« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

テレビ東京、InterFM の株式を90%売却。

○テレビ東京、InterFM の株式を90%売却。

 

外国語放送局・エフエムインターウェーブ株式会社(InterFM)の株式を100%保有するテレビ東京ホールディングスが、そのうちの90%売却するらしい。買い手は、木下工務店の子会社・株式会社キノシタ・マネージメント。木下工務店は、映画や音楽などの文化支援事業に積極的な会社。

番組が面白くなることを祈るばかりでございます。

連結子会社(孫会社)の株式の譲渡および特別利益の発生に関するお知らせ(株式会社テレビ東京ホールディングス、2012年05月30日、PDF)

新着情報 - エフエムインターウェーブ株式会社の株式譲受に関する契約締結のお知らせ | 木下グループ

エフエムインターウェーブ株90%売却…テレ東(YOMIURI ONLINE、2012年5月30日)

 テレビ東京ホールディングスは30日、傘下のテレビ東京が100%保有するFMラジオ局「エフエムインターウェーブ」株式の90%を、住宅大手木下工務店の子会社に売却すると発表した。

 売却額は約5億8200万円。

 エフエムインターウェーブは「InterFM」の愛称で知られる外国語専門のラジオ局。テレビ東京は映像事業に集中する。株式10%の保有は続ける。

 木下工務店グループは映画配給を手がけるなど文化事業に積極的で、ラジオ局の経営権取得を通じて音楽事業の拡大を目指すという。

下世話な話だけれど、90%の株式の売却額が約5億8200万円ということは、InterFMの時価総額は約6億5000万円也。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英国コミュニティメディアの現在:「ハローラジオカフェ」(京都三条ラジオカフェ、2012年4月2日(月)10:30-11:45)※ゲスト:龍谷大学政策学部 松浦さと子教授

○英国コミュニティメディアの現在:「ハローラジオカフェ」(京都三条ラジオカフェ:京都市下京区・中京区周辺 79.7MHz、2012年4月2日(月)10:30-11:45)※ゲスト:龍谷大学政策学部 松浦さと子教授

 

元中京テレビアナウンサーで龍谷大学政策学部教授の松浦さと子氏が、「ハローラジオカフェ」(京都三条ラジオカフェ:京都市下京区・中京区周辺 79.7MHz、2012年4月2日(月)10:30-11:45)に出演し、イギリスのコミュニティー・メディアについて概説していた。ポッドキャストで聴取できる:

「英国コミュニティメディアの現在—「複占」に抗う第三の声」ハローラジオカフェインタビュー:龍谷大学政策学部教授 松浦さと子さん: FM797 Podcast2 - 京都三条ラジオカフェ

Who's Who 龍谷大学教員検索サイト|教員詳細情報 松浦 さと子 |龍谷大学
松浦さと子オフィシャルページ つなぐ〜媒介の専門知を探る〜

公共放送・海賊放送・民間放送・コミュニティー放送と時代を追ってイギリスのメディア状況を俯瞰しつつ、既存の大メディアによる「複占」という視角からコミュニティー放送に焦点をあてている。

細かいことを言うと、おそらく厳密には「寡占」(oligopoly)であって、「複占」(duopoly)という用語の使い方は経済学的に厳密ではないような気もするけれど、公共放送と民間放送をそれぞれひとまとまりに捕えて、この2つのセクターによる独占に対して、コミュニティー・メディアを「第三の声」 と捕える布置のようだ。

また、同氏は、「京からGreenコミュニケーション」(京都三条ラジオカフェ、2012年4月6日(金)17:00-17:30)でも、コミュニティー・メディアについて語っている


「京からGreenコミュニケーション」
(京都三条ラジオカフェ、20124(金)17:00-17:30)

 

海賊放送やカウンター・カルチャーの印象が強いイギリスだけれど、コミュニティー放送に関しては、意外なことに日本のほうが先んじているらしい。

そして、イギリスでは、コミュニティー放送は基本的に非営利という考え方があるらしい。

勉強になったなぁ。

同氏の著書『英国コミュニティメディアの現在――「複占」に抗う第三の声』(書肆クラルテ、2012年)も、読んだらレヴューするかもしれません。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新幹線のオーディオ・サーヴィスとホテルのラジオ、おまけに金環日蝕

○新幹線のオーディオ・サーヴィスとホテルのラジオ、おまけに金環日蝕

 

新幹線のオーディオ・サーヴィス

先週末から今週の初めにかけて東京を離れておりました。

新幹線に乗車ということで、お愉しみのオーディオ・サーヴィス新幹線ミュージックチャンネル」を聴取。

新幹線車内ミュージックサービス番組表|JR東海


 

生意気にも、分不相応なグリーン車に乗車。かくなる上は手すりについているイヤフォーン・ジャックから番組を聴取でござるよ!


 

『WEDGE』『ひととき』
 

オーディオ・サーヴィスのタイムテーブル
『ひととき』に掲載
 

FMラジオを使った普通車での聴取と異なり、格段にクリアーな音質で、座席による聴こえかたの当たり外れもない。ただ、ラジオ的な愉悦はやや乏しい。ちなみに、同じ車輛でオーディオ・サーヴィスを聴いているのはオレだけみたいだったれど。

結局、東京から目的地までの間、私の車輛には5人ぐらいしか乗って来なかった。不況の影響なのだろうか?

しかも、そのうち4人は私と同じ列に横並び。Gメン隠密同心かという風情。客が少ないのだからバラけたほうがよいと思うのだけれど、たぶんこのほうが清掃の効率がいいんだろうなぁ。

ネットで「オーディオ・サーヴィスはつまらない」という意見を見かけたけれど、旅情や車窓からの風景と合わさって完成するコンテンツなので、番組単体で内容が濃すぎてもダメなのです。あのくらいが丁度いいのだよ。

下記の番組を聴取:

2ch:JR Audio Special

「JR・サウンド夢紀行〜微睡(まどろみ)の調べ〜」と「のぞみ 20th Anniversary Year」の二本立て。

「微睡の調べ」は、BGM用のフュージョンを数曲という構成。日本レディフュージョン制作の楽曲。ちなみに、日本レディフュージョンは今年で20周年。記念パーティーの司会は、「走れ!歌謡曲」(文化放送、火〜土3:00-5:00)パーソナリティーの小林奈々絵だったらしい。

☆パーティー司会☆|小林奈々絵 オフィシャルブログ 「ななころび八起き日記」

「のぞみ 20th Anniversary Year」では、20周年を迎えた新幹線のぞみについて、毎回ひとつづつ話題を紹介しているらしい。今回は第3回で、のぞみの規格ダイヤについて。「規格ダイヤ」って言葉を初めて知った。

3ch:Artist Collection
Artist Collection File No.88「かく語りき:スーパー・ギタリストの伝説〜サンタナ〜」

カルロス・サンタナ(Carlos Santana)のインタヴューの翻訳らしきものを日本人のナレーターが読み上げつつ、サンタナの曲がかかる構成。

サンタナと言うと、ラテン、ロック、ブルーズのミクスチャーというイメージだけれど、彼は20代後半から30代前半にかけては、バンドの当時のドラマーのマイケル・シュリーヴ(Michael Shrieve)とともにジャズにハマっていたのだとか。サンタナのライブにおけるジャム・バンド的なカッコよさのヒミツはその辺にあるのかなぁ。


Santana featuring Rob Thomas, "Smooth" (1999)
 

ちなみに、サンタナの最近の曲ではコレが好き:


Santana featuring Angelique Kidjo, "Adouma" (2002)

ホテルのラジオ

泊まったホテルは、けっこう良いところだったのだけれど、室内にラジオを聴ける設備がない。

その昔、ホテルの客室というと、ベッドサイドのキャビネットにはラジオがはめ込んであるイメージが強いのだけれど、最近は、ないところがほとんどのような気がする。聴ける場合でも、ケーブルテレビからという感じ。たまたまオレが泊るところがそうなだけなのだろうか?

無線LANを使って radiko を聴けばいいのだろうけれど、ラジオを持っているので、わざわざ radiko を聴く習慣がないのです。

持参した携帯ラジオを窓際に置いて聴取。夜中に旅先で聴く「中村こずえのサウンドピクチャー」(ニッポン放送、日26:00-27:00)は、旅情も相まって心地いいことこの上なし。

中村こずえのサウンド ピクチャー 毎週日曜 26:00〜27:00 | AMラジオ 1242 ニッポン放送
※ナレイションのリバーブが効きすぎなんじゃないかと思う。サイケすぎ。


他郷では携帯ラジオと『ラジオ番組表』(三才ブックス)が必携。
 

金環日蝕

滞在と金環日蝕が重なったので、客地での観測と相成りました。

ちなみに、現地のラジオは、だいたい金環日蝕と東京スカイツリーの話題でもちきり。東京と変らないじゃないか。

部屋からは日蝕が見えなかったので、フロントの階まで降りてみると……


 

ご覧の通り、大観測大会でありました。

よく見ると、向こうのビルの屋上にも観測隊のシルエットが。


 

 

きれいな輪っかになるところは、うまく撮れませんでした。


 

※当ブログ内の関連エントリー

新幹線ミュージックチャンネル、サーヴィス終了(2013年3月15日23:58)。

Google

| | コメント (2) | トラックバック (0)

川田亜子アナウンサーが亡くなって4年になります。

○川田亜子アナウンサーが亡くなって4年になります。

今月25日で川田亜子アナウンサーが亡くなって今日で4年になります。

生前は、「伊集院光 日曜日の秘密基地」(TBSラジオ)でアシスタントを務めたり、「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ)に出演しておられました。

合掌。 


「小島慶子 キラ☆キラ」
(TBSラジオ、2009年5月25日(月)13:00-15:30)

 

TBS RADIO 5月25日(月)のオープニング - 小島慶子 キラ☆キラ

川田亜子アナウンサーのご冥福を祈ります。(当ブログ内)

安住紳一郎の日曜天国(TBSラジオ、2008年6月1日(日)10:00-12:00)(当ブログ内)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画評論家・町山智浩とイラン人芸人・エマミ・シュン・サラミによる、イラン映画『別離』(2011年)

○映画評論家・町山智浩とイラン人芸人・エマミ・シュン・サラミによる、イラン映画『別離』(2011年)

 

第61回ベルリン映画金熊賞や第84回アカデミー賞外国映画賞など、世界中で60以上の映画賞を受賞したイラン映画、アスガル・ファルハーディー[監督]『別離』(2011年)について、映画評論家・町山智浩とイラン人芸人・エマミ・シュン・サラミがそれぞれラジオで語った。比べると面白い。

映画『別離』公式サイト


アスガル・ファルハーディー[監督]『別離』(2011年)予告編

映画評論家・町山智浩の場合

TBS RADIO 2012年02月17日(金) 映画評論家 町山智浩さん - 小島慶子 キラ☆キラ

まず、映画評論家・町山智浩が「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、2012年02月17日(金)13:00-15:30)でこの映画を取り上げた。当時はアカデミー賞の外国映画賞候補作だった。

ミステリー仕立てのストーリーと台詞の妙、日本と変らぬテヘランの近代的な生活とイスラム法の関係などなど、『別離』を興味深く紹介した。

私はこれをきっかけにこの映画を知った。まだ観てはいないのだけれど、この話を聞いてとても興味をもった。

イラン人芸人・エマミ・シュン・サラミの場合

05/23(水)(TBS RADIO 954kHz | 荒川強啓 デイ・キャッチ!)
※上記ページから「メキキの聞き耳 お笑い芸人エマミ・シュン・サラミイラン人がイラン映画『別離』をみたら・・・」を聴取

これに対して、エマミ・シュン・サラミは、同じく『別離』について、「荒川強啓 デイ・キャッチ!」(TBSラジオ、2012年5月23日(水)15:30−17:50)で次のように語っている:

イランからしたら当たり前の話じゃないですか? だからあんまり人気があるとは言えないんですよ。海外では逆に、「こんな文化があるんだ!」っていうので人気あるんですけど。

僕から、僕らイラン人からしたら、「国内でもっと面白い映画やってるぞ」って言うんですけど。

そして、以下のようなイラン映画を紹介した。

  • 『らくだのラシード』
    らくだに乗って旅をするガン・マンが、盗賊などとスピード感のないらくだチェイスをくりひろげたりする、ゆるいアクション映画らしい。
  • 石油採掘チームのドキュメンタリー映画
    石油対する愛の強すぎるチーム・リーダーが珍妙な言動に出るらしい。エンド・ロールに「ひとりの男と石油のラヴ・ロマンス」と表記され、評論家から反イスラム的な異常性癖を扱った映画として批判されたらしい。
  • ある男が蟻地獄に落ちると地下にサソリの王国があったという映画
    男とサソリの王様が対決するらしい。

どれも香ばしい臭いがプンプンする。すげ〜観たいんですけど。

ふたりでイラン映画をネタにしてイヴェントかなにかやれば面白いのにね。

『別離』は東京では5月26日(土)からシネマート新宿でやるらしい。観に行こうかな。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(62)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(62)

 

2012年3月のつづき:

備忘録:2011年(平成23年)日本民間放送連盟賞(ラジオ関連のみ抜粋)

TBSラジオの長寿番組、「ズバリ快答!テレフォン身の上相談」、「日本列島ほっと通信」が終了するらしい。

東京圏民放AMラジオ局2012年春の番組改編

清水ミチコの綾戸智恵はヤッパリすげェ:「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ、2012年3月25日(日)10:00-12:00)

とあるネット・ラジオの機材について:「さんだ☆へたれいでぃお」第49回 今から緊張してきたわっ(ネットラジオ、2011年4月26日)

「たまむすび」(TBSラジオ)3時台コーナーの布陣が判明。町山智浩が残留で火曜日に、伊集院光が金曜日に。

2012年2月の聴取率調査週間で、おぎやはぎがナインティナインに勝ったそうだけれど、ひとつ気になることがあるのです。

ニュース探究ラジオ Dig(TBSラジオ、2012年2月20日(月)22:00-24:50)

2012年4月:

映画評論家・町山智浩の花見に今年も行ってきた。(新宿中央公園、2012年4月1日(日)12:00-)

ラジオな一曲(42):Herb Alpert & The Tijuana Brass, "Bittersweet Samba" (1965)

菊地成孔の粋な夜電波 交通ウグイスの実態スペシャル(TBSラジオ、2012年2月24日(金)20:00-22:00)

「RADIO BOHEMIA」(FMおだわら)のオープニングとエンディングで引用される印象的な言葉について調べてみた。

今さらですが、2012年4月2日から radikoで……。

5時に夢中!(TOKYO MX、2012年3月9日(金)17:00-18:00)に作家・さくら剛が出演。

激安でコンパクトなUSB対応ミキサー・BEHRINGER XENYX 302USB をせっかく買ったので使ってみた。

「BARAKAN BEAT」(InterFM、日20:00-22:00)が復活したゼ!

人類史上初の工具番組?:「GEAR RADIO」(AIR-G'、土19:30-20:00)

刑務所で放送されているラジオ

小島慶子アナ、「オールナイトニッポン」に登場:「小島慶子のオールナイトニッポンGOLD」(ニッポン放送、2012年4月20日(金)22:00-24:00)

ニュース探求ラジオ Dig(TBSラジオ、2012年2月23日(木)22:00-24:50)「集まれ!電波少年。ラジオその新世界」

過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(29)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(30)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(31)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(32)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(34)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(35)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(36)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(38)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(39)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(40)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(41)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(42) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(43)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(44)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(45)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(46)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(47)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(48)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(49)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(50)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(51)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(52)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(53)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(54)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(55)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(56)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(57)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(58)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 59

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 60

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次 61

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダーフォーゼ 第35話「怪・人・放・送」(テレビ朝日系、2012年5月13日(日)8:00-8:30)

○「仮面ライダーフォーゼ」第35話「怪・人・放・送」(テレビ朝日系、2012年5月13日(日)8:00-8:30)

 

「マジ高ネットラジオ」第263回(ネットラジオ、2012年5月13日(日)配信)を聴いていると、「仮面ライダーフォーゼ」第35話「怪・人・放・送」(テレビ朝日系、2012年5月13日(日)8:00-8:30)で、ネットラジオが題材に取り上げられたとのこと。

マジ高ネットラジオ : アキバ系地下アイドルの仰天副業!〜マジ高ネットラジオ第263回放送

仮面ライダーフォーゼ 第35話「怪・人・放・送」|東映[テレビ]

ウチにはテレビがないし、放送は既に終っていたけれど、まぁ、なんやかんやで観ることができた。

主人公たちが通う学校の生徒のあいだでとあるネットラジオが流行っていて、DJは同じ学校の生徒らしいけれど誰かは判らないという設定で話が始まる。

劇中のネットラジオは、どことなく、映画『今夜はトーク・ハード』Pump Up the Volume(1990年)でクリスチャン・スレイター(Christian Slater)が演じているハード・ハリー(Hard Harry)の番組を子ども向けにしたようなラジオでありました。もっとも、この時代はネットじゃなくて電波のラジオだっだけどね。

件のネットラジオは、テレビの中では人気のある番組という設定なのだから、テレビの外にいる私たちが聴いても面白い番組になっていればもっといいのになぁ。ドラマとか映画では、ありがちな話ではありますが。

機会があったら観てみて下さい。

ちなみに、あの楽器屋(「パンの店」だったっけ?)は、新大久保のクロサワ楽器日本総本店だね。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『ラジオ番組表 2012年春号』(三才ブックス、2012年)

『ラジオ番組表 2012年春号』(三才ブックス、2012年)

 

今さらめいてはおりますが、自分用のメモも兼ねて、ラジオ馬鹿のバイブル『ラジオ番組表 2012年春号』(三才ブックス、2011年)についてレヴュー。日本全国のラジオ番組表が一冊にまとめられています。


 

表紙は朝倉みな 。目に力入ってますね。

「イマドキッ」(MBSラジオ、日23:30-24:30)レギュラー出演中とのこと。たしか、この番組、一時期TBSラジオでもネットしていたような記憶がある。

麻倉みなオフィシャルブログ「麻倉みなのとんでみ~な」
イマドキッ(公式サイト)

いつもの番組表・改編トピックス・改編NEWS・「リスナーの主張」以外の読み物記事は以下の通り:

「タイガースライブ with タイガース」(p.3)

MBSラジオのナイター中継「タイガースライブ with タイガース」について、仙田和吉アナウンサーのインタヴュー記事。記事体広告?

「北野誠のズバリ」(p.5)

この春からCBCラジオで始まった「北野誠のズバリ」(CBCラジオ、月〜金13:00-16:00)について、北野誠のインタヴュー記事。色々あったけれど、着々と復活していらっしゃる模様。

これも記事体広告?

 

注目のDJインタヴュー 朝倉みな(pp.6-7)

表紙を飾った朝倉みなのインタヴュー。モデル、グラビア、女優などでご活躍中とのこと。

震災から1年 ラジオの現在(p.249-52)

震災からの1年について、下記の番組の下記のパーソナリティ、アナウンサーなどにインタヴュー:

震災後の「ソコダイジナトコ」は、確かにスゴい。

プロ野球中継が面白い!(p.258-261)

下記のアナウンサーのインタヴュー記事:

このほかに、「地方局のプロ野球中継」の一覧も掲載。NACK5がライオンズの中継をやっているなんて寡聞にして知らなかった。20年以上続けているFM局のプロ野球中継のパイオニアなのだそうです。

第5回 好きなDJランキング中間結果(p.258-261)

『ラジオ番組表』のページ下の応募券10枚=10票をハガキに貼って投票するシステム。

今回から、AM・FM・インターネット・コミュニティの4部門に分けて集計。

個人的には、色んな部門が渾然一体となっていた以前の方式のほうが、祝祭感があふれていて好きだったかも。ただ、部門別になったことで、コミュニティーFMとネットラジオがフレイム・アップされているのは良いと思う。好きなネットラジオを上位にランクインさせるチャンスだよ、とか言ってみる。


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海ラジオ、2012年5月13日でAMステレオ放送を終了。

○東海ラジオ、2012年5月13日でAMステレオ放送を終了。

 

東海ラジオが、2012年5月13日でAMステレオ放送を終了し、14日からモノラル放送へ移行したらしい。

ステレオ放送についてのお知らせ

東海ラジオでは、1992年4月よりお送りしていましたAMステレオ放送を、2012年5月14日(月)からモノラル放送に変更いたしました。

現在、AMステレオ対応のラジオでお聴きの方は、音声がモノラルになりますが、そのままお聴きいただけます。

また、それ以外のラジオでお聴きの方には、モノラル放送への変更による影響はございません。

なお、radikoによる配信は今まで通りステレオ音声でお届けいたします。

今後とも東海ラジオをご愛聴いただきますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

東海ラジオ

これで、AMステレオ放送を実施している局は以下の4局を残すのみ。地元の人は今のうちに聴いておいたほうがいいよ……と言っても、AMステレオ対応の受信機がないか:

  • ニッポン放送
  • CBCラジオ
  • ラジオ大阪
  • 和歌山放送

※当ブログ内の関連エントリー:

TBSラジオがAMステレオ放送を終了するというので、滑り込みで聴いてみた。

文化放送もAMステレオ放送を終了していたらしい。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無料の録音・編集ソフト Audacity で radiko をタイマー録音しよう。

○無料の録音・編集ソフト Audacity で radiko をタイマー録音しよう。

 

Macユーザーの私は最近まで無料の録音・編集ソフト Audacity を使ったことがなかった。通常、勝った時点で既にMacにインストールされている GarageBand で事足りているからだ。

ただ、 Audacityには、GarageBandにはないタイマー録音の機能が付いていた。「今ごろ気付いたか?」と言われそう。Audacity をあなどってたよ。

Audacity: フリーのオーディオエディタ・レコーダー

Audacity で radikoをタイマー録音

Audacity を使えば、以下の方法で radiko を雑音なくタイマー録音できる:

  1. Audacity を起動し、新規ファイルを作成。
  2. オーディオ・ケーブルでヘッドフォン出力端子とマイク入力端子をつなぐ。

  3.  
  4. 再生デバイスを「Built-in Output」、録音デバイスを「Built-in Input」に設定。つまり、Macから出る音をMacに戻す。

  5.  

    「Preferences」の「デバイス」からも同様の設定が可能。


     

     
  6. radiko を起動して録音したい局にセット。
  7. Audacityのメニューバーの「録音と再生」から「タイマーを使った録音...」を選択し、radikoのタイム・ラグに注意しつつ「開始日時」「終了日時」を設定。

  8.  

     
  9. 録音したい時間にMacの電源を入れておく。
  10. 時間が来るとタイマーが作動し、録音待機状態になり、設定した時刻に録音が開始・終了する。

ただし、上の方法では両端がオスで3.5mmのオーディオ・ケーブルが必要(iPad や MacBook Air の音声入出力がどうなっているかは未確認ですが)。

そして、録音中は放送が聴けない。ただし、下のようにヘッドフォン出力側に分配器(100円ショップでも売っている)を入れれば音声を取り出すことができ、録音しながら放送を聴くことができる。


 

Macユーザーなら配線不要

Macユーザーは、上掲手順の「2.」「3.」でフリー・ソフト Soundflower を使って以下の設定を行うと、ケーブルをつかった配線の必要はない:

  • 「システム環境設定」の「サウンド」で「出力」を「Soundflower (2ch)」に設定。

  •  
  • Audacity の録音デバイスを「Soundflower (2ch)」に設定。

Download Soundflower «  Cycling 74

やり方としてはこっちが断然スマートだけれど、私はケーブル派。

Windows、Linuxにも類似の方法があるかもしれないけれど、詳細は不明。

radiko 録音におけるAudacity と GarageBand  の長所と短所

以前このブログで、GarageBand を使って radiko を録音する方法を紹介したことがある:

Macに初めから入っている音楽制作ソフト GarageBand で radiko を録音しよう。(当ブログ内)

radiko 録音における AudacityGarageBand の長所と短所はこんな感じ:

Audacity

  • 長所
    無料である。
    タイマー録音できる。
    Mac、Windows、Linuxに対応。
  • 短所
    Audacity単体ではmp3への書き出しができない。LameLib のインストールが必要。または、一旦wav形式で書き出し、別のソフトでmp3に変換する必要がある。

GarageBand

  • 長所
    無料である(Macに標準でプリインストール)。
    GarageBandだけでmp3への書き出しができ、他のソフトをインストールする必要がない。
  • 短所
    タイマー録音できない。
    Mac以外には対応していない。

当ブログ内の人気記事


Google
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

TBSラジオ「X-Radio バツラジ」パーソナリティ 宮川賢の Podcast は、こう作れ!(Appleウェブサイト、2006年4月19日?)

○「TBSラジオ「X-Radio バツラジ」パーソナリティ 宮川賢の Podcast は、こう作れ!」(Apple ウェブサイト、2006年4月19日?)

 

ずいぶん前に、宮川賢がAppleのウェブサイトでポッドキャストのつくりかたを指南しているインタヴュー記事を読んだ。思い出して検索してみた。残念ながら記事はすでに削除されていたけれど、Internet Archive のキャッシュで再び読むことができた。

宮川によると、面白いポッドキャストを作るポイントは:

  1.  コンセプトを考える
  2.  バックグラウンドに曲を流そう
  3.  トークを短く区切ろう
  4.  エフェクトはピンポイントで
  5.  番組を生き物として育てる

並べてみると案外ふつうのように見えるけれど、これらのポイントがなぜ大切なのかを説明している部分で、手段と目的の関係がいちいち理にかなっていて、当時「なるほど!」と思った記憶がある。

また、以下の部分も印象に残った。

── また、ラジオ番組のコンテンツをPodcastingにそのまま流用しようとは思わなかったと言う宮川氏。
宮川 : 「Podcastingで聞けるからラジオは聞かないで寝ちゃっていいやってなっちゃったら困りますよ(笑)。それぞれのメディアの特性を考えた上で別個の体裁をとって、どちらにとっても安売り感を出さないように、ということを考えています。」

── ラジオの作り手である宮川氏に、Podcasting番組の制作ツールとしてのGarageBandについて伺いました。
宮川 : 「直感的 でいいですね。一般の方にはこれで必要十分だと思います。時間をかけないで作ることができるから、Podcasting番組を長生きさせることができるわけです。編集作業の細かいバランスなんかはGarageBandにまかせて、それよりお前は中身に時間と能力を費やしなさい、と(笑)。」

詳しくは、以下のリンクから:

アップル - インタビューズ - TBSラジオ「X-Radio バツラジ」パーソナリティ宮川賢のPodcastは、こう作れ!

アップル - インタビューズ - 「DIME」編集長と「X-Radio バツラジ」パーソナリティがPodcastingとiPodを大いに語る

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横山美和「ラジオ番組制作者のための創造支援システム "miwa radio"」

○横山美和「ラジオ番組制作者のための創造支援システム "miwa radio"」

 

ラジオ局は、知的財産として膨大な放送コンテンツを所有している。この放送コンテンツを再利用しようとする場合、多くの場合はパッケージでの販売や有料配信がまず思い浮かぶ。

コレに対して、過去の放送コンテンツを新しいコンテンツの創造に利用するシステムを研究している人がいた。もともとラジオの構成作家の経験があり、現在は東京大学大学院工学系研究科博士課程に在籍している横山美和氏が2004〜2005年頃に行っていた研究。現在は違うテーマで研究なさっている模様。

知識の液状化と結晶化(knowledge liquidization and crystallization)の概念を用いたラジオ制作支援システムで、既存のコンテンツをある条件に基づいて分解・保存し、任意のキー・ワードに基づいてこれらを抽出・結合して新しいラジオ台本を生成するというものらしい。

ザックリ言うと、これまでラジオ制作者たちが継承してきた属人的な暗黙知を、システムというかたちで形式知に変える試み……って感じでいいのかなぁ。

単なる概念のレヴェルではなく、実際にソフトウェアが出来ているようで、デモンストレイションの様子が下記の4本目の論文に収録されている。

実際に現場で実用化されているかどうかは不明。

これとヴォーカロイドを組み合わせれば勝手にラジ番組が出来るなんてことに……はならないか。

  1. 横山 美和/堀 浩一「知識の液状化と結晶化の方法論を用いたラジオ番組制作のための 創造支援システムに関する研究」第18回人工知能学会全国大会(2004年)(PDF)
  2. Miwa Yokoyama, Katsuaki Tanaka, Mina Akaishi, Koichi Hori "Towards a supporting system for amplifying reflective thinking of program creators" (The Eighth Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence, 2004)(PDF)
  3. 「横山美和/岡 伸人/黒木裕輔/畠山智宏/井上智史「ラジオ番組制作における語り手のための感性支援インタラクションシステムの研究」(放送文化基金『研究報告』 平成 14 年度助成・援助分(技術開発))(PDF)
  4. 横山美和/田中克明/赤石美奈/堀浩一「番組制作におけるコンテンツ生成支援に関する一手法——制作者の内省的思考を促す創造支援システム」『映像情報メディア学会誌』Vol.59, No.5 (2005年)(PDF)

※関連リンク:

仁童BLOG: 第3回シナリオ創発ワークショップに行ってきた
※横山氏の発表を聴いた人によるレポート。

HILLSIDE FM(公式サイト)
代官山に限定ミニラジオ局「ヒルサイドFM」-インスタレーション展の一環で - シブヤ経済新聞
※横山氏らが2011年10月に代官山でおこなったミニFMに関する記事。知らんかった。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオ・ドラマ『羆嵐』(TBSラジオ、1980年3月23日(日)20:00-22:00)

○ラジオ・ドラマ『羆嵐』(TBSラジオ、1980年3月23日(日)20:00-22:00)

 

「QIC」第808回(ウェブラジオFMC、2012年4月22日放送分)で、2012年4月20日に秋田八幡平クマ牧場で起きた事故を受けて、ラジオ・ドラマ『羆嵐』(TBSラジオ、1980年3月23日(日)20:00-22:00)が話題になっていた。

FMC/QIC
※上記サイトから「▼2012年4月22日放送分(第808回)」B枠をお聴きください。公開後3週間聴取可能。

久びさに『羆嵐』を聴き直してみた。

私はTBSラジオの50周年特番で再放送された時に初めて聴いた(2001年12月23日(日)24:00-26:00)。当時、家に録音機材がラジカセしかなかったのでカセット・テープに録って、今も大事に保存してある。


 

このラジオ・ドラマは、北海道・三毛別の開拓民がヒグマに襲われ7名の死者・3名の重傷者を出した三毛別羆事件(1915年/大正4年)に材を取った吉村昭の小説『羆嵐』(1977年)をドラマ化したもの。

時系列上現在に該る部分では笠智衆演ずる語り部が登場するものの、ナレイションがなく、俳優たちの演技と効果音だけで全てが表現されている。ナレイションがないことで醸成される臨場感と俳優による迫真の演技が凄まじい。

それもそのはず、制作陣は、脚本:倉本聰、音楽:山本直純、出演:高倉健・倍賞千恵子・笠智衆・寺田農・浜村純・北林谷栄などなど、映画並みのオール・スター・キャスト。

印象に残ったのは、ヒグマに連れ去られた阿部マユの遺体が発見され、区長と村人がそれを遠くから見ているシーン:

-何か包んでる。

-遺体だろうか?

-遺体だったらもっとでっけえ。遺品だろう。

この直後、運ばれて来た遺体を見た区長はこうつぶやく:

これだけか……。

原作の小説には、この区長と村人のやりとりはない。その代わり、「これだけか」という台詞の前に、遺体のどの部分がどれだけが残っているのかが具体的に説明されている。ラジオ・ドラマでは、原作にないやりとりを挿入することで、この部分をリスナーの想像に委ねる脚色になっている。

また、明景家で斉藤タケが襲われるシーンの迫力と、ある台詞から滲む無念さに、聴き続けることがためらわれて、思わず音量をちょっと下げたりしてしまう。序盤の一聴するとお色気にも取れる斉藤家のシーンが、ここで効いてくる。

Wikipediaで事件のあらましを割と詳しく知ることが出来るけれど、事前にストーリーを全て知っていても、聴取経験の価値が全く減ずることのない、ラジオ・ドラマの名作。


ラジオ・ドラマ『羆嵐』(TBSラジオ、1980年)
 

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YouTubeで観た1975~1990年のラジオ・ラジカセCM集が、なんかスゲぇいい。

○YouTubeで観た1975~1990年のラジオ・ラジカセCM集が、なんかスゲぇいい。

 

YouTube でラジカセのCMを観た。


1975~1990 ラジオ・ラジカセCM集
 

やっぱり、ラジカセっていいなぁ。

東芝の「おしゃれなテレコ」やSONY の 「ドデカホーン」(DoDeCaHorn) は言葉としては聞き憶えがあるけれど、CMには一切見憶えがない。

CDian(Victor)の「重低音がバクチクする。」、「AIWA Touch」ぐらいからは記憶がある(上の動画の17:42ぐらいから)。

LÄ-PPISCH「RIN JIN」(1989年) は今聴いてもカッコいい(17:56ぐらいから)。上田現に改めて合掌。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川村亜未 午前1時のシンデレラ(TBSラジオ、2012年4月8日(日)25:00-25:30)

○「川村亜未 午前1時のシンデレラ」(TBSラジオ、2012年4月8日(日)25:00-25:30)

 

TBSラジオ開局60周年パーソナリティ公募企画の優勝者、777人のなかから選ばれた川村亜未による独りしゃべりの番組。「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ、2012年4月22日(日)13:00-17:00)によると、元もとはアナウンサーを目指していたそうで、現在は企業の広報誌などを作る仕事をなさっているらしい。ご本人曰く、「この番組は、ごほうびです」とのこと。毎月第2日曜日の深夜25:00-25:30放送。

TBSラジオ 川村亜未 午前1時のシンデレラ(公式サイト)

ラジオパーソナリティリスナー投票|ラジオ東京スピリッツ
※最終候補者の課題音声を聴くことができます。

番組は、30分をおよそ5分づつのパートに区切って、

  • 気になる広告・商品
  • 自己紹介
  • スーパー
  • 閉店した行きつけの貸マンガ屋
  • 駅・電車内での出来事
  • エンディング

といった内容。

以前読んだポッドキャストの指南書か何かに「初めのうちは、一度に長くしゃべろうとせずに、いくつかのパートに区切れ」みたいなことが書いてあったけれど、そのことを思い出した。

欲を言えば、3つぐらいの話題で、時には脱線したりしながら、もっとだらだらという感じでもいいと思った。

番組内で話題になった貸マンガ屋のように「誰でもオッケーで、気軽に入れて、笑えて、妄想を愉しめるような、そんなひとときがお送りできればいいなと思いました」というコンセプトのこと。

聴いてみた感想としては、超絶技巧のトークが展開されたりとか、自明世界の前提となる価値観が真っ逆さまにひっくり返ったりとか、そういうことは起きないけれど、日曜の深夜に寝ながら聴くと心地よいです。30分はアッというまでした。

番組終了後、まだ眠たくなかったので、他の局にチューニングを変えてみると、ニッポン放送でアイドルらしき人たちがふたりでしゃべっていた(後で調べたら、アイドリング!!!遠藤舞橘ゆりかと判明)。正直言って「コッチのふたりのほうが達者だなぁ。今どきのアイドルはスゲぇなぁ」と思った。

だけれど、その一方で、アイドルから市井の庶民まで、隅から隅までズズズイ〜っとお笑い芸人的感性に浸食されている昨今、定石通りキチンキチンとしゃべる番組はひと周りして異端で個性的だと感じた。

家にテレビがないのでラジオばっかり聴いている私としては、他と違う感じの番組にグッとくるわけですよ。

次回は2012年5月13日(日)25:00からとのこと。また聴こうと思う。

夜道を歩いていたらたまたま一軒だけ開いていた店みたいな、「誰でもオッケーで、気軽に入れて、笑えて、妄想を愉しめるような」番組でした。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ニッポン放送“移籍”でほぼ決まり 小島慶子を起用した本当の狙い」、『週刊実話』2012年5月3日特大号

○「ニッポン放送“移籍”でほぼ決まり 小島慶子を起用した本当の狙い」、『週刊実話』2012年5月3日特大号

 

こんな記事が出てるけれど、ホントかい? 編集長による記名記事みたいだけど。

ニッポン放送“移籍”でほぼ決まり 小島慶子を起用した本当の狙い『週刊実話』2012年5月3日特大号

 上層部との意見が合わず、TBSラジオ『キラ☆キラ』を3月いっぱいで降板した小島慶子が、ニッポン放送へ移籍との情報が流れている。
 4月20日午後10時から放送される45周年記念『オールナイトニッポンGOLDスペシャル』でパーソナリティーを務めることになったからだ。

[……]

(つづきは週刊実話のサイトで)

このあいだの「小島慶子のオールナイトニッポンGOLD」(ニッポン放送、2012年4月20日(金)22:00-24:00)では、TBSラジオで名前を聴いたことのあるリスナーのメールがけっこう読まれていたような気がする。ホントに「移籍」したらリスナーもゴッソリ移動しそう。

聴取率調査週間(スペシャル・ウィーク)だったから、実際に数字が出るもんなぁ。そういう意味では、本気のお試しと取れなくもない。

まぁ、今のところ真偽のほどは定かではないけれど、ホントなら、どの時間帯に出るのだろうか?

そういえば、小島アナ、「TVタックル」(テレビ朝日、2012年5月7日(月)21:00-21:54)に出たらしいね。

※当ブログ内の関連エントリー

小島慶子のオールナイトニッポンGOLD(ニッポン放送、2012年4月20日(金)22:00-24:00)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「DTラジオ とにかくセックスがしたいんや!」Podcastingの配信の仕方(ネットラジオ、2012年4月8日)

「DTラジオ とにかくセックスがしたいんや!」Podcastingの配信の仕方(ネットラジオ、2012年4月8日)

 

「DTラジオ とにかくセックスがしたいんや!」は、童貞(DT)喪失をテーマに掲げるアラサー非モテ男子のネットラジオ。征五郎(RD:リアル童貞)・hamaoka(SD:素人童貞)・りゅーく(ND:Not 童貞)のお三かたによる番組。

リニューアル前のサブタイトルは「セックスは都市伝説」でした(オレはコッチのほうが好き)。

さて、番組サイトで、通常の配信とは別に、フリー・ソフト Audacity を使った番組音声の編集からアップロードまでの過程を実際にソフトを使いながら動画で説明している。

音声編集を全くやったことがなく、予備知識もないけれど、ポッドキャストをやってみたいという人の参考になりそう。

私はMacユーザーなので、音声の編集には GarageBand を使っているのだけれど、試しに Audacity で動画の通りにやってみたら簡単に編集できたよ。

詳しくは、下記のページから:

Podcastingの配信の仕方: DTラジオ とにかくセックスがしたいんや!

通常の番組はコチラから。第27回前編後編がおススメです:

DTラジオ とにかくセックスがしたいんや!
DTラジオ セックスは都市伝説

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TBSラジオ池田卓生プロデューサー x バナナマン:金曜JUNK「バナナマンのバナナムーンGOLD」(TBSラジオpodcasting954、2012年3月30日)

○TBSラジオ池田卓生プロデューサー x バナナマン:金曜JUNK「バナナマンのバナナムーンGOLD」(TBSラジオpodcasting954、2012年3月30日)

 

JUNK(TBSラジオ)のポッドキャストは基本的に聴いていないのだけれど、さっきたまたま、金曜JUNK「バナナマンのバナナムーンGOLD」(TBSラジオ、2012年3月30日(金)25:00-27:00)放送後に収録された分のポッドキャストを聴いた。

2012年3月いっぱいでJUNKを離れたTBSラジオの池田卓生プロデューサーとバナナマンが、JUNKのこれまでを振り返ったり、ラジオのこれからについて語ったりしている。

私はこういう裏話っぽいのはそれほど好きではないので、1時間弱の再生時間はやや長く感じた。でも、面白くないわけではない。

JUNKはやけにお笑い芸人ばかりで固めている(のでガッカリだ)なぁと思っていたけれど、「JUNKをお笑い芸人のラジオにする」というのがそもそも池田プロデューサーの方針だったらしい。

そして、池田プロデューサーは関西人だけれど、東京のお笑いが好きなんだとか。確かに言われてみれば、今のJUNKのラインナップはまさにそんな感じ。


金曜JUNK「バナナマンのバナナムーンGOLD」
(TBSラジオpodcasting954、2012年3月30日

 

JUNK : TBSラジオ
※上記サイトでmp3ファイルをダウンロード可能。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小島慶子のオールナイトニッポンGOLD(ニッポン放送、2012年4月20日(金)22:00-24:00)

「小島慶子のオールナイトニッポンGOLD」(ニッポン放送、2012年4月20日(金)22:00-24:00)

 

録音してあった「小島慶子のオールナイトニッポンGOLD」(ニッポン放送、2012年4月20日(金)22:00-24:00)をようやく聴いた。

小島アナは好きなラジオ・パーソナリティーだし、たぶん面白いだろうと思う反面、「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、2009年3月30日〜2012年3月30日、月〜金13:00-15:30)がヘンな感じで終って「ナンダカナァ」という醒めた気分も若干残っている状態で聴取開始。

1分30秒ほどしゃべった後、「これ夢よね。ラジオを聴いてた人とか、ラジオでしゃべってる人にとっては夢なのよ」と前置きしてタイトル・コール。


Herb Alpert & The Tijuana Brass, "Bittersweet Samba" (1965) Bitter Sweet Samba - Herb Alpert & The Tijuana Brass
 

テーマ曲の "Bittersweet Samba" が流れると、小島アナは思わず感泣。

小島慶子 ホントに泣きそうになるね。ホントに涙出て来た。中学高校のときあたし、毎晩毎晩、夜10時から夜中までずっとニッポン放送聴いてたもんだから……やっぱ、すごい……まさか泣くとは思わなかった。

何かやってくれると思っていたけれど、サビで始まる曲みたいなオープニング。

ちなみに、当時の小島アナは、「三宅裕司のヤングパラダイス」(1984年2月6日~1990年3月29日、月〜木22:00-24:00)→上柳昌彦アナの「HITACHI FAN! FUN! TODAY」(1986年4月7日~1990年3月29日、月〜木24:00-24:30)→「オールナイトニッポン」という流れで聴いていたらしい。

いかにもラジオの生放送らしいハプニング性と、ラジオずきなひとにとってのカタルシスが一緒になった、印象的なオープニングだった。

ただ、逆に言うとこの部分がクライマックスで、続く独りしゃべりのパートは、関東圏のTBSラジオずきなリスナーや彼女の著書を読んだことのある人には既知の内容が多く、私にとってはしばしまったりした時間になった。

その後、リスナーからのメールに応えたり、電話をつないだりするパートになってからは、まただんだん面白くなってきた。

リスナーに混じって、上柳昌彦アナが家族旅行先の御殿場から電話で登場するというサプライズ。こんなやりとりも:

上柳昌彦アナ でも今日はオープニングでね、やっぱり "Bittersweet Samba" っていうのは日常的に聴き過ぎちゃってて、あまり感慨を最近覚えなくなってたわけですよ。

小島慶子 あぁ、ホント?

上柳アナ だけども、それに関して、やっぱりそのテーマが流れてくることによって感情が昂る人の話を聞いてると、やっぱりあの曲を大事にしなきゃいけないし、「オールナイトニッポン」というものの存在っていうのはニッポン放送の社員ってもっと大事にしなきゃいけないなぁって、ちょっと思いましたね。

小島 それ、あのねぇ、業務報告書に書いて上司に上げてください。たぶん査定が上がると思います。

[……]

小島 なんか、感激だわ。ちょっとホントにねぇ、中学校・高校のころの私に教えてやりたいわよ。あなた、「オールナイトニッポン」って番組、自分でしゃべりながら、上ちゃんと電話でつながってるわよってね、教えてあげたいねぇ。

他方、上柳アナは、中高生のときは「パック・イン・ミュージック」(TBSラジオ)の野沢那智・白石冬美、小島一慶アナ、林美雄アナなどが大好きだったとのこと。

また、

上柳昌彦アナ でもやっぱり、ひとりしゃべり、イイっすね。ホントに。

小島慶子 そうですか?

上柳アナ あのね、僕、御殿場来るまでに、ちょっとラジオの入りが悪くなったりするわけですよ。そのガーガーピーピーする中から小島慶子の声が聴こえてくるっていう、この感じがやっぱりAMラジオだなぁっていうね。まぁ、今これは言い訳でしかないんだけど、オレの世代はこれがいい。

など、AMラジオ・ファンがよろこびそうなやりとりも。

上柳アナは小島アナを「圧倒されるんですよ、あなたという人は」と評した。コレ、妙に腑に落ちた。

日ごろ「ラジオは会話だ」と言っているだけあって、小島アナは何らかのかたちで相手がいる時のほうが断然良い。

総じて言えば、全編を通してすごく面白かったかどうかは判らないけれど、ラジオが好きな人がよろこぶツボが要所要所にあって、それなりにおもしろかったのではないかと思う。

個人的には、非常階段でヤったことがあるという話はそれほどじゃなかったです。


「小島慶子のオールナイトニッポンGOLD」
(ニッポン放送、2012年4月20日(金)22:00-24:00)

 

※当ブログ内の関連エントリー

ラジオな一曲(42):Herb Alpert & The Tijuana Brass, "Bittersweet Samba" (1965)

福山雅治×小島慶子:「福山雅治のオールナイトニッポン サタデースペシャル・魂のラジオ」(ニッポン放送、2012年10月20日(土)23:30-25:00)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »