« 「Kakiiin」大野雄二 & Lupintic Five スタジオ・ライヴ(TBSラジオ、2011年2月24日(木)18:00-22:00) | トップページ | 熊切和嘉[監督]『海炭市叙景』(2010年)を観てきた。 »

井上剛[監督]『その街のこども 劇場版』(2010年)を観てきた。

○井上剛[監督]『その街のこども 劇場版』(2010年)を観てきた。

 

先週末に熊切和嘉[監督]『海炭市叙景』(2010年)井上剛[監督]『その街のこども 劇場版』(2010年)を観た。

熊切和嘉[監督]『海炭市叙景』(2010年)を観てきた。(当ブログ内)

どちらも素晴らしい映画。まだの人は観たほうが良い。ホントだから。これを読んだ人は絶対観ろ!

都内では上映館と上映時間の関係で一気にハシゴできなかったので2日に分けて、土曜日に新宿の K's cinema『海炭市叙景』、日曜日に池袋のシネマ・ロサ『その街のこども 劇場版』という順番。偶然だけれど、この順番で観たのはよかったかもしれない。


『その街のこども 劇場版』予告編
 

映画「その街のこども 劇場版」公式ホームページ

以前にこのブログでも書いたように、テーマがテーマだけに、つまらなかった時に批判しにくいので躊躇していたが、この映画を観ようと決心したのは、ライムスター宇多丸による絶賛を聴き、それに影響されて小林信彦が観に行ったと読んだからだ。

TBS RADIO 映画博徒の生き様が一目瞭然!ハスリングの記録・2011年 (ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル)
※上記ページの「1月29日その街のこども 劇場版」をお聴きください。

小林信彦「本音を申せば」第639回 「その街のこども劇場版」と「バーレスク」、『週刊文春』2011年2月24日号(当ブログ内)

本編が唐突に始まるので、最初は戸惑った。それに、カメラワークが独特で、テレビ的だけれどテレビ的でなく、映画的だけれど映画的でなく、ドキュメンタリー的だけれどドキュメンタリー的でなく、ドラマ的だけれどドラマ的でない。悪い感じではないけれど、どこか宙ぶらりんな、しかしふとしたきっかけで畳かけるように何かが起こりそうな、胸騒ぎを煽る独特の違和感。

それでも、あっという間に作品の世界に引き込まれた。

というのも、神戸の夜の質感がとても身近に感じられたからだ。

私は、夜更かししてしまったときに外に出て歩くことが時どきある。朝が来るの待つのではなく、こっちから朝を迎えに行ってやろう、朝に先回りしてやろうという気分。東京と神戸の違いはあるけれど、自分がよく知っている冬の夜の色彩と冷気がスクリーンの向こうにもあるように感じられた。

夜の闇で視界が限られているため、視覚以外の感覚が鋭利になり、思考が内省的になる。昼間とは別の認知過程で外界と接する。夜の歩行には独特の覚醒作用がある。

頭の中の時計がスクリーンの中の時間にピタリと合うと、真夜中の冴えた意識で、スクリーンに映る神戸の街を知覚する。

ただ、話はシンプル。新神戸駅で偶然出会った若い男女(森山未來・佐藤江梨子)が、三ノ宮駅から御影山手まで歩いて行って帰ってくる、それだけ。

ふたりは、明日に向って闇夜を歩く。往路では、歩こうとする佐藤江梨子・渋る森山未來という対比が、復路では、渋る佐藤江梨子・歩こうとする森山未來という対比に転ずる感情の機微も興味深い。

ふたりの主人公には、阪神淡路大震災を家族共ども生きのびて、現在は神戸を離れて東京に住んでいるという共通点がある。

震災でご家族や親しい人を失った人たちの気持ちが理解できるなどとは決して思わないけれど、主人公のふたりは、そういう人たちと自分との中間にいる存在で、彼らという第三点を介して、本来なら理解できないはずの震災にすこしだけ手が届きそうな気がした。

そして、ふたりがおっちゃんに手を振るシーンの可笑し哀しさに不覚にも胸がいっぱいになってしまった。このシーンを観るだけでも充分に価値がある。

しかし、私にとって最も印象的だったシーンは、東遊園地の2010年1月17日5時46分の時報のシーンだ。

映画の序盤で、1995年1月17日5時46分の時報に導かれて、被災当時の映像が映し出される。そして、15年を経て、東遊園地で再び時報が流れる。時間が円環したその瞬間、鳥肌が立った。

とは言え、映画を観終った後にこれほどの多幸感に包まれたのは初めてだ。この映画が再生の物語だからかもしれない。

すでにテレビ版が放送されているらしい(NHK総テレビ、2010年1月17日(日)の23:00-24:13)。観ていない。したがって、テレビ版と劇場版の異同は不詳。だが、この作品を劇場で最初に観ることができたのは幸運だったと思う。

上映終了後、劇場の階段を上がって地上に出る。外も夜。映画の続きが始まる。ふたりが歩いた街に比べれば、池袋駅北口周辺は薄汚れて猥雑ではあるけれど。

当然、家まで歩いて帰る。


 
Google

|

« 「Kakiiin」大野雄二 & Lupintic Five スタジオ・ライヴ(TBSラジオ、2011年2月24日(木)18:00-22:00) | トップページ | 熊切和嘉[監督]『海炭市叙景』(2010年)を観てきた。 »

AM」カテゴリの記事

TBSラジオ」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

番組評以外のラジオの話題」カテゴリの記事

コメント

地獄の門であった西宮の隣街にいた俺。
忘れもしません震災の朝6時あたり。

AIWAのラジオ付きカセットボーイをやっとの
思いで探り当て、「ここも情報ない」
「NHKなにやっとるんや」「あ!」

そう、海の見える放送局「AM神戸」で。

ボロボロのスタジオから伝わる情報は
どれも悲惨なものでした。

戦争を知らぬ俺にはこれが戦争のような
ものです。

投稿: Q@N | 2011年2月26日 (土) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423073/38967786

この記事へのトラックバック一覧です: 井上剛[監督]『その街のこども 劇場版』(2010年)を観てきた。:

» 映画『その街のこども 劇場版』 [ガンまる日記]
※ブリージングストレッチセミナー in 岡山(1)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。 [続きを読む]

受信: 2011年2月26日 (土) 12時58分

» その街のこども 劇場版 #10 [レザボアCATs]
10年、日本 監督:井上剛 脚本:渡辺あや 音楽:大友良英 主題歌:安部芙蓉美 森山未來   : 中田勇治 佐藤江梨子  : 大村美夏 津田寛治   : ゆっちの父 阪神・淡路大震災15年をテーマに、NHKで放送されたこのドラマは、見た人からの反響がすごく多かったとか。今回は新たなシーンを付け加えられ、異例の劇場版公開の運びになった。TV放送されたものは私は見ていないのだけれど、評判が良かった、というのも頷ける内容だった。 「震災を経験した、今を生きる若者のリアル」にこだわったのだとい... [続きを読む]

受信: 2011年2月26日 (土) 14時02分

» その街のこども 劇場版・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
1995年1月17日、午前5時46分、神戸。 あの運命の日に、その街にいた子供たちの、15年後の邂逅を描く異色のドキュメンタリー風ロードムービー。 元々は、阪神・淡路大震災から15年目を迎えた、昨年の1月17日...... [続きを読む]

受信: 2011年2月26日 (土) 23時48分

» その街のこども 劇場版 [LOVE Cinemas 調布]
昨年1月17日にNHKで放送された同名TVドラマの劇場版。子供の頃に阪神・淡路大震災を経験した若い男女が神戸で偶然の出逢いをし、お互いに負った心の傷をさらけ出しながらも再生していく。主演は『フィッシュストーリー』の森山未來と、『すべては海になる』の佐藤江梨子。監督は今年の朝の連続ドラマ『てっぱん』の井上剛。実際に震災体験者の2人の会話が実にリアルだ。... [続きを読む]

受信: 2011年2月26日 (土) 23時53分

» その街のこども 劇場版 [ヤンジージャンプ・フェスティバル]
見仏の後は、またもや赤い電車(註:京急線)で、黄金町駅へ。 先月も訪れた「ジャック・アンド・ベティ」という劇場。 今日はこちらで、この作品を鑑賞しよう・・・という魂胆です。 先月ここに来た時に、予告編がかかっていたこの作品。 その予告編がやたらと印象的だ... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 10時56分

» 『その街のこども 劇場版』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
夜道を歩きたくなった。 NHK総合テレビで2010年1月17日に放映された阪神・淡路大震災15年特集ドラマ「その街のこども」に未公開シーンと再編集を追加した劇場版。 東京で暮らす勇治(森山未來)と美夏(佐藤江梨子)が偶然に知り合う。TV版は未見。元がTVドラマと聞くと、私の食指は動きにくかったのだけど、これはごく一般的なTVドラマスタイルのものとは違っていて、思いのほか気にいってしまったよ。TVドラマといえば、去年特集上映で佐々木昭一郎の手がけたドラマを観た時、ドキュメンタリーのような臨... [続きを読む]

受信: 2011年2月28日 (月) 02時00分

» その街のこども [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
阪神・淡路大震災15年特集ドラマその街のこどもが昨夜、NHK総合で放送された。出演は、佐藤江梨子と森山未來で脚本は『ジョゼと虎と魚たち』の渡辺あや3人とも震災を経験して... [続きを読む]

受信: 2011年3月 3日 (木) 20時25分

» その街のこども 劇場版 [映画、言いたい放題!]
この作品は、元々NHKで、 阪神大震災から15年目の2010年に放送されたドキュメンタリー作品を 映画用に再編集したものです。 映画を観る会で私が提案した時に メンバーは既にテレビ版を観ていて却下されたのですが、 ドキュメンタリーに興味がない私は その時に知りました。f... [続きを読む]

受信: 2012年1月29日 (日) 16時55分

» 映画:その街のこども 劇場版 [よしなしごと]
 1/17にあれから17年を迎えた。あれとは、そう1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災。そんな震災を経験した2人が主演するその街のこども 劇場版を見てきました。 [続きを読む]

受信: 2012年4月14日 (土) 19時41分

« 「Kakiiin」大野雄二 & Lupintic Five スタジオ・ライヴ(TBSラジオ、2011年2月24日(木)18:00-22:00) | トップページ | 熊切和嘉[監督]『海炭市叙景』(2010年)を観てきた。 »