« 最近「高橋芳朗 HAPPY SAD」(TBSラジオ)の番組宣伝でかかっている脱力な「スリラー」 | トップページ | キミは高円寺の「エレックセンター」を知っているか? »

ザ・シネマハスラー「テルマエ・ロマエ」、「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(TBSラジオ、2012年5月5日(土)21:30-24:30)

○ザ・シネマハスラー「テルマエ・ロマエ」、「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(TBSラジオ、2012年5月5日(土)21:30-24:30)

 

今や先月の放送になるけれど、「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(TBSラジオ、2012年5月5日(土)21:30-24:30)の「ザ・シネマハスラー」のお題は、武内英樹[監督]『テルマエ・ロマエ』(2012年)

TBS RADIO 5/5 ザ・シネマハスラー「テルマエ・ロマエ」 (ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル)

この日の宇多丸の映画評は、おそらく今まででいちばん端正だったと思う。

「端正」というのは、クリップボード片手にチェック・リストの項目にひとつひとつ 「√」を入れて行くような、そういう感じ。

つまりは、お題の映画はそういう確認作業の枠をはみ出す魅力を充分に備えていない、理屈でぜんぶ処理できるような作品なのだと思う。

それが理由で、この回は評論としては必ずしも刺激的ではない。だけれど、宇多丸がどういうところに目を配りながら映画を観ているのかが解りやしかったし、自分が映画を観るときの参考にもなった。

「ザ・シネマハスラー」のコーナーは、枠からはみ出した映画がお題に上り、宇多丸がチェック・リストを放り投げるような評論になっているときがヤッパリ面白い。まぁ、「何を観るかはサイの目次第」だからしょうがないのだけれど、

例えば、『その街のこども 劇場版』の回(2011年1月29日とか、ついこのあいだの『この空の花——長岡花火物語』の回(2012年6月9日は面白かった。『その街のこども 劇場版』は実際に観に行ったし、『この空の花』も東京周辺に戻って来たら行こうと思っている。

理論派の批評家が理屈抜きの愉悦に揺さぶられている様子にリスナーは何かを感じ、それが劇場に足を向けさせる。

「だけど、上戸彩はかわいかった」とかバランスを取るようなことを言っていると、また町山智浩に怒られるゾ。

Google

|

« 最近「高橋芳朗 HAPPY SAD」(TBSラジオ)の番組宣伝でかかっている脱力な「スリラー」 | トップページ | キミは高円寺の「エレックセンター」を知っているか? »

AM」カテゴリの記事

TBSラジオ」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423073/45576871

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・シネマハスラー「テルマエ・ロマエ」、「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(TBSラジオ、2012年5月5日(土)21:30-24:30):

« 最近「高橋芳朗 HAPPY SAD」(TBSラジオ)の番組宣伝でかかっている脱力な「スリラー」 | トップページ | キミは高円寺の「エレックセンター」を知っているか? »