送していた。2013年2月23日に開催された市民参加のワークショップで収録された番組で、市民ディレクターの持ち込み企画10本のオムニバス。

一人ひとりのラジオの現場 - cdc blog
※2013年2月23日のワークショップのレポート。

私がチューニングを合せたときには、駅前のビルの屋上にあるライオン像の都市伝説について放送していた。川口市は人の流出入がはげしいようで、詳細を知っている人が少ないようだった。PIAのビルがマルイだったことを知らない人も多いんだろうなぁ。


川口市立中央図書館からの眺め
 

このライオンのことです。 
 

放送された企画は下記10本。最初と最後に「コジマラジオ」の毛原大樹氏が案内役として登場し、その後は市民ディレクター同士のリレーで番組が進行する:

  1. 土曜"これからどこへ?"
  2. ひとりでできるもん
  3. センリツなぞときときめきライブラリー
  4. ワンダー川口vol.2 川口駅前最大のワンダー ライオンを調査せよ
  5. 駅デパの思い出
  6. 青い電車のひとりごと
  7. 川口妄想スナック店
  8. チャップリン映画デビュー100周年
  9. 川口音のちい散歩
  10. もうすぐ卒業シーズン!あなたの青春をふり返ってみよう

「川口妄想スナック店」が面白かった。もし川口でスナックを開店するならどういう屋号にするかを街行く人に聞いて、その名前だけを基に、店内の様子やママや常連客などを妄想するという内容。

この企画に限らず、全体的にしっかりした番組で、けっこう面白かった。

こういう企画の愉しくも意義深いところは、コミュニティーの中に、密かに面白いことを考えている人がいるのが判ることだ。それが判ると、コミュニティーの豊かさに関する実感が増してくる。

送信機を発見!

前回は、館内に不案内であった上に、後に用事があって急いでもいたので、送信機がどこにあるのか見つけられずに帰った。

今回は発見に成功!


これが川口ライブラリーラジオの送信機だ!
 

送信機は名機の誉高い TR-10RDX(コロナ電業)で、アンテナはマグネット基台のホイップ・アンテナに交換してあった。番組はパソコンで送出しているようだった。

見つけたからどうというわけではないけれど、結構うれしいゼ。

※当ブログ内の関連エントリー:

ワークショップ「ラジオの現場」(川口市メディアセブン:埼玉県川口市 JR川口駅前 キュポ・ラ7階、2013年2月23日(土)10:00-17:00)

川口ライブラリーラジオを聴いて来た。(川口市立中央図書館&川口市メディアセブン:埼玉県川口市 JR川口駅前 キュポ・ラ5〜7階、2013年1月26日(土))

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍晋三自民党政権による憲法96条先行改正案について

○安倍晋三自民党政権による憲法96条先行改正案について

 

安倍晋三自民党政権による憲法96条改正案が話題になっている。

賛成している人たちは、民主主義や三権分立など、近代的な民主国家にとって重要な根本思想を全く理解していないと言わざるを得ない。

それにそもそも、96条の先行改正なんてやり方が、姑息以外の何ものでもない。

※現行憲法と自民党改正案の改正条項の比較:

日本国憲法(現行)
第九章 改正 

第九十六条 この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

日本国憲法改正案(平成二十四年四月二十七日(決定))
第十章 改正

第百条 この憲法の改正は、衆議院又は参議院の議員の発議により、両議院のそれぞれの総議員の過半数の賛成で国会が議決し、国民に提案してその承認を得なければならない。この承認には、法律の定めるところにより行われる国民の投票において有効投票の過半数の賛成を必要とする。

2 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、直ちに憲法改正を公布する。

今、「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ、2013年5月2日(木)22:00-23:55)を聴いている。

2013年05月02日(木)「96条を改定し、憲法改正のハードルを下げることに賛成?反対?」(バトルモード) - 荻上チキ・Session-22

外務大臣政務官である若林けんた参議院議員の無知っぷりにイライラしている。

基本的に民主党・小西ひろゆき参議院議員の意見に賛成だけれど、どうしてこういう意見の人は、すぐ「全体主義」とか「軍国主義」とか言い出すのかなぁ。もうちょっと筋道立った説明と、広範な支持が得られるプレゼンテイションの方法を工夫すべき。

憲法改正に関しては、なかにし礼の次の発言が参考になる。これが全てだと思う:

なかにし礼 憲法そのものは、国民が権力者を拘束する、これ、ルールですから。

国民からこんなものを何とか改正したいなんていう事を言い出す必要は全く無いんですよ。だから、それに拘束されている権力者たちが、「どうも身動きが窮屈だから、憲法を改正してもらいたいなぁ」と、ま、言っているわけ。でもそれにはいろんな圧力とか都合があるわけで、「そうはさせないよ」と、国民が本当は言うべきなんです。

なかにし先生、歌詞はアレだけど、しっかりしたご見識をお持ちで。


ゴールデン・ハーフ「ゴールデン・ハーフのバナナ・ボート」(1971年) 作詞:なかにし礼
CCRの "Proud Mary" (1969) をパクったアレンジもなかなか乙なもんです。
 

日本国憲法については、中学の公民で習う。なかにし礼が示した前述の思想が共有されていないという意味では、義務教育に費やされた税金が完全に無駄になっていると言わざるを得ない。

ただ、なかにし先生、前述の発言の前段にこうも言っている:

なかにし礼 国防軍になってしまったら、我々個人の上にね、軍というものがボンと来るんですよ。つまりね、基本的人権が侵されるわけ。上に軍がきて、軍の都合によって我々の生活というのはすごい左右を受けるわけでね、憲法そのものが、もう、崩壊するんですよ。

これについては、気持ちは解るけれど、法的・論理的な根拠が不明。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »