« 名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(6):RADIO-i | トップページ | ラジオな一曲(26):The Corrs, "Radio" (1999) »

The Rush Limbaugh Show(AFN、2010年9月30日(木)20:00-21:00)

○「The Rush Limbaugh Show」(AFN、2010年9月30日(木)20:00-21:00)

ここ何か月か、プールなんぞに通っております。

土日と、平日の夜の時間のあるときに寄る感じ。だらだら1kmぐらい泳いで、プールが閉まるころ帰る。

帰り道に携帯ラジオを聴くと、最近はだいたいナイター中継をやっている。野球は好きだけれど、ラジオのナイターをずっと聴く習慣はないし、われらがベイスターズはもはやAクラスに絡んでいないしで、トーク・ラジオをさがす。こういうとき、NHK第1は助かるなぁ。

今日は、AFNで 「The Rush Limbaugh Show」(AFN、月〜金20:00-21:00) をやっていた。アメリカの勝谷誠彦ですワ(逆か?)。最後のほうだけ何となく聴く。

今日も、バラック・オバマの政策は反クリスチャン的だ、などと鼻息も荒くまくし立てておりました。まぁ、いつもの調子。

最近、オバマはムスリムだと思っているアメリカ人が増えているのだとか。ラッシュ・リンボウは、そういう風潮を助長する一翼を担っているんだろうなぁ。

勇ましくて解りやすい話というのは、ある種の人たちの溜飲を下げるかもしれないけれど、こういう話を真に受けてエクスタシーに達する類の人は情報弱者のような気がする。

このあいだ(9月24日)の石原慎太郎・東京都知事の尖閣トーク聴いてほくほく顔の人とか、気をつけましょう。でも、「パンダもらって尖閣を渡すのか?」とかは笑ったよ。

まぁ、誰の言葉を信じるかはその人の自由っちゃ自由だけれど、判断の基準が気持ちいいかどうかっていうのも幼稚だよね。

世界は複雑でございます。複雑なものは複雑にしか説明できない。複雑さに耐える知的なスタミナを養うべきだと思う。耐えきれずに、複雑さから逃亡することを「キレる」っていうんだよ。

泳いだ後でダルいので、真面目に聴くのも馬鹿バカしくなってきたので、ダラダラ聴き流しつつ帰宅。ケレン味たっぷりのラッシュ・リンボウの喋りのグルーヴ感は、音だけ聴き流していると意外と心地よかったりして。

中国旅行のCMが流れていた。中国旅行とラッシュ・リンボウの組み合わせがヘンな感じだった。

Google

|

« 名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(6):RADIO-i | トップページ | ラジオな一曲(26):The Corrs, "Radio" (1999) »

AM」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Rush Limbaugh Show(AFN、2010年9月30日(木)20:00-21:00):

« 名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(6):RADIO-i | トップページ | ラジオな一曲(26):The Corrs, "Radio" (1999) »