« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

エフエム多摩閉局から1年たちました。

○エフエム多摩閉局から1年たちました。

 

1995年5月31日に開局したエフエム多摩(東京都多摩市周辺:77.6MHz)が、2010年3月31日24:00に閉局して1年が経ちました。

同局の番組「多摩の歳時記」は、中央大学放送研究会によって「多摩むかし探訪」(ポッドキャスティング)として復活。配信中。

多摩むかし探訪(ポッドキャスティング)


聖蹟桜ヶ丘周辺(いろは坂公園から)
駅前に局舎、桜ヶ丘頂上あたりに送信所がありました。

アニメ近藤善文[監督]『耳をすませば』(1995年)の舞台でもある。
 

 

ラジオ局はもうないし、行く機会もなかなかないけれど、散策するにはなかなかよい場所。桜も咲く季節だし、また行ってみようかなぁ。

エフエム多摩(東京都多摩市周辺 77.6MHz)、2010年3月31日で閉局。(当ブログ内)

エフエム多摩(東京都多摩市周辺 77.6MHz)を聴いてきた。(当ブログ内)

閉局エフエムの看板番組 中大生が継承(東京新聞、2010年12月8日夕刊)(当ブログ内)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小島慶子アナが2011年4月1日(金)の「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演、玉袋筋太郎・ライムスター宇多丸が土曜レギュラーになるそうです。

○小島慶子アナが2011年4月1日(金)の「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演、玉袋筋太郎・ライムスター宇多丸が土曜レギュラーになるそうです。

「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、月〜金13:00-15:30)の小島慶子アナが「5時に夢中!」(TOKYO MX、2011年4月1日(金)17:00-18:00)に出演するそうです。


「5時に夢中!」(TOKYO MX、月〜金17:00-18:00)
 

また、同番組が4月から土曜日にも拡大し、「5時に夢中!サタデー」(TOKYO MX、土11:00-11:55)がスタート。玉袋筋太郎・ライムスター宇多丸がコメンテーターとして出演するとのこと。

【5時に夢中!】ついに土曜の午前に進しゅちゅ!4/2土曜午前11時は!新番組「5時に夢中!サタデー」。コメンテーターは玉袋筋太郎氏、ライムスター宇多丸氏。まったりとした土曜のブランチタイムに圧倒的な衝撃度でお送りする“ぶっちゃけ情報番組!ご期待ください。

家にテレビがある人は見てみてはいかがでしょうか? あるか、普通の家には。

Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ラジオに癒やされ 大震災「衝撃映像」より「いつものトーク」(東京新聞、2011年3月23日)

○ラジオに癒やされ 大震災「衝撃映像」より「いつものトーク」(東京新聞、2011年3月23日)

ラジオに癒やされ 大震災「衝撃映像」より「いつものトーク」(東京新聞、2011年3月23日)

 「衝撃映像」なきラジオの優しさに癒やされる人たちが増えている。がれきの山と化した被災地や原子力発電所の事故など悲惨な映像が繰り返し流れ、 特番が続いたテレビと対照的に、ラジオは早い段階からレギュラー編成に戻った。聴き慣れた声や音楽が日常感や安心感を与えている。 (宮崎美紀子)

 「正確な情報を届けるのが第一ですが、いつもの人間のいつものしゃべりと、心にいい音楽で、少しでも、ふさぐ心を解きほぐしたい。普段から緩い番組ですが、さらに緩くしているかもしれません」

 文化放送「くにまるジャパン」の野村邦丸アナウンサーは、こう話す。番組は十四日から、一部コーナーは変更されたものの、いつも通り放送された。 一つだけ、いつもと違ったのは、オープニング曲の出だしが「くにまるジャパン〜」から「がんばれジャパン〜」に、曲調もアップテンポから穏やかな特別バー ジョンに変わったこと。

 いつもと同じ放送の大切さを、野村アナは阪神大震災の時に関西のラジオ局から学んだという。「『あまり窮屈な放送をすることはない。もし東京でも地震が起きたら、安心できる放送を』と教えられたので、迷いはなかった」

 震災後、普段は番組を聴いていない若い人たちからの反響が増えている。特に、平成生まれの若者たちのたくましさに彼自身も励まされているのだという。

 ニッポン放送の深夜番組「オールナイトニッポン」も、十四日から通常通り放送した。「テレビが衝撃映像を流す中で、何が自分たちにできるか考え た。リスナーからは、いつもの声が聴きたいという意見が寄せられていた。現実を突きつけるなら映像の力はすごいかもしれないが、日常や生活に密着すること がラジオの役割」と角銅秀人チーフディレクター。

 番組は全国放送。被災地の人にも、遠く離れた場所の人にも、それぞれの「気持ち」を伝えてもらった。

 こういう時、音楽はバラードや応援ソングをかけがちだが、大宮エリーさんが担当する月曜深夜の放送をきっかけに選曲が変わったという。東北に縁の ある人が周りに多い大宮さんが情報を集めたところ、避難所では寒さや恐怖で子どもが寝ていなかった。「不安な夜はラジオを聴きたい」という思いに応えて、 「アンパンマンのマーチ」など、みんなで歌える曲を選んだ。「明るく楽しい曲なのに涙が出てきた」という声が寄せられた。

 震災後、ファクスやメールが三、四倍に増えたという。

 同局の瀬尾伊知郎編成部長は「ラジオには衝撃映像がない。泣いている人がいない。『初めて聴きました』という反響が多く、全局でリスナーが増えているのでは」と話している。

書いてあることには全面的に同意する。

ただ、最近のラジオは鎮静剤モードが過ぎるような気もする。退くのが早すぎる。震災はまだ始まったばかりだと思うし、原発問題はむしろこれからだ。

癒しと報道のバランスは難しい。何が正解かは判らない。

オレは癒されていないし癒されたいという気持ちをストレートに吐露した伊集院のラジオは、ある意味でジャーナリスティックだったと思う。


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

radiko のエリア制限解除、終了へ。

○radiko のエリア制限解除、終了へ。

現在,東北地方太平洋沖地震への緊急対応として、radikoがエリア制限を解除、日本全国で聴取可能になっているが、関東は4月11日いっぱい、関西・中京は3月31日いっぱいでエリア制限解除が終了する。

本当に震災への対応としてやっていたのなら、終るのが早すぎるんじゃないかなぁと思うのだけれど。臨時災害放送局も通常2か月ぐらいは放送する。

東北地方太平洋沖地震への期間限定による緊急対応を段階的に終了(radikoプレスリリース、2011年3月29日:PDF)


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

radikoで中京地区のラジオが配信されているのに今頃気付いた。

○radiko で中京地区のラジオが配信されているのに今頃気付いた。

受信機派のリスナーなので、ふだん、そして最近は尚更 radiko を使っていない。したがって、2011年3月25日

中京地区のラジオ局が『radiko.jp』に参加 3月25日(金)10時より実用化試験 配信を開始(radikoプレスリリース、PDF)

上記プレスリリースによると、

中京地区のラジオ局が新たに参加、3 月25 日(金)10 時より、『radiko.jp』の実用化試験配信を開始、10 月の本配信を目指します。

現在はエリア制限解除で配信しているようだけれど、関西・中京局のエリア制限解除は3月31日まで。聴きたいけれどガマン。

また、関東・関西でさらに参加局を増やし、北海道・福岡も radiko での配信を開始する予定とのこと。

また、株式会社radiko では、中京地区での実用化試験配信を皮切りに、関東地区、関西地区、北海道地区、福岡地区において、さらに18 局を加え、4 月中に順次開始する予定です。


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年の「川口桜まつり」(会場:文化放送川口送信所)は、中止になったようです。

2011年の「川口桜まつり」(会場:文化放送川口送信所)は、中止になったようです。

毎年、桜のシーズンに、埼玉県川口市赤井にある文化放送川口送信所(地図)で「川口桜まつり」が開催されています。会期中は送信所構内が開放されます。

ただ、第21回にあたる今年は、残念ながら、東北地方・太平洋沖地震の影響で中止となったようです。

第21回 川口桜まつり 今年の「川口桜まつり」は、諸般の事情により、中止になりました。(ようこそ! 川口桜まつり)

祭りは中止になっても、桜の花は咲くでしょう。

被災地の復興をお祈りします。


2008年の様子1


2008年の様子2


2008年の様子3
 

随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月3日(日)の「情熱大陸」(TBSテレビ系)は、小島慶子アナだそうです。

○2011年4月3日(日)の「情熱大陸」(TBSテレビ系)は、小島慶子アナだそうです。

小島慶子(ラジオパーソナリティ) - 情熱大陸

今度の「情熱大陸」(MBSテレビ;TBSテレビ他、2011年4月3日(日)23:00-23:30) で、「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、月〜金13:00-15:30)の小島慶子アナが取り上げられるそうです。

番組サイトによると、

東日本大震災発生の3日後、ヘルメットを被って生放送をスタートさせた小島の怒涛の1週間に完全密着。

とのこと。

家にテレビがある人は見てみてはいかがでしょうか? あるか、普通の家には。

テレビといえば、地デジ化完全移行は少し見送ったほうがよいのでは? 被災しなかった地域で使わなくなったアナログ・テレビを、ひとまず被災地で使ってもらったりできるしね。


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ル・モンド紙、震災と原子力ロビーに関する記事を翻訳してみました:「福島、罪深き沈黙」 "Fukushima, silences coupables", Le Monde, 26 Mars 2011

○ル・モンド紙、震災と原子力ロビーに関する記事を翻訳してみました:「福島、罪深き沈黙」 "Fukushima, silences coupables", Le Monde, 26 Mars 2011

 

フランスの新聞、『ル・モンド』Le Monde の2011年3月26日付に掲載された、日本の震災と「原子力ロビー」に関する記事を翻訳してみました。

Fukushima, silences coupables - LeMonde.fr(元記事、フランス語)

福島、罪深き沈黙

LEMONDE | 2011年3月26日 |

Des représentants de Tepco, jeudi 23 mars.
東京電力の代表者たち(3月23日木曜日、撮影:AFP 高山剛)
 

当局から充分な情報が開示されず、大惨事に対する危機感がますます高まり、そして多くの場合は事態の深刻さが評価できない状態のまま、新聞による解説や民放テレビ・ネットワークやブログ上で広がる原子力専門家たちによる証言によってこのドラマのきな臭い背後関係が表面化する。それにつれて、日本人は今やますます不安に陥っている。 その背後関係とはすなわち、かしこくも「原子力ロビー」と呼ばれる圧力だ。

富と権力の場の心臓部は経済産業省で、原子力行政に対して最も力をもち、電気事業連合会原子力安全・保安院東芝日立を筆頭とする原発建設企業グループ、および原発運営会社を管轄下に置いている。

このロビーは、原子力関連の省庁を退官したキャリア官僚を電力会社に「天下り」させ、情報隠蔽の仕切り役となった。このロビーは、出版やテレビで原子力は絶対に安全だと思わせるために、主要広告代理店に資金をつぎ込んでいる。

民主党は2009年に権力の座に就いたものの、強力な労働組合連合会である連合の支持を受けているので、この新しい与党は引き継いだ遺物を修正するに至っていない。連合の主要構成組合のひとつは、原子力に最も密接なエネルギー部門の労働者を組織している組合である。

国家行政・監督官庁・原発建設企業・原発運営会社の間のこのような大規模な共謀が、反対意見を隠蔽しているばかりでなく、原子力に関するあらゆる疑問も排除している。しかしながら、その件には、怠慢、過失に関する嘘、紛れもない粉飾の証拠がない——すなわち、文書によって立証されていないのだ。これらの行為は、2002年に、日本列島に最初に原発がつくられた1970年代いらい日本の電力10社が事故を隠蔽してきたことを問う訴訟に持ち込まれた。福島原発の所有者で操業者である東京電力は、第一の批判の的となった。

さらに元東京電力職員による証言——裏が取れているとされいるので取り上げる——も加わる。まずは、「ずさんとしか言いようがない状態」という告白には背筋の凍るものがある。もしそれが現実を反映しているとすれば、原発運営会社は——東電は言うに及ばず、これに類する企業も——長期的な安全の要請よりも短期的な利益を優先させた、あるいは、良く言っても、強い地震活動や津波による一国のリスクを十分に考慮しなかったようだ。

福島の原発は、1956年にチリを襲った津波に匹敵する5.5mの津波に耐えると想定されていた……。原子炉は地震に持ち堪えて自動停止したが、冷却システムは充分に保護されていなかったため機能停止した。『東京新聞』によると、福島原発の設計にあたった東芝の2人の技術者の考えでは、「かなり低いリスク」しか計算の基準として織り込まれていなかった。

経済産業大臣は、口先では「危機的状況が収まったら、東電による管理について精査せざるを得ないだろう」と認めた。確かにそうかもしれないが、その間にも、いったい何人の犠牲者が出るのだろうか?

元東芝の技術者は匿名で証言し、こうも発言した。「日本が直面しているのは自然災害だけではなく、人災でもある」。『ウォール・ストリート・ジャーナル』の長文記事は、共産党衆議院議員で元原子力技術者の吉井英勝によって公開されたデータを取り上げている。原子力安全・保安院の報告書に基づいて書かれ、2010年に出版された著書の中で彼は、福島原発は日本全体の中で最も多い件数の事故を経験した原発で、そのうち約15件は2005年から2009年の間に起きていることと、過去10年間の従業員の被曝が最も多いことを明らかにした。同様に、多くの場合経験の少ない下請け業者に原発の保守が任されていたことも指摘されており、彼らは現在、献身的に大惨事と格闘している。

東電の遅い対応も同様に批判の的になっている。共同通信が伝えるところによると、ある政府高官が「東電は危険を考慮するのが遅い」と発言したとされる。地震・津波発生後最初の2日間、設備の保全を考慮して、住民に対する危険があると解った上で、設備の保全が実行されたようだ。

地震発生時に現地にいた、フランスの世界的トップ原子力企業アレヴァ(Areva)の社員8名は、直ちに危険の大きさを察知した。というのも、彼らは最も早い段階で現場を離れたからだ。しかしながら、アレヴァは、顧客である東電の原発によって発生するリスクの恐れには少しも言及しなかった。

フィリップ・メスメール(Philippe Mesmer)
フリップ・ポンス(Philippe Pons)

 

※訳註

東京新聞:「大津波やM9 想定却下」福島原発 設計者ら証言:社会(TOKYO Web)(Google のキャッシュ)

Lawmaker Warned of Backup Power Failure - WSJ.com (英語)

吉井英勝『原発抜き・地域再生の温暖化対策へ』(新日本出版社、2010年)

枝野氏、東電対応に不快感 作業員被ばくで - 47NEWS(共同通信)

Earthquake and tsunami in Japan - AREVA(英語)
Le document d'Areva sur Fukushima(アレヴァ社による報告書:文書は英語)


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

TBSにラジオを持っていきました。

○TBSにラジオを持っていきました。

もう終ってしまいましたが、2011年3月18日(金)〜3月27日(日)にかけて、TBSラジオでは「被災地にあなたのラジオを」キャンペーンを実施していました。リスナーの家庭で眠っているラジオを被災地に届けようというキャンペーンでした。

TBS RADIO 954 kHz │ TBSラジオ災害情報 - 「被災地にあなたのラジオを」キャンペーン
※キャンペーンは終了しています。

赤坂のTBSまで持参できる人のみ10:00-16:00の受付だったので、なかなか行けなかったのですが、御茶の水に用事があったので、ついでにそこから散歩がてら歩いて行ってきました。

最初の8日間で5,800台近くのラジオが集まったとのことで、さぞや人が……と思ったら、びっくりするほど閑散としておりました。ステージ様の一段高いところで受付していたので、上がってゆくときの心理的障壁はかなり高いものでした。ステージの前にラジオ・カーが停めてあり、「ラジオ回収こちら」的な手書きの案内が書かれた段ボールが貼ってありました。異常に緊張したので写真を撮り忘れました。

被災地の皆様のためということもありますが、半分は自分のためでもあります。

先週の火曜日の深夜だったか日曜日の昼だったか、爆笑問題・太田光が、「今回の地震で、東京の人たちも傷ついたんだよね」という趣旨のことを言っていました。何ということはない表現ですが、東京在住の自分の気持ちと非常にシンクロするものがありました。

被災したと言うにはあまりにも軽微ですが、かといって何の影響も受けなかった訳ではなく、今となっては大袈裟にも思えますが、正直言って、あの時、「ヘタすると死ぬかも」と少しだけ思いました。覚悟からはほど遠く、神経の図太さには格段の自信がある私ですら、その理不尽さに思考が一瞬停止しました。その前後では明らかに世界の見え方が変わってしまった感じがしています。

結局は「傷ついた」程度のことですが、紛れもなく「傷ついた」わけです。

おそらく、阪神・淡路大震災のときには、東京の人たちはこんな気持ちにはならなかったのではないかと思います。ほんの少しでも自分の身に降りかかってみないと、本当のことは解らないものです。

ただ、そう考えると、被災地の皆さんの気持ちは如何ばかりかと察するに余あります。


Simply Red, "Stars" (1991) Stars - Stars (Collectors Edition) [Remastered]
 

いつだったかは忘れましたが、地震後にラジオでこの曲を聴いたとき、サビの

Wait a minute, can't you see that I -

I wanna fall from the stars
Straight into your arms

の部分が全然ちがう意味に聴こえました。あれ以来、そんなことの連続です。

私は東京での暮らしや仕事がありますし、被災した方がたのお役に立てることはあまりありませんが、ラジオがお手もとに届き、電波に乗って人の声と音楽と情報がお手もとに届くことを願っております。


※帰り道で反原発デモ&集会に偶然遭遇(日比谷公会堂裏)
集会開始前に、命を落とした被災者に黙祷。
 

※バート・シンプソンも反対しているぞ!
でもあなた、お父上は原発にお勤めでは……。
 

※人の恐怖心でカネ儲け中(千代田区)
「進入」じゃなくて「侵入」だよ。
 

※真っ当な商売を続けている人もいる(同じく千代田区)
私が見ているあいだ、大量に買い占める
お客もいなかった。立派だ。
 

※そこの人たち、しっかりしろ。
 

随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Kakiiin(TBSラジオ、2011年3月24日(木)17:50-22:00)

○「Kakiiin」(TBSラジオ、2011年3月24日(木)17:50-22:00)

昨日ラジオをつけたら、「Kakiiin」(TBSラジオ、2011年3月24日(木)17:50-22:00)の途中だった。

TBSの土井敏之アナウンサーが、「震災以降、呼吸が浅くなった気がする」というサンプラザ中野くんの発言を紹介していた。言い得て妙だと得心した。

シニカルでスカした素振りで生きている私ですら、あれ以降、地に足がつかない感じで、どこか落ち着かない。私も呼吸が浅くなっているひとりだ。

さっきコンビニに寄って来た。いつも聴いている「マジ高ネットラジオ」で紹介されていた午後の紅茶の無糖のヤツを買おうと思ったのだけれど、棚はスカスカだった。

レジの近くで、中年の女性客が店員にすがりつくように尋ねていた——「水はないんですか? いつ入りますか? 何時ごろ入りますか?」

東京周辺の浄水場で放射性物質のレヴェルが上昇しているのは知っていた。おそらく、このあいだの雨で空中に浮遊していた放射性物質が浄水場に流れ込んだ結果だろう。なるほど、棚には水がひとつもない。

ただ、乳児や小動物でなければ「ただちに健康に影響はない」という発表だったはず。心根の卑しい私は、心の中でその女性に対して「お前、いつから小動物になったんだよ。ハムスターか?」とつぶやいた。もちろん、「ただちに健康に影響はない」という表現は曖昧模糊としていて何も言っていないに等しい。不安を煽るだけだ。「水道水を飲んでも、ただちにβ線熱症を罹患するおそれはない」という意味かもしれない。そこに "probing questions" を投げかける記者が記者クラブにはひとりもいないのかよ

でもそこで、「いや、ひょっとしたら彼女の家には赤ん坊がいるのかもしれない」と思い直し、自分を恥じた。

店員はハッキリとした答えが出せないらしい。周知のように東日本の物流が混乱している現状では仕方のないことだが、その女性客は自分が聞きたい答えを聞き出すまで粘る構えのようだ。

余計なお節介とは思いつつも見かねて「とりあえず、氷を買って溶かして使ったらどうですか?」と進言すると、彼女は私を突き飛ばさんばかりの勢いで脱兎のごとく氷の売り場を目指した。店員は苦笑を浮かべて私に会釈した。彼女に続いて何人かが氷を手に取っていた。

氷は0℃以上で水になる——物体・物質の三態。中学の理科で、義務教育で習った。冷静になれば私のような者にでも容易に思い至る。

みんな、呼吸が浅いようだ。

被災地では水道が寸断されている地域も多い。それに比べれば東京は遥かに恵まれている。冷静に。


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(45)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(45)

2011年2月のつづき:

JUNKサタデー「エレ片のコント太郎」(TBSラジオ、2011年2月12日(土)25:00-27:00)

書き起こし(3):『息もできない』ヤン・イクチュン監督×ライムスター宇多丸 緊急スペシャル対談

今さらですが、2011年2月7日(月)深夜、radikoではTBSラジオに接続不能で、月曜JUNKが聴けなかったようですね。

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ、2011年2月12日(土)21:30-24:30)

ニッポン放送足立予備送信所(東京都足立区東六月町7-11)が解体中とのことなので、見に行ってきた。

カセットテープ紹介サイト tapedeck.org

「Kakiiin」大野雄二 & Lupintic Five スタジオ・ライヴ(TBSラジオ、2011年2月24日(木)18:00-22:00)

井上剛[監督]『その街のこども 劇場版』(2010年)を観てきた。

熊切和嘉[監督]『海炭市叙景』(2010年)を観てきた。

「SL音楽ステーション~海炭市叙景朗読会~」、ねとらじで2011年2月28日(月)22:00から放送。

2011年3月:

「ニュース探求ラジオ」= "inquiring news radio" でいいの?

火曜JUNK「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ、2011年3月1日(火)25:00-27:00)

初めて聴いたラジオ番組が何だったか思い出してみた。

ひと様の家で聴いたラジオ

FMポップコーン(ミニFM局:東京都大田区石川台周辺 87.6MHz、1987〜1996年)

爆笑問題の日曜サンデー(TBSラジオ、2011年1月23日(日)15:15-17:00)

チャーリー・シーンがエラいことになっているらしい:町山智浩 in 「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、2011年3月4日(金)13:00-17:00)

もしも、チャーリー・シーンが就職面接を受けたら:チャーリーの「面接の達人」"The Charlie Sheen Guide To Passing A Job Interview" (CBS Huston Website, March 2nd, 2011)

小島慶子 キラ☆キラ(TBSラジオ、2011年3月2日(金)13:00-17:00)

小島慶子『ラジオの魂』(河出書房新社、2011年)、3月中旬発売!

過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(29)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(30)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(31)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(32)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(34)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(35)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(36)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(38)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(39)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(40)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(41)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(42) 

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(43)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(44)


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました(5):Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

○上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました(5):Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

先日訳した The New Yorker の記事、Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011の続き。やっと終了。

Letter from Japan, Aftershocks: A nation bears the unbearable. by Evan Osnos(Japan After the Earthquake and Tsunami : The New Yorker)(元記事、英語)

上杉隆が登場。TOKYO FM での特番の様子を取材。上杉のTwitterにあった「日本人は「洗脳」」に関する記述あり。

<< 前ページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5
 

様々な余震
エヴァン・オウスノス

(5ページ目)

上杉は別の電話に出た。今度は別の被災地自治体の職員からの電話で、彼はこう伝えた「われわれは復帰のことを考えなければならない」——「復帰」、それは多くの人びとが異口同音に唱える言葉だ。

「放射能漏れに対して何か準備はしていますか?」と上杉は尋ねた。

「いいえ、全くしていません。そんなことを考える余裕もありませんでした」と電話の相手は答えた。

地震以来、上杉は、記者会見への参加を日本の大手メディアの代表だけに制限するのではなく、放射能漏れの脅威に関する情報をさらに提供し、幅広く様ざまな報道機関の記者が公式な記者会見へ参加して徹底的に質問をすることを許可するよう政府に求めてきた。それに先立つテレビのインタヴューで、彼は炉心融解の見通しという歓迎されない話題を持ち出し、今後二度と放送に呼ばれることはないだろうと言われた。話の中で彼は、民衆は「洗脳されている」と言った。「彼らは自分で判断することができない。誰もが、政府の言うことが正しいと思っている。 誰もが、政府高官の言うことが真実だと思っている。しかし、フリー・ジャーナリストや、ネット情報や、Twitter 情報は信じない」 と彼は語った。 そこで私は、ネットは現在、真実のフィルターにはほとんどなっておらず、原子力危機のあいだはむしろ非常に不安定なものになっているのではないかと言及してみた。すると、「それは平静を保つこととは別の話だ。日本の民衆は情報を何も受け取らないことに慣れてしまっている」と彼は言った。

TOKYO FMのスタジオでは、テーブルの上には食べかけの食べ物が置かれ、震災後数時間しか家に帰っていない何10人ものスタッフでごった返していた。Soil & Pimp Sessions、MASH、Superfly、Jujuといった 日本のポップ・スターたちから寄せられた国民への応援メッセイジが壁一面に貼られ、副調整室のブースは、プリントアウトされた紙、電話やインターネットで日本中から寄せられたメッセイジの置き場所になっており、どのメッセイジにも曲のリクエストが添えられていた。 局のオフィスとスタジオは、恐怖と悲愴の掲示板と化していた。

「全く眠れません」と松島町の17歳の少女は綴っていた。「外ではヘリコプターの音がして、余震が止まりません。3月11日からずっと水道が止まっていて、毎日水を汲みに行っています。外の放射能のことが気になります」。

別の人は「今は寒いです」と書いてきた。その人物は、体をさする意外に体を温める方法が何もないことを知ってる人がいるかと問いかけた。生存者たちに物資を運ぶ大型トラックの運転手は、彼らに次のような言葉を届けた、「みなさん、私たちがそっちへ向いますよ。運んで運んで運びまくります」。メッセージは、建設作業員・電気技師・子供・シングルマザーなどから届いた。彼らは、ウルフルズ「サムライソウル」、Orange Range「みちしるべ」、Mr. Children「Flower」といった曲を次つぎにリクエストした。

TOKYO FM のスタッフは若く、つい先週は、スタジオは、極めて日本的な意味でスタイリッシュな場所だった。プロデューサーはトラッカー・キャップやカンゴール・キャップをかぶり、ヒップホップ風のスニーカーやアイビー風のレトロな L.L.Bean のブーツをはいている。パープルのジーンズにライダーズ・ジャケットを着た26歳の男性が、カーペットの上にいっしょに座って、私のためにメッセージを翻訳し、届くと同時に1件1件大きな声で読み上げてくれていた。彼は生後1週間の赤ん坊についてのメッセージを読んだ。「私は彼女をヒカリと名付けました——「light」という意味です——今年生まれた子供たちには運命があり、なすべき仕事があります。彼らは次の世代を担っています」。彼には涙がこみ上げた。

上杉の出番は10時に終った。プロデューサーとホストたちは立ち上がり、お互いに恭しくお辞儀をし、番組はシンディ・ローパーので “All Through the Night” で終了した。

(了)

<< 前ページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 

この記事を書いたエヴァン・オウスノスという記者、独自の考察の部分ではケレン味がすぎるところもあるけれど、現場の様子を生々しく伝える筆力には長けていると思う。


Cyndi Lauper, "All Through the Night" (1984)
 

随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました(4):Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

○上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました(4):Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

先日訳した The New Yorker の記事、Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011の続き。

Letter from Japan, Aftershocks: A nation bears the unbearable. by Evan Osnos(Japan After the Earthquake and Tsunami : The New Yorker)(元記事、英語)

上杉隆が登場。TOKYO FM での特番の様子を取材。パソコン、買い代えたほうがいいんじゃ?

<< 前ページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ >>
 

様々な余震
エヴァン・オウスノス

(4ページ目)

岡本は立ち上がって部屋をぐるぐる歩き始め、積み上げられた紙の束をめくって覗き込んだが、話を止めなかった。「日本は2世代にわたって幸福なまどろみの中にいた」と彼は言った。「われわれの生活は非常に快適だったし、内向きになってしまった。私たちは競争の必要性を忘れてしまい、その間、多くのトップの地位を中国や韓国の企業に明け渡してしまった」。彼は立ち止まってデスクから電話をかけた。積み上げられた雑誌の下から揺れが起こると、疲れたように肩をすくめて、電話が切れてしまったことを明かした。「私たちは原子炉の危機にいまだに直面しているので、この様なことを言うのは直訴尚早だが、おそらく最終的には、この危機意識が多くの日本人の背中を押すことになるだろうし、われわれは具体的なゴールがあった60年代70年代の強さを回復するだろう。おそらく日本経済は急降下するだろう。しかし、その後われわれはV字回復するだろう」。

私は、以前に聞いた、より見通しの暗いシナリオに言及し、それまで健康に見えたが突然倒れて臀部が壊死し全く回復しなかった年配の親戚と日本の場合を比較した。彼は首を振り、災害とこれに先行する経済の停滞とを区別した。「いま、われわれには不可避の課題が課されている。リーダーシップを除いては、われわれは大丈夫だ。今回の件は過去20年の間にこの国を率いた政治家に責任がある」。

彼はその日、東京の有力者たちに電話をしていた。彼は話を止め、しばらくテレビに耳を傾け、眉をひそめた。原子力危機への対応をめぐる首相と東電とのあいだの確執がますます伝えられるようになった。さらに、各国大使館は、日本政府は原子力問題に関して信頼できる情報を共有する能力も意志もないようだと不満をこぼした。オーストリア大使館は、東京から大阪に避難すると言った。フランス大使館は、自国民に南への移動か、フランスへの帰国を勧告した。アメリカ大使館は、アメリカ人に福島の原発から50マイル(80km)以内のエリア——これは日本が命じている避難勧告エリアの4倍の範囲だ——からの避難を命じた。その後、アメリカの高官は、放射能漏れの脅威は日本政府が報告しているものよりもはるかに高いと結論づけた。岡本は、私が話した多数の人びとと同様に、日本の政治的リーダーシップに失望していた。「総理は、不幸なことに、東電相手に吠えている。彼は命令と支持を出すべきだ。今は彼らを激励する時だ。なぜなら国民の運命を彼らが握っているからだ」。

再び電話が鳴り、核の危機の詳細について岡本は数分話した。ヘリコプターは、発電所を目指して水を運んでいた。「空中からの水の投下は役に立たない」と彼は電話の向こうの人物に言った。「原子炉を冷やすためには、われわれは消防艇を使わなければならない。それしか方法はない」。

彼は私に向き直り、日本の未来という課題に話を戻した。「私は1945年の生まれだ」と彼は言った。「私が育った頃には、目指すべき具体的な黄金郷があった、アメリカ合衆国という名の黄金郷が。あなたも、港町でアメリカに住む家族の養子になる女の子たちの歌[訳註:「赤い靴」と思われる]を聴いたことがあるだろう。そこらじゅうにGIがいて、チョコレートや漫画の本をくれた。アメリカは天国に見えた。私が言っているのは、全く異なる世界が併置され、それが、日本人に頑張って目指すべき非常に具体的な心理を与えたということだ。私たちは焼け跡から立ち上がる努力をしていた。人びとの暮らしは貧しかったが、希望があった」。

岡本は次のように続けた。「産業施設の再建が必要だ。もし町ひとつやふたつの話だったら、もちろん、人びとは町を出るだろう。しかし、これは沿岸約150kmに渡る話だ。これを放棄することはおそらく出来ないだろう」。

「しかし、リーダーたちに再建できるだろうか?」と岡本は言う。「私たちには現金が必要なので、金融システムの緊急的な再構築が必要だ」。民間の市民たちは、約14兆ドル(約1400兆円)の個人資産を持っている。眠っているのだ。しかし、日本人がこの種の強い相互扶助に動機づけられれば、彼らは喜んで特別復興債の購入にお金を使うだろうし、増税にも我慢するだろう」。

岡本の事務所を離れる頃には外は暗くなっており、夜の帳がおりる頃、街の中を日本最大の民放旗艦局である TOKYO FM へ向かっているあいだ、通りは閑散としていた。スタジは千代田区の局舎7階にあった。ブースの中の薄明かりに照らされたデスクに身を乗り出して、わずか二時間の睡眠で働く番組ホストのひとり、上杉隆は、次の電話に出た。

42歳の上杉はフリーランスの記者で、かつてはNHKのテレビで働いていたが、その後は日本の報道機関と政府への挑発的な批判で絶大な支持を集めている。ヤギ髭をたくわえ、長方形のメガネを書けている。SONYのヘッドセットが左耳の上にかかっていた。彼の足下には、余震に備えてうすい黄色のヘルメットが置いてあった。彼は、キーがふたつなくなっているパナソニックの古いノートパソコンに体を向け、電話の合間にも、146,738人のフォロアーたちからの新しいツイートに目を通した。この科学技術の国で、人びとはラジオに回帰しつつあった。電話の相手は、ハスキーな低音の声を響かせて、「家屋と電柱が倒壊している」と言っていた。被災地の多くでは電話は通じなかったが、トラック・ドライヴァーである電話の相手は、廃墟となった地域の南に位置する茨城県鹿嶋市からかけてきていた。「こっちにはガソリンがない。ガソリンが来るのを3日も待たなければならないのなら、仕事ができない」。彼のいるところは被害を受けたが、他の地域に比べればそれほど深刻でない。「明らかに、茨城での政府の対応は不充分だ。まるで無視されているようだ」 と上杉は語った。

つづく

<< 前ページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ >>

随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「日本救国放送」本当に日本が心配になってきた。大地震・大津波・原発‥その2」(ウェブラジオFMC、2011年03月21日配信)

○「日本救国放送」本当に日本が心配になってきた。大地震・大津波・原発‥その2」(ウェブラジオFMC、2011年03月21日配信)

同志A・榎田信衛門と、同志B・エアポート成田による救国放送・憂国放談。

本当に日本が心配になってきた。(日本救国放送)

"FMC_KOMBINAT"Web-Site

上杉隆がTwitterで紹介していた The New Yorker の記事を翻訳しつつ聴いていたら、豈図らんや、上杉隆や記者クラブなどにも話題が及んだのでご紹介。

和田アキ子批判・フジテレビ批判批判・久米宏について・上杉隆について・記者クラブ批判などなど。ジャーナリズムの美談として巷間語られる竹槍事件(1944年)が、実は現在のジャーナリズムの体質と地続きだという指摘にも納得。

菅内閣の震災・原発危機への対応の後手後手ぶりを喩えて、

間違いないね、今回の菅内閣、トッピング内閣。後から後からトッピングするの。で、味がわかんなくなる。最初から定食にしとけよ、定食に。

と批評。まぁ、谷垣自民党政権だったとしても似たり寄ったりだとは思うけれど。


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました(3):Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

○上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました(3):Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

先日訳した The New Yorker の記事、Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011の続き。

Letter from Japan, Aftershocks: A nation bears the unbearable. by Evan Osnos(Japan After the Earthquake and Tsunami : The New Yorker)(元記事、英語)

3ページ目以降は、さらにスピード重視・品質無視。でも、そんなにヒドくはないと思うけど……。

「核マフィア」に関する記述あり。神保哲生の発言として登場。

<< 前ページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ >>
 

様々な余震
エヴァン・オウスノス

(3ページ目)

東京でとあるプロジェクトに関わっているプリンストン大学の政治学者、デイヴィッド・レーニー(David Leheny)は、「何をする必要があるか、何を準備しておく必要があるかなど、地震に対する意識は若者にも叩き込まれている。日常生活に関する地震がらみのブラック・ユーモアもあり、人びとはどの地域が最も酷い地震に見舞われるおそれがあるか話したりしている。彼らは、地震を念頭において生活している。サンフランシスコ以上に、日本では、地震が確実に起こるという感覚がある——東京で大地震が確実に起こるという感覚が。そして彼らは地震とともに生きている」と語った。

仙台市の北、人口約4万人の鉄鋼の街・釜石市で、東京大学社会科学研究所の学者たちが、近年、大規模な経済変化と苦境に直面したコミュニティーがどのような努力を行っているか研究中だった。この研究は「希望学プロジェクト」と名付けられた。ニュース報道によると、釜石市では数百人が死亡し、多くの人びとが行方不明で、インフルエンザの発生が生存者を脅かしている。核の大惨事の見通しはいつまでも続き、冷静さが、国民の会話の中で魔除けの役割を果たしていた。明仁天皇が水曜日にテレビに現れると、銀色の髪にチャコール・グレー一色のスーツを身に纏い、彼の父が使ったような、聞く者のほとんどが理解できないような宮言葉を避けつつ、「これからも皆が相携え、いたわり合って、この不幸な時期を乗り越えることを衷心より願っています」とメッセイジを発表した。日本人のストイックさについてコメントする外国人記者たちによって、「我慢」を尊ぶことが日本にフィードバックされた。私が直接あった人たちに、日本ではどうしてこんなにほとんど略奪が起きないのかと尋ねると、生け花の厳しい規律や、剣道の洗練された型など、一見かけ離れた文化との類似性を理由としてあげた。

一週間後、冷静さという薄衣はわずかにほころんだ。ある報道機関の重役は、必要とあらば自分の家族を西日本のどこに連れて行くか常に考えていると密かに私に打ち明けた。最悪のシナリオを前にして、次の国民の休日を利用して彼の年老いた母を外部に移して、仕事に間に合うようにとんぼ返りしてくるつもりだった。「誰にだって自分の計画がある。でも、人はそう言わないだけだと思う」と彼は言った。コンビニで、真っ先になくなったのは、即席麺とトイレットペーパーで、次におにぎり、パン、乾電池だった。酒やタバコはそのままだった。棚が空っぽになった理由は、物資供給の混乱というよりは、内心やりたくないと思いながらも人びとが人知れず買いだめに走ったからだ(買いだめすることは、隣人から奪うことと潜在的に同じことである)。東北地方では、政府は電力の復旧を開始したが、毛布・燃料・ガソリン・医薬品などの基本的な物資の輸送は大いに遅れていたので、生存者たちの中にはバナナだけでしのぎ、今日の日本ではろくに想像もしなかった飢えに不満をこぼす者もいた。

菅首相は打ちのめされたと見えて、電力会社の経営陣に、彼らが懸命に故障した原子炉復旧の努力をするなか、「どうなってるんだ」と説明を求めたと報じられた以外には、公衆の面前からほぼ姿を消した。

恐怖を煽る風評がパニックに火をつけることを恐れて、政府は、地震と原子力危機に関する情報を恋々と守り抜くことによって、外国大使館を苛立たせていた。天皇・皇后は核の雲が覆うのに先んじて東京を離れて京都に身を隠しただとか、ガイガー・カウンターを使って民間人が福島原発周辺地域をテストしてチェルノブイリ以上の放射能レヴェルを記録しただとか、 空疎で現実離れした話が流布していた。日本における大惨事は、他と同様、流言飛語を引き起こす。1923年の関東大震災の後、朝鮮人が火を放ち、井戸に毒を入れているという噂が東京と横浜を席巻した。それゆえ、これらの街の今だ煙の立ち上る廃墟の真っただ中で、警察官などの役人までをも含む怒れる群衆が、何千人もの朝鮮人を殺害し、この虐殺は今日にいたるまで恥辱の種となっている。

この地震の後、知識人たちは、危機の時に政府にしがみつきたい衝動と、リーダーシップの失敗を指摘する衝動のふたつに分かれた。私は、日本の原子力ロビーと、アメリカと防衛関係企業との関わりとの比較を度たび耳にした。インターネットテレビ記者の神保哲生の表現では、「アメリカには巨大な軍事産業がある。日本には巨大な軍事産業はないが、巨大な原子力産業がある」。彼は続けて、「原子力は、少数の大企業のみが参入する巨大産業だ。よって、産業のトップたちと規制論者たちのサークルがあり、後者が日本の原子力政策を保護・推進しようとしている」。主要なふたつのプレイヤーは、経済産業省と東京電力で、「天下り」として知られる伝統の下で、役人たちは東電での退官後の止まり木が約束されている。「人びとは彼らを「核マフィア」と呼ぶ」と神保は言う。「彼らは、情報を秘匿し歪曲する傾向があり、お解りとは思うが、その理由は、日本人の態度は原子力問題にたいして非常に否定的なので、自分たちの印象を損ねそうな情報を手許に隠して発表しないからだ」。

北の地では、新たに家を失った50万人近くにおよぶ人たちの上に、湿った雪が降った。ある午後、私は岡本行夫のもとに立ち寄って面会した。彼は元外交官で高位の首相補佐官をつとめたこともあり、東京都港区に事務所を構え、広いオフィスには、マーガレット・サッチャーやビル・クリントンの回顧録やサミュエル・ハンチントンの『分断されるアメリカ』のような政策研究書が並んでいた。岡本はエレガントな男で、白いカラーとカフスを身につけ、流暢な英語を話す。彼は、政治経済コンサルタント会社・岡本アソシエイツを経営し、その会社を通じて太平洋両岸のリーダーたちと関わりを持ち続けている。彼は会議机の椅子にどすんと座り込み、積み上げられた紙を傍の椅子の上に片付けた。私は彼に、この災害が日本の自意識を変えると思うか尋ねた。彼は「われわれは母なる自然に対する謙虚さが足りなかった」と言うと、まるで眠ってしまったかのように長いあいだ目を閉じた。彼は鼻柱をつまんだ。NHK にチャンネルを合せたテレビが、後ろでかすかに聴こえていた。「われわれは、江戸時代の最も酷いマグニチュード 8.5 の地震を念頭に置いて原子炉を建設していた。専門家の多くは、大規模地震の発生を予測してはいたが、 9.0は想定外だった。誰も 9.0 とは言わなかった」。

つづく

<< 前ページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ >>

随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました(2):Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

○上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました(2):Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

先日訳した The New Yorker の記事、Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011の続き。終ったと思ったら、全部で5ページあったのね。金曜日あたりまでに完訳を目指しています。

 

石原慎太郎の「天罰」発言にも言及。前回以上にスピード重視・品質後回し。誤訳は遠慮なくご指摘を:

Letter from Japan, Aftershocks: A nation bears the unbearable. by Evan Osnos(Japan After the Earthquake and Tsunami : The New Yorker)(元記事、英語)

<< 前ページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ >>
 

様々な余震
エヴァン・オウスノス

(2ページ目)

この災禍は、原爆以来、いかなる日本の損失よりも大規模なものになりそうだった。経済的損失は世界第3の経済大国の年間GDPの3%にのぼると見積もられた。それでも、津波以降の日本にいるということ、すなわち、ひとつの国民が一瞬による荒廃を実感するのを目の当たりにするということは、ひとつの民族が平静を求める本能と突然の恐怖に対する叫びとのあいだで引き裂かれるのを目にすることであった。その日の地震で唐突に幾多もの悲劇が起きたばかりにもかかわらず、そして、忍び寄る原子力に関する不安が続いているにもかかわらず特筆に値するのは、直接見ても日本のメディアを通して見ても、国民的な協調と意志がほぼ完璧に意識されているように見えたことだ。略奪や過度のパニックはほとんど見られず、これを政治的に利用する動きもほとんどなかった。月曜日に、顕著な例外がひとつだけ現れた。国粋的な東京都知事・石原慎太郎が、この地震は天罰だと発言した。しかし、石原は過去にも馬鹿げた発言を繰り返しており、驚く者はいなかった(彼は翌日謝罪した)。

ひと気のない東京の夜の道を車で横切りながら、空港めがけて押し寄せる外国人は、省エネの呼びかけによって灯の消えた店の看板や巨大屋外テレビ・スクリーンを見にするだろう。鉄道の高架下をくぐるときも、ずんぐりとした先頭車輛の電車ががその上を急ぐこともほとんどない。東京都心のひと気のない道路の上で、カマヅカ・ヨウタという若いビジネスマンと私が赤信号で停車したとき、余震が車全体をかすかに揺らした。私たちのまわりの街の灯が揺れている間に、カマヅカはダッシュボードのテレビのスイッチを入れ、TBSにチャンネルを合せた。白いヘルメットをかぶったニュース・キャスターが、東京はマグニチュード6.4の揺れを経験したと伝えていた。カマヅカは肩をすくめた。彼はこれまで地震には慣れていたが、彼はすでに迫り来る別の問題を心配していた。「株式市場はリーマン・ショック以降最大の下げ幅だった」と彼は言った。私たちはしばらく車内に座ったままで、ダッシュボードのテレビが、北日本はとにかくラジオ・電池・あたたかい衣服を必要としていると日本の他の地域に向けて説明するのを見ていた。次の瞬間、テレビは、レディ・ガガ、バックストリート・ボーイズ、シンディ・ローパーといった、追悼の意を表する西洋のセレブたちを次々と映し出した。「彼女は日本でとても有名だ」とカマヅカは言った。

地震以降、日本は300回以上の余震に曝された。最初の揺れ以降に倒壊した家屋はひとつやふたつどころではない、と人びとは私に口々に言った——「大きいやつ」と津波は惨事に充分慣れている日本人の想像を超えた出来事であったかのようである。

この惑星での生活に関する不吉な前ぶれについて、私たちが決まって「聖書に出てくるような」と呼ぶ大惨事——地震・津波・火山の噴火——の原因は、地球のプレートの絶え間ない運動の結果である。日々われわれの気付かぬところに潜む地学的流動性の多くは、太平洋全体をぐるりとなぞるアメリカ西海岸とアジア東海岸を含む巨大なアーチである環太平洋火山帯の名で知られる場所に沿って起こる。プレートの沈下の、すなわち、ひとつのプレートがもうひとつのプレートの下に滑り込む過程は、環太平洋火山帯沿いではとりわけひどい。

日本の東にある大きな地質プレート、太平洋プレートは、毎年約3インチづつ移動しており、これが本州の下に沈み込む時、上のプレートは最終的にズレるまで、すなわち地震が起きるまでずっと引き込まれ続ける。先週仙台市沖で起こったのマグニチュード9.0の地震は、日本の歴史上最も強いもので、多かれ少なかれ人類史上・観測史上第5番目に強い地震であると考えられている。地震学者たちは、地質学的事件と地質年代を研究している。彼らは、1日24時間週7日のニュース放送の周期という、地質学とは関係ない締め切りのために、必ずしも決定的な評価を下そうとはしない。それにも関わらず、アメリカ地質調査所(the United States Geological Survey)所長のマーシア・マックナット(Marcia McNutt)は、CBSに「もし仮にこの地震のエネルギーをコントロールできるとしたら、ロサンジェルス規模の都市の1年分の電力をまかなうことができるだろう」と語った。この地震は、地球の質量の配分を変え、その結果自転速度が速まり、地球の1日が1.8マイクロ秒縮まったと考える科学者もいる。

地学者たちにとっては、地震は、地球の絶えざる変成における恒常的な現象である。日本人にとっても、地震は恒常的なものにすぎない。ある任意の1年のあいだに、数百もの地震が起こるが、通常はほとんど認識できないほどの小さな地震である。壁の絵やテーブルの上の陶器を揺らすことはあっても、会話を妨げたりすることはまずない。コロンビア大学教授で日本文学者の重鎮のドナルド・キーンは「非常によくあることだが、日本を離れた後で久しぶりに戻ると、小さな地震が起こっても、私は気付くが同じ部屋の他の人は誰も気付かない。彼らは私を見て笑う」と語った。加えて「でも、人びとは今回のような地震に常に備えているので、警戒するだろう。大規模地震が起こればショックを受ける。世界が変る」と語った。

日本人は、他のどの国民よりも環太平洋火山帯の近くに住んでいるため、地震の歴史について詳しく、同時に、過去の破壊の遺産や、地平線上で常になぜか起きている緊急事態について意識が高い。東京のある学者は、その出来事に恐怖を感じると同時に、少なくとも「大きいやつ」——このあいだの大地震——が首都を直撃しなくて内心ホッとしてもいると申し訳なさそうに語った。

先週までは、日本最大の地震は1923年9月1日の地震だった。この地震はマグニチュード7.9の規模で、揺れは約5分間続き、東京と港町横浜を更地にし、14万人の死者を出した。地震が襲ったのが昼間だったため、多くの日本人は調理のため火を使っており、物的・人的被害の大部分は都市を焼き払う大火災によるものだった。皇居にも火の手が移ったが、天皇・皇后はその時日光に滞在していた。この地震は関東平野を直撃したため、関東大震災として知られている。1960年以来、日本ではこの日を防災の日と定めている。学校やその他の企業・団体は、災害に備えて訓練を行っている。

つづく

<< 前ページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ >> 

随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (2)

上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました(1):Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

○上杉隆が Twitter で紹介していた『ニューヨーカー』の記事を翻訳しました (1):Evan Osnos, "Aftershocks: A nation bears the unbearable." The New Yorker, March 28, 2011

『ニューヨーカー』なう。官邸は「制御不能」、電事連は「核マフィア」、日本人は「洗脳」。http://www.newyorker.com/reporting/2011/03/28/110328fa_fact_osnos
uesugitakashi, 10:16 AM Mar 21st

先頃「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、月〜金13:00-15:30)降板を発表したジャーナリスト・上杉隆が Twitter で紹介していた東北地方太平洋沖地震に関する The New Yorker の記事 を下に訳してみました。

スピード重視ゆえ未推敲で初稿レベルの不出来ぶりですが、致命的な誤訳はないはずです(見つけたらご教示を)。

月曜「Dig」(TBSラジオ、月〜金22:00-24:50)のパーソナリティー・神保哲生による現地取材が紹介されています。

これから原発を外国に売って儲けようとしていた原発関連企業・日本政府の皮算用で廃炉が忌避され、海水の注入が遅延したと思われても仕方がない。

Letter from Japan, Aftershocks: A nation bears the unbearable. by Evan Osnos(Japan After the Earthquake and Tsunami : The New Yorker)(元記事、英語)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ >>

様々な余震

国民ハ耐ヘ難キヲ耐ヘル。

エヴァン・オウスノス(Evan Osnos)

2011年3月28日

At a decontamination center, a fireman awaits arrivals from the potential contamination zone around the nuclear reactors at the Fukushima Daiichi power plant. The prospect of radiation introduced a threat all its own, and one throbbing with history. Photograph by Adam Dean.
放射能除去センターで、ひとりの消防士が、福島第一原子力発電所原子炉周辺の放射能汚染の可能性のある地域からの到着者たちを待っている。放射能漏れの見通しは、原発の町全体を脅威に陥れ、その脅威は歴史を震撼させている。写真:アダム・ディーン(Adam Dean)
 

3月11日の午後、日本の本州東北沿岸は肌寒く所により曇りで、かつて日本の「奥の細道」として知られた風景が広がっていた。午後2時46分、学校が終業し始めるころ、地面が揺れ始めた。日本の基準から言っても、それは凄まじい揺れで——地鳴りは5分も続いた———そして、まもなく日本のテレビは太平洋の西側への津波警報を瞬く間に報じ始めていた。海底から蹴り上げられた津波は、規模を拡大し、緩やかな速度で、日本の海岸線に沿った浅瀬に突入し、陸地に到達する頃には、津波は漆黒の淀みない水の壁になっていた。津波は、所によっては3階建てビルの高さに及び、時速50マイル(約80km/h)で進んだ。漁船を海の壁の上に弾き跳ばし、橋に叩き付けた。怒濤のごとく自動車とトラックの一群を押し流し、家屋を木とタイルの破片に変え、その後、宮城県・岩手県の内陸6マイル(約10km)の範囲に渡って押し寄せた。かつて農村漁村だった場所や仙台市中心部を通って暴れ回ると、波は速度を落としたものの、ほとんどの人が自分の足では振り切ることのできない高速を保っていた。

江戸時代の日本で最も有名な俳人・芭蕉はかつて、かの北の地を描写する際に中国の詩人を引用した:「国破れて山河在り。城春にして草木深し」。それでも、波が退くと、7世紀にまで歴史を遡る地域の小さな町々のいくつかは、見る影もない姿と化していた。南三陸町(人口17,000人)は、人口の半分が行方不明であると報告した。石巻市のとある幼稚園は高台の上に位置していたため園舎は難を逃れたが、スクールバスは助からなかった。その幼稚園は丸1日孤立し、津波によって引き起こされた炎に包囲されていた。親たちは、積み重なるわが子の遺体を目にすることになった。

東京から最初に到着した外部の人間のひとりが、神保哲生だった。記者で、日本最大のインターネット・テレビ・ニュース・ネットワークのひとつの代表を務める神保は、自身のオフィスの揺れが収まったわずか30分後には北を目指した。彼は、瓦礫と汚泥で道が通行不能になるまで12時間トヨタのミニバンを運転し続けた。その後は徒歩で進み続け、開けた静かな水田地帯にたどり着いたが、いくつもの電柱が尋常でない角度で水田から突き出していた。地元民によれば、その水田地帯はという集落だった。

その時点で、誰が見積もっても120人が死亡し、生存者たちは、やっとのことで真っ暗で暖房の効かない小学校やその他の避難所へたどり着いた。そこでは体育館よりも教室のほうが好まれた(広い空間は骨身に沁みる寒さだった)。気仙沼市近くの中学校では、500名が体育館の床で眠り、水の流れないわずか10据のトイレを共用していた。彼らは散乱した物に囲まれ、やっとのことで雪の降る屋外へ逃れた。彼らは圧倒的に高齢だった。津波は田舎の海岸線を直撃したが、最も高齢化の進行が速い社会のひとつである日本——日本の市民の5人に1人が現在65歳以上である——の田舎の多くがそうであるように、その地は、既に引退した人たち・戦後ベビーブームに生まれた中年の子供たち・その親たちからなる土地であった。

廃墟と化した陸前高田市を望む丘の上で、神保はセミ・リタイアした60代の男性と出会った。彼は津波警報のサイレンを耳にするや、母親と愛犬をトラックに押し込み、逆巻く波がバックミラーに映る中、内陸めがけて2マイル(約3km)も走った。「彼は家を失ったが、保険は効かない」と神保は語った。「幸いにも彼の家族は生き延びた。私は「これからどうされるつもりですか?」と訊いた。彼は、地元自治体からの支援があると考えたいと答えた。しかし、市役所(1)がなくなってしまった、そのことでおそらく彼の頭はいっぱいだろう。市長も亡くなったおそれがある。彼が頼れるのは行政だけだ。しかし、彼の地元自治体はなくなってしまったのだ」。
(1)原文では "The city-assembly office"(市議会事務所)ですが文脈上「市役所」と訳しました、

2004年のインド洋津波と異なり、その瞬間の恐るべき壮絶さは、日本の至る所に設置された監視カメラ・携帯電話・上空を舞う報道ヘリの瞬きもしない目の前で繰り広げられ、技術と工学によって日本の生活の中核に位置するに至った防災の意味に対する戒めを記録し続けた。政府の予測では、最終的な死者は1万人以上にのぼるであろうとされたが、生存者たちも多くの孤立した避難所に散らばっているため、公式な慰霊のめども立っていない。何千もの遺体が海岸に打ち上げられた。遺体袋の数にも事欠いた。

そのころまでには、話題は放射能漏れにシフトしていた。老朽化が進む6機並んだ福島第一原子力発電所の原子炉は、冷却システムを失い、原子力専門家の言葉によれば「バックアップのバックアップ」すらも失った。放射能漏れの見通しは原発の町全体を脅威に陥れ、放射能は目に見えないゆえに、その脅威は津波の生々しさ同様に歴史を震撼させている。当初日本政府は、不調をきたした原発から何らかの重大な放射能漏れが起こる可能性を過小に発表していたが、広島・長崎の原爆生存者たち——「被爆者」として畏敬の念を以って知られている世代——は、一歩踏み込んで「さらなる危機感」をもつよう求めた。菅直人首相は戦後最悪の危機を宣言し、明仁天皇は初めてテレビで声明を発表した。これは、彼の父・裕仁が1945年8月15日に日本の降伏を告げたラジオ放送と肩を並べる非常事態だ。裕仁は彼の臣民たちに「耐ヘ難キヲ耐ヘ忍ヒ難キヲ忍」ぶことを求めた。水曜の朝、日本で最も購読者の多い『讀賣新聞』は、放射能疾患の症候(とりわけ、リンパ組織・腸管・骨髄へのダメージ)に関する記事と、「被曝から身を守るには…」という見出の記事を掲載した。後者の記事には、放射能汚染地域近隣の避難所の外に出る場合に何をすべきかという助言も含まれている(「帽子を着用し、鼻と口を濡れタオルかマスクで覆う」)。東京は、被害を受けた原発から140マイル(約220km)の距離にある。夕方までに、イギリス・フランス・イタリア・オーストリアは、東京滞在の必要がない民間人に対して退避勧告を行った。

つづく

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ >> 

随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この1週間のあいだで良かったラジオ番組

日常というものが決して自明のものではないということを、東京で暮らしていてもひしひしと感じる今日この頃。

ただ、私はといえば、学生時代の貧乏対策として始めていらい米とパスタを一定量常に備蓄しておくことが習い性になっているので、米が急に買えなくなっても当分は食う物に困ることはない。乾電池は eneloop 愛用者なので、電気の供給が停止しない限り問題ない。トイレットペーパーも、クソなんて1日に1回か2回たれれば充分なので、買いだめの必要は全くない。

これを書いている現在も丁度、元TBSの宮内鎮雄アナウンサーがTBSラジオで、買いだめしなければ物はある、買いだめはダメと言っているところ。

ただここ最近、特別編成のラジオ番組が緊迫感で澎湃としているのは仕方のないことだと理解しつつも、やや悄然たる気分。

そうした中、地震発生以来、良かったラジオ番組を挙げてみる。

「ミミガク」(TBSラジオ、2011年3月13日(日)21:00-21:30)
地震で収録がキャンセルになったのか、編集がストップしたのか、この日は急遽、第1回の再放送となった。すでに1度聴いた内容ではあったけれど、普段通りの構成にホッとした。この翌週に該る20日の放送も普段通りだった。

「奈美悦子・辻よしなりのちなみに?」(TBSラジオ、2011年3月13日(日)21:30-22:00)
「ミミガク」からの流れで聴いたのだけれど、こちらもいつも通りだった。おそらく地震発生前に収録されたのだと思う。食がテーマの番組ということもあり、また一歩日常性の回復に近づくことができた。

「セイ!ヤング・オールナイトニッポン Are you ready? Oh!」(文化放送、2011年3月19日(日)20:30-21:00)
前半を文化放送で、後半をニッポン放送でオン・エアーする、「セイ!ヤング」と「オールナイトニッポン」のダブル・ネイム番組ということで話題になっていたけれど、聴くのは初めてだった。しかもこの日が最終回。

進行=さだまさし、ペース・メイカー=谷村新司、番組の良心=南こうせつ、大ボケ=泉谷しげる、という感じの役割分担で、いまや大御所の4人のオジサンたちによるただただショウモナイ雑談。3月11日以来、いちばん笑った番組。

「A&G 超RADIO SHOW 〜アニスパ!〜」(文化放送、2011年3月19日(日)21:00-23:00)
すっかり「タマフル」リスナーになってしまっているので、久びさに聴いた。震災が話題の中心ではあったけれど、鷲崎健・浅野真澄のふたりがいつもの調子だったのが良かった。こんな時にアナルの話をするのは、ある意味冒険だったと思う。

3月いっぱいぐらいは、こっちを聴こうかな。

※番外

「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、2011年3月9日(水)13:00-15:30)
地震前の放送だけれど、地震後にポッドキャストで聴いた。
Nona Reeves 西寺郷太による湯川れい子のTwitter事件が可笑しかった。こんな時にはこんなオモシロ話が聴けると助かるなぁ。

ちなみに、予約していた小島慶子『ラジオの魂』(河出書房新社、2011年)が19日にさっそく届いていた。物流は被災地優先で構わないので、こんなに速く届いてちょっと申し訳ない。

* * *

地震発生から1週間経って、ラジオは通常の番組編成に少しずつ戻りつつある。日常性がもつ強度を改めて噛み締める今日この頃。


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本の震災:危機における「ジャック・バウアー」、枝野幸男 "Japan earthquake: Yukio Edano, the 'Jack Bauer' of the crisis" The Daily Telegraph, 5th March 2011

○日本の震災:危機における「ジャック・バウアー」、枝野幸男 "Japan earthquake: Yukio Edano, the 'Jack Bauer' of the crisis" The Daily Telegraph, 5th March 2011

ラジオによると、海外メディアで枝野幸男・内閣官房長官の仕事ぶりが『24』のジャック・バウアーに喩えられているというので、探して訳してみた。

厳密に言えば、海外メディアがそう喩えているのではなく、日本のTwitterでそのように喩えられていることが紹介されている。当該の記事はイギリスのザ・デイリー・テレグラフ紙によるもの:

Japan earthquake: Yukio Edano, the 'Jack Bauer' of the crisis - Telegraph(元記事、英語)

日本の震災:危機における「ジャック・バウアー」、枝野幸男。

政府の主席報道官を務める枝野幸男は、日本の地震・津波の危機において思いがけないヒーローとなっており、彼の疲れ知らずの働きぶりから、『24』のジャック・バウアーに喩えられるに至った。


枝野幸男内閣官房長官 写真:EPA
 

2011年3月11日

内閣官房長官で菅直人首相の右腕である枝野幸男は、青い作業着姿で数時間おきにテレビに登場し、国民に最新情報を提供している。

しかし、金曜日の地震・津波の二重災害以来の休息不足で、枝野が倒れるのではないかと多くの人びとが懸念している。日本語で「枝野、寝ろ」を意味するハッシュタグ #edano_nero がミニブログサイトで流行中だ。

ユーザーのひとり Kagetoramaru は月曜日に「今日の20:30に皆で、 #edano_nero を、ツイートして、枝野さんを寝させよう」とツイートした。

数時間後、別のユーザー jolly0730 は、#edano_nero という私たちの願いは叶った、彼はやっと就寝したようだ、と応じた。

jolly0730 は、その報道官を、アメリカにおける大規模テロ攻撃を阻止すべく1日じゅう働く疲れ知らずの反テロエージェントについての人気テレビドラマ『24』の主人公ジャック・バウアーになぞらえた。

jolly0730 は「枝野さんがやっと就寝されたそうで。実に105時間ぶりだとか。105時間といえば、4日間以上。「24」にすれば4シーズン分。つまりジャックバウアー4人分です。ありがとう!日本のジャックバウアー!!」と記した。

火曜日の午前5時には、枝野は目の縁を赤く血走らせてカメラの前に現れ、記者たちからの質疑に応じるべく演壇に就いた。午後4時30分にはふたたび登場した。

枝野の尽力に呼応して、自衛隊と呼ばれる日本の軍隊にも #jietai_tabero(自衛隊、食べろ)のハッシュタグが与えられた。

津波が残した瓦礫の間をシラミつぶしに捜索する自衛隊員たちや犠牲者に黙祷を捧げる隊員たちの写真が新聞の1面に掲載され、隊員たちは世論の敬愛を集めている。

しかし、日本のブログ界では、誰もが賞賛されているというわけではない。

首相に「起きろ」と命ずる #kan_okiro というハッシュタグもつくられ、これは、大規模な地震・破壊的な津波・高まる原子力危機に対する彼の対応を暗に批判している。

木曜日には、ハッシュタグを #kan_netero(菅、寝てろ)に変えるべきかどうか論じ合うTwitterユーザーも見られた。

菅首相は、メディアコメンテーターたちが言うところの、被災地で地震の被害を受けた原子力発電所の放射能漏れに関する公表の遅さと、計画停電とをめぐって、世論の怒りに直面している。

石原慎太郎・東京都知事にも怒りが投げかけられ、日本の地震と津波を「天罰」と表現したことについて謝罪を強いられた。

彼に対しては #Ishihara_damare(石原、黙れ)のハッシュタグがつくられた。

海外メディアといえば、たまたま聴いていたFENでラッシュ・リンボウ(Rush Limbaugh)も日本の震災について取り上げていた。一聴すると日本にエールを送っているかのように取れる部分もあった。しかし、その前後の文脈と、その後の別の回を聴いた感じでは、彼の関心事は、バラク・オバマ大統領(Barack Obama)がアメリカで推進している原子力政策への震災による影響、および、震災支援によって大統領が国内・国際的な支持を集めることに対する反オバマ的な懸念に過ぎないようだ。

リンボウは「日本の復興のほうがアメリカの911からの復興よりも早いだろう」という趣旨のこと語っていたが、日本の震災はアメリカには関係ないと婉曲に言ったのだと思う。日本の震災よりも、オバマの支持率上昇のほうが彼にとっては心配なのだ。

海外メディアについてもうひとつ言うと、最近の原発のニュースはBBCのサイトも見ている。日本以外からの情報も欲しい。

石原慎太郎・東京都知事の「天罰」発言(「津波をうまく利用して我欲をうまく洗い流す必要がある。積年溜まった日本人の心の垢を。これは、やはり天罰だと思う」)は、オウム真理教の「ハルマゲドン」と同じ発想。来る選挙で、このような輩に東京を絶対に渡してはならない。

最後に、作業着は、枝野官房長官よりも、野田佳彦・財務大臣のほうが似合う。


 

随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。
Google

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サンドウイッチマンの今俺たちができること、みんなができること(TBSラジオ、2011年3月19日(土)15:00-16:55)

○「サンドウイッチマンの今俺たちができること、みんなができること」(TBSラジオ、2011年3月19日(土)15:00-16:55)

TBS RADIO 954 kHz │ TBSラジオ災害情報 - 3/19(土)「サンドウイッチマンの今俺たちができること、みんなができること」を放送しました。
※上記ページで番組のmp3ファイルをダウンロードできます。

「サンドウイッチマンの今俺たちができること、みんなができること」(TBSラジオ、2011年3月19日(土)15:00-16:55)が良かった。

ふたりは、地震発生時には気仙沼の市場でロケ中で、東北放送クルーの適切な対応で高台に逃れることができたとのこと。他方、市場の建物の2階に避難した人たちも多数いたらしい。

番組の内容は、被災地の状況や支援の呼びかけなどが中心ではあったが、真剣ながらも過度に暗い雰囲気がなく、笑える部分もあったのが何よりも良い点だった。お笑い芸人ってやっぱりすごいね。

東京でも毎日比較的強い余震がある。ラジオは特別編成で、番組のトーンも暗くなりがちだ。そんななかにも、リスナーを元気づけようという番組も出初めていて、それ自体には心を打たれるし共感するのだけれど、その努めて明るくしようという善意に照らされて震災の影がいっそう濃く見えてしまっていたりもする。聴いていると陰鬱とした気持ちになりがちで、ラジオずきも一長一短だと思い始めていた。

「東京者がこんなときに面白いことを言っていいのか」と逡巡しているパーソナリティーも多いはずだ。その点、この番組は、被災地の出身で実際に被災もし、そしてお笑い芸人であるサンドウイッチマンだからこそできた放送だと思う。


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震関連:震災被災地ラジオ局の周波数・Twitter・ネット配信一覧(県域局・コミュニティFM)

2014年1月21日更新。随時更新中。
※必要な部分をコピー&ペーストなどして、ご自由にお使いください。
※ネット配信の聴取は被災地・被災関係者優先を推奨します。
※東北・茨城のコミュニティーFM局の欄に総務省発表2013年10月1日現在の稼働状況を付記
※未掲載の情報、放送継続/停止情報等あればコメント欄でご教示を。


 
東北地方のNHK

AM周波数一覧

FM周波数一覧

岩手県

IBC岩手放送 684kHz
@IBC_online
http://twitter.com/#!/search/IBC_online

FM岩手 76.1MHz
@fmiwate
http://twitter.com/#!/search/fmiwate
http://www.aucp.jp/lr17_p8su5l/wave/ by KDDI
http://fukkou.radiko.jp/player/player.html#FMIS
fmiwate@yahoo.co.jp FAX:019-604-3122 でも安否情報受付

ラヂオもりおか 76.9MHz(盛岡市)※放送中
@RADIO_MORIOKA
http://twitter.com/#!/search/RADIO_MORIOKA
http://www.simulradio.jp/asx/radiomorioka.asx

奥州エフエム 77.8MHz(奥州市)※放送中

カシオペアFM 77.9MHz(二戸市)※放送中

FM One 78.7MHz(花巻市)※放送中
@fmhanamaki
https://twitter.com/#!/search/fmhanamaki

みやこさいがいエフエム 77.4MHz(宮古市)※臨時災害放送局
※9:30-13:00、14:00-16:00に放送中。
@mcbs_staff
http://twitter.com/#!/search/mcbs_staff
http://www.ustream.tv/channel/miyakofm774
http://www.simulradio.jp/asx/FmMiyako.asx

(2013年8月26日廃止)

みやこたろうさいがいエフエム 77.4MHz(宮古市)※臨時災害放送局
※9:30-13:00、14:00-16:00に放送中。
@mcbs_staff
http://twitter.com/#!/search/mcbs_staff
http://www.ustream.tv/channel/miyakofm774
http://www.simulradio.jp/asx/FmMiyako.asx

(2013年8月26日放送終了)

みやこハーバーラジオ(宮古市)※2013年8月26日開局
826@miyakofm.com
TEL : 0193-77-3399
FAX : 0193-77-3936

IBC 山田災害臨時ラジオ 76.7MHz(下閉伊郡山田町)
※IBC 岩手放送の臨時中継局。
@IBC_online
http://twitter.com/#!/search/IBC_online

おおふなとさいがいエフエム※臨時災害放送局
・第1送信所 78.5MHz(大船渡市の一部)※2013年3月31日
・第2送信所 80.5MHz(大船渡市および陸前高田市の一部)※2011年12月9日廃止
※8:00 11:00 14:00 17:00、回約2時間1日4回放送

かまいしさいがいエフエム 86.0MHz(釜石市)※臨時災害放送局
kamasai860@gmail.com
FAX: 0193-55-4202

りくぜんたかださいがいエフエム 80.5MHz(陸前高田市)※臨時災害放送局
http://www.simulradio.jp/asx/rikuzentakataFM.asx
rikuzentakata.fm@gmail.com
FAX: 0192-47-3456

おおつちさいがいエフエム 77.6MHz(上閉伊郡大槌町)※臨時災害放送局
http://www.simulradio.jp/asx/otsuchi.asx
http://www.ustream.tv/channel/%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%A4%E3%81%A1%E3%81%95%E3%81%84%E3%81%8C%E3%81%84%E3%82%A8%E3%83%95%E3%82%A8%E3%83%A0
FAX: 0193-55-5018

宮城県

TBC東北放送 1260kHz
@tbcr_directors
#tbcradio
http://twitter.com/#!/search/tbcr_directors
http://www.ustream.tv/channel/tbc-%E6%9D%B1%E5%8C%97%E6%94%BE%E9%80%81-1260khz
saigai@1260.jp FAX: 022-228-0801 で情報受付中

Date FM 77.1MHz
@datefm
http://twitter.com/#!/search/datefm
http://www.aucp.jp/lr17_p8su5l/wave/ by KDDI
※2011年4月30日(土)廃止
http://fukkou.radiko.jp/player/player.html#DATES

仙台ラジオ3 76.2MHz(仙台市)※放送中
@radio3_fm762
http://twitter.com/#!/search/radio3_fm762
http://www.simulradio.jp/asx/radio3.asx

BAY WAVE 78.1MHz(塩釜市)※臨時災害放送局として増力放送中
@781fm
radio@fm764.jp
http://twitter.com/#!/search/781fm
http://www.simulradio.jp/asx/BAYWAVE.asx

ラジオ石巻 76.4MHz(石巻市)臨時災害放送局として増力放送中
@fm764
radio@fm764.jp
http://twitter.com/#!/search/fm764
http://www.simulradio.jp/asx/RadioIshinomaki.asx

ほほえみ 77.9MHz(岩沼市)※臨時災害放送局として増力放送中
iwanuma@fm779.com

エフエムたいはく 78.9MHz(仙台市)※放送中
@FM789
http://twitter.com/#!/search/FM789

FMいずみ 79.7MHz(仙台市)※放送中
@fmizumi
http://twitter.com/#!/search/fmizumi
mail@fm797.co.jp からも情報受付中

H@!FM(はっとエフエム) 76.7MHz(登米市)臨時災害放送局として増力放送中
@hat_fm
http://twitter.com/#!/search/hat_fm

おおさきさいがいエフエム 79.4MHz(大崎市)※臨時災害放送局として放送中
oosaki_fm@h4.dion.ne.jp で情報受付中

(2011年5月14日廃止)

けせんぬまさいがいエフエム 77.5MHz(気仙沼市)※臨時災害放送局
@kmsaigaifm
fm775@km-saigaifm.com
  http://www.km-saigaifm.com/mailto.html
http://twitter.com/#!/search/kmsaigaifm

けせんぬまもとよしさいがいエフエム 76.8MHz (気仙沼市本吉町)※臨時災害放送局
@kmsaigaifm
fm775@km-saigaifm.com
  http://www.km-saigaifm.com/mailto.html
http://twitter.com/#!/search/kmsaigaifm

やまもとさいがいエフエム(りんごラジオ) 80.7MHz(亘理郡山元町)※臨時災害放送局
ringoradio@gmail.com
http://www.simulradio.jp/asx/RingoFM.asx

わたりさいがいエフエム 79.2MHz(亘理郡亘理町)※臨時災害放送局
http://www.town.watari.miyagi.jp/index.cfm/10,8676,67,html
090-6786-2382

なとりさいがいエフエム 80.1MHz(名取市※臨時災害放送局
@fm_natori801mhz
natori801@gmail.com
http://twitter.com/#!/search/fm_natori801mhz
http://www.simulradio.jp/asx/Natoraji.asx

おながわさいがいエフエム 79.3MHz(女川市)※臨時災害放送局
@onagawaFM
http://www.simulradio.jp/asx/OnagawaFM.asx

みなみさんりくさいがいエフエム 80.7MHz(南三陸町)※臨時災害放送局
10時と15時から生放送、12時と19時から録音再放送
http://www.simulradio.jp/asx/MinamisanrikuFM.asx

福島県

ラジオ福島 1458kHz
@radio_rfc_japan
http://twitter.com/#!/search/radio_rfc_japan
http://www.ustream.tv/channel/rfc-radio
http://fukkou.radiko.jp/player/player.html#RFCS
rfcjisin2@gmail.com

ふくしまFM 81.8MHz
#fukushimafm
http://www.aucp.jp/lr17_p8su5l/wave/ by KDDI
※2011年4月30日(土)廃止
http://fukkou.radiko.jp/player/player.html#FMFS

FMポコ 76.2MHz(福島市)※放送中
@FMPOCO
http://twitter.com/#!/search/FMPOCO
http://www.ustream.tv/channel/fmpoco

SEA WAVE FMいわき 76.2MHz(いわき市)放送中
http://www.simulradio.jp/asx/fm-iwaki.asx

いわきさいがいエフエム 77.5MHz(いわき市)※臨時災害放送局
(2011年5月27日廃止)

FM愛's 76.2MHz(会津若松市)※放送中
@FM_AIZU
http://twitter.com/#!/search/FM_AIZU
http://www.simulradio.jp/asx/FmAizu.asx

FMきたかた 78.2MHz(喜多方市)※放送中
@fm_kitakata
http://twitter.com/#!/search/fm_kitakata

エフエムモットコム 77.7MHz(本宮市)※放送中
http://www.simulradio.jp/asx/fmmotcom.asx

郡山コミュニティ放送 79.1MHz(郡山市)※放送中
#kocofm

http://twitter.com/#!/search/kocofm

http://www.ustream.tv/channel/koco%E3%83%A9%E3%82%B8
http://www.simulradio.jp/asx/kocofm.asx

そうまさいがいエフエム 76.6MHz(相馬市)※臨時災害放送局
※9:00 13:00 17:00 に放送。
info@city.soma.fukushima.jp

すかがわさいがいエフエム 80.7MHz(須賀川市※臨時災害放送局
(2011年8月7日廃止)

みなみそうまさいがいエフエム 79.5MHz南相馬市※臨時災害放送局
hibari795@gmail.com​
http://www.simulradio.jp/asx/MinamisomaFM.asx

とみおかさいがいエフエム 76.9MHz(郡山市※臨時災害放送局
https://www.gurutto-koriyama.com/detail/toiawase.cfm?cl_id=213
http://www.simulradio.jp/asx/OdagaimasaFM.asx

関東地方の被災地

関東甲信越地方のNHK

AM周波数一覧

FM周波数一覧

茨城県

IBS茨城放送 1197kHz
@ibs_radio
http://twitter.com/#!/search/ibs_radio
http://www.ustream.tv/channel/ibs-hodo

FMぱるるん 76.2MHz(水戸市)※放送中
http://www.simulradio.jp/asx/fmpalulun.asx 

FMかしま市民放送 76.7MHz(鹿島市)※放送中
FAX: 0299-84-7780 で情報受付中。
http://www.simulradio.jp/asx/FmKashima.asx

ラヂオつくば 84.2MHz(つくば市)※放送中
@tis_radio
http://twitter.com/#!/search/tis_radio
mms://ir298.com/IRTsukuba/radiotsukuba.asx

ひたちエフエム 82.2MHz(日立市)※放送中
@ouenfmhitachi(非公式)
http://twitter.com/#!/search/ouenfmhitachi

たかはぎさいがいエフエム 76.8MHz(高萩市)※臨時災害放送局

とりでさいがいエフエム 89.4MHz(取手市)※臨時災害放送局
FAX: 0297-73-5995
メールフォーム:http://www.city.toride.ibaraki.jp/index.cfm/11,1764,38,351,html

千葉県

bayfm 78.0MHz
@bayfm78MHz
https://twitter.com/#!/search/bayfm78MHz

いちはらFM 76.7MHZ(市原市)
@ichiharafm
http://twitter.com/#!/search/ichiharafm

FMうらら 83.6MHz(浦安市)
@fmulala
http://twitter.com/#!/search/fmulala

いちかわエフエム 83.0MHz(市川市)
@ichikawafm_web
http://twitter.com/#!/search/ichikawafm_web

| | コメント (3) | トラックバック (0)

地震情報:当ブログ内の東北地方太平洋沖地震関連エントリーのリスト

被災地ラジオ局・Twitterアカウント一覧

仙台市泉区のコミュニティーFM、fmいずみ(79.7MHz)、泉区役所から放送再開中10:00-17:00。Twitter・ブログでも情報提供・受付中。

radikoがエリア制限を解除中。2011年3月13日から当面、東北地方太平洋沖地震への緊急対応として。

メディアジャーナリスト・津田大介が、現地発メディア・行政機関のTwitterアカウントのリストを作成中。

仙台市のコミュニティーFM、RADIO3(76.2MHz)が Twitter で情報提供および受付中。

被災時ラジオ放送の思わぬ盲点

ガスが使用できない場合の復帰方法(東京ガス)

全国コミュニティーFM局一覧:JCBA 日本コミュニティ放送協会
※近隣局の周波数の確認・Twitterなどによる拡散にご利用ください。

多言語による災害情報(FMわぃわぃウェブサイト)
※英語・北京語・朝鮮語・ヴェトナム語・ポルトガル語・スペイン語の6カ国語による災害情報(文章・mp3)について。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震 情報(ザ! デイリー サクウラ)
※東北地方太平洋沖地震関連ニュース・情報のリンク集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震情報:仙台市泉区のコミュニティーFM、fmいずみ(79.7MHz)、放送再開中。泉区役所から10:00-17:00。Twitter・ブログでも情報提供・受付中。

fmいずみ (fmizumi) on Twitter

fmizumi - Twitter検索

fmいずみ 79.7MHz ブログ

機材大破により一時無音状態が続いていた仙台市泉区のコミュニティーFM、fmいずみ(79.7MHz)、12日から泉区役所より簡易機材で放送再開中10:00-17:00。

Twitter・ブログでも情報提供・受付中。

局舎のある泉中央駅ビルには入館できない模様(2011年3月13日現在)。


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

地震情報:radikoがエリア外から聴取可能に。2011年3月13日から当面、東北地方太平洋沖地震への緊急対応として。

radiko.jp

radikoが2011年3月13日(日)17:00から当面のあいだ、東北地方太平洋沖地震への緊急対応としてエリア制限を解除。とくながたかのりさんからの情報

これに伴い、日本全国から加盟13ラジオ局をすべて聴取可能とのこと。

くれぐれも、被災地からのアクセス優先。受信機が使える人は受信機で。

以下、株式会社radikoニュースリリースより引用:

東北地方太平洋沖地震への対応として、株式会社radikoは、

3月13日(日)17時より、『radiko.jp』のエリア制限を当面の間、解除します。
エリア制限の解除により、日本全国どこにいても、パソコン、iPhone、スマートフォン等で、『radiko.jp』が聴取可能となります。


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メディアジャーナリスト・津田大介が、現地発メディア・行政機関のTwitterアカウントのリストを作成中。

Twitter / @tsuda/eq_genchi

メディアジャーナリスト・津田大介が、現地発メディア・行政機関のTwitterアカウントのリスト( @tsuda/eq-genchi )を作成中。

官公庁からコミュニティーFM局まで幅広い。被災地情報の収集・提供に有用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震情報:仙台市のコミュニティーFM、RADIO3(76.2MHz)が Twitter でライフライン・安否情報を提供・受付中。

㈱仙台シティエフエム (radio3_fm762) on Twitter

radio3_fm762 - Twitter検索

仙台都市圏を放送エリアとする RADIO3(76.2MHz)が、炊き出し・食料が買える営業中の店舗など、近隣のライフライン情報をTwitterで提供および受付中。安否確認の情報も受け付けている模様。

サーバーとネット回線が利用不能のため、サイマルラジオでの配信は停止中の模様。地上波は放送中(2011年3月13日(日)12:00現在)。

局所在地は若林区、送信所は青葉区。


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震情報:被災時ラジオ放送の思わぬ盲点

「久米宏 ラジオなんですけど」(TBSラジオ、2011年3月13日(土)13:00-14:55)を聴いていると、山形の被災者のかたが電話出演し、東北地方の被災地では広範囲で停電が続いている地域も多く、テレビが見られない状況が続いているとのこと。従って,被災当事者の方がたは、可動範囲内で自分の目で見た被害状況は解るものの、被害状況全体のアウトラインをつかめていないのだという。

こういう時にこそラジオは情報源として有用であるはずが、思わぬ盲点があることが判った。

ラジオで繰り返し報道されるのは事実やデータばかりで、「南三陸町が津波で壊滅的な被害を受けている」「仙台市若林区荒浜で300人の遺体が海岸に打ち上げられた」と言われても、「壊滅的な被害」とはどのような性質のものなのか、どういう経緯で300人の遺体が海岸に打ち上げられるに至ったのかなどが解らないのだという。日本観測史上最大の地震なので、想像力の限界を超えているのは当然のことだ。状況が把握できなければ不安はつのる。

これに対して久米宏が状況を詳しく説明すると、山形の被災者のかたがようやく理解できたと納得していた。

安否確認・ライフライン情報などが最優先事項ではあるものの、ラジオ局の方がたには、何をどのように伝えるかにも注意を払いつつ、災害支援の一助となる放送を続けてほしい。

地震関連:被災地ラジオ局の周波数・Twitter・ネット配信一覧

| | コメント (3) | トラックバック (0)

地震情報:ガスが使用できない場合の復帰方法(東京ガス)

さっき外に出た時に、下の階のじいさんから「ガスが使えない」と言われ、復旧させました。意外と復旧方法をご存知ないかたもいるようです。ラジオでも先ほどこのことが話題になっていました。震度5以上の地震が発生した場合、安全のため自動でガスを遮断するそうです。

東京ガスの復帰方法は下記の通り。ガス・メーターに下の画像のような操作方法を説明する札がついています。ただし、ガス臭い場合は手を触れずガス会社に連絡を:


※画像をクリックすると大きなサイズの画像が表示されます。
 
  1. すべてのガス機器を止める。
  2. メーターのキャップを外す。
  3. 復帰ボタンを奥まで押して、赤ランプが点灯したら、ゆっくり手を離す。
  4. 約3分待つ。
  5. 赤ランプの点滅が消えれば、ガスが使えます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

地震情報:全国コミュニティーFM局一覧 JCBA 日本コミュニティ放送

JCBA 日本コミュニティ放送協会 コミュニティFM放送局一覧

上記サイトで全国のコミュニティーFM局の周波数を確認できます。被災地近隣局の確認・Twitterなどによる拡散にご利用ください。地元にラジオ局があることをご存知ないかたも結構いらっしゃいます。被災地で地元住民の安否確認を行っている局もあるようです。

※下記のエントリーのほうがより詳細な情報を掲載しております:

地震関連:被災地ラジオ局の周波数・Twitter・ネット配信一覧

ひとまず、以下に東北地方だけを抜粋。上記サイトに記載のない局も補っています 

山形県

ラジオモンスター 76.2MHz(山形市)ホームページ

ハーバーRADIO 76.1MHz(酒田市)ホームページ

宮城県

仙台ラジオ3 76.2MHz(仙台市)ホームページ

BAY WAVE 78.1MHz(塩釜市)ホームページ

ラジオ石巻 76.4MHz(石巻市)ホームページ

ほほえみ 77.9MHz(岩沼市)ホームページ

エフエムたいはく 78.9MHz(仙台市)ホームページ

FMいずみ 79.7MHz(仙台市)ホームページ

H@!FM(はっとエフエム) 76.7MHz(登米市)ホームページ

福島県

FMポコ 76.2MHz(福島市)ホームページ

SEA WAVE FMいわき 76.2MHz(いわき市)ホームページ

FM愛's 76.2MHz(会津若松市)ホームページ

FMきたかた 78.2MHz(喜多方市)ホームページ

エフエムモットコム 77.7MHz(本宮市)ホームページ

青森県

FM AZUR 76.2MHz(むつ市)ホームページ

エフエムジャイゴウェーブ 76.3MHz(南津軽郡田舎館村)ホームページ

Be FM 76.5MHz(八戸市)ホームページ

FMアップルウェーブ 78.8MHz(弘前市)ホームページ

岩手県

ラヂオもりおか 76.9MHz(盛岡市)ホームページ

奥州エフエム 77.8MHz(奥州市)ホームページ

カシオペアFM 77.9MHz(二戸市)ホームページ

FM One 78.7MHz(花巻市)ホームページ

秋田県

ACB秋田コミュニティー放送 76.5MHZ(秋田市)ホームページ

FMゆーとぴあ 76.3MHZ(湯沢市)ホームページ

エフエム椿台 79.6MHz(秋田市)ホームページ


随時更新。
被災地情報の取得・安否確認等にお役立てください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

地震情報:多言語による災害情報(FMわぃわぃウェブサイト)

神戸市長田区のコミュニティーFM局FMわぃわぃ(77.8MHz)が同局ウェブサイトで、多言語の災害情報を文章・音声(mp3)で提供中。英語・北京語・朝鮮語・ヴェトナム語・ポルトガル語・スペイン語の6カ国語:

神戸 長田の多文化・多言語コミュニティ放送局 FMわぃわぃ::災害情報

提供されている災害情報の例:

Multi language Info 3 「沿岸地域のみなさまは、津波に気をつけてください。」

English
If you are located along a seashore, please be on alert for a tsunami.
mp3 file

Chinese
请海岸附近的居民注意海啸。
mp3 file

Korean
해안 지역에 사시는 분들은 해일에 유의하십시오.
mp3 file

Vietnamese
Những người ở vùng ven biển hãy chú ý đến tsunami tức là sóng thần.
mp3 file

Portguese
As pessoas da região costeira devem tomar cuidado com o tsunami.
mp3 file

Espanol
Las personas de la zona costera, deben tener cuidado del maremoto.
mp3 file

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震情報リンク集:平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震 情報(ザ! デイリー サクウラ)

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震 情報
(ザ! デイリー サクウラ)
※東北地方太平洋沖地震関連のニュース・地震情報のリンク集。

ところで、政府は、「日本版サンダーバード」の結成をまじめに考えたほうが良いと思う。自衛隊・消防・救急・警察から精鋭を選抜して訓練し、国内外で災害発生の報を受けると同時に出動し、災害救助・医療支援を行う。

私のイメージとは少しニュアンスが違うところもあるけれど、田中康夫が数年来提唱している:

地震・津波等の天変地異、内戦や飢餓に直面した地球上の各地へいち早く駆け付け、救助活動や医療支援、住宅再建等を実施する「サンダーバード隊」(仮称)へと自衛隊を改組すべく、具体的検討を開始する。医師の中村哲氏が代表を務める「ペシャワール会」がアフガニスタン、パキスタンで実践する医療事業、水源確保事業、農業計画活動こそは、世界唯一の被爆国である日本に相応しき、まさしく世の中を治め、民の苦しみを救う「経世済民」的な国際援助の在り方。

新党日本マニフェスト2009 6-提案1(PDF

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、東北地方太平洋沖地震が発生しました。

○本日、東北地方太平洋沖地震が発生しました。

本日、東北地方太平洋沖地震が発生しました。発生日時は2011年3月11日14:46ごろ、震源は三陸沖。気象庁マグニチュード8.4(のち8.8、さらに9.0に修正)。国内観測史上最大の地震。関東大震災が7.9。阪神淡路大震災が7.3。日本全土に津波警報ないし注意報が出たようです。

東北地方では死傷者多数、仙台空港は津波で冠水し、東京ディズニーランドの駐車場では液状化現象が起き、九段会館では天井が落下し心肺停止状態の被害者も出たとのこと。

震源は三陸沖ながらも、東京でもかなり揺れました。たぶん、今まで生きていた中で一番の揺れだったと思います。何度も断続的に発生した余震もかなりの体感震度でした。

家に帰るとパソコン、モニターがひっくり返り、本棚の本をはじめ、棚の中味が床一面に散乱しておりました。片付けにしばらくかかりそうです。

地震発生後しばらく、radiko がアクセス不能になっていたとのこと。これを機に、携帯ラジオを買いましょう。ナインティナインも言っておりました、「水、乾パン、ラジオ」です。

ちなみに、歩いて帰って来ました。

都心は混雑していましたが、家の近所づくと、下町なので意外と普段通りでホッとしました。

都内在住の皆さんは、例えば新宿駅から自宅まで歩いて何時間かかるか知ってますか?

渋谷駅からでも上野駅からでもいいですが、これを機に、いくつかの主要ターミナル駅から自宅まで徒歩で帰宅した場合の所要時間を知っておいたほうが良いと思います。

実際に歩いてみるのが一番ですが、Googleトランジット(乗換案内)の検索結果から徒歩を選択すれば調べることができます。順路と所要時間が解っているだけでもずいぶん違います。

Google 乗換案内

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナインティナインのオールナイトニッポン(ニッポン放送、木25:00-27:00)のスポンサーがついにブルボン1社になったそうです。

○「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送、木25:00-27:00)のスポンサーがついにブルボン1社になったそうです。

 

「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送、木25:00-27:00)のスポンサーがついにブルボン1社になったらしい。

実は番組を聴いていなかったので直接確認はしていないのですが、アクセス解析していると、「オールナイト」「スポンサー」「1社」「ブルボン」などを任意に組み合わせた検索が異常に増えており、ネットで調べてみると、こんなツイートを発見:

「ナイナイのオールナイトニッポン」なう。遂にスポンサーがブルボン1社になってしまった。昔は10社ぐらい早口でガンガン読み上げていたのに。ラジオ冬の時代を痛感するなぁ。


 

以前、スポンサーが異常に減っているという話題をこのブログで取り上げた:

オールナイトニッポンのスポンサーが異常に減っているのに気付いた。(当ブログ内)

それが、ついにブルボンだけ。

かくなる上は、ルマンドを買うサイクルをはやめねばなるまい。

ブルボン(公式サイト)

調べたところ、オープニングでは1社だったけれど、エンディングの提供クレジットでは次の企業・団体が読み上げられたようだ:

  • 明星食品
  • 日本音楽著作権協会
  • 明治製菓
  • 社団法人日本損害保険協会

 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(44)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(44)

2011年2月:

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2011年1月31日(月)25:00-27:00)

NHKラジオ第1で民放ラジオ紹介番組「亀渕昭信のにっぽん全国ラジオめぐり」、2011年3月29日(火)スタート。

ラジオな一曲(31):Del Shannon, "Runaway" (1961)

第1回NHK・民放連共同ラジオキャンペーン「はじめまして、ラジオです。」(渋谷、2011年5月11日(日9:00-19:00))

思春期ラジオと無味乾燥な郊外生活:ドナルド・フェイゲンの場合

徳川夢声市民賞

日野ミッドナイトグラフィティ 走れ!歌謡曲(文化放送、2011年2月1日(火)3:00-5:00)

やっぱり、radikoは音が良すぎて困る。

水曜JUNK「山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ、2011年2月2日(水)25:00-27:00)

備忘録:平成22年度 第65回 文化庁芸術祭賞(ラジオ関連)

角田信朗〜傾いて候〜よっしゃあ !!(TBSラジオ、月21:00-21:30)

備忘録:第36回(平成22年) 放送文化基金賞(ラジオ関連)

月曜「Dig」(TBSラジオ)スペシャルウィークの番組宣伝はイヤフォーンで聴け!

ラジオな一曲(32):Chet Baker, "My Funny Valentine" (1952)

東京のミニFM局リスト(暫定版)2011年2月15日改訂

書き起こし(1):『息もできない』ヤン・イクチュン監督×ライムスター宇多丸 緊急スペシャル対談

「Kakiiin」(TBSラジオ、2011年2月10日(木))でかかった、ジャズ・ヴァージョンの「Hello, Vifam」

書き起こし(2):『息もできない』ヤン・イクチュン監督×ライムスター宇多丸 緊急スペシャル対談

G−DOG ごま油香るネギ塩ドッグを食べてみた。

小林信彦「本音を申せば」第639回 「その街のこども劇場版」と「バーレスク」、『週刊文春』2011年2月24日号

過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(29)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(30)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(31)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(32)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(34)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(35)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(36)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(38)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(39)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(40)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(41)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(42) 

 


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小島慶子『ラジオの魂』(河出書房新社、2011年)、3月中旬発売!

○小島慶子『ラジオの魂』(河出書房新社、2011年)、3月中旬発売!

 

「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、月〜金13:00-15:30)のメイン・パーソナリティーの小島慶子アナが『ラジオの魂』(河出書房新社、2011年)を上梓するとのこと。語り下ろしらしい。

これまですでに、雑誌などで自身のラジオ論を度たび語ってきたので、本ではそれらがどのようにまとまっているのか、新しい切り口はあるのか、など愉しみであります。

ただ、発売日が、「キラ☆キラ」公式サイトでは「3月19日(土)の予定」、amazon.co.jpでは「2011/3/16」、河出書房新社のサイトでは「2011.03.22」とまちまちなのですが……。

TBS RADIO 小島慶子 キラ☆キラ

Amazon.co.jp: ラジオの魂: 小島 慶子: 本

河出書房新社|ラジオの魂

ざっくり、3月中旬ぐらいに出るってことで。


 
Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

小島慶子 キラ☆キラ(TBSラジオ、2011年3月2日(金)13:00-17:00)

○「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、2011年3月2日(金)13:00-17:00)

 

市場メカニズムが、人間の運命と人間を取り巻く自然環境の、それどころか、購買力の量と使い途の唯一の支配者となることを許せば、社会は荒廃するだろう。というのも、商品としての「労働力」を無理矢理使っても、無差別に使っても、あるいは使わないままに放置しておいたとしても、たまたまこの特殊な商品の所有者である生身の人間個人に必ず影響が及ぶからだ。システムは、人間が所有する労働力を使うとき、それに付随して「労働力」というタグが付けられた肉体的、心理的、道徳的実在としての「人間」をも使うことになるのである。文化的諸制度という保護膜が取り外されれば、社会に曝された結果、人間は滅びるだろう。人間は、悪徳、堕落、犯罪、飢餓を通じた急速な社会的混乱の犠牲者として死ぬことになるだろう。自然は元素にまで分解され、近隣や風景は穢され、河川は汚染され、軍事的安全保障は伸るか反るかの危険に曝され、食料や原料の生産力は破壊されるだろう。

TBS RADIO 2011年03月04日(金) キラ☆キラ オープニング☆トーク - 小島慶子 キラ☆キラ

放送後記 2月24日(木)「自殺の現状、対策はどうなっているのか?」(Dig | TBS RADIO 954kHz)

FMC/QIC
※上記サイト、2011年3月6日放送分(第751回) C枠「ParaTが斬る!/他事騒音」をお聴きください。放送後3週間聴取可能。

世界各地で革命の機運が盛り上がる昨今、日本では毎年3万人以上が自殺している。

先だって、某が官房長官だったとき自衛隊を「暴力装置」と呼んだことに対して、アホでセンチメンタルなエセ右翼がピーピー騒いで、自分がいかに愛国者であるかをいじましくも競い合っていたけれど、警察・軍隊による暴力の合法的独占は国家の主要な特徴のひとつである。民主国家では、民主的な手続きを通じて政府が承認されることで、この独占が担保されているが、他では、伝統やイスラム法や為政者のカリスマなどを通じて承認されている場合もある。

しかし、いずれにせよ、ひと度この承認が疑問視されれば、権力による暴力の独占の正当性も相対化され、民衆は自ら暴力的な手段を行使して権力を奪還しようとする。これを「革命」と呼ぶ。

「ひと様にだけは迷惑をかけない」という美名のもと、日本の3万の民衆たちは、暴力で不甲斐ない権力を正す代りに、暴力を自分自身に向ける。それまでの人生・家族・友人・仕事・趣味・想い出・その他一切との関係を断ち切って、この世から自らを消す。その結果が、毎年3万人超の自殺者である。

仮にこの自殺志願者3万人が一旦思いとどまり、毎年任意の日にちを定めて、例えば日比谷公園あたりに集合し、列をなして歩みを進め、線路に跳び込む代りに永田町や霞ヶ関に跳び込んだらいったいどうなるだろうかと夢想する。

もはや、国会議員や官僚機構に人の気持ちを解るなどということを期待したりはしていない。毎年3万人の労働力が失われ、それに比例したGDP・国際競争力が削がれているという風にせめて考えてくれればそれで良いと諦めてすらいる。

せめて生身の人間が自ら死を選ばなくて済むなら、もう何だっていいと思っている。


野狐禅「自殺志願者が線路に飛び込むスピード」(2003年)
LAST LIVE at 札幌 KRAPS HALL(2009年)
自殺志願者が線路に飛び込むスピード - 野狐禅 LAST LIVE at 札幌KRAPS HALL CD

野狐禅「自殺志願者が線路に飛び込むスピード」(2003年)

「せっかく空を自由に飛べるように
こんな立派な白い羽根がついているのに
こんなところに迷い込んできたら
意味がないじゃない バカだねぇ」
君はそう言うと 便所の小窓を開け
ふわふわ白い羽根のついたタンポポの種子を
そっと逃がしてあげるのだった

ケツをかきながら 隣に突っ立っている
僕を見つめて「あんたも同じだよ」と
僕の睫毛についた目ヤニを指で弾いた

ナメクジみたいに君の体を這う毎日
ナメクジみたいに君の体を這う毎日

自殺志願者が線路に飛び込むスピードで
僕は部屋を飛び出しました

目に映るものすべてをぶっ壊してやりたかったけど
そんな時でも 一番お気に入りのTシャツを
着てきた自分がバカバカしくて…

旭川FOLKジャンボリーではいつも
70年代フォークが流れており
僕は彼のメッセージに応えるべく
全身を硬直させたんだ

「マスター、家も電話もない人間にアルバイトを
させてくれるバカな会社がありましたよ」
マスターは人差し指でメガネを押し上げながら
「バカはおめぇだろ」と笑うのでした

こうして僕は 汗水流して働いて
なんたらかんたらというヤツを経験したわけだけれど
何故だろう 昇る朝日から
眼をそらしてしまうのはいったい 何故だろう

ゴキブリみたいに夜を這う毎日
ゴキブリみたいに夜を這う毎日

自殺志願者が線路に飛び込むスピードで
僕は自転車こいで濱埜の家に行きました
「このまま終わってたまるか」なんて言いながら
ファミリーコンピュータの赤いコントローラを
パチパチやってる自分がバカバカしくて…

自殺志願者が線路に飛び込むスピードで
自殺志願者が線路に飛び込むスピードで
自殺志願者が線路に飛び込むスピードで
自殺志願者が線路に飛び込むスピードで

生きていこうと思うんです


 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャーリー・シーン名言集:チャーリーの「面接の達人」"The Charlie Sheen Guide To Passing A Job Interview" (CBS Huston Website, March 2nd, 2011)

○チャーリー・シーン名言集:チャーリーの「面接の達人」"The Charlie Sheen Guide To Passing A Job Interview" (CBS Huston Website, March 2nd, 2011)

 

先日、チャーリー・シーンご乱心に関する町山智浩の報告についてこのグログで触れた:

チャーリー・シーンがエラいことになっているらしい:町山智浩 in 「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、2011年3月4日(金)13:00-17:00) (当ブログ内)


Good Morning America (ABC、February 28th, 2011)
 

Good Morning America (ABC、March 1st, 2011) 
 

これに関連して、CBSヒューストン支局のウェブサイトに、「チャーリー・シーンの「面接の達人」」(The Charlie Sheen Guide To Passing A Job Interview=チャーリー・シーンの受かる就職面接ガイド)と題する記事が掲載されている。彼が実際に発した「名言」をそのまま就職面接の場面に当てはめたネタ。

The Charlie Sheen Guide To Passing A Job Interview:  « CBS Houston(元記事:英語)
※外資に就職・転職予定のかたはご参考にどうぞ。

急いで訳したので間違っているところもあるかもしれません。見つけたらご教示ください:

チャーリー・シーンの「面接の達人」

ジョン・P・ロペス
2011年3月1日


 

正直なところ、もしあなたが事の背景を知らないとしたら——つまり、チャーリー・シーンのイタいことだらけの人生や、彼の薬物使用と堕落の過去を知らないとしたなら——おそらく彼が最近発した名言の数かずは魅力的に聴こえるのではないだろうか?

もしあなたが雇う側の人間だとしたら、彼を営業スタッフに採用して、一緒に仕事したいだろうか? 就職面接にありがちな質問にチャーリー・シーンが実際に言った答えをつないでみた。

きっと、何も知らければ、うっかり雇ってしまったりするかもね:

あなたの最大の長所は?

「人の倍、勝ち組だってことさ。こっちでも勝ち、あっちでも勝つ。」
“I’m bi-winning. I win here. I win there.”

いつも1週間どんな仕事をしているか教えて下さい。

「自分が創ったものに誇りをもっている。ラディカルなものを創ってきた。みんなに魔法を見せたのさ。退屈な日常生活では絶対に見れっこないものをね。」
”I’m proud of what I created. It was radical. I exposed people to magic. I exposed them to something they’re never going to see in their boring normal lives.”

普段は何時間ぐらい働いていますか?

「睡眠なんてガキのためのものさ。オレは眠らない。待つんだよ。眠れないのにムリして起きてるって意味じゃない。つまり、崇高な神の声が聞こえるって言ってるんだよ。」
“Sometimes sleep is for infants. I don’t sleep. I wait. When I can’t sleep I don’t fight it. I just figure that there’s a higher calling.”

あなたの最大の短所は?

「ドラッグをキメてる。「チャーリー・シーン」っていう名のドラッグをね。お前ごときは一発試しただけでくたばっちまうから、使えっこないんだよ。顔がすっかり溶けて、吹き飛んだ死体にあんたの子供がすがりついてピーピー泣くことになるぜ。」
I am on a drug. It’s called ‘Charlie Sheen!’ It’s not available because if you try it once you will die. Your face will melt off and your children will weep over your exploded body.”

あなたはどういう人ですか?

「オレは、ヴァチカンの大司祭暗殺者魔術師様さ。よくわかんねぇけど。全部くっつけたらイケてる感じに聴こえるだろ。大魔導師様みたいな感じさ。」
“I’m a high priest vatican assassin warlock. I don’t know. All these words just sound cool together. They come from my grand wizard master.”

どのくらいのペースで仕事できるか教えてください?

「虎の血とアドニスのイケメンDNAをもってれば、あとはプログラム通りに上手くいくんだよ、お前。」
"When you’ve got tiger blood and Adonis DNA, it’s like, get with the program dude."

モチベーションは何ですか?

「オレは今まで、イカしたロックスター人生をイカれた男として生きてきた。だから、今はそれをとことん満喫するつもりさ。乱暴な憎しみをブッチギって、人生を両手でしっかり抱きしめて、乱暴に愛して、乱暴に守り抜くんだ。」
“I’ve been the aw-shucks guy with this bitchin’ rockstar life, so now I’m going to completely embrace it. I’m going to wrap both arms around it and love it violently, and defend it violently, through violent hatred.”

どのくらいの給料を希望しますか?

「カネがないわけじゃないけど、この夏をそのカネでしのがないといけない的な。そろそろ仕事ずきにならないといけない。でも大丈夫さ。仕事はすばらしい。仕事は魂に燃料を注入してくれる。」
“I’m not [broke] but I was kind of counting on some of that money to get me through the summer. Now I’ve got to like work. But that’s alright. Work’s good. Work fuels the soul.”

あなたはどんな人ですか?

「悪意をもった善人さ。」
"I am a peaceful man with bad intentions"

他人から最も批判される点はどこですか?

「もしあんたがオレの脳味噌をたったの5秒借りだたけでも、「おいお前、手に負えねぇぜ。こいつを外してくれ、バカ野郎」ってな具合になるだろう。何つうか、この世の物とは思えない感じにブッ飛ぶぜ。」
“You borrow my brain for five seconds and just be like dude, can’t handle it, unplug this bastard. It fires in a way that is, I don’t know, maybe not from this terrestrial realm.

上では引用されていませんが、「ドラッグの大量摂取で死ぬ心配はないのか」という質問に対してチャーリーが言った、"Dying is for fools."(アホが死ぬんだよ)もけっこう好きです。聞いたとき思わず吹いてしまいました。

ネットを見た感じでは、アメリカでは "winning" とか "bi-winning" がチョッと流行ってるっぽいですね。

チャーリー・シーンが勝ち組であることをことさらに強調するのは、強烈な敗北感の裏返しかもしれませんけど。

 

※おまけ:チャーリー・シーンの「女神たち」

全国のお父さん、おまっとさんでした(愛川欽也風)。

チャーリー・シーンのふたりの「女神」について。

上に訳した記事の写真左の人、ナタリー・ケンリー(Natalie Kenly)はナッティー・ベイビー(Natty Baby)という芸名のヌード・モデルで、Cali Chronic X というポルノとマリファナとロックンロールの雑誌に出たりしているらしい。ただし、自称グラフィック・デザイナーとのこと。

Charlie Sheen "Goddesses" (PICTURES): Who are Natalie Kenly and Rachel Oberlin? - Crimesider - CBS News(英語)

写真右のレイチェル・オバーリン(Rachel Oberlin)は、ブリー・オルソン(Bree Olson)という芸名の売れっ子AV女優らしい。Wikipedia にもページがあり、日本版DVDも出ている。最近では、アメリカのAV業界誌 Adult Video News 主催の AVN Awards 2010で、「最優秀3Pレズシーン賞」(Best All-Girl Three-Way Sex Scene)を受賞なさったとのこと。おめでとうございます。

「アダルト・ビデオ」は元もと和製英語だと聞いていたけれど、英語でも "adult video" を使うようになったんですね。それに、「3P」は英語で "three-way sex" だってさ。

チャーリーのおかげで英語の語彙力アップ。

BreeOlson.com - Welcome To My New Official Site!(公式サイト:英語)

Bree Olson - Wikipedia, the free encyclopedia(英語)

妄想族インターナショナル 世界が認めたAV女優 ブリー・オルソン徹底解剖!!

 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャーリー・シーンがエラいことになっているらしい:町山智浩 in 「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、2011年3月4日(金)13:00-17:00)

○チャーリー・シーンがエラいことになっているらしい:町山智浩 in 「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、2011年3月4日(金)13:00-17:00)

 

オリヴァー・ストーン[監督]『プラトーン』Platoon(1986年)、同『ウォール街』Wall Street(1987年)などで知られる俳優のチャーリー・シーン(Charlie Sheen)。町山智浩のレポートによるとエラいことになっているらしい:

TBS RADIO 2011年03月04日(金) 映画評論家 町山智浩さん - 小島慶子 キラ☆キラ
※これは爆笑! 聴いたほうがいいよ。

上の音源で町山が言及しているインタヴューを探してみた。なかなか香ばしい:


Good Morning America (ABC、February 28th, 2011)
この時ドラッグはやってなかったと言うけれど、
顔色がどう考えてもおかしい。酒?


Good Morning America (ABC、March 1st, 2011)
一緒に住んでいるふたりの「女神」を紹介。
そういう意味でも "bi-winning" だわ、確かに。
 

Twitter を始めたら、史上最速でフォロアーが100万人を超え、1日で120万人に達したらしい。ちなみに、さっき見たらさらに50万人以上増えて、1,796,745人になっていた(2011年3月6日現在)。

Charlie Sheen (charliesheen) on Twitter

チャーリー・シーンがギネス世界記録達成! - MovieWalker

言われてみれば、最近の動静はあまり聞かなかったなぁ。セックスに溺れ、恋人を銃で撃ってケガさせたり、コカインで死にかけたりしていたらしい。

けれど、最近は、友人マイケル・J・フォックスの推挙で出演したテレビ・コメディ「スピン・シティ」SPIN CITY(ABC)を足がかりに、その後の新シリーズ「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」Two and a Half Men(CBS) が大ヒットしているらしい。1本(30分)のギャラが120万ドル(約1億円)にものぼるとか:

Watch Two and a Half Men on CBS.com. Full Episodes, Clips and Behind the Scenes footage.(公式サイト:英語)

Super! drama TV | チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ

ドラマのプロデューサーからセックス&ドラッグ中毒を治療しろ言われたことに逆ギレ。ラジオ番組でそのプロデューサーについて発した言葉が反ユダヤ主義的だと非難され、ドラマは打ち切り。さらにこれに逆ギレして、CBS以外のテレビ局のインタヴューを受けまくって上の動画のような事態になったとのこと。

『プラトーン』では葉っぱを吸ってむせたりする繊細な青年役だったれど、実際は父親マーティン・シーン(Martin Sheen)主演の『地獄の黙示録』Apocalypse Now(1979年)に出ていたギルゴア中佐(ロバート・デュヴァル)みたいなキャラだったんですね。

※当ブログ内の関連エントリー:

もしも、チャーリー・シーンが就職面接を受けたら:チャーリーの「面接の達人」"The Charlie Sheen Guide To Passing A Job Interview" (CBS Huston Website, March 2nd, 2011)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爆笑問題の日曜サンデー(TBSラジオ、2011年1月23日(日)15:15-17:00)

○「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ、2011年1月23日(日)15:15-17:00)

 

録音したラジオの音源の整理をサボっていたらかなり溜まってしまった。とはいえ、今やファイルのサイズを見ただけでどの番組かだいたい判るので、一旦始めるとアッという間に作業が進む。

そんななか、見覚えのないサイズのファイルがあり、聴いて確かめてみると、「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ、2011年1月23日(日)15:15-17:00)だった。この日は都道府県対抗男子駅伝中継のため15:15からのスタート、1時間45分の短縮放送。

せっかくなので聴きながら作業。

相変わらず、たった今ゴールした体で太田光が息を切らせつつしゃべるネタでスタート。オレはあのネタけっこう好きなんだけど。「ここは赤坂応接間」のゲストは八代亜紀。

短縮放送でした! - 爆笑問題の日曜サンデー

そういえば、ウチの親父はマラソンや駅伝をやっていると必ず、テレビの前に陣取って、スタートからゴールまでずっと観ていた。

そんな親父の気持ちは未だに理解できないけれど、演歌の良さはだんだん解ってきた。厳密に言えば、演歌の中にも聴くに値するものとそうでないものがあることが解ってきた。

八代亜紀は、私が最も好きな演歌歌手のひとり。『八代亜紀全曲集』はヘヴィー・ロウテイション。初期の曲が良い。好きな曲は「おんな港町」(1977年)。

下の動画は1977年の「NHK紅白歌合戦」の紅組のトリを務めた時のもの。奇跡のパフォーマンスと言って良いかもしれない:


八代亜紀「おんな港町」(1977年) おんな港町 2002バージョン - ”極上演歌特盛”シリーズ 八代亜紀
白組のトリは五木ひろし。「五八戦争」真っただ中。
 

知っている演歌歌手を10人挙げろと言われたら、おそらく多くの人の10人に入るであろう代表的な演歌歌手として認知されている八代亜紀は、実は演歌のド真ん中からは少し外れている。番組内でも言っていたように、ハスキー・ヴォイスにコンプレックスを抱いていた幼少期に、ジャズずきの父親が聴いていたジュリー・ロンドン(Julie London)の歌声に魅せられて、自身もクラブ・シンガーを目指した。よって、ベースは演歌というよりはジャズ、ブルーズ系。


Julie London, "Cry Me a River" (1955) Cry Me a River - Cry Me a River (Remastered)
 

その話とも多少関係するけれど、放送で、八代亜紀の口から興味深い発言:

太田 光 最終的に演歌へ行ったっていうのは何かきっかけがあったんですか?

八代亜紀 演歌っていう……最初は演歌って言われなかったんですよ。八代亜紀とか出て,ちょうど[昭和]50年ぐらいにですね、ニューミュージックっていう作品が出てきたんです。

太田 はいはい。

田中裕二 昭和50年代ね。

八代 それで、「じゃあ、亜紀たちは演歌だね」って言われたんです。

太田 え!? そうでした?

八代 そう、それまで「流行歌」だったんです。

八代 [井上]陽水さんとか、「神田川」とか、あのへんはまだフォークって言われて、私たちは流行歌って言われてた。その2、3年のちにニューミュージックが出てきて、「亜紀たちは演歌だね」って言われた。

「日本の心」と称される演歌が比較的新しい音楽のジャンルだということは薄うす判っていたし、2010年に出た輪島裕介『創られた「日本の心」神話——「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史』(光文社新書、2010年)で詳細も判明した。

演歌がジャンルとして単に新しいだけでなく、相対的なものとして絶えず変化しているということを——ここでは、ニューミュージックの登場により流行歌の一部を吸収することで演歌というジャンルが拡張したということを——当事者の口から聴くことができたのは興味深かった。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FMポップコーン(ミニFM局:東京都大田区石川台周辺 87.6MHz、1987〜1996年)

FMポップコーン(ミニFM局:東京都大田区石川台周辺 87.6MHz、1987〜1996年)

 


YouTube - ミニFM放送局・FMポップコーン 1993年
 

構成作家・ディレクターの大嶋智博(トトロ大嶋。)さんたちが1987〜96年に運営していたミニFM局の映像。メンバーのみなさんは、現在、放送業界でご活躍中のよう。

よりぬきトトロさん~ととろぐ~
※トトロ大嶋。さんのブログ

大嶋さんは、私がラジオにハマるキッカケになった番組のひとつでディレクターを担当なさっていました。

ミニFMは、リアル・ソーシャル・ネットワークって感じでいいですね。

東京のミニFM局リスト(当ブログ内)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひと様の家で聴いたラジオ

○ひと様の家で聴いたラジオ

 

昨日、初めて聴いたラジオ番組について思い出してみた:

初めて聴いたラジオ番組が何だったか思い出してみた。(当ブログ内)

ついでに想い出したのだけれど、私が中1のとき、「基礎英語」(NHKラジオ第2)を聴くという口実でラジカセをせしめるまで、ウチの家にはラジオはなかったと思う。よって、それまでは、車の中かひと様の家で聴いていたことになる。

夏休みや正月に田舎に帰ると、爺さんが時どき部屋でラジオを聴いていた。革のケースに入ったナショナルのラジオだったと思う。機種は何だったか気になるけれど、今となっては知る手だてもない。かなり古そうなものだった。形見にもらえばよかったなぁ。

それと、小学生の時に友だちの家に行ったら、その友だちの兄ちゃんの友だちのヤマグチくんから「笑福亭鶴光のオールナイトニッポン」(ニッポン放送、1974年4月3日〜1985年10月5日、水→土25:00-29:00)の「この歌はこんな風に聞こえる」のコーナーだけをまとめたテープを無理矢理聴かされ、感想を求めてきた。意図は不明。


「笑福亭鶴光のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)
「この歌はこんな風に聞こえる」のコーナー

 

そのヤマグチくんが「『週刊ゴング』と『ラジパラ』ば買うて来ぇ」という具合に私と友だちをパシリに行かせることがよくあった。黙って買って帰るのも癪だったので、ヤマグチくんより先に『ゴング』と『ラジパラ』をしっかり読んでから帰るのが常だった。

実際、ひと様の家でラジオを聴くとこはなかなかない。

「悪魔のKISS」(フジテレビ、1993年7月7日~9月22日、水21:00-21:54)というテレビ・ドラマで、奥山佳恵・深津絵里・常磐貴子が3人で寝ながら「加藤いづみのオールナイトニッポン」(ニッポン放送、1992年6月5日〜1992年9月、金27:00-29:00;1992年10月〜1993年10月25日、月25:00-27:00)をいっしょに聴いているシーンがあった。あんな感じで誰かといっしょに聴いたら気はずかしいかもしれない。

でも、いいシーンだったなぁ。

常磐貴子のアレがああなって、寺脇康文にアレされるシーンがあるので、「悪魔のKISS」はソフト化されないとささやかれている。よって、あのラジオのシーンを再び観ることもないだろうなぁ。


加藤いづみ「好きになって、よかった」(1993年) 好きになって、よかった - 加藤いづみ ベスト・コレクション
 
Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

初めて聴いたラジオ番組が何だったか思い出してみた。

○初めて聴いたラジオ番組が何だったか思い出してみた。

 

'What's your first memory?' someone would ask.

And she would reply, 'I don't remember.'

[...]  If a memory wasn't a thing but a memory of a memory of a memory, mirrors set in parallel, then what the brain told you now about what it claimed had happened then would be coloured by what had happened in between.  [...] the past was never just the past, it was what made the present able to live with itself.

「あなたの最初の記憶は?」と誰かがたずねるとする。

すると彼女はこう答えるかもしれない、「記憶にないわ」。

[……]もし、記憶というものが、ある記憶の記憶の記憶、単なる合わせ鏡ではないとすれば、脳味噌が過去の出来事であると主張するものについて脳味噌があなたに語りかける内容は、そのあいだに起きた出来事に脚色されているだろう。[……]過去は単なる過去ではなく、過去は現在と過去との共存を可能にするものとしてあった。

戯れに、初めて聴いたラジオ番組が何だったか思い出してみようと記憶をたどってみた。

初めて意識して聴き始めた番組ではなく、コッチの心構えに関係なく初めて耳にした番組のこと。

候補はふたつ。いずれも田舎の地元局で聴いた:

「バックグラウンド・ミュージック」(TBSラジオ、1964年7月19日〜2009年3月29日)

車で家族とどこかに出かける時にカー・ラジオで聴いた憶えがある。

当時のスポンサーはキューピーだった。やまがたすみこ「日曜日のキユーピー」とアルフレッド・ハウゼ・オーケストラ「ミリタリー・タンゴ」(Tango Militaire)で始まった。この番組で「子だくさん」という言葉を初めて知った。ポピュラー・オーケストラの音楽は、当時でもさすがに昔の音楽という感じがした。

選曲はキューピーの社長によるものだったらしい

車酔いする子供だったので、吐き気をガマンしつつ、ぐったりとドアに寄りかかり、ぐんにょりした眼で遠くを見ながら聴いていた。


やまがたすみこ「日曜日のキユーピー」
 

Alfred Hause Orchestra, "Tango Militaire"
 

キユーピー・バックグラウンド・ミュージック Kewpie Background Music(ファンサイト)

「小沢昭一の小沢昭一的こころ」(TBSラジオ、1973年1月8日〜)

学校の帰り、近所の家の台所の窓から、唐突にあのお囃子を聴いた憶えがある。

ひとん家の台所の前に長居して聴いたりはしなかったけれど、食器を洗う音に混じって聴こえるあの三味線のメロディー、藤田恒美アナウンサーの前口上、小沢昭一の口演は、強烈に記憶に残った。今までに接したことのない世界だったので、頭がちょっとぼ〜っとしたような気もする。


「小沢昭一の小沢昭一的こころ」
(TBSラジオ、2010年6月18日(金)12:20ごろ-12:30ごろ)

小沢昭一の小沢昭一的こころ(公式サイト)

「バックグラウンド・ミュージック」「小沢昭一の小沢昭一的こころ」どっちを先に聴いたかは判然としない。

どちらも私が生まれる前から長期間放送していた/している番組なので、放送時期からの絞り込みはできない。

それにそもそも、最初に聴いたのが前者だとハッキリさせるには、その時まで後者を聴いたことがないとハッキリ記憶していなければならない。後者をいつ聴いたのか記憶があやふやなので、最初に聴いたのが前者だったかどうかも記憶があやふやなのだ。

もっとも、これらふたつとは別のラジオ番組をそれ以前に聴いていたかもしれない。にもかかわらず、聴いたという記憶もろとも記憶から消えてしまっているおそれだって充分にある。

結局、思い出せない。

こんなオチでいいのかわからないけれど、どうせみんなの記憶からすぐに消えてなくなる。

Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

火曜JUNK「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ、2011年3月1日(火)25:00-27:00)

○火曜JUNK「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ、2011年3月1日(火)25:00-27:00)

※ご指摘に基づき誤りを修正。(2011年3月6日)

 

「そういえば、聴取率調査週間の放送、録ってあるけどまだ聴いていなかったなぁ」などと思いつつ火曜JUNK「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ、2011年3月1日(火)25:00-27:00)を聴いていると、太田光が、豊崎由美に『マボロシの鳥』(新潮社、2010年)をメッタ斬りされたと言っていた。齋藤智裕(水嶋ヒロ)『KAGEROU』(2010年)と比較しつつ、水嶋のほうがマシだとかなんとか言われたらしい。

YouTube で検索してみたら見つかった。太田が言っていた放送は「土曜朝イチエンタ。堀尾正明+PLUS!」(TBSラジオ、2011年1月1日(土)5:30-8:30)らしい。

聴いてみた:


「土曜朝イチエンタ。堀尾正明+PLUS!」
(TBSラジオ、2011年1月1日(土)5:30-8:30)

 

「カーボーイ」でも太田が言っていたように、太田は批評家としては一流だが作家としてはザンネンというのが豊崎の評。小説すばる新人賞の本戦には行けない、2次を通るか通らないか、とのこと。太田は、カチンときたけれど、ネットで見たら笑ってしまうような顔だったからいいや、とか。「「顔」って」とも思うけれど、真面目に反論するのも芸人的じゃないしね。

そういえば、大根仁も「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、2010年12月24日(金)22:00-24:50)で、「オレも読んだんですけど、ちょっと、想像を超えるクオリティではなかったなぁ」「太田さんにはねぇ、絶対に映画は撮ってほしくないんですよねぇ」と言っていた。

匿名のかたから頂いたコメントに基づいて上の段落を修正しました。ありがとうございます。録音したものを聴き直したところ、「期待していただけにガッカリした」という趣旨の発言は大森望によるものでした。 

発売後すぐに購入して読んだけれど、率直に言えば、『TV Bros.』の連載以上でも以下でもないなぁというのが私の感想。

それと、どうして短編集にしたんだろうと思う。短編は、短いぶん、複雑で陰影のある人物造形には不向きだし、心理の綾や人間関係の機微をじっくり描き切ることも長編に比べれば難しい。話のキレとか図式とかで読ませる必要が出てくる。豊崎は、太田を「オチを付けなきゃいけないと思っている」とも評したけれど、このこととも多少関係しているかもしれない。

ふだんからラジオで太田の話を聴いていると、もっと人間をしっかり描くような作品、短編より長編向きの人なのではないかと思う。忙しいか。

※批評家としての太田光:


火曜JUNK「爆笑問題カーボーイ」
(TBSラジオ、2005年2月8日(火)25:00-27:00)

太田が村上春樹を評しています。ここでも結局顔の話に。
 

そういえば、以前、フィッツジェラルドの小説を読んでいたら、日本語に訳すと「先取りされた成熟」みたいな表現があって、後日読んだ村上春樹の小説にもほぼ同じ表現があった。『1973年のピンボール』(1980年)だったかなぁ、自信なし。違ってたらゴメンね。

また、たぶんヘミングウェイの "Big Two-Hearted River" (1925)"The Killers" (1927) という短編小説にサンドウィッチをつくるシーンがあったと思う。

Google

| | コメント (1) | トラックバック (1)

「ニュース探求ラジオ」= "inquiring news radio" でいいの?

○「ニュース探求ラジオ」= "inquiring news radio" でいいの?

 

大したことではないのだけれど、気になることがひとつ。

「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、月〜金22:00-24:50)のジングル(TBSラジオでの呼び名は「サウンド・ステッカー」「SS」だっけ?)に "inquiring news radio" という表現が含まれているのだけれど、これは英訳として正しいの?

というのも、「母親をファックするロクデナシ」は "fucking mother bastard" じゃなくて "mother fucking bastard" だと思うので、「ニュース探求ラジオ」は "inquiring news radio" じゃなくて "news inquiring radio" なんじゃないかと、ふと思ったのであります。

"news" が "inquire" の意味上の主語になるか目的語になるかでは、主客転倒で大違いなんじゃないかと。

でも、いい声・いい発音で言われると、「合ってんのかな?」と思って自信がなくなるのが情けない……。

英語タイトルが日本語タイトルの直訳とは限らないので、形容詞的用法の現在分詞 "inquiring" が 名詞句 "new radio" を修飾していると考え、"inquiring news radio" =「探求するニュースラジオ」と取ることもできる。"inquisitive news radio" というヴァージョンもあったような気がするので、意外とこの線かもしれない。

蛇足

古い話を蒸し返して悪いのだけれど、2010年10月3日放送分の放送後記は和英混淆文で書かれている:

・Therefore, これからの日本人は英語でしゃべれナイト!?

・But, これまでも中学から数えれば都合10年間程度学んできたはずなのに、多くの人が英語を苦手としているのはなぜなのか?

・And, 大津さん

・Also, ラジオをお聞きの皆さんからも、これまでにないほど数多くのツイートやメールをいただきました。ありがとうございます。

・By the way, 「罵声」ではなく「場末」です、念のため。

・Well, 来週は聴取率調査週間です。

・Especially, 来週20日・水曜日のテーマは「モツ」。

・So, 来週の放送に向けて予習!!

ここで問題。このなかで英語の用法が誤っているのはどれでしょう?

正解は:

× But, これまでも中学から数えれば都合10年間程度学んできたはずなのに、多くの人が英語を苦手としているのはなぜなのか?

× And, 大津さん

が誤り。

たぶん「まぁ、どうせシャレなんだからどっちだっていいんだ」というのが大正解。

"but" と "and" は接続詞なので、すぐうしろにカンマを打って、後に来る語・句・節と切り離すのは誤り。日本語の「しかし……」「そして……」みたいに、ついつい英語でも "but, ...." "and, ...." とやりたくなるけれど、ダメ。

副詞や副詞句ならOK:

× But, I can't speak English.

○However, I can't speak English.

On the other hand,  I can't speak English.

とはいえ、接続詞の後に語・句・節などが挿入される場合は、直後にカンマが来ることもある。でも、これは接続詞の用法とは別で、挿入の結果に過ぎない。

○ My ten-year-old daughter speaks English well.  But, although I studied English for ten years, I can't speak it at all.

そういう意味では、「× But, これまでも中学から数えれば都合10年間程度学んできたはずなのに、多くの人が英語を苦手としているのはなぜなのか?」は、譲歩の従属節が挿入されていると好意的に解釈すれば正解と言えなくもないけれど、パンクチュエイションの不統一から考えて、そのような意図はおそらくないはず。

そういえば、向井理主演・深作健太監督で、次のようなタイトルの映画が2011年に公開されるらしい:

×僕たちは世界を変えることができない。 But, We wanna build a school in Cambodia

この "but" の用法も誤り。

でも「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ、2010年1月16日(日)13:00-17:00)にゲスト出演していた深作健太はいい人そうだった。頑張れよ。

深作Jr.登場!! - 爆笑問題の日曜サンデー

おまけ:街で見かけた変な英語


惜しい。"BEAUTY" ね。
看板屋も気付けよ。
 

単数形・複数形・所有格の混同
たぶんこれは倖田來未に責任がある思う。
 

"WORK" ですか?
ここまでくると、むしろ男前。
 

おまけ2:ついでに、日本語も変だ

このあいだコンビニの中国人店員から「にポんコ、わからないんタよ!」と怒鳴られました。そういうのは、客じゃなくて、面接の時に店長に言って下さい。


「生妻」、いただいていいんでしょうか?
「揚」「焼」「腐」も書けてないし。
 

「さん」つけりゃぁいいってもんじゃないんだよ。
上の店とは別の店です。
 
  
Google

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »