« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

TKOの年末ジャンボで美しくなりたいんや!(TBSラジオ、2010年11月28日(日)21:00-21:30)

○「TKOの年末ジャンボで美しくなりたいんや!」(TBSラジオ、2010年11月28日(日)21:00-21:30)

ジャンボ宝くじの時期になると、TBSラジオでお笑い芸人2人と女優で宝くじを宣伝する番組がある。

複数のパーソナリティーがワイワイ話す感じが、何となく関西のラジオ番組っぽいなぁと思っていつも聴いている。もしかしたら、関西の局が制作しているのかもしれない。

今回はTKO北川弘美が担当。プールの帰り道で聴いていたのだけれど、とても愉しい雰囲気で、スーパーに寄って帰る予定のところ、番組が終るまでちょっと歩くスピードを落としたりして最後まで聴いた。店に入ると聴こえなくなるので。

松竹芸能株式会社 - タレント一覧:TKO

be amie(ビー・アミー)北川弘美

TKOも面白かったけれど、北川弘美がとても良かった。

テレビを観ないので知らなかったのだけれど、北川弘美は女優さんのようだ。ノリがよくて、よく笑い、要所要所でいい感じにツッコミを入れたりして、かなり好印象。聴いていた人で私と同意見の人、けっこういるんじゃないかなぁ。

調べてみたら、「また×2ゴチャ・まぜっ!」(MBSラジオ、日24:00-25:00)にレギュラー出演中とのこと。だから、芸人さんとラジオやるのに慣れてるのだろうか?

ゴチャ・まぜっ!

……って、今日の深夜か。例の鍵穴で聴こっかなぁ。

「QIC」(ウェブラジオFMC)聴きつつ、24:00まで待機。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュース探求ラジオ Dig(TBSラジオ、2010年11月25日(木)22:00-24:50)

○「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、2010年11月25日(木)22:00-24:50)

録音しておいた「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、2010年11月25日(木)22:00-24:50)を帰りの電車で聴く。

この日のテーマは「今だから語ろう。政治と支持母体・支援団体のキニナル関係。」

創価学会の悪口が聴きたかった人はガッカリ?

11月25日(木)「政治と支持母体・支援団体のキニナル関係」(Dig | TBS RADIO 954kHz)

先週は「朝鮮学校ってどんなとこなの?」だった。

朝鮮人の悪口が聴きたかった人はガッカリ?

11月18日(木)「朝鮮学校ってどんなとこなの?」(Dig | TBS RADIO 954kHz)

やっぱり「Dig」の木曜日のテーマのチョイスはナカナカ良いと思う。上記の話題の他に、ジェンダー関係のネタが多いのも良い。

この手の話題に関する、イデオロギー的で幼稚な裁断から一歩退いた言論は、リベラル派の小さな(そして最近ますます小さくなってきているような気がする)サークルの内輪では通用するものの、その小さなサークルの外に広がることがないので、いつも歯がゆい思いをしている。

こういう話題が公共の電波に乗ってキチンと論じられること自体が、新自由主義の嵐のかなでは非常に貴重。嵐が過ぎ去るのを身を屈めて待っていても、楽園が訪れるとは限らない。嵐の中にあえて跳び込むのだ!

それはさておき、この日の「Dig」で荻上チキが紹介した曲と本に興味をもった。

◇荻上チキが紹介した曲:エレファントカシマシ「ガストロンジャー」(1999年)


エレファントカシマシ「ガストロンジャー」(1999年) Gustronger - good morning
 

私はエレファントカシマシがあまり好きではない——厳密に言えば、怖い。

子供の頃、テレビでエレファントカシマシが客を煽ってドンびきさせながら「奴隷天国」(1993年)を歌っているのを見て以来、「怖い人たちだ」と刷り込まれてしまった。今だったら彼らを分析する言葉で自分を防禦することもできるだろうけれど、なにしろ子供、逃げるしかない。


エレファントカシマシ「奴隷天国」(1993年)
 

「ガストロンジャー」(1999年)の歌詞をじっくり聴きながら、「あぁ、いい歌だ」と思った。「化けの皮剥ぎにでかけようぜ、化けの皮を剥がしにでかけようぜ。」の部分が気に入った。

荻上の紹介によると、『ロッキング・オン・ジャパン』は、この曲は、時代に対する彼らなりのロック的回答だと評したようだが、トーク・ソング的なスタイルはラップを意識しているようにも聴こえるし、サビの部分のコーラスはドゥービー・ブラザーズ(The Doobie Brothers)の "Long Train Running" (1973)  に酷似していて、ヒップ・ホップ的な引用のようにも受け取れる。


The Doobie Brothers "Long Train Running" (1973) Long Train Runnin' - Best of the Doobies (Remastered)
 

でも、何を置いても、外山惠理アナウンサーの感想が素晴らしかった。

最初おもしろい歌だなぁと思ってたんだけど、終るころ、「お前」って何度も言われて、だんだんムカついてきた。

スゲ〜腑に落ちるワ。

曲のメッセイジには共感できる所もあるけれど、未だにやっぱり怖い。

※当ブログ内の関連エントリー

TOYOTA SOUND IN MY LIFE(TOKYO FM、2009年4月18日(土)15:00-15:25)

 

荻上チキが紹介した本:石原千秋、他『読むための理論——文学・思想・批評』(世織書房、1991年)

11月25日(木)「DigTag コラム・チキチキ塾」(Dig | TBS RADIO 954kHz)

放送を聴いた感じでは、新刊では手に入りにくいのかと思ったけれど、帰りに寄った池袋のジュンク堂にふつうに置いてあった。

でも、バー・コードがついていないので、レジの人が戸惑っていたけれど。

荻上は学部時代に教科書として使ったと言っていたけれど、まさに教科書といった構成。文芸批評の用語や方法を67項目挙げて、それぞれを図解なども織り交ぜつつ簡潔に解説している。ペラペラめくって、気になったところや不案内なトピックスだけ拾って読むこともできる。

ちなみに、巻末の著者紹介に経歴の他に「特徴」という項目があり、この筆致が妙にポップで学術書らしくないのがチョッと可笑しい。小森陽一の所には「国文学の枠からはみでる希有な人材。ニューウェーブの旗手。B型。」とある。小森さんが「ニューウェーブの旗手」かぁ。時代だなぁ。19年前の本。

荻上がテキスト理論について説明するとき、テキスト理論がいかに廃れていったかという話をしていたけれど、蓮實重彦の表層批評(「スクリーンに映っているものを見よ」)も一種のテキスト理論で、これを町山智浩が批判しているというのは、まさにこの流れと合致する。そう考えると、蓮實も町山も、それぞれディスクールの中のひとつの項目に過ぎないのか……とかナントカ言うと、ちょっとポストモダン批評っぽくない?

※文芸批評、その他のオススメ本

テリー・イーグルトン(大橋洋一[訳])『新版 文学とは何か——現代批評理論への招待』(岩波書店、1997年)Literary Theory: An Introduction (1983, revised 1996)

文学部の人や、文芸批評に関心をもっている人は、とりあえずコレでしょう。

当代きってのマルクス主義批評家による入門書。マルクス主義を、単なるイデオロギー的教条として矮小化するのではなく、学問的な方法論としての側面を知っておく必要がある。市井の人には信じがたいかもしれないけれど、学問の世界、とりわけ人文社会科学の領域では、マルクス主義の影響力は未だ絶大。ことによると、主流といっても過言ではない。

ちなみに、みんなが中高で使った歴史の教科書も基本的には唯物史観(マルクス主義史観)で書かれている。扶桑社のヤツが出たとき、みんなは「意外と普通じゃん」と思ったけれど、これはとりもなおさず、新しい歴史観を提示できなかったという意味でマルクス主義史観への敗北だと私は思う。自由主義史観の看板をかかげても、新しい歴史教科書はマルクス主義史観から抜け出せなかった。羊頭狗肉。

好むと好まざるとに関わらず、「マルクス主義はキライ」という人も、知っていて損はないし、最低でも知っているフリができるようにはなっておくと役に立つ。

ポスト冷戦時代におけるマルクス主義とはそういうものです。

廣野由美子『批評理論入門——「フランケンシュタイン」解剖講義』(中公新書、2005年)

メアリー・シェリー(Mary Shelley)『フランケンシュタイン』Frankenstein: or The Modern Prometheus(1818年)の読解を縦軸、理論解説を横軸に、「小説技法篇」「批評理論篇」の二部構成で、書く側・読む側の理論を簡潔に解説している。新書なので安いし、サッと読める。書くに人も、読む人にも、時間のない人には特におススメ。


小森陽一『ポストコロニアル』(岩波書店、2001年)

『読むための理論』の共著者のひとりが、みんなが知っている夏目漱石の『坊ちゃん』を、「ポストコロニアル」をキー・ワードにして読み解いている。

出てすぐに買って読んだけれど、本当に面白かったなぁ。「『坊ちゃん』と帝国主義・植民地主義」って感じ。「植民地的意識」「植民地的無意識」には、なるほどと膝を打った(特に後者)。高校までの国語教育は「筆者の意図」至上主義だけれど、筆者の無意識(あるいは、筆者の立場に立つと、何が見えなくなるか)も重要。「漱石っていろんな意味で面白い」と改めて感じた本。

マキノノゾミ『赤シャツ/殿様と私』(而立書房、2008年)

『坊ちゃん』をテキスト理論的によめば、坊ちゃんには坊ちゃんのストーリーがあるように、赤シャツにも赤シャツのストーリーがあるはず。「赤シャツ」(2001年)はまさにそういう戯曲。

この作品は、平成13年度文化庁芸術祭参加作品としてTBSラジオでラジオ・ドラマ化され、「ラジオワールド」枠で放送された(2001年11月25日(日)19:00-20:00)。プロデューサーは知野文哉(伊集院光の番組の古参リスナーにはおなじみ)。赤シャツは、渡辺いっけいが演じていた。録音しときゃよかったなぁ。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月5日(日)新番組スタート! 村田製作所Presents ミミガク|TBS RADIO 954 kHz トピックス&ニュース

○12月5日(日)新番組スタート! 村田製作所Presents  ミミガク |TBS RADIO 954 kHz トピックス&ニュース

TBSラジオの日曜日21:00-21:30の新番組が12月5日(日)からスタート。提供は「実に高い技術をもった、世界的企業」村田製作所:

TBS RADIO 954 kHz │ 村田製作所Presentsミミガク(公式サイト)

12月5日(日)新番組スタート! 村田製作所Presents  ミミガク |TBS RADIO 954 kHz トピックス&ニュース

村田製作所Presents ミミガク

12月5日(日)新番組スタート! 村田製作所Presents  ミミガク 

放送日:2010年12月5日(日)
放送時間:21時00分〜21時30分
ナビゲーター:えのきどいちろう
アシスタント:秋沢淳子

「驚き・発見・なんだ?」を軸とした 「知的エンターテインメント」番組です。

知りたいというのは、根源的かつ無限の欲求である。
あなたを知る喜びへ誘うプログラム。それが 「ミミガク」

毎週様々なジャンルの専門家を招き、皆さんと一緒に未知の扉を開きます。
詳しい解説や新たな視点を提案、「知らなかったこと」を
「知ってしまった!」という、学びや発見の喜びを感じていただきます。

難しいテーマだけでなく、身近な物事に隠されている、
興味深いテーマを取り上げ、高校生・大学生の、
知的好奇心をくすぐっていきます。

学校や塾とは一味違う、だけどためになる、
まさに楽しくてタメになる番組をお届けします。

また、この番組では、 ポッドキャスト配信も実施。
パソコンや携帯音楽プレーヤーでいつでも「ミミガク」をお楽しみいただけます。

そういえば、こんなツイートがあったなぁ:

実に高い技術をもった、世界的企業。番組にも真摯。村田製作所は、私でないとスポンサーを続けないと明言(1:48 PM Sep 22nd

日垣隆、この件について何か言ってる?

スポンサーもそのままで、内容がエデュテイメントという意味では、路線も同じ。

日垣に乗っかった人がかわいそう。矛先をどう収めたらいいのかね?


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラジオ復活を」 好調radikoが会社化、名古屋などエリア拡大(ITmedia News、2010年11月25日)

○「「ラジオ復活を」 好調radikoが会社化、名古屋などエリア拡大」(ITmedia News、2010年11月25日)

今年11月末に試験放送が終了したあとradikoはどうなるのかと思っていたけれど、12月1日付けでradikoを運営する新会社「株式会社radiko」になるらしい。

12月1日から、関東は茨城県・群馬県・栃木県でも、関西は滋賀県・和歌山県でも聴けるようになり、また、名古屋・北海道・福岡にも参加を打診しているのだとか。

それはいいことなのだか、東京在住のラジオ・ファンである私としては、逆に、東京で茨城放送RADIO BERRY栃木放送も聴けるようになればいいのにと思う。結局、現行のradikoは、関東・関西でそれぞれ、中央の番組を周辺に流す仕組みにしかなっていない。

それに、

 radikoはあくまで「地上波の補完」という位置づけで、放送エリアに限定して配信。「技術的には世界への配信は可能だが、ラジオ局のビジネスに影響が出ては問題。遠い将来のことはまだ分からないが、当面は放送エリアに限定する」という。

なのだとか。結局そうか。

まぁ、私は相変わらず受信機派ですが。

ITmedia News の記事にはアプリのアクセス数やダウンロード数などのデータも紹介されている。

「ラジオ復活を」 好調radikoが会社化、名古屋などエリア拡大 - ITmedia News

IP サイマルラジオの本格実用化に向け、12 月1日、株式会社 radiko を設立(radiko公式サイト:PDFファイル)

 

※等ブログ内の関連エントリー

IPサイマルラジオ RADIKO 関連:いろいろ工夫している人を探してみました。

IPサイマルラジオ RADIKO 関連:エリア外からRADIKOが聴けた人を探してみました。

IPサイマルラジオ RADIKO 関連:エリアに関係なく、radiko東西全13局を受信できる方法


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

IPサイマルラジオ RADIKO 関連:エリアに関係なく、radiko東西全13局を受信できる方法

○IPサイマルラジオ RADIKO 関連:エリアに関係なく、radiko東西全13局を受信できる方法

このブログのradikoを話題にした下記2エントリーを多くの人にご覧いただいている模様:

IPサイマルラジオ RADIKO 関連:いろいろ工夫している人を探してみました。 (当ブログ内)

IPサイマルラジオ RADIKO 関連:エリア外からRADIKOが聴けた人を探してみました。(当ブログ内)

このほかに、『ラジオマニア2010』(三才ブックス、2010年)に「エリアに関係なく、東京と大阪のradiko全13局すべてを受信することができてしまう」方法が載っていることを下記エントリーで言及しているけれど、radikoについて検索している方の多くはそのエントリーに到達していない模様:

『ラジオマニア2010』(三才ブックス、2010年)(当ブログ内)

よって改めてご紹介しておく。

『ラジオマニア2010』の巻頭特集がradiko(pp.6-17)。pp.16-17に全局受信できる方法が載っている。最新号なので内容について詳しくは書けないけれど、スマートフォン・Android携帯を使うようだ。書店などでご確認頂きたい。

まぁ、既にわりと広く知られている方法だとは思うけれど。

なお、発売から1か月ちょっと経っているので、現在でもこの方法が有効かどうかは不明。あしからず。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

談志・円鏡 歌謡合戦(ニッポン放送、放送期間・曜日・時間未詳)

○「談志・円鏡 歌謡合戦」(ニッポン放送、放送期間・曜日・時間未詳)

ちょっと前に「立川談志・太田光 今夜はふたりで」(TBSラジオ、2007年10月6日〜2008年3月29日、土23:30-24:00)という番組があった。

立川談志・太田光 今夜はふたりで(TBSラジオ、2007年10月20日(土)23:30-24:00)(当ブログ)

この番組が、1970年代に放送されていた、立川談志と月の家圓鏡(現・橘家圓蔵)の「談志・円鏡 歌謡合戦」(ニッポン放送、放送期間・曜日・時間未詳)を元にしていると知って、ずっと聴きたいと思っていた。

この度やっと聴けた:


談志・円鏡 「歌謡合戦」 ~プレミアムダイジェスト~
 

「談志・陳平の言いたい放題」(TOKYO MXTV、2006年12月2日(土)11:00-11:55)内で一日限りの復活も遂げていたらしい。知らなかった。

談志・円鏡 歌謡合戦 | 怪聞亭

※おまけ

圓鏡といえばメガネクリンビューエバラ焼き肉のたれ


※焼き肉でいちばん美味いのは、ちょっとタレのついたごはんだと思う。
肉をごはんにワン・バウンドさせたときのアレ。

 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「SMAP×SMAP」(フジテレビ、2010年11月22日(月)22:00-23:09)で向井理がラジオ・シティーをベースにしたオリジナル・カクテルをつくったようです。

○「SMAP×SMAP」(フジテレビ、2010年11月22日(月)22:00-23:09)で向井理がラジオ・シティーをベースにしたオリジナル・カクテルをつくったようです。

先日、2010年11月22日(月)の22:00台から、「ラジオ・シティー カクテル」などを検索してこのブログの下記のエントリーをご覧になっているかたが急増していることが判りました:

ラジオ・シティー(Radio City、カクテル)(当ブログ内)

調べたところ、「SMAP×SMAP」(フジテレビ、2010年11月22日(月)22:00-23:09)内で向井理が木村拓哉に即興でオリジナル・カクテルをつくり、それがラジオ・シティーをベースにしたものであったためだということが解りました。テレビを観ないので知りませんでした。

「ラジオ・シティー」という名のカクテルは、ジン・ベースワイン・ベースの2種類あるようで、私は番組で言及されたものでないほう(ジン・ベース)をご紹介していました。

お求めの情報が載っていないのも申し訳ないので、番組に出てきたカクテルのレシピを紹介します。ただし,一部過程が編集でカットされているので、そこは想像で補っています。


「SMAP×SMAP」(フジテレビ、2010年11月22日(月)22:00-23:09)
 

ビストロ拓也
※向井理が即興で作ったオリジナル・カクテル

赤ワイン:45ml
ピーチ・リキュール:30ml
オレンジ・リキュール(トリプル・セック):30ml
グレープスルーツ・ジュース:45ml
レモン
トニック・ウォーター

1 上記のお酒とグレープスルーツ・ジュースをシェイク。
2 タンブラーのふちにレモンを塗ってシェイクしたお酒をを注ぐ。
3 トニック・ウォーターで割る。

※番組内で使われていたのはコレ:

ラジオ・シティー(ワイン・ベース)
※「ビストロ拓也」のベースになっているカクテル

赤ワイン:30ml
ピーチ・リキュール:15ml
カシス・リキュール:15ml
グレープ・ジュース:30ml
ライム・ジュース:1tsp

上記をシェイクしてソーサー型シャンパングラス、またはカクテル・グラスに注ぐ。

ちなみに、ラジオ・シティー(Radio City)を英語で検索するとジン・ベースのほう、日本語で検索するとワイン・ベースのほうにヒットしやすいようです。

おそらく、ラジオ・シティーといえば通常前者で、後者は PARK HYATT TOKYO の NEW YORK BAR オリジナルのカクテルのようです。

パーク ハイアット 東京「ニューヨーク バー」にて人気カクテル10点を復活:WEBマガジン「カーソル」


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュース探求ラジオ Dig(TBSラジオ、2010年11月22日(月)22:00-24:50)

○「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、2010年11月22日(月)22:00-24:50)

※若干の加筆および参考サイトを末尾に追加(2010年11月23日)

L'Armée est une nation dans la nation: c'est un vice de nos temps.
(軍隊とは国家の中にある国家である。このことは現代の悪弊である。)

「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、2010年11月22日(月)22:00-24:50)内の、ニュース時事能力検定とタイアップした「毎日新聞 N検Digノート」のコーナーで「シビリアンコントロール」がお題に:

11月22日(月)「N検 Digノート」(Dig | TBS RADIO 954kHz)

ニュース時事能力検定(公式サイト)
※2010年度の個人受験の申し込みは終ったらしい。

その中で、参議院予算委員会(2010年11月18日)で、野次にかき消されつつ答弁する仙谷由人・内閣官房長官の音源が流れた。ニュース等で既におなじみのアレ:

仙谷由人・内閣官房長官 暴力装置でもある自衛隊、……ある種の……ある種の……軍事組織でもありまして、これはシビリアン・コントロールが利かなければならない。

参議院予算委員会(2010年11月18日)

何も問題ない。むしろ正しいことを言っている。これに文句を言うことは、民主主義の否定に他ならない。

「暴力装置」が気に入らないのかもしれないけれど、シビリアン・コントロールの重要性を言うために、自衛隊が暴走する惧れがあるということを前段で強調しているだけのこと。レトリックの問題。

実際、「暴力装置」という表現そのものも、軍隊について多少なりとも真剣に原理的に考えたことのある人にとっては妥当な表現。

一般人にそこまで知っとけというのは無理筋な話だけれど、政治家なら知っとけよ、バカ。文脈を無視して、言葉尻を捉えて、何にでもとりあえず因縁をつけるなんざ、地廻りのチンピラがやることだよ。

「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ、2010年11月21日(日)13:00-17:00)で太田光が、石破茂・自民党政務調査会長は「暴力装置」という表現を使うことがあると言っていた。

現に、第7回朝日アジアフェロー・フォーラムで石破は「暴力装置」という表現を用いている。失言? こりゃぁタイヘンだぁ! 「暴力装置」発言をネタにして仙谷の首を取るなら、石破の首も差し出さないと。

集団的自衛権と国連観に違いがみえた(asahi.com:AAN発 - 朝日新聞アジアネットワーク、2009年03月30日)
※第7回朝日アジアフェロー・フォーラムの書き起こし。

「暴力装置」は、社会科学的には普通の表現。

また、「暴力装置」という言葉を野党の議員が否定するのも、論理的にオカシイ。自分が何者で何をなすべきかを全く解っていない。

民主的な近代国家においては、暴力を合法体に独占できるのは国家権力(行政)だけ。行政による暴力の濫用や常備軍の暴走の惧れが常にあるので、三権分立の下、選挙で選ばれた国会議員(立法)はこれを牽制するのが重要な仕事のひとつ。国民の私有財産を税金というかたちで強制的に徴収して処分する行政は潜在的に国民の敵であるから、国民の代表である国会議員、とりわけ議院内閣制における野党の議員は、行政のいち機関である自衛隊に対して誰よりも厳しくなければならないはず。

行政に勝手はさせないという野党議員としての矜持がまるでない。いまだに、与党ボケしているにちがいない。あるいは、手持ちの資源がイデオロギーだけのバカ。どっちにしろ大うつけだよ。

現場の自衛官への敬意は大事だけれど、そのことばかりが云々されることが多くなって来た感じもする。暴力装置としての自衛隊組織の危険性も念頭に置くべし。組織が暴走すれば、個人なんて簡単に押し流される。暴力装置への警戒は、現場の自衛官にも必ず利する。

※参考サイト

TBS RADIO 2010年11月23日(火) ジャーナリスト 上杉隆さん - 小島慶子 キラ☆キラ
※仙谷の「暴力装置」発言が話題に。

「暴力装置」の起源はレーニン? ウェーバー? - 愛・蔵太のもう少し調べて書きたい日記
※Good job! 自分でやろうとするとタイヘンだ。レーニン『国家と革命』、まだ読んでない。今週末読みますワ。

「暴力装置」の起源と系譜 - 名無しさんの弁明
※本を読んでいて"apparatus"が出て来たら、最近ではまず「装置」を念頭に置く。「装置」が、述語としての "apparatus" の定訳になったのは、やっぱりアルチュセール以降なのかなぁ? 「組織」と訳してしまうと、述語としての "apparatus" の含意が消えてしまう。"organization" ではなく "apparatus"なんだから、後者を想像させる訳語である必要がある。この手の翻訳書を読む人はふつう、頭の中で原典の外国語に戻しながら読むもの。

Gewaltapparat の初出?(追記あり) - 鰤端末鉄野菜  Brittys Wake
マックス・ヴェーバーの論文集は、"Wirtschaft und Gesellschaft"(経済と社会)がメイン・タイトル、"Grundriß der Sozialökonomik"(社会経済の基礎)がサブタイトルです。読んだことがあるので間違いありません。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、月〜金22:00-24:50)の番組宣伝

「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、月〜金22:00-24:50)の番組宣伝

TBSラジオのいろいろな番組の合間で流れる「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、月〜金22:00-24:50)の番組宣伝。

神保哲生竹内香苗アナウンサーが出演するヴァージョンで、竹内アナが、その日の夕飯は何か訊くと、神保が「夕飯はカツ丼、夜食は鶏塩うどん」と答える。

夜食が鶏塩うどん——ひょっとして、なか卯

気になる。


※私も、夜中に食べたくなることがある。
 

私は季節限定の鴨そばが好きです。


※鴨脂の薫りが好きなのです。
 

食べたくなってきた。でも、近所にはなか卯がない。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うれしいこともあるものですね。

○うれしいこともあるものですね。

少し前の話だけれど、いつも聴いている「桜川マキシム」(ネットラジオ)で、マルクス主義文芸批評の泰斗、テリー・イーグルトン(Terry Eagleton)をメッタ斬りしていた。

文学専攻の人は知っていないとヤバい人で、人文社会科学系の周辺領域を勉強したことのあるかたにもおなじみの名前。何らかの著作を読んだことのあるかたもいらっしゃるかと思います。

第238回 「鷲豚」 - 桜川マキシム

第239回 「愛と業と」 - 桜川マキシム

Dwight H. Terry Lectureship | Terry Eagleton(英語)
 『宗教とは何か』の元になった講義の動画を見ることができます。

この回で俎上に上がったのは、『宗教とは何か』Reason, Faith, and Revolution: Reflections on the God Debate(2009;青土社、2010年)。袈裟懸けにメッタ斬りでございます。

イーグルトンには好きなの本もあるので、私はやや切ない感じ。また、私はどんな本も斬らずに読む派なので、そこそこ愉しんで読めた。他者も自己もア・プリオリなものではないし、他者を知ることは自己を知るための準拠標になる。読書は、そういう経験ができるから愉しい。

さて、本題。

後半、239回の放送に、「タイムマシン部」(ネットラジオ)のスーパー・リスナーでもあるダンコンさんがコメントを寄せていらっしゃった。そこで、ダンコンさんが「桜川マキシム」および「タイムマシン部」を知ったきっかけについて言及なさっていた:

↓TVが部屋になかったので野球をラジオで聞く
↓深夜の馬鹿力を聞くようになる
↓日曜日の番組にも興味を持つ
↓秘密基地終了宣言。情報に飢え、ラジオ関係のブログを検索「僕のラジオに手を出すな」「キーボードで昇龍拳」と遭遇
↓「僕ラ」経由でタイムマシン部を知り、同じにおいを感じ、感想メールを送る。(感想のみだと味気ないので一発ネタとしてシモネタをラジオネームに)
↓「キー昇」経由で桜側マキシムを認識(タイムマシン部についても言及されている、聞いてみよう)
今に至る

ダンコンさんのほうが先輩リスナーだと勝手に思い込んでいたのだけれど、私のブログをきっかけに「タイムマシン部」を知ったとか。

こんな糞ブログでも、やっててよかったなぁと思った次第でございます。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KAMON・SAIKOの爆裂スーパーファンタジー(TOKYO FMほか、1993年4月〜1995年5月、放送曜日時間不詳)

○「KAMON・SAIKOの爆裂スーパーファンタジー」(TOKYO FMほか、1993年4月〜1995年5月、放送曜日時間不詳)

嘉門達夫鈴木彩子(現・SAICO)がやっていた、FMなのにAMっぽい番組があったことを想い出した。

コーナーの内容や、謎のノベルティー・グッズ「なんぞ」「ジャミジャミ」など、けっこう憶えているのだけれど、番組のタイトルがサッパリ想い出せない。

調べてみると「KAMON・SAIKOの爆裂スーパーファンタジー」(TOKYO FMほか、1993年4月〜1995年5月、放送曜日・時間不詳)と判明。そういえば、そんなタイトルだったかなぁ。

記憶がぼんやりしている理由はハッキリしていて、この番組は、いつも決まって聴いていたというよりは、勉強中にラジオをつけるとやっているという感じだった。したがって、放送時間も全く憶えていないのだけれど、おそらく19:00〜22:00のあいだのどこか1時間。

今思えば刺激はそれほど強くなかったけれど、中学生っぽい他愛なさに満ちた愛すべき番組で、リスナーの投稿ネタを鳴り物を鳴らしたりしつつ紹介する愉しい雰囲気だった。結局、ほぼ毎週聴いていたと思う。

検索してみたら、音源などが見つかった。大人になった今聴くと「ちょっと子供っぽいなぁ」という感じもあるけれど、けっこう愉しんで聴ける。とにかく懐しい:

嘉門・彩子の爆裂スーパーファンタジー - にこ☆さうんど#

「嘉門彩子の爆裂スーパーファンタジー」の投稿ネタ等々詰め合わせ - にこ☆さうんど#

YouTube - 鈴木彩子 KAMON・SAIKOの爆裂スーパーファンタジー 番組紹介

スポンサーは進研ゼミ、当時はベネッセではなく福武書店……いま進研ゼミやってる人たちは知らないだろうなぁ。

最近は嘉門達夫をラジオで聴くことは少なくなったけれど、「爆裂スーパーファンタジー」が終ってからしばらくインターネットラジオの番組を担当しているのは知っていた。

今は、個人事務所を設立したり、熊本県荒尾市の観光大使を務めたりしているらしい:


「テレビタミン」(KKT、2010年10月19日(火)16:45-19:00)
※うんばば中尾、緊張してる? なんか硬いなぁ。
 

鈴木彩子(現・SAICO)は、とても美人で歌が上手く、ヒット曲もあるけれど、その後、命に関わるような大事故に遭ったそうだ。復帰し、音楽活動を続けておられる模様。東京MXTVの「電リク!BEAT BOX」という番組でMCをしていたこともあるはず。その頃はカタカナで「サイコ」だったと思う。


鈴木彩子「独立戦争」(1990年)
 

鈴木が「爆裂スーパーファンタジー」について、ブログで言及していた。ラジオ・ファンとしてはこういう話はたまりませんなぁ:

先日ライブの時、声をかけてくれた方も
「僕は震災に遭ってるのですが、避難所でも聴いてました」

と言って下さいました

「友達と「今日は爆裂あるぜ」と言って、みんなで聴きました」と。

心にビーンと響く言葉でした。


嘉門達夫「怒りのグルーヴ~震災編~」(1995年)
当時、番組でよく流れていた。
バックで歌っているのは泉谷しげると大江千里らしい。
 

また、嘉門達夫について、同じエントリーでこう書いている:

嘉門さんはあの番組を、ラジオという媒体を
そしてリスナーの事も

本当に大事に思ってました。

あの優しい嘉門さんが
打ち上げの場で
リスナーをバカにしたスタッフを
怒鳴りつけたというエピソードを聞き驚いた事があります

本当に温厚な方なので。

私も何かの番組で、リスナーのネタをバカにしたゲストのアイドルを放送中に注意したという話を聴いたことがある。そのとき投稿したリスナーは、地方のラジオ局のディレクターになっていて、嘉門はこの話を本人からでなく、その人の周りのスタッフから聞いた、というような話だったかなぁ(記憶がやや曖昧)。

その嘉門達夫は、今年の10月からFM大阪で「カモン!EXPO大作戦!」(FM大阪、水21:30-21:55)を担当しているらしい。

聴きたいなぁ。

カモン!EXPO大作戦!|嘉門達夫オフィシャルブログ 冷やし中華始めましたか?(知らんガナ!)

※おまけ

嘉門達夫の曲の中ではこれが好き:


嘉門達夫「ハンバーガーショップ」(1989年)
※「オレは子供か?」と思うことは、私もよくあります。
 

ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊集院がエネマグラジャパンの人からTwitter経由でお礼を言われたらしい:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2010年11月15日(月)25:00-27:00)

○伊集院がエネマグラジャパンの人からTwitter経由でお礼を言われたらしい:月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2010年11月15日(月)25:00-27:00)

 

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2010年11月15日(月)25:00-27:00)で伊集院がエネマグラの話をしていた。

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2010年11月15日(月)25:00-27:00)(当ブログ内)

そうしたら、エネマグラジャパンの人からTwitter経由でお礼を言われたらしい。ずっと前から伊集院をフォローしていたとのこと。

ずっと前からフォローさせていただいているエネマグラ正規品販売のエネマグラジャパン(パインズ)と申します。昨夜はラジオ『伊集院光・深夜の馬鹿力』でエネマグラについて話して頂きありがとうございました。おかげさまで本日は凄まじいアクセス数になっております。感謝(enemagra_japan, 2:44 PM Nov 16th

爆笑!(HikaruIjuin, 5:21 PM Nov 16th

「凄まじいアクセス数」とは、伊集院の宣伝効果もなかなか。

米国製エネマグラ国内公式サイト/エネマグラジャパン/TOP/パインズ
※日本の正規輸入販売元

エネマグラについて、少し調べてみた:

※「エネマグラ」の由来と「enemagra.co.jp」事件

 

そもそも「エネマグラ」とはどういう意味なのか?

下記のドメイン名紛争に関するPDFファイルの pp.189-193に掲載されている「「enemagra.co.jp」事件」」(PDFリーダー上ではpp.195-199)の「裁定趣旨」を見ると、「エネマグラ」(enemagra)の名前の由来が判る。

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター「JP-DRP 裁定例検討最終報告書」2006年3月(PDFファイル)
※ドメイン名紛争の裁定に関する解説・論評。

高島二郎が発明した「前立腺刺激器」の商品名として有限会社光漢堂が "ENEMAGLA" という案を出したところ、高島が「どうせだったらVIAGRAにひっかけてENEMAGRAはいかがでしょうか」と "L" を "R" に変更したとのこと。

もともとは "enema"(浣腸)に由来していると思われる。

ちなみに、「enemagra.co.jp」事件とは、発明者の高島とも販売者の光漢堂とも関係ない株式会社 I-ネットサービスが使用していたドメイン名「enemagra.co.jp」のドメイン移転を、光漢堂が I-ネットサービスに求める裁定請求を行い棄却された事案。

 

※類似品?

 

前立腺治癒器事件:東京地裁平17(ワ)2065平成17年8月31日判〈棄却〉(牛木内外特許事務所ウェブサイト内)

 

当時エネマグラを販売していた有限会社光漢堂が、発明者の高島二郎に無許可の製造販売を開始。意匠権を侵害しているとして、高島が光漢堂を訴えた。しかし、高島は意匠登録しておらず、結果として、解決金2000万円で和解、販売を認めた。

和解して販売を認めたということは、発明者公認の類似品ってこと?

解決金2000万円を原告の事実上の取り分と考えると、かなりたくさん製造していたにちがいない。

たぶんこれらのこと:


※写真をよく見るとパッケージに「KOKANDO」と書いてある(左の2つ)

※参考ネットラジオ

風俗嬢が奥義を伝授、自宅で出来る前立腺・性感マッサージ入門編 | トリカゴ放送

風俗嬢が奥義を伝授、自宅で出来る前立腺・性感マッサージ応用編 | トリカゴ放送

Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「TBSラジオ特別番組〜野沢那智さん、ラジオでお別れ会」、2010年11月27日(土)20:00-20:55に放送。

○「TBSラジオ特別番組〜野沢那智さん、ラジオでお別れ会」、2010年11月27日(土)20:00-20:55に放送。

今日、「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」(TBSラジオ、2010年11月20日(土)8:30-13:00)を聴いていると、先頃亡くなった野沢那智の追悼番組が放送されるとの告知。「パックインミュージック」などでコンビを組んだ白石冬美によるメッセージが流れた。

以下、TBSラジオのウェブサイトから引用:

野沢那智さん、ラジオでお別れ会|TBS RADIO 954 kHz トピックス&ニュース

TBSラジオ特別番組

野沢那智さん、ラジオでお別れ会

放送日:2010年11月27日(土)
放送時間:20時00分〜20時55分
出演者:白石冬美、山本コウタロー

2010年10月30日。
野沢那智さんが亡くなりました。
この訃報に接し、ラジオで『ナッチャン』のお別れ会を執り行います。

タイトルは「野沢那智さん、ラジオでお別れ会」
放送は、11月27日(土)午後8時から生放送。
司会はチャコこと、白石冬美さん。
そして、土曜パックのパーソナリティーだった、山本コウタローさんです。

そこで、パックメイトにお願いです。
金パ最終回から28年。
『御題拝借』としてナチチャコパックへの思いと、みんなの近況も合わせて、
お便り、メールを送ってください。

お葉書の宛先は、
〒107−8066 TBSラジオ 野沢那智さん、ラジオでお別れ会
Eメールのアドレスは、puck@tbs.co.jpです。

お別れ会の放送でご紹介します。
当時の懐かしいナッチャンの声と、所縁の方々からのメッセージも
合わせてご紹介します。

「パックメイト」という言葉が、当時を知らない私のようなラジオ・ファンには新鮮。単なるリスナーであるというではなく、リスナー同士の横のつながりを感じさせる。

たしかTBSラジオ開局50周年記念番組かなにかで聞いた話によると、野沢那智が所有していた番組音源は、金曜パックのパックメイトがエア・チェックしていたものを集めてCDにしたものらしい。

50周年だョ!全員集合(InternetArchive内のキャッシュ)

この時代のラジオってすごいなぁ。


「パックインミュージック」最終回
(TBSラジオ、1982年7月31日(金)1:00-3:00)

エンディング
 

※当ブログ内の関連エントリー:

野沢那智、死去。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニFM局「こみくりらじお@クリエイション放送局」、コミッククリエイション21会場で開局(池袋サンシャインシティ文化会館2F 展示ホールD、2010年11月21日(日):87.5MHz)

○ミニFM局「こみくりらじお@クリエイション放送局」、コミッククリエイション21会場で開局(池袋サンシャインシティ文化会館2F 展示ホールD、2010年11月21日(日):87.5MHz)

ミニFMの話題。

2010年11月21日(日)、池袋のサンシャインシティ文化会館で開催される同人誌即売会コミッククリエイション21の会場に、ミニFM局「こみくりらじお@クリエイション放送局」(87.5MHz)が開局するとのこと。ラジオ・ブースは2F展示ホールDとのこと。開催日のみの放送。

復活!「こみくりらじお21」 - こみくりらじお@クリエイション放送局

サンシャインシティ文化会館東京都豊島区東池袋3-1-4地図

カタログが入場証代わりになるとかで、取り扱い書店あるいは会場で購入する必要がある。

カタログ販売(コミッククリエイション21ウェブサイト)

当日のタイムテーブルは以下の通り:

10:30-11:00 試験放送
11:00-11:30 オープニング MCてらまち/MCふくもと/ゲスト:綾依夏子(イ04:Ayai Factory)
11:30-12:00 グラウンド・ゼロ ポニョに一茂(ウ07:何これ一茂)
12:00-13:00 都心からっていいじゃない ラジオ鷲宮出張生放送!(ラジオ鷲宮)
13:00-14:00 公開座談会(アニメ会×鷲宮商工会×DJてらまち)
14:00-15:00 アニメ会 同人師弟コンビレディオ 出演:三平×2、比嘉モエル(エ10:アニメ会)
15:00-15:30 エンディング

池袋の会場だけでなく、埼玉県久喜市の鷲宮神社門前のラジオ鷲宮(89.2MHz)からもサイマル放送されるとか。

USTREAMでの配信も予定されている。「あくまで予定!!」とのこと。

ラジオ鷲宮(埼玉県久喜市鷲宮1-8-6大酉茶屋2F:89.2MHz)地図

ラジオ鷲宮(周波数 FM89.2MHz)コーナー : 鷲宮SNS らき☆すたの聖地鷲宮のSNS

ccr21 on USTREAM - こみくりらじお@クリエイション放送局

確実に聴きたい人には、池袋の会場がおすすめ。

出かけるかたは、FMが聴けるラジオを忘れずに。


 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KBS京都開局50周年記念番組「Kyoto-Style <TALK'n-ROLL>」(KBS京都ラジオ、2001年12月22日(土)18:00-20:00)※竹内義和×つボイノリオ

○KBS京都開局50周年記念番組「Kyoto-Style <TALK'n-ROLL>」(KBS京都ラジオ、2001年12月22日(土)18:00-20:00)※竹内義和×つボイノリオ

ずいぶん前にYouTubeで見つけていたのだけれど、聴いていなかった音源を聴きながら寝ることに。

竹内義和とつボイノリオがスライドを見ながらトークしている音源。

この番組は、KBS京都開局50周年記念イヴェントとして2001年12月2日(日)にKBS京都ホールで開催されたトークショーを2時間に縮約して放送したもので、イヴェントの昼の部は竹内義和×つボイノリオ、夜の部は北野誠×みうらじゅん。それぞれ2時間づつだったらしい。ラジオ・ファンにとっては豪華な顔合わせ。

下の音源は、どうやら2時間番組の前半のようだ。後半は探してみたけれど見あたらず。聴きたいなぁ。

つボイノリオ竹内義和スライドショー(YouTube再生リスト)
※上のリンクをクリックすると5本の音源が連続再生されます。


「Kyoto-Style <TALK'n-ROLL>」
(KBS京都ラジオ、2001年12月22日(土)18:00-20:00)

竹内義和×つボイノリオ
 

そういえば、「北野誠の世紀の雑談」(TBSラジオ、2001年12月30日(日)27:00-29:00)で、このイヴェントについて北野・みうらのふたりが話していた記憶がある。会場にみうらじゅんの母親が来ていたらしく、それを見つけたみうらは緊張した、みたいな話をしていた。

ちなみに、「世紀の雑談」は、1998年1月25日~2003年3月23日の毎月第4日曜日の深夜に放送されていた番組。私は毎月けっこう愉しみにしていた。TBSラジオ戸田送信所再塗装に伴う日曜深夜停波のため終了した。北野は番組内で「こんな理由で番組終るの初めてや」みたいなことを言っていた。毎月第3日曜日の同じ時間帯に放送されていた「月刊 愛川欽也・キンキンのパックインミュージック」(TBSラジオ、2001年4月~2003年3月16日、第3日曜日26:00-29:00)も同じ理由で終了した。こっちもワリと好きだったなぁ。

北野誠の世紀の雑談(「サイキック青年団・ズズ黒リスナーのページ」内)

おやすみなさい。


尾崎亜美「マイ・シャイニー・タウン」
KBS京都ラジオ イメージソング
月曜の朝5:00前に流れるそうです。

 

ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小林信彦「本音を申せば」連載第627回「<おとりさま>のかけもち」、『週刊文春』2010年11月25日号

○小林信彦「本音を申せば」連載第627回「<おとりさま>のかけもち」、『週刊文春』2010年11月25日号

先日、小林信彦が「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(文化放送、2010年11月10日(水)13:00-15:30)で伊集院光をほめ、伊集院も月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2010年11月15日(月)25:00-27:00)でそのことに言及したことをこのブログに書いた。

大竹まこと ゴールデンラジオ!(文化放送、2010年11月10日(水)13:00-15:30)(当ブログ内)

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2010年11月15日(月)25:00-27:00)(当ブログ内)

最新号の『週刊文春』の連載コラム「本音を申せば」でも、小林御大が伊集院をほめていた。

基本的に内容は「ゴールデンラジオ!」で話した内容と同じで、「深夜の馬鹿力」(2010年11月8日(月)25:00-27:00)のフリー・トーク、日本シリーズと上海蟹の話だが、見開き2ページのうち約4分の1を割いた大きな扱い。今売りの雑誌なので、あまり細かく内容を紹介できないけれど、最後は、

[……]とにかく、前半一時間(日本シリーズの話)は、さすがに元落語家、近来のケッ作だったと保証する。

と太鼓判。

そう言われるともう一回聴き返したくなる。

番組ポッドキャストで聴こうと思った人は、残念ながら、ポッドキャストでは件のフリー・トークの部分は配信されていない。配信されているのは、レジの打ちまちがいを端緒とするポイントの処理についての話(気持ちは解るけれど、正直言って、聴いててキツい。ぶっちゃけ、おもしろくないよ、こういう話)。

JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力 JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光の脳から分泌された汁が電波に乗って皆さんの脳へダイレクト!
伊集院光トーク・エンターテインメント・ショー

iTunesに登録する 試聴する RSS Podcasting 番組HPにアクセスする

ということは、例のフリー・トークを聴きたい人は「らじこん」? 税込み315円だって。これ、1本315円ってこと? どうよ? せめて、315円で1か月JUNK聴き放題とか、100円で10本とかなら、リーズナブルかもしれないけれど。

-らじこん- JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力

私は、ちゃんと録音してあるので、これから聴いてみます。

<その他の気になった記事>

新 家の履歴書

笑福亭鶴光が登場。

東京での活動を始めてからのホテルぐらしの話がけっこうおもしろかった。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM MAP(横浜市立大学放送研究部)※関東のコミュニティーFM局の可聴エリア・マップ

○FM MAP(横浜市立大学放送研究部)※関東のコミュニティーFM局の可聴エリア・マップ

 

関東在住のコミュニティーFMファンに朗報。

横浜市立大学の放送研究部Y.B.C.が関東のコミュニティーFM各局の可聴エリアを実際に測定し、その結果を地図上に表示して公開しているウェブサイトを発見。関東地方677箇所で実際に受信して調査したようだ。

FM MAP -横浜市立大学Y.B.C.放送研究部-

これはホントにスゴい。

サイトによると、調査方法は以下の通り:

電波学には詳しくないため、判断基準はただ一点、音声を聞き取れるかどうかで行います。

携帯ラジオ SONY ICF-M55を使用。0.5MHz単位のデジタル選局が可能だが、特に高感度でもない一般的なラジオ

例えば、銀座の 中央エフエム RADIO CITY(東京都中央区周辺 80.4MHz)が、隣接する港区内ではほとんど聴こえないのに対して、千葉県柏市の一部や埼玉県越谷市の一部では聴こえるなど、意外な電波の飛び方が判る。

「関東コミュニティFM局聴取距離ランキング」などもおもしろい。

今はなきFM多摩の記録も残っている。消さないで欲しいなぁ。FM多摩の送信所を見に行ったことがあるけれど、あそこは送信所としては絶好のロケイションだったなぁ。

エフエム多摩(東京都多摩市周辺 77.6MHz)を聴いてきた。(当ブログ内)

他には,NHK連続テレビ小説「つばさ」(NHK総合テレビ、2009年3月30日~9月26日、月〜土8:00-8:15ほか)に登場した架空のコミュニティーFM局「ラジオぽてと」(埼玉県川越市周辺、80.8MHz)の聴取可能エリアをシミュレイションして地図上に示したり、埼玉県川越市でコミュニティーFMを作るのに最適な周波数を導き出したりしている。おもしろい。

Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(38)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(38)

2010年9月のつづき:

安住紳一郎の日曜天国(TBSラジオ、20109月5日(日)10:00-12:00)

Kakiiin(TBSラジオ、2010年9月6日(月)18:00-21:00)

リーブ21のテレビCM(放送期間不詳)

書き起こしの目次:今晩は 吉永小百合です(TBSラジオ、2010年8月15日(日)22:30-23:00)ゲスト:爆笑問題・太田光

名古屋に行っていました。

塩谷達也の Gospel Experience 第51回「ゴスペル講座第3回『ダブル ミーニング』」(キリスト教放送局日本FEBC:1566kHzおよびインターネット、2010年9月7日(火)10:15-10:28)

田代まさし容疑者 逮捕5時間前にFM生出演(スポーツニッポン、2010年9月17日)

あの『ブラタモリ』がラジオに登場!? ラジオ第1で9月20日(月・祝)放送『ラジオでブラタモリ』(Listen♪NHK-FM BLOG、2010年9月10日)

東京圏民放AM局2010年秋の番組改編

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(1):NHK名古屋放送局

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(2):CBCラジオ

赤羽に「沖縄ラジオ(株) FM85.4MHz」?

2010年10月:

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(6):RADIO-i

The Rush Limbaugh Show(AFN、2010年9月30日(木)20:00-21:00)

ラジオな一曲(26):The Corrs, "Radio" (1999)

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(3):東海ラジオ

竹中直人 月夜の蟹(TBSラジオ、2010年9月19日(日)21:00-21:30)で放送事故がありました。

ニュース探求ラジオ Dig(TBSラジオ、2010年9月30日(木)22:00-24:50)

TBSラジオVS日垣隆氏 不正流用疑惑巡り激烈バトル(J−CASTニュース、2010年9月27日)

後藤麻衣の心配ないさぁ〜!!(TBSラジオ、2010年1月19日 - 2010年10月1日、月〜金24:50-25:00)

過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(29)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(30)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(31)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(32)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(34)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(35)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(36)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大竹まこと ゴールデンラジオ!(文化放送、2010年11月10日(水)13:00-15:30)

○「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(文化放送、2010年11月10日(水)13:00-15:30)

 

※ひょっとしたら、あなたがお探しのエントリーはこっちかもしれません:

小林信彦「本音を申せば」&町山智浩「言霊USA」、『週刊文春』2012年1月26日号(当ブログ内)

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2010年11月15日(月)25:00-27:00)の冒頭で、伊集院が小林信彦にほめられたという話をしていたので、「深夜の馬鹿力」を聴きつつ、ポッドキャストであわてて聴取:

大竹まこと ゴールデンラジオ!「大竹メインデッシュ」: 【11月10日ゲスト:小林信彦さん(作家)】
※2010年11月17日(水)の夕方まで聴取可能。

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2010年11月15日(月)25:00-27:00)(当ブログ内)

小林信彦「本音を申せば」第467回、『週刊文春』2007年8月2日号(当ブログ内)
※「日曜日の秘密基地」「深夜の馬鹿力」について。

小林信彦、伊集院光の「複雑さ」をほめる。

局を超えても構わないので注目している面白いラジオ番組は何かという大竹の問いに対して、小林御大は、昼は「ゴールデンラジオ!」、夜は「深夜の馬鹿力」と答えた。

伊集院のトークについては次のように評した:

コレは、狂うとおもしろいんですよ。

自分で、何かねぇ、「チョッと、いつもの決まったものをやんなきゃマズいなぁ」みたいなことをつぶやいて、それでやると、そっから、これは落ちるんですよね。

で、やっぱり自分の好きなことをしゃべると、あれはもう。

要は、フリー・トークがおもしろく、コーナーはイマイチということをおっしゃりたいのだろう。具体例として、この間の日本シリーズ最終日に奥さんが予約してくれた上海蟹を食べに行った話(2010年11月8日(月)放送)を挙げていて、蟹はおいしいけれど日本シリーズの結果も気になるという引き裂かれた感情の機微が御大のお気に召したようだ。また御大は伊集院のトークを「複雑なんですよ」という言葉で評していたが、きっとこれが伊集院をよろこばせたにちがいない。

 

小林信彦、おぎやはぎを「別にどうってことない」とほめる。

意外だったのは「深夜の馬鹿力」の他におもしろい番組として、木曜JUNK「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ、木25:00-17:00)を挙げていたこと。

「おもしろいですよ。別にどうってことないんですよ。何でもない」という御大の至言に感服。「あれ、僕ね、東京のああいうののしゃべりの始まりと言っちゃ何だけども、新しいアレだと思いますね」とも評していた。

私も以前にこのブログで

不思議な面白さの番組。特に爆発的に面白いポイントがあるという訳ではないのだが、気がつくと笑っている。関西弁にはどんな話もオモシロく聞かせてしまう ノリというかグルーヴ感があって、「関西人は得だなぁ」と思うことがある。おぎやはぎのラジオは東京芸人のなかでは唯一、どんな話もオモシロく聞かせてしまう独特のトーンとテンポがある。

金曜JUNK「おぎやはぎのメガネびいき」――「JUNK」「JUNK2」勝手に面白率調査(9)

と書いたことがあって、気になったポイントが御大と同じというのがなんともうれしい限りでございました。

 

フリー・トークと笑い屋の走り:前田武彦と永六輔

伊集院の話題の他にもラジオの話が展開されていて興味深かった。実は、こういう話が私は好き。

小林信彦 ラジオって、これ、台本を書く人がいて、読んでたんですよ、昔は。
大竹まこと はい。
小林 タレントさんが。
大竹 あのぅ、伺ってます。あの、玉置[宏]さんなんかが——
小林 そうそう。
大竹 完全台本。完全台本で——
小林 で、それをねぇ、壊したのが前田武彦さんなんですよ。
大竹 あ、そうなんですか!
小林 台本……彼が台本作家だったんですよ、前田武彦と、横に永六輔が付いてて。これで「ひとが読んだんじゃダメだ。オレたちが読む」っていうんで、それで、前田さんが——あの人は今は全然しゃべれないけれど、全然ってことはないけど(笑)——
大竹 はいはいはい。
小林 彼は非常に声が良くて、永六輔は横で笑うんですよ。笑い声が特徴がある。
大竹 あぁ、あのかたの笑い声が。
小林 そうですね。それがもう50年以上前ですねぇ。

ラジオ番組において、完全台本の時代の後、いわゆるフリー・トークの嚆矢となったのが前田武彦で、今となってはトークに合せて構成作家が声を出して笑うのは普通だけれど、いわゆるその「笑い屋」の走りは永六輔だったということになるのかなぁ(永も出演者のひとりだからちょっとちがうかなぁ)。「昨日のつづき」(ラジオ関東=現・ラジオ日本、1959年7月6日?〜1971年)が作ったスタイルが今でも日本のトーク・ラジオのベースになっている。

ラジオの歴史の話は本当におもしろい。こういうの、もっと聴きたいなぁ。

そういえば、前田武彦は、私が子供のころのTBSテレビの朝のニュース・ワイド番組で、お天気おじさんを務めていたことがあった。なんでだろ?


「ボクラの時代」(フジテレビ、2010年5月23日(日)7:00-7:30)
※前田武彦×小沢昭一×大橋巨泉のビッグ鼎談
テレビ論から始まり、「昨日のつづき」の話は2:15ごろから。
序盤の、小沢昭一の飄々とした沈黙が好きだなぁ。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2010年11月15日(月)25:00-27:00)

○月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2010年11月15日(月)25:00-27:00)

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2010年11月15日(月)25:00-27:00)の冒頭で、伊集院が小林信彦御大にほめられたと言う話をしていた。

「今週の『週刊文春』にそんな話あったっけ?」と思っていると、「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(文化放送、2010年11月10日(水)13:00-15:30)でのことらしい。ポッドキャストであわてて聴取:

大竹まこと ゴールデンラジオ!「大竹メインデッシュ」: 【11月10日ゲスト:小林信彦さん(作家)】
※2010年11月17日(水)の夕方まで聴取可能。

大竹まこと ゴールデンラジオ!(文化放送、2010年11月10日(水)13:00-15:30)(当ブログ内)

伊集院は、ほめられたことをよろこびつつも、そのことを台無しにしてやろうという照れ隠しするあたりが、いかにもお笑い芸人的というか、東京芸人的。

ちなみに、この日の伊集院は番組中盤以降のフリー・トークはエネマグラの話。「エネる」という造語も誕生。

小林御大については、ロック雑誌にありがちな、アーティストべったりなライターと対比しつつ、対象から一歩引いた小林御大の渥美清評をほめたり、御大の著書『怪物がめざめる夜』(新潮社、1993年)を好きな本として挙げたりしていた。

「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、月〜金22:00-24:50)を放送開始前から批判して以来(あれは、小林御大も良くなかったと思うけれど)、一部のTBSラジオ・リスナーのあいだでスッカリ評判を落としていた感もあって残念に思っていたので、これをきっかけに伊集院リスナーが御大のコラムや著書などに注目すればいいなぁ。

※当ブログ内の関連エントリー

小林信彦「本音を申せば」第467回、『週刊文春』2007年8月2日号
※「日曜日の秘密基地」「深夜の馬鹿力」について。

小林信彦「本音を申せば」第706回「冷やし中華進化論」、『週刊文春』(2010年6月24号)

小林信彦「本音を申せば」第599回「春はお別れの日々」、『週刊文春』2010年4月14日号

小島慶子 キラ☆キラ(TBSラジオ、2010年4月9日(金)13:00-15:30)

小林信彦「本音を申せば」第603回「地球の上にうつがくる」『週刊文春』2010年5月27日号


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラジオのミニコミ誌を発行しております(56):本日、「全日本ミニコミサミットin新宿3」というイヴェントに参加します。

○ラジオのミニコミ誌を発行しております(56):本日、「全日本ミニコミサミットin新宿3」というイヴェントに参加します。

『ラ ジオ中毒』最新号は290円です。40ページです。この表紙、どっかで見たことあるような……。


※今回は、頑張って表紙をカラーにしてみました。
思いっきり手づくりです。
 

本日、「全日本ミニコミサミットin新宿3」というイヴェントに参加します。

本日(2010年11月14日(日))ロフトプラスワンで開催される「全日本ミニコミサミットin新宿3」というイヴェントにお誘い頂き、参加することになりました。

何となく恥ずかしかったので今日まで黙ってました、すみません。

会場で『ラジオ中毒』バックナンバーを特価で販売する予定です。

概要は下記の通りです:

全日本ミニコミサミット3

11月14日(日)昼12:00開場13:00開演

¥1000 【飲食代別】

【会場】新宿ロフトプラスワン

新宿駅徒歩6分、 コマ劇場前 新宿区歌舞伎町 1-14-7 林ビル B2

TEL:03-3205-6864

http://www.loft-prj.co.jp/

詳細はこちら:

いよいよ明日は「ミニコミサミット」!

全日本ミニコミサミットin新宿3

『ラジオ中毒』2号取扱店

模索舎(東京都:新宿御苑新宿門む かい)地図

タコシェ(東京都:中野ブロードウェイ3F)地図通販

Lilmag(オンライン・ショップ)
 通販:2号臨時増刊号創刊号

ちんき堂
(兵庫県神戸市中央区元町通 1-11-8 千成堂ビル2F)地図

貸本喫茶ちょうちょぼっこ
(大 阪市西区北堀江1-14-21第一北堀江ビル4F) 地図

キララ文庫(熊本県熊本市黒髪6-9-9)地図

Blue. September. Blue.(オンライン・ショップ)
 通販:創刊号臨時増刊号2号
 ※ご注文方法はサイトで ご確認ください。

* * *

上記のお店で、万一売り切れているというようなことがありましたら、「今度はいつ入荷しますか?」などと、あくまでも紳士・淑女的な物腰を保ちつ つ、お店のかたにやんわりプレッシャーをかけてください。

執筆者紹介(敬称略):

『ラジオ中毒』2号目次

巻頭企画 ラジオ馬鹿はコレを読め!「ラジオ中毒の10.0 冊」

特集 深夜放送
『深夜放送は青春の通り道』/2児パパ
伊集院光 深夜の馬鹿力「俺たちは草食系男子なんかじゃない。対人恐怖症だ!」/まゆう
 月金一時三時……ナカダヨーコさんの場合
ラジオの達人「増 井孝子と朝までいっしょ」/とくながたかのり
伝えたいことなど何もない〜大森俊治のこしょこしょ話/ヨダレ
 月金一時三時……田野弘高さ んの場合
今さら「オールナイトニッポン」でもないだろう・・・。/とくながたかのり
 月金一時三時……ヨダレさんの場合
ゆるいテ レビの深夜放送みたいなゆるいラジオ番組「順子と涼のアシタヘストライク!」/MasaruS
 月金一時三時……MasaruS さんの場合
深 夜放送がラジオの楽しさを教えてくれた。/河内の政
 月金一時三時……河内の政さんの場合
林原めぐみの Tokyo Boogie Night/ヨダレ
「カンニング竹山 生はダメラジオ!」/MasaruS
大好きな深夜放送パーソナリティー/2児パパ
看板の架 け替え/kiku
4コマ漫画「ラジオくん」/365連休
「火曜JUNK・爆笑問題カーボーイ」/とくながたかのり
 月金一時三 時……Free@Tokyo さんの場合
 月金一時三時……とくながたかのりさんの場合
芸人たちが深夜ラジオを愛する理由/好間烏合
  月金一時三時……好間烏合さんの場合
たまふる緊急批評、略して/百円イヤホン
 月金一時三時……kiku さんの場合
 月金一時 三時……365連休さんの場合

本音のぶつかり合い 小島慶子 VS 大竹まこと/kiku
「QIC」/とくながたかのり
思いつき 緊急企画「あなたのTalkMaster 見せて下さいっ!」第1回 talkmaster44 さん
完全な真空管ラジオ/スタミナツク・デブ
超 簡単ループアンテナの製作/2児パパ


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泣く子も黙る ウーチャカ大放送(1985年)

○「泣く子も黙る ウーチャカ大放送」(1985年)

※大幅に加筆、および構成を変更しました。(2010年11月12日)


これがウーチャカ大放送だ!
 

「泣く子も黙る ウーチャカ大放送」は、爆笑問題・田中裕二が学生時代に制作していたラジオ番組(カセットテープに録音)。

火曜JUNK「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ、火25:00-27:00)で度たび話題になる。

前掲の音源は「カーボーイ」1997年11月4日の放送。当時は「火曜JUNK」ではなく「火曜UP'S(Ultra Performer'S radio)」。今と比べると、太田光がけっこう早口で、口数が多く、声も若い。しかし、田中はあまり変わっていない。それはそれでスゴい。

このころは「カーボーイ」を聴いていなかったので、実際に「ウーチャカ大放送」を聴いたのは初めて。

「Ultra Performer'S radio」と「泣く子も黙る ウーチャカ大放送」は、ネーミング・センスが同じような気がする。素人なのに「泣く子も黙る」「大放送」という大言壮語。

さて、「ウーチャカ大放送」は、田中の黒歴史としてネタにされることが多いけれど、実際に聴いてみると、素人でこれだけ喋れれば大したものだと思うし、ラジオずきな雰囲気が伝わってくるので、とても好感が持てる。私はかなり好き。

「ラジオが好きだ、好きだ、好きだ」という思いが極限まで昂じると、聴いているだけでは飽き足らずジタバタし、「自分もラジオをやってみたい」という気持ちになる人がいる。

トークに自信がなくても面白いことを考えることに自信がある人のなかには、投稿職人になったり、構成作家を目指したりする人もいる。

自分もそういう気持ちに囚われたことは何度もあるし、コタツの真ん中にマイクを立てて「オレのオールナイトニッポン」を実家から全国ネットしている夢を見たことすらある。しかし、自信がなくて、自分でラジオをやるに至らずじまい。

どちらが上とは言えないが、自分の身を前面にさらして表現する喋り手の立場は、私のような小心者にとってはハードルが高い。そこを一歩踏み出している点で、田中に羨望と敬意さえ抱いている。

そして、今、ポッドキャスト・ミニFMなどを通じて自作の番組を世に問うている全てのアマチュア・ラジオ表現者に敬意を。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マル激トーク・オン・ディマンド 第485回 「カジノジャック」と「インセプション」に見る米国の今と昔とこれから<ゲスト:町山智浩氏>(インターネット放送局:ビデオニュース・ドットコム、2010年7月31日)

○「マル激トーク・オン・ディマンド」第485回 「カジノジャック」と「インセプション」に見る米国の今と昔とこれから<ゲスト:町山智浩氏(映画評論家)>(インターネット放送局:ビデオニュース・ドットコム、2010年7月31日)


 

Morpheus:  What is "real"?   How do you define "real"?   If you are talking about what you can feel, what you can smell, what you can taste and see, then "real" is simply electrical signals interpreted by your brain.
(「リアル」とは何か? 君は「リアル」をどう定義する? もし君が、触ったり、においを嗅いだり、味わったり、見たりすることの出来るもののことを言ってるのなら、「リアル」とは、君の脳によって解釈された電気信号にすぎないのだよ。)

The Wachowski Brothers, The Matrix (1999)

Le virtuel possède une pleine réalité, en tant que virtuel.
(ヴァーチャルは、ヴァーチャルとして、充分なリアリティーをもっている。)

Gilles Deleuze, Différence et Répétition (1968)

ラジオの話題ではないのだけれど、神保哲生・宮台真司・町山智浩というTBSラジオな人たちによるトークということで、まぁそこはご愛嬌。 ラジオ・ファンにとっても面白いと思われるのでご紹介……とはいえ、けっこう前から配信されているので、もう既に見たかたも多いかもしれない。

5金スペシャル「カジノジャック」と「インセプション」に見る米国の今と昔とこれから - マル激トーク・オン・ディマンド - ビデオニュース・ドットコム インターネット放送局

「マル激トーク・オン・ディマンド」(ビデオニュース・ドットコム)は、基本的には有料放送のようだけれど、この回(第5金曜日)は無料配信。ちなみに、会員登録は月525円(税込)。

町山智浩をゲストに迎えて、ジョージ・ヒッケンルーパー(George Hickenlooper) [監督]Casino Jack and the United States of Money (2010) クリストファー・ノーラン(Christpher Nolan)[監督]『インセプション』Inception(2010年)からアメリカを読むという趣向で、Casino Jack のほうも面白いのだけれど、『インセプション』 がテーマの PART 2 が秀逸。


PART 1(Casino Jack について)48分
 

PART 2(『インセプション』について)45分
 

設定や道具立てにリアリティーがないので、面白いかもしれないけれどイマイチのれないというポジションの神保がいることでメリハリがついていると思う。

宮台真司、痩せたね……異常に。それに、飲んできたのか疲れているのか眠いのか、目がトロンとしていて様子がチョッと変。激痩せの人がトロンとしていると誤解を生むよ。

巷間「ユングは精神分析学というよりは宗教だ」と言う人は多いけれど、宮台の話を聞いたら読まなきゃという気になった。フロイト、ラカンはそこそこ読んだけど、ユングはスルーって人、結構いるような気がする。

ちなみに、「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(TBSラジオ、土21:30-24:30)「ザ・シネマハスラー」は、今やもっとも聴くに値する映画評のひとつだと思うけとれど、『インセプション』  については、「マル激」に比べればもうチョットかなぁ。

TBS RADIO 映画博徒の生き様が一目瞭然!ハスリングの記録・2010年  (ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル)

もう『インセプション』 を公開している劇場はなさそうだけれど、見ておけば良かった。

とはいえ、宇多丸が言うように「そういうもの[作品の細部における周到な哲学的意味付け]がそのまま映画としての立派さとか面白さを保証するとは限らない」「だからって、別に、あの、映画史上スゲー[……]ご立派なものかということとはイコールじゃない」という意見には同感で、DVDを買って手許に置いておくほどじゃないかなぁ。

ちなみに、Casino Jack のヒッケンルーパー監督は、2010年10月29日に47歳の若さで逝去。合掌。

米映画監督G・ヒッケンルーパー氏が死去、47歳| エンタテインメント| Reuters

#039 カジノ・ジャック~史上最悪のロビイスト~ |「松嶋×町山 未公開映画祭」公式サイト

Google

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浜松町グリーンサウンドフェスター浜祭ー(文化放送、2010年11月3日(水・祝)10:00-19:00)on USTREAM

○「浜松町グリーンサウンドフェスター浜祭ー」(文化放送、2010年11月3日(水・祝)10:00-19:00)on USTREAM

11月3日・文化の日に「浜松町グリーンサウンドフェスター浜祭ー」が今年も開催された。番組の公開生放送などのイヴェントが目白押し。今年のメインキャラクターはWコロン。


 

これまで一度も行けたことがないので、「今年こそは」と思っていたが、家で仕事と相成り、今年も行けず。ウチから浜松町へのアクセスは良いので、せめて「大竹まこと ゴールデンジオ!」(文化放送、月〜金13:00-15:30)だけでも見てスッと帰って来ようと思ったが、断念。

そんなこんなで煩悶していると、「浜祭」ウェブサイトに「浜祭の映像がUSTREAMで見られるんです!」の文字を見つけ、早速アクセス。「ゴールデンジオ!」の様子を拝見。音は出ないので、音はラジオで。


カメラ4台で中継

大竹まこと ゴールデンラジオ: 本日のパートナーは・・・水谷加奈さん アーカイブ
※11月3日付

いとうあさこが骨折したらしく、その話題で始まったオープニング。水谷加奈アナの子供の話へと移り、その途中で大竹が、最前列で眠っている客を発見。同じ会場で後ほど行われる Berryz工房のイヴェントの場所取りをしている23歳の客と判明。オープニングでは、しばらくこの客をみんなでイジる。公開放送ならでは。


大竹「一番前のさぁ、起きたか、お前」
いとう「しゃべってんだよ、大竹さんがよぉ!」

大竹まこと ゴールデンラジオ!「オープニング」: 【11月3日ON AIR】
※2010年11月10日の夕方あたりまで聴取可能。

Wコロンも登場。火曜JUNK「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ、火25:00-27:00)リスナーとしては、Wコロンが売れてよかったなぁという感じ。


緑の衣装(リース品)で登場。
 

会場に行けなかったのは残念だったけれど、会場の様子を見るとものすごい客の数で、行ったら行ったで大変だったかも。

Berryz工房待ちの客は23歳だったけれど、会場の映像を観た感じでは、比較的年齢の高い客が多かった。そういう意味では、大人でも見に行きやすそう。


ステージ周辺は、ものすごい人出。
 

「大竹メインディッシュ」のコーナーのゲストは欧陽菲菲。「ラヴ・イズ・オーヴァー」(1984年)を生で熱唱。このコーナーの間は、ステージから会場にカメラの向きが変更。いろいろ大人の事情があるのかなぁ。残念。

大竹まこと ゴールデンラジオ!「大竹メインデッシュ」: 【11月3日ゲスト:欧陽菲菲さん(歌手)】
※2010年11月10日の夕方あたりまで聴取可能。


欧陽菲菲「ラヴ・イズ・オーヴァー」(1979年) Love Is Over - Shinin' Forever

水曜日の「大竹紳士交遊録」は笑福亭笑瓶。

大竹まこと ゴールデンラジオ!「大竹紳士交遊録」:
【11月3日笑福亭笑瓶(タレント)】

※2010年11月10日の夕方あたりまで聴取可能。

最後は全曜日のレポーターが総登場。いとうあさこは早退。


右から、中嶋美和子(月)、広海・深海(火)、
末高斗夢(木)、THE GEESE(金)
 

動画配信で観ることができたのはよかったけれど、観たら観たで、つくづく会場に行って見たかったと思う文化の日でありました。来年は何としても行きたいなぁ。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

平野博文・前官房長官が「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ)に抗議した件に関する追記

○平野博文・前官房長官が「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ)に抗議した件に関する追記

※加筆:YouTubeにアップされていた音源を埋め込み(2010年11月3日)

「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、2010年6月29日(火)13:00-15:30)放送内の「平野博文・前官房長官が官房機密費3億円をネコババした」という内容に関して平野が番組に抗議してきた件には、このブログでも既に触れた:

TBS RADIO 2010年06月29日(火) ジャーナリスト 上杉隆さん - 小島慶子 キラ☆キラ

小島慶子 キラ☆キラ(TBSラジオ、2010年6月29日(火)13:00-15:30)に平野博文・前内閣官房長官が抗議。(当ブログ内)

以下はこの件に関する追記。

現在公開されている番組ポッドキャストには、「ネコババ」云々に関する発言がない。そこで、TalkMasterで録っておいた音源を聴いてみたら、「ネコババ」に関する箇所が確かにあった。ポッドキャストのほうでは編集で削除されているようだ。

編集前の音源を聴くと、上杉隆が、平野が内閣官房長官を退く際に引き出した計3億円の官房機密費の行方が判らなくなっている事に関して、平野がネコババした疑いがあることに言及し、ジャーナリストはこれを追求すべきだと主張している。

内容に特に問題はないと思うのだけれど。

まぁ、「ネコババ」と断定調で言っていることに問題があると言うのならば、そう言えなくはないけれどね。

しかも、この3億円話は、他の新聞や雑誌でもさんざん言及されていた話なので、この時期の抗議も今さらめいた感が拭えない。

SEKILALA&ZOWIE  フリージャーナリスト上杉隆さんが小島慶子キラ☆キラ2010.6.29(火)で平野長官時代の官房機密費3億円引き出した行方について、調査経過報告を語る!!!
※3億円の件に関する新聞各社の報道を概観できます。

ちなみに、3億円という金額は、正規雇用の男性労働者の平均生涯賃金よりも高い。正規雇用労働者の平均生涯賃金は、男性2億3200万円、女性1億7800万円。非正規雇用の男性では、たったの6200万円(厚生労働省「平成18年 賃金構造基本統計調査」に基づき、みずほ総合研究所が試算、『週刊ダイヤモンド』2008年3月8日号<特集:働き方格差>に掲載)。

平野は、2か月で3億円という金額の意味を良く考えて、税金3億円の行方について説明すべきだと思う。

基本的に番組を支持したい気持ちなのだけれど、ひとつ気になるのは、「キラ☆キラ」ウェブサイトの音源にいつのまにか編集が施されているにもかかわらず、そのページにはその旨の記載が一切ないこと。

編集権は番組にあるのだろうけれど,「抗議を踏まえて編集した」とひとこと書いておいたほうがリスナーに対して誠実だと思う。

※編集で削除されていた箇所

番組では、現在ポッドキャストで公開されている音源の16'01"あたりから下記の内容が放送された。

※AMラジオをエア・チェックした音源に基づいて書き起こしていますので、不正確な部分もあるかもしれません。誤りに気づいたかたは気兼ねなくご指摘ください。確認して修正します。

小島慶子 平野[博文]さんがね、あのぅ、平野・前官房長官が、その、鳩山政権が退陣する直前の4月から5月にかけて3億円の官房機密費を引き出していたっていうことが判ったらしいんですけど——
上杉隆 ほんとヒドいですねこの人。
神足裕司 はははは。
小島 これ、何に……2か月で3億円使うってけっこう大変そうじゃないですか?
上杉 えぇ。
小島 何に使ったんでしょう?
上杉 これチョッと取材したんですけど、官邸の他のスタッフに聞いたら誰ひとりもらってないことが判ったんですけど——
小島 どこに消えちゃったんですか、3億円も?
上杉 考えられるのは、あと、まだ取材で確定取れてないのは、[鳩山由紀夫・前]総理。 
小島 あぁ。
上杉 総理はもらってないと思いますけど。
神足・小島 えぇえぇえぇ。
上杉 それと幹事長、当時の、小沢一郎さん。
神足 うぅん。 
上杉 あるいはそこに行ってないとしたら——
小島 はい。
上杉 本人か、あるいはそれ以外のところ、と。
小島 えぇ!? そんなことできんの?
上杉 できるんですよ。別に平野さんのみならず、前の河村[建夫]官房長官も2億5000万円そうですし、必ず官房長官辞めるときはみんな金庫を空っぽにして行くっていうのは、三木武夫[元内閣総理大臣:1974年12月9日〜1976年12月24日在任]さんの時代から一貫して変わらない、キチンと決められたルールみたいなんですよ。
小島 じゃぁ、仙谷[由人]さんは——まぁ、今官房長官やってらっしゃいますけど——何にも知らないんですか? 前の平野さん時代の残額についてとか、例えばこれこれこういう理由で引き出したとかっていうのは伺えないもんなんですかねぇ。
上杉 まぁ、解んないでしょうね。だから、それは本来ならば調査しなくちゃいけないわけですよね。
小島 だって3億円——
上杉 ふざけてますよね。
小島 どこ消えちゃうのよ。3億円消えさせるのも結構たいへんでしょ?
上杉 それこそ大変なのに、日本のメディアはその大問題放っといて——
神足 うぅん。
上杉 えぇ、琴光喜か? 処分はどうなるかみたいな。まぁ、どうでもいいけどそんなの。はっきり言って、もっと大事なことがこの世の中に起こっているのに——
小島 えぇえぇ。
神足 うんうん。
上杉 日本の人たちって穏やかなのか、自分たちのお金、税金が使われて、そんな風に平野[前]官房長官という人に勝手に3億円ネコババされてんのにも関わらず、誰ひとり文句言わずに——まぁ、報道しないからでしょうけど——テレビ・新聞、一切扱わないと。
小島 機密費ってそういうもんなの!? でも、なんか、なんか納得いかない。なんか、「引き出しました、何に使ったのかは内緒で〜す」で、「ダメよ」って言われないって、やっぱりおかしな事だなぁ。
上杉 おかしいですよね。あの、例えば30年でも20年でも——
小島 時間区切ってねぇ、ちゃんと。
上杉 区切って公開するのが筋ですよねぇ。
小島 ねぇ。
上杉 それもないわけですから、日本は。
小島 だってそれ、公開するっていうふうに、何十年か先に公開するって決まってれば記録がのこりますけどねぇ。だけど、何にも記録残らないんでしょう?
上杉 岡田[克也・民主党幹事長]さんだけは決めたんですよね。ルール決めて30年が、ていうとき原則公開と。岡田さんみたいに健全な人はやるんだけど、名前はもう忘れちゃったなぁ、平野ナントカって人なんかは不健全な政治家の象徴だし、政権交代したにもかかわらず、自民党のやっていたことと全く同じことをやってると。もっと言いたいのは、この、ジャーナリストたちが、これ、3億円の行方ふくめて何で追求しないんだろう、って。
小島 ねぇ、何でだろ? あの、ふつうに聞いても不思議な話ですよね?
上杉 えぇ。
小島 たったふた月で3億円がどっか行っちゃったって、「どこに行ったんだろう?」とは思いますよねぇ。
上杉 もう、ホントに不思議ですよねぇ。
小島 えぇえぇえぇ、しかも税金でね。

※追記(2010年11月3日)

問題の箇所の音源:


「小島慶子 キラ☆キラ」
(TBSラジオ、2010年6月29日(火)13:00-15:30)

 

ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『ラジオ番組表』2010年秋号(三才ブックス、2010年)

『ラジオ番組表』2010年秋号(三才ブックス、2010年)

ラジオ馬鹿のバイブル『ラジオ番組表』2010年春号(三才ブックス、2010年)を今季も購入。

表紙を見て、一瞬「どなた?」と思ったけれど、曽根由希江とのこと。「リッスン? 〜Live 4 Life〜」(文化放送、木25:00-27:00)を担当……って、柚月美穂の「走れ!歌謡曲」(文化放送、金3:00-5:00)の前にやっているあの番組かぁ。トークとルックスのギャップがありすぎて、まったく想像できなかった。

bayfmでも「songS one」(bayfm、月24:30-24:52)を担当しているとか(ネット配信もされている)。「songS one」はアーティスト番組という感じなので、私のようなトーク・ラジオずきにとっては木曜「リッスン?」 のほうが面白いかなぁ。

リッスン? ~Live 4 Life~ | AM1134kHz 文化放送 JOQR

インターネットラジオ:bayfm78

気になった点:

  • DJ ランキング以外の読み物の企画記事がほぼ消滅。さみしいなぁ。

以上。記事が少ないので気になるところも少ない。

いつもの番組表・改編トピックス・改編NEWS・「リスナーの主張」以外の読み物記事は以下の通り:

吠え続けて10周年 「こんちはコンちゃんお昼ですょ!」(p.3)
「こんちはコンちゃんお昼ですょ!」(MBSラジオ、月〜金12:30-16:00)、近藤光史インタヴュー。過激な発言で有名とのこと(インタヴュー内では尖閣諸島の件が話題に)。

※参考:
ケンドーコバヤシ 「近藤光史からのオファーにビビる」 | 世界は数字で出来ている

第3回 読者が選ぶ好きなDJ Ranking PART2(p.243)
巻末カラー・ページのつづき。9位以下を発表。
9〜12位まではランク・インしたパーソナリティーのコメントつき。はじめて知る番組・パーソナリティーが多く、そういう意味では上位よりも面白い。毎回、このランキングをきっかけに知る番組も多い。

第3回 読者が選ぶ好きなDJ Ranking PART1(pp.250-253)
1〜8位を発表。ランク・インしたーソナリティーのインタヴュー&「読者の声」つき。ランキングは手に取ってご確認を。

1位は前回も上位にランク・インしたあの人。詳しくはアイドル、アニメ関連が強い印象だが、地方局のパーソナリティーも健闘。

今回も本誌内に応募券が10枚ついており、次回の投票の際にハガキ1枚に1枚添付するシステム。つまり、1冊購入すると10票まで投票できる。ちなみに、今回のランキングでは、カラーページに掲載されている1位が546票、8位が50票獲得。

※巻末に「世界初!タッチパネル液晶採用 BESETO JAPAN AM/FMラジオボイス・レコーダー RD-T1000」という記事があるけれど、記事体広告の印象。

※当ブログ内の関連エントリー:

東京圏民放AM局2010年秋の番組改編


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小島慶子 キラ☆キラ(TBSラジオ、2010年6月29日(火)13:00-15:30)の放送内容に平野博文・前内閣官房長官が抗議。

○「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、2010年6月29日(火)13:00-15:30)の放送内容に平野博文・前内閣官房長官が抗議。

「キラキラ」「平野官房長官」「抗議」「機密費」「ネコババ」などのキー・ワード検索でのアクセスが急増(お探しの情報がなくてすみません)。調べてみたところ、前内閣官房長官の平野博文・衆議院議員が、「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、2010年6月29日(火)13:00-15:30)の放送内容に抗議してきた模様。

twitterの情報では

TBSラジオ キラキラ6月の放送内で官房機密費の話題がありその中で「平野官房長官が機密費3億円をネコババした」発言。→平野元官房長官が抗議→謝罪放送

とのこと。

ありきたりな言い方だけれど、抗議より説明だと思うのだけれど。

問題の部分はおそらくコチラ:

TBS RADIO 2010年06月29日(火) ジャーナリスト 上杉隆さん - 小島慶子 キラ☆キラ

てっきり音源は削除されていると思ったけれど、ちゃんと聴けた。でも「ネコババ」云々という発言は出て来ない。編集して再アップロードしたのかもしれない。上のページの音源では、16'00"あたりから、やや唐突に野球賭博の話に変わるので、当該の箇所はこの辺かもしれない。

たぶん、TalkMasterで録ってある音源がパソコンに入っているはずなので、内容を確認して明日か明後日あたりにこのブログに再度書こうと思う。

ちなみに、音源後半で、かつて上杉が会食後に渡されたお土産に50万円入りと思われる封筒が入っており、あわてて返却したことがあるという話が取り上げられている。誰から渡されたかは特定せず、「官房長官関係者」からとだけ言及。

それにしても、6月の放送について今頃抗議してくるっていうのもどうだろう。放っておけばよかったのにね。とんだ藪蛇。ご愁傷様。

※下記エントリーで、ポッドキャストで削除されている部分の書き起こしをしてみました。よろしければご覧下さい:

平野博文・前官房長官が「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ)に抗議した件に関する追記(当ブログ内)


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »