« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

つげ義春「ねじ式」(1968年)の生原稿を見てきた:「石子順造的世界——美術発・マンガ経由・キッチュ行」(府中市美術館、2011年12月10日(土)〜2012年2月26日(日))

○つげ義春「ねじ式」(1968年)の生原稿を見てきた:「石子順造的世界——美術発・マンガ経由・キッチュ行」(府中市美術館、2011年12月10日(土)〜2012年2月26日(日))

※会期の誤記を修正(2012年3月4日)

 

「荒川強啓 デイ・キャッチ!」(TBSラジオ、2012年2月9日(木)15:30-17:50)のポッドキャストで山田五郎が府中市美術館の「石子順造的世界——美術発・マンガ経由・キッチュ行」(2011年12月10日(土)〜2012年2月26日(日))について言及している回を先日聴いた:

2012年02月09日(木)(TBS RADIO 954kHz | 荒川強啓 デイ・キャッチ!)
※上掲サイトから「デイキャッチャーズ・ボイス 石子順造的・世界観を楽しめ! 山田 五郎」をお聴きください。

石子順造的世界 美術発・マンガ経由・キッチュ行 府中市美術館 府中市ホームページ

山田五郎は西洋美術史の人だと思っていたけれど、卒論のテーマは「戦後日本における野球マンガの様式史的発展」だったとかで、その際、石子順造『戦後マンガ史ノート』(紀伊国屋新書、1975年)を大いに参考にしたとのこと。

私は石子順造(1929-1977)については何も知らず、このポッドキャストで初めて知ったも同然。サブカルチャーにカラッキシ疎いのであります。

ただ、石子が高く評価したつげ義春「ねじ式」(1968年)の生原稿が展示されているというのでガゼン興味を持ち、滑り込みセーフの最終日に見てきた。



 

開館前に着いてしまったので、しばらく近辺を散策して戻ると、入口にすでに10人弱が並んでいた。最終日かつ日曜日ということもあるのだろうけれど、その後もけっこう人が来ていた。

展覧会のサブタイトルが示す通り、美術・マンガ・キッチュという三部構成。

美術のコーナーでは、横尾忠則の作品、赤瀬川原平の「模型千円札」、トリック・アートなどを展示。小池一誠『自画像』(1966年)が印象に残った。電車の窓枠の中に、窓の外の風景と窓に映り込んだ小池が描かれている。観賞している自分も窓に映り込み、作品の外にいる自分が、作品の中にいる自分を作品と一緒に見る。

マンガのコーナーでは、石子が高く評価した作家のマンガが天上からワイヤーで吊るされていて自由に読むことができたり、SHARP製の赤い14型ダイヤル式ブラウン管テレビで林静一による非商業アニメ2本を上映したりしてした。原爆をモチーフにしたアニメ『かげ』(1968年)では、BGMのザ・ピーナッツ「恋のロンド」(1968年)が原爆投下とともに不意に途切れる。2011年3月11日を経た現在、このアニメを観ると、1945年、1968年、現在2012年が作品のまわりで錯綜し、原爆によって日常が断ち切られたように見えると同時に、原爆によって日常に引き戻されるようにも感じられてしまう。


ザ・ピーナッツ「恋のロンド」(1968年)
もう、この歌が頭にこびりついてこびりついて。
他の展示を見ていても、遠くで薄く聴こえたりする。

 

そして、それとは別の部屋に「ねじ式」の生原稿の全ページが順番に展示されていて、全編を読み通すことができた。山田五郎が言うように、至る所にセロテープ痕があり、保存状態が良いとは言えないが、それも含めて面白かった。背景が色鉛筆で乱雑に彩色されている部分や、山田五郎が言うように主人公の絵が背景の上に切り貼りされているところがあったりするのも判った。

基本的に館内は撮影禁止なのだけれど、キッチュの展示については撮影可という案内が貼ってあった。ここだけ妙に照明が明るく、キッチュさが強調されていた。でも、撮影している人は不思議とおらず、私も撮らなかった。みうらじゅんのカスハガとかムカ絵馬とかエロスクラップとか、実は石子の影響なのではないかと思ったりもした。

展示物だけでなく、石子の論文や著作から引いたと思しき言葉が壁に掲示してあり、それらがいちいち面白く、スッカリ石子順造に興味をもってしまった。

そして、山田五郎が「この図録買うためだけに行っても損はない」と言っていた図録もしっかりゲット。26.7cmx18.6cm、304ページ、¥2,000+税。ミュージアム・ショップでは¥2,000ちょうどだった。充実の内容、あり得ない値段。Amazon.co.jpでも売っていた


噂の図録
 

テープ痕、青林堂の原稿用紙(図録より)
 

この企画展のほかに常設展もあり、そこの入口で見た植竹邦良『最終虚無僧』(1974年)が妙に印象に残った。サイバーパンク虚無僧みたいな感じの絵。グラハム・ベイカー[監督]『ベオウルフ』Beowulf(1998年)を想い出した……そんな映画、誰も見てないか?


『ベオウルフ』Beowulf(1998年)より
「最終虚無僧」は、これの虚無僧版みたいな感じでした。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J-WAVEナビゲーターの親子話:幼少の DJ TARO の声とロバート・ハリスのお父上。

○J-WAVEナビゲーターの親子話:幼少の DJ TARO の声とロバート・ハリスのお父上。

 

ブログ「謙遜と謙譲の音楽」やきとり同志からのコメントでご紹介頂いた動画で幼少のみぎりの DJ TARO の声を聴くことができた。ご教示によると、「HELLO WORLD」(J-WAVE、月〜木22:00-23:45)のナビゲーターなどを務める DJ TARO のお母上はシンガーのソニア・ローザ(Sonia Rosa)で、大野雄二プロデュースのアルバムSamba Amour』(1979年)で親子共演してるとのこと:


ソニア・ローザ「Socorro, Taro!」(1979年)
Taro socorre sua mãe aproximadamente do 2:00.
↑これであってる?

 

エンディングが素晴らしい。オレもとんかつ食べたくなってきた。

ソニア・ローザ……聴き憶えがある名前だと思ったら、「ルパン三世 Part III」(日本テレビ)のエンディング・テーマの人だ:


ソニア・ローザ「フェアリー・ナイト」(1984年)
「ルパン三世 Part III」(日本テレビ)エンディング・テーマ
 

彼女は2006年にアルバム『DEPOIS DO NOSSO TEMPO』を発表して音楽界に復帰。プロデューサーは誰あろうDJ TAROとのこと。時代はまわる。

ちなみに、J-WAVEナビゲーターの親子話と言えば、現在「VINTAGE GARAGE」(J-WAVE、日18:00-18:54)「RADIO BOHEMIA」(FMおだわら、土23:00-24:00;(再)木24:00-25:00)に出演中のロバート・ハリスのお父上は、ジェームズ B. ハリスらしい。「ハリスの英単語」「百万人の英語」——ナウなヤングは知らねぇか。

ひと昔前は「英語の勉強に必要だ」「ラジオ講座を録音しなければならない」などと親に強弁してラジカセをせしめ、それを端緒にラジオずきになっていくというコースが存在したものだけれど、最近の中学生は「基礎英語」(NHKラジオ第2)とか聴かないのかねぇ?

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子高生は「AMラジオ、全く聴かない」とハッキリ言った:「QIC」第799回(ウェブラジオFMC、2012年2月12日放送分)

○女子高生は「AMラジオ、全く聴かない」とハッキリ言った:「QIC」第799回(ウェブラジオFMC、2012年2月12日放送分)

 

約16年前の1996年5月26日に第1回目が放送され、次回で800回を迎える熊本発のネット・ラジオ、「QIC」(ウェブラジオFMC、日曜日更新)

現時点における最新回(第799回、2012年2月12日放送分)によると、ウェブラジオFMCを訪れた女子高生が「AMラジオ、全く聴かない」とハッキリ言ったとのこと。

榎田信衛門 このあいだ女子高生の皆さんが来たんですけど、まだ——

キラウエア裕子 3歳とか。

榎田 ぐらいのよちよち歩きの時に[「QIC」を]始めてるわけですよ。[……]

その女子高生軍団の皆さんが、帰りしなにラジオの話にちょっとなった時に、「AMラジオ、全く聴かない」とハッキリ言ったもんね。

キラウエア裕子・エアポート成田 あぁ〜……。

キラウエア FMは聴くてですか?

榎田 ときどき。「SCHOOL OF RADIO!」を聴くて言ってた。

キラウエア あ〜。

成田 「SCHOOL OF LOCK!」[TOKYO FM]ね。

榎田 「SCHOOL OF LOCK!」だ、「SCHOOL OF RADIO!」じゃなかった。間違えた。

成田 いわゆる中高生の人たち向けに、こう熱く語る——

榎田 「校長のナントカだ!」とかね。

キラウエア あぁ、そう、副校長と。

成田 いや、教頭。「教頭のやしろだ!」っていうヤツ。

キラウエア 教頭か。あぁ、あれ、そんなに面白いんだ?

成田 車ん中で聴くけど、やっぱ中高生は好きだと思うよ、アレは。

榎田 あのテンポがね。電話でつないだりするね。

成田 そうそうそうそう。

キラウエア あぁ、1万円、2万円ね。

榎田 アニキ的なね。

成田 ああいうの、いいんじゃないですか?

キラウエア 繰り越し、いいっスよね。

成田 何が?

キラウエア 1万円、2万円。

成田 そこだけ憶えてんの?

榎田 ああいう番組やっか?

成田 高校生、中高生向けに。

榎田 「HiHiHi」[RKBラジオ、1986年4月7日〜1993年4月30日]みたいなヤツを。

成田 みんなのアニキ!

榎田 みんなのアニキ。

成田 誰がやるんスか、アニキ?

榎田 お前やれ。

[一同爆笑。]

成田 いちばん向いてね〜。

榎田 毎回苦しめ。やりたくないことやって。

その後、ラジオの聴取習慣、AMラジオのデジタル化、radikoのエリア制限の話などにも話が及んだ。AMラジオのデジタル化については「これで息の根止ると思うよ」、radikoのエリア制限については「どうせ、あってないような利権でしょ」とバッサリ。痛快。

私はこの女子高生の話を聞いて、「逆に「SCHOOL OF LOCK!」スゲェな」と単純に思った。女子高生が聴く可能性のあるラジオ番組がまだあるだけでもスゴい。

オレがラジオを聴き始めた頃は、全国のAMラジオ各局の20:00〜25:00あたりにああいう感じのローカル番組があった。結局、今も昔も中高生はああいうの好きなんだなぁ。

ちなみに、女子高生が8cmCDシングルを見ても何かわからないという話も衝撃的だった。

FMC/QIC
※上掲サイトの2012年2月12日放送分(第799回)D枠
公開後3週間聴取可能。

未来の鍵を握る学校 SCHOOL OF LOCK! (公式サイト)

放送局グッズ RKB毎日放送「HiHiHi」(「福岡人のページ」内)

 

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「オールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)パーソナリティー・オーディションの一次審査の結果が出たらしい。

「オールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)パーソナリティー・オーディションの一次審査の結果が出たらしい。

 

「オールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)パーソナリティー・オーディションの一次審査の結果が出たらしい。2012年2月22日までに合格者への通知が終了した模様。通過者一覧のようなものは発表されていないようだけれど、一説によると、通過者は50組とも言われている。誰が通過したかは、通過者自身によるTwitter上での報告などで知るのがいちばん速そう。

Twitter / 検索 - オールナイトニッポンオーディション 通過 - 全ツイート

オールナイトニッポン0[zero] パーソナリティオーディション - AM1242 ニッポン放送(オーディション公式サイト)
オールナイトニッポンオーディション(annaudition) on Twitter

ちなみに、ダンコン氏が合格者のリストを鋭意制作中の模様:

11分で書いて出す : オールナイトニッポンオーディション一時審査通過者リスト(仮)

通過したかどうかは判らないけれど、オレはコレがけっこう好き。出だしが可笑しい:


オールナイトニッポンオーディション(モエヤン)
ちなみに、「三宅裕司のサンデーヒットパラダイス」(ニッポン放送、日9:00-12:00)の「東芝プレゼンツ モエヤンのおじゃましま〜す! LED 電球取り替え隊」コーナーに出演中とのこと。
 

一次・二次審査の動画のリンクを付けた一次審査通過者のリストを作ってみました:

「オールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)パーソナリティー・オーディション一次審査通過者の一次審査&二次審査の動画リンク集(当ブログ内)

※その他の当ブログ内の関連エントリー:

「オールナイトニッポン0(ZERO)」パーソナリティー・オーディションをやっているのにさっき気付いた。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三角山放送局(札幌市西区周辺 76.2MHz)が、平成23年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰で受賞。

○三角山放送局(札幌市西区周辺 76.2MHz)が、平成23年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰で受賞。

 

株式会社らむれす・三角山放送局(札幌市西区周辺 76.2MHz)は昨年、放送機器・局舎のバリアフリー化などの功績で、平成23年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者内閣府特命担当大臣表彰優良賞を受賞したそうです。

内閣府特命担当大臣表彰 優良賞を受賞しました|FM76.2Mhz 三角山放送局 internet radio from sapporo

平成23年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰式(第10回)受賞者概要 - 内閣府

なかでも注目すべきは、北海道立工業試験場(現・北海道立総合研究機構工業試験場)とのバリアフリー放送機器の共同開発。手や指が不自由な人が呼気でカフ操作できる「エンジェルブレス」、目の不自由な人が振動でディレクターからのキューを受けることのできる「ブルブルキュー」を開発したとのこと。

開発にはニトリ北海道応援基金の助成金が充てられたとか。

おめでとうございます。

Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ハインリッヒ・ルドルフ・ヘルツ(Heinrich Rudolf Hertz, 1857-1894)

○ハインリッヒ・ルドルフ・ヘルツ(Heinrich Rudolf Hertz, 1857-1894)

 

2012年2月22日のGoogleのトップページがこんな感じになっていた:


 

しかも、波の部分はこんな感じのgifアニメイションになっている:


 

2月22日が電磁気学における貢献の大きいハインリッヒ・ルドルフ・ヘルツ(Heinrich Rudolf Hertz, 1857-1894)の生誕155年に該るため。

以下、ヘルツのプロフィールをWikipedia から:

ドイツの物理学者。マックスウェルの電磁気理論をさらに明確化し発展させた。1888年に電磁波の放射の存在を、それを生成・検出する機械の構築によって初めて実証した。

言わずもがな、周波数の単位Hzの由来となった人です。


Heinrich Rudolf Hertz, 1857-1894
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2012年2月20日(月)25:00-27:00)

○月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2012年2月20日(月)25:00-27:00)

※関連リンクを末尾に追記(2012年2月23日)

 

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2012年2月20日(月)25:00-27:00)によると、今週の伊集院師匠、disりdisられて beef まみれだったらしい。

まず、「馬鹿力」リスナーとしては、番組冒頭で語られたテレビ共演者のラインナップ——小島慶子・やくみつる・片山さつき——でちょっと吹いてしまった。小島・やくの話は笑えるレヴェルだけれど、片山さつきの話にはゲンナリ。

これに加えて、ラッパーの Zeebra と「中二病」をめぐってモメたらしい。

私が見た時には、ことの発端になった Zeebra による当該のツイートは既に削除されていたのだけれど、ネット上でけっこう話題になっていたようで、内容を知ることができた。

人気ラッパー・Zeebraが「中二病」の名付け親・伊集院光をディスった!? - メンズサイゾー


 

今更知ったが、中二病って言葉伊集院光が作ったのか。余計な事しやがって。何にも本気になれない「出る杭を打つ」クソみてえな文化を助長するだけ。島国根性丸出し。

誤解だ!

結局、DM のやりとりの後、


 

伊集院さんご本人とDMしあいましたが、番組当時は全く逆でそういった中二的行為を嘲笑うものでは無かったようです。どこからそうなったんでしょうか?先ほどから色んな意見が来ますが、どれも定義がまちまちで…。

「どこからそうなった」かはWikipediaに書いてあるんだけどね……。

中二病 - Wikipedia

ともあれ、和解……と思いきや、伊集院によると、

まぁ、その先は、結果この人とは解り合えないと思いまして。で、最終的には、色いろ説明したんですけども、[……]その後、全員に公開している彼のTwitterを見てたら、僕[伊集院]に謝罪はしたんですけど、さらにみんなに向って、「オレは言いたいことはやめねぇゼ」的なことを言ってらっしゃって、あぁ、もうムダだなって思いまして。[……]和解でも理解でも何でもなくて、「もう関係ないなぁ」って思ったっていう。

彼が言うには、全責任をもたなきゃいけないらしいんだ。自分の発言したことがどんなに曲解されていこうが、誤解を広めていこうが、それを一個一個修正していかなきゃいけないって言うんだけど、オレはそこに関しては無責任なようだけど「原形はそうだった」っていうことしかオレにはもう言えない。言葉って進化しちゃうから、「原形はそうだった」としか言えないし、もっと言えば、ダイナマイトを発明して、その後それが戦争に使われたところで、「元々のダイナマイトの問題ってどうなん?」とか……何でしょうね、ちょうどいい感じに泣き寝入りの時間が近づいてきたんで、泣き寝入っていきますけども。

と和解には至らなかった模様。

まぁ、disる文化と自分を嘲笑う文化——ラッパーとお笑い芸人のカルチュラル・ギャップとかもあんのかなぁ。

でも、Zeebra・伊集院双方のフォロアーが誤解を解くためにツイートし合っている様子には、世の中捨てたものじゃないなと思ったりもした。

「中二病」って、何かに本気になるあまり身の丈からオーヴァーフロウするイノセンスを、愛情をもって分節化する言葉だと思う。


「かかったかな?と思ったら中二病」のコーナー
「伊集院光のUP'S 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ)
1999年1月11日第170回~3月22日第180回分

 

ラッパー同士、仲良くね。


Arakawa Rap Brothers「アナーキー・イン・AK」(1992年)
 

King Giddra「平成維新」(2002年)
 

※追記(2012年2月23日):

伊集院の発言は、トラックバックして頂いた下記のブログに詳しく載っています:

伊集院光が語る「Twitterで勃発したZeebra(ジブラ)との中二病騒動」 | 後世に残したいラジオの話

Google

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ラジオワールド「ボクたちには「笑い」があるから~被災地のお笑い芸人たちの11ヶ月」(TBSラジオ、2012年2月18日(土)18:00-19:00)

○ラジオワールド「ボクたちには「笑い」があるから~被災地のお笑い芸人たちの11ヶ月」(TBSラジオ、2012年2月18日(土)18:00-19:00)

 

ラジオワールド「ボクたちには「笑い」があるから~被災地のお笑い芸人たちの11ヶ月」(TBSラジオ、2012年2月18日(土)18:00-19:00)を途中から聴いた。

東日本大震災直後から現在までの現地の復興の進捗を、宮城お笑い集団ティーライズの活動を通して追う内容。震災直後のお笑いライブ自粛の風潮から、お笑いを求める声と否定する声に二分された状態を経て、徐々にお笑いへのニーズが戻ってくる様が描かれている。

このように要約すると味も素っ気もないけれど、番組の中で紹介された証言には印象的なものがいくつかあった。ドキュメンタリーを要約するのは無粋だね。ドキュメンタリーは細部が大事。

自粛っていうふうに言われてますけど、誰のために自粛してるんだろうっていう風に思うんですよね。

気持ちをもっているんだったら、正直、どんどんやって経済回して、チームで言ったらこっちはケガしたプレイヤーで、元気な人がどんどん引っぱってってほしいなっていうのは思いますね。

仕事が全くなくなりましたね。

お祭とか夏ごろに復活したんですけど、[……]去年は祭は鎮魂という意味をもたせてっていう意味で、芸人は全く入る隙はなかったですね。

あとは、例えばそういうお祭で盛り上げ役で芸人が入るって場合も、東京からもっと有名な人が来るもんで、タダで来るもんで、僕らが入る隙がなかったですよね、全く。

[避難後に]まだ家の状況が把握できないから、息子に「あそこに缶ジュースあるから、アレ持っておいで」って何回も言ってた、お婆さんとふたりで。「納屋に、あそこにあったでしょ」って。

「ないから、何もないから」って言われて(笑)、「えぇ!」って、現実がのみ込めない。

ここに来ないよ、お笑いも何も。大勢いるとこに来る。歌も踊りも何にも来ないよ。

東京から来る芸人の話、缶ジュースの話なんかを聴くと、東京にいると解らない、現地の人たちならではの実感があるのだなぁと改めて思う。

海外は日本の震災を忘れ始めていると聞く——日本人がスマトラ沖やニュー・ジーランドの震災を忘れるのと同じスピードで。

もうすぐ1年。早いなぁ。


ニードル「東京なんか仙台より...」
「ネタまつり2010」(仙台市福祉プラザ、2010年11月1日)
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BEHRINGER XENYX 302USB、Amazon.co.jp に在庫があったので思わず注文してしまいました。

BEHRINGER XENYX 302USB、Amazon.co.jp に在庫があったので思わず注文してしまいました。

品薄で入手困難だった BEHRINGER XENYX 302USB の在庫が Amazon.co.jp に出ていた(2012年2月19日)。

思わず注文してしまった。

何に使うのやら……。ネット・ショッピングって怖いですね。

* * *

以下、当ブログ内エントリーより抜粋:

以前にこのブログで言及した小さくてカッコいいUSB接続対応ミキサー BEHRINGER XENYX 302USB。MIC IN チャンネルは、オーディオ端子・キャノンコネクター両方に対応のコンボジャック。キャノン端子に15Vのファンタム電源を常時給電。XENYX 502 が進化してPCおよびネット配信との親和性が増したような感じ。オーディオ・インターフェイスとしても使える。49ドルという安さにもビックリ。

BEHRINGER: 302USB(公式サイト:英語)

円高の今のうちに買うべし。


NAMM 2011 - The mighty, mini BEHRINGER 302USB
 

BEHRINGER のサイトによるシンプルなセット・アップ例:


 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

備忘録:第37回(平成23年) 放送文化基金賞(ラジオ関連のみ抜粋)

○備忘録:第37回(平成23年) 放送文化基金賞(ラジオ関連のみ抜粋)

 

放送文化基金賞(財団法人 放送文化基金|表 彰|)

放送文化基金賞

◆目 的◆

放送文化基金賞は、4月1日から翌年の3月31日までに放送された
①「視聴者に感銘を与えた優れた番組」
②「放送文化、放送技術の分野で成果をあげた個人・グループ」を表彰します。

※メモ:財団法人放送文化基金が授与。

ラジオ関連部分のみ抜粋&関連リンク貼付

【番組部門】ラジオ番組

【本賞】 高橋竹山生誕100年記念番組 ラジオドキュメンタリー 故郷の空に(青森放送)

 青森放送は昭和28年の開局以来、民謡というジャンルに大きな力を注ぎ、高橋竹山さんをはじめとする民謡の奏者、歌い手たちと信頼という強い絆を繋いできました。この絆により、竹山さんが日記代わりに吹き込んだテープを、孫の哲子さんが持って来てくれました。また、竹山さんの番組を放送することを、竹山さんの生まれ故郷の町に知らせたところ、小さな町の色々な方々が番組を支えるスポンサーになってくれました。これからも地域に密着した番組を謙虚に作っていきます。

青森放送 大友 寿郎(プロデューサー)
 

 この度の大きな賞を頂けたのは、竹山という人間にまるごと寄り添って一生懸命番組を作ってくれたスタッフさんのお蔭だと思っています。目の不自由な祖父に、ファンから頂いた手紙を読んであげると「ふ〜ん、ありげて〜な〜。なぐさないようにちゃんとしまっておけよ〜」って、いつもそう言っていました。頂いた気持ちには感謝を忘れない人でした。
ここで、感謝を込めて、竹山から習った津軽民謡を一節、唄わせて頂きます。

高橋 哲子(出演)
 

【優秀賞】 HBCラジオ開局60周年記念ドキュメンタリー インターが聴こえない 〜白鳥事件60年目の真実〜(北海道放送) 

 この事件は、北海道放送が道内初の民放テレビ局として開局した2週間後に発生した事件です。私たちの大先輩は、札幌地裁で行われた一審判決を、重いデンスケを担ぎ、堂々と中へ入り、音を録り、放送をしてしまいました。今では大問題になるようなことです。このような事件を、大先輩から先輩へ、そして私達へと受け継いだ報道活動に対して、この賞を頂き、大変嬉しく思います。

HBCメディアクリエート 後藤 篤志(構成)
 

【番組賞】FMシアター 東京Voice(NHK-FM) 

 視聴率が無いので、自分が作ったものに内心不安を持っていましたが、賞を頂いて作って良かったという実感があり、非常に勇気づけられました。主人公の親友役としてドラマに出演して下さった俳優の竹本孝之さんをご紹介します。

NHK 佐々木 正之(演出)
 

 私は、日本語という言葉を大切にしたいと常日頃から思っています。ラジオドラマは、聴く人が風景を頭の中で構築し、物語を紡いで、一つ の作品として自分の心の中に留めておく、そういうものだと思っています。素敵な日本語という文化を、制作の方々と一緒に紡ぎあげ、聴いている方々に届けることが私たちの仕事と思っています。

竹本 孝之(出演)
 
* * *

【番組部門】個別分野

浜村 淳(映画評論家・パーソナリティ)

 私の語りの芸を認めて頂き、こんな素晴らしい賞を頂戴するのは、恐懼の至りでございます。子どもの頃から体が弱く、6年生で初めて皆勤賞をもらった時に、だまって母親が抱きしめてくれました。私も老い先長くはございません。この賞を、天国の母親に持っていったら、今回もきっと抱きしめてくれると思います。

 

Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

備忘録:第7回日本放送文化大賞(ラジオ関連のみ抜粋)

○備忘録:第7回日本放送文化大賞(ラジオ関連のみ抜粋)

 

日本放送文化大賞/第7回入選・事績 - NAB LOCAL

日本放送文化大賞について

 日本民間放送連盟(民放連)は、会員各社で質の高い番組がより多く、制作・放送されることを促すことを目的に、日本放送文化大賞(英文名:Japan Broadcast Culture Awards)を2005(平成17)年に制定いたしました。 “視聴者・聴取者の期待に応えるとともに、放送文化の向上に寄与した”と評価される番組を顕彰し、ラジオ、テレビそれぞれにグランプリ1番組、準グランプリ1番組を選定します。
 審査方法は、民放各社から参加のあった番組を対象に全国7地区で地区審査を行い、中央審査に提出する候補1番組(グランプリ、候補番組)を選考した後、地区提出の7番組により中央審査を行い、グランプリおよび準グランプリを決定します。
 審査員は、視聴者・聴取者の視点で選考を行うため、民放各社の番組審議会委員、新聞社・通信社所属の記者、広告関係者らにより構成しています。
 審査結果の発表と表彰は、毎年秋に開催する「民間放送全国大会(民放大会)」の席上で行い、受賞番組を制作・放送した会員社に賞牌と報奨金(テレビ グ ランプリ1,000万円、準グランプリ500万円、ラジオ グランプリ300万円、準グランプリ150万円)を贈ります。また、番組制作を支えてくださる 関係者(製作協力会社・制作者、出演者など)や広告主にも賞牌をお贈りしています。
 番組のジャンルは問わず、すべての番組を候補として審査を実施することと、グランプリ、準グランプリ受賞番組については、多くの皆さんに視聴・聴取していただくために、原則として表彰から3ヵ月以内に全国放送を行うことが、本賞の大きな特徴です。

※メモ:番組が対象。広告主にも賞牌を贈るところが民放連の賞ならでは。受賞作が全国で再放送されるのも特徴。民間放送全国大会で表彰。

ラジオ関連部分のみ抜粋&番組名に関連リンク貼付:

グランプリ〔ラジオ〕

IBC岩手放送「空より高く〜被災地に届け!園児の歌声〜」

第7回ラジオグランプリ.jpg

〔番組内容〕
IBC岩手放送では、東日本大震災発生から安否情報やライフライン情報を伝え続けてきたが、震災発生から9日目に、匿名で送られてきた保育園児たちの歌「空より高く」を放送したところ、“もう一度聴きたい”とのリクエストが殺到した。この曲は全国で歌われる卒園ソングの1つであるが、園児たちの言葉と歌声は、大きな心を持って諦めずに生きるというメッセージが素直に伝わるものだった。
震災後、“君たちにできることは?”という保育園長の問いに“歌を唄える”と答えた園児たち。番組では、放送を決断したディレクター、作詞・作曲者、保育園の人々、リスナーの声を集め、園児たちの歌声に込められたそれぞれの思いを描く。

〔中央審査・審査講評〕
番組自体の質や完成度に加えて、震災発生から9日目に、匿名で送られてきた歌を放送した姿勢を評価。生活に必要な情報の提供のみならず、リスナーを励まし勇気づけるという、地元のラジオメディアが果たすべき役割を全うした。被災地では、この歌声が大きな励ましになったのではないか。
何より、園児たちの歌のパワーと一途な姿勢に感動を覚える。

〔スタッフ〕
姉帯俊之(プロデューサー)、加藤久智(ディレクター)

〔ナレーター〕
加藤久智

〔出演者〕
浪岡幸子、浪岡政行、新沢としひこ

〔放送日時〕
2011年5月30日(月)2:00〜2:59

準グランプリ〔ラジオ〕

エフエム山口「こだまでしょうか〜今、金子みすゞの心を聴きたい」

第7回ラジオ準グランプリ.JPG

〔番組内容〕
東日本大震災以降、民放ではACジャパンのCMが連日放送され、そこで使われた詩「こだまでしょうか」が注目を集めた。作者は山口県長門市出身の童謡詩人、金子みすゞ。作品への興味は、作者への関心となり、詩集の注文が急増するなど大きな反響があった。
番組では、金子みすゞの作品を、山口市在住のシンガー、ちひろが自作のメロディーに乗せて随所で紹介。郷土の作家としてはおなじみの金子みすゞの生涯をあらためて振り返り、彼女の作品を掘り起こして世に紹介したみすゞ記念館館長や、彼女の自殺により3歳で死別した実の娘らの声を紡ぎながら、優しさに貫かれた作品の魅力と、多くの人が彼女の作品に心を動かされた理由を探る。

〔中央審査・審査講評〕
詩人の言葉の力に感銘を受け、さらに詩にメロディーをつけて音楽にしたことで、地元出身シンガー・ちひろの思いが乗り、音楽の力も感じる。FMラジオの構成要素である言葉と音楽、2つの要素が力を持って響きあっていた。
タイムリーな題材ではあるが、話題性を狙っただけでなく、命をかけて守った一人娘の肉声などを交え、詩の背景に潜む金子みすゞの人生をよく伝えた。

〔スタッフ〕
藤井正史(プロデューサー)、新井道子(ディレクター)

〔出演者〕
ちひろ

〔放送日時〕
2011年5月29日(日)19:00〜19:55

グランプリ候補番組・概要紹介〔ラジオ〕

〔北海道・東北地区〕

IBC岩手放送「空より高く〜被災地に届け!園児の歌声〜」

第7回ラジオ北海道東北.jpg

〔番組内容〕
東日本大震災発生から9日目、匿名で送られてきた保育園児の歌「空より高く」を放送したところ、リクエストが殺到。番組では、この曲が録音され、放送に至った経緯を、関係者の声を交えて明らかにする。

〔スタッフ〕
姉帯俊之(プロデューサー)、加藤久智(ディレクター)

〔ナレーター〕
加藤久智

〔出演者〕
浪岡幸子、浪岡政行、新沢としひこ

〔放送日時〕
2011年5月30日(月)2:00〜2:59

〔東京地区〕

文化放送「報道スペシャル 海を渡った日本の鑑識」

第7回ラジオ東京.jpg

〔番組内容〕
警視庁で鑑識のエキスパートだった戸島国雄さん。番組では、定年後にバンコクへ渡り、日本の鑑識技術をタイ国家警察に伝え、犯罪捜査や遺体の身元確認などに多大な貢献を果たした戸島さんの活躍ぶりを紹介する。

〔スタッフ〕
永野景子(プロデューサー)、野村 満(ディレクター)、稲原 誠(構成)

〔出演者〕
永野景子寺島尚正

〔放送日時〕
2011年5月29日(日)20:00〜21:00

〔関東・甲信越・静岡地区〕

RFラジオ日本「ラジオ日本スペシャル『小さなカタツムリのように〜ミャンマー難民、少しずつ少しずつ〜』」

第7回ラジオ関東甲信越静岡.JPG

〔番組内容〕
社会福祉法人の学習支援を受け、生活のため懸命に日本語を学ぶミャンマー難民。番組では、故郷や家族への想い、日本の印象を日本語で語る3人のミャンマー難民らを通して、ひたむきに生きる彼らの姿を伝える。

〔スタッフ〕
倉林由男(プロデューサー)、西山桐子(構成/ディレクター)

〔出演者〕
羽佐間道夫井田由美

〔放送日時〕
2011年5月21日(土)0:00〜1:00

〔中部・北陸地区〕

福井放送「FBCラジオ特集 日本一短い手紙たち 一筆啓上賞 涙から明日へ…」

第7回ラジオ中部北陸.JPG

〔番組内容〕
福井県坂井市丸岡町が主催する一筆啓上賞は1993年に始まり、毎年異なるテーマを設定して“日本一短い”手紙を募る。番組では、主な応募作品を紹介しながら、企画立案者へのインタビューを織り交ぜて時世を振り返る。

〔スタッフ〕
私市秀子(プロデューサー)、重盛政史(取材/構成/演出)、越桐清司(リサーチ)

〔ナレーター〕
重盛政史

〔出演者〕
大廻政成小室 等小室ゆいNPO法人楽衆玄達の皆さん

〔広告主〕
久保田酒造小川印刷一筆啓上茶屋

〔放送日時〕
2011年5月30日(月)19:00〜19:49

〔近畿地区〕

大阪放送「どうしてジャンケンできないの?〜人生を変えた大阪空襲〜」

第7回ラジオ近畿.JPG

〔番組内容〕
第二次世界大戦末期に行われた、米軍による大阪空襲。番組では、被災者の証言や、日本政府に謝罪と補償を求める大阪空襲訴訟の現状を紹介し、戦争に対する薄れることのない怒りや悲しみを伝える。

〔スタッフ〕
和田麻実子(プロデューサー/ディレクター)

〔出演者〕
小見山孝子、濱田栄次郎、高木吉朗

〔放送日時〕
2011年5月28日(土)19:00〜20:00

〔中国・四国地区〕

エフエム山口「こだまでしょうか〜今、金子みすゞの心を聴きたい」

第7回ラジオ中国四国.JPG

〔番組内容〕
ACジャパンのCMで注目を集めた、山口県長門市出身の童謡詩人、金子みすゞの詩。番組では、メロディーに乗せて歌われる作品や、関係者へのインタビューを通して、今もなお愛され続ける金子みすゞの世界に迫る。

〔スタッフ〕
藤井正史(プロデューサー)、新井道子(ディレクター)

〔出演者〕
ちひろ

〔放送日時〕
2011年5月29日(日)19:00〜19:55

〔九州・沖縄地区〕

琉球放送「RBCⅰラジオスペシャル『性同一性障がい 今伝えたいメッセージ パート2』」

第7回ラジオ九州沖縄.JPG

〔番組内容〕
心と身体の性別が一致しない「性同一性障がい」については、認識は広がっているものの偏見も根強い。番組では、性適合手術を受けた2人の活動を通して、教育現場や職場などの対応に課題を提起し、関心を深める契機とする。

〔スタッフ〕
真栄田喜男(プロデューサー)、比嘉京子(ディレクター)、山本ひとみ(取材)、山本和儀(解説)

〔出演者〕
服部佳樹、澤岻良人 他

〔広告主〕
沖縄ちゅらサウンズゆいワークス

〔放送日時〕
2011年5月30日(月)18:30〜19:29

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオな一曲(41):Michel Polnareff, "Love Me, Please Love Me" (1971)

○ラジオな一曲(41):Michel Polnareff, "Love Me, Please Love Me" (1971)

 


Michel Polnareff, "Love Me, Please Love Me" (1971) Love me, please love me - Michel Polnareff
顔がなんとなく角松敏生っぽい。
 

単純に、さっきラジオでかかった曲。

サイマルラジオ経由でFMおだわらロバート・ハリスの番組の再放送を聴き終ってそのままにしていていたら、25:00からの「Nonstop Music Zone」で流れた。

子どもの頃にどこかで聴いて気に入って、以来好きなメロディーだったのだけれど、今日までタイトルを知らなかった。それっぽいコードをウクレレで弾きつ適当に鼻歌で口ずさんだりしていた。

曲がかかった瞬間から耳をそばだてて、歌詞の聴き取れた部分で検索してみたら、ミシェル・ポルナレフ(Michel Polnareff)の "Love Me, Please Love Me"(1971年)(邦題「愛の願い」)と判明。超メジャー曲で、無知を恥じるばかり。でも、曲名がやっと判ってうれしい。

コレ以外もいい選曲。例えば、こんな感じ:

  • Orleans, "Dance with Me" (1974)
  • 10cc, "The Things We Do for Love" (1977)
  • Joe Jackson, "Steppin' Out" (1982)
  • Louis Armstrong, "What a Wonderful World" (1967)

CS音声放送局などの再送信じゃなくて、FMおだわらによる選曲の模様。コミュニティーFM局のフィラー番組が好きな人は案外いると思う。

気持ちいい。歌のマジックが消えないように、聴きながら寝ます。おやすみなさい。

Michel Polnareff, "Love Me, Please Love Me" (1971)

Love me, please love me.
Je suis fou de vous.
Pourquoi vous moquez-vous chaque jour
De mon pauvre amour?

Love me, please love me.
Je suis fou de vous.
Vraiment prenez-vous tant de plaisir à me voir souffrir.

Si j'en crois votre silence, vos yeux pleins d'ennui.
Nul espoir n'est permis.
Pourtant je veux jouer ma chance.
Même si, même si.
Je devais y brûler ma vie.

Love me, please love me.
Je suis fou de vous.
Mais vous moquerez-vous toujours
De mon pauvre amour ?

Devant tant d'indifférence, parfois j'ai envie
De me fondre dans la nuit.
Au matin je reprends confiance,
Je me dis, je me dis,
Tout pourrait changer aujourd'hui.

Love me, please love me.
Je suis fou de vous.
Pourtant votre lointaine froideur
Déchire mon cœur.

Love me, please love me.
Je suis fou de vous.
Mais vous moquerez-vous toujours
De mes larmes d'amour ?

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文化放送もAMステレオ放送を終了していたらしい。

○文化放送もAMステレオ放送を終了していたらしい。

 

最近ウチのブログの下記エントリーへのアクセスが妙に増えている:

TBSラジオがAMステレオ放送を終了するというので、滑り込みで聴いてみた。(当ブログ内)

調べてみたら、2011年1月のTBSラジオにつづき、文化放送もAMステレオ放送を終了し、2012年2月6日(月)からモノラル放送に移行していた。その影響らしい。最近は文化放送をあまり聴いていなかったので知らなかった。

いつも文化放送をお聴きいただきありがとうございます。

2012年2月6日(月)から文化放送のAM放送はモノラル音声での放送となります。
現在お使いのラジオがモノラル受信機のかたはこれまでと変わらず、ステレオ受信機のかたも今後もモノラル音声でお楽しみいただけます。

なお、パソコンやスマートフォンでラジオが聴けるradiko.jpはステレオ音声で配信いたします。

引き続き文化放送をご愛聴いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

モノラル放送移行のお知らせ(文化放送ウェブサイト)

AMステレオ放送は、東京ではニッポン放送を残すのみとなった。今のうち聴いとかないと。ちなみに私は、AMステレオ対応の受信機は DENON TU-1500SONY SRF-A300 の2台を所有。でもウチは、ニッポン放送の電波が入りにくいので充分なステレオ感は得られないかもしれない。

以下、当ブログの前掲エントリーより抜粋:

『ラジオマニア2010』(三才ブックス、2010年)によると、AMステレオ関連のICは「そのほとんどが廃番となり、現在では入手不可能。わずかに入手可能なものでも、流通在庫のみ」(p.133)とのことなので、[AMステレオ放送は]いずれ終了するにちがいない。

さらに時間が経過しているので、入手はさらに難しくなっているはず。この状態では終了もやむを得ない。

当エントリー公開時(2012年2月16日)現在、AMステレオ放送を続けているのは、以下の局のみ。けっこう減ったなぁ:

  • ニッポン放送
  • CBCラジオ
  • 東海ラジオ
  • ラジオ大阪
  • 和歌山放送
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DJ TARO×西寺郷太「2012年、自衛隊の話をしよう」自衛隊の音楽、『MAMOR』vol.61 2012年3月号(扶桑社)

○DJ TARO×西寺郷太「2012年、自衛隊の話をしよう」自衛隊の音楽、『MAMOR』vol.61 2012年3月号(扶桑社)

 


『MAMOR』vol.61 2012年3月号(扶桑社)
表紙&グラビアは眞鍋かをりだよ。
 

DJ TARO西寺郷太が、防衛省オフィシャル・マガジン『MAMOR』vol.61 2012年3月号(扶桑社)に登場していた。創刊5周年記念新春スペシャル対談「2012年、自衛隊の話をしよう」という企画のひとつ。

DJ TARO (@DJ_TARO) on Twitter
西寺郷太 (@Gota_NonaReeves)on Twitter

DJ TAROは「HELLO WORLD」(J-WAVE、月〜木22:00-23:45)のナビゲーターなどを務めるDJ。西寺郷太は NONA REEVES のヴォーカリストで「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、月〜金13:00-15:30)の水曜日15:00台のコーナー「コラ☆コラ」に出演中。

この企画では、「自衛隊の○○」と題して数組の対談が組まれていて、DJ TAROと西寺郷太は「自衛隊の音楽」をテーマに対談。


『MAMOR』vol.61 2012年3月号目次
 

「自衛隊音楽まつり」(の映像?)を観た感想をきっかけに、自身の吹奏楽部時代の想い出(西寺)などを交えつつ、自衛隊の音楽について語っております。

以上、ご紹介まで。詳しくは書店でご確認を。

ちなみに、自衛隊の音楽はこんな感じだよ:


海上自衛隊横須賀音楽隊 plays AKB48「会いたかった」
 

平成23(2011)年度自衛隊音楽まつり
(日本武道館、2011年11月18日(金)、19日(土))
HDノーカット版(108分)

 
Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ラジオな一曲(32):Chet Baker, "My Funny Valentine" (1952)

○ラジオな一曲(32):Chet Baker, "My Funny Valentine" (1952)

 


Chet Baker, "My Funny Valentine" (1952) My Funny Valentine - The Complete Chet Baker
 

おそらく、2月14日にFM各局でかかりまくるであろう、チェット・ベイカー(Chet Baker)の "My Funny Valentine" (1952)

もともとは Babes in Arms (1937) というミュージカルの劇中歌の一部。このミュージカルは1939年に、ジュディー・ガーランド(Judy Garland)とミッキー・ルーニー(Micky Rooney)主演で映画化もされている。邦題は『青春一座』。未見。

この曲は、チェット・ベイカーやフランク・シナトラ(Frank Sinatra)マイルス・デイヴィス(Miles Davis)ビル・エヴァンス&ジム・ホール(Bill Evans & Jim Hall)などが取り上げて、現在はジャズのスタンダードになっている。最近ではマイケル・ブーブレ(Michael Bublé)クリス・ボッティ(Chris Botti)とスティング(Sting)のヴァージョンで知った人も多いらしい。

知っている人には今さらめいた話だけれど,この歌はバレンタインデー(St Valentine's Day)の歌ではない。モテなくて、チョコがもらえなかったから "My funny Valentine" と自嘲しているワケではないのだよ。

歌に出てくる「ヴァレンタイン」は人名で、歌の主人公の恋人の名前。「私の可笑しなヴァレンタイン、ブサイクで賢くもないけれど、ずっとそのままでいてほしい」という内容。もともとのミュージカルでは女性が男性に向けて歌っている。

でも一応、歌詞の最後に "Valentine's day" という言葉は出てくる。と言っても、"Each day is Valentine's day"(毎日がヴァレンタインズ・デイ/ヴァレンタインの日)と言っているので、2月14日じゃなくてもいい。

だいぶん前に池袋のタワーレコードのワゴンで買ったCDが封も切っていない状態で棚に入っているので、出して聴いてみた。

夜中に聴くとちょっと暗い気分になるけれど、いい歌詞。

Chet Baker, "My Funny Valentine" (1952)

My funny Valentine,
Sweet comic Valentine
You make me smile with my heart

Your looks are laughable,
Unphotographable
Yet you're my fav'rite work of art

Is your figure less than Greek?
Is your mouth a little weak?
When you open it to speak,
Are you smart?

But don't change a hair for me
Not if you care for me
Stay little Valentine, stay!
Each day is Valentine's day

私の可笑しなヴァレンタイン
いとしいヘンテコなヴァレンタイン
だから私は心から笑顔になれる

見ると笑っちゃうし
絵にならないけれど
私の大好きな芸術作品

ギリシャ彫刻と比べたら見おとりする?
口元はいまひとつパッとしない?
その口を開いたら
利口に話せるの?

でも髪の毛一本変えないで
たとえ私のためであっても
ずっとかわいいヴァレンタインのままでいて
毎日がヴァレンタインの日

※このエントリーは2011年2月14日に公開したものです。

Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ)の後継番組は「たまむすび」らしい:ラジオ降板小島慶子の後任は赤江珠緒アナ(日刊スポーツ、2012年2月11日(土))

○「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ)の後継番組は「たまむすび」らしい:ラジオ降板小島慶子の後任は赤江珠緒アナ(日刊スポーツ、2012年2月11日(土))

 

2012年3月いっぱいで終了する「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、月〜金13:00-15:30)の後継番組は「たまむすび」(TBSラジオ、2012年4月〜、金13:00-15:30)らしい。パーソナリティーは、元朝日放送の赤江珠緒アナウンサー(月〜木曜日)とTBSの小林悠アナウンサー(金曜日)。

赤江アナについては聴いてみないとどんな感じか判らないけれど、小林アナは、「ザ・トップ5」(TBSラジオ、火〜金18:00-22:00)を聴いた感じでは、けっこう面白い人だと思う。

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2012年2月13日(月)25:00-27:00)で伊集院が言うには、現時点で南海キャンディーズ山里亮太と博多華丸大吉の大吉が曜日パーソナリティーに決まっているらしい。

せめて町山智浩は残してほしいなぁ。

ウチのブログの「キラ☆キラ」関連のエントリーへのアクセスは常に多めなのだけれど、最近ガクンと減っている。降板騒ぎ以降、みんなシラけてしまったのかなぁ?

小島アナ、そのうち「キラ☆キラ」でもう1回ギャラクシー賞を取るんじゃないかと思ってたのにね。残念。

下の『日刊スポーツ』の記事の2段落目を見ると、TBSラジオが「キラ☆キラ」どういう風にテコ入れしたかったのか解るような気がする。

ラジオ降板小島慶子の後任は赤江珠緒アナ(日刊スポーツ、2012年2月11日(土))

 ラジオパーソナリティー小島慶子(39)の降板が決まったTBSラジオ「小島慶子 キラ☆キラ」(月~金曜午後1時)の後番組のメーンパーソナリティーを、フリーアナウンサー赤江珠緒アナ(37)が務めることが10日、分かった。小島は3月いっぱいで降板することが決まっており、赤江アナが出演する新番組「たまむすび」は4月にスタートする。赤江アナにとってラジオのメーンパーソナリティーは初挑戦となる。

 赤江アナは月~木曜を担当し、金曜はTBS小林悠アナ。関係者によると、明るく前向きな気分になるようなトークを中心とした番組内容になるという。日替わりの出演者も検討中で、お笑いタレントの起用も検討されている。

 赤江アナは朝日放送の局アナ時代、ABCラジオに出演しているが、テレビ朝日系「モーニングバード!」など情報番組で発揮している安定感や好感度が起用の決め手になったようだ。

 小島は今年1月の番組内で「今、聴いている人に話しかけている。聴いていない人を呼び込む話はできない」として、リスナーの幅を広げようとする局側の姿勢に納得できず、降板を申し出ていたことを明かした。

※当ブログ内の関連エントリー

小島慶子アナ、「キラ☆キラ」(TBSラジオ)を2012年3月いっぱいで降板するんだってよ。

Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

元刑事・自衛隊のラジオ番組があるらしい:「元刑事の知恵袋」・「自衛隊気ままにトーク」

○元刑事・自衛隊のラジオ番組があるらしい:「元刑事の知恵袋」・「自衛隊気ままにトーク」

ご指摘に基づき変換ミスを訂正(2012年2月26日)

 

いろいろなコミュニティーFM局のウェブサイトでタイムテーブルを見ていたら、元刑事のラジオ・自衛隊のラジオがあるらしいと判明:

「元刑事の知恵袋」(エフエムつやま:岡山県津山市周辺 78.0MHz、木16:00-17:00)

元刑事の石邨清士氏がパーソナリティーを務める番組。

エフエムつやまのウェブサイトには詳しい情報が載っていないのだけれど、番組に出演した方のブログによると、

知っておくべき警察のシステム・イザという時に役立つ防犯対策・ぷらぽソング披露などで、ミュージシャンをゲストに呼んでCDを流したり、生演奏と音楽談義をします。

エフエムつやま「元刑事の知恵袋」の生放送に出演して来ました。2/9、16時から再放送予定。|YUKIO-Tのブログ

とのこと。具体的にはどんな話をしているのか気になる。

上の引用にある「ぷらぽ」とは、石邨氏が理事長を務めるNPO法人。学区の垣根を越えて岡山県の不審者情報サーヴィスを提供している。

岡山の不審者情報サービス・こどもあんぜんめーる<ぷらぽ> トップページ

エフエムつやまはサイマルラジオには加盟していないけれど、独自に番組のネット配信を行っているので、ネット環境が整っていれば聴取可能。TuneInRadio でも聴けるらしい。

ON AIR - エフエムつやま 78.0MHz

 

「自衛隊きままにトーク」(FMぱるるん:茨城県水戸市周辺 76.2MHz、火13:30-13:45)

自衛隊茨城地方協力本部広報室による「現職自衛官による生トーク番組」。パーソナリティーを務めるのは、倉持1海曹・宇田川2陸曹・菅井事務官。

FMラジオ番組(自衛隊茨城地方協力本部ウェブサイト)

カタい話だけではなく、宇田川2陸曹の婚活ばなしなども話題に上るらしい。

番組は、防衛省オフィシャル・マガジン『MAMOR』(扶桑社)の取材を受け、2010年9月号に掲載されている模様。

MAMORに掲載(自衛隊茨城地方協力本部ウェブサイト)

ところで、FMぱるるん「マット安川のずばり勝負」(ラジオ日本、金12:30-15:00)をネットしてるのね(FMぱるるんでは火14:00-)。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

長谷川和彦[監督]『太陽を盗んだ男』(1979年)はラジオ映画だ!(3):続・劇中の公開生放送の現場に行ってみた。

○長谷川和彦[監督]『太陽を盗んだ男』(1979年)はラジオ映画だ!(3):続・劇中の公開生放送の現場に行ってみた。

 

先日このブログで、「ラジオ批評ブログ」的な偏った視点で長谷川和彦[監督]『太陽を盗んだ男』(1979年)について話題にした。そして、劇中のラジオ公開生放送の現場に行ってみた:

長谷川和彦[監督]『太陽を盗んだ男』(1979年)はラジオ映画だ!(1)(当ブログ内)
長谷川和彦[監督]『太陽を盗んだ男』(1979年)はラジオ映画だ!(2):劇中のラジオ公開生放送の現場に行ってみた。(等ブログ内)

今回は、その続き。

前回は、城戸誠(沢田研二)が公開放送の現場である新宿住友ビル敷地内の広場にやってくる所で終った。画像は、上が映画、下が現在:



 

現場に着いた城戸は、広場の一角にある公衆電話に向い、そこから番組に電話をかける。



映画の頃は、やっぱり京王プラザホテル南館がない。
  

上の劇中のカットで印象的なのは、放送ブースの後にそびえ建ちクネクネと回転しているオブジェ。これは、高橋士郎(現・多摩美術大学教授)による「詩的平行四辺形 揺れる四つの立方体」という作品で、1976〜1980年のあいだ住友ビルの前に展示されていたとか。

高橋士郎の立体機構シリーズ「詩的平行四辺形」(高橋士郎ウェブサイト)


詩的平行四辺形 揺れる四つの立方体
 

城戸は持参したヴォイス・チェンジャーを使って番組に電話出演し、DJゼロこと沢井零子(池上季実子)が原子爆弾の使い途をリスナーから募る結果になる。



 

その後、城戸は新宿の街を彷徨う。

下は新都心歩道橋。左奥の褐色の建物が新宿センタービル、手前の斜めの構造の建物が安田火災海上本社ビル(現・損保ジャパン本社ビル):



新都心歩道橋
 

新宿ピカデリー(松竹会館)前:



新宿ピカデリー前
 

劇中の新宿ピカデリーでは、リチャード・ドナー[監督]『スーパーマン』Superman(1978年)、山田洋次[監督]『男はつらいよ 翔んでる寅次郎』(1979年)を上映中。後者の公開日が1979年8月4日で、『太陽を盗んだ男』は1979年10月6日なので、ほぼリアルタイムの新宿がスクリーンに映し出されている。当時新宿の映画館で観た人は、現実とフィクションの混淆にゾワゾワしただろうなぁ。


新宿ピカデリー全景(2009年)
出典:wikipedia、撮影:Kamemaru2000
 

ちなみに、私が写真を撮りに行ったときに上映中だったのはこれ:


『メガネ係長 手持ち花火で大暴れ』
歳とったね。もはや魔法学校って感じでもないし。
 

そして歌舞伎町へ。コマ劇場は現在、閉館&解体中。新宿東宝ビルが建つらしい。TOHOシネマズ新宿やワシントンホテルなどが入居するとか:



新宿コマ劇場前
 


歌舞伎町一番街
たぶんこのヘン。同じ角度からは撮れませんでした。
 

劇中に歌舞伎町駐在所が出てくるけれど、


新宿警察署歌舞伎町駐在所
 

現在では、パトカー配備の立派な交番に。現在、新宿署管内に駐在所はない。


歌舞伎町交番
パトカーの名前は「歌舞伎号」。
 

新宿に土地勘のある人はお気づきかもしれないけれど、映画の順路で徘徊するのはムリ。編集マジック。

まだまだ、つづく

長谷川和彦[監督]『太陽を盗んだ男』(1979年)はラジオ映画だ!(4):完・劇中の公開生放送の現場に行ってみた。(当ブログ内)


随時更新。被災地情報の取得等にお役立てください。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオのミニコミ誌を発行しております(58):中野ブロードウェイのタコシェさんに追加納品しました。

○ラジオのミニコミ誌を発行しております(58):中野ブロードウェイのタコシェさんに追加納品しました。

 

ネットを通じて有志のみなさんを募り、『ラジオ中毒』という手作りのミニコミ誌を発行しています。目下、創刊号・臨時増刊号・2号の3冊出ております。この間の地震で出ばなを挫かれて、最新号の発行からだいぶん経ってしまっておりますが……。

ウィリアム・ギブソン『ヴァーチャル・ライト』Virtual Light(1993年)を蝸牛の歩みで読み直し中。西暦2005年、大地震後のサン・フランシスコという舞台設定のSF。ギブソンは東日本大震災直後、地震についてさかんにツイートしていました。作中の、東京を襲ったとされる大震災ゴジラについて、フィクションとはいえ忸怩たるものがあったのかなぁ。

William Gibson (@GreatDismal) on Twitter

タコシェさんに追加納品しました。

タコシェさんに、『ラジオ中毒』臨時増刊号を5部、追加納品しました(2012年2月9日)。


※臨時増刊号チラシ
上の画像をクリックすると、目次付きのチラシ
(PDFファイル2ページ:373.4KB)がダウンロードされます。
 

お客様からお問い合わせがあったとのことで、納品致しました。今回は少部数の納品なので、売り切れてしまっていたら申し訳ありません。

帰りに、タコシェさんからモンタナのシュークリームを頂きました。美味しゅうございました。

タコシェ(東京都:中野ブロードウェイ3F)への道

中野駅についたら駅前のサンモールの中を通り、そのまま進むといつのまにか中野ブロードウェイへ出ます。中野ブロードウェイ内を直進し、右手に見えてくる3階直通エスカレーターに乗り、3階についたらひたすら真直ぐ進むと、最奥部直前の右手にタコシェさんがあります。

タコシェ(東京都:中野ブロードウェイ3F)地図通販 


お店の入り口はこんな感じ。
 

このプレートが目印。
 

『ラジオ中毒』取扱店

現在、在庫のあるお店は少ないと思います。

模索舎(東京都:新宿御苑新宿門む かい)地図

タコシェ(東京都:中野ブロードウェイ3F)地図通販

Lilmag(オンライン・ショップ)
 通販:2号臨時増刊号創刊号

ちんき堂
(兵庫県神戸市中央区元町通 1-11-8 千成堂ビル2F)地図

貸本喫茶ちょうちょぼっこ
(大 阪市西区北堀江1-14-21第一北堀江ビル4F) 地図

キララ文庫(熊本県熊本市黒髪6-9-9)地図

Blue. September. Blue.(オンライン・ショップ)
 通販:創刊号臨時増刊号2号
 ※ご注文方法はサイトで ご確認ください。

* * *

上記のお店で、万一売り切れているというようなことがありましたら、「今度はいつ入荷しますか?」などと、あくまでも紳士・淑女的な物腰を保ちつつ、お店のかたにやんわりプレッシャーをかけてください。

臨時増刊号の執筆者[50音順、敬称略。()内は執筆なさっているブログなど]

Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(58)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(58)

 

2011年12月のつづき:

Shinkansen Music Channel(新幹線JR東海車輛内のミュージック・サーヴィス)

ラジオな一曲(37):スペクトラム「Passing Dream」(1979年)

浜松町グリーンフェスタ 浜祭(文化放送、2011年11月3日(木・祝))で『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花』(1980年)を観てきた。

JACCSが「山下達郎 サンデー・ソング・ブック」(TOKYO FM、日14:00-14:55)のスポンサーを2011年12月いっぱいで降板するそうです。

爆笑問題の日曜サンデー(TBSラジオ、2011年12月18日(日13:00-17:00)

宮ヶ瀬レイクサイドエフエム(神奈川県愛甲郡清川村周辺:83.6MHz)のスタジオ写真とBEHRINGERのミキサー

重要:BEHRINGER は日本から撤退していなかった模様&Twitterもやってるみたいだよ。

デイヴィッド・リンチ、1stソロ・アルバム Crazy Clown Time (2011) を発表 & ロサンジェルスのラジオにゲスト出演。

社会学者の鈴木謙介、「文化系トークラジオ Life」(TBSラジオ)の司会・パーソナリティーを半年間休業へ。

ラジオな一曲(38):the Indigo feat. 西寺郷太「Sweet Radio」(2003年)

爆笑問題のオールナイトニッポン(ニッポン放送、1990年10月26日(木)25:00-27:00)

ファンの定義とボッタクリメイド喫茶:最近聴いて面白かった、おススメのネット・ラジオ。

輝く!僕のラジオ大賞 2011

2012年1月:

山下達郎 サンデー・ソングブック(TOKYO FM、日14:00-14:55)、新スポンサーはTSUTAYA(ツタヤ)。

「ホモソーシャル」とは何か。

『ラジオ番組表 2011年秋号』(三才ブックス、2011年)

『ラジオマニア 2011-2012』(三才ブックス、2011年)

「オテンキ・のり」のいずれは地上波! (文化放送ポッドキャスト、毎週金曜更新)

「山下達郎 サンデー・ソングブック」(TOKYO FM)の新スポンサー、代官山蔦屋書店に行ってみました。

多摩むかし探訪(ネットラジオ)、2011年12月配信分で終了。

過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(29)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(30)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(31)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(32)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(34)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(35)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(36)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(38)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(39)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(40)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(41)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(42) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(43)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(44)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(45)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(46)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(47)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(48)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(49)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(50)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(51)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(52)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(53)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(54)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(55)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(56)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(57)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネット・オークションとラジオ欄

○ネット・オークションとラジオ欄

 

ネット・オークションで商品を落札すると、送られてくる箱の中に緩衝材として出品者のかたの地元の地方紙が詰めてあることがある。

最近届いた荷物の梱包を解いて、詰めてある新聞を古紙回収に出すために整理していたとき、ふと紙面をみるとラジオ欄だった。『北海道新聞』2011年9月23日(金)朝刊。


画像をクリックすると大きい画像が表示されます。
 

知らない土地のラジオ欄を見るのはけっこうおもしろい。

『ラジオ番組表』(三才ブックス)でもラジオの番組表は見られるのだけれど、新聞紙が北海道からはるばる東京までやってきたというところが、なんともロマンを感じるところ。また、ブロードバンド時代の昨今、データで色いろなものが手に入るけれど、物を介してしか得られない愉悦は厳然として存在し、私にとってはその価値はいっそう増している。もちろん、「ヴァーチャルは、ヴァーチャルとして、充分なリアリティーをもっている」(Gilles Deleuze)んだけどね。

ミニコミ誌でお世話になったヨダレさんが関わっている「カーナビラジオ午後一番!」(HBCラジオ、月〜金12:00-16:00)も載ってる。

関東より北に行く機会がなかなかない。「日高晤郎ショー」(STVラジオ、土8:00-17:00)、一度聴いてみたいなぁ。

Google

| | コメント (3) | トラックバック (0)

長谷川和彦[監督]『太陽を盗んだ男』(1979年)はラジオ映画だ!(2):劇中のラジオ公開生放送の現場に行ってみた。

○長谷川和彦[監督]『太陽を盗んだ男』(1979年)はラジオ映画だ!(2):劇中のラジオ公開生放送の現場に行ってみた。

 

先日このブログで、「ラジオ批評ブログ」的な偏った視点で長谷川和彦[監督]『太陽を盗んだ男』(1979年)について話題にした:

長谷川和彦[監督]『太陽を盗んだ男』(1979年)はラジオ映画だ!(1)(当ブログ内)

さて、この映画の中に、DJゼロこと沢井零子(池上季実子)が担当する「ゼロのブタブタジョッキー」というラジオ番組の公開生放送のシーンがある。

こんな感じ:


 

この場所に見憶えがあるので確認しに行ってみた:


 

やっぱりね。

この場所は、新宿住友ビル敷地内の広場。残念ながら、公開放送には間に合わなかった。もう30年以上前に終っている。


新宿住友ビル
「三角ビル」とも呼ばれる。実際には六角柱。薄い直方体を3枚貼り合わせたような構造で、中は吹き抜けになっている。柱の列が外周とその内側との二重になっているので、建築学的にはダブルチューブ構造というらしい。
 

ちなみに、このビルの48階が、水木しげるの電車内広告でおなじみの平和祈念展示資料館。総務省の委託事業で、政府の歴史観を無料で喧伝中だが、個々の展示には見る価値がある。今回(2011年夏ごろ)は、企画展「マンガで綴る戦争 斎藤邦雄の世界」の開催中だった。4フロアー上のエスカイヤクラブでバニー・ガールが接客していると思うと、チョッと苦笑する。


 

 

平和祈念展示資料館(東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル48階)(当ブログ内)
※2008年に見学に行ったときのレポート。

さて、映画に話を戻すと、番組は屋外にある温室のようなブースから放送している。


 

暑くないのかなと思っていたら……


 

曲の合間に外で涼んでるし。

ここに、携帯ラジオのスピーカーを耳に直接当ててワイルドに番組を聴取しながら、主人公の城戸誠(沢田研二)がやって来る。上が映画、下が現在。



 

城戸の奥に見える草の空き地が現在の東京都庁舎の敷地で、都議会議事堂のあたり。映画では、この位置から国際通信センタービル(現・KDDIビル)まで見通せる(上写真の左上あたり)。現在では考えられない眺め、何もない西新宿。

ちなみに、城戸は新宿に近い中央線沿いのアパートに住んでいるという設定。ここの一室で原子爆弾をDIYする。


 

 

このアパートは現在も映画と同じ佇まいで存在する。実際に確認してきたけれど、一般の住居なので場所はヒミツ。気を付けていれば、中央線の車内からも一瞬だけ見える。

城戸は新宿の近くに住んでいるためか、早朝に新宿周辺をジョギングする。Xデイに向けてのトレーニング:



新宿四丁目交差点
新宿駅から甲州街道を新宿高校のほうに降りてゆく途中の交差点。
いずれも、奥に天龍寺が見える。ちなみに、内藤新宿の時の鐘はこの寺に現存する(新宿区指定有形文化財(工芸品))。

 


議事堂南交差点あたり
映画では、下の写真の信号のあたりから撮っていると思われる。
 

映画の頃の新宿副都心はビルもまばらで、空が広い。走る城戸の向って左に新宿住友ビル、道を挟んで右に新宿三井ビル、その手前に京王プラザホテル(本館)、その右に黒っぽい新宿センタービル、その奥に新宿野村ビルがちょっとだけ見切れている。右手前の建設中のビルは、京王プラザホテルの南館(1980年11月1日開業)かもしれない。また、映ってはいないけれど、右下のレンガの構造物の手前に国際通信センタービル(現・KDDIビル)がある。

現在の写真では、ビルが密集していて判りにくいけれど、三井ビルの手前に、都議会議事堂新宿NSビル、京王プラザ本館の手前に新宿モノリス、道の奥正面には新宿アイランドタワーが新たに建っている。30年あまりの間に、ずいぶん様子が変っている。ビル・マニアの人も愉しめる映画になっている。

ちなみに、アイランドタワーのふもとにはコレがある:


 

ノー・モア・ヒロシマ、ノー・モア・ナガサキ、そしてノー・モア・フクシマ。LOVE & PEACE。

まだまだ、つづく

長谷川和彦[監督]『太陽を盗んだ男』(1979年)はラジオ映画だ!(3):続・劇中の公開生放送の現場に行ってみた。(当ブログ内)


長谷川和彦[監督]『太陽を盗んだ男』(1979年)
 

随時更新。被災地情報の取得等にお役立てください。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「オールナイトニッポン0(ZERO)」パーソナリティー・オーディションをやっているのにさっき気付いた。

「オールナイトニッポン0(ZERO)」パーソナリティー・オーディションをやっているのにさっき気付いた。

 

ダンコン氏のブログ「11分で書いて出す」を拝見して、2012年4月から始まる新番組「オールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送、月〜金27:00-29:00)のパーソナリティー・オーディションをやっていると、つい先ほど知った。応募締め切りは2012年2月5日(日)23:59。詳細は公式サイトで。

11分で書いて出す : すっぱい夢でも食べられる『タイムマシン部』が1242に再挑戦!

オールナイトニッポン0[zero] パーソナリティオーディション - AM1242 ニッポン放送(オーディション公式サイト)

この番組はラジオだけでなくスマートフォン向け放送局 nottv を使った動画配信も行う予定とのことで、オーディションがYouTubeへの動画のアップロードというかたちで行われている。

NOTTVとは | 株式会社mmbi

annaudition さんのチャンネル - YouTube
※「オールナイトニッポンオーディション」チャンネル

有名な人・無名な人、いろいろな人がエントリーしている。立川こしら久保ミツロウ桃井はるこ水樹奈々の妹もいた。

やっぱり「オールナイトニッポン」のネイム・ヴァリューはスゴい。応募するほうも目標が明確でよい。

合格すれば何かの番組には出られるけれど、どの番組に出られるのか判らなかったTBSラジオのパーソナリティー公募、イマイチ盛り上がってなかったような……。

「われこそは!」という方はぜひ。


オールナイトニッポン0
【パーソナリティオーディション募集要項】

出演:箱崎みどりアナウンサー(ニッポン放送)
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小林信彦「本音を申せば」第686回「「運命の人」ドラマ化」、『週刊文春』2012年2月9日号

○小林信彦「本音を申せば」第686回「「運命の人」ドラマ化」、『週刊文春』2012年2月9日号

 

小林信彦御大が、『週刊文春』のコラムの終盤3分の1ほどを費やして、「ニュース探究ラジオ Dig」(TBSラジオ、2012年1月19日(木)22:00-24:50)について怒っていた。「キネマ旬報・2011年映画ベストテン発表!ってみんな映画どれだけ観てるの?」の回。

放送後記 1月19日(木)「キネマ旬報ベストテン映画発表」(Dig | TBS RADIO 954kHz)

2011年 第85回キネマ旬報ベスト・テン

『東京新聞』に寄せられた、「選ばれた作品を小ばかにするような発言が続き、不愉快になりました」「居酒屋での会話のよう」というリスナーからの投書に同意するかたちで、小林御大は「新藤[兼人]さんに対する敬意のかけらもない」と一喝。

私もこの回を聴いていたけれど、言うほど「選ばれた作品を小ばかにする」感じではなかったけれど。

別にオレが擁護する必要もないのだけれど、キネマ旬報ベスト・テンの選出方法の話題という文脈あっての話なので、投書の人や御大の切り取りかたはややアンフェアー。要は、キネマ旬報ベスト・テンは、多くの人が1位に選んだ作品でなくても、多くの人が5位や6位に選んでいればそのぶんポイントが積み重なって全体の1位になることがあるという感じの話だった。

とは言え、聴いている時は、新藤兼人[監督]『一枚のハガキ』(2011年)を出演者の誰も観ていないという事実が何ごとかを語っているようにも思えたけれど、投書のかたや御大に言われてみれば、作品を観ないで功労賞扱いするのは確かにマズかったかもしれない。「敬意のかけらもない」と言われればその通り。

でも、「居酒屋」風のトークは、ケレン味が過ぎず、落ち着いた感じでそんなに悪くなかった。

ちなみに、今回も名は伏せてあったが伊集院光に言及。

「ある芸人さん」(伊集院光)が小林御大はTBSラジオずきだと言ったのに対して、御大はテーマによって局を選んでいるという話もしていた。「政治は文化放送」とのこと(他の局は誌上でご確認を)。「原発問題については文化放送がもっともリベラル」とのご意見。

私には、「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(文化放送、月〜金13:00-15:30)が始まるまで、文化放送に対してリベラルなイメージはあんまりなかった。しかし最近では、御大が言うように「原発問題については文化放送がもっともリベラル」。とりわけ、「吉田照美 ソコダイジナトコ」(文化放送、月〜金6:00-8:30)はその傾向が顕著。平野博文の機密費ネコババ疑惑、そしてこの度の原発問題以前は、吉田照美がリベラルな人という印象はなく、むしろノンポリな人と思っていた。

そして、小林御大は、

「[新藤兼人は]九十九か、そのうち百になるぞ、ケッケッケ」といった雑談をナマで流したTBSラジオは保守的であり、ズレているのだろう。

リベラルが売りのTBSは、これを言われるとけっこうシンドイね。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花の雲 鐘は上野か 浅草か——radiko のCMでおなじみ、時の鐘を上野で聴いて録ってきたのココロだぁ。

○花の雲 鐘は上野か 浅草か——radiko のCMでおなじみ、時の鐘を上野で聴いて録ってきたのココロだぁ。

 

TBSラジオを聴いていると、小沢昭一御大が出演する radiko のCMが時どき流れる。

このCMは、松尾芭蕉の句「花の雲 鐘は上野か 浅草か」を引用しつつ、都市化とともに聴こえにくくなったという共通項で、ラジオを時の鐘に準える内容。

これを聴いて以来、時の鐘が気になってしょうがない。調べてみると、上野の鐘は現在も撞かれていると判った。ただ、これまで一度も聴いた憶えがない。

聴けるとあらば、あとは行くだけ。

1月下旬の上野は「花の雲」にはほど遠く、この日は冬の雨でありました。


上野公園は足下を照らす灯も粋です。
「うえの華灯路浮世絵行燈」
 

上野の時の鐘、所属は天台宗東叡山寛永寺、所在は上野恩賜公園内。寛永寺は、比叡山延暦寺の別格大本山に該る。上野の時の鐘は、環境省選定「残したい日本の音風景100選」にも選出されている。

上野のお山の時の鐘(環境省選定 残したい日本の音風景100選/詳細ページ)

鐘は、6:00、12:00、18:00 の1日3回。明六ツ、九ツ、暮六ツに相当。厳密には、現在と江戸時代とでは時法が異なるので、九ツ以外は必ずしも一致しない。

注意すべき点は、寛永寺を目指して鐘を探すとなかなか辿り着けないこと。清水観音堂や、やや奥まった本堂(根本中堂)など寺関係の施設を探すのではなく、むしろ精養軒を目指して行くほうが簡単に見つかる。鐘楼は精養軒の左手にある。


奥が時の鐘、右は精養軒
 

観賞のベスト・スポットとは、大佛パゴダ。鐘楼と高さがほぼ同じなので,鐘をついている様子がよく見える。


大佛パゴダ
 

上野大佛は御尊顔だけが残っています。
 

大佛パゴダから見た時の鐘
 

鐘守さんがついに登場:


 

ニット帽にジャンパーかよ!
 

ラジオを聴いていたので判ったのだけれど、この日の時の鐘はラジオの12:00の時報よりも若干フライング気味。江戸っ子はせっかちだ。

動画を録ったのだけれど、ファイル・サイズの都合でこのブログには上げられず、動画から音声だけ抜いたものを公開。正午なので九つ撞いているはずだけれど、長いので途中を一部だけ。コンパクト・デジカメで録ったため、音質はそれ相応。悪しからず。


上野の時の鐘
上野恩賜公園、2012年1月22日(日)12:00ごろ
 

ついでに、園内をしばし散策:


寛永寺清水観音堂
不忍池側が懸造になっていて、京都の清水寺のような舞台になっている。
 

不忍池へ降りて行く石段。風流ですね。
 

不忍池
かつてこの地でロビンマスクとアトランティスが死闘を繰り広げました。
辯天堂の後背にそびえるタワー・マンションの最上階に中尾彬が住んでいるらしい。どっちのビルかはヒミツ。

 

不忍池では、カモが遊び、
 

ゴイサギは羽を休め、
 

おじさんは眠る。
 

一応、西郷どんにもご挨拶。
 

駅前から西郷どんがチラリズム
西郷会館=上野百貨店跡の工事現場
レストラン聚楽台に行けなかったのが悔まれる。
 

隣の上野松竹デパートは現在も営業中
ここの100円ショップは広くて品揃えが良い。
かつて映画館だった2Fは閉鎖中。

 

話を戻すと、時の鐘については下記サイトの解説が解りやすい。時の鐘の場所・由縁・現状が説明されている。

歴史を留める東京の風景(「歴史の足跡 II」内)
上野時の鐘(同上)

上記サイトによると、浅草の時の鐘も現存し、撞かれているとのこと。「よ〜し、今度は浅草」と思ったけれど、今は朝6:00の1回だけだってさ。こちらは花の雲の時期になってから。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオを聴こう! 調布エフエム 83.8MHz ハミングハート、『182ch』第32号 (2009年1月31日発行)

○「ラジオを聴こう! 調布エフエム 83.8MHz ハミングハート」、『182ch』第32号 (2009年1月31日発行)

 

東京都の調布・千歳烏山周辺のタウン情報を掲載しているクーポン付きフリー・マガジン『182ch』のバックナンバー第32号に、コミュニティーFM・調布エフエム(東京都調布市周辺:83.8MHz)の記事が載っていた。同誌ウェブサイトで閲覧できる。内容は、番組紹介・スタッフ紹介・番組への密着取材。

白眉は、調布FM局舎の間取図。オフィスやスタジオの配置が解る。放送局の間取りなんてなかなか見る機会がないので、得した気分。興味のある人は要チェックだ。

ラジオを聞こう! 調布エフエム(182 Channel @ Web 調布タウンニュースマガジン イチハチニ)

調布FM(公式サイト)

私は、記事でも紹介されている朝のワイド番組「調布・朝の光と風」(月〜金7:00-10:00)の雰囲気が好きで、時には、わざわざ調布駅で降りて北口のマクドナルドで朝メシを食べつつ聴くこともある。2階からPARCO・西友前の交差点の往来を眺めつつ聴くのがいい感じなのです。

開局以来番組を担当してるパーソナリティーの遠藤理は、元IBS茨城放送アナウンサー。「遠藤理のボン・ディマンシュ」(IBS茨城放送、1998年4月12日〜2006年4月2日、日12:00-16:20)は8年も続く人気番組だったとか。声の感じから30代ぐらいと思っていたので、文化放送の野村邦丸アナウンサーと茨城放送の同期だったと知って驚いた憶えがある。


調布駅北口交差点
奥がPARCO、右が西友。この西友は、「空耳アワー」の名作「東急ハンズ、次はそばに西友」に出てくる西友です。
 

調布エフエムは、駅前のPARCO1Fにサーティワン・アイスクリームがあった頃に、月イチぐらいで週末の生番組の公開生放送をやっていた(と思う)。店の駅前ロータリー側の一角をサテライト・スタジオ風にアレンジして放送していた。現在は J:COMショップ調布駅前店内に常設のサテライト・スタジオがあり、土曜日に「ラジオボンバー」(土9:00-12:00)の公開生放送が行われているらしい。そのうち行かないと。

ケーブルテレビのJ:COM (ジェイコム:ジュピターテレコム) 調布駅前店
※ページ内の写真にサテライトスタジオも映っている。

調布エフエムはサイマルラジオに加盟しているので、ネット環境さえ整っていれば世界中で聴くことができる。

サイマルラジオ

京王線は、開かずの踏切問題解消のために線路の地中化を進めている。沿線住民の利便性を考えると歓迎すべきことだけれど、電車の中からラジオが聴けなくなるのは、ラジオずきとしてはチョッと残念。


Orleans, "Dance with Me" (1975)
「調布・朝の光と風」(月〜金7:00-10:00)のジングルで使われています。
"♪Dance with Me. -- Chofu Morning Lights and Breeze."

 

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »