« ヴァルター・ベンヤミン「物語作者」(1936年) | トップページ | キングオブコメディ今野浩喜&田代さやか主演・鈴木太一[監督]『くそガキの告白』(2011年)は、見た後にいい気分で帰れる映画だ。 »

火曜JUNK「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ、2008年5月13日(火)25:00-27:00)

○火曜JUNK「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ、2008年5月13日(火)25:00-27:00)

 

火曜JUNK「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ、2008年5月13日(火)25:00-27:00)のオープニング・トークは、今までの「カーボーイ」の中でいちばん好きな話。何回聴いても面白い。でも、もう4年前のトークかぁ。

埼玉県上福岡市出身の太田光が、東武東上線沿線から見た東京について、いくつかの街を擬人化しつつ語っている。

私は東京23区に住んではいるけれど下町なので、だいたい同じ印象。

池袋・新宿はフレンドリーで、代官山・自由が丘は外国、銀座・有楽町は大人の街だから放っといてくれるので逆に行きやすい、というところが特に腑に落ちた。代官山蔦屋書店に行くと、周辺を歩いている人の種類が明らかにオレと違うんだよなぁ。

まぁ、九州の田舎から出て来たオレにしてみれば、埼玉も千葉も東京みたいなもんだけどね。


火曜JUNK「爆笑問題カーボーイ」オープニング・トーク1
(TBSラジオ、2008年5月13日(火)25:00-27:00)

 

火曜JUNK「爆笑問題カーボーイ」オープニング・トーク2
(TBSラジオ、2008年5月13日(火)25:00-27:00)

 

火曜JUNK「爆笑問題カーボーイ」オープニング・トーク3
(TBSラジオ、2008年5月13日(火)25:00-27:00)

 

まとめ

池袋

・東京行くっつうと、まずは玄関が池袋。
・映画を見るときに「まぁ、これはちょっと池袋まで行こう」っていう感覚あるわけですよ。
・東京の中でも「よく来たね」って言ってくれる、僕らに優しい東京の、いつも微笑んでるんです
・豊島区っつうのは、割と僕らに対して「さぁ、どうぞ。来なさい。君たちが客ですよ。堂々としてていいんだよ」

新宿

・「いいよいよ。池袋経由で来たね」みたいな
・「池袋とオレ親しいからさぁ、あの、お前らのことはよく聞いてるよ」ぐらいの
・「いいんだよ」って、そういう感じです。
・「池袋さんから聞いて、ここまで来ました」みたいな、そういう感じで新宿は「おぉ、映画だろ、見なよ。ボウリングだってあるよ」

原宿

・「すぐ帰りますんで、ちょっと服だけ見せてもらえます?」
・原宿も表参道のほう行くと、もうちょっと、「あぁ〜、もう、しゃべりません。しゃべらないで通るだけです」

渋谷

・「おじゃましま〜す」みたいな。「すみませ〜ん」みたいな。「ちょと、すみませんけど買い物さしてください」
・「すみませんね、美観を損ねちゃって」みたいな、そういうことをいちいち言いながら通って行くんですよ
・「すみません、ホントに、もう、調子乗っちゃいました。」「もう二度と来ませんから」ぐらいの
・「PARCOに入れてもらえますか?」ぐらいの
・池袋のPARCOとはちがうんです

代官山・自由が丘

・外国
・逆に、何つうの、「気づかないだろ、オレが来たことに」ていう感じなんだよ。だから平気なんです、割と
・言葉通じないから
・「観光客ですもん」みたいな、そういう感じなんです

銀座・有楽町

・大人の街ですから、逆に行きやすいんですよ、僕なんか
・言ってみりゃ、見向きもしないじゃないですか
・大人だから怒らない
・微笑んでる、遠くで

Google

|

« ヴァルター・ベンヤミン「物語作者」(1936年) | トップページ | キングオブコメディ今野浩喜&田代さやか主演・鈴木太一[監督]『くそガキの告白』(2011年)は、見た後にいい気分で帰れる映画だ。 »

AM」カテゴリの記事

TBSラジオ」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火曜JUNK「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ、2008年5月13日(火)25:00-27:00):

« ヴァルター・ベンヤミン「物語作者」(1936年) | トップページ | キングオブコメディ今野浩喜&田代さやか主演・鈴木太一[監督]『くそガキの告白』(2011年)は、見た後にいい気分で帰れる映画だ。 »