« 福山雅治×小島慶子:「福山雅治のオールナイトニッポン サタデースペシャル・魂のラジオ」(ニッポン放送、2012年10月20日(土)23:30-25:00) | トップページ | 熊本⇔仙台 東日本大震災で始まったウィスキーのバトン:「Colon de RADIO」vol.1(ネットラジオ、2012年8月12日(日)) »

ラジオ局を舞台にしたイギリスのTVコメディー「FM」:FM (ITV2, 25th February 2009 – 1st April 2009)

○ラジオ局を舞台にしたイギリスのTVコメディー「FM」:"FM" (ITV2, 25th February 2009 – 1st April 2009)

 


"FM" (ITV2)
堂々のR15でございます。
 

"FM" (ITV2, 25th February 2009 – 1st April 2009) を観た。


"FM" 第5話
テレビ出演することになったDJのリンジーは、勝負服の "PUNK COCK" Tシャツで出発。この後、テレビ局に着くと観覧客が全員子どもでコートが脱げなくて……という展開。
 

SKiN FM という小さなラジオ局を舞台にした、イギリス ITV2 のシチュエイション・コメディー。全6話。アメリカ映画、FM(1978)とは無関係。

日本では未放送、日本版DVDもBlu-rayも出ていない。Amazon.co.uk からお取り寄せ。英語音声・字幕のみで日本語比対応だけれど、"dick head" とか "wanker" とか "shag" とか、英語の語彙力もアップ!

主な登場人物

主役は下記の3人:

  • リンジー・カロル(Lindsay Carol)、DJ:クリス・オダウド(Chris O'dowd)
  • ドム・コックス(Dom Cox)、DJ:ケヴィン・ビショップ(Kevin Bishop)
  • ジェイン・エドワーズ(Jane Edwards)、プロデューサー:ニーナ・ソーサニア(Nina Sosanya)

"FM" 第3話オープニング
この3人がメインの登場人物。話題はホームレスについて。
ホームレスに厳しいDJのリンジー、同情的なプロデューサーのジェイン。
ジェインの意外な過去が明らかに……。

 

リンジー役のクリス・オダウドは、例えば他にこんな作品に出演:


『パイレーツ・ロック』The Boat That Rocked(2009年)
「ラジオ批評ブログ」的おススメ名シーン。気の毒な役でした。
 

ドム役のケヴィン・ビショップはコメディアンで、"The Kevin Bishop Show" (Channel4) で知られている。ジェイン役のニーナ・ソーサニアは主に舞台とテレビで活躍している女優。


"The Kevin Bishop Show" (Channel4)
任天堂WiiっぽいゲームのパロディCM「FONY PLAYBOX」
アホだ。でも、こういうの好き。
  

ドラマ「FM」はこんな内容

下品なジョーク、おバカな下ネタ連発で、喫煙シーンがやたら多い。R-15。politically incorrect な感じが、いかにもイギリスのユーモアという感じ。

アルコール依存症のDJがグループ・セラピーで大爆笑をかっさらったり、ドアを開けたらスタジオ・ブースの中で立ちバックでやっるヤツがいたり、手をケガしている子どもに「お父さんにやられたのか?」と尋ねると「パパはイラクで死んだよ」と答えたり、終止そんな調子。でも、なぜかオシャレ。

子どもの時にこのドラマを観ていたら、FMラジオのDJになりたいとか血迷ったことを考えたかもしれない。

オープニングは必ずスタジオの生放送のシーンから始まる。また、毎回ミュージシャンが本人役でゲスト出演し、第2話からはスタジオ・ライヴのシーンもある。

※ゲスト・ミュージシャン一覧:

  1. Justin Hawkins
    Guillemots
  2. Wombats, "My Circuitboard City" (2009)
  3. Ladyhawke, "Paris is burning" (2008)
  4. The Subways, "Shake! Shake!" (2008)
  5. Sway, [free style?]
  6. The Charlatans, "You Cross my Path" (2008)

イギリスで活躍しているラジオDJも本人役でゲストとして出演することがある。

最終回では、小さいながらもそこそこリスナーが付いている SKiN FMに、大手からの引き抜きと、野外フェスのステージのオーガナイズの話が舞い込む。見栄とお金と恋に目がくらんで妥協しそうになるのだけれど……

Dom Cox  Yeah, I don't wanna work for a bunch of stiff, suit-wearing, money-loving, celebrity-obsessed, pop-playing wankers.  It's not about the money; it's about the music.
(そうさ、シャッチョコばった、スーツ姿の、お金大好き、セレブ病、ヌルい音楽ばかりかける、そんなオナニー野郎たちのために働くなんてまっぴらだ。カネは問題じゃない、音楽が問題なんだ。)

ここだけ観ると感動作っぽいけれど、9割は前掲動画のような offensive な下ネタとバカ話。

人気ドラマで、続編の話もあったらしい。

ラジオ局が舞台ということで、レコード会社やラジオ局とのタイアップで制作費を捻出する計画だったけれど、今のところ実現していない。


"FM" 第1話ダイジェスト
ゲスト:ジャスティン・ホーキンス
DJのドムがアイドル時代に出した曲がバターのCMに使われることに。

元メンバーと
楽曲使用料についてモメた後、和解したけれど……。
食品のCMで "Spread your love all over me." とはいかがなものか。
 

※当ブログ内の関連エントリー:

イギリスAmazon.co.ukでポンド安と激安DVDを狙え!

Google

|

« 福山雅治×小島慶子:「福山雅治のオールナイトニッポン サタデースペシャル・魂のラジオ」(ニッポン放送、2012年10月20日(土)23:30-25:00) | トップページ | 熊本⇔仙台 東日本大震災で始まったウィスキーのバトン:「Colon de RADIO」vol.1(ネットラジオ、2012年8月12日(日)) »

FM」カテゴリの記事

メディアに取り上げられたラジオ」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423073/46713351

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオ局を舞台にしたイギリスのTVコメディー「FM」:FM (ITV2, 25th February 2009 – 1st April 2009):

« 福山雅治×小島慶子:「福山雅治のオールナイトニッポン サタデースペシャル・魂のラジオ」(ニッポン放送、2012年10月20日(土)23:30-25:00) | トップページ | 熊本⇔仙台 東日本大震災で始まったウィスキーのバトン:「Colon de RADIO」vol.1(ネットラジオ、2012年8月12日(日)) »