« インターネットラジオで音楽無断配信、逮捕(読売新聞、2010年5月12日) | トップページ | 「今、ラジオが面白い」『週刊SPA!』2010年5月18日号(扶桑社) »

アニメ以外の魅力も『発信』 ミニFM『ラジオ鷲宮』が開局(東京新聞、2010年5月14日)

○「アニメ以外の魅力も『発信』 ミニFM『ラジオ鷲宮』が開局」(東京新聞、2010年5月14日)

先日このブログでもご紹介した「ラジオ鷲宮」が東京新聞で紹介されたようだ:

「アニメ以外の魅力も『発信』 ミニFM『ラジオ鷲宮』が開局」(東京新聞、2010年5月14日)

写真

5日に「ラジオ鷲宮」を初放送した関係者ら=久喜市鷲宮地区で、鷲宮町商工会提供

 久喜市鷲宮地区で今月、鷲宮町商工会などが地域の情報を発信するミニFM「ラジオ鷲宮」(89.2メガヘルツ)を開局した。鷲宮神社が人気アニメ 「らき☆すた」の聖地としてアニメファンの人気を集めたが、3月の合併で町名は消えた旧鷲宮町。わずか半径100メートル範囲にしか電波が届かないミニ FMの欠点を逆手にとり、関係者は「鷲宮に足を運んでもらい、『鷲宮』をPRする新たなきっかけにしたい」と意気込む。(池田宏之)

 ミニFMは、一九八〇年代に流行した電波法で規制されない微弱電波を使った放送で、免許は不要。最近は、カーナビや携帯音楽プレーヤーなどにラジオが付いていて、大規模駐車場に止まっている車向けの放送や、相撲の場内向け実況などに利用される。

 開局は、ミニFMやインターネットラジオなどを放送する任意団体「Office Stray Cat」(東京都足立区)の宮崎誠弥さん(38)の発案。

 神社仏閣に興味があり、たびたび鷲宮神社を訪れていた宮崎さんは、「らき☆すた」で盛り上がる地域を知り、「アニメも良いが、それ以外の魅力も発信する力になれないか」と、同商工会に打診して、開局が決まった。

 初放送は五日に、鷲宮神社前にある「大酉茶屋」から二時間にわたって実施。CatのスタッフがDJを務めた。番組の中で、地域の人の飛び入りゲスト出演や、飲食店からの実況中継があった。

 同商工会は「神社の駐車場にいた人からのメールが来たり、放送で紹介した商店を訪れる観光客がいたなど、反響があった」と手応えを得た。

 放送は、月一度程度を予定し、次回は六月二十日に大酉茶屋で開催の予定。五日の放送はインターネットラジオでも同時放送されたが、将来は現地でし か聞けない部分を設けるといい、宮崎さんは「ラジオの魅力は手軽さと、生の声ですぐに反応できる双方向性。現地に来てもらえるようにしたい」。

 同商工会は、初詣でなど人の集まる時期の放送を検討しており、「範囲がきわめて限られるので、地域を深く知ることのできる情報を発信できれば」と期待を込める。

番組予定などは、同商工会のホームページで確認できる。

5月5日は聴きに行けなかったけれど、先週のアダチ区民放送局によると、「ラジオ鷲宮」は当面月イチぐらいのペースで続くようなので、いずれ聴きに行こうと思う。

「「らき☆すた」の「ら」の字も言ってない」そうです。

詳しくはコチラを:

足立区民放送 - Radio Adachi Broadcasting

ラジオ鷲宮(周波数 FM89.2MHz)コーナー : 鷲宮SNS らき☆すたの聖地鷲宮のSNS

鷲宮町商工会ホームページへようこそ

※当ブログ内の関連エントリー

1日だけのミニFM局「ラジオ鷲宮」(埼玉県久喜市鷲宮神社周辺:89.2MHz)、2010年5月5日(水・祝)開局!

Google

|

« インターネットラジオで音楽無断配信、逮捕(読売新聞、2010年5月12日) | トップページ | 「今、ラジオが面白い」『週刊SPA!』2010年5月18日号(扶桑社) »

メディアに取り上げられたラジオ」カテゴリの記事

コミュニティーFM、ミニFM」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメ以外の魅力も『発信』 ミニFM『ラジオ鷲宮』が開局(東京新聞、2010年5月14日):

« インターネットラジオで音楽無断配信、逮捕(読売新聞、2010年5月12日) | トップページ | 「今、ラジオが面白い」『週刊SPA!』2010年5月18日号(扶桑社) »