« 萩原朔太郎「ラヂオ漫談」(1925年) | トップページ | 南海放送取締役、ラジオのこれからを大いに語る:「まっすんのこれかラジオ♪ そこに風は吹いているか」(南海放送RNBラジオ、2012年6月4日(月)18:00-18:30) »

『ラジオマニア 2012-2013』(三才ブックス、2012年)

○『ラジオマニア 2012-2013』(三才ブックス、2012年)

 

『ラジオマニア 2012-2013』(三才ブックス、2012年)のレヴュー。

今回の号は、番組関連の記事と受信関連の記事のバランスが良くて、今までに増して面白かったと思う。


『ラジオマニア 2012-2013』(三才ブックス、2011年)
 

まずは、目次を紹介した後、気になった記事についてひとことふたこと。

目次

◇006 業界の1年を振り返る! ラジオマニアニュース 2012

◇012 特別interview ラジオの達人に訊け!
村上信夫/佐藤健一

◇024 味わい深いその魅力とは…? 我が愛しのB級ラジオたち

◇030 日本屈指の蒐集家に訊いた! メイドインジャパン・ラジカセの魅力

◇第1章 日本は面白いラジオで溢れている…マニア的番組ガイド

036 ラジオならではのおもしろさが詰まってる!全国ニッチ&マニアック番組を探せ!
「きかせられないラジオ」(長崎放送、土16:00-16:30)
「森本レオ子の勝ちパチ!」(ラジオ日本、金21:00-21:30)ほか

044 「モノ言う」ラジオがそろい踏み このニュース・教養番組がスゴい!
「報道するラジオ」(MBSラジオ、金21:00-22:00)
「吉田照美 ソコダイジナトコ」(文化放送、月〜金6:00-8:30)
「ザ・ボイス そこまで言うか!」(ニッポン放送、月〜木16:00-17:30)
「ニュース探究ラジオ Dig」(TBSラジオ、月〜金22:00-23:55)
「文化系トークラジオ Life」(TBSラジオ、第4日曜日25:00-29:00)

054 全国ワイド番組 名コンビに聞きました

060 日本全国の名番組を紹介!サイマルラジオで聴けるコミュニティ番組

◇充実のカラー特集

067 超人気ステーションまるっと20ページ特集!NACK5大研究

088 噂のラジオレコーダー RF-DR100を使い倒す!

096 ラジオ&アンテナ…話題の新製品ニュース!

◇第2章 クリアに放送を楽しもう! 最強の受信機材&テクニック

100 中波受信にはやっぱりこれ!ミズホ通信・ループアンテナの威力を改めて知ろう!
106 全国の番組を楽しむ!? ワンランク上のradiko生活!
112 ICF-SW77に見る十和田製ラジオのすごさ 日本が誇る高性能ラジオを愛でる!

◇第3章 受信生活充実のために…ラジオをもっと楽しくするための情報

118 徹底調査!スカイツリー受信になってホントに聴こえやすくなったのか?
122 レアカードもゲット!予備送信所の試験電波を受信してみよう!
126 音をアナログラジオに近づけよう!radiko用「AMラジオサウンド・アダプター」の製作
132 あらゆる疑問を解き明かせ AM中継局の大研究
140 読者投稿コーナー FROM LISTENERS
142 編集部レポート 火曜会ラジオ研修会に行って来た
144 心に残るあの人のあのことば…回想 DJインタビュー
148 付録CDを聴きながら読もう!「AMラジオ・秋の新番組ダイジェスト」をもっと楽しむためのサブテキスト!

◇第4章 15年前の1997年にタイムスリップ! ラジオ番組表アーカイブ

◇付録CD-ROM! 「AMラジオ・秋の新番組ダイジェスト」(43トラック収録)

 

気になった記事

radiko用「AMサウンドアダプター」の制作 

個人的に、今号で一番良かった記事……っていうか、先を越された。

[radikoは]便利ではあるのだが、何だか電子的で、固くて、ちょっとクリアすぎて、それはもう「radikoであってラジオではない」のかもしれないと、思ってしまうのだ。(p.126)

という考えのもと、radikoの音をAMラジオっぽくするフィルターを電子工作しようという記事。いい感じだ。

ちなみに、私は以前このブログにこんなエントリーを書いた:

ラジオの音声周波数、その他に関する私的メモ&リンク(当ブログ内)

実はこれ、「サウンドアダプター」的な物をつくる準備だった。私は単純に、CRフィルターつきの小型外付けスピーカーで、AM/FM/短波/radiko(thru)の切り替えができる物を考えていた。古いラジオについているトーン・コントローラーを見て思いついた。

記事の寄稿者のかたの作品は、AMトランスミッター→クリスタルフィルター→AMラジオという仕組みの送受信機一体型で、目から鱗。これなら確実にAMラジオの音になるに違いない。回路図とパーツ・リストも掲載。電子工作ずきな人は年末年始あたりに是非。

 

業界の1年を振り返る! ラジオマニアニュース 2012

今号から始まった記事。これはいい。

InterFMが名古屋にFM局開局というニュースは、遅れ馳せながら、この記事で知った。

「「震災でラジオ再評価」はどこへ?全体聴取率、過去最低を記録」には、ちょっとショック。大きな流れは変わらず、と。

 

超人気ステーションまるっと20ページ特集!NACK5大研究

FM NACK5 79.5MHz エフエムナックファイブ(公式サイト)

いいところに目を付けたなぁという感じ。

仮に例えば「まるっと20ページ特集!TOKYO FM大研究」とか「…J-WAVE大研究」だったら、正直言ってあんまりグッと来ないもんなぁ。

首都圏のラジオずきな人でNACK5ずきな人は案外多いんじゃないかと思う。2012年2月度ビデオリサーチ首都圏個人聴取率調査では、県域局ながら、在京キー局を抑えて2位だったらしい。

NACK5は、FMのいいところと、AMのいいところが巧いバランスブレンドされている感じ。正直言って私はそれほど聴いていないけれど、大宮のARCHEに「HITS! THE TOWN」(土12:55-17:55)を観に行ったことがある。

HITS! THE TOWN(NACK5、2010年5月22日(土)17:00-21:00)の公開放送を観てきました。(当ブログ内)

ちなみに、なぜか母校の生協では金曜日にいつも小林克也の「FUNKY FRIDAY」(金9:00-17:55)が流れていた。「こんなところでもNACK5が入るんだなぁ」と少し驚いた記憶がある。

 

全国ワイド番組 名コンビに聞きました

CBCラジオのつボイノリオ&小高直子アナのご両人、コンビ歴20年かぁ。

 

レアカードもゲット!予備送信所の試験電波を受信してみよう!

ニッポン放送の足立予備送信所の建物が解体されているという話を近隣さんからコメント欄で教えて頂いて、見に行ったけれど、この記事によれば予備送信所機能は2012年5月21日現在生きているらしい。そういえば、建物は解体されていたけれど、鉄塔は残っていた。ということは、今も残っているのかなぁ。

予備送信所の有無の調べ方も判って、ためになった。

ニッポン放送足立予備送信所(東京都足立区東六月町7丁目11番)(当ブログ内)
ニッポン放送足立予備送信所(東京都足立区東六月町7-11)が解体中とのことなので、見に行ってきた。(当ブログ内)

 

徹底調査!スカイツリー受信になってホントに聴こえやすくなったのか?

たしかに、感覚的にJ-WAVEとNHK-FMの入りが良くなったような気がしていたけれど、そのことがデータで裏付けられている。

それはさておき、なにも山梨まで行って受信しなくても……まぁ、そういうの大好きですけど。

J-WAVEを聴いていたら「Now transmitting from Tokyo Skytree」(東京スカイツリーより送信中)だってさ。(当ブログ内)
J-WAVEの試験放送(2012年7月15日(日)深夜〜16日(月)早朝)(当ブログ内)

 

付録CD-ROM! 「AMラジオ・秋の新番組ダイジェスト」

「ダイジェスト」と言いつつ、番組宣伝の音源を提供している局もある。残念。ラジオ・リスナーとしては、ほんのさわりだけでもいいから番組本編の音源で雰囲気を感じたいのにね。解ってねぇなぁ。

Google

|

« 萩原朔太郎「ラヂオ漫談」(1925年) | トップページ | 南海放送取締役、ラジオのこれからを大いに語る:「まっすんのこれかラジオ♪ そこに風は吹いているか」(南海放送RNBラジオ、2012年6月4日(月)18:00-18:30) »

メディアに取り上げられたラジオ」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

番組評以外のラジオの話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423073/48056990

この記事へのトラックバック一覧です: 『ラジオマニア 2012-2013』(三才ブックス、2012年):

« 萩原朔太郎「ラヂオ漫談」(1925年) | トップページ | 南海放送取締役、ラジオのこれからを大いに語る:「まっすんのこれかラジオ♪ そこに風は吹いているか」(南海放送RNBラジオ、2012年6月4日(月)18:00-18:30) »