« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

ラジオな一曲(40):てつ100%「TOKYO TACO BLUES」(1986年)

○ラジオな一曲(40):てつ100%「TOKYO TACO BLUES」(1986年)

 

「TOKYO TACO BLUES」(1986年)は、てつ100%のデヴュー・シングル。その後、アルバムには収録されず、CD化もされていないようだ。


「TOKYO TACO BLUES」(1986年)
 

この曲を初めて聴いたのは、「伊集院光 日曜日の秘密基地 おバ歌謡発掘大作戦!レコード会社対抗おバ歌謡プレゼンテーションスペシャル」(TBSラジオ、2005年08月21日(日)13:00-17:00)でのこと。

「おバ歌謡」CDの第2弾が出ていれば、初CD化になっていたかもしれないのに。残念。


てつ100%「TOKYO TACO BLUES」(1986年)
 

てつ100%「TOKYO TACO BLUES」(1986年)

Come on, Come on, Come on,
Let's play together blues......
Ride on, Ride on, Ride on,
Let's play together blues......
Come on, play together
"TACO", "TACO", "TACO",
TACO BLUES

Smokin', Drinkin', Pushin',
Let's play together blues......
Dig it, Jump it, ya ya ya ya
Let's play together blues......
Come on, play together
"TACO", "TACO", "TACO",
TACO BLUES

彼女、一緒に御茶の水
イヤよ、イヤよ、きっとあなた何か信濃町
No, No, No, No, オレは何にも千駄ヶ谷
じゃあいいわ、ちょっとだけなら飯田橋
ナウいホテルへ池袋
だめよ、だめよ、だめよ、アンタもう豊島園

三鷹、三鷹、三鷹、三鷹、オレは正義の三鷹
だけどアンタとうとう私を代田橋

……

前掲のPVにラジオが登場する。

冒頭で男がラジオの電源を入れると曲が始まる。その後バイクで走行しているシーンでも、ハンドルにぶら下げられたラジオが映る。


 

 

ラジオがアップになったときに、若干判りにくいけれど「SONY」のロゴが映る。まぁ、レコードが CBS SONY から出ているので SONY製で間違いないと思う。

このラジオは、SONY ICR-S1(1979年発売)。なぜ判るかと言うと、持っているから。


SONY ICR-S1
 

「ザ・感度。」がキャッチ・コピーのシリーズの機種のひとつで、愛称は「Super Star」。バー・アンテナが長い。型番「ICR-S1」の「S」は「sensitivity」(感度)の意味かもしれない。また、「ICR」だけれど、ICラジオだったのは初期モデルだけで、後期モデルではICは使われていない。私が所有しているものは後期のヤツ。


SONY ICR-S1 内部
 

SONY ICR−S1(「カワサキAA676のホームページ」内)

ソニー(「新ラジオ資料館」内)

ちなみに、SONYのロゴの下にある「SSP」と読める意匠化された文字は、「Sensitivity Selectivity Portability」の略と思われる(未確認)。

曲に話を戻すと、レコードでは、アルト・サックスで坂田明、ドラムスで東原力哉ナニワエキスプレス)が参加している。豪華だなぁ。

ピアノは菅野よう子(菅野洋子)だよ……って言うとよろこぶ人たちがいるのは知っております。

ヴォーカルの杉原徹は、現在もこの曲をライヴで歌ったりするようだ。ちなみに、「サタデーラジオ応援隊「あの街この街てつが行く」」(BSNラジオ、放送期間不詳、土13:00-15:00)で2003(平成15)年日本民間放送連盟賞優秀賞の受賞歴もある。


杉原徹「TOKYO TACO BLUES~アコースティックVer~」
第1回大井三つ又ミュージックフェスタ(東京・大井町、2011年10月2日(日))
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2012年1月23日(月)25:00-27:00)

○月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2012年1月23日(月)25:00-27:00)

 

伊集院光が、第146回芥川賞の記者会見における田中慎弥の話をしていた。「なんかすげ〜イヤ」で「気持ち悪い」のだとか。

田中慎弥の発言がイヤなのではなく、むしろシンパシーを感じるとのこと。「気持ち悪い」のは、メディアによる取り上げ方のほう。

田中慎弥が発した批判めいた発言を慎太郎にチクって何かキナ臭いことを言わせようとけしかけたり、田中慎弥の発言の真意を陳腐で解りやすい型に落とし込もうする予定調和な感じがイヤなんだとか。

そんなこと言われたら気になるので、当該記者会見のノーカット版を見てみた:


芥川賞 田中慎弥記者会見(ANNニュース、2012年1月18日)
 

記者会見という特殊な状況なので何とも言えないけれど、感じは良くないが善人そうな人ではある。バカとヤンキー以外の男子だったら、我が身を振り返ると、たぶんあの感じに心当たりがある、アイタタタ。オレもあんな感じだったなぁ……今も根はあんな感じだけど、普通の社会人には得がないので言動には移さない。

それはさておき、記者会見で全然作品の話しないのね。受賞作を書いた本人がそこにいるのに、小説書くほど言いたいことのある人なのに、せっかくのチャンスをどうして活かさないのだろうか。新聞の学芸部はひとりも来てないのかよ。

他方、石原慎太郎は芥川賞の選考委員を辞任する意向らしい。純文学ファンには朗報。


石原都知事 芥川賞の選考委員辞任の意向
(ANNニュース、2012年1月18日)

もうあれ辞める、あれは。[……]いつかね、若い連中が出てきてね、足すくわれるみたいな戦慄を期待したけどね、全然刺激にならないからね。[……]自分の人生を反映したリアリティーがないね。つまり心身性、心と体、心身、そういったもののね、何と言うかな……心身性が感じられないね。

石原慎太郎(2012年1月18日)

いかにも実存主義者らしい発言。

だけれどむしろ、心身性に拘束されているにもかかわらず心身性が実感できない人生、リアリティーはないけれどリアルとしか言いようのない人生における葛藤や疎外こそが、現代文学の主要な関心事のひとつなのでは。

こういうのをエレガントに書いていくと円城塔の一連の作品みたいなものになっていくんだと思う。

他方、田中慎弥『共喰い』(集英社、2012年)はその点において直球で、セックス・暴力・家父長制・身体性の権化みたいな父と暮らしながら、自分はそういう人生を生きられない主人公の話。

田中慎弥が受賞し、石原慎太郎が去るという現実とパラレルになっているのも面白い。

実際に読んでみたけれど、けっこう面白かった。映画『ヒミズ』(2012年)を観たばかりの人は既視感をもって読むことになると思う。これにつげ義春の自伝的作品のテイストを足したような感じ。10万部に達したらしい。

田中慎弥さん「共喰い」発売は10万部 芥川賞受賞作:日本経済新聞(2012/1/27 10:20)

田中慎弥の発言。

もし断ったって聞いて、気の小さい選考委員が倒れたりなんかしたら都政が混乱しますんで、都知事閣下と東京都民各位のために[芥川賞を]もらっといてやる。

田中慎弥(2012年1月18日)

これに対して石原慎太郎は、

いいじゃない、皮肉っぽくて。オレはむしろ彼の作品を評価したんだけどね。

石原慎太郎(2012年1月18日)

慎太郎の思想や行動にはほぼ共感できないが、悔しいけれど人間としては完全に格上。西部邁にも同じものを感じる。

この目の上のタンコブ感、それ自体が文学的なテーマ。そして、苛立ちながらの「父殺し」、これが若手表現者の駆動力になるのです。

ともあれ、次号の『文藝春秋』が愉しみ。

※伊集院の発言は下記に詳しい:

伊集院光「芥川賞・田中慎弥の会見に見るマスコミの気持ち悪さ」 | 世界は数字で出来ている

Google

| | コメント (0) | トラックバック (1)

小島慶子アナ、「キラ☆キラ」(TBSラジオ)を2012年3月いっぱいで降板するんだってよ。

○小島慶子アナ、「キラ☆キラ」(TBSラジオ)を2012年3月いっぱいで降板するんだってよ。

 

ビックリ! 小島慶子アナが、「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、月〜金13:00-17:00)を2012年3月いっぱいで降板するそうです。人気なのにね。

小島アナ本人が去年12月に降板を申し入れて、局は慰留していたとのこと。

『日刊スポーツ』の報道を受けて、2012年1月26日(木)の放送内で自身の口から降板の理由を語った。

TBS RADIO 2012年01月26日(木) キラ☆キラ オープニング - 小島慶子 キラ☆キラ
※本人による降板の理由の説明。

「ラジオの女王」育児優先で番組降板か - 芸能ニュース : nikkansports.com

前掲音源によれば、報道とは異なり、自身とTBSラジオとの方針の違いが降板の本当の理由のようだ。

「キラ☆キラ」のやってほしがっていることと、私がラジオでやりたいことが、これだけ違ってしまったら、できないです、ということで降板を申し入れました。

とのこと。方向性の違い——バンドの解散みたいだゼ。

具体的には、実際に聴いてくれている人に語りかけるのがラジオだと考える小島アナと、40代50代の男性自営業者を取り込みたい局の意向との間に齟齬が生じたとの説明。

今聴いている人はさておき、その後ろでまだ聴いてないTBSラジオが必要としている人たちを呼び込むために、その人たちを意識したしゃべりをするんだと、人と人とで喩えてみたら、「あぁ、元気?」って寄って来て会話してるんだけど、目はずっと自分の後ろの誰かを探してるっていう相手と会話することになっちゃうじゃない、リスナーにしてみれば? そんなのやだよ、私。

確かに、一旦ムリだと思ったことを続けていくのは苦痛だもんなぁ。でも、オレだったら「はいはい」って返事しながら、今までの流儀でシレっと続けると思うけど。

真面目ですな。

降板は残念だけれど、それほど時をおかずラジオで再びお声を耳にすることになるでしょう、きっと。今後のご活躍を期待してやみません。

ただ今回は、言っていることは解るけれど、何でだろう、リスナーのことを考えてくれている人というよりも、俺たちとは違う価値観の違う世界に生きている人だなぁという印象を若干受けてしまった。

40代50代の男性自営業者は取引先と意見が違っても仕事を降りることなんてそう簡単にできないし、このご時世いったん店や工場を畳んだら次の仕事なんかないもんなぁ。

好きなパーソナリティーなので、応援していることには変らないけれどね。

※当ブログ内の関連エントリー:

元TBSアナウンサー小島慶子 38歳初ビキニ&インタビュー「私が水着になった理由(わけ)」『週刊プレイボーイ』No.42 2010年10月18日号(集英社)

ラジオパーソナリティ・小島慶子 オジキ、アゲイン『週刊プレイボーイ』No.1-2 2011年1月3-10日号(集英社)

情熱大陸 ラジオパーソナリティ 小島慶子(MBSテレビ;TBSテレビ他、2011年4月3日(日)23:00-23:30)

Google

| | コメント (5) | トラックバック (2)

西郷輝彦は、かなりコアな Mac ユーザーらしい:「辻よしなりの「週末アソビナビ」」(TBSラジオ、2012年1月21日(土)17:00-17:15)

○西郷輝彦は、かなりコアな Mac ユーザーらしい:「辻よしなりの「週末アソビナビ」」(TBSラジオ、2012年1月21日(土)17:00-17:15)

 

たまたま聴いていた「辻よしなりの「週末アソビナビ」」(TBSラジオ、2012年1月21日(土)17:00-17:15)に西郷輝彦がゲスト主演していた。

話題は、西郷輝彦が Macintosh SE/30 以来のMacユーザーだという話になった。 ちなみに、SE/30は、初期の一体型Macのひとつ。1989年発売。

西郷輝彦は、元もとオーディオ・マニアだそうで、

西郷輝彦 それで、しょっちゅう秋葉原へ独りで行って、うろうろうろうろしてたんですね。

ある日ね、SE/30が陳列してあった。

辻よしなり うん。

西郷 生まれて初めて、「こんな美しいものがこの世の中にあるんだろうか!」。

 ほ〜う。

西郷 パソコンなんか触ったこともないんですよ。これ、もう目が離せなくなって、その場から離れられなくなって……買って帰ったんです。

で、なんにもわからない。でも、わからなくていいと思った。僕の机の上に置いてあればいい。

 はははは。それだけ美しかった?

西郷 美しかった。

 ず〜っとこの形、Mac から逃れられないわけですか?

西郷 もう、ずっと Apple の製品をず〜〜〜っと買ってくんですよ。

 何台ぐらいあるんですか?

西郷 もう、人にあげたものもありますし。最初のSE/30はとってあります、ウチにあるし、最初の iMac も置いてあります。

[……]

 [スティーヴ・]ジョブズさんが、あの、Air、Airですよ——

西郷 MacBook Air!

 MacBook Air をお披露目した時の状況を見てみて、何か思い立ったことがあるなんて話を聞いたんですが?

西郷 あの、封筒に、この……入れる。封筒から出す、封筒に入れる、それぐらい薄いんだよと、MacBook Air はこんなに薄いんだよと。

 MacBook Air を封筒から出したんだ、ジョブズさんが?

西郷 そうです。それで僕は MacBook Air をすぐ買って、で、ウチに帰って、封筒に入れて出してみた。

 はははははははは。

西郷 それをやりたくて買ったというか。

 いやぁ、面白いですねぇ。

西郷 MacBook Airって、ホントに美しいですよ。

[スティーヴ・]ジョブズ氏が言った言葉で、点と点を結ぶと必ずひとつのことができ上がる。点と点は未来じゃない、過去にある。過去のあの点とあの点、あれをつなぐと未来につながる、っていうスゴいすばらしい言葉があるんですけど、これ、好きですね。

だから、絶対後悔しちゃいけない。あの時やったことが、絶対後になって「あ、これだったんだ!」っていうことが出てくるっていう……すみません、若干熱くなっちゃって。

 いやいやいやいやいや、もう、西郷さんに語らせると止らないですね。

西郷 いえいえいえ。

 何時間ぐらい触ってます、ちなみに、1日?

西郷 放っといたら1日中やってますけどね。

 はははははは。

西郷 でも怒られますよ、家内に、「いい加減にしなさい」と。

 あの、娘さんお3人いらっしゃいますよね?

西郷 もう、全員やりますよ。

でも、パソコンだけですね、僕が子どもたちに誇れるのは。

西郷輝彦、アキバ系だったんですね。

※参考

何ができるか、なんて考えていなかった Macとの一期一会 俳優・歌手 西郷輝彦さん(Office for Mac | 事例紹介インタビュー)

Text of Steve Jobs' Commencement address (2005)(スタンフォード大学ウェブサイト、英語)
※話に出てくる点と線の話。


西郷輝彦「星娘」(1965年)
 

西郷輝彦「ねがい」(1976年)
「江戸を斬る」(TBSテレビ)主題歌
やっぱり、歌うまいなぁ。

 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小林信彦「本音を申せば」&町山智浩「言霊USA」、『週刊文春』2012年1月26日号

○小林信彦「本音を申せば」&町山智浩「言霊USA」、『週刊文春』2012年1月26日号

 

小林信彦「本音を申せば」連載684回「不安な正月と<呪われた映画>」

もうすぐ既刊になる今売りの『週刊文春』2012年1月26日号で、またもや小林信彦御大が伊集院光をほめておりました。

話題になっているのは、正月に放送された総集編。

「カルパッチョと仮出所を聞きまちがえて、牢屋のなかに消えてゆくデブ」が御大のツボにハマったそうだけれど、コラムを読んだだけでは何がハマったのかイマイチ解らなかった(ネタが面白くないとかいうことではない)。

つまるところ、

こういうレベルの笑いは、まず日本にはない。しかし、伊集院光は自分の好きなギャグが大衆に好かれないことを心得ているのが、他の人とちがう。

ということらしいのだけれど。

放送を聴いていない人にとってはなおさらナンダカ解らないんじゃないかなぁ。全国5局のみのネットだから、『週刊文春』の読者の中では聴けない人のほうが多い。

まぁ、パーソナルな愉悦がラジオの醍醐味ではあるけれど。

町山智浩「町山智浩の言霊USA」連載128「Believe」

ここしばらく「言霊USA 町山智浩」に類するキー・ワード検索でウチのブログに来て下さっている人が増えている。

調べたところ、たぶんコレが理由みたい:

おお、今日発売の週刊文春読でくれた! ファンモンよりAAAがいいって書いた問題原稿ですね。 RT @dooken6213: 歌と言えば、今週の言霊USA、まったく同感です。あの手の曲は僕も大嫌いです。うそくさ過ぎです(@TomoMachi2012年1月19日

みんな、キナ臭い話を期待しているのかもしれないけれど、至極真っ当なことが書いてあったよ、ここでは言わないけどね。『文春』で読みましょう。

ところで、最近、誰にでも当てはまるような生っちょろいことを平易な言葉で徒党を組んでユニゾンで歌うような歌多くない?

フォークもロックもパンクもヒップホップも、結局「青春」ネタに落とし込まれて金儲けの道具にされるんだ。

ちなみに、最近おいらがシビれた歌はコレ:


なぎら健壱「フォークシンガー」(1983年)
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安住紳一郎の日曜天国(TBSラジオ)の公開放送が行われた会場を調べてみた。

○「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ)の公開放送が行われた会場を調べてみた。

 

「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ、日10:00-12:00)の公開放送が、昨年2011年12月11日(日)に行われた。群馬県多野郡神流町の神流町立万場小学校体育館が会場だった。聴取率調査週間であった2010年12月19日の放送で、神流町が、投稿数の対人口比=「ハッスル係数」が最も高かったことから「にち10」のフランチャイズに指定されたことに由る。高崎駅から5台ものバスを動員するツアーも組まれた。

「あんな町 こんな町 神流町からの公開放送」2011年12月11日放送分(にち10ポッドキャスティング)

にち10用語辞典(ベータ版): にち10公開放送 in 神流町!

行ってみたい気はしたのだけれど、その日は別の用があって行けなかった。

せめてどんな場所か知りたいので、Google マップで調べてみた。


 

う〜ん……スゲぇ。

ご苦労様でした。

オレが行ったら、たぶん九十九折りの山道で車酔いしていたと思う。

それにしても安住アナ、客イジり上手いなぁ。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオな一曲(39):吾妻光良 & The Swinging Boppers「秋葉原」(1991年)

○ラジオな一曲(39):吾妻光良 & The Swinging Boppers「秋葉原」(1991年)

 

今回は、日本のジャンプ・ブルーズ・バンド、吾妻光良 & The Swinging Boppers の「秋葉原」(1991年)

ラジオは出て来ないけれど、「無線屋さん」が出てくるし、何と言ってもラジオの街の歌ということでご紹介。

歌われているのは、メイド喫茶も、UDXも、ヨドバシカメラも、つくばエクスプレスもなかった頃の秋葉原。

♪秋葉原 アキハバラバ バック・トゥ・ミー。


吾妻光良 & The Swinging Boppers「秋葉原」(1991年)
 

リーダーでギター&ヴォーカルの吾妻光良は、もと日本テレビの音声マンで、「スーパーJOCKEY」(日本テレビ、1983年1月9日〜1999年3月28日、日13:00-14:00)などの音声を担当、後に日本テレビ子会社の社長、日本テレビの技術統括局長を経て現在は執行役員とのこと。他のメンバーも普段は他の職業に就いている。

他にも「齢には勝てないぜ」(1991年)「栃東の取り組み見たか」(2013年)など、名曲多数。

吾妻光良 & The Swinging Boppers「秋葉原」(1991年)

昼下がり 日曜日秋葉原
ひとりきり このデンキの街で

探してる どっかに逃げたあの娘を
あてもなく このデンキの街で

ねぇ、おじさん、俺の頭冷やしてくれよ
その400Vのクーラーで
秋葉原 アキハバラババック・トゥ・ミー

電話屋さん あいつの伝言が入ってないか
そのスイッチだらけのルス電に
秋葉原 アキハバラババック・トゥ・ミー

俺みたいな ネジのとれた奴が
この秋葉原にあふれてる

無線屋さん あの娘の名前を呼んでくれ
その法律やぶりの無線機で
秋葉原 アキハバラババック・トゥ・ミー

ジャンク屋さん どっかに落ちてないの
あの娘を座らせる電気椅子
秋葉原 アキハバラババック・トゥ・ミー

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐藤竹善がラジオ番組をやってるよ:「Friday Musical Voice」(湘南ビーチFM:神奈川県三浦郡葉山町周辺 78.9MHz、金22:00-23:00)

佐藤竹善がラジオ番組をやってるよ:「Friday Musical Voice」(湘南ビーチFM:神奈川県三浦郡葉山町周辺 78.9MHz、金22:00-23:00)

 

つまるところ、オレは竹善チルドレンなのだ

先日ミムラ姉さんから頂いたコメントをきっかけに Sing Like Talking 佐藤竹善のラジオのことを想い出した。

私がラジオを聴き始めた頃は、佐藤竹善が TOKYO FMで「旭化成 Catch the Pop」「Sing Like Talking」「NORU SORU」「NISSAN HIT POP JAPAN」などの番組パーソナリティーを歴任していた。「NORU SORU」は地元のFM局ではネットしていなかったので、近県の局から海を渡って飛んでくる電波を遠距離受信して聴いていた。「誠竹書簡」とかあったよね。

ミムラ姉さんのコメントで言及されていたFM横浜の番組については、今回初めて知った。「MONDAY GIT YOU」という番組だったようだけれど、Wikipedia にも載っておらず、ネット上で言及している人も少ない。

※参考:
『Monday Git You』最終回 | 唄様語団
Monday Git You! -その3- - EVERGREEN GARDEN -

もともと音楽は好きだったけれど、当時佐藤竹善から受けた影響は大きく、おかげで、CDのブックレットを熟読しては「やっぱりドラムスはスティーヴ・ガッドだったかぁ」などとつぶやいてみたり、ハイ・ハットの開き具合がどうのこうのと蘊蓄を傾けてみたり、メンドクサイ音楽ファンになってしまった。

「Friday Musical Voice」(湘南ビーチFM)

佐藤竹善が、去年の10月から「Friday Musical Voice」(湘南ビーチFM:神奈川県三浦郡葉山町周辺 78.9MHz、金22:00-23:00)という番組を担当していると知った。

Shonan BeachFM 78.9

久びさのラジオ番組じゃないかなぁ(FM802の番組以来?)。葉山マリーナのスタジオから生放送しているとのことで、行けば放送を見学できるらしい。サイマルラジオを通じてインターネット配信されているので世界中で聴くこともできる。

サイマルラジオ

2012年1月13日(金)の放送を実際に聴いてみると、「Catch the Pop」のころの語り口そのままで、とにかく懐かしい。基本的には音楽の番組で、曲がかかり、その曲についてのトークが展開される。ここ数年発表されてきた曲を聴いても解ることだけれど、私が佐藤竹善の番組を聴いていた頃に比べると、選ぶ曲の傾向が明らかにギター・サウンド寄りになっている印象をうけた。

佐藤竹善のフリー・トークの部分が少ないのは少し残念。旭化成のおもしろCMもないしね(これは仕方ない)。

次週1月20日(金)は「ザ・独断AOR」と題して、佐藤竹善によるAORセレクションとのこと。Sing Like Talking ずきなひとや、かつて佐藤竹善のラジオを聴いていた人は必聴。

ちなみに、私がラジオを聴き始めたばかりの頃は、「JT YEAH! YEAH!」や「Fabulous Night」(いずれもTOKYO FM)など、AORをオンエアーする番組がいくつかあった。

懐かしく思ってネットを検索してみたけれど、これらについても驚くほど情報が少ない。残念。


Sing Like Talking 「風に抱かれて」(1994年)
サビの元ネタはボス・キャッグス(Boz Scaggs)の "JOJO" (1980) だと、竹善本人がラジオで言っていた記憶がある。
 

※当ブログ内の関連エントリー:

キミは「いまどきっ!マガジン タングラム」(RKKテレビ)を知っているか?
※ブレイク前の Sing Like Talking の話など。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キミは「いまどきっ!マガジン タングラム」(RKKテレビ)を知っているか?

○キミは「いまどきっ!マガジン タングラム」(RKKテレビ)を知っているか?

 

私がまだ田舎で坊主頭だった頃、地元のテレビ局で「いまどきっ!マガジン タングラム」(RKKテレビ、1991年4月〜?、土17:00-18:00)という若者向けの情報番組を放送していた。

その番組のテーマ曲を担当していたのは、まだブレイクする前の Sing Like Talking で、けっこう小洒落た曲だった。

そのテーマ曲の音源が、「塚原まきこの福ミミらじお」(RKKラジオ)のポッドキャストで聴けることが判ったので、喜び勇んでダウンロード。♪タングラ〜ム:

【番外編】いまどきっマガジン タングラム : 塚原まきこの福ミミシネマ情報

Sing Like Talking に白羽の矢が立つ経緯などの話も聞けて興味深かった。いい話。

確かに、RKKテレビ は Sing Like Talking のライヴ特番を放送したりして、結構彼らを推していた。前掲音源に出てくる下通のゲリラ・ライヴも番組内でちょっとだけ流れた記憶がある(チューリップ「青春の影」(1982年)とかを歌っていた)。

当時は「タングラム」を観ながら、「オレも大人になったら、あんな愉しげな青春が待っているのか?」と期待していたけれど、結局AMラジオにハマってケモノ道。


Sing Like Talking「きっと何時の日か」(1992年) Sing Like Talking - きっと何時の日か
一時期「タングラム」のエンディング・テーマだった曲。
 

塚原まきこって、オレが子どもの頃からテレビに出ていたけれど、齢取らないね。

※関連リンク

USTREAM: RKKラジオ「塚原まきこの福ミミらじお」: 『塚原まきこの福ミミらじお』

Google

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日刊・深夜快速金曜版 テーマ:姫はじめ(ウェブラジオFMC、2012年1月6日(金)配信)

○「日刊・深夜快速」金曜版  テーマ:姫はじめ(ウェブラジオFMC、2012年1月6日(金)配信)

 

「日刊・深夜快速」金曜版(ウェブラジオFMC、2012年1月6日(金)配信)では、ラ・パンセ榎田(?)氏とラ・パルマ絵美嬢が、「姫はじめ」をお題にトーク:

Vol.405「金曜版」: 日刊・深夜快速
日刊・深夜快速

アホや!(笑)

妙なハイテンションで、聴いているコッチの時間の流れも速く、あっというまのフィニッシュでございました……番組のことです。

ウェブラジオFMCの本、種田守倖『聴かせてやんない!——ウェブラジオFMCインサイドストーリー』(くまざさ出版、2003年)に付いていたCDの「劇空間ラブホテル2003」を想い出した:

ウェブラジオFMCポッドキャスト支店 : 劇空間ラブホテル実況2003(ダイジェスト版)

ちなみに、「劇空間ラブホテル2010」の顔ぶれは、榎田信衛門・キラウエア裕子・マスタード☆鶴田のお三方だったみたいだよ。


熊本県阿蘇郡西原村のラブホテル街周辺
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイマルラジオの機種別聴取法&アプリ(PC・スマートフォン)

○サイマルラジオの機種別聴取法&アプリ(PC・スマートフォン)

 

加盟コミュニティFM局の放送をストリーミング配信しているサイマルラジオ(SimulRadio)の機種別聴取法。

PC・Mac

iPhone・iPad・iPod touch

Android

WILLCOM

ただし、上記以外に通信費が必要。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・トップ5(TBSラジオ、2012年1月3日(火)18:00-22:00)ゲスト:映画評論家・町山智浩

○「ザ・トップ5」(TBSラジオ、2012年1月3日(火)18:00-22:00)ゲスト:映画評論家・町山智浩

 

「ザ・トップ5」(TBSラジオ、2012年1月3日(火)18:00-22:00)に映画評論家の町山智浩がゲスト出演していたので、録音ボタンを押して聴取開始。

「町山智浩が選ぶトップ5」をお題にトーク。

「町山智浩が選ぶ オレの人生を作ったマンガ トップ5」のパートで、「ゲゲゲの鬼太郎」が話題に:

安東弘樹アナ そして、1位が水木しげるさんの「ゲゲゲの鬼太郎」

町山智浩 はい、コレがねぇ、僕、いちばん最初に、小学校入る前にマンガを読み始めたのがこの「ゲゲゲの鬼太郎」で、まだアニメ化される前ぐらいだったんですけど。

安東アナ はいはい。

コンバットREC モノクロ版もつくられる前?

町山 うん、モノクロ版がつくられる前だと思います。「手」とか連載してた頃だから、そうだと思うんですけども。

これはね、鬼太郎が楽しそうでしょうがないの。

安東アナ 鬼太郎が楽しそうでしょうがない?

町山 原作読むと、鬼太郎ってねぇ、何て言うかねぇ、フーテンなんですよ、当時。

安東アナ あぁ〜。

町山 何つうか、今で言うと何? フリーター? 判らないけど。

安東アナ 追いつめられ感はないってことですね?

町山 ない。だって、鬼太郎ってね、しょっちゅうね、コーヒー飲んでんですよ。

コンバットREC・安東アナ はははは。[テーブルを叩く音]。

町山 喫茶店行って、コーヒー飲んで——

安東アナ あの感じでね。

町山 そう、コーヒー飲んで、ケーキ食べて、あと、タバコけっこう吸ったりするんだよね。

コンバットREC はいはい。

安東アナ あの少年風の感じで。

町山 そうそう。そいで、こうやって寝っ転がってさ、公園でプカ〜とかやってて、「いいなぁ、この人」とか思って。

で、前に呉智英先生に初めて会った時に、「あの、町山くんっていうのはどういうマンガが好きなの?」って。「水木しげるが好きで、「鬼太郎」が好きなんです」って言ったら、「あ、鬼太郎ってのは、アレ、フーテンだから」って呉智英先生に言われたんですよ。「マネしちゃダメだよ」って言われた、はははは。

コンバットREC つまり、「オレの人生をつくった」っていうのは、根無草的な行き方ってこと?

町山 そうそうそうそうそうそう。いい加減な人間になった。

鬼太郎って、原作読むとさぁ、女に子にだまされるんだ。女の子に弱いんですよ。

安東アナ ほぉ〜。あぁ、そうですか?

町山 テレビだと、いい人みたいじゃない?

安東アナ はい。完全に正義のヒーローっぽい感じですよね。

町山 ヒーローっぽいじゃない? 原作ではチャラチャラした男なんだ、鬼太郎がまた。

安東アナ はははは。

町山 そこがいいんだ。

で、女の人にだまされて、ヴェトナム戦争に行くんです、鬼太郎が

安東アナ はい。

町山 ヴェトナム戦争に行って、ヴェトコンの女の子を支援して戦うんですよ。この話、知ってます?

安東アナ 知らないです。

町山 だってさぁ、子泣き爺ってもの凄く重くなるじゃん。アメリカの原子力潜水艦に子泣きじじいが取りついて、タイコンデロガ級原子力潜水艦を轟沈するんですよ、子泣き爺が。子泣き爺の重さで。

安東アナ 子泣き爺が!

町山 砂かけ婆は、ファントム・ジェット戦闘機に向って砂をかけてエンジンを停止させて墜落させるんだよ。砂かけ婆は。

安東アナ あぁ、F-4 ファントムを! 20mmガトリング砲装備の。あぁ、そうですか!

町山 それで、何でヴェトナム戦争に鬼太郎が参加したのかなぁって思うと、ヴェトコンの女の子にかわいいコがいたからっていう理由。

安東アナ あ、そういうモチベーションで、かわいいコの味方をしたっていうことですね。

町山 モチベーションそれかよ!っていうさ。

コンバットREC 正義のためじゃない。

町山 正義のためじゃないの、鬼太郎。

安東アナ 思想、ポリシー、何もないわけですね?

町山 ない。そこが鬼太郎って感じでね、原作の鬼太郎はいいんだ。[……]

安東アナ 俗っぽいですね。

町山 俗っぽい。自由人。ヒッピーなんだよね。

コンバットREC それは、水木先生だから、個人の幸せを追求するべきだっていう。

町山 そうそう。本人なんだろうね、やっぱりね。「オレはこういう風に生きたいな」っていうだけなんですよ。一生懸命妖怪を退治したりしないんだ、原作では。そこがいいですね。

原子力潜水艦にタイコンデロガ級は存在せず、このエピソードのモデルになっている原子力潜水艦スコーピオンはスキップジャック級。

また、2位の池上遼一「スパイダーマン」が暗い童貞の話であるという話題のついでに、「仮面ライダー」にも言及:

町山智浩 この頃ね、「仮面ライダー」とかも、そういう暗い話ばっかりなんですよ。

「仮面ライダー」とか、改造人間出てくるじゃないですか。改造人間って、一体なんで改造されるかってことが、石ノ森章太郎さんの原作には出てくるんですよ。

安東弘樹アナ はいはい。

町山 食い詰めた男と女が自分で自ら改造人間になるんですよ、ショッカーに入って。

安東アナ はいはいはいはい。

町山 「私たち、もう行き場がないんだから改造人間になるしかなかったじゃないのよ〜」って言うと、男と女が、コブラ男とヘビ女が会話するところが切ないんだ。

安東アナ う〜ん。

町山 で、互いに、相討ちで死んじゃうんですよ。

安東アナ はいはいはいはい。

町山 で、仮面ライダーはただそれを見てんの。悲しい男と女だなぁ。これ、演歌の世界だよ。

この話が異常に面白かったので、「鬼太郎のベトナム戦記」「仮面ライダー」を読んでみた。実際には町山の話と細部が若干違うけれど、どっちも面白かった。作品そのものよりも町山の話のほうが面白いという気もしなくはないけれど……。

「仮面ライダー」に関しては、少なくとも私の読んだ版にはコブラ男とヘビ女(へび姫メドウサ)との間に町山の言うような昭和枯れすゝき的会話はなくて、チョッとガッカリ。でも、少年マンガにしては結構社会派な内容。それに、本郷猛と一文字隼人との意外でシュールでブラックな関係にも驚いた。原作の本郷猛、骨折どころの騒ぎじゃないんだよ。ともあれ、読むきっかけを得られてよかったなぁ。

ところで、「仮面ライダー」についてネットで検索してみたら、一部の平成ライダーが桂正和の「ウイングマン」(1983〜85年)を元ネタにしていると指摘する人がいるようだ。実際にそういう例もあるのかもしれないけれど(平成ライダーをひとつも観たことがないので判りません)、元を辿れば主客が逆。特に「仮面ライダー」のこうもり男の話を読むと、「桂正和もコレ読んでたんだろうなぁ。「仮面ライダー」好きだったんだろうなぁ」と思うことしきり。それが巡りめぐって平成ライダーにフィードバックしているのなら、いい話だけどね。


山中のりまさ「WING LOVE」(1984年)
 

※町山智浩が選ぶトップ5

町山智浩が選ぶ「好きな映画主題歌トップ5」

第5位 三上寛「小便だらけの湖」(1971年)
 中島貞夫[監督]『狂った野獣』(1976年)
第4位 頭脳警察「ふざけるんじゃねえよ」(1972年) 頭脳警察 - ふざけるんじゃねえよ
 ※中島貞夫[監督]『鉄砲玉の美学』(1973年)
第3位 白竜「誰の為でもない」(1988年) 白竜 - 誰の為でもない
 崔洋一[監督]『十階のモスキート』(1983年)
第2位 遠藤ミチロウ「仰げば尊し」(1984年)
 ※佐藤寿保[監督]『狂った触覚(激愛!ロリータ密猟)』(1985年)
第1位 麻里圭子「かえせ!太陽を」(1971年)
 坂野義光[監督]『ゴジラ対ヘドラ』(1971年)

町山智浩が選ぶ「オレの人生を作ったマンガトップ5」

第5位 赤塚不二夫「ギャグゲリラ」(1972〜82年)「レッツラゴン」(1971〜74年)
第4位 永井豪「イヤハヤ南友」(1974〜76年)
第3位 萩尾望都 初期短編全部
第2位 池上遼一「スパイダーマン」(1970-71年)
第1位 水木しげる「ゲゲゲの鬼太郎」

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

打たれ強いラジオ、Tuff Tunes Radio(Übergizmo、2012年1月6日)

○「打たれ強いラジオ、Tuff Tunes Radio」(Übergizmo、2012年1月6日)

 

Behringer がシビれるルックスの現場ラジオを準備中らしい。Übergizmo の記事から:

「打たれ強いラジオ、Tuff Tunes Radio」(Übergizmo、2012年1月6日)

ジョージ・ウォン(George Wong)

元記事:Tuff Tunes Radio can take a beating | Ubergizmo

Tuff Tunes radio
 

ベリンガーは先ごろ、新製品「Tuff Tunes radio」の発売を発表した。壊れないという売り文句のこの防水AM/FMラジオは、本体を「厳しい酷使」から護る頑丈なロールケージで保護されている。電源は充電池なので、Tuff Tunes radio があれば、建設現場など様ざまな場所で好きな曲を聴くことができ、作業中にラジオをどこかに落としたり、壊したりする心配もない。

そして、もし電波の入りが悪かったり、好きでもない曲を聴くのに飽きたら、iPod、携帯電話、CDプレイヤーを入力できる外部入力ポートも付いているので、自分が好きな音楽を聴くこともできる。価格や発売日は、記事執筆時では未定。

記事には特筆すべき情報は含まれていないけれど、デザインがカッコいい。

ANDO の「作業ラジオ」AR6-196W にちょっと雰囲気が似ている。

作業ラジオ AR6-196W(ANDO:アンドーインターナショナル株式会社) (当ブログ内)

世界最大の家電見本市、2012 International CES に向けて発表された Behringer 新製品ラインナップのひとつらしい。日本向けの製品が出るかどうかは判らないけれど。

EUROSOUND 20 Years of Concert Sound(pdfファイル、英語)

どうやら、Behringer は今後、オーディオ家電にも力を入れてゆく模様。

ちなみに、これも話題になっている:

iNuke Boom
iNUKE BOOM
出典:Eurosound: Our debut at CES | Facebook
 

巨大 iPhone/iPad ドック iNUKE BOOM。出力1万ワット。本体の上に載っているiPhoneがちっちゃい。

面白いけれど、日本市場では名前を変えたほうがいいかもね。

Get the Lowdown on the Boom |(Behringer ウェブサイト:英語)
apptoi: iNuke Boom - 1万ワットのiPhone/iPodスピーカー

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(57)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(57)

 

2011年11月のつづき:

コンパクトなUSB接続対応ミキサーが3,980円:BEHRINGER XENYX 302USB。

最近聴いて面白かった、おススメのネット・ラジオ

「原色美女図鑑」TBS女子アナウンサー大集合!、『週刊文春』2011年11月24日号

永六輔が自宅で転倒し骨折、1カ月で復帰(サンケイスポーツ、2011年11月18日)

熊本・RKKラジオのキャスター・ドライヴァー「ミミーキャスター」がけっこうカワイイような気がする。

伊集院光ご推奨の冷凍チャーハンを食べてみた。

園子温[監督]『恋の罪』(2011年)と初日舞台挨拶を観てきた。

立川談志x伊集院光:伊集院光のUP'S 深夜の馬鹿力(TBSラジオ、1998年12月14日(月)25:00-27:00)

タスカプレミアム:各界識者が語る立川談志(2011年11月25日)

立川談志による「落語と『忠臣蔵』の関係」:荒川強啓 デイ・キャッチ!(TBSラジオ、1998年12月14日;2011年11月24日(月)15:30-17:50)

はっさんのおおがらじお 第255回 立川談志家元死去、ほか(ネットラジオ、2011年11月24日配信)

LOVEかわさき(テレビ神奈川、2011年9月10日(土)9:00-9:15)「かわさきの市民放送『かわさきFM』」

12月から1月に巨大地震が再び東日本を襲う? FM電波で地震を予知する北大の博士の話:「QIC」第789回(ウェブラジオFMC、2011年11月27日放送分)

ラジコ本格スタート1年  有料での地域外配信も検討(MSN産経ニュース、2011年11月29日)

恋愛 Voyage(ラジオ関西、2011年11月21日(月)25:30-26:00)

2011年12月:

阿川佐和子のこの人に会いたい 第902回 俳優 小沢昭一『週刊文春』2011年12月8日号

YouTube の「おなじみの動画」

ニッポン放送の松本ひでおアナ、『週刊モーニング』2012年2・3号(講談社)に登場:森高夕次/アダチケイジ「グラゼニ」第20話 ココダケの話 前編

グリエルモ・マルコーニ(Guglielmo Marconi 1874-1937)、大西洋横断無線通信に成功(1901年12月12日)。

過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(29)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(30)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(31)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(32)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(34)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(35)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(36)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(38)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(39)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(40)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(41)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(42) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(43)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(44)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(45)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(46) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(47)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(48)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(49)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(50)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(51)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(52)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(53)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(54)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(55) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(56)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩むかし探訪(ネットラジオ)、2011年12月配信分で終了。

○「多摩むかし探訪」(ネットラジオ)、2011年12月配信分で終了。

 

「多摩むかし探訪」(ネットラジオ)が2011年12月配信分を以って終了した。

多摩むかし探訪

2010年3月31日に閉局したコミュニティーFM局・エフエム多摩(東京都多摩市)の番組「多摩の歳時記」を中央大学放送研究会が引き継ぎ、ネット・ラジオ番組として配信していた。1年8か月にわたり20回配信された。

多摩商工会議所前会頭でエフエム多摩元社長の峯岸松三を語り部に、「多摩ニュータウン」として開発される前の多摩の歴史や変遷を聞く内容。番組前半はエフエム多摩でもパーソナリティーを務めていた前岡洋子、後半は中央大学放送研究会が聞き手を務める二部構成。「多摩の歳時記」ディレクターであった宮国洋子も継続して参加していた。

番組ウェブサイトによると、

番組担当者のサークル引退とそれに伴う後継者の選定に難航していたため、来月(平成23年12月)の配信を持ちまして終了させていただくことになりました。

とのこと。

学生には時間の余裕があると思われがちだけれど、その実、時間の余裕がある時間は短い。

その土地の歴史をその土地に永きにわたって暮らしてきた人の肉声で聴くというのは貴重な体験。文章で読むのとはまたちがった味わいがある。それに、大都市のベッドタウンとして開発が進められた土地では、新住民と旧住民が分断されていることが多いので、こういう話を聞く機会そのものがなかったりもする。

勿体ない。

番組終了後も、過去の音源は引き続き聴取可能となる模様。

放送によると、多摩大学の先生も峯岸氏への聞き取りを行っているらしい(多摩大学カリキュラムには「多摩学入門」とういう授業もある)。地域研究とかオーラル・ヒストリーとかの名目で、科研費を使ってネット・ラジオを制作したりできればいいのに。

ともあれ、お疲れさまでした。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「山下達郎 サンデー・ソングブック」(TOKYO FM)の新スポンサー、代官山蔦屋書店に行ってみました。

○「山下達郎 サンデー・ソングブック」(TOKYO FM)の新スポンサー、代官山蔦屋書店に行ってみました。

※若干の追記(2012年1月5日)

 

2012年の元日は、「山下達郎 サンデー・ソングブック」(TOKYO FM、日14:00-14:55)を聴取。この日からJACCSに代ってTSUTAYA(代官山蔦屋書店)が新スポンサーになった。

代官山 蔦屋書店 | 代官山DAIKANYAMA T-SITE

サイトを見たら良さげな店で、正月も営業しているというので行ってみた。

……ていうか、東京に住み始めてけっこう経つけれど、代官山に来たのは初めてかもしれない。オレには用のない街だもんなぁ。


代官山駅
 

代官山駅入口交差点
 

代官山駅入口交差点から路地を抜けると DAIKANYAMA T-SITE という一角に着く。


DAIKANYAMA T-SITE
 

敷地の半分が蔦屋書店、残りの半分はレストランや店舗が並ぶ。ちょっとした村みないな感じ。水戸徳川家跡地の再開発らしい。旧山手通りのほうからも入れる。


 

オスですね。
 

結構にぎわっていました。
 

 

 

 

 

TSUTAYA の「T」
 

 

店内の様子はサイトで:

代官山 蔦屋書店 | 代官山DAIKANYAMA T-SITE


 

 

 

旧山手通り側から
前掲の小さな「T」が集まって大きな「T」になっている。
 

蔦屋書店は、3棟の建物から成り、それぞれ1F・2Fが売り場になっていて、スターバックスとファミリーマートも入居している。

真ん中の棟の2Fは Anjin というラウンジになっていて、グランド・ピアノも置かれている。ちなみに、1月4日(水)18:00からここで Fourplay がサイン会をやるらしい。

※追記(2012年1月5日)

サイン会に参加したかたのツイートによると、サインだけでなく、5曲40分弱のミニ・ライヴも行われたらしい。行きたかったなぁ。

Twitter / @naniwait FOURPLAY@代官山蔦屋Anjin: サイン会だ...


Fourplay plays Bob James "Westchester Lady" (1976)
in Jakarta International Java Jazz Festival 2011

※ソロ回しとチャック・ローブ(Chuck Loeb, g)にニヤニヤしてしまう。
 

まだ店内を一度回遊した程度なので、しばらく通ってみて店内の棚の配置を体が憶えてからでないと、書店としての良し悪しは評価できない。

でも、たまに遊びに行くオシャレな空間としては悪くない。

万年筆・ペンの在庫が豊富で、陳列の方法も洒落ている。ああいうのマネしたい人、多いだろうなぁ。高級なのは手が届かないけれど、子供用の Pelikan Pelikano junior がチョッと欲しくなった。安いし。


 

DVDの在庫は豊富で、CDはまずまず。自動車・バイク雑誌のバックナンバーがかなり揃っていた。トラベル・カウンターもある。

夜になると雰囲気が変るらしい。

まぁ、次に行くのはいつのことやら。

ついでに、代官山を散策:


ラジオ発見。
 

年貢?
 

蔦屋書店のお向いはエジプト大使館
 

オシャレなショップ群の谷間に木造モルタルのアパート
「オレ、代官山に住んでるんだ」
 

※当ブログ内の関連エントリー:

JACCSが「山下達郎 サンデー・ソングブック」(TOKYO FM、日14:00-14:55)のスポンサーを2011年12月いっぱいで降板するそうです。

山下達郎 サンデー・ソングブック(TOKYO FM、日14:00-14:55)、新スポンサーはTSUTAYA(ツタヤ)。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「オテンキ・のり」のいずれは地上波! (文化放送ポッドキャスト Podcast QR、毎週金曜更新)

○「「オテンキ・のり」のいずれは地上波! 」(文化放送ポッドキャスト Podcast QR、毎週金曜更新)

 

久びさの大ヒット。

「オテンキ・のり」のいずれは地上波!(Podcast QR)

オテンキ(NEET PROJECT/PROFILE)
のり(オテンキ) 公式ブログ

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、月25:00-27:00)リスナーにはおなじみのオテンキ・のりによる冠ラジオ番組。ポッドキャス・トランキングで1位になったりもしたようなので、すでに知っている人も少なくないかもしれない。

第1回配信分で伊集院の話もチョットでてくる。

伊集院のような比喩やイメージを駆使したトークではなく、割とオーソドックスなスタイルで、誰が聴いても面白いと思う。

面白さの打率が高い。どの回も面白いのだけれど、ススメは、2011年11月18日(金)配信分。

昼間人力車でアルバイト、で、家帰ってきてオナニー7回っていう生活をね、3日目ですかね、終って起きたら体が動かないんですよ。体の節ぶしが、高熱にうなされると……あの感じ。熱も出てたし、扁桃腺も腫れちゃって、もう救急車を呼ぼう。[……]

みたいなバカなオナニー話がしばらく続いた後のオチが見事。

腕あるなぁ。

決して毒舌じゃないのだけれど、ときどきビートたけしっぽい雰囲気になる瞬間があるような気がする。

2012年4月から、K太郎に代って「レコメン!」(文化放送、月~木22:00-25:00)のパーソナリティーを務めることが決定している。

「レコメン」K太郎が3月末で降板へ - 芸能ニュース : nikkansports.com

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ラジオマニア 2011-2012』(三才ブックス、2011年)

○『ラジオマニア 2011-2012』(三才ブックス、2011年)

 

今さらめいてはおりますが、自分用のメモも兼ねて『ラジオマニア 2011-2012』(三才ブックス、2011年)のレヴュー。


 

まずは、目次を紹介した後、気になった記事についてひとことふたこと。

目次

◇006 この人に聴きたい! ラジオ福島 大和田新アナウンサー

◇012 パーソナリティーとも会える! 局開催の記念イベントに行こう!

◇014 ネット通販で手に入れろ! 購入可能な番組関連グッズ

◇018 リスナーを虜に! アイドルRadio戦国時代!

◇028 誰にでもできる BCLラジオのお手軽メンテナンス

◇第1章 放送の裏側教えます ラジオはこうして作られる!

036 人気パーソナリティ・宮川賢がお答え! 誰もが知りたい!ラジオに関する18の疑問
048 ワイド番組には必須のコンテンツ! "ラジオショッピング" の裏側に密着!!
050 インターネット・携帯電話でも聴ける! アニラジ満載の "超A&G" を楽しもう!
056 JFN、JRNって何? ラジオの "ネットワーク" を理解しよう・FMラジオ編
060 「火曜会」研修会リポート! 地方ラジオ局のチカラ
064 明日から使える!? ラジオ業界用語集

◇充実のカラー特集

radikoで聴ける!このパーソナリティがおもしろい!

068 ラジオ日本 Wコロン
071 NACK5 バカボン鬼塚
074 bayfm 小島嵩弘
077 FMヨコハマ 栗原治久
080 CBCラジオ 小堀勝啓
084 KBCラジオ 沢田幸二

088 ラジオレコーダーの最高峰! ソニーの神ラジオICZ-R50を徹底的に使い倒す!

096 オリンパスの名機 PJ-10長期使用レポート

◇第2章 クリアに楽しむために…受信機材を極める!

100 遠距離受信に最適! AMラジオにもっとも適したアンテナはどれだ?
105 全国に拡大中! radiko徹底活用マニュアル
110 FMファンならau端末は必須アイテム!? LISMO WAVE で全国のFMラジオを楽しもう!
114 FM好きなら絶対欲しい! FMチューナーレポート
116 スマホ(radiko)に勝てるか? 通勤ラジオの実力テスト!

◇第3章 充実の受信ライフ!! ラジオをもっとおもしろくするためのテクニック!

112 ワンランク上のテクニックを伝授! 国内中波DX〜民放AM全局制覇への道
128 FM電波の特性もわかる! 寝台特急コミュニティ局受信の旅
136 電波の伝わり方を地図で読み解け! 福岡 vs プサン AMラジオ遠距離受信対決!
142 ラジオマニアの憧れ! 夢のナンバー1ベリカードゲット術
146 読者投稿コーナー FROM LISTENERS
148 付録CD-ROM! 「AMラジオ・秋の新番組ダイジェスト」をもっと楽しむためのサブテキスト!

◇第4章 20年前の1991年にタイムスリップ! ラジオ番組表アーカイブ

◇付録CD-ROM! 「AMラジオ・秋の新番組ダイジェスト」(35トラック収録)

 

気になった記事

人気パーソナリティ・宮川賢がお答え! 誰もが知りたい!ラジオに関する18の疑問 

宮川賢が

  • 聴取率が良くても終わってしまう番組があるのはなぜなんでしょうか?
  • 近頃、下ネタを連発したり思いっきりバカなことをするパーソナリティが少ない気がしますが、何か理由があるんでしょうか?
  • せっかくradikoができたのに、他の地方の放送が聴けないのはなぜなんでしょうか?

などのラジオの疑問に答える内容なのだけれど、総じて見れば宮川賢によるラジオ論になっている。

いちばん印象に残ったのは「震災に際して、パーソナリティとして心がけたことはありますか?また、番組に影響はありましたか?」に対する答。宮川は

いちばん困ったのは、自分の物差しを多少ねじ曲げる必要性を自分で感じてしまったことです。パーソナリティは「自分の物差し」で勝負すべきであり、他人の物差しで喋ることは許されません[……]。

と答えていた。

ラジオ・パーソナリティーでなくても、それは同じ。

 

radikoで聴ける!このパーソナリティがおもしろい!

CBCの小堀勝啓アナとKBCラジオの沢田幸二アナが同じ誌面に登場! BCLブームからのラジオ・ファンにとってはきっと感慨深いんだろうなぁ。

「亀渕昭信のにっぽん全国ラジオめぐり」(NHKラジオ第1、2011年11月8日(火)21:05-21:55)で、いま昼にやっている「PAO~N」(KBCラジオ、月〜金13:00-17:00)が紹介されていたけれど、面白かったもんなぁ。

hicbc.com:ごごイチ

 PAO〜N パオ〜ン|KBCラジオ

 

遠距離受信に最適! AMラジオにもっとも適したアンテナはどれだ?

ALA-1530(Wellbrook) が気になる。でも、本気のDXerじゃない私には敷居も値段も高い。これひとつ買っとけば……という気がしないでもないけれど。

Active Loop Antenna ALA1530 reduces local interference on shortwave, medium wave, long wave
ALA-1530S+/ALA-330S/LFL-1010(日本の販売代理店日本通信エレクトロニックのページ)

 

全国に拡大中! radiko徹底活用マニュアル

エリア制限突破機能付きのAndroid用非公式アプリなど。ONKYO のネットワーク・オーディオやPanasonic VIERA にも radiko が聴けるものがあるんですね。

 

FM電波の特性もわかる! 寝台特急コミュニティ局受信の旅

寝台特急じゃないけれど、オレもやったことある。現地の番組もそうだけれど、普段あまり聴く機会のない MUSIC BIRD のコミュニティー放送向け番組も聴けてけっこう愉しい。

 

付録CD-ROM! 「AMラジオ・秋の新番組ダイジェスト」

35トラックを順に聴いていって、結局、トリのラジオ沖縄が全部もっていく感じ。

NBC長崎放送の音源だけAM音質だった。なんだかスゲェうれしい。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ラジオ番組表 2011年秋号』(三才ブックス、2011年)

『ラジオ番組表 2011年秋号』(三才ブックス、2011年)

 

今さらめいてはおりますが、自分用のメモも兼ねて、ラジオ馬鹿のバイブル『ラジオ番組表 2011年秋号』(三才ブックス、2011年)についてレヴュー。日本全国のラジオ番組表が一冊にまとめられています。


 

表紙は南沢奈央

「ゴチャ・まぜっ!」(MBSラジオ、月25:00-26:00)「DREAMERS ACADEMY」(J-WAVE、土20:00-20:54)にレギュラー出演中とのこと。

Nao's Way 南沢奈央 公式ホームページ
ゴチャ・まぜっ!
J-WAVE 81.3 FM:NIPPON SEKIJUJISHA "GAKUKEN" DREAMERS ACADEMY

いつもの番組表・改編トピックス・改編NEWS・「リスナーの主張」以外の読み物記事は以下の通り:

「情報どっか〜んライブ ホームランラジオ」(p.3)

MBSラジオのナイター・オフ番組「情報どっか〜んライブ!ホームランラジオ」(火〜木18:30-21:00)の記事(記事体広告?)。木曜担当の亀井希生アナウンサーへのインタヴュー。

情報どっか〜んライブ!ホームランラジオ
【MBS】亀井 希生アナウンサー

注目のDJインタヴュー 南沢奈央(pp.4-5)

『ラジオ番組表 2011年秋号』の表紙を飾った女優・南沢奈央のインタヴュー。「ゴチャ・まぜっ!」月曜日に加えて、今秋から「DREAMERS ACADEMY」(J-WAVE、土20:00-20:54)を担当。最近のJ-WAVEって、こういうアーテリジェント路線が好きね。

第4回 読者が選ぶ好きなDJランキング(p.245)

17〜118位までを発表。白黒ページ。

第4回 読者が選ぶ好きなDJランキング(p.252-261)

16位までを発表。カラー・ページ。

『ラジオ番組表』の応募券10枚をハガキに貼って投票するシステム。

伊集院光が2票で82位だったりと、世間の人気や聴取率とはまたひと味違った並び。今回も10位以内にコミュニティーFM局のDJが4組ランク・イン。

色いろご意見はあるかもしれないけれど、オレはこういう並びもキライじゃない。

10位以内に入っているコミュニティーFM局のDJを下記の通り50音順にご紹介。順位は誌上でご確認を:

DJ・HUGGY
「GOOD MORNING 湘南」(レディオ湘南:神奈川県藤沢市周辺 83.1MHz月〜金6:30-9:30)
前回にひきつづきランクイン。正月の三ヶ日にサイマルラジオで聴いてみよう。

範田紗々
「カツシカナイト」(かつしかエフエム:東京都葛飾区周辺 78.9MHz、日21:00-23:00)
AV女優さんなんですね。USTREAMでも配信中。

平野運転手&みの車掌&福ちゃん車掌
「きしゃぽっぽ」(かつしかFM、日18:00-18:45)

現役鉄道マンによる鉄ヲタ番組。ポッドキャストでも配信中

室蘭工業大学ラジオ放送部
「工大NAVI」(FMびゅ〜:北海道室蘭市周辺 、84.2MHz土19:00-19:30)
大学生による番組。生放送だそうです。

髭男爵山田ルイ53世がカラー・ページのほうにランク・インしていたのはチョッとうれしい。「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ」は全国7局ネットで放送中。文化放送の地上派でもやってくれ。

髭男爵 ルネッサンスラジオ

次回から集計方法が変り、「AM部門」「FM部門」「コミュニティ部門」「インターネット部門」の部門別になるとのこと。

かつしかエフエムで、このランキングが話題になってたよ:


「カツシカナイト!!」
(かつしかエフエム、2011年10月30日(日)21:00-23:00)

 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ホモソーシャル」とは何か。

○「ホモソーシャル」とは何か。

 

今回は「ホモソーシャル」(homosocial)という概念の話です。「ラジオ批評ブログ」なのに、ラジオとは必ずしも関係ない話ですみません。

「ホモソーシャル」という概念は、ライムスター宇多丸のラジオの映画評で比較的よく登場するような気がします。やおい評論にこの概念を援用する人もいるようです。

ただ、ココを見ると、元ネタの本にトライして挫折した人が多いようです(「やおいの本だと思ったら、英文学の専門書だった!」)。

ハード・ディスクの整理をしていたら、数年前に書いた文章が出てきたので、それを改稿・再編集して下記に公開します。

「ホモソーシャル」って、誰が言い始めたの?

アメリカの文学者でジェンダー研究家のイヴ・K・セジウィック(Eve Kosofsky Sedgwick 1950-2009)が提唱しました。

著書 Between Men: English Literature and Male Homosocial Desire, (Columbia University Press, 1985) でその詳細を知ることが出来ます。

邦訳は上原早苗/亀澤美由紀[訳]『男同士の絆──イギリス文学とホモソーシャルな欲望』(名古屋大学出版会、2001年)です。

ぶっちゃけ、「ホモソーシャル」って何?

同性愛嫌悪(ホモフォビア homophobia)と女性嫌悪(ミソジニー misogyny)によって男同士のホモセクシュアルな欲望を抑制することで維持される男同士の連帯を、ホモソーシャルな関係といいます。

ひとまずは、「ホモセクシュアル=男同士の性的欲望」「ホモソーシャル=男同士の非性的連帯」と考えれば、厳密な定義ではないものの、理解の補助線になるかもしれません。ただ、これで終らせると、背後にある権力の作用が見落とされしまいます。

もっと詳しく言うと?

近代社会は、男同士の連帯により支えられてきた男社会でありました。

男同士の連帯は、実のところ、男同士のホモセクシュアルな欲望と切れ目のない連続体を成しています。従って、本来なら両者のあいだを自由に行き来することが可能であり、近代以前は、男が男の欲望の対象となることはしばしばありました。つまり、友達もいればホモ達もいて、場合によっては友達がホモ達にも成りえる状態でした。

しかし、男同士のホモセクシュアルな欲望が恒常化・顕在化すると、男同士の連帯に基づく規範・秩序は、安定性を失ってしまいます。

この点が主要な(そしてベタな)モチーフになっている日本映画、大島渚[監督]『御法度』(1999年)を想起すると解りやすいでしょう。

新撰組という男同士によって組織されている武闘集団に美少年剣士が加入したことをきっかけに、それまでホモソーシャルに維持されていた集団の規律がホモセクシュアルに融解し、組織が機能不全に陥ります。

こういった秩序崩壊の危険性を回避するため、第三の項としての女性の存在が重要となってきます。女性が男の嫌悪の対象になると同時に欲望の対象となることで、男同士の連帯が醸成されると同時に、男が男の欲望の対象となることが回避されます。

異性愛がデフォルトになることで、同性愛はマイノリティー化し、抑圧・排除の対象として社会の周縁へと追いやられます。オスカー・ワイルドがロンドンにいられなくなり、パリへ渡ることとなったことを想起すると解りやすいかもしれません。

また、女性が欲望の対象として交換・共有されることで、男がホモセクシュアルな欲望の対象へと転化することが阻止され、男同士の連帯が維持・強化されます。いわゆる「従軍慰安婦」や基地周辺における風俗街の存在は、軍隊が男同士の連帯に依拠する集団の最たるものであることと関係します。

ここでいう、欲望の対象としての女性の交換・共有には、性行為の場面における具体的な交換・共有(意味、解りますよね)ばかりではなく、結婚や家族に関わる抽象的で制度的な交換・共有も含まれます。そして、女性が交換物・共有物と位置付けられる男社会においては、女性は蔑視され、低い社会的地位に甘んじされられます。

* * *

ちなみに、映画『ハングオーバー!——消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』The Hangover (2009年)においては、主人公のひとりの結婚を契機にホモソーシャリティーが顕在化します。

男同士の物語であるブロマンス(bromance=brothers+romance)映画のストーリーも、女性の媒介なしには成立し得ないのです。単に男同士がキャッキャキャッキャじゃれ合っているという現象があるだけではなく、ホモソーシャリティーを醸成するシステムが存在しているのです。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

山下達郎 サンデー・ソングブック(TOKYO FM、日14:00-14:55)、新スポンサーはTSUTAYA(ツタヤ)。

○「山下達郎 サンデー・ソングブック」(TOKYO FM、日14:00-14:55)、新スポンサーはTSUTAYA(ツタヤ)。

※番組聴取後に若干の加筆(2012年1月1日)

 

19年間にわたり単独で「山下達郎 サンデー・ソングブック」(TOKYO FM、日14:00-14:55)のスポンサーを続けてきたJACCSが2011年12月いっぱいで降板した。

1月からは別のスポンサーが付くことが決まっていたが、発表は年明けとアナウンスされていた。

新スポンサーはTSUTAYA(ツタヤ)の模様。厳密には、2011年12月5日にオープンした代官山 蔦屋書店。TSUTAYA の大人向け店舗という感じ。サイトを見てみたら、良さげな店だった。年末年始も休まず通常営業とのこと

代官山 蔦屋書店 | 代官山DAIKANYAMA T-SITE
Twitter / @DT_stationery: 代官山蔦屋書店はお正月も通常営業中です☆ 一階フロア07:00〜26:00 二階フロ ...

音楽にも関連のある企業なので、悪くないのではないかと思う。


 

※参考

山下達郎さん サンデーソングブック 2012年01月01日「2011年のリ・イシュー盤で棚からひとつかみPart1」 (「未来の自分が振り返る」内)
※2012年1月1日の放送内容がわかります。

※当ブログ内の関連エントリー

JACCSが「山下達郎 サンデー・ソングブック」(TOKYO FM、日14:00-14:55)のスポンサーを2011年12月いっぱいで降板するそうです。


山下達郎「Only With You」(1984年)
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »