« ラジオの風景(ニッポン放送ウェブサイト) | トップページ | トランジスタの日(6月30日) »

安倍夜郎「深夜食堂」にあのラジオが登場(『ビッグコミックオリジナル』2010年7月5日号)

○安倍夜郎「深夜食堂」にあのラジオが登場(『ビッグコミックオリジナル』2010年7月5日号、小学館)

『ビッグコミックオリジナル』2010年7月5日号(小学館)の安倍夜郎「深夜食堂」にあのラジオが登場。

あのラジオというのは、ドラマ版「深夜食堂」の第2話・第3話に登場した SONY ICF-110 のこと。



第2話「猫まんま」より
 

第3話「お茶漬け」より
 

もともとコミックには出て来なかったけれど、ドラマの設定がコミックにフィード・バックされたかたち。今回は、ラジオ以外にも、作者が登場するメタ漫画的な表現も見られた珍しい回だった。

コミック版はこちら:


「店(うち)のラジオで聴きなよ。」
「深夜食堂」第81夜「炒めごはん」より
 

コミック版では向かって右の側面に何かの差し込み口のようなものが見えるが、実物にはない。その代わり、向かって左側面の同じような位置にトーン調節ダイヤルが付いている。

上部操作パネルのレバーの位置から、FMラジオを聴いていると思われる。

私も持っています

実はこのラジオ、私も所有している。

私が入手する直前にきちんと整備されたもののようで、とてもいい音で鳴る。気に入っております:


 

 

 

ロケ地:足立区都市農業公園
ゴールデン・ウィークだったので鯉のぼりが出ています。
 

以上、自慢でした。

鈴木常吉「思ひで」


鈴木常吉「思ひで」(2006年)思ひで

ドラマ版「深夜食堂」のテーマ曲・鈴木常吉「思ひで」——実は昨年、生で聴く機会があった。

発泡酒か何かの缶を片手にステージに登場する鈴木氏。途中の休憩では、客のほとんどが酒を買って戻ってくるというフリーダム。鈴木氏も新しい酒の缶を持って戻って来た。

アルコールの作用もあってかやや饒舌に語る鈴木氏に対して、淡々と不動で演奏するサックスの中尾勘二氏、関島岳郎氏のチューバのメカニカルな動きに異界の風情を感じる。

鈴木氏はちょっとザラっとした声質で、最初は耳の奥にびりびりとした違和感があったけれど、これがすぐに気持ちよくなる。「思ひで」の他には「アイオー夜曲」「サマータイム」がよかった。

私の記憶ちがいでなければ、鈴木常吉氏がMCで、「思ひで」は若くして亡くなった BO GUMBOS の久富隆司(どんと)氏のことを歌ったものだと、おっしゃっていた。

久びさにまた聴きたくなった。しばらく前に、福岡・熊本・鹿児島を廻って東京に戻っておられたようだが、昨日までは愛知、今日は長野とか。

常と吉捕物帖(鈴木常吉ウェブサイト)

CDは、新宿の模索舎さんでも売っていた。

模索舎

Google

|

« ラジオの風景(ニッポン放送ウェブサイト) | トップページ | トランジスタの日(6月30日) »

メディアに取り上げられたラジオ」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍夜郎「深夜食堂」にあのラジオが登場(『ビッグコミックオリジナル』2010年7月5日号):

« ラジオの風景(ニッポン放送ウェブサイト) | トップページ | トランジスタの日(6月30日) »