« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

radiko.jp 復興支援プロジェクト、被災4県の県域AM・FM7局を2011年4月28日(木)12:00から順次全国配信

○radiko.jp 復興支援プロジェクト、被災4県の県域AM・FM7局を2011年4月28日(木)12:00から順次全国配信

※若干の加筆(2011年5月1日)

 

radiko が東北地方太平洋沖地震被災地の復興支援として、被災4県の県域AM・FMラジオ7局の全国配信を、2011年4月28日(木)12:00から順次開始した。

風評被害の回避と避難民への現地情報の提供を目的としている。

radiko.jp 復興支援プロジェクト

『radiko.jp』復興支援プロジェクトとして復興支援サイトを開設 被災地区の現状を日本全国に配信 4月28日(木)12時スタートへ(radiko.jpニュースリリース:PDF)


radiko.jp 復興支援プロジェクト

先だって、radiko は災害を理由にエリア制限を解除を行ったが、被災していない大都市圏の放送を全国に流すよりも、今回のプロジェクトのような全国配信のほうが趣旨も明快で、意義も大きいと思う。

ともあれ、私自身はradikoを利用しないけれど、エリア制限にはそもそも反対。

※下記一覧のリンクをクリックすると別ウィンドウでradikoプレイヤーが開き、音声が流れます:

岩手県

  • 岩手放送IBCラジオ(5月中旬配信開始予定)
  • FM岩手

宮城県

  • 東北放送TBCラジオ(5月中旬配信開始予定)
  • Date FM

福島県

茨城県

  • IBS茨城放送(5月中旬配信開始予定)

随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震発生の瞬間のラジオ

○地震発生の瞬間のラジオ

※若干の加筆(2011年4月30日)

 

YouTube に2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震発生の瞬間のラジオ音源がアップロードされていた。

あの時のことを思い出すと、各局パーソナリティーの強靭な胆力に驚かされる。

私としては、あの上柳昌彦アナ(ニッポン放送)ですら徐々に声のトーンが上ずってゆくのが印象的。TBSラジオの音源では、天井から吊ってあるマイク・スタンドの軋む音と思われるノイズが聴こえる。文化放送の太田英明アナの冷静さは超人的。文化放送のアナウンサーは地味だけれど実力派ぞろい:


「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ)
 

「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(文化放送)
 

「上柳昌彦 ごごばん!」(ニッポン放送)

参考: 情熱大陸 ラジオパーソナリティ 小島慶子(MBSテレビ;TBSテレビ他、2011年4月3日(日)23:00-23:30)(当ブログ内)

他方、テレビはこの体たらく:


東北地方太平洋沖地震発生時の全テレビ局同時マルチ映像

 

災害時に頼りにできるテレビはNHKだけだということがハッキリした。

民放の対応の遅さと取り乱し方ときたら。お台場のヴァラエティー専門局は放送事故状態。人命よりもCMをこなすことを重視している局もある。

あの津波を思い起こすと、見ているテレビ局によって生死を分ける惧れすらある。

災害時はやっぱりラジオですよ、ラジオ。

※加筆(2011年4月30日)

コメント欄でとくめいさんからご紹介頂いたIBS茨城放送の音源を下記の通り追加。

地震発生時、渡辺美奈子アナウンサー が「サンシャイン・カフェ Sieata」(2008年10月~2011年4月1日、月〜金12:55-15:55)を放送中。音声を聴いた印象では、東京よりもはるかに激しく揺れているように聴こえるものの、冷静沈着なアナウンス:


「サンシャイン・カフェ Siesta」(IBS茨城放送)
 

随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (3) | トラックバック (0)

日野エフエム放送(東京都日野市高幡不動周辺、76.8MHz)「がんばれ東北プロジェクト」、4月29日(金)17:00から高幡不動駅南口で路上ライブと募金活動。

○日野エフエム放送(東京都日野市高幡不動周辺、76.8MHz)「がんばれ東北プロジェクト」、4月29日(金)17:00から高幡不動駅南口で路上ライブと募金活動。

 

東京都日野市高幡不動周辺で聴取可能なミニFM局、日野エフエム放送(76.8MHz)が、4月29日(金)高幡不動駅南口ロータリーで、「がんばれ東北プロジェクト」の一環として、地元出身の歌手・岩崎愛子をメインとする路上ライブと募金活動を行うとのこと。17:00から1時間の予定。募金は日本赤十字社を通して被災地に届けられる。

日野エフエム放送 76.8MHz

高幡不動駅 - Google マップ

お近くのかたで趣旨に賛同したかたはぜひご協力を。

高幡不動といえば、岩崎夏海『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(ダイヤモンド社、2009年)の舞台と言われている程久保のおとなり(多摩都市モノレール線)。

昼間は『もしドラ』の舞台を散策して、帰りに高幡不動に寄るというのもアリかもしれません。

「もしドラ」の舞台にもし行ってみれば - 日野市観光協会


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Twitterで「名古屋のCBCラジオですけど、何か質問ある?」だってさ。

○Twitterで「名古屋のCBCラジオですけど、何か質問ある?」だってさ。

 

名古屋のCBCラジオがTwitter(@CBC1053)でこんなツイートを:

名古屋のCBCラジオですけど、何か質問ある?

さっきタイムラインをざっと見たら

などの質問に答えていた。

CBCラジオの答もなかなか。タイムラインを見るだけでもけっこう愉しい。

Twitterやってる人は、何か質問してみては?

例えば、「なんで「タングショー」終らせたんですか?」とか……古いか。「ハイパーナイト」すら終っとるがね。

さっさと寝や〜、オレ。

しびしびしびし。わ〜。

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(2):CBCラジオ (当ブログ内)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現・元TBS954情報キャスターのTwitterアカウント

○現・元TBS954情報キャスターのTwitterアカウント

※アカウントの追加(2012年12月8日、2013年4月9日、2015年2月15日)

 

現役および元TBS954情報キャスターのTwitterアカウント

元職

現職

他にご存知の方はぜひご教示を。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安住紳一郎の日曜天国(TBSラジオ、2011年4月24日(日)10:00-12:00)

○「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ、2011年4月24日(日)10:00-12:00)

 

この日の「にち10おでかけリサーチ」のコーナーは、佐藤しほ里TBS954情報キャスターによる栃木県下都賀郡の自然共生型アウトドアパーク、フォレストアドベンチャーおおひらのレポート。佐藤キャスター自身が空中アスレチックを体験。奇跡のレポート。

ポッドキャストでも配信されているのでぜひご一聴を:

2011年04月24日放送分「今日で最後となった954情報キャスター・佐藤しほ里さんの「にち10・おでかけリサーチ」を配信。」(にち10ポッドキャスティング)

2011年04月24日フォレストアドベンチャーおおひら(おでかけリサーチ)

佐藤キャスターはこの日が最後のレポートとのこと。

柳沢怜954情報キャスターのTwitterによると「954キャスターという肩書きではなくなりますけど、これからも大切な同僚ですし、活躍してくれますのでご安心を」とか。


 

「にち10」で佐藤キャスターと言えば、北京オリンピック女子マラソン実況中継のため番組が15分間の短縮版だったときの例のヤツが思い出されます。

安住紳一郎の日曜天国 短縮版(TBSラジオ、2008年8月17日(日)11:45-12:00)(当ブログ内)

伝説をふたつも残すとは、さすが。

今後もご活躍を。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爆笑問題の日曜サンデー 第4回ラジオ新番組選手権(TBSラジオ、2011年4月24日(日)13:00-17:00)

○「爆笑問題の日曜サンデー」第4回ラジオ新番組選手権2011(TBSラジオ、2011年4月24日(日)13:00-17:00)

 

この日は番組改編期恒例の「ラジオ新番組選手権」。JRN系列の全国のラジオ局の新番組を紹介し、リスナー投票でランキングを決める企画。

第4回ラジオ新番組選手権 - 爆笑問題の日曜サンデー

最近では『ラジオ番組表』よりもこっちのほうが新番組情報が早い。

プレゼンターとして「南海キャンディーズの弱くて面白くないほう」こと山里亮太がゲスト。こっちの番組でも「ブタめがね」などと、リスナーからイジられていた。

本編は、かつてのような地方ブロックごとの紹介ではなく、ルーレットで番組を選んでいる体の茶番ネタ。自社制作の新番組が減ってきているのだろうか? 「日曜サンデー」もこの春からやたら全国にネットされ始めているし。

回を重ねるごとに「これは!」と思う番組が減っているような気もする。

* * *

静岡県:「フリーステーションHi-ho!」(SBSラジオ、月〜金21:00-22:00)

DJの伊藤圭介アナ、しゃべり方がチョッと野沢那智っぽかった。パーソナリティ、ディレクター、プロデューサー、オペレーター、雑用など、すべてひとりで行っているとのこと。

大阪府:「畑中ふう・大桃美代子のてふてふ」(MBSラジオ、金16:00-17:54)

ちなみに、麻木久仁子はTBSラジオで「麻木久仁子のニッポン政策研究所」(TBSラジオ、土5:05-5:30)を放送中。専門家を呼んで政治・経済・社会に関する時事問題について解説や提言を聴く内容。地味だけどなかなか面白い番組で、ポッドキャストでも配信している。伊勢崎賢治による「自衛隊の国際貢献と憲法9条」(2010年12月18日)の話は目から鱗で面白かったなあぁ。最近は震災関連のテーマが続いている。

大阪府:「土曜 ミミマンボ!」(MBSラジオ、土17:45-18:00)

「この時間のお相手は、マルチ実況アナウンサー中西則善と」「ノリの良いトークはお任せください。竹内明美と」「お墓のことなら何でも相談に乗ります。山石です」……三段落ち。シュールだ。

福島県:「あらたとみちこの夜をぶっとばせ」(RFCラジオ福島、月19:00-20:00)

"Whistler of Hope" はいい曲だったけれど、もうチョッと番組そのものの内容も知りたかった。

RFCラジオ福島のウェブサイトは、環境放射能測定値やライフ・ライン情報など、震災・原発情報を精力的に発信中。

愛媛県:「友近ママの、魔法の引き出し」(RNBラジオ、月23:30-23:59)

友近の母・友近千鶴の番組。これはズルい。爆笑問題のふたりも言っていたけれど、友近のコントみたいだった。

以前にも「王様の耳?ロバの耳!」(RNBラジオ、2005年10月~2007年3月、月〜木22:00-24:00)という番組の木曜日に、2006年4月~2007年3月のあいだレギュラー出演していたようだ。

岡山県:「キャンパスラジオ」(RSKラジオ、土21:00-23:00)

オープニングとあのコーラスだけではなんとも感想の言いようがないけれど、「日曜サンデー」リスナーには人気だったようだ。

石川県:「鼻毛の森のラジパラ?-RADIO PARASITE-」(MROラジオ、土13:00-15:00)

まだ無名のタレントによる悪ふざけ、ワクワクするなぁ。うらやましい。

最近、東京にはそういう番組がない。新しい番組が始まっても、すでに知っている人たちによる大人し目の番組ばかり。

新潟県:「フラっとフライデー」(BSNラジオ、金9:00-12:00)

CHA-CHA松原桃太郎が出演……ヤングには解らないと思うけど。勝俣州和がいたグループだよ。現在は芸能界を離れ、カイロプラクティックの施術院をなさっているのだとか。

いい感じでローカル番組の良さが出ていて好感がもてた。
東京圏で「地方としての東京」を感じることができるのは「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」(TBSラジオ、月〜金10:27-10:51ごろ)ぐらいかなぁ。

松原 桃太郎ブログ
気仙沼ちゃんは、被災したもののご無事だったそうです。


CHA-CHA「いわゆるひとつの誤解デス」(1988年)

北海道:「人生探求ラジオ BUG」(HBCラジオ、木17:00-17:20)

翌日の「ニュース探究ラジオ Dig」(TBSラジオ、2011年4月25日(月)22:00-24:55)のオープニングでも竹内香苗アナが話題にしておりました。「Dig」は「探」、「BUG」は「探」とのこと。

爆笑問題のふたりは「MAYU、誰だよ?」と言っていたけれど、私はすぐに判った。最後に本人が明かしたように、「新番組選手権」第1回(2008年4月27日)で1位になった「スリーキャッツナイト2008」(HBCラジオ、2008年4月〜9月、日24:30-25:00)の3人のうちのひとり。オレも東京から聴いてたもんなぁ。

残る2人のうち、星りなはHBCラジオでは番組を担当していないけれどミュージシャンおよびタレントとして活躍中。石橋佳奈は、2009年9月14日でブログの更新が止まっており、生島企画室のサイトから名前が消えている。もう活動していないのかなぁ?

伊藤沙菜のココロは童顔です。」(日25:00-25:30)は現在も放送中(例のポエムのやつね)。

福井県:「ちゅんちゅんサタデー」(FBCラジオ、土8:00-10:45)

「ちゅんちゅん」は、小鳥のさえずりと「熱い」を意味する福井弁がかけてあるとのこと。福井に行って何か熱いものを食べたら「ちゅんちゅんやな」と言ってみよう。

山梨県:「どきゅ〜ん!」(YBSラジオ、土11:00-14:50)

クイズが昼ワイドらしからぬ内容。

ちなみに、場所にもよるかもしれないけれど、深夜・早朝は東京でもYBSが聴こえる。

パーソナリティーのひとり、塩沢未佳子アナの声は、井筒和幸[監督]『ヒーローショー』(2010年)の劇中で聴くことができる。当時「ラヂウス」(2006年4月1日〜2011年4月2日、土11:00-14:50)を担当していたYBSの酒井康宜アナの声とともに、屋台のラジオから流れてくる。

井筒和幸[監督]『ヒーローショー』(2010年)に出てきたラジオ番組:「ラヂウス」(YBSラジオ)(当ブログ内)

鹿児島県:「ズバッ@RADIO〜青だよ!たくちゃん〜」(MBCラジオ、土11:00-15:35)

野口たくおMBC美坂理恵アナウンサーのふたりが、MBCテレビの「ズバッと!鹿児島」(土9:30-10:15)の直後、続けてラジオ出演しているとのこと。

こういうノリが良い雰囲気の番組は好きです。

愛知県:CBC開局60周年連続ラジオドラマ「還暦刑事」(CBCラジオ、金17:15ごろ-;土13:12ごろ-15分、月1回4本一挙放送)

主演は大泉成。これはチョッと聴きたい。

民放でラジオ・ドラマをレギュラー放送している局は少ない。こういう開局記念や芸術祭参加の際に散発的に制作される例がほとんど。残念。

アニラジっぽいのじゃなくて、ドラマっぽいドラマをもっと聴きたいなぁ。

* * *

リスナー投票の結果は以下の通り:

  • 3位:「キャンパスラジオ」(RSKラジオ、土21:00-23:00)
  • 2位:「人生探求ラジオBUG」(HBCラジオ、木17:00-17:20)
  • 1位:「友近ママの、魔法の引き出し」(RNBラジオ、月23:30-23:59)

4位以下は、「日曜サンデー」ウェブサイトをご参照のこと。

私が気になった3番組は以下の通り:

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(47)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(47)

2011年3月のつづき:

上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました(4):Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました(5):Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

Kakiiin(TBSラジオ、2011年3月24日(木)17:50-22:00)

TBSにラジオを持っていきました。

ル・モンド紙、震災と原子力ロビーに関する記事を翻訳してみました:「福島、罪深き沈黙」 "Fukushima, silences coupables", Le Monde, 26 Mars 2011

2011年4月3日(日)の「情熱大陸」(TBSテレビ系)は、小島慶子アナだそうです。

今年の「川口桜まつり」(会場:文化放送川口送信所)は、中止になったようです。

radikoで中京地区のラジオが配信されているのに今頃気付いた。

radiko のエリア制限解除、終了へ。

ラジオに癒やされ 大震災「衝撃映像」より「いつものトーク」(東京新聞、2011年3月23日)

小島慶子アナが2011年4月1日(金)の「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演、玉袋筋太郎・ライムスター宇多丸が土曜レギュラーになるそうです。

エフエム多摩閉局から1年たちました。

2011年4月:

東京圏民放AM局2011年春の番組改編

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2011年3月21日(月)25:00-27:00)

小島慶子 キラ☆キラ(TBSラジオ、2011年3月29日(火)13:00-15:30)

ガイガー・カウンターは意外と簡単に作れるらしい:「手作りセンサーで、放射線をキャッチしよう」(日本ガイシ:NGKサイエンスサイト、1999年2月号)

映画評論家・町山智浩の「原発推進都知事の花見自粛令に逆らって花見して今こそRCのサマータイムブルースを歌う会」(新宿中央公園、2011年4月3日(日)17:00-19:00)をチョコっとだけ見てきた。

情熱大陸 ラジオパーソナリティ 小島慶子(MBSテレビ;TBSテレビ他、2011年4月3日(日)23:00-23:30)

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2011年4月4日(月)25:00-27:00)

反原発ソング響く 「自粛」に異論 都庁前の公園で花見会(東京新聞、2011年4月5日(火))

 

過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(29)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(30)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(31)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(32)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(34)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(35)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(36)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(38)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(39)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(40)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(41)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(42) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(43)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(44)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(45)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(46) 


 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I love you & I need you ふくしま/勝手に熊本版(ウェブラジオFMC)

○「I love you & I need you ふくしま/勝手に熊本版」(ウェブラジオFMC)

 

ウェブラジオFMCの榎田信衛門氏の企画で制作された「I love you & I need you ふくしま/勝手に熊本版」が、YouTubeで公開されている。福島を応援しようという趣旨に共感した73人プラス1の熊本県民が参加。さっき観たら再生回数が1,3000回を超えていた。福島の方がたもご覧になっているようで、現地から多数のコメントが寄せられている。

出だしの部分はオリジナルよりも「熊本版」のほうが映像としておもしろいと思う。鳩もナイス・タイミング。熊本ん鳩は、よう解っとるね。


「I love you & I need you ふくしま/勝手に熊本版」
 

"FMC_KOMBINAT"Web-Site(ウェブラジオFMCウェブサイト)

言うまでもないけれど、オリジナルはこちら:


猪苗代湖ズ「I love you & I need you ふくしま」(2011年)
 

猪苗代湖ズ 『I love you & I need you ふくしま』(公式サイト)

先ほど「QIC」第758回(ウェウラジオFMC、2011年4月24日配信)を聴いていると、「I love you & I need you ふくしま/勝手に熊本版」 熊本の地上派のテレビでも放送されたとか:


「テレビタミン」(KKTくまもと県民テレビ、
2011年4月22日(金)16:45-19:00)

 

QIC/FMC
※上記サイト「2011年4月24日放送分(第758回)」をお聴きください。公開後3週間聴取可能

また、福島県のテレビ番組、「ゴジてれChu!」(福島中央テレビ、2011年4月21日(木)15:50-19:00)でも放送されていたとのこと。


「ゴジてれChu!」(福島中央テレビ、
2011年4月21日(木)15:50-19:00)

くまモン、ウケてる。
 

福島中央テレビ [ゴジてれ Chu !] きょうの内容バックナンバー(2011年04月21日(木))

たぶん地元のKKTは、福島中央テレビから動画やFMCに関する照会があって初めて知ったに違いない。

榎田氏がここ最近話している、365人で「三百六十五歩のマーチ」の企画、実現するといいなぁ。


水前寺清子&聖飢魔II「三百六十五歩のマーチ」
 

随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出光仁美のラジオ de ヒットミー(ぎふチャン、日10:00-10:20;YBCラジオ、月21:30-21:45)

○「出光仁美のラジオ de ヒットミー」(ぎふチャン、日10:00-10:20;YBCラジオ、月21:30-21:45)

 

このあいだこのブログで、コロムビアレコードに所属する4人の女性演歌歌手による日本コロムビア創立100周年記念特別企画ユニット、コロムビア・ガールズ・コレクション(CGC)のPVに衝撃を受けた件について書いた:

コロムビア・ガールズ・コレクション(CGC)「夢色ラプソディー」(2011年)が、なんだかスゴい。(当ブログ内)

その際、メンバーの出光仁美がラジオ番組を担当していると知った。地上派では、岐阜山形でしか聴けないけれど、地上派放送後の火曜日からコロムビアレコードのサイトで聴くことができる。「出光仁美のネット de ヒットミー」(ネットラジオ)が前身:

日本コロムビア | 出光仁美のラジオ de ヒットミー
※上記サイトにアクセスしてしばらくすると、最新回が自動的に再生されます。バックナンバーも公開されている。
 バックナンバー聴取時に、Firefox では JavaScript が作動しないことがあり、asxファイルが開かない場合があります……と書けば、解る人は聴けるはず。

ちなみにご本人は、こんなかたなのだけれど、


出光仁美『一本道』(2011年)
演歌のPVだけど、背景がCG。斬新。
 

和服のクール・ビューティーやこの歌声からは想像がつかない語り口。このギャップが、ちょっとだけ中島みゆきのラジオを思わせる(あそこまでのギャップじゃないけれど)。福岡県宗像市のご出身とのことで、時どき宗像弁が出たりもする。「落ち葉をはわく」と言っていた。九州人としては、聴いていて懐かしい。

効果音は、螺貝・鼓・太鼓・拍子木など和の鳴り物で、テンポやメリハリを出すとともに、どこかとぼけた味わいも醸成している。ポッドキャストをやっている人の参考にもなりそう。

大爆笑や価値観の大転倒が起きるポイントがあるわけではないけれど、思わず含み笑いを誘うような、じわっとした可笑し味がある。もっとたくさんの放送局で流れれば人気が出そう。

いかにもラジオ的な愉しさで、オレは好き。

第2回が面白かった。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭でも手作りできる「ガイガーカウンター」の精度、『週刊新潮』2011年4月28日号

○「家庭でも手作りできる「ガイガーカウンター」の精度」、『週刊新潮』2011年4月28日号

 

今売りの『週刊新潮』2011年4月28日号で、このブログでも以前にご紹介した、米村でんじろうによる手作りガイガー・カウンター(放射線量測定器)が取り上げられている。AMラジオを使うところがミソ。

見開き2ページで大々的にフィーチャーされており、作成の手順が写真入りで詳しく説明されている。

前にも書いたけれど、原理を知るための理科の実験工作で、実用的な物ではない。


いい感じのピンボケ。
読みたい人は買うべし。
 

『週刊新潮』記事による、原理についての解説はこういう感じ:

溜まった静電気で高電圧になったフィルムケース(GM管)を放射線が通過するとガスの分子が放電し、電磁波が発生。その電磁派をラジオが受信するそうだ。

『週刊新潮』2011年4月28日号 p.53

ちなみにこの記事は、「「原発と放射能」レベル7の機密情報」と題する原発事故の大特集の一環。

「穏やかならぬ福島第一原発門前」という写真付き記事の pp.18-19に載っている地元商店街の「原子力最中」「回転寿しアトム」「ブックスアトム」「アトム観光」「パチンコ NEW ATOM」……なんという悲喜劇。

そういえば、このあいだ秋葉原の東京ラジオデパートに行ったら、1Fのマイクロ・パワー研究所の店頭では自作ガイガー・カウンターで放射線量を常時モニター中だった。キット化の準備が進んでいる模様:

放射線モニターの常時動作(マイクロ・パワー研究所)
マイクロ波&高周波関連パーツ販売店 マイクロ・パワー研究所(「東京ラジオデパート」ウェブサイト内)

※参考

ガイガー・カウンターは意外と簡単に作れるらしい:「手作りセンサーで、放射線をキャッチしよう」(日本ガイシ:NGKサイエンスサイト、1999年2月号)(当ブログ内)


「やってみようなんでも実験」(NHK教育テレビ、1996年?)
上記サイトのカウンターが上掲動画の2:30あたりから登場します。

随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日野エフエム放送(東京都日野市高幡不動周辺、76.8MHz)「がんばれ東北プロジェクト」、4月23日(土)17:00から高幡不動駅南口で路上ライブと募金活動。※中止になったそうです。

○日野エフエム放送(東京都日野市高幡不動周辺、76.8MHz)「がんばれ東北プロジェクト」、4月23日(土)17:00から高幡不動駅南口で路上ライブと募金活動。※中止になったそうです。

 

※下記イヴェントは天候不順が予想されるため中止になったそうです。次回は4月29日(金)に実施予定とのこと。(4月23日追記)

東京都日野市高幡不動周辺で聴取可能なミニFM局、日野エフエム放送(76.8MHz)が、4月23日(土)高幡不動駅南口ロータリーで、「がんばれ東北プロジェクト」の一環として、地元出身の歌手・岩崎愛子をメインとする路上ライブと募金活動を行うとのこと。17:00から1時間の予定。募金は日本赤十字社を通して被災地に届けられる。

日野エフエム放送 76.8MHz

高幡不動駅 - Google マップ

お近くのかたで趣旨に賛同したかたはぜひご協力を。

高幡不動といえば、岩崎夏海『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(ダイヤモンド社、2009年)の舞台と言われている程久保のおとなり(多摩都市モノレール線)。

昼間は『もしドラ』の舞台を散策して、帰りに高幡不動に寄るというのもアリかもしれません。

「もしドラ」の舞台にもし行ってみれば - 日野市観光協会


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のBEST10:用意しておきたいラジオ、『週刊文春』2011年4月28日号

○「今週のBEST10」用意しておきたいラジオ、『週刊文春』2011年4月28日号

 

今売りの『週刊文春』2011年4月28日号、小林信彦御大はラジオを話題にしていないものの、「今週のBEST10」のお題が「用意しておきたいラジオ」。先の東北地方太平洋沖地震でラジオの重要性が再認識されていることを受けて、このテーマらしい。岩手県宮古市のみやこさいがいエフエム(77.4MHz)のスタジオ写真も載っている。

みやこコミュニティ放送研究会
USTREAM: みやこさいがいエフエム [岩手県宮古市]
http://twitter.com/mcbs_staff

ただ、ランキングの内容には大いに異議あり。ソウルがないにも程があるワ。災害時に威力を発揮しそうなものが驚くほど少ない。

どこのド素人が選んだのかと思ったら、選者は、三才ブックス『ラジオライフ別冊』編集部滝田勝紀徳間書店『BestGear』編集部)、本多麻記子(ラジオNIKKEIディレクター)と、ラジオに通暁している人ばかりのはずなのに……。

複数のラジオを実際に使い比べた経験のある人はあまりいないと思うけれど、ラジオ受信機に詳しい人たちで、もう一度ちゃんと選び直したほうが良いのではないだろうか?

詳しい順位は誌上でご参照頂くとして、まず、電池を食う機種や、ネット環境がなければ聴けないアレが1〜3位を占めているのには疑問。

スマート・フォンがあればネット環境はクリアという考え方もあるかもしれない。しかし、この間の「アダチ区民放送局」(足立区民放送:ネットラジオ、2011年4月17日(土)23:00-24:55)のエンディングで宮﨑誠弥氏も言っていたけれど、被災者が大事なバッテリーをラジオ聴取に費やしてしまうのは本末転倒で、ここぞという時の通話やTwitterのために取っておくべき。

Radio Adachi Broadcasting - 足立区民放送


「アダチ区民放送局」(足立区民放送:ネットラジオ、
2011年4月17日(土)23:00-24:55)

伊集院は関西でもABCラジオで聴けます、念のため。 

4位の携帯ラジオがようやく災害時に役に立ち得るという感じ。

専用のドックに差し込んで充電するタイプの機種もランクインしており、電気が止まったら役に立たない。普段ラジオを聴かない人が防災袋に入れておくためのものであれば、録音機能も不要。録音は結構バッテリーを食う。

手回し充電式が2機種ランクインしているが、DEGEN D13 は手回し充電に加えて、ソーラー充電もでき、値段も3,800円と手頃で一見すると良さそうだが、FMの受信可能周波数は87.0〜108.0MHzで、ハッキリ言って日本では使えない。地元のピン・ポイントなライフ・ライン情報を提供するコミュニティーFMが聴けない。

SONY ICF-EXMK2 を入れてきたのは、ラジオ通の矜持を示したかったのかもしれない。今回の震災でRFCラジオ福島を再送信していたラジオNIKKEIが聴ける点が評価されたようだが、短波が聴けるラジオなら、もっと安くて電池を食わない機種があると思う。もちろんラジオ・ファンとしては「欲しいラジオ」だけれど、「用意しておきたいラジオ」とは話が違う。

10位にランクインしているもののなかで、災害に備えるという観点で私が人に薦められるのは SONY ICZ-R50SONY ICF-B02 の2機種、自分自身が「用意しておきたいラジオ」は、手回し充電式の SONY ICF-B02 のみ。

ただ、さっきSONY ICF-B02 を Amazon.co.jpで見たら28,000円だった。そもそも実勢5,000円ぐらいの物じゃなかったっけ? 通常の値段を知らない人がウッカリ買ってしまわないことを祈る。こんな言い方はしたくないけれど、そんな値段を付けてるヤツは死ねばいいのに。恥を知りなさい。物の値段は神の見えざる手じゃなくて、人間の強欲さで決まるらしい。

もっとも、大手メーカーはラジオ受信機の在庫を被災地に供出したようだし、ラジオなんて常に大量生産しているとも思えないので、しばらく品薄状態が続きそうな予感。


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コロムビア・ガールズ・コレクション(CGC)「夢色ラプソディー」(2011年)が、なんだかスゴい。

○コロムビア・ガールズ・コレクション(CGC)「夢色ラプソディー」(2011年)が、なんだかスゴい。

 

JUNK(TBSラジオ、月〜金25:00-27:00)が終ると文化放送に変えて「走れ!歌謡曲」(文化放送、火〜土3:00-5:00)を流しつつ寝るのがパターン化。

2011年4月8日(金)の放送に、コロムビアレコードに所属する4人の女性演歌歌手のユニット・コロムビア・ガールズ・コレクション(CGC)が出演していた。コロムビア100周年記念ユニットで、「夢色ラプソディー」(2011年)という曲をリリースするとのこと。

走れ!歌謡曲: 本日のゲストはコロムビア・ガールズ・コレクションの皆さんでした!

ちょっと胸騒ぎがしたので、起きて検索したら、なんだかスゴかった:

コロムビア・ガールズ・コレクション|日本コロムビア(公式サイト)


コロムビア・ガールズ・コレクション
「夢色ラプソディー」(2011年)

※最後がシビレる。

「CGC」って、やっぱりAKB的なところをねらってきたんでしょうか?

メンバーは、南かなこ三代目コロムビア・ローズ松川未樹出光仁美の4人。

各メンバーは現在、以下のラジオ番組に出演中:

歌手の神園さやかと、『北野誠×竹内義和 “濃い口”トークラジオ』(2008年)で紹介されていた歌う司会者軍団・縁の下の力組を思い出しました。

神園さやかオフィシャルウェブサイト(公式サイト)

♪縁の下の力組♪(公式サイト)


神園さやか「おじいちゃん」(2005年)
「解剖台の上のミシンとこうもり傘の偶然の出会い」。
 

縁の下の力組「ご主人様」
「企業戦士」と書いて「ガンバルマン」と読む。

※当ブログ内の関連エントリー

出光仁美のラジオ de ヒットミー(ぎふチャン、日10:00-10:20;YBCラジオ、月21:30-21:45)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GUITARS(InterFM、2011年3月5日(土)16:00-16:30)

○「GUITARS」(InterFM、2011年3月5日(土)16:00-16:30)

 

地震前に公開する予定で下書きしていたけれど、すっかりタイミングを外してしまい、番組自体も終ってしまった。1か月以上前の番組。地震からもう1か月経ちました。

* * *

先日のグラミー賞で、Tak Mastumoto こと B'z のギタリスト松本孝弘がラリー・カールトン(Larry Carlton)との共作 Take Your Pick (2010) で Best Pop Instrumental Album を受賞した。

2010 - 53rd Annual GRAMMY Awards Nominees And Winners)

ネット上には、この件について松本の陰口を叩く人がけっこういるようだ。コレに対して、松本を擁護するあまり、「カールトンはたいしたことない」と言っている人までいた(さすがに、それはないでしょ)。でもそういう人たちは、ラリー・ファンでも松本ファンでも音楽ファンでもなくて、きっと自分ファンなんだよ。

AMのトーク・ラジオを好んで聴いているせいもあるけれど、ラジオであんまり受賞アルバムの曲がかからないような気がする。そんななか、たまたま聴いていた InterFM で特集していた。

GUITARS 2011/03/05 OA #9 Tak Matsumoto(GUITARS – 76.1 InterFM » 2011 » 3月)

CD収録の新曲が3曲か4曲かかったけれど、正直言うとそんなにピンとこなかった。でも、DVDに入っているそれぞれの十八番はなかなかいい:


Larry Carlton & Tak Matsumoto, "Room335"
Live at Blue Note Tokyo, 2010

 

Larry Carlton & Tak Matsumoto, "#1090 Thousand Dreams"
Live at Blue Note Tokyo, 2010

 

"Room335" が愉しそう。

番組とは関係ないけれど、ついでに、その他の日本人受賞者も。

The Stanley Clarke Band, The Stanley Clarke Band - Best Contemporary Jazz Album

ピアニストの上原ひろみが参加。この人が演奏しているところを見るのは本当に愉しい:


The Stanley Clarke Band in Nice Jazz Festival 2010

 

もうひとつ同じライヴから。エロかっこいい:


The Stanley Clarke Band, "Goodbye Pork Pie Hat"
 

もう一個、日本のテレビ番組から。これはソロ。ピアノだけでなく、本人の声もマイクで拾っているのがグッド・ジョブ。手でミュートするところなどは、ジャズの難しい理論が解らない私が見ても面白い:


Hiromi, "Brain Training" (2009)
 

Mitsuko Uchida, DBE with The Cleveland Orchestra, Mozart: Piano Concertos Nos. 23 & 24 - Best Instrumental Soloist(s) Performance (with Orchestra)

クラシックはそれほど聴くほうではないけれど、内田光子の下のインタヴューを見たら好きになった。下の動画は1時間のロング・インターヴューの完全版。15分のショート・ヴァージョンもある。英語がブリティッシュ・アクセントだと思ったら、活動の拠点はロンドンなのだとか:


Interview with Mitsuko Uchida
by Frénk van der Linden for Cultura

 

Paul Winter Consort, Miho: Journey To The Mountain - Best New Age Album

琴奏者・松山夕貴子が2曲で参加。このアルバムは、滋賀県甲賀市信楽町の MIHO MUSEUM の依頼で制作されたとのこと:


"JATVNEWS" 松山夕貴子インタビュー
 
(Los Angeles: KXLA, 2011年2月12日(土)18:00-18:30)

 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京のミニFM局リスト(暫定版)2011年4月16日改訂

○東京のミニFM局リスト(暫定版)2011年4月16日改訂

 

※最新版はコチラから。

※おちあいFM、練馬放送 に関する記述を修正。

先日公開した「東京のミニFM局のリスト」を更新してみました。

ミニFM局って何?
ミニFM局とは、免許を必要としない微弱電波による放送を行っているFM局です。


総務省ウェブサイトより引用
 

微弱な電波を利用した無線設備(総務省北海道総合通信局)
私のような素人には総務省本体のサイトより読みやすい。

参考:馬場康夫[監督]『波の数だけ抱きしめて』(1991年)、DVD&Blu-rayで発売中。(当ブログ内)

ミニFM局以外に、前身がミニFMだったもの、私が勝手に「ミニFM的」だと判断したネットラジオなども一部含まれています。

情報が少なく、たいして網羅できていません。「他にもこんな局がある」「情報が間違っている」「私がやっています」「ミニFM始めました」などの情報をお待ちしています。頂いた情報に基づき加筆・修正してゆきたいと思います。

* * *

掲載順は放送拠点所在地の全国地方公共団体コードに拠る。同一市区町村内では局名五十音順。


おちあいFM(東京都新宿区西落合1-31-24 西落合児童館2階 落合三世代交流サロン、86.9MHz、土曜日)
メジラジ(目白大学放送研究会、隔週土曜日13:00-15:00)・「林芙美子アワー」などを放送中。

あさくさFM(浅草花やしき内:東京都台東区浅草2丁目28-1、83.7MHz)
浅草の遊園地花やしきから放送しているミニFM局。生放送番組「Asakusa Catch UP」(月〜土は1日1回、日曜は1日2回)と、多数の録音番組を放送。生放送パートはUSTREAMでも放送していて、放送ブース内の映像を見ることができる。

コジマラジオ(東京藝術大学アトリエ:東京都台東区上野公園12-8)
局名は、かつて小島アートプラザ(旧台東区立小島小学校内)で活動していたことに由来する。
現在は、東京藝術大学のアトリエに拠点を置いている。毛原大樹を中心とするインカレ・ラジオ制作サークル。定期的に放送を行っているかどうかは不明だが、88.0MHzで放送している模様。

どすこいFM(両国国技館:東京都墨田区横網1丁目 3-28、83.4MHz、初日〜千秋楽15:00-)
両国国技館内で場所中に聴取可能なオリジナル館内放送。ラジオの貸し出しも行っている。
この他に、下記番組音声の再送信も行っている:

  • 「NHK BS 大相撲中継・日本語放送」(76.6MHz、初日〜千秋楽13:00-)
  • 「NHK BS 大相撲中継・英語放送」(78.3MHz、初日〜千秋楽16:00-)

学大FM(東京都目黒区五本木2丁目 15-12 五本木プロジェクトビル 五本木カフェ HANADA ROSSO、87.0MHz、火16:00-17:30)
伊藤清光氏の屋上パフォーマンスの一環として始められたミニFM局。番組のネット配信も行っている。

K-MEG4(東京都目黒区上目黒4丁目28-3、88.0MHz)
プレス・リリース配信サイト ValuePress! が運営する非営利のミニFM局。ポドキャスティングも行っている。
サイトによると、「ValuePlease!(バリュープリーズ)」(水18:00-)と、「The Day Of The Best」(月18:00-)の2番組を制作・放送している模様。後者はネット配信が更新されていないので、もう放送されていないのかもしれない。

さん茶FM(東京都世田谷区太子堂2丁目、77.0MHz、第2・第4日曜日)
居酒屋「かめや」を拠点として活動するミニFM局。毎月第2または第4日曜日に生放送を行っているとのこと。放送時間は不明。かつては「しゃれなあど ふれあいひろば」で定期的にイヴェントも行っていた。

○下北FM(SHOT BAR VERTEX(旧BAR Likkle More):東京都世田谷区北沢2−24−5 柏ビルB1、ネットラジオ)
大蔵ともあきが代表・プロデューサー・DJを務める「ストリートラジオ局」。週1回のペースで木曜夜に公開生放送を行っている。女性アイドルのゲスト出演が多い。
元もとは88.8MHzのミニFM局としてスタートした模様。ウェブサイトには「是非FMラジオをご持参でのお越しをお待ちしております!」とあるが、現在もミニFMの放送を行っているかは不明。
USTREAMでのライブ配信も行っている。

ラジオぱお(駒沢大学:東京都世田谷区駒沢1丁目 23-1、88.0MHz、毎月「8」「0」のつく日の12:10-12:50)
駒沢大学グローバル・メディア・スタディーズ学部 金山智子ゼミが運営するミニFM局。駒沢大学内売店・食堂パオわきのテントから放送。

ラジオぱちぱち(東京都杉並区善福寺3丁目 13-10 善福寺北児童館周辺、88.0MHz、毎月第2土曜日10:00-公開生放送・同日夜再放送、ほか)
杉並区立桃井第四小学校および善福寺北児童館エリアのこどもたちが運営しているミニFM局。複数のレギュラー番組がある。

Amlux Campus Channel(東京都豊島区東池袋3丁目 3-5 トヨタオートサロン アムラックス東京 B1サテライトブース、火〜金17:30-18:30)
毎週火曜日から金曜日まで、首都圏17大学の放送関係サークルが日替わりで行っている公開放送。電波は送信していない模様。

○FM千早88(東京都豊島区千早、88.0MHz、土15:00-)
現在放送中かどうかは不明。
日野エフエムが技術的なノウハウを提供して開局したとのこと。

○参考:小学生“女子アナ”活躍 豊島にミニ放送局 『FM千早88』 (東京新聞、2007年2月12日(月))


豊島区千早のミニFM「女子アナ」は小学生「TOKYO MX NEWS」
(TOKYO MXTV、2007年10月15日)

コミュニティラジオ きたくなるまち(東京都北区王子、ネットラジオ、毎月10日・20日・30日配信)
PAL-FM。現在はネットラジオのみの放送。

大東ラジオ・Click Fine T(東京都板橋区高島平2丁目 26-3 高島平団地内さくら通り商店街「コミュニティ・カフェ サンク」)
大東文化大学の「らみらいネット高島平」の一環。学生と地域の住民でラジオ番組を作成。
FMおだわら(神奈川県小田原市、78.7MHz)での「Many Thanks 高島平」(日15:00-15:30;月23:00-24:00(再))の放送が2010年3月で終了し、ネットラジオに移行。


練馬放送(東京都練馬区、ネットラジオ)
生放送番組「ねりなま!」、他録音番組をネット配信。
ラジオネリマ・旧FMえすかれぇしょん(千葉県市川市大洲、埼玉県川口市芝富士、東京都練馬区南田中、東京都上落合などから放送していた)。

WERE-FM(東京都練馬区富士見台周辺、87.5MHz、放送スケジュール不詳)
2001年開局。放送日・タイムテーブルなどは公開されていないが、音楽中心の放送を行っているとのこと。
2010年8月1日には、埼玉県川越市の川越百万灯夏まつりにあわせて、ミニFMのイヴェント放送を主催し、連続テレビ小説「つばさ」(NHK総合テレビほか、2009年3月30日~9月26日)の「ラジオぽてと」「甘玉堂」が1日限りの復活を果たしたとのこと。

放送室からの戯言:ラジオぽてと、無事に終了しました☆

足立区民放送(東京都足立区、ネットラジオ、土23:00-24:55
足立FM開局準備会による放送。毎週土曜日「アダチ区民放送局」を公式サイトねとらじなどで生放送。
ニコニコ動画内にコミュニティあり。過去の放送の動画もアップされている:

足立区民放送-ニコニコミュニティ

2009年9月27日まではミニFMでも放送していた。
足立区民さんからの情報によると、「じつはまだミニFMが放送されています。イベント時以外のベリカードの発行を終了したので、いちおうミニFMは放送していないといってる「だけ」だそうです」とのこと。

FM LoveWAVE(東京都葛飾区柴又1丁目、88.2MHz)
柴又駅前からの不定期放送。
放送環境上の理由から、ネットでのストリーミング生放送に移行の予定。

○東京競馬場場内ミニFM(東京都府中市日吉町1-1、東京競馬場
場内で下記番組を放送・再送信中。

  • グリーンチャンネルEAST:87.0MHz
  • ラジオNIKKEI第1放送:87.5MHz
  • ニッポン放送:88.0MHz
  • ラジオ日本:88.5MHz
  • 場内実況:89.5MHz

2000年10月まで「TSS(Turf Sounds Station)」(87.0MHz)、2001年1月から2001年12月まで「Green WAVE」(87.0MHz)で場内限定オリジナル番組の放送を行っていた。

※参考:
東京競馬場の鉄人 [ TOKYO RACE COURSE ] :Anaba
※Green WAVE のスタジオ・ブースの写真あり。

TSS SUPPORT HOME PAGE
グリーンウェーブ(「篠崎菜穂子 応援サイト しのなお.com」内)
場内FMメモリアル(「篠崎菜穂子 応援サイト しのなお.com」内)

FM小金井(東京都小金井市本町6丁目周辺、88.8MHz)
2010年7月20日開局。大光寺邦彦氏が運営し、JR中央線・武蔵小金井駅南口シャトー小金井から放送。
屋上にダイポール・アンテナを設置しレコーディングにも対応できるDJブースをもち、ミニFMとしてはかなり本格的。

※参考:
FM小金井(東京都小金井市本町6丁目 シャトー小金井周辺:88.8MHz)(当ブログ内)

さくらじょうすいマイクロFM(東京都小平市上水南町、76.8MHz)
各種災害時における地域密着型の防災支援放送を目的とする放送。平時は、木21:00-24:55および金21:00-23:55に、海外のネット・ラジオを再送信している模様。

局名は「さくらじょうすいマイクロFM」だが、最寄り駅は京王線・桜上水ではなく、JR国分寺駅か武蔵小金井駅。小金井市テニスコート、サレジオ小学校・中学校の付近で聴取可能のようだ。サレジオ学院(横浜市都筑区)・サレジオ高専(東京都町田市)ではない。

日野エフエム放送(東京都日野市新井、76.8MHz)
京王電鉄高幡不動駅周辺で毎週土曜日に放送中。

※参考:
夜のロフトスタジオ(日野エフエム放送:東京都日野市 京王電鉄高幡不動駅周辺 76.8MHz、2009年8月13日(木)21:00-23:00)(当ブログ内)

○JOUT-FM(送信所不詳、86.9MHz)
詳細不明。休日祝祭日に音楽のみを放送しているとのこと。
livedoor のねとらじでの放送も行っていることがあるようだ。ねとらじの番組内容説明によると「UTさん」により「週末 FM  86.9MHz  高幡 百草周辺でオンエア中」とのこと。 高幡・百草周辺でUTって、もしかして……。

※参考:
今日もギンギン謎のFM(電波堂本舗)
JOUT-FM(86.9MHz)(パラかめタクシー、○○中!)
○2009年10月12日(月)に立川駅下りホーム上で放送を確認。
 ・ダウンロード 200910121718joutfm.mp3 (20.5K)(10秒)


 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放課後なるほど部 緊急特番!原子力スペシャル!(なんば白鯨:大阪・千日前、2011年4月9日(土)19:00-)

○「放課後なるほど部」た〜だし〜い理屈が〜ポポポポーン♪緊急特番!原子力スペシャル!(なんば白鯨:大阪・千日前、2011年4月9日(土)19:00-)

 

時どき聴いているポッドキャストの科学番組「青春あるでひど」。ぶっちょカシワギ(お笑い芸人)とアニワギはかせ(工学博士)の兄弟が、科学についておもしろく語る番組。最近では秘伝のタレの回が面白かった。「あぁ、それはそれで科学的な思考なんだなぁ」と納得。

青春あるでひど 

当然、ここ数回は原子力の話題。ふたりは原子力発電に肯定的で、アニワギはかせは東京電力の初動は100%正解だと評価しているようで、賛否両論だったもよう。科学者として、「発電効率を考えれば、原子力発電は、事故が起きなければ最高の発電」という立場のようだ。

このおふたりがやっているイヴェント「放課後なるほど部」で原子力が取り上げられていて、USTREAM で観ることができるというので、チェックしてみた。おふたりは、上記のような立場であることと、トーク・イヴェントなので面白おかしく語っている部分もあり、なかには不快に感じる人もいるかもしれない。

事象をどう評価するかは各人のアティチュードの問題だけれど、私の考えでは、原子力に反対の人ほど、原子力について知っておいたほうが自説の説得力が増すというもの。

3時間の動画なので、1度に最後まで観るのはなかなかキビシいけれど、原子力に関する話題がひとまとめに解りやすく解説されていて勉強になる。

例えば、次の質問にスラスラ答えられる人は観なくてもいいかもしれない——「ベクレル(Bq)、シーベルト(Sv)、グレイ(Gy)はどう違うの? 」「高速増殖炉は、何が高速で、何が増殖するの?」「制御棒を突っ込んだり、ホウ素剤をぶっかけたりすると核分裂を抑制できるのはどうして?」

たぶん、あなたは観たほうが良いはず。

もんじゅのストローの喩えが可笑しかった。実は、ヘタすると、もんじゅのほうが福島よりもヤバいらしいよ。


「放課後なるほど部」
た〜だし〜い理屈が〜ポポポポーン♪緊急特番!原子力スペシャル!
(なんば白鯨:大阪・千日前、2011年4月9日(土)19:00-)

 

まぁ、オレは昔っから原子力発電には反対だし、東京電力の初動が100%正解だったとはこれっぽっちも思わないけどね。ただ同時に、いま東京でパニックを起こす必要はないと思う。


"They're so hot and glowing."
冷えるまで10年単位の時間がかかる場合もあるようです。
 

※当ブログ内の関連エントリー:

ガイガー・カウンターは意外と簡単に作れるらしい:「手作りセンサーで、放射線をキャッチしよう」(日本ガイシ:NGKサイエンスサイト、1999年2月号)

上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました(1):Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

ル・モンド紙、震災と原子力ロビーに関する記事を翻訳してみました:「福島、罪深き沈黙」 "Fukushima, silences coupables", Le Monde, 26 Mars 2011

発推進都知事の花見自粛令に逆らって花見して今こそRCのサマータイムブルースを歌う会」(新宿中央公園、2011年4月3日(日)17:00-19:00)をチョコっとだけ見てきた。

※参考:


「なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・"異端"の研究者たち〜」(MBSテレビ、2008年10月19日(日)24:45-25:45)
 

随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

The Nutty Radio Show おに魂(NACK5、2011年4月12日(火)20:00-23:00)

○「The Nutty Radio Show おに魂」(NACK5、2011年4月12日(火)20:00-23:00)

 

伊集院光が昨日も、月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2011年4月11日(月)25:00-27:00)で福田萌の話をしていた:

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2011年4月11日(月)25:00-27:00)(当ブログ内)

そのとき検索したら、彼女が NACK5 で「The Nutty Radio Show おに魂」(NACK5、月〜木20:00-23:00)の火曜日を担当していると知った。2010年10月から担当しているとのこと。知らなんだ。

The Nutty Radio Show おに魂(FM NACK5 79.5MHz | 番組詳細)
おに魂のブログ

最後のほうをちょっとだけ聴けたので、聴いてみた。

バカボン鬼塚とふたりで放送しているのかと思ったら、ひとりだった。

声はルックス通りのイメージだった。ラジオむきな特徴のある声。おっとりした感じなのかと思いきや、頭の回転が速く、話も上手い。かなり面白いと思う。

伊集院みたいなタイプの中年がメロメロになるのがちょっと解った。

伊集院のリスナーは、来週の火曜日に聴いてみては?

※各曜日パーソナリティー

「夕やけ寺ちゃん 活動中」(文化放送、月〜金15:30-17:50)の火曜日にもご出演中とか。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IJP イジュウインパーク(TOKYO MX、2011年3月25日(金)23:00-23:30)

○「IJP イジュウインパーク」(TOKYO MX、2011年3月25日(金)23:00-23:30)

 

3月いっぱいで、伊集院光のテレビ番組「IJP イジュウインパーク」(TOKYO MX、2010年4月9日~2011年3月25日、金23:00-23:30)が終了していた。

私はたまにYouTubeで観る程度だった。

最終回で、「Mr. 女子力コンテスト〜ティーンズ部門〜」というラジオに関係ある企画が放送されていた。若手芸人が10代の女子になりきって、三田寺理沙の架空のラジオ番組「MDP ミタデランパーク」に相談メールを送るという内容。

まぁ、茶番ネタなのだけれど、けっこう面白かったのでご紹介まで:


「IJP イジュウインパーク」
(TOKYO MX、2011年3月25日(金)23:00-23:30)

 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2011年4月11日(月)25:00-27:00)

○月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2011年4月11日(月)25:00-27:00)

 

最近、伊集院がラジオでやたら福田萌の話をする。彼女は「深夜の馬鹿力」を聴いているらしい。

検索してみた:

福田萌オフィシャルブログ 萌の元気があれば何でもできるッ

若い頃には、小泉今日子内田有紀を推していたような気がするけれど、ここ何年かは、堀越のり田代さやか磯山さやかを話題にしていた。そこへ来て、福田萌

傾向はハッキリしてるけど。

本人、ホントに聴いてた:

伊集院さんが!(fukudamoe, 1:50 AM Apr 12th


 

伊集院のラジオを聴いている女子。

良いのか悪いのか……判らないので寝ます。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ、2011年4月9日(土)21:30-24:30)

○「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(TBSラジオ、2011年4月9日(土)21:30-24:30)

 

この日の「ザ・シネマハスラー」のお題は、品川ヒロシ[監督]『漫才ギャング』(2011年)

TBS RADIO ザ・シネマハスラー「漫才ギャング」 (ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル)
TBS RADIO 映画博徒の生き様が一目瞭然!ハスリングの記録・2011年 (ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル)

映画「漫才ギャング」公式サイト


品川ヒロシ[監督]『漫才ギャング』(2011年)予告編

私自身は映画を観ていないので作品を批評できない。それに、トム・フーバー[監督]『英国王のスピーチ』The King's Speech(2010年)シルヴァン・ショメ[監督]『イリュージョニスト』L'Illusioniste(2010年)も観ないといけないし。

でも、上の予告編を見て、石原さとみのガール度の高さに驚く。見ていてちょっと照れくさくなるほど。

宇多丸は、この映画と松本人志のコント「いきなりダイヤモンド」(1998年)との類似点と、そこで表現されているメッセイジの方向性の対照性に言及していた。安易な救済と永続する挫折みたいな感じかなぁ。

お笑いずきなひとには有名なコントのようで、『漫才ギャング』との関連をすでに言及している人は多いようだ。まぁそもそも、「いきなりダイヤモンド」だって、マーティン・スコセッシ[監督]『キング・オブ・コメディ』The King of Comedy(1982年)に似ているところがあるけれど。

私はこのコントを初めて知った。なにせ、お笑いに詳しくないもんで:


「いきなりダイヤモンド」(1998年)1
 

「いきなりダイヤモンド」(1998年)2
 

「いきなりダイヤモンド」(1998年)3
 

これはなかなかスゴい。才気ばしっている。

注目すべき違和感は、他の房に人の気配がないこと。セットの凝り具合を考えると、人を配置する予算がないはずはないので、初めからそういう設定なのだろう。

さらに、 房内にベッドがひとつしかない。独房だ。

おそらく、コントの中の出来事はすべて、さえぐさ良純(松本)の頭の中で起きている出来事なのだと思う。客観的・即物的に見れば、あの房には、さえぐさしか存在せず、ヨシダアキラ(今田耕司)はさえぐさの脳がつくりだした仮想の相方かもしれない。実際には、他の房には他の囚人がいて、巡回する刑務官もいるはずだ。

30分の長尺のコントである上に、途中に挿入された2回の月のカットがあるので実際には少なくとも数時間経過していることが表現されている。あのオチのためには、あの長さが必要なのだと思う。

壁に描かれた観客相手に漫才を演じているというオチだけでも充分にハッとするのだけれど、ここで、序盤の「もっともワシは終身刑やけどな」が効いてくる。「無期懲役」ではない。この後も壁の観客相手の孤独な舞台が死ぬまで続くのだ。

作中のコント台本の表紙には「作 さえぐさ良純」と書いてあるけれど、わざわざひらがなで書いてある「さえぐさ」は、やっぱり「三枝」の意味だよね。コメディー界のグルを象徴する記号としての。

多数の類似点があるものの、『漫才ギャング』「いきなりダイヤモンド」が伝えるメッセージは正反対であるように思われる。前者が「人は変れる」と声高に説くのに対し、後者の主人公は最後まで人知れず独房の中にいる。

正直言って、宇多丸による『漫才ギャング』評を聴いて、松本の「いきなりダイヤモンド」を観たら、もう充分という気がしてきた。

爆笑問題・太田光は品川の小説に見られる他者の肯定を評価していたことがあるけれど、宇田丸の映画評を聴いた限りでは、少なくとも映画ではリアルな人間の業を描き切れてはいないようだ。

なるほどなるほど、ほ〜。

* * *

蛇足ながら、品川と南海キャンディーズ・山里亮太との件の顛末は、いじめられた経験のある私としては、被害者が請い加害者が赦すという図式が常識的に理解不能で、聴いていて不快以外のなにものでもなかったけれど、当人同士のあいだで手打ちが済んでいるのだから、その件で品川に対する人格攻撃を続けている人たちには感心しない。

※当ブログ内の関連エントリー

水曜JUNK「山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ、2011年2月2日(水)25:00-27:00)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」DVDのジャケット。

○「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」DVD(2010年)のジャケット。

 

金曜JUNK「バナナマンのバナナムーンGOLD」(TBSラジオ、金25:00-27:00)発のDVDのジャケット:


 

元ネタはこれだよねぇ:


 

大好きな名盤、ドナルド・フェイゲン(Donald Fagen)のNightfly (1982) 。ラジオな1枚でもある。ジャケットがカッコいいので、アナログ盤も買った。

これを真似して写真を撮りたい人は多いだろうなぁ。

ちなみに、両方のジャケット写真のマイクは RCA 77DX というモデルのリボン・マイク。50年代・60年代の放送・レコーディングでは定番だったようだ。現在も使われている。フリー素材の画像やアイコンなどのイラストは、このマイクがモデルになっているものが多い。以前、ネット・オークションに出ていたことがあり、落札しようか迷ったけれど、ちゃんと保管できる自信がなかったのでやめた。

愛宕山のNHK放送博物館に展示されている。

放送博物館 所蔵資料 マイクロフォン|NHK 放送博物館

Nightfly のほうの写真のタバコは Chesterfield King、レコードは、Sonny Rollins, Sonny Rollins and the Contemporary Leaders (1958)。ターンテーブルがどのメーカーの何というモデルなのかも知りたい。

※当ブログ内の関連エントリー:

思春期ラジオと無味乾燥な郊外生活:ドナルド・フェイゲンの場合

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年統一地方選挙開票速報番組(各局、2011年4月10日(日))のリストをつくってみた。

○2011年統一地方選挙開票速報番組(各局、2011年4月10日(日))のリストをつくってみた。

 

2011年4月10日(日)は、東京都知事選他、統一地方選挙の投票日です。まだ投票に行ってない人は午後8時までやっているので、ぜひ一票を投じましょう。何もしないより退屈しないぜ。


ラフィータフィー「目覚まし時計は歌う(選挙ソング)」(2000年)
 

岩手県知事選挙は延期とのこと。他も延期すればよかったのにと密かに思っている。選挙運動は自粛ムードで、その上、考える時間を与えないとなると、現職有利。

※参考:

候補者のエネルギー政策を知りたい有権者の会 - 知事選

さて、東京近郊のラジオの統一地方選挙開票速報番組の一覧をつくってみた。東京だけですみません。あと、ラジオだけで。

ちなみに、ラジオではないけれど、TOKYO MX の「首都決戦!2011東京都知事選挙開票速報」(19:59-23:00)のメイン・キャスターは後藤謙次なのだとか。

* * *

2011年統一地方選挙開票速報番組一覧(東京近郊

◇NHK第一:2011統一地方選挙開票速報・震災特番 統一地方選挙開票速報 19:55-27:20

◇TBSラジオ:速報!東京都知事選(専用ウェブサイトなし) 20:00-21:00
・中村尚登ニュースデスク
・ゲスト:鈴木 穣(東京新聞論説委員)

◇文化放送:東京都知事選挙開票スペシャル~地方自治って何だっけ?(専用ウェブサイトなし) 19:30-21:00
・詳細不明

◇ニッポン放送:テリー伊藤のサンデー ズバリ!ラジオ スペシャル(専用ウェブサイトなし) 19:00-21:00
・前半はスポーツスペシャル、後半は選挙特番。
・解説:森田耕次報道部長

◇ラジオ日本:報道特別番組「統一地方選挙速報」(専用ウェブサイトなし) 21:00-22:00
・ゲスト:有馬晴海(政治評論家

◇TOKYO FM:選挙特番なし。
・TOKYO FM NEWS(22:55-23:00、23:55-24:00)内で放送か? 

◇J-WAVE:選挙特番なし。
・Headline News(21:55-22:00)内で放送か?

◇InterFM:選挙特番なし。

◇ラジオNIKKEI:選挙特番なし。


※放送時間の分布(作成・MasaruS)
 

随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」春休み!親子でラジオ製作(ニッポン放送、2011年3月26日(土)5:30-10:50)

○「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」春休み!親子でラジオ製作(ニッポン放送、2011年3月26日(土)5:30-10:50)

 

放送は聴き逃してしまったのだけれど、先々週、「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」(ニッポン放送、2011年3月26日(土)5:30-10:50)で「春休み!親子でラジオ製作」という企画が放送されたようだ。数組の親子をニッポン放送に招き、放送中にラジオを組み上げるという内容。良い企画。大人になる前に刃物とはんだごての使い方ぐらいはおぼえとかないと。

2011年3月:徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー - AMラジオ 1242 ニッポン放送

サイトを見ていたら、私も作りたくなった。作っているのはエレキットの「らじおくん」(TK-728)のようだ。参加者に意外と女の子が多いけれど、ラジオを作りたいのは実は親のほうだったりして。

去年の夏も同様の企画を行っていたけれど、これは、秋葉原の東京ラジオデパート1F「マイクロ・パワー研究所」高橋さんのブログで取り上げられていたので知っていた。企画に協力なさっているとのこと。

マイクロ波パーツは秋葉原のマイクロ・パワー研究所
さっきサイトを拝見したら、ヒューズ型のロシヤ製ガイガー-ミュラー管が少数入荷したとのこと。すぐなくなってしまうかなぁ。 単品販売終了。キットを準備中とのこと。
思いつくまま・・忘れないための日記(マイクロ・パワー研究所)

今回は、番組内で作ったラジオは被災地などに届けるのだとか。

ニッポン放送の番組なのでAMラジオ受信機を作っているのかもしれないけれど、被災地に届けるならFMラジオのほうがよいのかもしれない。

以下、『讀賣新聞』の記事。「DJの徳光は「メディアの中で、受信機を自分で作ることができるのは、ラジオだけ」とコメントしている」。

 番組でラジオ作りキャンペーン26日・ニッポン放送「とくモリ!」(讀賣新聞、2011年3月24日)

ニッポン放送は、26日放送のワイド番組「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」(土曜前5・00)で、部品キットからラジオ受信機=写真=を作るキャンペーンを行う。

 東日本巨大地震の被災地をはじめ、計画停電地の影響から、首都圏でも多くの家電量販店で携帯型のラジオ受信機が品切れ状態になっている。キャンペーンはラジオ不足の解消を図るため、番組リポーター、同社社員、聴取者が一丸となり、受信機の部品をハンダ付けしてラジオを作る試みだ。完成したラジオ受信機は被災地などへ届ける予定。

 DJの徳光は「メディアの中で、受信機を自分で作ることができるのは、ラジオだけ」とコメントしている。

 同番組では昨年7月、聴取者が親子で、部品からラジオ作りに挑戦する企画を行った。


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小林信彦「本音を申せば」第645回「非常事態 3」『週刊文春』2011年4月14日号

○小林信彦「本音を申せば」第645回「非常事態 3」『週刊文春』2011年4月14日号

 

小林信彦御大が、『週刊文春』のコラムで、震災とラジオを話題にしつつ、上杉隆の「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、月〜金13:00-15:30)降板にも言及:

ぼくも落ちつかないから、中新聞二紙とラジオから情報を得ていたが、ラジオは実に役に立つ。東北の被災者はテレビが観られず、ラジオで情報を得ていた、と語っているが、ぼくもラジオのみといってよい。

とはいえ、ラジオが絶対にフェアであるともいえない。上杉隆氏が某局のレギュラーを、突然、外されたなど、一つの例だろう。

記者クラブ批判、<亡国の官邸>批判など、弱腰のラジオ局幹部が上杉氏を外す理由は、まあ、あることはある。これは今朝、他局のラジオに出ている上杉氏の声で聞いたのだから、間違いない。

ラジオで情報を得るこつを、ここに書くわけにはいかない。しかし、よく聞いていると、ずっとA局を聞いていたが、B局に代えた、などとリスナーはよく見分けている。危機の時代だから、これはヤバいという勘は鋭くなっているのだ。

ひとついえば、A、B、Cと三局あるとして、A局は信用できる、B局は信用できない、という分け方はないと思う。

A局の誰の番組、 B局の誰の番組、という風に、メインのキャスターや、その曜日のゲストによって、チャンネルを合せればいいのだ。確実に信用できる局など、NHKもふくめて、存在しない。信用できそうな人物を探して、じっくり、続けて聞くほかない。

小林信彦「本音を申せば」第645回「非常事態 3」
『週刊文春』2011年4月14日号

要は、TBSラジオを見限って文化放送を聴き始めている人が増えているってことを言いたいのかな?

御大の言う「ラジオで情報を得るこつ」の一例は、まっとうだけれど、さして特別なことを言っているわけではない。「ここに書くわけにはいかない」ヤツのほうが知りたい。

ところで、上杉切りを決定した幹部だか上層部だかって誰のこと? そういう決定はいつどういう機会に下されるの? 機関決定? それとも空気で決まるの? もし、わざわざ取締役会議とかで20分程度のいちコーナーのいち出演者の降板が議題になっているとしたらお笑いだね。

勝鹿北星/浦沢直樹『MASTERキートン』13集(小学館、1993年)を引っぱり出して、「ライオンの騎士」「銀月の騎士」を読み返す。ヴァージン・グループ総帥のリチャード・ブランソン卿に似たフレッド・レスターというテレビ局経営者がフォークランド紛争の背後関係報道しようとしてトラブルに巻き込まれる話。

経営者にソウルがない報道機関はダメだね、やっぱり。

制作の現場には良心があると信じてはいるけれど。そう思わないと、ラジオ・ファンなんてやってられないよ。

* * *

そういえば、小林御大は先週もラジオについて言及し、久米宏×池上彰伊集院光をほめていた。とはいえ、私も聴いていたけれど、いずれの件も御大が言うほどのことじゃなかったと思う。

スポットライト!! 2011年03月19日 ゲスト:池上彰さん(ジャーナリスト)(久米宏 ラジオなんですけど)

ただ、以下の点には同意:

ラジオは幾つかの番組はしっかりしているが、短いニュースの合間に音楽を流すのが多く、ビートルズ、「上を向いて歩こう」、ヘンリー・マンシーニなど、<安全なもの>に決まっている、音楽に限らず、安全に、安全に、である。

小林信彦「本音を申せば」第645回「非常事態 2」
『週刊文春』2011年4月7日号

その点、震災以降の「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、月〜金22:00-23:50)は「しっかりしている」部類に入ると思う。

と言っても、最近は聴けないことのほうが多い。


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小島慶子 キラ☆キラ(TBSラジオ、2011年4月7日(木)13:00-15:30)

○「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、2011年4月7日(木)13:00-15:30)

 

このブログで先日、映画評論家・町山智浩の「原発推進都知事の花見自粛令に逆らって花見して今こそRCのサマータイムブルースを歌う会」(新宿中央公園、2011年4月3日(日)17:00-19:00)をご紹介し、ついさっき、東京新聞によるこの花見の記事も紹介した。

映画評論家・町山智浩の「原発推進都知事の花見自粛令に逆らって花見して今こそRCのサマータイムブルースを歌う会」(新宿中央公園、2011年4月3日(日)17:00-19:00)をチョコっとだけ見てきた。(当ブログ内)
※当日の映像を貼っています。

反原発ソング響く 「自粛」に異論 都庁前の公園で花見会(東京新聞、2011年4月5日(火))(当ブログ内)

その両方について、町山智浩が「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、2011年4月7日(木)13:00-15:30)で話題にした。今回はスタジオ生出演。ちなみに、あの花見には加藤賢崇もいたらしい:

TBS RADIO 2011年04月07日(木) 映画評論家 町山智浩さん - 小島慶子 キラ☆キラ


ギターパンダ「とばせロック」(2010年) とばせロック - ロックンロールパンダーランド
花見 at 新宿中央公園(2011年4月3日(日))
※これ、いい曲だなぁ。

これを書いている最中に、東京で久しぶりに地震。揺れは小さめだけれど、時間が長い。さっき一応外に出た。


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ニュース探求ラジオ Dig(TBSラジオ、2011年4月7日(木)22:00-23:50)

○「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、2011年4月7日(木)22:00-23:50)

 

さっきブログを書いている最中に東京では久しぶりに地震。揺れは小さめだけれど、時間が長い。さっき一応外に出た。

「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、2011年4月7日(木)22:00-23:50)も地震速報体勢に変更。宮城県沖が震源、東北では震度6前後、東京は2ぐらい。仙台・秋田・山形などでは停電、海岸沿いでは津波警報・注意報も。

今日の「Dig」のテーマは「震災報道と心のストレス」。だんだん暮らしが正常に戻り始めている時にこういうのが来ると気持ちが落ち着かない。

「Dig」は震災をテーマにし続けている。だんだんメディアの話題が原発中心にシフトしているなか、継続してテーマに取り上げることで、多様な話題をフォローすることができる。重要なことだと思う。

25:00からも10分程度は地震報道特番に変更。ザッと他局もチェックしたら同様だった。東北では火災・ガス漏れなど少なからぬ影響が出ている模様。


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(46)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(46)

2011年3月のつづき:

ナインティナインのオールナイトニッポン(ニッポン放送、木25:00-27:00)のスポンサーがついにブルボン1社になったそうです。

本日、東北地方太平洋沖地震が発生しました。

地震情報リンク集:平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震 情報(ザ! デイリー サクウラ)

地震情報:多言語による災害情報(FMわぃわぃウェブサイト)

地震情報:全国コミュニティーFM局一覧 JCBA 日本コミュニティ放送

地震情報:ガスが使用できない場合の復帰方法(東京ガス)

地震情報:被災時ラジオ放送の思わぬ盲点

地震情報:仙台市のコミュニティーFM、RADIO3(76.2MHz)が Twitter でライフライン・安否情報を提供・受付中。

メディアジャーナリスト・津田大介が、現地発メディア・行政機関のTwitterアカウントのリストを作成中。

地震情報:radikoがエリア外から聴取可能に。2011年3月13日から当面、東北地方太平洋沖地震への緊急対応として。

地震情報:仙台市泉区のコミュニティーFM、fmいずみ(79.7MHz)、放送再開中。泉区役所から10:00-17:00。Twitter・ブログでも情報提供・受付中。

地震情報:当ブログ内の東北地方太平洋沖地震関連エントリーのリスト

地震関連:震災被災地ラジオ局の周波数・Twitter・ネット配信一覧(県域局・コミュニティFM)

サンドウイッチマンの今俺たちができること、みんなができること(TBSラジオ、2011年3月19日(土)15:00-16:55)

日本の震災:危機における「ジャック・バウアー」、枝野幸男 "Japan earthquake: Yukio Edano, the 'Jack Bauer' of the crisis" The Daily Telegraph, 5th March 2011

この1週間のあいだで良かったラジオ番組

上 杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました(1):Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

上 杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました(2):Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

上 杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました(3):Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

「日本救国放送」本当に日本が心配になってきた。大地震・大津波・原発‥その2」(ウェブラジオFMC、2011年03月21日配信)

過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(29)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(30)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(31)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(32)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(34)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(35)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(36)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(38)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(39)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(40)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(41)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(42) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(43)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(44)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(45)


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反原発ソング響く 「自粛」に異論 都庁前の公園で花見会(東京新聞、2011年4月5日(火))

○「反原発ソング響く 「自粛」に異論 都庁前の公園で花見会」(東京新聞、2011年4月5日(火))

 

このブログで先日、映画評論家・町山智浩の「原発推進都知事の花見自粛令に逆らって花見して今こそRCのサマータイムブルースを歌う会」(新宿中央公園、2011年4月3日(日)17:00-19:00)をご紹介したけれど、この花見が東京新聞で記事になっていた。ウェブ版には載っていない。下記ブログに紙面をスキャンしたものが掲載されているのでご興味のあるかたはぜひ:

町山智浩先生と花見の集い #machiyama_hanami : 東京新聞 記事

紙の新聞でこの件に触れているのは東京新聞だけなんだね。

他方、こんなイヤなニュースも:

“危機の指導者”慎太郎、圧勝ムード 投開票日は菅トンズラ?  - 政治・社会 - ZAKZAK

 東京都知事選(10日投開票)の終盤情勢調査で、石原慎太郎知事(78)が他候補をダブルスコア以上も引き離している。東日本大震災で選挙戦が盛り上がらず「現職有利」との指摘もあるが、永田町では「菅直人首相の震災・原発対応にうんざりしている都民が、発言力も実行力もある石原氏に期待しているのではないか」という見方もある。[……]

確かに、選挙カーなどをほとんど見ない。それに、メンツが小粒すぎて誰に投票するかまだ決められない。

それに、オレは昔から支持していないけれど、慎太郎って、そんなにいいの? 「発言力も実行力も」ないでしょ?

やきとり同志のブログ「謙遜と謙譲の音楽」「候補者のエネルギー政策を知りたい有権者の会」というのが紹介されていた。4月10日投票の統一地方選・知事選・政令市長選候補の全候補にエネルギー政策に関する質問状を送付し回答をウェブ上に掲載している。東京都はいまのところ慎太郎以外は全員原発反対。他道県も、現職は基本的に賛否非選択で賛成と考えてよさそうだ。佐賀県知事・古川康の糞回答に注目。笑える。

候補者のエネルギー政策を知りたい有権者の会 - 知事選

※当ブログ内の関連エントリー

映画評論家・町山智浩の「原発推進都知事の花見自粛令に逆らって花見して今こそRCのサマータイムブルースを歌う会」(新宿中央公園、2011年4月3日(日)17:00-19:00)をチョコっとだけ見てきた。(当ブログ内)
※当日の動画も貼ってあります。


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2011年4月4日(月)25:00-27:00)

○月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」 (TBSラジオ、2011年4月4日(月)25:00-27:00)

 

伊集院光が、先日の小島慶子アナの「情熱大陸」(MBSテレビ;TBSテレビ他、2011年4月3日(日)23:00-23:30)について感想を述べておりました:


月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」
(TBSラジオ、2011年4月4日(月)25:00-27:00)
 

[メールを選んで]ペンネームなし。「「情熱大陸」観ましたか?」——観ました。えぇ、「結構なお点前で」としか、へへ、私には、はははは……、えぇ。

わかんないけどさぁ、小島慶子さんは、なんであんなに巨大になってきたの? わかんない。もともと背は高かったですけども、ラジオ界全部を背負い始めた感じがして、「あぁ、そうですかぁ……」って感じにはチョッとなって観てたんですけども。あのぅ……頼もしい。ふふ。すごくすごく頼もしいっていうのが、あのぅ、それ以上は僕にはもうチョッと言えない感じです。

なんか、すごい怖かったです、僕。人の……が、こう、そういうものをドンドン背負っていく感じ、背負って、背負って、背負ってってなっている今いちば重い荷物を勝手に背負ってんなって感じがして、怖いって、すごいねぇ、へへへへ。

あのあとに1回膝にくるという。僕の経験から言うと、もしくは僕の前の経験から言うと、一度みんな膝にくると思うんですね、あれ。

あんまり、あ……あれね、ハッて気がつくと、「オレ、ラジオ界のこととか関係ないや」と思うんだよ、オレの中で、オレのことしか。

オレが、その、あの、いつでもしゃべらせてもらえるっていう環境のことについては関係があるから、大きく考えたらラジオがなくなっちゃうのとか困るけど、オレがしゃべらせてもらうラジオがなくなっちゃうのが怖いだけだから。

途中、でもね、みんなに、なんかね、「ラジオ界を代表して」とか言われると、わかんなくなんのよ、なんか。自分、あの、そんな、もともと、もともとの事の起こり的には、そうじゃなかったようなことまでガンガン背負いだして、ハッて気がつくと、「あれ? オレ、なんか、持たされてる」って感じになるから、なんかスゴい、スゴいぞっていうのと、ちょっとワクワク。そのぉ、人がそうなってるところは、ちょっとワクワクするっていう。

伊集院の言いたいこともよくわかる。

その上、ラジオ界全部どころか、ラジオ界の外からバンドワゴンに乗りに来ている人たちも背負っている印象。私としては、過積載状態でカーブに猛スピードで突っ込んで横転しやしないかと、少し心配。ワクワクはしない。

小島アナは2002年12月に「BATTLE TALK RADIO アクセス」(TBSラジオ、1998年10月5日〜2010年4月2日、月〜金22:00-23:55)を辞めた理由として、子供ができたことに加えて、「アクセス」がしんどくなったとも語っていたと思う(典拠は失念。「キラ☆キラ」のポッドキャストのどこかで聴けるはず)。

よって、たぶん、すでに1回かるく「膝にきた」経験はあるはず。

それでも「ラジオパーソナリティー」を名乗ってフリーになったのだから、それ相応の覚悟があるのだと思う。

また、このあいだの「情熱大陸」は、震災直後の短期間だけを取材したものなので、違う時期に取材したら、また違った印象になるのかもしれない。

ちなみに、伊集院自身の「膝にきた」経験とは、「伊集院光 日曜日の秘密基地」(TBSラジオ、2000年10月8日〜2008年3月30日、日13:00-17:00)終了あたりの時期ことだと思うけれど、終ってまだ3年しか経ってないんだね。なんだか、今や遠い昔の話みたいだ。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情熱大陸 ラジオパーソナリティ 小島慶子(MBSテレビ;TBSテレビ他、2011年4月3日(日)23:00-23:30)

○「情熱大陸」ラジオパーソナリティ 小島慶子(MBSテレビ;TBSテレビ他、2011年4月3日(日)23:00-23:30)

このブログで、「情熱大陸」(MBSテレビ;TBSテレビ他、2011年4月3日(日)23:00-23:30)に小島慶子アナウンサーが出演することはご紹介した。

でも、ウチにはテレビがないので見ることができなかった。

このあいだの町山智浩による発起の花見のあと、吉田豪のUSTREAMで「情熱大陸」を観ながら出演者の面々がワイワイ言っているのは観た。

下の動画でようやく観ることができた。東北地方太平洋沖地震発生後の小島アナに密着した内容。

あの番組って、オープニングの曲を聴いたところで8割がた感動してしまってるような気がする:


「情熱大陸」ラジオパーソナリティ 小島慶子
(MBSテレビ;TBSテレビ他、2011年4月3日(日)23:00-23:30)



「情熱大陸」ラジオパーソナリティ 小島慶子
(MBSテレビ;TBSテレビ他、2011年4月3日(日)23:00-23:30)

 
上で見られない場合は:pandora.tvの動画
 

番組では、例のライムスター宇多丸とのバトルトーク(2009年9月16日(水)放送)もフィーチャーされておりました。

TBS RADIO 2009年9月16日(水) キラ☆キラ オープニング☆トーク - 小島慶子 キラ☆キラ

この番組の影響で、放送当日23:00台に当ブログのアクセスが急増しました。

特に、「小島慶子 水着」で検索している人の多いこと。みんな見たいのね、ナンだカンだで。

元TBSアナウンサー小島慶子 38歳初ビキニ&インタビュー「私が水着になった理由(わけ)」『週刊プレイボーイ』No.42 2010年10月18日号(集英社)(当ブログ内)
ラジオパーソナリティ・小島慶子 オジキ、アゲイン『週刊プレイボーイ』No.1-2 2011年1月3-10日号(集英社)(当ブログ内)

番組ラストの、台所での小島アナの包丁さばきが、モーガン・フリーマン(Morgan Freeman)主演のクライム・サスペンス映画『コレクター』Kiss the Girls(1997年)のアシュレイ・ジャッド(Ashley Judd)みたいだった。

それはそれでアリだと思います。


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画評論家・町山智浩の「原発推進都知事の花見自粛令に逆らって花見して今こそRCのサマータイムブルースを歌う会」(新宿中央公園、2011年4月3日(日)17:00-19:00)をチョコっとだけ見てきた。

○映画評論家・町山智浩の「原発推進都知事の花見自粛令に逆らって花見して今こそRCのサマータイムブルースを歌う会」(新宿中央公園、2011年4月3日(日)17:00-19:00)をチョコっとだけ見てきた。


「NO」と言える東京都民
東京都・池袋の路上にて撮影
 

「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、月〜金13:00-15:30)金曜日でおなじみ、映画評論家の町山智浩の発起で、2011年4月3日(日)17:00から、東京都庁のお膝元の新宿中央公園地図)で「原発推進都知事の花見自粛令に逆らって花見して今こそRCのサマータイムブルースを歌う会」が執り行われた。

Togetter - 「原発推進都知事の花見自粛令に逆らって花見して今こそRCのサマータイムブルースを歌う会」

国民全体の罪だ…石原知事「天罰」発言 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
「花見自粛」石原知事に対立候補反論…都知事選:社会:スポーツ報知

山田五郎「デイキャッチャーズ・ボイス」なぜ “マンガ” “アニメ” だけが規制されるのか!?、「荒川強啓 デイ・キャッチ!」(TBSラジオ、2010年12月16日(木)15:30-17:50) (当ブログ内)

ギャラリーには『文学賞メッタ斬り!』などで知られる書評家の豊崎由美『ジンバルロック』(青林工藝舎、2000年)『青春☆金属バット』(秋田書店、2003年;青林工藝舎、2006年)などで知られる漫画家の古泉智浩園子温[監督]『冷たい熱帯魚』(2010年)で脚本に参加したアート・ディレクターの高橋ヨシキ河崎実[監督]『ヅラ刑事』(2006年)の脚本も務めた映画監督の中野貴雄などもいたようだ。

ネットでライヴ配信されていたので途中までは家で観ていた。撮影はトランジスタハウスのスズキノブヨシさん

スズキメモ:映像関係その他についての覚え書き

町山さん到着 お花見スタート! ギターパンダオンステージ! ギターパンダ〜カルピスプレスリーへ
野球拳 「とばせロック」「サマータイム・ブルース」「ラヴ・ミー・テンダー」「雨上がりの夜空に」 いったん町山MC〜ドカドカ!
「ドカドカうるさいロックンロールバンド」
飛び入りブルース・ハープのイトウブンジさんにも拍手!

 

途中で公園の管理者のような人が来てアンプの使用はやめろ的なことを言っていたので、「ここで終りか?」と思っていたら、アンプなしならやっていいということになった(上の3本目の動画の最後)。

観ているうちに、せっかく東京に住んでいるし、1時間もあれば着くし、やっぱり直接あの場に身を置いてみたいし、ということで行ってみた。

着いた時にはひと通り終った後のようで、まったりした雰囲気だった。でも、家で配信を観たときよりも人が増えていた。何百人いるんだよ!


 

人垣ができているところがあったので近づいてみると、町山智浩とギターパンダこと元忌野清志郎 & 2・3'Sのギタリスト・山川のりをだった。憧れの山川を前に、町山がその日の感動を語っておりました。


山川&町山
 

帰りがけに、不意にフラッシュが焚かれた瞬間、闇の中に浮かび上がったのが掟ポルシェの顔だった。どなたかのお子さんを抱いて記念撮影に応じていた。少し離れたところに吉田豪もいたよ。

名盤『COVERS』(1988年)の誕生に町山が関わっていたとは!(上掲動画4本目終盤)


石原鳴動して東国原一匹。
失言した途端、不出馬取り下げ。そんな東国原もイヤだなぁ。
どっちが当選しても所詮ポピュリスト都政。衆愚政治だ。

町山智浩 清志郎さんの、昨日は、60歳の誕生日でね、本当にもう悲しいですけど、彼がいかに正しかったかってことですよ。いかに正しかったか。

今、要するに「原発が爆発してない」とかね、みんな言ってるけども、そうじゃない。これだけ被害出てんだから、福島これもうホントにみんな避難して、もうこれだけ実際に被害出てんだから。それでまだ「被害出てない」とか「原発は安全だ」とか。もう被害出てんじゃん!バカじゃねぇの!と僕は言いたいですよ。


「原発はOKだけど、花見はダメ」って。フザケんじゃねぇ、バカヤロー!と思いました。

※付記(2011年4月5日)

ネットにこの花見の記事が出ていたよ:

都庁前の花見で300人が反原発ソングを歌った夜(エキサイトレビュー) - エキサイトニュース


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ガイガー・カウンターは意外と簡単に作れるらしい:「手作りセンサーで、放射線をキャッチしよう」(日本ガイシ:NGKサイエンスサイト、1999年2月号)

○ガイガー・カウンターは意外と簡単に作れるらしい:「手作りセンサーで、放射線をキャッチしよう」(日本ガイシ:NGKサイエンスサイト、1999年2月号)

 

ガイガー・カウンターが人気らしい

最近よく耳にするようになった「ガイガー・カウンター」。放射線量計測器のこと。さぞや高価な製品かと思いきや、数万円から手に入る。もっとも、ここ最近は価格が上昇中。amazon.co.jp でも、ロシヤのRADEX 社製品がいつのまにか倍に値上がりしている。ネットオークションでは、手もとに商品がない状態で空売りしている人もいるらしいので気をつけましょう。

秋月電子から「ポケットガイガーカウンターキット」や、このキットと「4・1/2桁周波数カウンタ・キット」をセットにした「デジタル放射能検出ガイガーカウンターキット」が発売されていたようだが、おそらく現在は入手不可能だろう。最近、秋月電子が保守用在庫のGM管を放出して、あっという間に完売したようだ。キットの回路図はサイトで公開されている。

ポケットガイガーカウンターキット(PDF:秋月電子通商 電子部品 ネット通販)
4・1/2桁周波数カウンタ・キット(PDF:秋月電子通商 電子部品 ネット通販)

その他にも自作している人がけっこういる。

ガイガーカウンタの部屋

意外と簡単につくれるらしい

私は、入手困難なものがあればなんでも一旦「作れんじゃないか?」と考えるタチなので、調べてみた。

放射線量を測定する特殊な計測器なので、さぞや複雑な機構のものかと思いきや、原理は非常にシンプルだった。

理科の実験として原理を知る上では、米村でんじろうプロデュースの下記サイトが最も解りやすいと思う。

1999年2月号/手作りセンサーで、放射線をキャッチしよう | NGKサイエンスサイト|日本ガイシ

NHK教育テレビの番組でも同じものが紹介されたことがあるようだ。もちろん、実用的なものではない:


「やってみようなんでも実験」(NHK教育テレビ、1996年?)
自作ガイガー・カウンターが上掲動画の2:30あたりから登場します。
 

「やってみようなんでも実験」(NHK教育テレビ、1996年?)
自作ガイガー・カウンターのつくり方を実演。

ガイガー・カウンターは基本的に、ガイガー-ミュラー菅(GM管)、電源、カウンターから成る。

日本ガイシのサイトでは、フィルム・ケースとライター・ガズを使った自作GM管、「電気コップ」、そしてなんとAMラジオをカウンターとして使用する。当「ラジオ批評ブログ」ごのみのネタ。

以下の内容は、極度に文系な私がネットで1時間ぐらい調べた程度のものなので、詳しく知りたい人はちゃんと勉強して下さい。あと、間違っているところがあったら忌憚なくご教示を。


Illustration by Theresa knott at en.wikipedia
ガイガー・カウンター概略図
 

ガイガー-ミュラー菅(GM管)

これが手に入るかどうかが決め手らしい。

ガイガー・カウンターのセンサー部。不活性ガスを満たした管に電極を取り付けたもの。通常は物質として安定している管内の不活性ガスの分子に放射線がぶつかった時に電子が飛び出し(電離、あるいはイオン化)、その際、回路に電流が流れる。

「ガイガー」も「ミュラー」も人名。1908年にハンス・ガイガー(Hans Geiger 1882-1945)が開発、1928年にヴァルター・ミュラー(Walther Müller 1905-1979)が改良した。

電離によって生じる現象を計測するという点では、2002年ノーベル物理学賞受賞者・小柴昌俊博士のスーパーカミオカンデも同じ。ただし、ガイガー・カウンターはGM管を用いて電離による電流を検知して放射線量を計測するのに対し、スーパーミオカンデは光電子倍増管を使って電離をきっかけに水槽内に発生するチェレンコフ光を検知してニュートリノなどの宇宙線を計測する。

やさしい研究紹介(スーパーカミオカンデ 公式ホームページ)
※上記ページの「どうやって調べるのか?」を参照。

日本ガイシのサイトでは、フィルム・ケースとライター・ガスを使って自作する。ということは、例えば、ペットボトルとパーティー・グッズのヘリウムとかでも作れるのだろうか?

仕組みを知った時点で、何らかのダイオードで代用が利くのではないかと思い至ったところ、フォトダイオードを使った放射線検出器を自作しているかたがいた:

PINフォトダイオードを使った放射線検出器(Satoshi's Home page)

電源

日本ガイシのサイトでは、「電気コップ」を電源として使っている。でんじろう先生が棒状の風船をウールで摩擦して起こした静電気を貯める例のヤツ。自分でラジオを作ったりする電子工作ずきな人にはお解りのように、「電気コップ」とは即ち、紙コップを使った手づくりコンデンサーのこと。

実用的な製品では500V以上の電源を使う。乾電池2本から昇圧トランスを用いて高圧電流を得るらしい。自作派の人のなかには「写ルンです」を分解してフラッシュのパーツを転用する人も多いようだけれど、感電して死ぬこともある。

カウンター

GM管内で電離作用が起きると回路に電流が流れる。このとき電流の流れた回数を放射線量としてカウントする。シーベルト、ベクレルなど並んで3月11日以降よく耳にするようになった「CPM」は、ガイガー・カウンターの1分あたりの検知回数を以って放射線量の単位としたもの(counts per minit)。

日本ガイシのサイトではAMラジオをカウンターとして使用している。チューニングの合ってないラジオを回路の近くに置き、ラジオから聴こえるノイズを放射線量としてカウントする。電離パルス発生時にAMラジオにノイズが入る。ラジオを聴きながら電化製品の電源を入れるとノイズが入ることがあるけれど、あれと同じ。この場合、回数を数えるのは自分。自分もカウンターの一部。

実用的な製品では、例えば、ブザー、メーター、発光ダイオード、デジタル・カウンター、それら幾つかの組み合わせが使われている。

万歩計をカウンターに転用する方法もあるようだ:

放射線の部屋(たまきちの物理 HomePage)

※当ブログのガイガー・カウンター関係エントリー:

真空管・蛍光灯を使った自作ガイガー・カウンター:理科凶室『図解 アリエナイ理科ノ実験室』(三才ブックス、2011年)

エステーが家庭用放射線測定器「エアカウンター」発売へ。希望小売価格:税込15,750円、2011年10月20日発売。

JAXAも家庭用ガイガーカウンター発売へ。8月末にも2万円で販売開始。

家庭でも手作りできる「ガイガーカウンター」の精度、『週刊新潮』2011年4月28日号

空気ガイガーカウンターキット(ビット・トレード・ワン)が人気だそうです。

iPhone/iPad/iPod touch専用ガイガー・カウンター「iGAMMA(アイガンマ)」(Redstar)、2011年8月26日発売。税込19,800円。


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。

当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

上杉隆の最終回:小島慶子 キラ☆キラ(TBSラジオ、2011年3月29日(火)13:00-15:30)

○上杉隆の最終回:「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、2011年3月29日(火)13:00-15:30)

上杉隆がついに「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、月〜金13:00-15:30)を降板したようだ。

TBS RADIO 2011年03月29日(火) ジャーナリスト・上杉隆さん - 小島慶子 キラ☆キラ
※音源は1週間で削除されるのでダウンロードはお早めに。

放送内で説明された降板への経緯が本当だとするならば、今後の出演継続をにおわせておいて突然降板を言い渡すなんて、一体どうなってんだ? 本人よりも先に降板を知っていた出演者がいるなか、上杉にとっては、2011年3月15日(火)が本当に「降板なう」だったようだ。

Togetter - 「上杉隆キラキラ降板」

ポッドキャストの期間限定配信の理由も、時事性がなんちゃらとか言っていたけれど、やっぱり想像通りの理由だった。結果として番組はリスナーに嘘をついたことになる。もちろん、表現を婉曲にした理由はいろいろあったのだろうし、1週間の限定とは言え配信を中止せずに続けたと評価することもできるかもしれないけれど。

実際に現場で番組をつくっている人たちにはきっと違う思いがあるだろう。しかし、少なくともTBSラジオの上層部は、リスナーからの支持や真実の追求よりも、権力者へのコネと企業のカネを取ったわけだ。

平野博文・元内閣官房長官の「ネコババ」の件は、報道機関として、本人に徹底的に質問して報じれば良いだけのこと。

福島第一原子力発電所と東京電力の問題だって、重要なのはこれから。原発だけに、人命に関わる話。「知らぬが仏」が辛辣なブラック・ジョークだとは思わなかった。

ラジオに期待しているだけに、本当にガッカリ。

このタイミングで上杉を切って、TBSラジオに何か得があるとも思えない。リベラルで知られるTBSで切られて、保守的だと思われているフジサンケイグループの文化放送には引き続き出演。最近は、文化放送のほうが反権力の姿勢がハッキリしているような気がする。

メディア、教会、大学、民主党、芸術界、労働組合——すなわち、リベラル階級の柱——は、企業のカネと権力者たちの小さな世界から放り投げられる残飯にありつく約束で買収されてきた。ジャーナリストたちは、真実を賛美するよりも権力者へのコネを賛美し[……]メディアは、広告主企業やスポンサーに迎合すると同時に、本来は人びとの苦難・貧困・不満がジャーナリズムの焦点となるべきであるにもかかわらず、そうした人びと全体を見えなくしている。

クリス・ヘッジス『リベラル階級の死』
Chris Hedges, Death of the Liberal Class
(New York: Nation Books, 2010) p.10

※当ブログ内の関連エントリー

「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ)が、上杉隆のポッドキャストのバックナンバーを、12月1日(水)を以ってゴッソリ削除するらしい。

上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました(5):Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

ル・モンド紙、震災と原子力ロビーに関する記事を翻訳してみました:「福島、罪深き沈黙」 "Fukushima, silences coupables", Le Monde, 26 Mars 2011


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2011年3月21日(月)25:00-27:00)

○月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2011年3月21日(月)25:00-27:00)

 

先日このブログで、TBSにラジオを持って行ったことに言及した時、ラジオで聴いた爆笑問題・太田光の「今回の地震で、東京の人たちも傷ついたんだよね」という趣旨の発言を引きつつ、自分の所感についても言及した。たかだか震度5強の地震で世界の終りを垣間見たかのような感傷を恥ずかし気もなく書いた。

TBSにラジオを持っていきました。(当ブログ内)

そんな状態だったので、月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、月25:00-27:00)の震災後実質的な1回目の放送である2011年3月21日(月)の放送を聴き忘れ、聴き忘れていたことにも全く気付いていなかった。

録音してあるので、思い出して、Le Monde の記事を訳しながら一足遅れで聴いた。

ル・モンド紙、震災と原子力ロビーに関する記事を翻訳してみました:「福島、罪深き沈黙」 "Fukushima, silences coupables", Le Monde, 26 Mars 2011(当ブログ内)

その日の放送は、「東京は東京でショックだったんだよね」という伊集院の心情の吐露でスタートした。太田の発言とほぼ同じだ。

伊集院は、若手芸人の龍勝田代32と一緒にくだらない写真を撮りながら上野から町屋・三ノ輪方面へ移動する途上で地震に遭ったそうだ。駄菓子屋で買ったくじつき10円ガムに象徴される些細な日常が、震災という一瞬の変事を挟んで、全く違う意味合いを帯びるという話。

お笑い芸人やミュージシャンの中には自分の職能の範囲内で被災者を激励・慰撫しようと試みる人たちもいる。他方、江頭2:50のように、人知れず自らトラックを運転して物資を運ぶ職域外の直接的支援に衝き動かされる人もいる。

江頭2:50単独いわき市へ物資届けていた - 芸能ニュース : nikkansports.com

伊集院はそのどちらでもなかった。

笑いを与えるなんて思ってない。そんなことじゃない。しゃべらせてほしい。ね。くだらないことを言わせてほしい。で、そのオレのくだらないことを必要だって思ってくれてる人がいると信じないと、その無力感でどうしようもなくなっちゃうんで。

私の場合、上述のお笑い芸人・ミュージシャン・江頭2:50のような強い意志は、震度5強の揺れで一旦挫かれてしまった。従って、伊集院のような素直な感傷のほうに今は共感をおぼえる。もちろん、一見強い意志の発露に見える行為も、実は伊集院同様、遣り場のない胸騒ぎを抑え鎮めるためのものかもしれない。


ソウル・フラワー・ユニオン「満月の夕」(1995年) 満月の夕 - ハイ・タイド・アンド・ムーンライト・バッシュ
番組内でピエール瀧がリクエストした。
 

これまで番組内で伊集院は、喜怒哀楽が混淆した名前のない感情を再三称揚してきたけれど、その日は、番組自体がそういった感情の表現となっていた。この日の放送は明らかにバランスを欠いていたし、伊集院自身もバランスを欠いていたし、現在、おそらく東京自体がバランスを欠いている。

こういう輻輳した感情は、一歩退いた視点から酔狂な傍観者として聴く時には曰く言いがたい愉悦となる。しかし、少しでも自分が当事者として接する場合は話が別だ。

もちろん、この日の放送には、心から笑える部分もちゃんとあった。そこでは本当に笑った。でも聴き終ってみると、どこか気分が重い。翌週3月28日(月)の放送も、同じトーンを引きずっていたと思う。

私は偶然、九州に生まれて、現在は東京に住んでいる。もし仙台に生まれて仙台で暮らしていたらどうだっただろうか?

ワッハッハおじさん、元気かなぁ?


ワッハッハおじさんの話
 

随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京圏民放AM局2011年春の番組改編

○東京圏民放AM局2011年春の番組改編

遅ればせながら、東京近郊のAMラジオ局の春の番組改編について。

なんだか、発表がいつもより遅い感じ。震災の影響、それに伴うプロ野球の開幕時期の問題で遅れているのだろうか?

TBSラジオ 春の新番組情報!
 TBS RADIO 954 kHz 週間番組表

勇気と元気 つながろうジャパン! 2011年 文化放送 春の改編
 AM1134kHz 文化放送 JOQR(トップ・ページ 番組表あり)

○エントリー執筆時現在改編情報ページなし
 AMラジオ 1242 ニッポン放送 番組表

TOPICS:2011年4月ラジオ日本新番組のお知らせ|ラジオ日本 AM1422kHz
 タイムテーブル | ラジオ日本 AM1422kHz

* * *

TBSラジオ 春の新番組情報!

注目は4月17日(日)から始まる「菊地成孔の粋な夜電波」(TBSラジオ、20:00-20:55)ぐらいかなぁ。このあいだの「闘争のエチカ」(2010年11月14日(日)、21日(日)21:00-21:30)みたいな感じになるのだろうか。

TBS RADIO 954 kHz │ 菊地成孔の粋な夜電波
※番組の一部をポッドキャストでも配信中

4月9日(土)から「鈴木おさむ 考えるラジオ」(土19:00~20:55)も始まるよ、と一応言ってみる。

TBS RADIO 954 kHz │ 鈴木おさむ 考えるラジオ
※番組の一部をポッドキャストでも配信中

ということは、今シーズンも土日はナイター中継はやらないのか。

 

勇気と元気 つながろうジャパン! 2011年 文化放送 春の改編

U字工事がわりと好きなので「U字工事の早起きラジオ!?」(金26:30-27:00)が気になる。「みんなの寅さん」(月~金8:13-8:20)もとりあえず聴いてみよう。

「髭男爵山田ルイ53世のルネッサンスラジオ」(ポッドキャスティング、他)、復活しないのかなぁ。東京以外では何局かでネットされているのに。

 

ニッポン放送(エントリー執筆時現在改編情報ページなし)

とりあえず、「ラジオ・チャリティー・ミュージックソン」(2011年4月9日(土)13:00〜4月10日(日)13:00)をこの時期にやるのは素晴らしい。テレビは影響力は絶大だけれど、機動力では劣る。

 

2011年4月ラジオ日本新番組のお知らせ

今回はラジオ日本のウェブサイトにも改編情報のページができた。

やっぱり注目は4月1日(金)から始まるラジオ日本深夜の特別区金曜日「マキタスポーツ ラジオ はたらくおじさん」(金27:00-28:00) 。アシスタントは、モデル・歌手の橘美緒

番組一覧:ラジオ日本深夜の特別区金曜日「マキタスポーツ ラジオ はたらくおじさん」|ラジオ日本 AM1422kHz
※番組の全編をポッドキャストでも配信中


タマキスポーツ神田駅西口)。惜しい!
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »