« クリスマス仕様、リース・アンテナ | トップページ | 東海道・山陽新幹線のミュージック・サーヴィス、2013年春のダイヤ改正で廃止へ。 »

タナダユキ[監督]『ふがいない僕は空を見た』(2012年)を観た。

○タナダユキ[監督]『ふがいない僕は空を見た』(2012年)を観た。

 

タナダユキ[監督]『ふがいない僕は空を見た』(2012年)を観た。


 

 

 

他の映画を観に行った時に予告編は見ていた。「田畑智子、そこまでやるか?」とは思ったものの、あんまりピンと来なくて食指が延びなかった。ライムスター宇多丸がラジオで絶賛していたので、放送の翌日(2012年12月9日)に観に行った。テアトル新宿で観賞。

映画『ふがいない僕は空を見た』公式サイト

TBS RADIO 映画博徒の生き様が一目瞭然!ハスリングの記録・2012年 (ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル)


タナダユキ[監督]『ふがいない僕は空を見た』(2012年)予告編

タナダユキ作品は、ドキュメンタリーの『タカダワタル的』(2003年)しか観たことがなく、彼女の劇映画は初めて。


タナダユキ[監督]『タカダワタル的』(2003年)より
 

『ふがいない僕は空を見た』に話を戻すと、この映画の白眉は、予告編などで印象的にフィーチャーされている前半のコスプレとセックスの部分ではなく、やはり団地の高校生ふたりを描いた後半だと思う。

とりわけ印象的だったのは、団地のふたりが校庭で戯れるシーン。あの瞬間こそが、あのふたりの人生でまぎれもなく最も美しい瞬間で、最も美しい瞬間が最も美しく描かれているのだと思う。それほど、日常が過酷で荒んでいるのだ。

人格形成期の貧困経験は、人の心をねじ曲げる。思春期の少年少女は、自分に責任のない苦境が心を蚕食する日々にそうそう堪えられるものではない。そういう日々のどす黒い沈殿物が外に向う場合は他人や世の中を恨み続け、自分に向う場合はすべてを諦めて希望ある人生から早々に降りる。

ライムスター宇多丸 団地、ね。アメリカで言う、要は「プロジェクト」、公団住宅。これ、アメリカのヒップホップとかラップに通じてる人だったら、まぁ、よくご存知の話だと思いますけども、要は、「オレの生まれ育ったプロジェクト」、ラッパー、ハードコア・ラッパーがよく出てくる、要は貧困の象徴なわけですよね。

[……]。

「そういうヒップホップ的な貧困の現実なんてのは日本にないから、日本語ラップをやるリアリティーはない」だなどと、80年代後半から90年代頭にかけて、訳知り顔の論者がよく言ってましたけど、どの口さげて言ってたんだ。まさに現代日本にもそういう現実はあったし、あり続けてきたし、今もあるっていうことですよね。

「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」(TBSラジオ、2012年12月8日(土)21:30-24:30)

助産院の子・卓巳(永山絢斗)に焦点を合わせれば、今回の経験を経て成長するイニシエイションの話だ。再度登校したときの教室のであの表情は絶妙だった。

でも、最後の、生まれたての赤ん坊を前にした時の台詞は、やや老成しすぎているように思えた。彼のような高校生が、あんな言い方するかなぁ?

すべての生の肯定、すべての性の肯定、すべての業の肯定。

『タカダワタル的』と底流でつながるところがある。


Sharon Jones & The Dap-Kings,
"Ain't No Chimneys In The Projects" (2010)

Sharon Jones & The Dap-Kings - Ain't No Chimneys In The Projects
Google

|

« クリスマス仕様、リース・アンテナ | トップページ | 東海道・山陽新幹線のミュージック・サーヴィス、2013年春のダイヤ改正で廃止へ。 »

コメント

タナダユキ監督の新たな才能

原作も映画も、衝撃的作品でしたね。
原作本の本質をどう映像表現するかで、もしかしたら
相当悩まれたのかも。
結果は表現できてて良かったと思います。

タナダユキさん、最近小説「復讐」も発表されて
今後は作家もされるようですね。
マルチな才能というか、すごいなぁ。
一体どんな才能をお持ちなのか、いろいろググってたら
http://www.birthday-energy.co.jp/
で、タナダユキさんを解説してる記事を見つけました。

このまま更に活躍頂きたいですね!

投稿: 友行 | 2013年5月 9日 (木) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423073/48447003

この記事へのトラックバック一覧です: タナダユキ[監督]『ふがいない僕は空を見た』(2012年)を観た。:

» 『ふがいない僕は空を見た』 2012年11月28日 テアトル新宿 [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『ふがいない僕は空を見た』 を鑑賞しました。 何故だか知らないけど凄く見たかった映画なんです それでいて、良かったって言える映画は少ないけど、この映画は良かった 【ストーリー】  高校生の卓巳(永山絢斗)は友人と出掛けたアニメの同人誌販売イベントで、アニメ好きのあんずこと主婦の里美(田畑智子)と出会う。やがて二人は深い仲になり、里美は卓巳に自分の好きなアニメのキャラクターのコスプレをさせ、情事にふけっていた。そんなある日、卓巳は前から気になっていた同級生の七菜(田中美晴)に告白され……。 2... [続きを読む]

受信: 2013年1月 5日 (土) 10時15分

» 『ふがいない僕は空を見た』 美形を好きにならなくていい [映画のブログ]
 前回説明したように、女性の浮気には相応の理由がある。  『ふがいない僕は空を見た』の主人公も積極的に浮気しており、そのシチュエーションは『テイク・ディス・ワルツ』によく似ている。  主人公里美...... [続きを読む]

受信: 2013年1月 6日 (日) 11時19分

» ふがいない僕は空を見た [とりあえず、コメントです]
窪美澄著の同名小説をタナダユキ監督が映画化した青春群像劇です。 うっかりしていたら上映が終わってしまいそうと、原作は未読のまま慌ててチャレンジしてみました。 予想以上にディープでやるせない想いが交錯する、胸にドーンと来るような物語でした。 ... [続きを読む]

受信: 2013年1月 6日 (日) 21時30分

» ふがいない僕は空を見た [to Heart]
生きる。 それだけのことが、 何故こんなに苦しくて愛おしいのだろう。 製作年度 2012年 上映時間 142分 映倫R18+ 原作 窪美澄『ふがいない僕は空を見た』(新潮社刊) 脚本 向井康介 監督 タナダユキ 出演 永山絢斗/田畑智子/窪田正孝/小篠恵奈/三浦貴大/銀粉蝶/原田美...... [続きを読む]

受信: 2013年1月10日 (木) 00時06分

« クリスマス仕様、リース・アンテナ | トップページ | 東海道・山陽新幹線のミュージック・サーヴィス、2013年春のダイヤ改正で廃止へ。 »