« 『ラジオマニア2010』(三才ブックス)、10月16日発売。特集は radiko! | トップページ | 変死隊『走馬燈 so-ma-to』(2001年) »

「朝刊読み比べ」新聞各紙は小沢一郎辞めろコール、「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、2010年10月5日(火)6:30-8:30)

○「朝刊読み比べ」新聞各紙は小沢一郎辞めろコール、「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、2010年10月5日(火)6:30-8:30)

やきとりさんのブログ「謙遜と謙譲の音楽」を拝見していて思い出したことがあり、コメント。

少し前の話ながら、ラジオに関係のある話ということで、せっかくだから自分のブログにも書いてみる。

10月5日(火)各紙社説(小沢一郎強制起訴決定について

10月5日(火)の朝刊各紙の社説はこぞって、検察審査会議決を受けた小沢一郎衆議院議員強制起訴決定について取り上げていた。

asahi.com(朝日新聞社):社説 小沢氏起訴へ—自ら議員辞職の決断を
東京新聞:小沢氏強制起訴 法廷判断を求めた市民:社説・コラム(TOKYO Web)
社説:検審「起訴議決」 小沢氏は自ら身を引け - 毎日jp(毎日新聞)
検察審再議決 小沢氏「起訴」の結論は重い : 社説・コラム : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
「小沢政治」に決別の時だ  :日本経済新聞(第2社説)
【主張】小沢氏強制起訴へ 潔く議員辞職すべきだ - MSN産経ニュース

「森本毅郎・スタンバイ!」の各紙社説比較

これを受けて、「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月〜金6:30-8:30)の「朝刊読み比べ」のコーナーで各紙社説を比較。


「朝刊読み比べ」新聞各紙は小沢一郎辞めろコール、
「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、2010年10月5日(火))

 

結論としては、讀賣新聞東京新聞以外は「辞めろ」との論調。毅郎は、産經新聞毎日新聞朝日新聞を「短絡してる」「余計なお世話」などと腐しながらネットリ解説。

ちなみに、「朝刊比べ読み」で触れられていなかった日本経済新聞は、「最低でも離党するのが筋」とのこと。「辞めろ」派。

小沢にキビシい順に、産經朝日日経毎日讀賣東京という感じかなぁ。

さて、小沢一郎や検察審査会については意見が別れるところだけれど、強制起訴が決まったわけだから、裁判で決めればいいんじゃないの? 正当な内容かは判らないけれど、正当な手続きで決まったことだから、あとは粛々と。でも、もし小沢が無罪になった場合(その公算が高いようだけれど)、もちろん産經・毎日・朝日・日経は「無罪になったけど辞めろ」と言わなければ筋が通らない。ちゃんと言うかどうか、みんなで監視しようゼ!

5日遅れて毎日新聞も各紙社説を比較

5日後の10月10日(日)の毎日新聞社説が、5日の「スタンバイ!」と同じように5日の各紙社説を比較していた:

社説:論調観測 小沢氏「強制起訴」へ  - 毎日jp(毎日新聞)

5日前に「身を引け」と書いた毎日新聞は、「議員辞職を具体的に求めたのは、朝日と産経だ」と言い回しの違いを強調。しかし、5日の社説で「与党の実力者として影響力を保ち続けることは問題がある」ことを身を引くべき理由としているので、毎日も事実上、最低でも離党を求めている。

とはいえ、ここへ来て差異を強調し、「ウチは産經・朝日とは違うんです」「そこまでは言ってない」と言いたげなご様子の毎日新聞。いざと言うときの退路を確保しようとしているのだろうか?

※蛇足

この日(10月5日)の放送の別のコーナーで、例の郵便不正事件証拠品改竄に絡んで逮捕された3人のうちのひとり、大阪地検特捜部前副部長・佐賀元明容疑者(犯人隠避容疑)が取調べの可視化を要求しているという噴飯もののお笑い種も紹介されていた。

かくして可視化の必要性が確認されましたとさ。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

|

« 『ラジオマニア2010』(三才ブックス)、10月16日発売。特集は radiko! | トップページ | 変死隊『走馬燈 so-ma-to』(2001年) »

AM」カテゴリの記事

TBSラジオ」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

「無罪になったけど辞めろ」と言わなければ筋が通らない。<まったくその通りですね。政治的責任だの道義的責任だの、何だかよく分らないものを持ち出して小沢の政治活動を著しく損なったメディアが、政治的・道義的責任をどう果すのか、無罪判決が出てから見物です。

しかしながら裁判は2年も3年も続くそうなので、実質小沢の政治生命は葬られたも同然。暗黒メディアは祝杯をあげているでしょうな。かように日本人は相当馬鹿だから、もう一度焼け野原から始めないと分んないですね。やれやれ。

投稿: やきとり | 2010年10月11日 (月) 10時33分

検察審査会の議決内容では、検察は、こんなにも、疑惑が有ると言っているのに、起訴しないのは、不当だと言う内容です。
しかし、私にはこの嫌疑は、犯罪行為がない嫌疑を、作文により、犯罪として作り上げている様に見えます。

犯罪事実の内容では、小沢氏の自己資金を、帳簿に載せない様にした、完璧な帳簿ですから、金銭の変更額がキッチリ載っています。
つまり、金銭、金額の不正は無い事を犯罪事実が証明しています。

普通は、罪にしない罪を、さも正しい、これが正義だと言っているように思えます。
マスコミに携わっている諸氏は、一度、検察審査会の議決内容を隅々まで読み、考えて貰いたいと思う。

これが、一般人では、確実に起訴され、有罪になっています。
私は、検察審査会の議決内容を読み、この国のマスコミに、正義があるのかと、恐怖を覚えています。

投稿: 長岡 | 2010年10月14日 (木) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「朝刊読み比べ」新聞各紙は小沢一郎辞めろコール、「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、2010年10月5日(火)6:30-8:30):

« 『ラジオマニア2010』(三才ブックス)、10月16日発売。特集は radiko! | トップページ | 変死隊『走馬燈 so-ma-to』(2001年) »