« 月曜「Dig」(TBSラジオ)スペシャルウィークの番組宣伝はイヤフォーンで聴け! | トップページ | 東京のミニFM局リスト(暫定版)2011年2月15日改訂 »

ラジオな一曲(32):Chet Baker, "My Funny Valentine" (1952)

○ラジオな一曲(32):Chet Baker, "My Funny Valentine" (1952)

 


Chet Baker, "My Funny Valentine" (1952) My Funny Valentine - The Complete Chet Baker
 

おそらく、2月14日にFM各局でかかりまくるであろう、チェット・ベイカー(Chet Baker)の "My Funny Valentine" (1952)

もともとは Babes in Arms (1937) というミュージカルの劇中歌の一部分。1939年には、ジュディー・ガーランド(Judy Garland)とミッキー・ルーニー(Micky Rooney)主演で映画化もされている。邦題は『青春一座』。未見。

この曲は、チェット・ベイカーやフランク・シナトラ(Frank Sinatra)マイルス・デイヴィス(Miles Davis)ビル・エヴァンス&ジム・ホール(Bill Evans & Jim Hall)などが取り上げて、現在はジャズのスタンダードになっている。最近ではマイケル・ブーブレ(Michael Bublé)やクリス・ボッティ(Chris Botti)とスティング(Sting)のヴァージョンで知った人も多いらしい。

知っている人には今さらめいた話だけれど,この歌はセイント・ヴァレンタインズ・デイ(St Valentine's Day)の歌ではない。モテなくて、チョコがもらえなかったから "My funny Valentine" と自嘲しているワケではないのだよ。

歌に出てくる「ヴァレンタイン」は人名で、歌の主人公の恋人の名前。「私の可笑しなヴァレンタイン、ブサイクで賢くもないけれど、ずっとそのままでいてほしい」という内容。もともとのミュージカルでは女性が男性に向けて歌っている。

でも一応、歌詞の最後に "Valentine's day" という言葉は出てくる。と言っても、"Each day is Valentine's day"(毎日がヴァレンタインズ・デイ/ヴァレンタインの日)と言っているので、2月14日じゃなくてもいい。

だいぶん前に池袋のタワーレコードのワゴンで買ったCDが封も切っていない状態で棚に入っているので、出して聴いてみた。

夜中に聴くとちょっと暗い気分になるけれど、いい歌詞。

Chet Baker, "My Funny Valentine" (1952)

My funny Valentine,
Sweet comic Valentine
You make me smile with my heart

Your looks are laughable,
Unphotographable
Yet you're my fav'rite work of art

Is your figure less than Greek?
Is your mouth a little weak?
When you open it to speak,
Are you smart?

But don't change a hair for me
Not if you care for me
Stay little Valentine, stay!
Each day is Valentine's day

Google

|

« 月曜「Dig」(TBSラジオ)スペシャルウィークの番組宣伝はイヤフォーンで聴け! | トップページ | 東京のミニFM局リスト(暫定版)2011年2月15日改訂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/423073/38861424

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオな一曲(32):Chet Baker, "My Funny Valentine" (1952):

« 月曜「Dig」(TBSラジオ)スペシャルウィークの番組宣伝はイヤフォーンで聴け! | トップページ | 東京のミニFM局リスト(暫定版)2011年2月15日改訂 »