« QIC 第722回(ウェブラジオFMC、2010年8月15日放送) | トップページ | 月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2010年8月23日(月)25:00-27:00) »

小林信彦「本音を申せば」連載第614回「真夏はラジオの季節」、『週刊文春』2010年8月26日

○小林信彦「本音を申せば」連載第614回「真夏はラジオの季節」、『週刊文春』2010年8月26日

もうすぐ来週号になりつつある『週刊文春』2010年8月26日で、小林信彦御大が久びさにラジオのお話。

ちなみに巻頭グラビアはガッキーだよ。華奢で可憐に見えるけれど、けっこうタッパがあってデカいらしい(168cm)。

さて、御大の話、内容としては、終戦記念日とラジオ、<地デジ>化キャンペーン批判、最近のラジオの話(主として上杉隆の話)の三題。

終戦記念日とラジオの話では、「ラジオ深夜便」(NHK)の反戦歌特集の選曲の妙を褒める内容。アンカーが柴田祐規子アナウンサー、ゲストがシャンソン歌手・クミコの回(2010年7月25日)。話題になったのは次の曲:

あがた森魚&緑魔子「昭和柔侠伝の唄 最后のダンスステップ」(1974年)

・菅原洋一「ひまわりの円舞曲(ワルツ)」

<地デジ>化キャンペーン批判では、地デジを取り巻く利権に言及し、「利権云々を指摘される前に、なぜ<地デジ>の必要性を説明しないのか?」と寸鉄を打ち込む。

ところで、気のせいかもしれないけど、テレビの現場が地デジ対応になって、おそらくカメラの性能が上がったせいだと思うのだけれど、受像機がアナログでも映像が若干キレイになっているような気がする。それで充分じゃ?

アナログ放送が終了したら、私はテレビから撤退しようと思う。どうしても見たくなったら、大きな声では言えないけれど、例の秘密の鍵穴とかナントカで……。

最近のラジオの話(主として上杉隆の話)では、「最近も、大半の情報は[……]ラジオで得ている」としつつ、「久米宏 ラジオなんですけど」(TBSラジオ、土13:00-14:55)など、上杉隆の<内閣官房機密費>報道について。

先週のスポットライト2010年07月31日 ゲスト:上杉隆さん(ジャーナリスト)(久米宏 ラジオなんですけど)

そういえば、「久米宏 ラジオなんですけど」の例の回、聴き逃したなぁ。

ところで、上杉隆の話って、聴いている時は刺激的なのだけれど、意外と後に残らないというか……。

おまけ:「町山智浩の言霊USA」がうれしい増量

いつも辛酸なめ子のコラムの下の段に小さく載っていた「町山智浩の言霊USA」がなかったので、「あれ、終ったのか?」と思ったら、スペースが1ページに拡大して別項に移っていた。今回だけじゃないよね? 前まえから、「もうちょっと字数が増えれば読み応えが増すのになぁ」と思っていた。

ちなみに、前共和党副大統領候補サラ・ペイリンの珍造語が俎上に。refute(論破する)と repudiate(拒否する)をゴッチャにして refudiate とツイートしてしまったのだとか。われわれのような英語学習者はやらないミスかもしれないねぇ。

ところで、宮崎哲弥の連載は、つまらなくなったね。

Google

|

« QIC 第722回(ウェブラジオFMC、2010年8月15日放送) | トップページ | 月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2010年8月23日(月)25:00-27:00) »

メディアに取り上げられたラジオ」カテゴリの記事

TBSラジオ」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

鍵穴TVは地デジが受信しにくい山間地のために、一応は政府がお墨付きを与えている合法事業だそうですよ。確かどっかでそんなことを読みました。ついでに「例の回」はコチラでどうぞ。こっちは非合法?

http://twitter.com/HEAT2009/status/19971269712

投稿: やきとり | 2010年8月24日 (火) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小林信彦「本音を申せば」連載第614回「真夏はラジオの季節」、『週刊文春』2010年8月26日:

« QIC 第722回(ウェブラジオFMC、2010年8月15日放送) | トップページ | 月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、2010年8月23日(月)25:00-27:00) »