« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

野沢那智、死去(2010年10月30日)。

○野沢那智、死去(2010年10月30日)。

野沢那智、死去。ビックリした。

享年72歳。

私としては、アラン・ドロン(Alain Delon)やブルース・ウィリス(Bruce Willis)というよりも、TVドラマ『刑事ナッシュ・ブリッジス』Nash Bridges でドン・ジョンソン(Don Johnson)演じるナッシュ・ブリッジスの吹き替えが印象深い。チーチ・マリン(Cheech Marin)演じるジョー・ドミンゲス役の青野武とのやり取り、最高でございました。


『刑事ナッシュ・ブリッジス』
第95話 目撃者たち "LINE OF SIGHT"
 

ラジオで言えば、何と言っても「パックインミュージック」(TBSラジオ、1967年8月〜1982年7月)。白石冬美と「パックインミュージック」開始から終了までの15年間金曜日(木曜深夜)を担当した。

「パックインミュージック」はTBSラジオの開局50周年番組などで資料音源として聴いたことはあるけれど、リアル・タイムで聴くことができた人たちは幸せだなぁ。

※参考:

もう一度ザッツ・金パテイメント(ファンサイト)


「テレポート6」(TBSテレビ、1982年5月)
 

A・ドロン、B・ウィリスの声 野沢那智さん死去(スポーツ報知、2010年10月31日


肺がんのため死去した野沢那智さん。アラン・ドロンの吹き替えなどで知られた

映画「太陽がいっぱい」のアラン・ドロン、「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリスの吹き替えや、ラジオの深夜番組などで人気を博した、俳優 で演出家の野沢那智(のざわ・なち、本名・那智=やすとも)さんが30日午後3時36分、肺がんのため都内の病院で亡くなった。72歳だった。葬儀・告別 式は近親者で行う。後日お別れ会を開く予定。喪主は長男・聡(そう)氏。

 アラン・ドロンをはじめ、アル・パチーノ、ロバート・レッドフォード、ダスティン・ホフマン、ジェームズ・ディーンら二枚目、名優の声を吹き替えた野沢さんが逝った。

 関係者によれば、8月に病院で検査したところ、肺がんが発見され、そのまま入院した。家族らには「必ず戻ってくるよ」と誓ったが、かなわなかった。最期は長男で俳優の野沢聡(37)ら20数人にみとられたという。

 最後の仕事となったのは昨年11月、テレビ朝日系「日曜洋画劇場」で放送された米映画「16ブロック」での主演ブルース・ウィリスの声の吹き替え。以降は自らが代表を務める俳優養成学校「パフォーミング・アート・センター」に顔を出し、後進の育成に力を入れていた。

 作家の陸直次郎さんを父に持つ野沢さんは大学中退後、演劇を志し、劇団「七曜会」に入団。劇団「城」、プロダクション「俳協」を経て、1977年に劇団「薔薇座」を結成。演出家、俳優として活躍した。

 声優としては65年から放送のスパイドラマ「0011ナポレオン・ソロ」の軽妙な吹き替えで一躍人気に。その後、アラン・ドロンは当たり役となった。アニメでは「新・エースをねらえ!」の宗方コーチ、「ベルサイユのばら」のフェルゼン役などが有名。

 67年からのTBSラジオの深夜番組「パック・イン・ミュージック」では、白石冬美(69)とのコンビが長年、熱心な聴取者に支持され、その後も同コンビで文化放送の生ワイド「なっちゃこいう気りんりん」を10年間務めた。

 演出家としては「BENT」「踊れ!艦隊のレディたち」「アパートの鍵貸します」などミュージカルからストレート・プレーまで40本を演出し、戸田恵子(53)ら多数の俳優、声優などを育てた。

 ◆野沢 那智(のざわ・なち、本名・那智=やすとも)。1938年1月13日、東京都生まれ。国学院大学を中退し、劇団「七曜会」に入団。77年に劇団「薔薇座」を設立。洋画の吹き替えやアニメで活躍。アラン・ドロンを始め、アル・パチーノ、ロバート・レッド フォードらを担当。67年からTBSラジオの深夜番組「パック・イン・ミュージック」を15年間、その後、文化放送生ワイド「なっちゃこいう気りんりん」 を10年間務めた。88年にはミュージカル「スィート・チャリティ」で文化庁芸術祭賞。長男は俳優の野沢聡、姪はタレントの野沢直子。

Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『ラジオマニア2010』(三才ブックス、2010年)

○『ラジオマニア2010』(三才ブックス、2010年)

遅ればせながら、『ラジオマニア2010』(三才ブックス、2010年)のレヴュー。

まずは、目次、その後で気になった記事についてご紹介。

目次
※左の数字は掲載ページ

006 インターネットに同時配信 radiko でラジオは大きき変わる!

008 便利な録音ツールも紹介! radikoで変わるラジオとのつきあい方

009 radikoでチャレンジ! 遠距離受信?

018 イベント、ザテスタ、生中継…ラジオを"見に行く!"

019 電波はここからやってくる! 送信所・アンテナの未知なる魅力

第1章 今のラジオ界が見えてくる 放送の裏側教えます!

036 番組が成長していく様ををリポート! 人気朝ワイド スタート半年でどう変わった?

040 ラジオファンならぜひ入手したい!! 各局自慢のタイムテーブル!

044 ラジオの最前線 "有料ネット配信" について考える

048 PCで全国の放送を楽しもう! 地上派ラジオ番組関連のポッドキャストリスト

052 目指せ!首都圏全局制覇!? 地域に根ざした "街のラジオ局" コミュニティFM訪問記

056 JRN、NRNってなに? 複雑怪奇なラジオの "ネットワーク" を理解しよう!

062 テーマは「新番組」! ラジオ業界用語集

充実のカラー特集

radikoで聴ける!局アナ番組がおもしろい!

068 TBSラジオ 外山惠理×竹内香苗×水野真由美

071 文化放送 野村邦丸×吉田涙子

074 日本放送 吉田尚記×五戸美樹

077 ABCラジオ 三代澤康司

080 MBSラジオ 上泉健一

083 ラジオ大阪 原田年晴、松本恵治

084 後世に伝えたい名機たち BCLラジオカタログ 厳選15機種

第2章 未知なる電波もキャッチできる!? 受信を極める!

100 富士山で沖縄局を狙え! 最強受信機材でAMラジオ遠距離受信実験!!

108 マンション受信に最適! 手軽に設置できる中波受信アンテナの威力

112 受信機・アンテナを工夫せよ 少しでも遠くのFM局を聴くテクニック

116 Radio Server Pocket vs Xacti 話題のラジオレコーダー徹底比較!

124 地図の専門家が教える AMラジオ受信に役立つ3つのポイント

第3章 電波の世界にのめり込め!! やっぱりラジオが好き!

132 時代に逆行!? AMステレオアダプターを作ろう!

138 デジモノ好きは注目! iPadは新しい携帯ラジオになるか!?

142 読者投稿コーナー FROM LISTERNERS

147 特別付録「RADIO-MANIA handbook」120%活用術

150 ぜひ見てみたい! 名作映画の中のラジオたち

第4章 25年前の1985年にタイムスリップ ラジオ番組表アーカイブ

特別付録 ラジオの隣に! RADIO-MANIA handbook2010-2011

 

気になった記事

radikoでチャレンジ! 遠距離受信?

ここでいうradikoの「遠距離受信」とは、エリア外聴取のこと。

このブログでも紹介したような内容がほとんどで、まったく未知の情報と言うのはなかったけれど、スマートフォン・Android携帯用の某アプリでは受信地に関係なくradikoの東西13局が全て聴けるらしい。これはなかなかの福音。詳しくは誌上でご確認を。

 

目指せ!首都圏全局制覇!? 地域に根ざした "街のラジオ局" コミュニティFM訪問記

1日で何局廻れるかというのもおもしろいのだけれど、1局1局どんなところかじっくり見てみたいので、ちょっと惜しい。

 

radikoで聴ける!局アナ番組がおもしろい!

「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、月〜金22:00-24:50)の女性アナウンサー3人も登場しているけれど、文化放送の野村邦丸アナ×吉田涙子アナという組み合わせが絶妙。内容的には取り立てて珍しいことを話しているわけではないのだけれど、文章で読むのはなく音声で聴きたい雰囲気。このふたりがユルくフリー・トークする番組があったら聴いてみたい。

吉田尚記アナ、もうちょっと若いと思っていた。それにしても、上柳昌彦アナ、荘口彰久アナ(現在フリー)など、ニッポン放送には若者向けの番組を担当できるスター・アナウンサーがいつの時代にもいるのはスゴい。

 

時代に逆行!? AMステレオアダプターを作ろう!

手持ちのラジオでAMステレオ放送を聴くためのアダプターを自作する記事。この記事がいちばんグッときた。

パーツ・リスト、回路図が掲載されていて、基盤の写真を実体配線図として使って見た通りに作れば素人でも再現できるはず。

ただ、AMステレオ関連のICは「そのほとんどが廃番となり、現在では入手不可能。わずかに入手可能なものでも、流通在庫のみ」(p.133)なのだとか。AMステレオの将来が見えてしまった感じ。

2010年10月現在、AMステレオ放送を続けているのは、

  • TBSラジオ
  • 文化放送
  • ニッポン放送
  • CBCラジオ
  • 東海ラジオ
  • ラジオ大阪
  • 和歌山放送
  • 山陽放送
  • RCCラジオ

NHKがAMステレオ放送をやっていないというのは、いかがなものか?

ちなみに、すでに7局がAMステレオ放送を終了している。

現在入手できるAMステレオ受信機は少なく、まだ生産終了していないのは以下の2機種のみ:

コレら以外は、流通在庫が中古となる。 DENON TU-1500(据置型チューナー)あたりが中古で手に入りやすいと思う。私はこれを持っております。

※参考:

AMステレオ放送(ラジオ情報〜ラジオのラ〜)
※2010年5月4日現在の情報だが、AMステレオについてとても読みやすくまとめられている。

AMステレオ対応受信機の歴史 - Wikipedia

ふつうのラジオ好きな人が買うなら SONY SRF-A300 が現実的かもしれないけれど、チューナーがアナログなので、実際に使ってみると、ステレオ感を得るためにはピッタリ選局する必要があり、コツをつかむまでは多少時間がかかる。これも持っているけれど、それほど使っていない。正直言って、「AMラジオをステレオで聴きたい!」と思うことがないので。

 

特別付録 ラジオの隣に! RADIO-MANIA handbook2010-2011

放送局別データ、コミュニティーFM局リスト、周波数リストなどがポケット・サイズの小冊子にまとめられている。今までは『ラジオ番組表』の東京のコミュニティーFM局リストをコピーして手帖に挟んでいたのだけれど、こんどからはこれをカバンに入れておけばいい。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ラジオな一曲(28):坂上二郎「学校の先生」(1974年)

○ラジオな一曲(28):坂上二郎「学校の先生」(1974年)


坂上二郎「学校の先生」(1974年) 
 

先日「走れ!歌謡曲」(文化放送、2010年10月22日(金)3:00-5:00)で、坂上二郎「学校の先生」(1974年)がかかった。スペシャルウィーク企画で、1週間を通じて100曲リクエストをやっていました。そのなかの1曲。

寝ながら聴いていたのですが、耳が釘付けに。聴き終わった後の気持ちをどこへもって行ったらいいのかわからず、結局、そのまま朝まで起きていました。

CD化はされていないようですが、中古のアナログ盤は市場にけっこう出回っているようです。

ちなみに坂上二郎でラジオと言えば、「坂上二郎の歌謡曲 飛びます!飛びます!」(南海放送)という番組を担当していたことがあるとか。東京では、文化放送で2004年10月〜3月の土20:30-21:00の放送。何度か偶然耳にしたことがあるような気もする。たしかパチンコ・メーカーがスポンサーだったかなぁ?

* * *

坂上二郎「学校の先生」(1974年)

(せりふ)
みなさん、このたびこのクラスをうけもつことに
なりました坂上です。仲良くやりましょう……。

小さな町の 中学校に
はじめて来たのは 春のこと
あれからいくたび 校庭に
桜の花は 咲いたろう
教えた子供は 数え切れない

(せりふ)
安江は、生徒会費もなかなかはらえない
貧しい家の子供でした。
秋の遠足の時でしたが、私は安江のために
お菓子を少し買っていったことがあります。
彼女はお菓子の袋を持って目にいっぱい涙を
ためておりました。いまも忘れておりません。
しかし今は元気に工場につとめ
夜は定時制高校に通っている安江
「生きていることは楽しい」とこの間来た
彼女の手紙に書いてありました。

生まれたときは 誰でも同じ
裸で産声 あげるのに
子供の時から それぞれに
違った道を 歩きだす
私の力じゃ どうにもできない

(せりふ)
孝夫は非行少年でした。
悪い仲間と付き合って 学校にも
なかなか出て来ませんでした。
私も 何度か説教をしましたが
聞くような子じゃありません。
ところがある日 彼が何人かの少年にかこまれて
喧嘩しているところに出会いました。
私は孝夫をかばいましたが、
映画のようにかっこよくはいきません。
たちまち少年たちに、
なぐられたりけられたりして、
私はのびてしまいました。
「先生、あんまりかっこつけるんじゃねえよ」
孝夫はそう云って私に肩をかしながら
家まで送ってくれました。
それからです。孝夫と仲良くなったのは。
今でも時々家に遊びに来ます。
運送会社につとめているそうです。

小さな町の 中学校に
いつしか月日は 流れゆく
今年も近づく 卒業が
蛍の光に 送られて
巣立ってゆくだろう 教え子たちが

(せりふ)
洋子(ひろこ)という子は大変頭の良い子でしたが
早く死にました。
結婚をして別れた子もいます。
酒場づとめをしている子もいます。
大学受験を三回も失敗した子もいます。
どうも幸せな子より不幸(ふしあわせ)な子の方が、
よくおぼえているようです。
考えてみると、人間ていう奴は、
誰だって多かれ少なかれ
不幸(ふしあわせ)を背負って生きているようです。
より良い明日を願って
一生懸命生きているもののようです。
みんな負けるなよ、みんな負けるなよ……と、
私は
そっと呟くだけです。


 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラジオの気になる言葉:「簡単にプロフィールを……」

○ラジオの気になる言葉:「簡単にプロフィールを……」

最近、『週刊文春』で小林信彦御大が、気になる日本語表現をよく話題にしていた。

私も、ラジオを聴いていて気になる表現がある。

番組にゲストが来たときに、パーソナリティーが「簡単にプロフィールを紹介させて頂きます」と言うことがある。一聴すると何の変哲もないが、これが、ナンダカ気になってしょうがない。

当の本人を前にして「簡単にプロフィールを紹介させて頂きます」って、チョッと失礼じゃないかなぁ? 「お前のことサクッと紹介すっからサァ」みたいで。

時間が限られているので紹介が「簡単に」ならざるを得ないのは動かしようがない。とはいえ、「本来は詳しくご紹介すべきところを一部割愛せざるをえなくて申し訳ないのですが」というニュアンスの含まれた表現にすべきだと思うのだけれど、「簡単にプロフィールを紹介させて頂きます」には、そのニュアンスがない。

せめて「簡単ではありますが」ぐらいの表現は使うべき。あるいは、いっそ「簡単」に関しては言及しないで「プロフィールを紹介させて頂きます」だけのほうがよいと思う。

細かいことでスミマセンねぇ。でも、気になる。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュース探求ラジオ Dig(TBSラジオ、2010年10月12日(火)22:00-24:50)

○「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、2010年10月12日(火)22:00-24:50)

「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、月〜金22:00-24:50)の5曜日のなかでいちばん地味だなと思っていた火曜日。

しかし、2010年10月12日(火)の「その日の主なニュース」のコーナーで、神保哲生が、小沢一郎強制起訴決定と尖閣諸島中国漁船衝突事件の船長釈放についてコメントしたのだけれど、これがとても良かった。

10月12日(火)「その日の主なニュース」Dig | TBS RADIO 954kHz)

神保によれば、一見すると別問題に見えるこの2件は、刑事訴訟法第248条問題という点で同根なのだとか。

ちなみに、刑事訴訟法第248条とは、検察官の裁量において、刑事事件を起訴することも起訴しないこともできるという、いわゆる「起訴便宜主義」に関する条文。

第2章 公訴

第248条 犯人の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としないときは、公訴を提起しないことができる。

検察が起訴便宜主義に基づいて勝てる案件のみを起訴するので、裁判での有罪率がほぼ100%となる。よって、推定無罪の原則にもかかわらず、社会的には「起訴=有罪」の扱い。

公務員の起訴休職や、起訴された国会議員が辞任や離党を迫られるという現状は、この起訴便宜主義からくるらしい。

ちなみに、ドイツでは刑事事件はすべて起訴されるとか。

放送内で紹介されていた、石破茂・自民党政調会長による仙谷由人・内閣官房長官への248条問題に関するツッコミはナイス。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻衣的亜州電波〜Mai's Asian Wave〜(TBSラジオ、2010年10月17日(日)20:00-20:00)

○「麻衣的亜州電波〜Mai's Asian Wave〜」(TBSラジオ、2010年10月17日(日)22:00-22:30)

少し前の夜、駅から家に戻りつつ聴取。

以下、自分用の備忘録。

はじめて韓国の地上波テレビの生放送で歌った日本人歌手はSKE48。

歌った曲は「強き者よ」「青空片想い」

日本語の歌の地上波放送は2004年1月以降認められているが、生放送ではこれがはじめて。


SKE48「強き者よ」(2010年)
 


SKE48「青空片思い」(2010年)
 

以上,備忘録パート終了。

ところで、最近TBSラジオで韓流アイドル・少女時代の曲がよくかかっているけれど、あんまりピンと来ないなぁ。ホントに流行ってんの?

「マジ高ネットラジオ」第180回(ネットラジオ、2010年10月22日配信)でマジ高さんが、AKB48と韓流アイドルを比較しつつ、「韓流アイドルは歌もダンスも上手く、格好よくてセクシーで、アイドルという感じがしない」という趣旨のことをおっしゃっていた。同感。

マジ高ネットラジオ : 広島のAKB、MMJ誕生?〜マジ高ネットラジオ第180回放送

さて、「麻衣的亜州電波〜Mai's Asian Wave〜」パーソナリティーの佐藤麻衣は台湾を中心に活躍しているタレントさんだそうです。

ここだけの話だけれど、番組名の「電波(diàn bō)」の部分が「チンポ」に聴こえてしまうのですが……。

ついでに言うと、少し前までTBSラジオで放送していた「MIXUP」(TBSラジオ、2007年4月7日〜2010年4月3日、土26:00-28:00(終了時))という音楽番組のイヴェント「MIXUP+〜TUWEEN the RADIO〜」のCMも、私には「手淫・ザ・レディオ」と聴こえておりました。

私は耳が悪いようです……あるいは、頭が中2。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオな一曲(27):Vangelis featuring Don Percival, "One More Kiss, Dear" (1982)

○ラジオな一曲(27):Vangelis featuring Don Percival, "One More Kiss, Dear" (1982)

 


 Vangelis featuring Don Percival,
"One More Kiss, Dear" (1982)

 

この曲は、「竹中直人~月夜の蟹〜」(TBSラジオ、月21:30-22:00)の現在のエンディング・テーマ。

もともとは、リドリー・スコット(Ridley Scott)監督の映画『ブレードランナー』Blade Runner(1982年)の劇中歌。

竹中直人の番組では、この曲の前は、マーティン・スコセッシ(Martin Scorsese)[監督]『タクシードライバー』Taxi Driver(1976年)テーマ曲が使われていた。

劇場公開の1982年に、ザ・ニュー・アメリカン・オーケストラ(The New American Orchestra)版の音源がリリースされた。オリジナル・サウンド・トラックのリリースは12年後の1994年。2007年に改めて3枚組の25周年記念盤が発売された。

いい曲ね。

* * *

Vangelis featuring Don Percival, "One More Kiss, Dear" (1994)

One more kiss, dear
One more sigh
Only this, dear
It’s goodbye
For our love is such pain
And such pleasure
But I’ll treasure till I die
So for now, dear
Au revoir, madame

But I vow dear, not farewell
For in time we may have a love’s glory
Our love story to tell

Just as every autumn
Leaves fall from the tree
Tumble to the ground and die
So in the springtime
Like sweet memories
They will return as will I

Like the sun, dear
Upon high
We’ll return, dear
To the sky
And we’ll banish the pain and the sorrow
Until tomorrow, goodbye

One more kiss, dear
One more sigh
Only this, dear
Is goodbye
For our love is such passion
And such pleasure
I’ll treasure until I die

Like the sun, dear
Upon high
We'll return, dear
To the sky
And we’ll banish the pain and the sorrow
Until tomorrow, goodbye

* * *

 「ふたつで十分ですよ。」
 
Google

| | コメント (1) | トラックバック (1)

一場麻美TBS954情報キャスター、2010年9月30日を以って退職。

○一場麻美TBS954情報キャスター、2010年9月30日を以って退職。

一場麻美TBS954情報キャスターが、2010年9月30日を以って退職。残念だなぁ。

退職についてはすでに知っていたけれど、「クラブ954スペシャル」(TBSラジオ、2010年10月18日(月)25:00−28:00)の第2部はどうなるのかと思っていたら,今回は村山亜希子キャスターが担当とのこと。第1部は白井京子キャスター。

TBS954情報キャスター(公式サイト)

収録なう|白井京子オフィシャルブログ「前向きでいこ~♪」

一場ちゃんの水着 - 爆笑問題の日曜サンデー
※「グリコ2段熟カレー販売対決」で負けたときに、本当に水着になられたようです。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

AKB48のオールナイトニッポン(ニッポン放送、2010年10月15日(金)25:00-27:00)で秋元才加が謝罪。

○「AKB48のオールナイトニッポン」(ニッポン放送、2010年10月15日(金)25:00-27:00)で秋元才加が謝罪。

「マジ高ネットラジオ」第179回放送(ネットラジオ、2010年10月15日配信)でも話題になっていたAKB48の秋元才加が、広井王子とのお泊りデートの件で、「AKB48のオールナイトニッポン」(ニッポン放送、2010年10月15日(金)25:00-27:00)の冒頭で涙ながらに謝罪したのだとか。

実はふたりともよく知らなかったのでですが……話題になっているので、ラジオな事件としてメモがわりにここに書いておくことに。

この話題、第一報は『週刊文春』2010年10月21日号のスクープだったそうだけれど、完全にスルーしていた。

「アダチ区民放送局」(足立区民放送、2010月10月16日(土)23:00-23:58)で、「あの番組冒頭での謝罪は変だ」「番組と関係ない」という趣旨の感想を聴き、初めて謝罪の件について知った。


「AKB48のオールナイトニッポン」
(ニッポン放送、2010年10月15日(金)25:00-27:00)

 

出演者3人とも泣いていました。

性春ですね。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (1)

タイムマシン部 第62回「さかいまみ師匠降臨!!」(ネットラジオ、2010年7月7日)

「タイムマシン部」第62回「さかいまみ師匠降臨!!」(ネットラジオ、2010年7月7日)

少し前の「タイムマシン部」に、桃エ☆ロ乙女チック歌人・さかいまみ師匠がゲスト出演していた。いつもとちょっと雰囲気がちがっておもしろかった。ライトな下ネタはラジオの王道だなぁ:

タイムマシン部: 第62回「さかいまみ師匠降臨!!」

さかいまみの「桃エロ乙女チック短歌」

さかい師匠のブログによると「桃エロ乙女チック短歌」とは、

事実、妄想、過去、未来を織り交ぜながら
ちょっぴりHな「恋するキモチ。」と凛として切ない「乙女なキモチ。」を
短歌に詠み続けています。

キュンとなっちゃう、泣けてきちゃう、ドキドキしちゃう、
ジュンとする・・・そんな
さかいまみの短歌の世界をお楽しみください(^_^) 

とのこと。

たしか、Ustreamの番組で共演したことをきっかけに「タイムマシン部」にエロ短歌のコーナーができて、この回にゲスト出演、という感じだったと思う。

最近の「タイムマシン部」によると、さかい師匠が「アルファポリス」というサイトの「第3回アート大賞」に参加なさっているとか。「大賞」「読者賞」に選ばれると出版のチャンスもあるらしいです。

上のリンクの「タイムマシン部」を聴いて愉しめた人や、さかい師匠のブログを読んでおもしろいと思った人はぜひ投票しましょう。10月31日まで、ひとり1回投票できます。ただし、投票には「アルファポリス」に「市民登録」する必要があります。

アルファポリス:第3回アート大賞

※師匠に投票だ! 詳しくは、さかい師匠のブログで。

ちなみに、さかい師匠は、現在、2位にダブルスコアの差をつけで1位を独走中。

※蛇足

投票をきっかけに私も市民登録したので、ついでにランキングに参加してみました。私のはふつうのランキングです。市民登録の必要はありません。本当はあんまりランキングとかはすきではないのですが……。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010夏のタイムテーブルまつり(1):ラジオ局のタイムテーブルを集めてみた。

○2010夏のタイムテーブルまつり(1):ラジオ局のタイムテーブルを集めてみた。

東京近郊のラジオ局のタイムテーブルを集めてみた……のは今年の8月。

ご存じないかたのために言っておくと、ラジオ局は、その月のタイムテーブルや記事をを掲載したフリー・ペーパーを発行しており、CDショップや地下鉄の駅などで配布している。

これらを比較してみようという企画。

やろうと思ったものの、スッカリ忘れていたので、今ごろになって始めております。もう10月号が出ているこの時期に。せっかく集めたので、もったいないのです。


※東京周辺各局の2010年8月のタイムテーブル
 

写真上段がAM局で、左から TBSラジオニッポン放送文化放送。上段がFM局で、左から InterFMNACK5TOKYO FMJ-WAVEFMヨコハマ

ラジオ日本は配布場所が分からなかったので断念。都内で入手できる場所をご存知のかたはご教示ください。また、去年手に入った bay fm は今年は手に入らなかった。去年は池袋のHMVで手に入れたような。

タイムテーブル配布場所リンク集:
TBSラジオ
文化放送
ニッポン放送

InterFM
bay fm
Nack5
TOKYO FM
J-WAVE
FMヨコハマ

これらを実は去年も同じことをやろうとしたが、時間がなくて頓挫した:

2009夏のタイムテーブルまつり(1):ラジオ局のタイムテーブルを集めてみた。
※去年は(1)だけで終ってしまいました。およよ。


※東京周辺各局の2009年8月のタイムテーブル
 

もう10月だけれど、せっかく集めたので8月のタイムテーブルを、次回以降ひとつづつ見てゆく予定。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変死隊『走馬燈 so-ma-to』(2001年)

○変死隊『走馬燈 so-ma-to』(2001年)

2000〜2001年にかけて「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、月25:00-27:00)内で制作され、2001年にリリースされたCD。

リスナーからメンバーを募り、ユニット「変死隊」を結成して収録。

2010年10月11日(月)の放送で鳩の話題になり、それにちなんでこのCDが話題に上り、収録曲「音の世界(1)「アフロVS平和の象徴」」がオン・エアーされた。

なつかしくなって引っ張り出してみた。


 

 

 

「so-ma-to」と「UP'S音頭」は番組内のコーナーで詞を募っていた。「so-ma-to」はサイコロとパソコン・ソフトで作・編曲を行い、CDのクレジット上は、「作詞/民衆、作曲/神」となっている。「UP'S音頭」の作曲は「柳沢」(元ADの柳沢まこと)。なつかしいね。

収録曲:

so-ma-to(ロングロングバージョン)
作詞:民衆、作曲:神、歌:変死隊
so-ma-to(おもしろfaceMIX)
作詞:民衆、作曲:神、歌:変死隊
so-ma-to(オリジナルカラオケ)
作曲:神

やさぐれサンタのテーマ
作詞・作曲:ジョージ冬山、歌:やさぐれサンタとクール2

人糞力人糞製作所
作詞:伊集院光、叫び:もらす詩人の会

音の世界(1)「アフロVS平和の象徴」
出演:渡辺・鳩、ロケ地:浅草

音の世界(2)「さよなら流行」
投手:渡辺、打者:伊集院光、ロケ地:TBS球場

UP'S音頭
作詞:UP'S音頭保存会、作曲:柳沢、歌:xxx

so-ma-to
作詞:民衆、作曲:神、歌:変死隊

こうやって収録曲リストを見ると、タモリのレコードみたいな雰囲気もあるね。

私は「人糞力人糞製作所」が好きです。

「UP'S音頭」、なつかしい。このCDをつくり始めたときは、月〜金25:00-27:00は「UP'S〜Ultra Performer'S radio〜」という番組枠だった。

『ラジオでGO!』の作者・なぐも。も、第2巻のあとがきでこのCDを買った話なんかを描いていた。

「深夜の馬鹿力」が終ったら、このCDを聴きながら寝ます。


「UP'S音頭」
 

ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「朝刊読み比べ」新聞各紙は小沢一郎辞めろコール、「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、2010年10月5日(火)6:30-8:30)

○「朝刊読み比べ」新聞各紙は小沢一郎辞めろコール、「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、2010年10月5日(火)6:30-8:30)

やきとりさんのブログ「謙遜と謙譲の音楽」を拝見していて思い出したことがあり、コメント。

少し前の話ながら、ラジオに関係のある話ということで、せっかくだから自分のブログにも書いてみる。

10月5日(火)各紙社説(小沢一郎強制起訴決定について

10月5日(火)の朝刊各紙の社説はこぞって、検察審査会議決を受けた小沢一郎衆議院議員強制起訴決定について取り上げていた。

asahi.com(朝日新聞社):社説 小沢氏起訴へ—自ら議員辞職の決断を
東京新聞:小沢氏強制起訴 法廷判断を求めた市民:社説・コラム(TOKYO Web)
社説:検審「起訴議決」 小沢氏は自ら身を引け - 毎日jp(毎日新聞)
検察審再議決 小沢氏「起訴」の結論は重い : 社説・コラム : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
「小沢政治」に決別の時だ  :日本経済新聞(第2社説)
【主張】小沢氏強制起訴へ 潔く議員辞職すべきだ - MSN産経ニュース

「森本毅郎・スタンバイ!」の各紙社説比較

これを受けて、「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月〜金6:30-8:30)の「朝刊読み比べ」のコーナーで各紙社説を比較。


「朝刊読み比べ」新聞各紙は小沢一郎辞めろコール、
「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、2010年10月5日(火))

 

結論としては、讀賣新聞東京新聞以外は「辞めろ」との論調。毅郎は、産經新聞毎日新聞朝日新聞を「短絡してる」「余計なお世話」などと腐しながらネットリ解説。

ちなみに、「朝刊比べ読み」で触れられていなかった日本経済新聞は、「最低でも離党するのが筋」とのこと。「辞めろ」派。

小沢にキビシい順に、産經朝日日経毎日讀賣東京という感じかなぁ。

さて、小沢一郎や検察審査会については意見が別れるところだけれど、強制起訴が決まったわけだから、裁判で決めればいいんじゃないの? 正当な内容かは判らないけれど、正当な手続きで決まったことだから、あとは粛々と。でも、もし小沢が無罪になった場合(その公算が高いようだけれど)、もちろん産經・毎日・朝日・日経は「無罪になったけど辞めろ」と言わなければ筋が通らない。ちゃんと言うかどうか、みんなで監視しようゼ!

5日遅れて毎日新聞も各紙社説を比較

5日後の10月10日(日)の毎日新聞社説が、5日の「スタンバイ!」と同じように5日の各紙社説を比較していた:

社説:論調観測 小沢氏「強制起訴」へ  - 毎日jp(毎日新聞)

5日前に「身を引け」と書いた毎日新聞は、「議員辞職を具体的に求めたのは、朝日と産経だ」と言い回しの違いを強調。しかし、5日の社説で「与党の実力者として影響力を保ち続けることは問題がある」ことを身を引くべき理由としているので、毎日も事実上、最低でも離党を求めている。

とはいえ、ここへ来て差異を強調し、「ウチは産經・朝日とは違うんです」「そこまでは言ってない」と言いたげなご様子の毎日新聞。いざと言うときの退路を確保しようとしているのだろうか?

※蛇足

この日(10月5日)の放送の別のコーナーで、例の郵便不正事件証拠品改竄に絡んで逮捕された3人のうちのひとり、大阪地検特捜部前副部長・佐賀元明容疑者(犯人隠避容疑)が取調べの可視化を要求しているという噴飯もののお笑い種も紹介されていた。

かくして可視化の必要性が確認されましたとさ。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『ラジオマニア2010』(三才ブックス)、10月16日発売。特集は radiko!

○『ラジオマニア2010』(三才ブックス)、10月16日発売。特集は radiko!

『ラジオマニア2010』(三才ブックス)が、10月16日に発売される。特集は radiko!

表紙には「奥の手!エリア外受信!!」「おすすめ録音ツール」とあるけれど、どのような内容になっているのか愉しみ。


 

このエントリー執筆時には、三才ブックスのウェブサイトにも『ラジオマニア2010』の内容に関する記載がなかったので、amazon.co.jp の商品説明を引用:

巻頭カラー
・全国の送信所を訪問するマニア紹介
・ラジオを見に行く!…リスナーが誰でも行けるイベントや公開放送などを取材
(ライムスター宇多丸、AKB48梅田彩佳、小島慶子らのイベント)

特集「radikoを徹底活用」
新たなラジオツール「radiko」を徹底的に使いこなすテクニック、ツール、裏ワザを紹介

放送局・番組の裏側!
・春開始の番組どうなった?
・放送の有料化について
・オススメポッドキャスト集など

カラー企画「Radikoでも聴ける! 局アナ番組がおもしろい!」
・東京キー局アナウンサー対談(TBS DIG女子アナ対談、QR野村邦丸×吉田涙子など)
・大阪の名物アナのおもしろ番組とは?(ABC三代澤康司、MBS上泉雄一など)

カラー企画「後世に伝えたいBCLラジオ15選」

受信実験!「遠距離受信テクニック」
・富士山で全局受信に挑戦
・地理の専門家が教える受信テクニックなど

いま使える受信機、アンテナを一挙レビューほか

昔のラジオ番組を振り返る「ラジオ番組表アーカイブ」

radiko 特集以外には、「TBS DIG女子アナ対談」が気になるところ。

※追記

三才ブックスに『ラジオマニア2010』のページができていた。目次を引用:

ラジオマニア2010(三才ブックス)

●巻頭カラー
・特集「radikoでラジオは大きく変わる!」
・ラジオを“見に行く!”
・送信所・アンテナの未知なる魅力

●第1章 放送の裏側教えます!
・人気朝ワイド スタート半年でどう変わった?
・各局自慢のタイムテーブル拝見!
・“有料ネット配信”について考える
・地上波ラジオ番組関連のポッドキャストリスト
・地域に根ざした“街のラジオ局”コミュニティFM訪問記
・複雑怪奇なラジオの“ネットワーク”を理解しよう!
・ラジオ業界用語集

●カラー企画
・radikoで聴ける!局アナ番組
 外山恵理×竹内香苗×水野真裕美(TBS)
 野村邦丸×吉田涙子(QR)
 三代澤康司(ABC)ほか
・後世に伝えたい名機たち「BCLラジオカタログ 厳選15機種」

●第2章 受信を極める!
・最強受信機材でAMラジオ遠距離受信実験!!
・手軽に設置できる中波受信用アンテナの威力
・少しでも遠くのFM局を聴くテクニック
・話題のラジオレコーダー徹底比較!
・話題の新製品速報
・地図の専門家が教えるAMラジオ受信に役立つ3つのポイント

●第3章 やっぱりラジオが好き!
・AMステレオアダプターを作ろう!
・iPadは新しい携帯ラジオになるか!?
・読者投稿コーナー
・付録「RADIO-MANIA handbook」120%活用術
・名作映画の中のラジオたち

●第4章 ラジオ番組表アーカイブ
 25年前の1985年にタイムスリップ

●別冊付録「RADIO-MANIA handbook2010-2011」

※追記2

発売後に書いたレヴューはこちら:

『ラジオマニア2010』(三才ブックス、2010年)(当ブログ内)


 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日垣隆が「TBSラジオ解体」って言ってるけどホントかよ?

○日垣隆が「TBSラジオ解体」って言ってるけどホントかよ?

例の「TBSラジオ制作費不正流用疑惑」について日垣隆が Twitter 上で発言していたもののなかに、こんなのが紛れていた:

「本社は、ラジオを潰す方針2年半前から。」(5:11 AM Sep 28th)

「TBS本社取締役会ではラジオ解体が議題に。」(2:12 PM Sep 26th

ホントかよ?

解体なんて、TBSラジオ・ファンとして断じて許さん!(笑)

でもまぁ、とりあえず話半分でお伺いしておきましょう。

というのも、例の「不正流用疑惑」騒ぎも、ラジオ局の経営やスポンサー料の取り扱いについて日垣の知識が乏しかったという話に落ち着きそうな情勢で、メディアによる後追い報道もほぼ見当たらない。まぁ、スポンサーの付いていない番組もあるし、ラジオ局には制作以外にもいろんな部署でたくさんの人が働いているしね。

「不正流用」と言わずに、「自分の番組への制作費の割当が少ないのが不満だ」で止めておけば、共感できる話なのに。

一連の盛り上がりも、何でもいいからTBSの文句を言ってやろうと待ち構えている人たちが日垣に群がって鵜呑みにして、話が大きくなったという感じなのかなぁ。


 

でも、日垣本人は自信があるみたいなので、私は引き続き事の推移を静観。客観的な情報がないので、まだ態度保留にしておこう。「適正」なスポンサー料の配分が明らかでない以上、何が「不正」か判断できない。とはいえ私は、ややTBSラジオ寄りになりつつはあるけれど。

私のような心配性の素人ラジオ・ファンのために、誰かこういうことに詳しい第三者がビシっと説明してくれないかなぁ。いつもネットで、内部事情にお詳しい業界通っぽい発言をなさっている方がたが大勢いらっしゃるのに。

「不正流用疑惑」については、TBSラジオが「近々正式なコメントを発表する予定だ」と言っているそうなので、とりあえず、それ待ち。

話を「TBSラジオ解体」に戻すと、われらがベイスターズの身売り話がなければ、そもそも全く相手にしない話なんだけれど。こんなご時世だから、チョっと捨て置けないんだよねぇ。

一応言っておくと、「Science Xitalk(サイエンス・サイトーク)」(TBSラジオ)自体はおもしろい番組だったと思う。それだけに、残念。

日21:00-21:30の枠は現在調整中で、10月10日(日)は「日本シリーズ進出はどこか?~セ・パ クライマックスシリーズ~」を放送予定。

※当ブログ内の関連エントリー:

TBSラジオVS日垣隆氏 不正流用疑惑巡り激烈バトル(J−CASTニュース、2010年9月27日)


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

国防長官「北朝鮮にラジオを散布する」 北朝鮮に強硬対応(朝鮮日報日本語版、2010年10月6日)

○「国防長官「北朝鮮にラジオを散布する」 北朝鮮に強硬対応」(朝鮮日報日本語版、2010年10月6日)

産經新聞の記事(ソースは共同通信)でも報じられた、北朝鮮向けラジオ空中散布に関する別ソース。こっちがチョッと詳しい。

「心理戦放送をFMからAMに転換」してエリア拡大だって:

国防長官「北朝鮮にラジオを散布する」 北朝鮮に強硬対応(朝鮮日報日本語版、2010年10月6日)

 韓国側の強い要求にもかかわらず、北朝鮮が哨戒艦「天安」沈没事件を認めず、謝罪など目に見える措置を取らないことから、国防部は、北朝鮮に対する心理戦放送の可聴地域を拡大し、北朝鮮にラジオを散布する作戦を準備することとした。

 国防部の金泰栄(キム・テヨン)長官は5日、「北朝鮮に対する心理戦放送をFMからAMに転換する一方、北朝鮮内部でこれを聴取できるよう、ラジオを散布する作戦を準備している」と語った。金長官はこの日、国会国防委員会による国防部および合同参謀本部に対する国政監査で、「対北心理戦を、韓国国 民への約束通り行わなければならないのではないか」という鄭美京(チョン・ミ ギョン)議員(ハンナラ党)の質問に対し、このように答弁した。放送方式をFMからAMに変更すると、北朝鮮で韓国の放送を聴ける地域が広くなる。

 金長官は、「対北ビラ散布作戦と兼ねて、ラジオの散布作戦を準備している」と語った。

 また、統一部の玄仁沢(ヒョン・インテク)長官は、金剛山観光の再開と天安事件との関係について話した。玄長官はこの日、国会外交通商統一委員会による国政監査で、「北朝鮮が3大先決条件を満たせば、金剛山観光を再開するのか」という李会昌(イ・フェチャン)議員(自由先進党)の質問に対し、「金 剛山観光問題は、北朝鮮の凍結・没収措置やそれ以降の天安事件まで、すべてが包括的に関係している」と答弁した。

 3大先決条件とは、2008年7月に発生した韓国人観光客射殺事件を契機として、韓国政府が金剛山観光を中断した後、観光再開の条件として北朝鮮 に提示したもの。「北朝鮮が3大先決条件を満たしたとしても、(天安事件に伴う)5・24対北制裁措置は守らなければならない」という李議員の発言に対し、玄長官は「そうだ」と答え、北朝鮮が天安事件を認め謝罪しない限り、金剛山観光を再開しないことを明確にした。

ユ・ヨンウォン記者

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国、北朝鮮にラジオ散布を準備 宣伝放送用 大型風船で(MSN産経ニュース、2010年10月5日)

○「韓国、北朝鮮にラジオ散布を準備 宣伝放送用 大型風船で」(MSN産経ニュース、2010年10月5日)

こういう計画、本当にあるんですね。

そういえば以前、田中康夫が、「北朝鮮にラジオと『週刊プレイボーイ』を撒け」と「BATTLE TALK RADIO アクセス」(TBSラジオ、1998年10月5日〜2010年4月2日、月〜金22:00-23:55)内で言っていたなぁ。

韓国で『週刊プレイボーイ』にあたる雑誌ってどんなのだろう。

韓国、北朝鮮にラジオ散布を準備 宣伝放送用 大型風船で(MSN産経ニュース、2010年10月5日)

 韓国の金泰栄国防相は5日、国会国防委員会の答弁で、韓国の対北朝鮮向け宣伝放送が聴けるようラジオを大型風船に付け北朝鮮地域に飛ばし、散布する準備をしていると述べた。

 韓国国防省は海軍哨戒艦沈没を受けた措置として、大型風船に付けた宣伝ビラの大量散布や、南北非武装地帯近くに設置された大型拡声器による対北朝鮮宣伝放送を行うと発表したが、両方とも延期。今回も準備にとどまっている。

 金国防相は延期された措置について「北が新たな挑発行為を行い、(韓国政府として)圧迫を加える必要があるとの政治的な判断が出れば実施する」と強調した。

(共同)

「北朝鮮地域」という表現に主張を感じる?

そういえば、産經新聞は以前に、万景峰号の母港・ウォンサン(元山)市民の9割が日本製のラジオをもっていて、日本の放送も聴いているという話題も取り上げていた:

「市民の9割が『しおかぜ』聴いている」 北の情報統制に緩み?(産經新聞、2008年8月3日)(当ブログ内)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元TBSアナウンサー小島慶子 38歳初ビキニ&インタビュー「私が水着になった理由(わけ)」『週刊プレイボーイ』No.42 2010年10月18日号(集英社)

○「元TBSアナウンサー小島慶子 38歳初ビキニ&インタビュー「私が水着になった理由(わけ)」」『週刊プレイボーイ』No.42 2010年10月18日号(集英社)

このブログ、10月4日(月)の13-14時台にアクセスが尋常ならざる急増。「何が起きたんだ?」と思いアクセス解析してみたら、「小島慶子 グラビア」「小島慶子 水着」でのワード検索が多数。

……って、水着ぃ?

調べてみたら:

TBS RADIO 2010年10月04日(月) キラ☆キラ オープニング☆トーク - 小島慶子 キラ☆キラ

TBS RADIO 10月4日(月) 言わせて!誰も知らない私のグッジョブ! - 小島慶子 キラ☆キラ
※グラビアについて小島アナのコメントがあるよ。

元TBSアナ小島慶子「中年」水着姿披露(日刊スポーツ、2010年10月4日)

 元TBSアナウンサーの小島慶子(38)が4日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)で、初の水着姿を披露している。小島はTBSラジオ「小島慶子のキラ☆キラ」の高い聴取率で「TBSアワード09」を受賞するなど活躍していたが、入社15年目の6月末に「局アナの枠に縛られないラジオパーソナリティー」を目指して退社。その後、同誌からグラビア依頼を受けた。2児の母でもある小島は、同誌で「アラフォーっていう言葉はだめ。それはごまかしの言葉です。ちゃんと中年といいましょう。私は中年女性で(略)『中途半端な美人』。それでもプロに撮ってもらえたら、これくらいになるんだと同世代の女性に訴えたかった」と話している。


中吊り広告。右側に出ています。
けっこう大きくフィーチャー。

なななんと!小島慶子アナが『週刊プレイボーイ』で水着ですと!

日垣隆の話なんて吹っ飛んだワ。

階段を転げ落ちるように近くのセブン-イレブンへ。人のを見せてもらったりとかはあるものの、『週刊プレイボーイ』買ったの初めてかも……小学生のとき、神社の境内で拾ったことはあるよ。

「ひゃはは〜。『週プレ』ですか? 思い切ったことをしたんじゃないでしょうね?」——神足裕司は知ってたんだね:

TBS RADIO 2010年09月21日(火) キラ☆キラ オープニング☆トーク - 小島慶子 キラ☆キラ

小島慶子 週刊プレイボーイ 水着グラビア
ホ、ホントだ!
 
小島慶子 週刊プレイボーイ 水着グラビア
ふ、袋とじだ!
 
小島慶子 週刊プレイボーイ 水着グラビア
あ、足が長い!
 
小島慶子 週刊プレイボーイ 水着グラビア
あ、開けたゾ!
 

感想としては、見てたら目がチカチカしてきた。山本モナに似ている。

pp.45-47にインタヴュー記事もある。金曜「キラ☆キラ」のスタジオ写真付き。

「週プレnet Deluxe」でスペシャル写真集も有料配信だそうです:

小島慶子 スペシャル 写真集 | 週プレnet Deluxe
※サンプル写真と動画が見れるよ。

他にもAKB48の人とか、若い女子のグラビアもいっぱい載っているけれど、宮地真緒の顔がいちばんエロかった。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後藤麻衣の心配ないさぁ〜!!(TBSラジオ、2010年1月19日〜3月30日、火21:10-21:25;4月5日〜10月1日、月〜金24:50-25:00)

○「後藤麻衣の心配ないさぁ〜!!」(TBSラジオ、2010年1月19日〜3月30日、火21:10-21:25;4月5日〜10月1日、月〜金24:50-25:00)

「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、月〜金22:00-24:50)流れ、「JUNK」(TBSラジオ、月〜金25:00-27:00)待ちでワリと聴いていたけれど、終ってた。

後藤麻衣の心配ないさぁ〜!! - TBS RADIO 954 kHz

のんびり聴けて、けっこう好きだったんだけど。毎日チョッとづつ10分という短さもいい塩梅。

後藤麻衣が2009年の都議選に出ていた人だと知ったのはしばらく経ってから。声とルックスが結びつかなかった。


四谷四丁目交差点で8月ぐらいに撮影。
 

大西ライオンはいい人そうで、ラジオにむいているような気がする。ラジオなのに、わざわざアノ格好で出てるのも良い。

と思いきや、事実上番組ごと文化放送に移って、「後藤麻衣のDon't Worry !!」(文化放送、火21:00-21:30)が始まるらしい。

でも、火曜日21:00-21:30は微妙に聴きにくいかなぁ。流れで聴くって,意外とあるよね。


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(37)

2010年8月のつづき:

「タイムマシン部」(ネットラジオ)の白井良がF1ドライヴァー小林可夢偉と独占対談へ!

マジ高ネットラジオ 第169回放送「AKBの握手券は有価証券か?」(ネットラジオ、2010年8月6日)

FM小金井(東京都小金井市本町6丁目 シャトー小金井周辺:88.8MHz)

志の輔ラジオ 落語DEデート(文化放送、2010年8月15日(日)6:00-6:30)

作業ラジオ AR6-196W(ANDO:アンドーインターナショナル株式会社)

今晩は 吉永小百合です(TBSラジオ、2010年8月15日(日)22:30-23:00)

日野ミッドナイトグラフィティ 走れ!歌謡曲(文化放送、火〜土3:00-5:00ほか)

QIC 第722回(ウェブラジオFMC、2010年8月15日放送)

小林信彦「本音を申せば」連載第614回「真夏はラジオの季節」、『週刊文春』2010年8月26日

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2010年8月23日(月)25:00-27:00)

赤坂放送局 サカスタ(TBS夏サカス2010 赤坂ビッグバン)を見てきた(2010年8月14日(土))。

小林信彦「本音を申せば」連載第615回「猛暑の中の<敗戦の日>」、『週刊文春』2010年9月2日号

「今晩は 吉永小百合です」(TBSラジオ、2010年8月15日(日)22:30-23:00)の書き起こしができない見通し。

書き起こし1:「今晩は 吉永小百合です」(TBSラジオ、2010年8月15日(日)22:30-23:00)

書き起こし2:「今晩は 吉永小百合です」(TBSラジオ、2010年8月15日(日)22:30-23:00)

月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2010年8月30日(月)25:00-27:00)

2010年9月:

書き起こし3:「今晩は 吉永小百合です」(TBSラジオ、2010年8月15日(日)22:30-23:00)

書き起こし4:「今晩は 吉永小百合です」(TBSラジオ、2010年8月15日(日)22:30-23:00)

ニュース探求ラジオ Dig(TBSラジオ、2010年8月27日(金)22:00-24:50)

イヴェント情報:電子書籍時代の同人誌~文フリ評論系の場合~(阿佐ヶ谷ロフトA、2010年9月12日(日)19:00-)

過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(29)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(30)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(31)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(32)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(33)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(34)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(35)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(36)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TBSラジオVS日垣隆氏 不正流用疑惑巡り激烈バトル(J−CASTニュース、2010年9月27日)

○TBSラジオVS日垣隆氏 不正流用疑惑巡り激烈バトル(J−CASTニュース、2010年9月27日)

※若干加筆(2010年10月4日)

「Science Xitalk(サイエンス・サイトーク)」(TBSラジオ)をめぐって、番組パーソナリティーで作家・ノンフィクションライターの日垣隆三条毅史・TBSラジオ編成局次長が Twitter 上で大激論を展開していたらしい。

何を今さらというかたも多いと思いますが、私は一昨日知りました。

記事を引用:

TBSラジオVS日垣隆氏 不正流用疑惑巡り激烈バトル(J−CASTニュース、2010年9月27日)

   「TBSラジオが制作費を他番組へ流用している」と指摘する、作家でジャーナリストの日垣隆氏と、「流用」を否定する同局社員が、インターネットのツイッター(Twitter)上で激しくやりやっている。ツイッター以外のネット上でも注目を集め始めた。

   同局番組を担当していた日垣氏のツイッター上での指摘に対し、「TBSラジオ&コミュニケーションズ」の三条毅史・編成部次長(ツイッター上 では社名・役職名は非公開)は「これまで日垣隆さんに嘘八百を書き散らされて被害を被ったり、人間性を疑うような行為をされた皆さんはこちらまで情報を」 と、2010年9月26日、ツイッターに書いた。

「スポンサー料金他番組に横流し疑惑」を書きこむ

「トゥギャッター」でも注目された  
  「トゥギャッター」でも注目された  

 番組出演者に反論するにしても、一体当事者間に何があったのか、と驚いてしまうほどの激しい表現だ。本人のツイッターなのか同局に確認すると、三条氏本人のものだという。

 「舞台」となったラジオ番組は、日垣さんが出演してきた「サイエンス・サイトーク」(以下、サイトーク)だ。01年から秋~冬の期間限定で毎年放送されており、当初、10年も10月から放送予定だった。

 日垣氏のツイッターでは、10年9月21日ごろから同番組の今年度分放送スタートに関する話題が出始めた。ほどなく、日垣さんは「(サイトークの)黒字分を、他に流用を続け、出演者全員の出演料も据え置き、下請けスタッフの人員まで半減」「サイトークに対する、村田製作所のスポンサー料金を他番組に横流ししていた疑惑、確定」などと書き込んだ。三条氏の名前を挙げて「番組を潰した」などとも批判している。

 一方、9月26日からこの件でつぶやきを始めた三条氏は、スポンサーが払う番組提供料には制作費と電波料が含まれていると反論している。電波料は「機材購入」や「社員の給与」にあてられ、「さまざまな部門に割り振って放送局は運営されているわけです」と「横流し」を否定している。

 日垣氏に電話取材すると、日垣氏は「制作費と電波料の話など一般的なことは、周知の話だ」と三条氏の説明を一蹴した。電波料ではなく、(サイトークの)制作費を「ほかの3番組に割り振った」と同局社員が「認めた」。さらに「具体的な(流用先の)番組名も聞いている」と指摘した。そして、

「スポンサー提供料は少なくとも下がってないのに、(サイトークの)番組スタッフが極端に減らされるなどした。(そうやって捻出した)黒字分が他番組へ流れているのはスポンサーが納得できるレベルではない。不正流用だ」

と改めて主張した。ただ、「今となっては、どうでもいい」とし、番組降板と休養が決まった従来の担当プロデューサーや、編集プロダクション関係者のことが「心配だ」という。

局側は「近々コメントを発表する予定」

 一方、「TBSラジオ&コミュニケーションズ」の編成局は取材に対し、「番組制作費の不正流用はありません」とし、「近々正式なコメントを発表する予定だ」としている。編成局のある幹部は「なぜ(日垣氏が)このような主張をしているのか、見当がつかない」「『流用』の話だけでなく、事実誤認、事実無根の指摘が多々含まれている」と話した。

 両者の対立は、流用疑惑にとどまらず多岐に亘っている。主張がかけ離れている項目も多い。以前からのプロデューサーが担当を降り会社を休むことになり、その後10月からの同番組は放送されないことが決まった、という点については両者が認めているものの、プロデューサー降板の理由や放送打ち切りの経緯では対立している。ほかに、日垣さんへの未払い金の有無や、三条氏が「土下座して謝罪」したかなどを巡っても真っ向から対立している。

 「なんかすごいことになってるぞ」。日垣氏と三条氏のツイッターでの応酬は、ツイッター上で関心を集めそうなやりとりをまとめる「トゥギャッター」(togetter)の「注目のまとめリスト」に取り上げられたほか、ネット掲示板2ちゃんねるでもスレッド(話題提供のための「板」)が立ち、注目を浴びている。

ちなみに、番組サイトはゴッソリ削除されている。

要は、制作費と電波料の配分をどう捉えるかの問題のようで、「不正流用」とまで言えるかどうかは微妙なとことろ。日垣によれば、スポンサー料の5分の4が他番組に使われていたのだとか上掲記事には「電波料ではなく、(サイトークの)制作費を「ほかの3番組に割り振った」と同局社員が「認めた」」とある。まぁ、スポンサー料の配分に関する放送業界の常識や慣例が解らないので、日垣の批判が批判足り得ているのか判断できない。

その他,番組プロデューサーを務める崎山敏也ニュースデスクをめぐる主張の対立など、私のようないちリスナーには事実関係が確認できないので何とも言えない。そういえば、崎山デスク、「Dig」は10月1日(金)が最後だったなぁ

ちなみに、地方のテレビ局職員・孝好氏の検証によると、TBSラジオ側に理がありそうな雰囲気。「あ、彼、もしかするともしかして、電波料と制作費の按分が8:2なのが詐欺だといってるのか・・・うわあ・・・そいつは・・・あれだぁ。。。」とか。5分の4を他番組に使っても日垣の言う「詐欺」には該らないないようだ

ニセモノの良心 : 日垣氏のTBSラジオ不正告発における矛盾点ほか
ニセモノの良心 : 第2回:日垣氏のTBSラジオ不正告発における矛盾点ほか

まぁ、喧嘩のやりかたは、どっちも下品ですね。

※参考

日垣隆(T-Higaki) (hga02104) on Twitter
Togetter - 「TBSラジオ制作費不正流用事件」 (日垣隆による発言)

三条毅史 (radiosanjo) on Twitter
Togetter - 「「TBSラジオ制作費不正流用事件」に対する反論」(三条毅史による発言)

「Science Xitalk」番組終了に関して|TBS RADIO 954 kHz トピックス&ニュース


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュース探求ラジオ Dig(TBSラジオ、2010年9月30日(木)22:00-24:50)

○「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、2010年9月30日(木)22:00-24:50)

誰かが言うべきだとずっと思っていた。

荻上チキの発言:

特に例えば韓国とか中国に対する、その、人種的偏見に基づいたデマというのは広がりやすいわけですね。

で、しばしば、例えば、「メディアに騙されるな」「メディアは偏向報道している」、特に「韓国とか中国に媚びた報道をしている」というふうに言う人 たちが、あの、一回、その、例えば、韓国とか中国に対して否定的な報道が流れた途端に、それは例えば鵜呑みにしてしまうとかっていう、あの、個人個人が もってるバイアスとかも問題視しなければならなくなっているわけですね、かつてに比べて。

9月30日(木)「DigTag コラム・チキチキ塾」(Dig | TBS RADIO 954kHz)

対外的には韓国・中国・北朝鮮あたり、国内的には創価学会などを口汚く批判する人を、タブーを恐れない人・真実を語る人として称揚して鵜呑みにする人は少なからずいる。

「マスゴミ」という言葉を好んで使うのが、そういう人たちの典型的な特徴。それだけで何か深遠なことを言った気になっている。

私は別に、韓国・中国・北朝鮮や創価学会などを擁護も支持もしていない。どこにもそんなことは書いていない。釘を刺しておかないとメンドクサイので念のため。

本当の事を 知りたいだけ
So one more kiss to me

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹中直人 月夜の蟹(TBSラジオ、2010年9月19日(日)21:00-21:30)で放送事故がありました。

○「竹中直人 月夜の蟹」(TBSラジオ、2010年9月19日(日)21:00-21:30)で放送事故がありました。

先々週の話になるけれど、「竹中直人 月夜の蟹」(TBSラジオ、2010年9月19日(日)21:00-21:30)で放送事故があった。

この番組はここ数ヶ月はほぼ聴いている。プール通いを始めてからの話。帰り道、TBSラジオに合せると丁度やっているので。

突然だったし、ふつうの携帯ラジオで聴いていたので録音などはできなかった。よって、記憶の細部は曖昧だけれど、順調に始まった番組の音声が突然途切れた後、「プー」という感じの音声が数秒流れた。番組が再開したものの、途切れとぎれと言うかつぎはぎというか、不自然な放送になった。途中からもち直したが、最後はモビットの提供クレジット読み上げの最中で途切れて番組が終った。

送出システムのトラブルか何かなのではないだろうか。私は素人なので断言できないけれど。

翌週9月26日の番組の冒頭で堀井美香アナウンサーによるお詫びのアナウンスが流れた。

ところで、26日(日)・27日(月)の熊切あさ美の回がスゲ〜おもしろかったよ。芸能活動しながら仙台のキャバクラでこっそりアルバイトしていた話とか、付き合っていた彼氏が、何の前触れもなく他の女の人と結婚した話とか。今年30歳だとか。事務所から「どこまでできるのか?」みたいなことも聞かれたりするそうでございます。

竹中直人さんと|熊切あさ美オフィシャルブログ「くまきりあさ美のMaybe☆めいビー」

今週10月3日(日)・4日(月)は萩原健一がゲスト。濃い放送が続きそう。

「竹中直人 月夜の蟹」はこの2週間で4回も放送。改編がらみの調整か何かなのだろうか? これもなかなか珍しい。


竹中直人「ドクトクくん」(1995年)
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(3):東海ラジオ

○名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(3):東海ラジオ(名古屋市東区東桜1-14-27)

先に6回目の予定だったRADIO-i をご紹介しましたが、順番を元に戻して、名古屋に行ったのを機に名古屋市内のラジオ局を片っ端から見てきた報告の3回目。

今回は 東海ラジオ。周波数は1332kHz、コールサインはJOSF。

東海ラジオ ホームページ 1332地図

東区東桜1丁目には、NHK、東海ラジオ、RADIO-i(2010年9月30日閉局)と、3つの放送局が集中している。CBC(中区新栄1丁目)も近い。


正面玄関。
CBCと比べると、実にアッサリした感じ。
ラジオをPRする掲示などは
特になし。
 

屋上にアンテナのある細い建物が局舎。
2004年落成の新しいビル。
10Fにラジオのスタジオがあるらしい。
東海テレビ・東海ラジオのマークが付いている
手前のビルは大塚家具。
大塚家具の奥に東海テレビ関連のビル「テレピア」がある。
 

CBCと言えばつボイノリオ、東海ラジオと言えば宮地佑紀生かなぁ。「宮地佑紀生の聞いてみや〜ち」(東海ラジオ、月〜金13:00-16:00)は、滞在スケジュールの都合で聴けなかったのが残念。

あとラジオ・ファンとして気になるのは、「伊集院光 日曜日の秘密基地 夏先取り!日本全国バカ音頭スペシャル」(TBSラジオ、2006年6月18日(日)13:00-17:00)で紹介された「シワシワ音頭」(1979年)の水谷ミミ。現在は、日曜の朝に「はやおきラジオ水谷ミミです」(東海ラジオ、日6:30-9:00)を担当。

名古屋から遠く熊本の「土曜だ!!江越だ!?」(RKKラジオ、土12:10-17:35)で水谷ミミの「もうすぐ30」という曲がヘヴィー・ロウテイションになっていたことが縁で、江越哲也が電話で生出演したこともあった。

次回は MID-FM の予定

* * *

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(1):NHK名古屋放送局

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(2):CBCラジオ

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(3):東海ラジオ

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(4):MID-FM

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(5):ZIP-FM

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(6):RADIO-i

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(6+):RADIO-i

名古屋のラジオ局を片っ端から見てきた(7):FM AICHI


 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオな一曲(26):The Corrs, "Radio" (1999)

○ラジオな一曲(26):The Corrs, "Radio" (1999)


The Corrs, "Radio" (1999)
 

愛知県の国際放送局 RADIO-i が2010年9月30日24:00を以ってついに閉局。

私も例の鍵穴や Stickam で最後の1時間ぐらいを聴取&視聴。消え行くラジオ局を見送った。

この件は追って書くとして、放送の中でかかったある曲が気になった。The Corrs というアイルランドのグループの、タイトルもそのまま "Radio" という曲。

ポップな曲だけれど、フィドルのソロが入ったり、ちょっとアイリッシュ・トラッドっぽい隠し味もある。トラッドのカヴァーもやっているらしい。

"You are in my head, swimming forever in my head" という表現がおもしろい。

Carpenters, "Yesterday Once More" (1973) もそうだけれど、音楽に出てくるラジオって、ちょっと淋しいときに聴くらしい。

サビのところの雰囲気が、何となくかわさきエフエム(神奈川県川崎市周辺:79.1MHz)の歌に似ている。

* * *

The Corrs, "Radio"(1999)

It's late at night, and I'm feeling down
There are couples standing on the street
Sharing summer kisses and silly sounds

So I step inside, pour a glass of wine
With a full glass and an empty heart
I search for something to occupy my mind

But you are in my head, swimming forever in my head
Tangled in my dreams, swimming forever

So, I listen to the radio (listen to the radio)
And all the songs we used to know (listen to the ...)
So I listen to the radio (listen to the radio)
Remember where we used to go

Now it's morning light and it's cold outside
Caught up in a distant dream
I turn and think that you are by my side

So I leave my bed and I try to dress
Wondering why my mind plays tricks
And fools me into thinking you are there (you are there)

But you're just in my head
Swimming forever in my head
Not lying in my bed
Just swimming forever

So I listen to the radio (listen to the radio)
And all the songs we used to know (listen to the ...)
So I listen to the radio (listen to the radio)
Remember where we used to go
I listen to the radio (listen to the radio)
All the songs we used to know (listen to the ...)
I listen to the radio (listen to the radio)
Remember how we used to go

You are in my head, swimming forever in my head
Tangled in my dreams, swimming forever (swimming forever)
Swimming forever

So I listen to the radio (listen to the radio)
All the songs we used to know (listen to the ...)
So I listen to the radio (listen to the radio)
Remember where we used to go (listen to the ...)
I listen to the radio (listen to the radio)
And all the songs we used to know (listen to the radio)
I listen to the radio (listen to the radio)
To all the songs, all the songs we used to know (listen to the radio)
Yeeah, all the songs we used to know (listen to the radio, listen to the ...)
Yeeah, yeah, yeah (listen to the radio)
Yeeah, yeah, yeah (listen to the radio)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Rush Limbaugh Show(AFN、2010年9月30日(木)20:00-21:00)

○「The Rush Limbaugh Show」(AFN、2010年9月30日(木)20:00-21:00)

ここ何か月か、プールなんぞに通っております。

土日と、平日の夜の時間のあるときに寄る感じ。だらだら1kmぐらい泳いで、プールが閉まるころ帰る。

帰り道に携帯ラジオを聴くと、最近はだいたいナイター中継をやっている。野球は好きだけれど、ラジオのナイターをずっと聴く習慣はないし、われらがベイスターズはもはやAクラスに絡んでいないしで、トーク・ラジオをさがす。こういうとき、NHK第1は助かるなぁ。

今日は、AFNで 「The Rush Limbaugh Show」(AFN、月〜金20:00-21:00) をやっていた。アメリカの勝谷誠彦ですワ(逆か?)。最後のほうだけ何となく聴く。

今日も、バラック・オバマの政策は反クリスチャン的だ、などと鼻息も荒くまくし立てておりました。まぁ、いつもの調子。

最近、オバマはムスリムだと思っているアメリカ人が増えているのだとか。ラッシュ・リンボウは、そういう風潮を助長する一翼を担っているんだろうなぁ。

勇ましくて解りやすい話というのは、ある種の人たちの溜飲を下げるかもしれないけれど、こういう話を真に受けてエクスタシーに達する類の人は情報弱者のような気がする。

このあいだ(9月24日)の石原慎太郎・東京都知事の尖閣トーク聴いてほくほく顔の人とか、気をつけましょう。でも、「パンダもらって尖閣を渡すのか?」とかは笑ったよ。

まぁ、誰の言葉を信じるかはその人の自由っちゃ自由だけれど、判断の基準が気持ちいいかどうかっていうのも幼稚だよね。

世界は複雑でございます。複雑なものは複雑にしか説明できない。複雑さに耐える知的なスタミナを養うべきだと思う。耐えきれずに、複雑さから逃亡することを「キレる」っていうんだよ。

泳いだ後でダルいので、真面目に聴くのも馬鹿バカしくなってきたので、ダラダラ聴き流しつつ帰宅。ケレン味たっぷりのラッシュ・リンボウの喋りのグルーヴ感は、音だけ聴き流していると意外と心地よかったりして。

中国旅行のCMが流れていた。中国旅行とラッシュ・リンボウの組み合わせがヘンな感じだった。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »