« 「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(43) | トップページ | 書き起こし(3):『息もできない』ヤン・イクチュン監督×ライムスター宇多丸 緊急スペシャル対談 »

JUNKサタデー「エレ片のコント太郎」(TBSラジオ、2011年2月12日(土)25:00-27:00)

○JUNKサタデー「エレ片のコント太郎」(TBSラジオ、2011年2月12日(土)25:00-27:00)

 

エレキコミック・やついいちろうが番組で、自ら「福しん芸人」を名乗り、外食チェーンの福しんを推していた。推しかたはビミョ〜だったけど。

それにしても福しんって……ちょっと笑ってしまった。


JUNKサタデー「エレ片のコント太郎」
(TBSラジオ、2011年2月12日(土)25:00-27:00)

福しんトーク1
 

JUNKサタデー「エレ片のコント太郎」
(TBSラジオ、2011年2月12日(土)25:00-27:00)

福しんトーク2
 

東京近郊に居住・労働の拠点がない人には解らないと思うけれど、福しんは、池袋・新宿を中心に展開しているラーメン・定食の外食チェーン。豊島区の黄色い区役所の近くには歩いて2分ぐらいのところに2軒ある。

手もみラーメン 福しん

やつい曰く「うなづける美味さ、うなづける値段」。ナイスなキャッチ・フレイズ。

ラーメンの有名店が割拠する池袋で、わざわざ福しんという人も少ないだろう。実際、前を通ると、福しんなか卯は、たいてい空いている。

池袋・新宿は行動の動線に入っているので、福しんを見かけることは多い。気になってはいたけれど、入ったことはなかった。青い看板が食欲を全くそそらないからだ。

ラジオを聴いたのも運命と思い、放送の翌日、池袋の福しんに入ってみた。


豊島区役所に隣接する福しん公会堂前店
 

ゆるいマークだけど、顔認識されます。
 

ギョウザ、100円です。
 

上の写真は豊島区役所裏手の店。私は明治通沿いのほうの店に入った。

店内の高い位置にテレビが設置されていて、近所のラーメン屋みたいな、外食チェーンらしからぬ雰囲気。キライじゃない。客層も壮年・高齢者中心で、客席を色で言えば茶色。柴又に行く時に乗った電車の客層と同じ。日曜日とは言え、昼間からビールのオーダー多し。

マーボー定食(580円)と、番組でも話題になった5個100円の餃子を注文。

ホントだ! うなづける味、うなづける値段。

店内なので写真は撮らなかった。

ところで、よく、飲食店で食事した人が写メールを撮ってブログにに載せていたりするけれど、許可取ってんのかねぇ? そもそも店内で写真を撮ること自体が非礼も甚だしいと思うのだけれど。客として自由に出入り出来ても、一応私有地内なワケだし。あまつさえ、高級レストランで写メール撮ってるバカが時どきいるけれど、どういうマナーなのかねぇ。

話を福しんに戻すと、やついが「遠くの店に行くぐらいなら近くの福しん」みたいなことを言っていたけれど、それには納得。別に福しんじゃなくてもいいのだけれど、たかがラーメンを食うために日本中を徘徊している自称「ラーメン通」に、私はあまり共感できないし、行列してまでラーメンを食いたくない。

ちなみに、私にとってのラーメン屋原風景は、座敷があって、店の子供が店内で遊んだり宿題をしていたりしている、家からいちばん近い、近所の人しか来ない、出前してくれるラーメン屋。

とはいえ、知人がラーメン二郎で独立を目指して修行しているので、それは応援している。有名店でも、知り合いが絡めば話は別。注文の方法をシンプルにしてくれれば通うのに。私のような人間はメンドクサイから足が遠のく。アンタたちが一番いいと思うものを自信をもってスっと出しなさいよ。

あと、ラーメンに焼海苔を入れる店もあるけれど、あれは良くないと思う。1枚だったらすぐに食べてしまえばいいけれど、ひどいところだと器をぐるりと縁取るように何枚も刺してある場合すらある。あれは、食べているうちにスープに溶けて味も見た目も良くない。ダシがどうのタレがどうのと蘊蓄を垂れている自称「ラーメン通」の人は納得してるのかねぇ? 海苔は風味が強いので、溶けてしまうとスープの味がかなり変ると思うけれど、気にならないの?

※蛇足

福しんとは関係ないけれど、福しん公会堂前店近くの個室ビデオ店:


 

MEN'S PRIVATE THEATER——物は言いようか。


  
Google

|

« 「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(43) | トップページ | 書き起こし(3):『息もできない』ヤン・イクチュン監督×ライムスター宇多丸 緊急スペシャル対談 »

AM」カテゴリの記事

TBSラジオ」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

福しんは10年いかなくても多分永久
に変わらないですね。

今はない文芸座前の福しんはいつも人で
賑わっていて、レバニラ炒め定食で大飯
を食らう暮らしでした25歳の頃。

これからも、ブクロとその周辺から店舗
を増やさす、これ以上奇を狙わず。

きっとこのままでしょう。

投稿: Q@N | 2011年2月20日 (日) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JUNKサタデー「エレ片のコント太郎」(TBSラジオ、2011年2月12日(土)25:00-27:00):

« 「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(43) | トップページ | 書き起こし(3):『息もできない』ヤン・イクチュン監督×ライムスター宇多丸 緊急スペシャル対談 »