« 英語で「経済学ショー歌」、アホの坂田の唄で経済学:Web Extra: The Invisible Hand's Musical Finale (CBC Radio website, Canada) | トップページ | 秋葉原無差別殺傷事件被告・加藤智大の軌跡:「中島岳志のフライデースピーカーズ」(三角山放送局:札幌市西区周辺 76.2MHz、2012年9月7日(金)15:00-17:00) »

吉田大八[監督]『桐島、部活やめるってよ』(2012年)を観た。

○吉田大八[監督]『桐島、部活やめるってよ』(2012年)を観た。

 

先日ラジオで絶賛されていた、吉田大八[監督]『桐島、部活やめるってよ』(2012年)をようやく観た。シネ・リーブル池袋で観賞。満席。

8月11日(土)公開 映画『桐島、部活やめるってよ』公式サイト


吉田大八[監督]『桐島、部活やめるってよ』(2012年)予告編

青春映画でなく、青春の終りの映画

今年見た映画のなかでは1、2を争う作品だった。

ただ、前評判では、観終った後に心がザワザワ騒ぐような青春映画という印象を受けたけれど、実際はかなり違っていた。青春映画じゃなくて、どっちかというと青春の終りの映画。

劇場で若い観客が「で、結局なに?」みたいな感想を語っていたという話をチラホラ聞くけれど、私も「これ、高校生に解るかなぁ?」と思った。

ちなみに、私の周りのある大学生の感想は「ぶっちゃけ、桐島はどうなったんですか?」 しっかりしろよ、大学生。

みんなは桐島を待っているのではない、桐島を失ったのだ

この作品について、中森明夫が「桐島=キリスト」説を唱えたり、町山智浩(と中森)はサミュエル・ベケット『ゴドーを待ちながら』En attendant Godot(1952年)とのアナロジーで論じたりしている(あのバスケットのゴールが木の代りなんですね)。

確かに的を射ているかもしれないが、この物語にとって重大な意味を持っているのは、桐島を待つということよりも、桐島を失ったということではないだろうか。そもそも、それが物語の起点でもある。仮に、桐島=神あるいはキリストとするならば、この映画は神の喪失=ニヒリズムの映画である。

厳密に言えば、桐島は「神」というよりは「青春の光の側面」を象徴する存在。陳腐だけれど、「夢」とか「希望」と言い換えてもよい。

学業優秀で、部活動では県選抜、学校一の美少女を彼女とする桐島。彼をロール・モデルとする価値の体系を内面化して学校生活を送る生徒たちは、桐島との距離で相対的に自分の位置を確認している。

したがって、彼ら/彼女らは、桐島が部活をやめることで混乱し、恐れおののく。価値体系の軸が失われ、自分が何者なのか判らなくなるという不条理を経験し、実存の危機に放り出される。

そのことは、桐島を最上位に頂く価値のシステムの外にいる、映画部、沙奈、亜矢(吹奏楽部)が直接の影響を受けないことからも判る。映画部はゾンビ映画の撮影が最大の懸案事項であり、沙奈は桐島の不在に慌てふためく同級生に平気で軽口を叩くことができるし、亜矢は屋上に現れすらしない。

ちなみに、学年は違うが、野球部のキャプテンは、桐島的な価値体系の中にいるものの、報われるかどうかに関係なく目の前の努力を積み重ねる。宗教社会学風に言えば、世俗内禁欲の人。プロテスタント的。

一番かわいそうなのは、梨紗だ。学校一の美少女ではあるが、部活にも入っておらず、勉強もできない彼女にとって、桐島の一番近くにいるということがプライドの源泉となっている。すなわち、桐島を失うということは、ほぼ全てを失うということだ。それに、学校一の美少女であることが却って仇となって、桐島以外の男子と付き合うこともできないだろう。

桐島的世界の終り

同じ一日が複数の視点から何度も語り直されるという点で、ひとつの直線上を進む物語が解体されているのは容易に判る。しかし、桐島がいるという噂を聞きつけた生徒たちが列をなして屋上にかけて行く時、バラバラだった物語が精神的にも物理的にも一直線に結ばれ、その先に救済が待っているように見える。

しかし結局、屋上に辿り着いた生徒たちは、桐島の不在を改めて確認する。もう一度物語がバラバラに砕け散り、それぞれの生徒がそれぞれに世界を生きて行かなければならないという現実が突き付けられる。

そして、映画部のゾンビ映画の中で、生徒たちは一度死ぬ。

自分の依って立つものが失われた時、宏樹(野球部休部中)は初めて涼也(映画部)の8mmカメラに気づく。自分と違って、彼には失われないものがあるのだ。カメラを向けられ「やっぱり、カッコいいね」と言われた宏樹の目から涙がにじむ。心を蚕食する絶望の前では、ルックスの良さなんて何の慰めにもならないのだ。そのことは、学校一の美少女・梨紗の動揺からも明らかだ。

複数の視点から語られるバラバラの物語は、宏樹のイニシエイションの物語として終る。

桐島的な価値の体系を失い、そしてキャプテンの言葉が「次の試合に出てくれ」から「応援だけでも来てくれ」に変ったところで野球部に戻る道も断たれている宏樹。依然として桐島に電話は通じず、野球部が練習するグラウンドは遠くかすんで見える。

でも、大人の世界のスタートは、宏樹の絶望から始まる。

そして、そもそも多くの場合、どの職場にも桐島なんていない。

もしも毎日が幸せだらけなら
きっと我慢できないはずサ
何かを探しに生まれてきたから

何もかも捨ててしまえ
そして生まれ変わるのサ
全ては明日の夢に
みちびかれた物語

細かい話だけれど、映画を観終わった後の涼也のあの表情と動作が良かった。あの感じだよね。たぶん、オレも帰り際、あんな感じになっていたと思う。

あと、橋本愛をほめる人が多いけれど、オレはもう一人のバドミントン部員のほうがよかったな。

蛇足:自分の高校時代

前評判を聞いて、心を乱す青春映画を想像していたけれど、私にとってはそういう作品ではなかった。

つまり、それは、自分の高校時代はどうだったかということに関係している。

ひょっとしたら自分が経験したかもしれない青春という意味で胸騒ぎはしたけれど、割と穏やかな気持ちで最後まで観賞することができた。なぜなら、高校時代、私はあのような青春から早い時点で降りていたからだ。

提示している価値としては正反対の作品だけれど、カン・ヒョンチョル[監督]『サニー 永遠の仲間たち』써니(2011年)を穏やかな気持ちで観ることができたのも同じ理由だと思う。

映画の中の生徒たちが抱えている不安を、高校時代の私は、巧い具合に解消できていた。

仮にあの学校に私がいたとしたら、桐島が部活をやめても影響を受けず、学校の外にも世界があるということを知っているという意味では涼也に近いかもしれない(小理屈タレな性格は武文(映画部)的)。ラジオの深夜放送を通じて学校だけが世界の全てじゃないということを知っていたことは大きい。

でも文化系ではなく、大学まで体育会系の部活を続けた。とはいえ、オリンピック種目でもなく、プロ・実業団への道も開かれていない種目で、その先がどうという話ではなかった。しかし、その種目そのものの愉しみを見出して満喫していた。

そして、いざとなれば勉強に逃げ込むこともできた。努力したぶん必ず報われる勉強は自分を決して裏切らないことを知っていたので、心の安定を保つのに充分だった。

つまらない青春時代を送ったなと思う。

※参考リンク

Google

|

« 英語で「経済学ショー歌」、アホの坂田の唄で経済学:Web Extra: The Invisible Hand's Musical Finale (CBC Radio website, Canada) | トップページ | 秋葉原無差別殺傷事件被告・加藤智大の軌跡:「中島岳志のフライデースピーカーズ」(三角山放送局:札幌市西区周辺 76.2MHz、2012年9月7日(金)15:00-17:00) »

AM」カテゴリの記事

TBSラジオ」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

番組評以外のラジオの話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423073/47284855

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田大八[監督]『桐島、部活やめるってよ』(2012年)を観た。:

» 『桐島、部活やめるってよ』 陽はまた昇る [映画のブログ]
 サミュエル・ベケットが『ゴドーを待ちながら』を発表したのは1952年のことだ。この著名な戯曲は、それから半世紀以上たった今でも世界のどこかで上演され続けている。  『ゴドーを待ちながら』が表題にゴ...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 6日 (土) 09時40分

» 『桐島、部活やめるってよ』 2012年8月12日 TOHOシネマズ市川 [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『桐島、部活やめるってよ』 を鑑賞してきました。 試写会は満席で入れず、鑑賞券を後日送ってくれたので 無事に家族で見てきました。 でも、子供らがうるさい事・・・周りの人スイマセンでした 【ストーリー】  とある田舎町の県立高校映画部に所属する前田涼也(神木隆之介)は、クラスの中では地味で目立たないものの、映画に対する情熱が人一倍強い人物だった。そんな彼の学校の生徒たちは、金曜日の放課後、いつもと変わらず部活に励み、一方暇を持て余す帰宅部がバスケに興じるなど、それぞれの日常を過ごしていた。ある日、... [続きを読む]

受信: 2012年10月 6日 (土) 11時28分

» 桐島、部活やめるってよ [うろうろ日記]
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】 学園もので、タイトルの桐島君に関係 [続きを読む]

受信: 2012年10月 6日 (土) 13時10分

» 映画『桐島、部活やめるってよ』観てきた・・・・ [よくばりアンテナ]
原作者・朝井リョウさんが大学在学中に小説すばる新人賞を受賞したってことで この本は読んでみたいって思ってたんですよ。 文庫になったら。 でも、春頃、文庫を見つけたんですけど、もう映画化の話...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 6日 (土) 13時56分

» 「桐島、部活やめるってよ」 それでも俺たちはこの世界で生きていかなければならないのだから [はらやんの映画徒然草]
高校生くらいになると、幼い時のように無邪気に夢を見ることはできなくなってきます。 [続きを読む]

受信: 2012年10月 6日 (土) 14時08分

» 文化部 × 運動部 × 帰宅部 ~『桐島、部活やめるってよ』 [真紅のthinkingdays]
 バレー部キャプテンにして学校の中心人物「桐島」が部活を辞める--。金曜日 の放課後、そのニュースが校内を駆け巡る。桐島の親友・宏樹(東出昌大)や恋人 の梨紗(山本美月)はもちろん、彼らとは最...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 6日 (土) 16時15分

» 映画「桐島、部活やめるってよ」 [またり、すばるくん。]
神木隆之介くん主演の映画「桐島、部活やめるってよ」 を見てきました。 [続きを読む]

受信: 2012年10月 6日 (土) 19時53分

» 桐島、部活やめるってよ・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
桐島とは、何者だったのか? 成績優秀、スポーツ万能、誰もが憧れ一目置く学園のヒーローで、バレー部キャプテンの桐島が、ある日突然姿を消す。 そして齎された、「桐島、部活やめるってよ」という何気な...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 6日 (土) 21時48分

» 桐島、部活やめるってよ(2012-108) [単館系]
桐島、部活やめるってよ 新宿バルト9 最初に。 もう遅いかもしれませんがこれから見にこうと思っていて 原作も読んでいないならなんの情報も仕入れずに観に行く ことをおすすめします。 とある田舎...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 7日 (日) 05時03分

» サックスを吹いて泣け [僕らのドラマ]
映画【桐島、部活やめるってよ】/主役は校舎 [続きを読む]

受信: 2012年10月 7日 (日) 10時39分

» 桐島、部活やめるってよ [とりあえず、コメントです]
朝井リョウ著の同名小説を神木隆之介主演で映画化した青春群像劇です。 原作は未読でしたけど、どのようにリアルな高校生の心情を描いているのだろうと気になっていました。 いつもの日常が少しだけ変化した時に見えてくる不安な心が、ひしひしと伝わってくるような物語でした。 ... [続きを読む]

受信: 2012年10月 8日 (月) 00時35分

» 吉田大八監督『桐島、部活やめるってよ』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容に触れています。朝井リョウ・原作、吉田大八監督『桐島、部活やめるってよ』出演は、神木隆之介、橋本愛、大後寿々花、東出 昌大、他物語・バレー部のキャプテンで成績も優秀な桐島。ガールフレンドは校内... [続きを読む]

受信: 2012年10月 8日 (月) 12時32分

» 映画:桐島、部活やめるってよ [よしなしごと]
 完全にノーマークというかスルーしていた作品なんですが、映画のツイッター仲間が絶賛。と言うわけで見に行ってきました。と言うわけで桐島、部活やめるってよの記事です。 [続きを読む]

受信: 2012年10月22日 (月) 23時18分

» 学園煉獄 朝井リョウ 吉田大八 『桐島、部活やめるってよ』 [SGA屋物語紹介所]
朝井リョウ氏による印象的なタイトルの青春小説を、『クヒオ大佐』『パーマネント野ば [続きを読む]

受信: 2012年10月26日 (金) 18時07分

» 【映画】桐島、部活やめるってよ [★紅茶屋ロンド★]
<桐島、部活やめるってよ を観て来ました> 製作:2012年日本 人気ブログランキングへ 夏休みですね!! 夏休みが永遠に続くと思っている学生諸君!! 夏休みは、いつか終わりを迎えます…! そんな、夏休みが終わりを向かえ、昔学生だった大人たちに送る、青春学園ドラマです。 ↑ちょっと大げさかもしれないw 田舎の県立高等学校。 2年の前田は映画部に所属し、監督作品がコンクールの一次予選突破したことでも、誰からも注目されない目立たない大人しい存在だった。 しかし、ある日バレー部のキャプ... [続きを読む]

受信: 2012年10月26日 (金) 21時18分

» 桐島、部活やめるってよ [映画三昧、活字中毒]
■ シネ・リーブル池袋にて鑑賞桐島、部活やめるってよ 2012年/日本/103分 監督: 吉田大八 出演: 神木隆之介/橋本愛/大後寿々花/東出昌大/清水くるみ 公開: 2012年08月11日 公式サイト 金曜日...... [続きを読む]

受信: 2012年10月27日 (土) 07時03分

» 52★桐島、部活やめるってよ [レザボアCATs]
’12年、日本 監督:吉田大八 脚本:喜安浩平、吉田大八 原作:朝井リョウ 製作指揮:宮崎洋 製作:菅沼直樹、茨木政彦他 キャスト:神木隆之介/前田、橋本愛/かすみ、東出昌大/宏樹、山本美月/梨紗、大後寿々花/沢島、松岡茉優/沙奈、清水くるみ/実果、落合モトキ/竜汰 今年の邦画のベスト!日本でもこんな気の利いた作品が作れるのね。日本映画やるじゃん!と嬉しい気持ちになった。劇中劇ならぬ、“劇中映画製作”っぷりは、『SUPER8/スーパーエイト』的だったり、登場人物における主観の錯綜具合には、『羅生門』... [続きを読む]

受信: 2012年10月27日 (土) 20時00分

» 桐島、部活やめるってよ [Akira's VOICE]
103分間の生徒体験。   [続きを読む]

受信: 2013年3月21日 (木) 21時17分

« 英語で「経済学ショー歌」、アホの坂田の唄で経済学:Web Extra: The Invisible Hand's Musical Finale (CBC Radio website, Canada) | トップページ | 秋葉原無差別殺傷事件被告・加藤智大の軌跡:「中島岳志のフライデースピーカーズ」(三角山放送局:札幌市西区周辺 76.2MHz、2012年9月7日(金)15:00-17:00) »