« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

エフエム多摩(東京都多摩市周辺 77.6MHz)を聴いてきた。

○エフエム多摩(東京都多摩市周辺 77.6MHz)を聴いてきた。

 

2010年3月末をもって閉局することが決まっているコミュニティーFM局、エフエム多摩(東京都多摩市周辺 77.6MHz)を聴きに行った。

エフエム多摩(公式サイト)
FM多摩 閉局特別番組のお知らせ(公式サイト内)

エフエム多摩(東京都多摩市周辺 77.6MHz)、2010年3月31日で閉局。(当ブログ内)

土曜日の昼前に思い立ち、エフエム多摩の公式サイトでタイムテーブルを確認したところ、土日に放送している自社制作番組は「風色の週末〜さくら通りへようこそ〜」(エフエム多摩、土日9:00-12:00)と、平日の番組の再放送(日12:00-13:00)のみ。

局舎・送信所の最寄り駅は京王線・聖蹟桜ヶ丘駅。今からでは間に合わない。CSチャンネルの再送信を聴きに行っても仕方がないので、予定を日曜日に延期。

エフエム多摩を聴いてきた

3月28日(日)8:40ごろに聖蹟桜ヶ丘駅に到着。


京王線・聖蹟桜ヶ丘駅西口
 

工事中のビルの4Fがエフエム多摩
駅西口南側に面した桜ヶ丘交差点
 

窓には「エフエム多摩 G-WIND」のパネル
右端が荷物で隠れている。
パネルの向こうにもうひとつ窓。放送ブースなのだろうか?

 

エフエム多摩は4F
 

「風色の週末〜さくら通りへようこそ〜」(エフエム多摩、2010年3月28日(日)9:00-12:00、DJ:前岡洋子)を聴取。

タイムテーブル
9:00 オープニング
9:10 たまイベント情報
9:24 いきいき多摩インフォメーション<多摩市
9:36 気分はシネフィル
10:00 アロマの休日
10:25 
コミュニティ・トーク
11:00 
多摩の歳時記<出演峯岸松三
11:30 
たまレポ       SUNDAY
○時報 10:00<京王聖蹟桜ヶ丘SC
    12:00<ブックセンターいとう
◆交通情報 9:20/9:50/10:20/10:50/11:50

その日録音した放送をご紹介。あくまでも放送の雰囲気を知って頂くことが目的。お叱りを受けたら直ちに削除する予定なのでお早めに。アップロードできるファイルのサイズに上限があるので、音質は下げてある(モノラル 32kbps):


9:00前のジングル・番組宣伝など
 

「風色の週末〜さくら通りへようこそ〜」(9:00-)オープニング1
 

「風色の週末〜さくら通りへようこそ〜」オープニング2

この後、イヴェント情報・交通情報・行政情報・「気分はシネフィル」(映画のコーナー、この日は『ニュー・シネマ・パラダイス』Nuovo Cinema Paradiso(1989年)を紹介)……と続く。9:00前の、10cc, "I'm not in Love"(1975)を使った局のCMはけっこう好き。

最後までは聴けなかったけれど、穏やかで落ち着いた番組で、私としては、休日の午前中にのんびり聴くにはなかなか良い雰囲気だと思った。ただ、「これだ!」という地元ならではの特色は薄いかもしれない。

コミュニティーFM局のほとんどは、防災と地域活性化を謳っていることが多いが、防災はよいとして、大都市郊外のベッド・タウンの場合、地域の特性を活かすのはなかなか難しいかもしれない。

また、先ほど土日の自社制作番組は午前中に集中していると書いたが、週末に遅く起きたら地元の番組が聴けないというのも残念。平日の自社制作番組は、朝・昼・夕方の生ワイド番組、平日10:00台と金曜18:00・20:00台の録音番組で、都心で働き夜遅く帰ってきた市民が家で聴ける地元の番組がない。

ともあれ、来る3月31日(水)の停波の瞬間を聴いたかたは、コメントやトラックバックして下さるとうれしいです。

エフエム多摩の送信所を見てきた

多摩市桜ヶ丘一帯は、ジブリアニメ、近藤喜文[監督]『耳をすませば』(1995年)のロケ地なのだとか。観たことないけれど、観てから行けばよかったなぁ。

耳をすませば 詳細ロケ地情報(「全国ロケ地ガイド」内)


局舎前から南にのびる道
奥に見える桜ヶ丘の上に送信所がある。
 

桜ヶ丘の地図
濃い水色の三角形のあたりに送信所がある。
駅前から道なりに歩けば良い。
九十九折の部分には歩行者用のショート・カットがある。
 

聖蹟桜ヶ丘周辺
いろは坂桜公園から
 

金毘羅宮
桜ヶ丘中腹
  

関戸城天守台跡
言われてみれば山城っぽい地形。
送信所の設置場所としても好適。
 

東京都水道局桜ヶ丘浄水場
桜ヶ丘を登り切ったあたり
  

東京都水道局桜ヶ丘浄水場正門
  

エフエム多摩送信所
浄水場の敷地内にある。
意外と小さい。

 

 送信アンテナの下にあるボックス
 

送信アンテナ
垂直・2段に設置してある。
思っていたよりシンプル。
 

送信所近くの住宅
エフエム多摩よりすごいアンテナ塔。
エフエム多摩とは関係ない。
 

送信所近くの住宅
反対側にも同じようなアンテナ塔。
 

ロータリー型の五叉路
桜ヶ丘頂上あたり
 

五叉路に面した商店街
連なる店の正面がカーブを描いている変った形状。
日曜日なのでお休み?

エフエム多摩の愛称「G-WIND」、ひょっとして「J-WAVE」っぽい感じをねらったのかねぇ。

※当ブログ内の関連エントリー:

エフエム多摩(東京都多摩市周辺 77.6MHz)、2010年3月31日で閉局。

続報:日野エフエム(東京都日野市高幡不動周辺 76.8MHz)、2010年3月31日(水)に「15年間ありがとう FM多摩閉局特別番組」を放送予定。


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (1) | トラックバック (1)

続報:日野エフエム(東京都日野市高幡不動周辺 76.8MHz)、2010年3月31日(水)に「15年間ありがとう FM多摩閉局特別番組」を放送予定。

○続報:日野エフエム(東京都日野市高幡不動周辺 76.8MHz)、2010年3月31日(水)に「15年間ありがとう FM多摩閉局特別番組」を放送予定。

先日、東京都日野市のミニFM局・日野エフエム(東京都日野市高幡不動周辺 76.8MHz)が、2010年3月31日(水)に「15年間ありがとう FM多摩閉局特別番組」の放送を予定している。

放送時間などの詳細が明らかになった:

3/31(水)[15年間ありがとう FM多摩閉局特別番組]を勝手に放送します(OA時間は23:30-24:30)15年を振り返りながら停波の瞬間を待ちます。

日野エフエム 76.8MHz(公式サイト)

高幡不動周辺のかたは、是非ご一聴を。

また、エフエム多摩停波の瞬間を聴きに、あるいは録音しに行くラジオ・ファンの皆様は、もうひとつ受信機を用意して、両局が聴こえる場所で、日野エフエムとエフエム多摩を同時に聴取するのもよいかもしれない。

エフエム多摩のほうも、3月24日(水)〜3月31日(水)は閉局特番ウィークとか:

FM多摩 閉局特別番組のお知らせ(エフエム多摩公式サイト内)

Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

文化系トークラジオ Life(TBSラジオ、2010年3月28日(日)25:30-28:00)

○「文化系トークラジオ Life」(TBSラジオ、2010年3月28日(日)25:30-28:00)

 

「文化系トークラジオ Life」(TBSラジオ、月1回25:30-28:00)を久びさに聴いた。「ライブメディアの現在」がお題。今日も寝てしまっていたので、起きたところから聴取。

次回3月28日「ライブメディアの現在」予告編 (文化系トークラジオ Life)


文化系トークラジオ Life 『ライブメディアの現在』
PTFlive 10/03/29 ksorano on USTREAM

 

私はtwitterはやっていない。新しいアカウントが増えると管理が面倒くさくなるので。ネットで動画のライヴ中継もしない。人に見せるのに堪えるツラじゃないので。

twitterの愉しさを、「もしもみんながトランシーバーを持ったら」という子供の頃の夢に準えていた投稿に納得した。

外伝はUSTREAMのライヴで聴いたほうが面白いね。

長谷川裕プロデューサーによる、Twitterとラジオの関係についての話が興味深かった。「BATTLE TALK RADIO アクセス」(TBSラジオ、月〜金22:00-23:55)のような番組の場合、twitter上での議論が独自に盛り上り、番組へのフィードバックが難しくなっているとのこと。

さて、番組内で出た「コンテンツからコミュニケイションへ」の話を聞いて、ベルトルト・ブレヒト(Bertolt Brecht 1898-1956)が「ラジオの生きる目的」について語ったこんな言葉を想い出した:

[……]ラジオは、ふたつの側面をもつものであるのに、ひとつの側面しかもっていない。ラジオは、純粋な分配装置となっている。ラジオはただ分配に関与するにすぎない。

ここで積極性をひきだすために、すなわちラジオの積極的な要素をさぐりあてるために、ラジオの機能転換に関する提案をしたい。ラジオはひとつの分配装置からひとつのコミュニケーション装置に転化することができる。ラジオは公的生活の、考えうるかぎりにおいてもっとも大規模なコミュニケーション装置、 巨大なチャンネル組織となろう。つまり、もしラジオが送信するだけでなく、受信することもでき、聴取者に聞かせるだけでなく、語らせることもでき、かれを孤立させるのではなく、参加させることができるとしたら、だ。したがって、ラジオは、送り手という性格から抜け出して、聴取者を送り手として組織化しなければなるまい。だから、公的な諸問題に社会的な性格を実際に付与しようとするラジオのあらゆる試みは、無条件にポジティヴである。[……]

なにを試みるにせよ、ラジオは、ぼくらの公共機関のほとんどすべてを笑いものにするあの実効性のなさを、拒否すべくつとめるべきだ。

ベルトルト・ブレヒト「コミュニケーション装置としてのラジオ」、『ベルトルト・ブレヒトの仕事 6——ブレヒトの映画・映画論』新装新版(河出書房新社、2007年)

ブレヒトのこの論文、初出はナント1932年。先駆的。5・15事件、満州国建国宣言と同じ年。

最近のラジオとtwitterの連動を見ていると、ラジオ単体では実現できなかったブレヒトの夢が、twitterとの連動で実現に近づいているような印象。

でも、ブレヒトはおそらく、ラジオを梃子にした公共性の作り直しを企図し、その向こうに革命の夢を仰ぎ見ているのだと思う。

他方、ライヴ・メディアの現状は、どちらかというと私的領域の拡張に近いかもしれない。番組では「コミュニケイションのメディア化」と表現されていた事柄で、ブレヒト的に言えば「実効性のなさ」の拡張。これは、トランシーバー的愉しさという譬えがいみじくも言い得て妙。

もちろん、近年のイスラム圏におけるSNSを利用した政治運動の例もあるけれど。実際,私が初めてtwitterの存在を知ったのは2009年のモルドバ共和国における学生の抗議行動。

ブレヒトの夢とライヴ・メディアの現状——どちらが良いかわからないけれど、他方、ブレヒトはブレヒトで「実効性のなさ」を過小評価しているなぁという感想。カール・マルクス(Karl Marx 1818-1883)がルンペンプロレタリアートを過小評価していたように。

生活にエンベッドされたゆるい革命もアリなんじゃないかと私は思っている。烏合の衆の実効性のなさをナメんなよとも思う。社会を変えるのは、エリートの革命家だけとは限らない。

* * *

ところで、この日番組のustream中継を担当していた そらの というかた。声に聴き憶えがあるとおもったら、この人だった:


iPhoneAP『PUFF!』 いじってみました!
伊集院がだいぶ前に「馬鹿力」でネタにしていたアプリ。
 

こんなのもあったよ。公開後8か月で900人ぐらいしか観ていないので、「Life」リスナーは観てあげれば:


津田大介さん決断インタビュー 1

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京のミニFM局リスト(暫定版)2010年3月27日改訂

○東京のミニFM局リスト(暫定版)2010年3月27日改訂

最新版はコチラから。

※さくらじょうすいマイクロFMを追加。

先日公開した「東京のミニFM局のリスト」を更新してみました。

ミニFM局って何?
ミニFM局とは、免許を必要としない微弱電波による放送を行っているFM局です。


総務省ウェブサイトより引用

微弱な電波を利用した無線設備(総務省北海道総合通信局)
総務省本体のサイトより、私のような素人にはこっちのほうが読みやすい。

下記リストには、ミニFM以外にも、前身がミニFMのネット・ラジオや、私が勝手に「ミニFM的」だと判断したものも含んでいます。

情報が少なく、たいして網羅できていません。また、未聴局も載せています。記載内容が不正確なこともあるかもしれません。「聴いたことがある」「他 にもこんな局がある」「情報が間違っている」「私がやっています」などの情報をお待ちしています。頂いた情報に基づき加筆・修正してゆきたいと思います。

* * *

掲載順は放送拠点所在地の全国地方公共団体コードに拠る。同一市区町村内では局名五十音順。

メジラジ(東京都新宿区西落合1-31-24 西落合児童館2階 落合三世代交流サロン、86.9MHz、土12:00-15:00)
目白大学放送研究会によるミニFM。落合三世代交流サロン内のスタジオから放送。

あさくさFM(浅草花やしき内:東京都台東区浅草2丁目28-1、83.7MHz)
浅草の遊園地花やしきから放送しているミニFM局。1日2回の生放送番組「Asakusa Catch UP」と、多数の録音番組を放送。生放送パートはStickamでも放送していて、放送ブース内の映像を見ることができる。

コジマラジオ(東京都台東区小島2丁目 9-10 小島アートプラザ(旧台東区立小島小学校))
小島アートプラザ(旧台東区立小島小学校内)を拠点におくインカレ・ラジオ制作サークル。定期的に放送を行っているかどうかは不明だが、88.0MHzで放送している模様。

どすこいFM(両国国技館:東京都墨田区横網1丁目 3-28、83.4MHz、初日〜千秋楽15:00-)
両国国技館内で場所中に聴取可能なオリジナル館内放送。ラジオの貸し出しも行っている。
この他に、「NHK BS 大相撲中継・日本語放送」(76.6MHz、
初日〜千秋楽13:00-)および「NHK BS 大相撲中継・英語放送」(78.3MHz、
初日〜千秋楽16:00-)の音声の再送信も行っている。

学大FM(東京都目黒区五本木2丁目 15-12 五本木プロジェクトビル 五本木カフェ HANADA ROSSO、87.0MHz、火16:00-17:30)
伊藤清光氏の屋上パフォーマンスの一環として始められたミニFM局。番組のネット配信も行っている。

K-MEG4(東京都目黒区上目黒4丁目 28-3、88.0MHz)
プレス・リリース配信サイト ValuePress! が運営する非営利のミニFM局。ポドキャスティングも行っている。
サイトによると、「ValuePlease!(バリュープリーズ)」(水18:00-)と、「The Day Of The Best」(月18:00-)の2番組を制作・放送している模様。後者はネット配信が更新されていないので、もう放送されていないのかもしれない。

さん茶FM(東京都世田谷区太子堂2丁目、77.0MHz、第2・第4日曜日)
居酒屋「かめや」を拠点として活動するミニFM局。毎月第2・第4日曜日に生放送を行っているとのこと。放送時間は不明。かつては「しゃれなあど ふれあいひろば」で定期的にイヴェントも行っていた。

○下北FM(ファーストキッチン下北沢店オープンテラス:東京都世田谷区北沢2−5−2 ビッグベンビル1F、ネットラジオ)
大蔵ともあきが代表・プロデューサー・DJを務める「ストリートラジオ局」。週1回のペースで木曜夜に公開生放送を行っている。通常の公開放送以外にも、各地で出張放送も行っている。
88.8MHzのミニFM局としてスタートしたが、現在もミニFMの放送を行っているかは不明。

ラジオぱお(駒沢大学:東京都世田谷区駒沢1丁目 23-1、88.0MHz、毎月「8」「0」のつく日の12:10-12:50)
駒沢大学グローバル・メディア・スタディーズ学部 金山智子ゼミが運営するミニFM局。駒沢大学内売店・食堂パオわきのテントから放送。

ラジオぱちぱち(東京都杉並区善福寺3丁目 13-10 善福寺北児童館周辺、88.0MHz、毎月第2土曜日10:00-公開生放送・同日夜再放送、ほか)
杉並区立桃井第四小学校および善福寺北児童館エリアのこどもたちが運営しているミニFM局。複数のレギュラー番組がある。

Amlux Campus Channel(東京都豊島区東池袋3丁目 3-5 トヨタオートサロン アムラックス東京 B1サテライトブース、火〜金17:30-18:30)
毎週火曜日から金曜日まで、首都圏17大学の放送関係サークルが日替わりで行っている公開放送。電波は送信していない模様。

○FM千早88(東京都豊島区千早、88.0MHz、土15:00-)
現在放送中かどうかは不明。
日野エフエムが技術的なノウハウを提供して開局したとのこと。

参考:小学生“女子アナ”活躍 豊島にミニ放送局 『FM千早88』 (東京新聞、2007年2月12日(月))


豊島区千早のミニFM「女子アナ」は小学生「TOKYO MX NEWS」
(TOKYO MXTV、2007年10月15日)

コミュニティラジオ きたくなるまち(東京都北区王子、ネットラジオ、毎月10日・20日・30日配信)
PAL-FM。現在はネットラジオのみの放送。

FMサンク(東京都板橋区高島平2丁目 26-3 高島平団地内さくら通り商店街「コミュニティ・カフェ サンク」)
大東文化大学の「現代GP高島平再生プロジェクト」の一環。
FMおだわら(神奈川県小田原市、78.7MHz)で「Many Thanks 高島平」(日15:00-15:30;月23:00-24:00(再))を放送中。サイマルラジオからもネット経由で聴取可能。

ラジオネリマ(東京都練馬区、ネットラジオ)
毎週土日にオリジナル番組(12:00-)、それ以外の時間は「ラジネリ音楽畑」を配信。
FMえすかれぇしょん(千葉県市川市大洲、埼玉県川口市芝富士、東京都練馬区南田中、東京都上落合などから放送していた)。

足立区民放送(東京都足立区、ネットラジオ、土23:00-24:55
足立FM開局準備会による放送。毎週土曜日「アダチ区民放送局」を公式サイトねとらじなどで生放送。
ニコニコ動画内にコミュニティあり。過去の放送の動画もアップされている:

足立区民放送-ニコニコミュニティ

2009年9月27日まではミニFMでも放送していた。
足立区民さんからの情報によると、「じつはまだミニFMが放送されています。イベント時以外のベリカードの発行を終了したので、いちおうミニFMは放送していないといってる「だけ」だそうです」とのこと。

FM LoveWAVE(東京都葛飾区柴又1丁目、88.2MHz)
柴又駅前からの不定期放送。

○東京競馬場場内ミニFM(東京都府中市日吉町1-1、東京競馬場
場内で下記番組を放送・再送信中。

・グリーンチャンネルEAST:87.0MHz
・ラジオNIKKEI第1放送:87.5MHz
・ニッポン放送:88.0MHz
・ラジオ日本:88.5MHz
・場内実況:89.5MHz

2000年10月まで「TSS(Turf Sounds Station)」(87.0MHz)、2001年1月から2001年12月まで「Green WAVE」(87.0MHz)で場内限定オリジナル番組の放送を行っていた。

※参考:
東京競馬場の鉄人 [ TOKYO RACE COURSE ] :Anaba
 ※Green WAVE のスタジオ・ブースの写真あり。

TSS SUPPORT HOME PAGE

グリーンウェーブ(「篠崎菜穂子 応援サイト しのなお.com」内)
場内FMメモリアル(「篠崎菜穂子 応援サイト しのなお.com」内)

さくらじょうすいマイクロFM(東京都小平市上水南町、76.8MHz)
各種災害時における地域密着型の防災支援放送を目的とする放送。平時は、木21:00-24:55および金21:00-23:55に、海外のネット・ラジオを再送信している模様。

「さくらじょうすいマイクロFM」の名だが、最寄り駅は京王線・桜上水ではなく、JR国分寺駅か武蔵小金井駅。小金井市テニスコート、サレジオ小学校・中学校の付近で聴取可能のようだ。サレジオ学院(横浜市都筑区)・サレジオ高専(東京都町田市)ではない。

日野エフエム放送(東京都日野市新井、76.8MHz)
京王電鉄高幡不動駅周辺で毎週土曜日に放送中。

参考: 夜のロフトスタジオ(日野エフエム放送:東京都日野市 京王電鉄高幡不動駅周辺 76.8MHz、2009年8月13日(木)21:00-23:00)(当ブログ内)

○JOUT-FM(?、86.9MHz)
詳細不明。休日祝祭日に音楽のみを放送しているとのこと。
livedoor のねとらじでの放送も行っていることがあるようだ。番組内容説明によると「UTさん」により「週末 FM  86.9MHz  高幡 百草周辺でオンエア中」とのこと。 高幡・百草周辺でUTって、もしかして……。

参考:
今日もギンギン謎のFM(電波堂本舗)
JOUT-FM(86.9MHz)(パラかめタクシー、○○中!)

※2009年10月12日(月)に立川駅下りホーム上で放送を確認。
 ・ダウンロード 200910121718joutfm.mp3 (20.5K)(10秒)


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第20回 川口桜まつり in 文化放送送信所(埼玉県川口市赤井3丁目9-16、2010年4月2日(金)〜4月4日(日))

○第20回 川口桜まつり in 文化放送送信所(埼玉県川口市赤井3丁目9-16、2010年4月2日(金)〜4月4日(日))

今年も川口さくらまつりが文化放送の送信所(埼玉県川口市赤井3丁目9-16:地図)で2010年4月2日(金)〜4月4日(日)に開催される。

ようこそ!川口桜まつり

文化放送のイヴェントではないので念のため。

送信所の敷地内に入ることができ、かなり近くから送信アンテナ等を見ることが出来る。ラジオ・ファンなら一度訪ねてみるのも良いかもしれない。

ただ、交通の便は必ずしもよくない。JR川口駅東口から国際興行バスで「蓮沼」までというのが一番判りやすいと思う。

アクセスマップ(川口桜まつり)

一昨年はこんな感じ:

川口桜まつりin文化放送送信所(埼玉県川口市赤井3丁目9番16号、2008年4月4日(金)〜6日(日))(当ブログ内)

ついでに、チョットだけ一昨年の写真をどうぞ:


一昨年の様子1


一昨年の様子2


一昨年の様子3
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京圏民放AM局2010年春の番組改編

○東京圏民放AM局2010年春の番組改編

遅ればせながら、東京近郊のAMラジオ局の春の番組改編について。

TBSラジオ 春の新番組スタート!!
 TBS RADIO 954 kHz 週間番組表

2010年春 文化放送の新番組
 AM1134kHz 文化放送 JOQR(トップ・ページ 番組表あり)

2010 春の新番組 - AM1242 ニッポン放送
 AMラジオ 1242 ニッポン放送 番組表

TOPICS|ラジオ日本 AM1422kHz
 ※改編情報ページは見当たらず。
 タイムテーブル | ラジオ日本 AM1422kHz

* * *

TBSラジオ 春の新番組スタート!!

ざっと新番組を見渡して、必ず聴こうと思うのは「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、月〜金22:00-25:50)水曜JUNK「山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ、水25:00-27:00)のみ。

やはり一番の注目は「ニュース探求ラジオ Dig」(TBSラジオ、月〜金22:00-25:50)。個人的には、「伊集院光 日曜日の秘密基地」(TBSラジオ、2000年10月8日〜2008年3月30日)の「日曜ゼミナール」をちょっと硬派にしたような感じになればいいなぁと思ったりしている。音源のアーカイヴ化は難しいかもしれないけれど、レジュメっぽいまとめなんかがサイトに載ればいいのになぁ。

その他の注目点は、今シーズンは土日のナイター中継をやらないという点。

個人的には、「横並びで全局ナイターやらなくったっていいんじゃないの?」と思っていたが、どうせならゆるい音楽番組ではなく、じっくり聴けるトーク番組にしてほしかったなぁ。

あと「木村剛のGOGOトーク」(TBSラジオ、日18:00-18:30)——なんで今さら、木村剛?

2010年春 文化放送の新番組

とくに注目の番組は今のところなし。

AKB48は「AKB48のオールナイトニッポン」(ニッポン放送、金25:00-27:00)だけでなく、文化放送でも番組をもつんだねぇ(「リッスン? 〜Live 4 Life〜」文化放送、火25:00-27:00)。

「髭男爵山田ルイ53世のルネッサンスラジオ」(文化放送、土19:00-21:00)は消滅かぁ。けっこう好きだったのに。また、コソッと深夜に続けてほしかったなぁ。昭和の窓辺さんは、今後どうすんのかねぇ。

2010 春の新番組 - AM1242 ニッポン放送

気になるのは「ラジオアーカイブ 発掘ラジオ!天国」(ニッポン放送、土4:30-5:00)。

ニッポン放送開局以来の貴重な放送音源を改めてご紹介!懐かしい番組やパーソナリティの声に“あの時代“が蘇ります。

とか。

まえまえから、こういうのやらないかなぁと期待していた。面白そうだけれど、前向きな感じがしないのは難。

TOPICS|ラジオ日本 AM1422kHz

宮川賢のおはよう!スプーン」(ラジオ日本、月〜木)が注目。「宮川賢のラジカントロプス2.0」(ラジオ日本、2010年2月6日(土)24:00-24:30)で言ってた話、結局自分の事を言っていたのかよ。

第1週はとりあえず聴いてみようと思う。でも、聴き続けるかどうかは今のところ判らない。

「吉田照美 ソコダイジナトコ」(文化放送、月〜金6:00-8:30)も、開始最初はインパクトがあったけれど、結局は聴き慣れた「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月〜金6:30-8:30)に戻ってしまった。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラジオのミニコミ誌を発行しております(53):「ばんばひろふみ!ラジオDEしょー !!」(ラジオ関西)で『ラジオ中毒』が紹介されたようです&新宿の模索舎さんを救え!

○ラジオのミニコミ誌を発行しております(53):「ばんばひろふみ!ラジオDEしょー !!」(ラジオ関西)で『ラジオ中毒』が紹介されたようです&新宿の模索舎さんを救え!

『ラジオ中毒』最新号は290円です。40ページです。この表紙、どっかで見たことあるような……。

結局、模索舎の40周年イヴェント、行けなかったなぁ。


※今回は、頑張って表紙をカラーにしてみました。
思いっきり手づくりです。

「ばんばひろふみ!ラジオDEしょー !!」(ラジオ関西)で『ラジオ中毒』が紹介されたようです。

ご報告が遅れましたが、「ばんばひろふみ!ラジオDEしょー !!」(ラジオ関西、2010年2月13日(金)9:00-11:50)『ラジオ中毒』2号をご紹介頂いたようです。

『ラジオ中毒』2号では、とくながたかのりさんから、「ばんばひろふみ!ラジオDEしょー !!」のパーソナリティーのおひとりである増井孝子さんを取り上げた「ラジオの達人「増井孝子と朝までいっしょ」」という記事をご寄稿頂いております。

ばんばひろふみ ラジオ・DE・しょー!!-ラジオ関西-(公式サイト)

とくながたかのりのSPECIAL Days(とくながたかのりさんのブログ)

模索舎さんを救え!

『ラジオ中毒』を毎回お取り扱い頂いている新宿の模索舎さんがいろいろタイヘンとのこと。詳しくは下記をご覧下さい:

〈模索舎から皆さまへのお願い〉 - 模索舎40周年ブログ

私も近いうちの協力しようと思っております(イヴェントに行けなかった罪滅ぼしの意味も含めて)。

このブログをご覧の皆様は、なかなかカンパというのはハードルが高いかもしれませんが、もし『ラジオ中毒』を読んでみたいというかたがいらっしゃいましたら、模索舎さんから購入するというのも、協力のひとつの方法かもしれません。

反新自由主義者の本懐を全うするチャンスでございます。

模索舎(東京都:新宿御苑新宿門むかい)地図

『ラジオ中毒』2号取扱店

模索舎(東京都:新宿御苑新宿門むかい)地図

タコシェ(東京都:中野ブロードウェイ3F)地図通販

Lilmag(オンライン・ショップ)
 通販: 2号臨時増刊号創刊号

ちんき堂
(兵庫県神戸市中央区元町通1-11-8 千成堂ビル2F)地図

貸本喫茶ちょうちょぼっこ
(大阪市西区北堀江1-14-21第一北堀江ビル4F) 地図

キララ文庫(熊本県熊本市黒髪6-9-9)地図

Blue. September. Blue.(オンライン・ショップ)
 通販:創刊号臨時増刊号2号
 ※ご注文方法はサイトでご確認ください。

* * *

上記のお店で、万一売り切れているというようなことがありましたら、「今度はいつ入荷しますか?」などと、あくまでも紳士・淑女的な物腰を保ちつつ、お店のかたにやんわりプレッシャーをかけてください。

執筆者紹介(敬称略):

河内の政 (ラジオの雑談
kiku (ラジオウォッチブログ
365連休
好間烏合 (てれびのスキマ
スタミナツク・デブ
田野弘高 (人生こればっか
とくながたかのり (とくながたかのりの SPECIAL Days
talkmaster44 (ラジオファンブログ
ナカダヨーコ (愛情通信網
2児パパ (ラジオでクネクネ
百円イヤホン
Free@Tokyo (冷静に、殴り書き!)
MasaruS (ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!
まゆう (http://twitter.com/capsella
ヨダレ (ヨダレのセカイ

『ラジオ中毒』2号目次

巻頭企画 ラジオ馬鹿はコレを読め!「ラジオ中毒の10.0 冊」

特集 深夜放送
『深夜放送は青春の通り道』/2児パパ
伊集院光 深夜の馬鹿力「俺たちは草食系男子なんかじゃない。対人恐怖症だ!」/まゆう
 月金一時三時……ナカダヨーコさんの場合
ラジオの達人「増井孝子と朝までいっしょ」/とくながたかのり
伝えたいことなど何もない〜大森俊治のこしょこしょ話/ヨダレ
 月金一時三時……田野弘高さんの場合
今さら「オールナイトニッポン」でもないだろう・・・。/とくながたかのり
 月金一時三時……ヨダレさんの場合
ゆるいテレビの深夜放送みたいなゆるいラジオ番組「順子と涼のアシタヘストライク!」/MasaruS
 月金一時三時……MasaruS さんの場合
深夜放送がラジオの楽しさを教えてくれた。/河内の政
 月金一時三時……河内の政さんの場合
林原めぐみの Tokyo Boogie Night/ヨダレ
「カンニング竹山 生はダメラジオ!」/MasaruS
大好きな深夜放送パーソナリティー/2児パパ
看板の架け替え/kiku
4コマ漫画「ラジオくん」/365連休
「火曜JUNK・爆笑問題カーボーイ」/とくながたかのり
 月金一時三時……Free@Tokyo さんの場合
 月金一時三時……とくながたかのりさんの場合
芸人たちが深夜ラジオを愛する理由/好間烏合
 月金一時三時……好間烏合さんの場合
たまふる緊急批評、略して/百円イヤホン
 月金一時三時……kiku さんの場合
 月金一時三時……365連休さんの場合

本音のぶつかり合い 小島慶子 VS 大竹まこと/kiku
「QIC」/とくながたかのり
思いつき緊急企画「あなたのTalkMaster 見せて下さいっ!」第1回 talkmaster44 さん
完全な真空管ラジオ/スタミナツク・デブ
超簡単ループアンテナの製作/2児パパ

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IPサイマルラジオ RADIKO 関連:エリア外からRADIKOが聴けた人を探してみました。

○IPサイマルラジオ RADIKO 関連:エリア外からRADIKOが聴けた人を探してみました。

※RADIKO側のセキュリティーが強化されましたので、下記の方法で必ず聴けるとは限りません。

※[プロキシ編]に、ローカルプロキシで聴けた例を加筆しました(2010年3月22日)
※[固定IP編]に加筆しました(2010年5月8日)

 

RADIKO関連の下記エントリーが異常な人気。ありがとうございます:

IPサイマルラジオ RADIKO 関連:いろいろ工夫している人を探してみました。(当ブログ内)

新しい情報を見つけしだい適宜加筆していたのですが、長くなってきたので、エリア外からRADIKOが聴けた皆さんの紹介を分割してみました。

分割にあたり、[プロキシ編]を追加。

言うまでもないことですが、[モバイル通信編]の事例は、エリア外からも東京エリアと判定されることがあるということであり、同じ会社と契約すれば必ず聴けるわけではありませんので念のため(埼玉県からWILLCOMで聴けなかった例もご紹介しています)。

エリア外からRADIKOが聴けた皆さん:

[固定IP編]
「IPサイマルラジオ(radiko)」へのコメント(「houtou blog  」内)

※INTERLINKの固定IPサービスで聴けたそうです。

○Radiko.jp  #radiko の聴取にインターリンクのマイIPを試してみました。(「後藤さんのひとりごと」内)
※INTERLINKの固定IPサービスで聴けたそうです。

[社内ネットワーク編]
radiko、こいつはなかなか・・・(「ラジオ日記」内)
※東京都から大阪エリアの放送が聴けたそうです(本社が大阪府)。

このブログにコメントを下さった「通りすがり」さん
※兵庫県神戸市から東京エリアの放送が聴けたそうです(「職場の回線は有線放送が提供している法人向のBROAD-GATE02」とのこと)。

[モバイル通信編]
radiko.jp(「本物とはなにか...」内)
※EMOBILEで東京エリアの放送が聴けたそうです。

radiko IP(Internet Protocol)サイマルラジオをエリア外で聞くには(「楽天ブログ 買っちゃった」内)
※WILLCOMで東京エリアの放送が聴けたそうです。

RADIKO WIMAXでも利用可能に(「SIROKUMA DIARY」内)
※WiMAXで東京エリアの放送が聴けたそうです。

radiko.jp を録音するメモ(「コムギドットネット」内)
※moperaで東京エリアの放送が聴けたそうです。

WiMAX で radiko(「大入のホビーッ人!」内)
※埼玉県から東京エリアの放送を、WiMAX・EMOBILEで聴けて、WILLCOM・iPod touch で聴けなかったそうです。
WILLCOMでは「HOKKAIDO JAPAN」と判定されたとのこと。

[自前サーバー編]
radiko(「妙な会社を作る日々」内)
※自前サーバーで熊本県から東京エリアの放送が聴けたそうです。

[プロキシ編]
radiko でプロキシーサーバーからエリア外からつなげられるのか?試してみました。(「ツールで遊ぼう。」内)
※エリア外から東京エリアの放送が聴けたそうです。ただし、接続が不安定なためすぐ切れるとのこと。

RADIKOプレイヤーが使うポートを塞ぐことで、プロキシでの接続を有効にするという方法のようです。
プロキシではムリだというのがもっぱらの噂でしたが、聴けることは聴けるようです。しかし、実用に堪える環境とは言えないようです。

○このブログにコメントして下さった「雪だるま」さん (2010年3月22日加筆)
※ローカルプロキシで、札幌市から東京エリアの放送が聴けたそうです。

「札幌在住ですがradikoはローカルプロクシ(たとえばポート8080←→proxomitron経由)で安定して聴けます。いまのところコネクション落ち・音落ちはほぼ皆無。安定して聞けるかどうかは、使ってるプロバイダのバックボーンがradikoサーバに近いかどうか、と思われます」とのこと。

* * *

あとは『ラジオライフ』(三才ブックス)に頑張ってもらいましょう。

※当ブログ内のRADIKO関連エントリー:

井上 理「大手民放ラジオ13社、ネット同時放送解禁へ——3月から変わるラジオ局 NHKは地方はどう動く?」(日経ビジネスオンライン記者、2010年2月12日)

Togetter - まとめ「伊集院さんが深夜につぶやいたラジオ局の行く末まとめ」

IPサイマル放送 RADIKO、2010年3月15日(月)スタート。

IPサイマルラジオ、RADIKO プレイヤーの埋め込みに成功。(※注意:音が出ます)

小島慶子 キラ☆キラ(TBSラジオ、2010年2月12日(金)13:00-15:30)

安住紳一郎の日曜天国(TBSラジオ、2010年3月7日(日)10:00-12:00)

IPサイマルラジオ RADIKO 関連:いろいろ工夫している人を探してみました。

IPラジオ「radiko」好反響、初日聴取人数105万人、急きょシステム増強(文化通信.com、2010年3月17日)


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (9) | トラックバック (1)

寺沢大介「修理(なおし)もん研究室」第10話 ラジカセの修理もん(前編)、『ビッグコミックオリジナル』2010年4月5日号(小学館)

○寺沢大介「修理(なおし)もん研究室」第10話 ラジカセの修理もん(前編)、『ビッグコミックオリジナル』2010年4月5日号(小学館)

最近ではほぼ、安倍夜郎「深夜食堂」目当てで読んでいる『ビッグコミックオリジナル』。

ただ、今売りの号の、寺沢大介「修理(なおし)もん研究室」が興味深かったのでご紹介。

主人公の古生物学教授が、発掘物修復技術などを使って色いろなものを修理するという漫画で、いつもはワリと読み流しているのだけれども、今回はラジカセがテーマとあってガゼン注目。

主人公の研究室の助手の父親が、35年ぶりに友人から手紙を受け取り、それを機に、友人から35年間借りたままだったラジカセの修理を依頼するのが物語の発端。

エア・チェック、レタリング・シート(インレタ)、FM情報誌、ステレオ・インジケーター、ラジカセの修理(といっても作品中では大した修理はしなかった)、テープに磁性粉を貼付ける糊の劣化、ラジカセ独自の音作り、録音に使ったラジカセで再生することの意味、などなど、ラジカセ好きな人は愉しめるはず。

作中のラジカセを探してみた

さて、この話に登場するラジカセはこんな感じ:

細部の書き込みから、おそらく実在する機種ではないかと思い、調べてみることに。

まず、上部の操作パネルの雰囲気が SONYっぽい。次に、作中の「35年が経った……」「FMレコパルやFMファンと言ったFM情報誌が創刊されたのもこの頃だったよなあ」という台詞から、1974年あたりのラジカセと推測。

そこで、試しに「SONY ラジカセ 1974年」でGoogleの画像検索にかけたところ、いきなり的中:

SONY ラジカセ 1974年 - Google 画像検索

しかし、これは偶然のヒット。型番・発売年など詳細は判らずじまい。ただ、実在する機種であることは判明。

次に、この漫画に取材協力している「ビデオ工房トパーズ」を検索。サイト内に「ラジオ・ラジカセミニ博物館」を発見:

ラジオ・ラジカセミニ博物館(ビデオ工房トパーズ)
※コレはすごい。要予約だが、見学もできるようだ。

上記サイトのSONY製品のページでは該当機種は発見できず。続いて「ラジオ・ラジカセミニ博物館・資料室」内の「SONYテープコーダー回路図集」のページ該当機種で発見。

SONY CF-2550と判明。昭和47(1972)年10月21日発売。

ビデオ工房トパーズさんから頂いたコメントによると、正解は、CF-2580。CF-2500からCF-2580まではほぼ同じデザインとのこと。ご教示ありがとうございます。

ラジオ・ラジカセミニ博物館・資料室 SONYテープコーダー回路図集

実は、このラジカセ「タモリ倶楽部」昭和ラジカセ史探訪(テレビ朝日、2008年3月21日(金) 24:15-24:45)に登場していた模様:

昭和ラジカセ史探訪 - Aaron's STUDIO
※上記エントリーの一枚目の写真の手前から2番目のラジカセが、SONY CF-2550。

※リンク

ラジカセに関するサイト

ラジオ・ラジカセミニ博物館(「ビデオ工房トパーズ」内)

初期ラジカセの研究室

バブルラジカセ博物館

ラジオ・ラジカセ博物館(「夢沢那智の館」内)

レトロ・ラジカセが買える店

TURBO SONIC[世界初ラジカセ専門店]
※東京都渋谷区東3-14-22 白善ビル102(地図

ラジカセ・ラジオ・レトロ家電の宝庫 デザインアンダーグランド
※東京都足立区南花畑5-15-14 都営保木間第5団地14号棟105号室(地図

ラジカセ・ユニークサウンド ダビーマッド サウンドショップ 渋谷
※東京都渋谷区神南1-14-1 コーポナポリ2F(地図


当ブログ内の人気記事


Google

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「QIC」放送700回記念公開録音(ウェブラジオFMC、2010年3月14日放送分)

「QIC」放送700回記念公開録音(ウェブラジオFMC、2010年3月14日放送分)

ウェブラジオFMCの旗艦番組「QIC」が放送700回を迎えた。国内のウェブラジオでは最長寿番組とのこと。

FMC/QIC
※上記リンクから「2010年3月14日放送分(第700回)」をお聴きください。
 放送後3週間公開。

地元紙・熊本日々新聞で公開録音の様子が紹介されたようだ:

妙な会社を作る日々: 濃厚な一日!
※記事の画像が紹介されています。

拍手と笑い声がうらやましい。っていうか悔しいよ。オレも行きたかったなぁ。だただたそれだけ。 今までの公開録音の中でいちばん盛り上がっていたような気もする。

番組の最後で、「名前だけでも」と投稿してきたリスナーの名前を読み上げていたが、久びさに聞く名前も多かったけれど、意外と憶えている名前が多かった。

どんだけ集中して聴いてきたんだ、オレ。

ところで、放送の中で榎田信右衛門師匠が言っていた「棒になった男」(1969年)は安部公房の戯曲。

戯曲の元になった、同じく安部公房の短編「棒」(1955年)の入っている文庫本はウチにあるので読み返した。10ページ弱なのですぐ読める。面白いと言えば面白いが、まかり間違えばオレにも書けるんじゃないかと思わせる(書けない、もちろん)アイディア一発の小品。

ついでに帰りに本屋で戯曲のほうも見てみたが、小説のほうが面白い。戯曲だと、棒になってしまった男も声を出してしゃべらないといけない点でリアリティーに欠ける。棒がしゃべったら元も子もない。小説のほうの、一人称のしゃべれない棒だからこそ、物象化や疎外の矛盾を読者は噛み締めることができるんだ。

ちなみに、私のベスト・オブ・変な名前は「エビス ちょっと贅沢なソープ」。


※おまけ

3月17日の朝に「BARAKAN MORNING」 (InterFM、月〜金7:00-10:00)を聴いていると、JAMESON のCMが流れていた。アイルランドの祝日、St Patric's Day にちなんでのこと。

みなさん、この日は、「Y」の前に「E」の入ってるヤツのみましたか?


マスタード☆鶴田のウイスキー夜話3
「概ね日刊ケムール・テレビ」Vol.11
(ウェブラジオFMC、月テレ)


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「JUNK」(TBSラジオ、月〜金25:00-27:00)、2010年春改編の新ラインナップ決定。

○「JUNK」(TBSラジオ、月〜金25:00-27:00)、2010年春改編の新ラインナップ決定。

2010年4月からの「JUNK」(TBSラジオ、月〜金25:00-27:00)の新ラインナップが決定した模様。

月:伊集院光 深夜の馬鹿力

火:爆笑問題カーボーイ

水:山里亮太!不毛な議論!!

木:おぎやはぎのメガネびいき

金:バナナマンのバナナムーン GOLD

土:エレ片のコント太郎

おぎやはぎ、バナナマン、エレ片が「JUNK ZERO」(TBSラジオ)から昇格、山里亮太が新加入。土曜日にもJUNK枠が拡張される。

水・金が交代になったのは、まぁいいか。もともと聴いていなかったし。両方とも人気だったと思うけれど、私にはあんまり合なかった。

でも、たまたま聴いた、金曜JUNK「加藤浩次の吠え魂」(TBSラジオ、2010年2月19日(金)25:00-27:00)の「第1回残念なモノマネチャンピオン決定戦!!」は面白過ぎて笑いっぱなしだった。今年のJUNKすべての曜日のなかでいちばん面白かったかも。

たぶん蝮さんがオレを呼んだんだと思う。ガラガラ〜ガラガラ〜ガラガラ〜!


金曜JUNK「加藤浩次の吠え魂」
(TBSラジオ、2010年2月19日(金)25:00-27:00)
「第1回残念なモノマネチャンピオン決定戦!!」

木曜JUNK「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」終了はイタいなぁ。まぁ、覚悟はしていたけれど。

お笑いずきな人の印象は判らないけれど、おぎやはぎではちょっと弱い。最近、くりぃむしちゅー有田哲平が続けて出ているけれど、別に面白くなった感じもしない。山崎弘也&ゆってぃだけのほうが私は好き。

また「JUNK交流戦スペシャル」でつなげばいいのに。 今度の場合は、犯罪者が出たわけじゃないんだし。

Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

IPラジオ「radiko」好反響、初日聴取人数105万人、急きょシステム増強(文化通信.com、2010年3月17日)

○「IPラジオ「radiko」好反響、初日聴取人数105万人、急きょシステム増強」(文化通信.com、2010年3月17日

15日(月)午前0時スタートしたIPサイマルラジオ試験配信サービス「radiko」が大反響、好スタートを切った——。初日の延べ聴取人数は105万人、ユニークユーザーは30万人にのぼった。

のべ105万人、実数30万人——始まってすぐ聴いて、会社で昼に聴いて、家に帰ってもう1回聴いたって感じなのかなぁ。

聴取可能エリア1都2府5県の推計人口の合計が 58,821,660人(2010年2月1日現在)なので、RADIKO での聴取者30万人は 全人口の約0.005%。多いのか少ないのか……。

私自身、RADIKO は、集めた情報関連の実験に使っているけれど、実際に放送を聴くのはラジオという感じに戻った。いい音だけれど、AM音質に慣れているので、AMの高音がキンキンしてチョッと違和感がある。

一般には、録音のために使うという一定の需要は持続しそう。

ちなみに、先日このブログで紹介した、Audio Hijack Pro (Macintosh専用、シェアウェア、無料版は10分間まで録音可能)で RADIKO のタイマー録音を試したら、ものすごくキレイに録れてビックリ。コレはすごい!

Windowsユーザーの皆さんは何で録音するのがやりやすいのだろうか? 先日ご紹介した radika Ver0.04(Windows用 RADIKOレコーダー)の評判も気になるところ。

IPサイマルラジオ RADIKO 関連:いろいろ工夫している人を探してみました。(当ブログ内)

Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ニュース探究ラジオ Dig(TBSラジオ、月〜金22:00-24:50)、2010年4月5日スタート。

○「ニュース探究ラジオ Dig」(TBSラジオ、月〜金22:00-24:50)、2010年4月5日スタート。

「BATTLE TALK RADIO アクセス」(TBSラジオ、月〜金22:00-23:55)の後番組の「ニュース探究ラジオ Dig」(TBSラジオ、月〜金22:00-24:50)の詳細が判った。

カンニング竹山隆範が出ると聞いた時はちょっと意外だった。

4月5日(月)新番組「Dig」スタート|TBS RADIO 954 kHz トピックス&ニュース

Dig | TBS RADIO 954kHz

TBSラジオのサイトによると番組内容の概要は下記の通り:

Dig=「掘る、わかる、探し当てる」
日々、ニュースに関する情報があふれる中で、「わかったつもりで接している」ことはありませんか?
「なぜそのニュースが大きく報道されているのか」改めて考えることって、多くありませんか?
この番組ではパーソナリティがニュースに対して感じる自然な違和感や疑問を話し合いながら、専門家や当事者に質問し、リスナーの疑問や体験談を交えて「わかる」ことに近づいていく過程を生放送にする番組です。

本編(22:00-23:55)と「ニュース探究ラジオ Dig 深夜営業」(24:00-24:50)に分かれており、RADIKO とは別に、番組の全編をストリーミング配信するとのこと(こっちはエリア外からも聴取可能)。

パーソナリティー陣は以下の通り:

カンニング竹山
神保哲生
藤木TDC
荻上チキ
大根仁
竹内香苗
竹内香苗
外山惠理
外山惠理
水野真裕美

聴いてみないと何とも言えない顔ぶれかな。

なんとなく、飯田泰之が入るんじゃないか、ひょっとしたらモーリー・ロバートソンも……と思っていたけれど。

Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(28)

2010年2月のつづき:

TBSラジオ:女子アナウンス部御中(TBSラジオ ウェブサイト)

「BATTLE TALK RADIO アクセス」(TBSラジオ)、2010年4月2日で終了。

北野誠、所属事務所が「謹慎処分解除」を正式発表 20日より芸能活動再開(ORICON STYLE、2010年2月15日)

ラジオのミニコミ誌を発行しております(51):Blue. September. Blue. Distroさんに納品しました&Lilmagさん・タコシェさんに追加納品しました。

「タイムマシン部」(ポッドキャスティング)、Podcasting Juice 週間ダウンロードランキングでもうすぐトップ10入り。

TBSラジオ「バンクーバー・オリンピック・リポート」のコンドウナツキ記者

桜川マキシム 第200回 「ネットラジオ大戦争、勃発。」(ネットラジオ、2010年2月18日配信)

マルツパーツ館で買った SOLAR CHARGE RADIO(生利王世家)

FM/AMラジオ搭載ネットブック「ONKYO NOTE PC C4シリーズ C411A5」(オンキヨー)、2010年2月15日発売。

コレクションマート(東京都台東区上野3丁目 10-8)、閉店。

みうらじゅん、「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、2010年2月26日(金)13:00-15:30)に初登場。

BATTLE TALK RADIO アクセス(TBSラジオ、2010年2月16日(火)22:00-23:55)

東京のミニFM局リスト(暫定版)2010年2月28日改訂

エフエム多摩(東京都多摩市周辺 77.6MHz)、2010年3月31日で閉局。

マジ高ネットラジオ 第146回 PTA特典DVDレポ(ネットラジオ、2010年2月26日配信)

2010年3月:

FM/AMラジオ搭載ネットブック「C411A5」(オンキヨー)をさわってきた。

伊集院光『のはなしに』(宝島社、2009年)

「RADIKO」ウェブサイト radiko.jp

アダチ区民放送局(ネットラジオ:足立区民放送、2010年2月27日(土))

てるてる坊主(FMジャングル:兵庫県豊岡市周辺 76.4MHz、火19:00-19:30、再放送 金13:00-13:30;土20:00-20:30)

過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桑原茂一の PIRATE RADIO(InterFM、2010年2月23日(火)23:00-23:30)

○「桑原茂一の PIRATE RADIO」(InterFM、2010年2月23日(火)23:00-23:30)

桑原茂一のPIRATE RADIO(公式サイト)


「桑原茂一の PIRATE RADIO」第8回(InterFM)

この日は近田春夫とモブ・ノリオのトークの2回目。

番組前半の、近田春夫がフーゾクに行ったことがない理由にも非常に共感できたが(ちなみに、私も全く同じ理由でフーゾクに行ったことがない)、それ以上にハッとさせられたのは、番組後半の音楽の聴き方についての話。

モブが、

こんだけ音楽聴く人がいっぱいいてて、あの、例えば携帯電話でダウンロードして聴くじゃないですか、それをねえ、あの、ホントに、おじいさんがラジオを耳に付けて聴いてるような感じで聴いてる若者がいまして、音楽聴いてるんですよ。それを何かね、ショッピング・モールの、あの、ベンチに座ってこうやって聴いてる若者を見た時に、ものすごく寒々しい気分になったんですけど。

なんか、音楽のリアリティーを削ぎ落とすようなかたちでの流通がどんどん普及していってしまって、まぁ、えぇ、神秘的な力と言ってもいいと思うんですけど、あと、その、えぇ、根源的な何か、そういうものを……が伝わらなくなってるような社会にどんどんなっていっているような気がするんですけどねぇ。

と語ったのに対して、近田の応答はこうだ:

そうやって聴く、それもアリな気がしちゃうのよ。

真空管ラジオで聴くのとトランジスタ・ラジオで聴くのは、トランジスタ・ラジオのほうが悪いとかっていう、そういう風になってっちゃうじゃないですか。だからね、僕ねぇ、そこんとこのその意見は、オレはチョッと感傷的だなって気がチョッとすんだよね。

もうちょいそれをフラットに見た時に、本来ステレオでつくった曲をモノラルで聴かれただけでも「もう、オレの音楽じゃない」って言うのと同じことになっちゃう気がするんだけど。

だから僕はね、再生装置ってものは、僕は選ばないっていうほうが、僕はね、むしろ音楽を聴いてることになる気がするの。

結局、広義で言うところの、広い意味で、「チューニングする」ってことなんだと思うんですよ。

だから、自分としてのポイントに何かを近づけていくこと、チューニングってのは。そのジャストんとこにチューニングしても気持いい人がいるかもしんないけど、なかには変った人がいて、チョッとズラして、ウワァ〜ってのが好きな人がいたっていいわけですよね。音ってそういうもんだと思うんですよ。

聴き手はスゴく自由に、自分の好きに聴いていいんだと思うんですよ。他の人がどういう聴き方をしても、それについては意見っていうのは差し伸べられないんじゃないかっていうのが基本なんですよ。

だから、「こういう伝わり方じゃなければいけない」「こういう聴き方じゃなければいけない」っていうことは、もしかしたらそれ自体が、そういう、ファッショにつながっちゃうから[……]。

確かに、モブの言いたいことの根本のところには共感できるが、阿久悠の「音の点滴」(「通」NHK総合テレビ、2007年7月28日)を思い出させる譬えがやや古く感じられたし、「ショッピング・モール」の時点でオチは見えていた。他方、近田の思想にハッとさせられた。再生装置の選択も含めて、聴き方の選択の総体が広義の「チューニング」。近田春夫はヤッパリすごい。自由だ。

こういう風に、他者の語りを通じて視界が開ける感覚こそが、トーク・ラジオの神髄だと思う。

近田が「チューニング」という概念を使ったことで、この音楽の話を、私はラジオに話として聴いた。ここ最近話題のRADIKOをめぐるラジオ聴取の方法についての議論のひとつの答になっていると思う。

チューニングする自由は、リスナーの権利なんだなぁ。

radiko.jp

※おまけ

番組内でヒカシューの「うわさの人類」(1981年)巻上公一の「イヨマンテの夜」(1982年)がフィーチャーされていたので、巻上公一の動画をご紹介:


 巻上公一蜂谷真紀
(CLUB JAZZ屏風 in JAZZ ART せんがわ2008
ナイス・インタープレイ!

この動画、スゴくいい。最後に顔を上げた時の巻上公一の表情が最高。パン・フルートをエフェクター風に使うアイディアも面白い。

ちなみに巻上公一はFMおだわらで「MUSIC INSIDE OUT」(FMおだわら:神奈川県小田原市周辺78.7MHz、月20:00-21:00、再放送:土21:00-22:00)という番組を担当中。サイマルラジオで聴くことができる。こちらもおススメです。

FMおだわら(78.7MHz)
サイマルラジオ

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安住紳一郎の日曜天国(TBSラジオ、2010年3月7日(日)10:00-12:00)

○「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ、2010年3月7日(日)10:00-12:00)

この日の「にち10」のオープニング・トークはでは、翌週にIPサイマルラジオ RADIKO の試験配信開始を控えて、RADIKO の話題:

「鰻マヨバーグ」(にち10ポッドキャスティング、2010年3月7日放送分)

ラジオで聴いた RADIKO についての解説・分析・予想の類では、最もバランスが取れていて、内容も充実していたと思う。何と言っても、笑える話になっているし。

「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、2010年2月12日(金)13:00-15:30)での小島慶子アナのトークが射程に入れていなかった部分を、安住アナがちょうどしゃべってくれたという感じ。両方を併せて聴くとRADIKOをめぐる放送局の人たちの考え方が立体的に解る。

TBS RADIO 2010年2月12日(金) キラ☆キラ オープニング☆トーク - 小島慶子 キラ☆キラ

「町の蕎麦屋が一堂に会するビル」の譬えはさすがという感じ。ただ、「鰻マヨバーグ」は、面白いけれど、どうかと思った。NHKが「鰻の白焼きだけ黙々と焼いてる」は言い得て妙。

NHKを「唯一経営に困っていない放送局」と呼ぶことで、RADIKO がナンダカンダで経営難打開策だとはっきり言ってくれたところにも溜飲が下がる思いだった。都心部の難聴取対策とかなんとか言って、やっぱり本音はソッチでしょう。

詳しいことは、改めて私が説明するよりも直接音源を聴いたほうがよいと思うので詳述しないが、なるほどと思った点をいくつか紹介:

PCユーザーからの需要

・作業中の人のBGMとしての需要(FMの音楽番組)
・2ちゃんねるユーザーなどとの相性(AMのディスカッション番組)

東京都島嶼部での聴取

私は23区内在住なのでネット配信されなくても聴けるけれど、東京都の島嶼部のニーズに応えるという意味では、ネット配信の意味は大きいと納得。

実際に、こういうかたもいらっしゃる:

三宅島でもJ-WAVEが聞きやすくなるか?: おかちゃん眠りの館(別館:ブログ)
聴けた聴けた。: おかちゃん眠りの館(別館:ブログ)

他人の話といえば他人の話だけれど、こういうのを見ると、とてもうれしいねぇ。

CMにも著作権

番組のネット配信について著作権の問題が云々されることは多いが、多くの場合は音楽および番組の著作権のことで、CMの著作権は盲点だった。

契約上の規定があるのだろうとは思うけれど、現実的に言って、著作権を盾にCMを流させないスポンサーがいるとは思えない。

もし仮にCMがネット配信にとってネックになることがあるとしたら、むしろ、「ネットでも流すのなら、広告料を値上げしたい」とかなんとかいう思惑のほうじゃないかと邪推。

Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

小島慶子 キラ☆キラ(TBSラジオ、2010年2月12日(金)13:00-15:30)

○「小島慶子 キラ☆キラ」(TBSラジオ、2010年2月12日(金)13:00-15:30)

先月の放送になるけれど、この日のオープニング・トークの話題は、翌月に開始予定で、日経ビジネスオンラインで取り上げられて話題になっていた、ラジオのIPサイマル放送 RADIKOの話題:

TBS RADIO 2010年2月12日(金) キラ☆キラ オープニング☆トーク - 小島慶子 キラ☆キラ

井上 理「大手民放ラジオ13社、ネット同時放送解禁へ——3月から変わるラジオ局 NHKは地方はどう動く?」(日経ビジネスオンライン記者、2010年2月12日)(当ブログ内)

RADIKOについて、小島慶子アナウンサーは、旧来のラジオ受信機での聴取に対して、「決してこれは、古い道すてて新しい道の乗り換えるってことではなくて、道幅を増やしてゆくっていうことなんだっていう理解が広がるといい」と説明。

説明自体は腑に落ちたし、たぶん、現場で番組をつくっている人にとっては、より多くの人に聴いてもらうことが一番良いはず。

改めてこういう風に語ってくれたことはリスナーとしてはうれしいけれど、厳し目に言えば、聴かなくても解っていた話でもある。

私のような従来のラジオ・リスナーは、自分たちが切られるなどとは考えていない。少なくともリスナーとパーソナリティーのあいだでは、そういう信頼関係は崩れていない。

むしろ気になるのは、RADIKO みたいな話を付けてくるラジオ関係者はおそらく番組制作に直接関わっている人たちではないはずという点。一説では、主導者はラジオ局ではないという話も。RADIKO をめぐる多様な関係者の利害の布置連関をもう少し解きほぐして説明してほしかった。

ちなみに、私の周りのラジオ・ファンでない人は、RADIKO の話をほとんど知りませんでしたとさ。ラジオ・ファンしか通らない道にならないといいけど。「この道は、車より熊のほうが多い」みたいな話になりはしないかと、とチョッと心配している。

ラジオと映像

ラジオに映像を付けることに反対する昔ながらのラジオ・マンに対して、小島アナも水道橋博士も批判的な立場のようだった。

私は、正直言って、ラジオに映像なんかなくてもいいと思っている。映像がなければラジオなんか聴かないと言う人が多数派なら付けたっていいけれど。私は、基本的には従来のラジオ受信機で音だけ聴くほうが好きだ。

別に私は、「ラジオを聴くと頭に絵が浮かぶので想像力が豊かになる」みたいな手垢のついた生っちょろい話をしているわけではない。

想像力を梃子にして音声情報から映像を思い浮かべることはラジオの快楽のひとつではあるけれど、ラジオの究極の快楽ではない、と私は考えている。むしろ言語によって惹起される映像化不可能なイメージ、言語と映像の裂け目にある第三のイメージこそが、ラジオの究極の快楽なのではないかと私は考えている。要は、伊集院光がよく言う「松の木におじやをぶつけたような不細工」みたいなこと(このヘンは、私たちが発行しているラジオのミニコミ誌『ラジオ中毒』の創刊号に書いたので読んでね)。

ラジオの一番面白いところは、映像を付けることで増幅されるものではない。

といいつつも、ラジオ・ファンとしては、放送しているスタジオの様子や、スタジオの窓から見た風景などはチョッと見てみたい気もするのが弱いところ。逆に言えば、その程度で充分。

ラジオの現場そのものは、それだけで映像として流す価値が充分あると思うので、ことさらに映像配信用に特段の画づくりは必要ない。

そういう意味では、FMいしがきがサイマルラジオ経由で配信している映像はスゴくいい。

サイマルラジオ

FMいしがきサンサンラジオ


※放送中のFMいしがき(スタジオ内)
 

※放送中のFMいしがき(窓からの景色)
 

※放送終了後のFMいしがき(窓からの風景)

あるいは、どうしてもラジオを見せたいというのなら、むしろ公開放送のほうがやる意味がある思う。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IPサイマルラジオ RADIKO 関連:いろいろ工夫している人を探してみました。

○IPサイマルラジオ RADIKO 関連:いろいろ工夫している人を探してみました。

※レコーダー・固定IPについて加筆しました(3月16日)
※RADIKO 専用ブラウザなどについて加筆しました(3月18日)
※エリア外から聴けた実例紹介を加筆しました(3月20日)
エリア外から聴けた実例紹介を別エントリーに移し加筆しました(3月21日)

2010年3月15日(月)から IPサイマルラジオ RADIKO がスタートしたことを受けて、このブログに「RADIKO プロキシ」「RADIKO アプリ」などのキー・ワード検索で訪問して下さる方がたが増えている。

radiko.jp(公式サイト)

RADIKOをエリア外から聴く方法・快適簡便に聴く方法の工夫が早くも始まっているようだ。

そんな工夫をしているラジオ戦士たちを探してみた:

IPラジオ radiko プロキシ等で頑張ってみる!!w (「アニメロブログ」内)
※プロキシなどを使ってエリア外からRADIKOを聴く工夫の記録

結局、プロキシを使っても聴けないようだ。
発想が私と似ていてとても共感できる。というよりも、笑った(いい意味で)。
いずれにせよ、基本的に、真っ当に公開されていないプロキシを使用することは、私はおススメしません(と一応言っておく。気持ちはスゴくわかるけれど)。

IPサイマルラジオ(radiko)(「houtou blog」内)
※同じくプロキシ経由でRADIKO聴取を試みた結果報告

富山のご実家から千葉にある大学のサーバーを経由して聴取に挑戦したところ、千葉からのアクセスと認識され、サイトへのアクセスには成功したが、聴取はできなかったとのこと。

【メモ】radiko for Opera Widget #radiko(室蘭なブログ『むろグ』)
※Operaウィジットを作成してRADIKOプレイヤーを外部化する方法

今のところ、音量調節・ON/OFF切り替えができないなどの不具合があるとか。
PC自体の音量調節やウィジットの起動/終了で対応できそうなので、実用上問題はなさそう。

Audio Hijack Pro で地上波ラジオの IP サイマル放送 radiko.jp を録音して podcast にする(「Desire for wealth」内)
Audio Hijack Pro (Macintosh専用、シェアウェア、無料版は10分間まで録音可能)を使ってRADIKOを録音する方法

説明が判りやすい。
本題とは関係ないが、番組開始1分前から録音を開始し、30分番組を31分間録音する設定にしているところがとても共感できる。

radikoのラジオ放送をタイマー録音して、iTunes / iPodに転送(「binWord/blog」内)
※RADIKOプレイヤーをFirefoxのアドオン「Prism」でアプリケイション化し、Audio Hijack Pro で録音する方法

Prismは、「Add-ons for Firefox」サイトで検索のこと。
録音方法は上の「Desire for wealth」さんの、ふだん使っていないブラウザを設定するやり方ほうが簡単のような気もする
しかし、RADIKOプレイヤーのアプリケイション化の方法としては、これが簡単でスマート。今のところ、プレイヤーの外部化ではこのやり方が一番おススメ。

radikoプレイヤー(「SaikyoLine.jp」内)
※RADIKO プレイヤーのAIRアプリケイション

匿名の方がコメントで教えて下さったアプリケイション。
これが一番スマートだけれど、アプリケイションを終了してもウィンドウが閉じるだけでアプリケイション自体が終了しない。どうして? MacとWindowsの違いかなぁ?

3月16日加筆分

radika Ver0.04(「つくったもの公開所」内)
※RDIKO を録音するためのアプリケイション

匿名の方から頂いた情報。
「開発初期段階ですが期待できるアプリになりそうです」とのこと。Windows専用の模様。

radiko.jp開始(「Feelings deep inside」内)
※エリア外から東京圏の放送を聴けるらしいという噂の紹介

たぶんみんなが欲しい情報はコレかな。
某社で固定IPアドレスを取得すると、エリア外から東京圏の放送を聴けるらしいという噂が紹介されている。私は実際に試したわけではないので、上手くいくかどうかは保証できない。
ちなみに現在、エリア外からあっさり聴けたり、エリア内でも聴けなかったりという現象が生じているようだ。地域プロヴァイダーなどを利用してインターネットに接続しているユーザーや、社内ネットワーク経由で接続しているユーザーの場合など、上位回線で地域判定されるらしい。ゆえに、実際にアクセスしている地域と判定結果とのあいだに齟齬が生じることがあるようだ。
地域プロヴァイダーの上位回線一覧とかつくったら需要がありそう。
<参考>
「上位回線」って何でしょうか?(1/0) | OKWave
radiko、こいつはなかなか・・・(「ラジオ日記」内)

3月18日加筆分

CoRadiko - 小さくてシンプルなradiko専用ブラウザ
※小型・軽量のRADIKO専用ブラウザ

Windows専用。

radikoをフラッシュ無しで再生(「暇つぶし文@謎」内)
※RADIKOをFLASHなしで再生する方法

文系なので詳しいことはわかりません。すみません。

らじぽ ラジコをニコニコ風に実況できるWEBサービス
※ラジコをニコニコ動画風に実況&twitterの各局関連のつぶやきを監視できるできるWEBサービス

3月20日に加筆した「エリア外からRADIKOが聴けた皆さん」は下記エントリーに移しました:

IPサイマルラジオ RADIKO 関連:エリア外からRADIKOが聴けた人を探してみました。

* * *

他にも面白い工夫をしている人を見つけたら教えて下さい。

※当ブログ内のRADIKO関連エントリー:

井上 理「大手民放ラジオ13社、ネット同時放送解禁へ——3月から変わるラジオ局 NHKは地方はどう動く?」(日経ビジネスオンライン記者、2010年2月12日)

Togetter - まとめ「伊集院さんが深夜につぶやいたラジオ局の行く末まとめ」

IPサイマル放送 RADIKO、2010年3月15日(月)スタート。

IPサイマルラジオ、RADIKO プレイヤーの埋め込みに成功。(※注意:音が出ます)

小島慶子 キラ☆キラ(TBSラジオ、2010年2月12日(金)13:00-15:30)

安住紳一郎の日曜天国(TBSラジオ、2010年3月7日(日)10:00-12:00)

IPラジオ「radiko」好反響、初日聴取人数105万人、急きょシステム増強(文化通信.com、2010年3月17日)


ひょんなことから参加しました。よろしければ、ぜひクリックを。
 
Google

| | コメント (4) | トラックバック (0)

IPサイマル放送 RADIKO、2010年3月15日(月)スタート。

○IPサイマル放送 RADIKO、2010年3月15日(月)スタート。

在京キー局6社・在阪の準キー局6社・ラジオNIKKEI の民放ラジオ大手13局が、インターネットを通じたサイマル放送の運用を、2010年3月15日(月)から開始した。

さっそく聴いてみた。

というより、実は15日になる前から聴ける状態になっていたので、私は14日(日)の「嶌信彦のエネルギッシュトーク」(TBSラジオ、23:00-23:30)あたりから聴いていた

アクセスが集中しているのか、サイトにつながりにくい状態だったが、トップ・ページにアクセスすると、下のような画面が表示される:


※トップページ

中央には各局の画面が代わる代わる表示され、下段に聴取可能な局一覧が表示されている。

任意の局の再生ボタン(Listen now!)をクリックすると、下の画像のように小さなウィンドウでプレイヤーが表示される(下掲画像左)。


※プレイヤーが表示された状態

プレイヤーのウィンドウを拡大すると:

プレイヤーの上部はコントローラー、中段は番組や局サイトへのリンクが貼られた「トピックス」、下段は広告が表示される「インフォメーション」になっている。

プレイヤーが表示された後は、サイトのウィンドウを閉じてプレイヤーだけをデスクトップの端っこに表示させておくとよいかもしれない。

プレイヤーの「選局」タブをクリックすると局一覧が表示され、局名の右側に放送中の番組が表示される。これは意外と便利:

プレイヤーのこの形状、やはり、ゆくゆくは携帯電話での配信もにらんでいるのだろうか。

月曜日(日曜日深夜)からの運用開始だったので、せっかくトップ・ページが開いても、もうほとんど放送休止で InterFM しかやってなかったという人もいるかもしれない。

トップ・ページにつながりにくい時も、プレイヤーに直接アクセスすれば聴くことができるようだ。

radiko.jp(プレイヤー、関東)
※とりあえず、TBSラジオの画面が開きます。アクセス後、選局して下さい。

radiko.jp(プレイヤー、関西)
※とりあえず、ABCラジオの画面が開きます。アクセス後、選局して下さい。

聴いてみた感想

当然ながら音はクリアーでよいのだが、AM派の私としては、クリアーすぎて高音がうるさく感じられた。ノート・パソコン内蔵の口径の小さいスピーカーで聴いたのでその点が余計に気になった。

何か作業しながら聴くのには、目の前からキレイな音で聴こえるよりも、ちょっと離れたところからAM音質で聴こえるほうが、私としては作業に集中しやすい。その点が気にならない人には特に問題はないと思う。

FMトランスミッターで飛ばしてラジオで聴くと音質がちょうど良い感じに落ちて聴きやすくなったけれど、だったら初めからラジオで聴けばいいじゃないかと思ったり思わなかったり。

ただ、ウチではニッポン放送とFM局のいくつかがキレイに受信できないので、そのような局の聴取には重宝しそう。

疑問1

とくながたかのりさんがコメントで指摘なさっていたけれど、RAIDKO の運用開始前のサイトでは、ラジオNIKKEI は東京の放送局にカテゴライズされていた。短波は日本中で聴くことができるはずなのでそれは変だ。

私は東京で聴いているので確認できないけれど、関西でのラジオNIKKEIの扱いは運用開始後はどうなっているのだろうか?

ちなみに、ラジオNIKKEIは、既にストリーミングによる番組の独自配信を行っている(簡単な利用登録が必要):

パソコン | スタイル | ラジオNIKKEI

疑問2

東京にあるプロキシ・サーバーなどを経由してアクセスすれば、東京圏以外のエリアからも東京の局を聴くことができたりするのかなぁ? いずれにせよ、お勧めしませんが。

要望:ツール・バーつくってくれないかなぁ

聴くために、いちいちRADIKOのサイトにアクセスするというのも、意外と手間かもしれない。

最初のうちは面白いのでアクセスするのも愉しいが、そのうち飽きられるかもしれない。

例えば、ブラウザのツール・バーをつくって配布し、ブラウザを起動すると同時に選局ボタンがロケイション・バーの下にずらりと並ぶようにすればひと手間省けるので聴きやすくなるかもしれない。

開発のノウハウを知っていれば私がつくるのだけれど。

※追記

何となく試してみたら、RADIKOプレイヤーのサイトへの埋め込みに成功:

IPサイマルラジオ、RADIKO プレイヤーの埋め込みに成功。(当ブログ内)
※音が出るので注意

Google

| | コメント (1) | トラックバック (2)

IPサイマルラジオ、RADIKO プレイヤーの埋め込みに成功。(※注意:音が出ます)

○IPサイマルラジオ、RADIKO プレイヤーの埋め込みに成功。

2010年3月15日(月)から始まった IPサイマルラジオ、RADIKO。

何となく試してみたら、サイトへのRADIKOプレイヤーの埋め込みにあっけなく成功。関東からこのエントリーを閲覧している人は聴くことができるはず。

というより、勝手に音が鳴ってしまっているはず。お騒がせしてすみません。操作してみて:

単に iframe のなかに入れただけ。べつに威張るほどのことじゃないんです。これで、ブログパーツにもできる。デカすぎて無理かな。

ソースはこちら:

<iframe scrolling="no" width="245" height="700" frameborder="0" src="http://radiko.jp/player/player.html#TBS"> </iframe>

音声OFF状態で、もっと小さく表示できないかなぁ。どうやら元のファイルをいじらないとダメらしい。

関西の人は上のソース内の"#TBS"を"#ABC"などに変更すると使えるようになる。

Google

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ラジオな一曲(16):Bob James, "Rush Hour" (1979)

○ラジオな一曲(16):Bob James, "Rush Hour" (1979)


・Bob James, "Rush Hour" (1979)
 

この曲を聴いてピンときた人は、なかなかのラジオ通かもしれません。

「いすゞ歌うヘッドライト〜コックピットのあなたへ〜」(TBSラジオ、1974年9月3日~2001年9月29日)の番組中、オープニング・トーク直後の、広川太一郎によるナレイションのBGMとして使われていました。下記の音源で確認できます(2:07あたりから):

YouTube - いすゞ歌うヘッドライト~コックピットのあなたへ~ OP 吉田智恵 1982.7.31

ボブ・ジェイムズなんて、「歌うヘッドライト」も意外とコジャレてますね。

ちなみにキーボードがボブ・ジェイムズ、ドラムスはスティーヴ・ガッド(Steve Gadd)、パーカッションは、"Just the Two of Us" の作曲者としても有名なラルフ・マクドナルド(Ralph MacDonald)、ベースがニール・ジェイソン(Neil Jason)、サックスはデイヴィッド・サンボーン(David Sanborn)、トランペットのひとりがランディー・ブレッカー(Randy Brecker)、ギターがエリック・ゲイル(Eric Gale)などなど……。想像以上にすごい顔ぶれのオール・スター・バンド。

わが田舎唯一の民放AMラジオ局では、25:00-27:00が「オールナイトニッポン」、27:00-29:00(のちに-28:00)に「歌うヘッドライト」が放送されていました。女性演歌歌手が小料理屋の女将テイストで話しかけてくる番組は子供の味覚ではなかったので、「なんで、オールナイトの2部やらないんだ!」などと思ったものでした。でも、番組後期には、ワリと聴くようになっていた気がします。

エンディングの「夜明けの仲間たち」を聴くと無闇に感慨ぶかかったりもした——べつに何の感慨もないのに不思議でした。

番組終了時のパーソナリティー陣に名を連ねていた水森かおりは、今やご当地演歌の女王としてNHK紅白歌合戦の常連ですが、おそらく「歌うヘッドライト」を契機に演歌ファンに浸透していったのではないかと思います。

〓〓 「歌うヘッドライト」歴代パーソナリティー 〓〓
※この網羅っぷりはスゴい。


Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオのミニコミ誌を発行しております(52):模索舎40周年記念イベントが開催されるそうです。

○ラジオのミニコミ誌を発行しております(52):模索舎40周年記念イヴェントが開催されるそうです。

『ラジオ中毒』最新号は290円です。40ページです。この表紙、どっかで見たことあるような……。


※今回は、頑張って表紙をカラーにしてみました。
思いっきり手づくりです。

新宿の模索舎さんが、40周年記念イベントを開催するそうです。

『ラジオ中毒』をお預かり頂き、いつもお世話になっている新宿の書店・模索舎さんが、2010年3月22日(月・祝)に40周年記念イヴェントを開催なさるそうです。

時間があれば私も覗いてみようと思いますが、祝日は平日のラジオを存分に聴く好機だったりもして、ラジオのミニコミ誌を発行している者としては複雑な心境。

* * *

模索舎40周年記念イベント

とき:3月22日(月・祝) 12:30開場 13:00開始

2-28-01.jpg

第1部 13:20〜14:50
模索舎の時空間をめぐって

<出演者>
五味正彦
(模索舎元代表) 
平井玄
(音楽批評家) 
矢部史郎
(模索舎元舎員)

第2部 15:20〜16:50
勝手に生きよ/人生!

<出演者>
廣瀬純
(映画批評家) 
五所純子
(文筆業) 
アサダワタル
(日常編集家)

ところ:大久保地域センター 
東京都新宿区大久保2丁目12−7 <地図
JR新大久保駅徒歩8分 地下鉄副都心線東新宿徒歩5分 地下鉄大江戸線東新宿徒歩8分


資料代:500円/カンパ歓迎!


主催:模索舎/模索舎再建実行委員会

* * *

『ラジオ中毒』2号取扱店

模索舎(東京都:新宿御苑新宿門むかい)地図

タコシェ(東京都:中野ブロードウェイ3F)地図通販

Lilmag(オンライン・ショップ)
 通販:2号臨時増刊号創刊号

ちんき堂
(兵庫県神戸市中央区元町通1-11-8 千成堂ビル2F)地図

貸本喫茶ちょうちょぼっこ
(大阪市西区北堀江1-14-21第一北堀江ビル4F) 地図

キララ文庫(熊本県熊本市黒髪6-9-9)地図

Blue. September. Blue.(オンライン・ショップ)
 通販:創刊号臨時増刊号2号
 ※ご注文方法はサイトでご確認ください。 

 上記のお店で、万一売り切れているというようなことがありましたら、「今度はいつ入荷しますか?」などと、あくまでも紳士・淑女的な物腰を保ちつつ、お店のかたにやんわりプレッシャーをかけてください。

執筆者紹介(敬称略):

河内の政 (ラジオの雑談
kiku (ラジオウォッチブログ
365連休
好間烏合 (てれびのスキマ
スタミナツク・デブ
田野弘高 (人生こればっか
とくながたかのり (とくながたかのりの SPECIAL Days
talkmaster44 (ラジオファンブログ
ナカダヨーコ (愛情通信網
2児パパ (ラジオでクネクネ
百円イヤホン
Free@Tokyo (冷静に、殴り書き!)
MasaruS (ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!
まゆう (http://twitter.com/capsella
ヨダレ (ヨダレのセカイ

* * *

『ラジオ中毒』2号目次

巻頭企画 ラジオ馬鹿はコレを読め!「ラジオ中毒の10.0 冊」

特集 深夜放送
『深夜放送は青春の通り道』/2児パパ
伊集院光 深夜の馬鹿力「俺たちは草食系男子なんかじゃない。対人恐怖症だ!」/まゆう
 月金一時三時……ナカダヨーコさんの場合
ラジオの達人「増井孝子と朝までいっしょ」/とくながたかのり
伝えたいことなど何もない〜大森俊治のこしょこしょ話/ヨダレ
 月金一時三時……田野弘高さんの場合
今さら「オールナイトニッポン」でもないだろう・・・。/とくながたかのり
 月金一時三時……ヨダレさんの場合
ゆるいテレビの深夜放送みたいなゆるいラジオ番組「順子と涼のアシタヘストライク!」/MasaruS
 月金一時三時……MasaruS さんの場合
深夜放送がラジオの楽しさを教えてくれた。/河内の政
 月金一時三時……河内の政さんの場合
林原めぐみの Tokyo Boogie Night/ヨダレ
「カンニング竹山 生はダメラジオ!」/MasaruS
大好きな深夜放送パーソナリティー/2児パパ
看板の架け替え/kiku
4コマ漫画「ラジオくん」/365連休
「火曜JUNK・爆笑問題カーボーイ」/とくながたかのり
 月金一時三時……Free@Tokyo さんの場合
 月金一時三時……とくながたかのりさんの場合
芸人たちが深夜ラジオを愛する理由/好間烏合
 月金一時三時……好間烏合さんの場合
たまふる緊急批評、略して/百円イヤホン
 月金一時三時……kiku さんの場合
 月金一時三時……365連休さんの場合

本音のぶつかり合い 小島慶子 VS 大竹まこと/kiku
「QIC」/とくながたかのり
思いつき緊急企画「あなたのTalkMaster 見せて下さいっ!」第1回 talkmaster44 さん
完全な真空管ラジオ/スタミナツク・デブ
超簡単ループアンテナの製作/2児パパ

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南米チリで発生した大地震による多言語での津波情報。Multilingual Tsunami information(FMわぃわぃ(神戸市長田区周辺 77.8MHz)ウェブサイト、2010年2月28日)

○「南米チリで発生した大地震による多言語での津波情報。Multilingual Tsunami information」(FMわぃわぃ(神戸市長田区周辺 77.8MHz)ウェブサイト、2010年2月28日(日))

昨日の深夜、当ブログで、ハイチ大地震と現地コミュニティー・ラジオ局についての話題に言及した:

ハイチ:AMARC は、コミュニティー放送関係者に支援への参加を求めています (AMARC 世界コミュニティラジオ放送連盟ウェブサイト)(当ブログ内)

同じく地震に関連して、2010年2月27日(現地時間)のチリ中部大地震を受けて、FMわぃわぃ(神戸市長田区周辺 77.8MHz)が津波情報を多言語で公開している。

津波のおそれがあります。沿岸地域のみなさまは、海や川から離れて高いところに避難してください。

という津波情報のアナウンスを、英語・北京語・朝鮮語・タガログ語・ポルトガル語・スペイン語・ベトナム語・インドネシア語・ロシヤ語の9カ国語に翻訳して公開している。各言語のテキストにmp3ファイルへのリンクが貼ってあり、音声で聴くこともできる。

南米チリで発生した大地震による多言語での津波情報。Multilingual Tsunami information(FMわぃわぃウェブサイト)

今回の地震に関しては、日本における津波の心配は今やなくなったが、再度同じような津波のおそれが生じた場合はこの津波情報を再度活用できる。こういうものがチョッとづつアーカイヴ化されてゆくとよいと思う。

2010年2月28日付けで公開しているのは驚くべき速さ。たぶん、役所が同じことをやろうと思ったら何週間もかかるんだろうなぁ。大手の放送局でもすぐにはムリだろう。多文化・他言語コミュニティー放送ならではの機動力。

やっぱり、コミュニティー放送って大事だね。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイチ:AMARC は、コミュニティー放送関係者に支援への参加を求めています (AMARC 世界コミュニティラジオ放送連盟ウェブサイト)

○「ハイチ:AMARC は、コミュニティー放送関係者に支援への参加を求めています」(AMARC 世界コミュニティラジオ放送連盟ウェブサイト)

AMARC(世界コミュニティラジオ放送連盟)

AMARC(世界コミュニティラジオ放送連盟)という団体があるそうだ。ついさっき知ったばかりだ。AMARCとは、La Asociación Mundial de Radios Comunitarias というスペイン語の略。

Welcome to the AMARC website(AMARC 公式サイト、英語)

日本事務局は、FMわぃわぃ(兵庫県神戸市長田区周辺 77.8MHz)内に設置されている。

AMARC JAPAN (AMARC 日本事務局公式サイト)

神戸 長田の多文化・多言語コミュニティ放送局 FMわぃわぃ

日本事務局サイト内の「団体概要」によると、AMARC と AMARC JAPAN の活動目的は下記の通り:

貧困や差別の解消、表現の自由などに取り組む世界各地の5000以上のコミュニティラジオ局が連帯し、国際的な協力のもとにコミュニティと市民参加型ラジオの発展に寄与する活動をしていく国際NGO「世界コミュニティ放送連盟」(英語名:World Association of Community Radio Broadcasters、略称:AMARC)の日本国内における作業グループとして国際的な協力のもと、コミュニティが所有、運営し、コミュニティの住民が参加する非営利型コミュニティラジオの発展に寄与していくことをめざす。

ハイチのコミュニティー放送

初めて知ったのだが、ハイチは、カリブ海諸国の中でもコミュニティー放送が非常に活発な国なのだとか。

読み書きのできない人にとってコミュニティー放送は情報伝達の重要な手段となるため、識字率の低いコミュニティーで果たす役割は大きいようだ。

この度のハイチ大地震によって、現地のコミュニティー・ラジオ局が壊滅的な打撃を受けているのだとか。この状況を受けて、AMARC が現地のコミュニティー・ラジオ局の復興支援に取り組んでいるらしい。

Haiti: AMARC calls on community broadcasters to rally in support(AMARC ウェブサイト内、英語)

AMARC JAPAN::ハイチ地震 被災コミュニティラジオ救援活動スタート

上掲の日本事務局のサイトで充分状況は伝わるが、英語サイトは内容が異なるため翻訳してみた。急いで訳したので多少粗い訳・一部逐語的でない部分もあるが、原文からそう大きく逸れていないはず。

ささやかすぎて何の役にも立たないかもしれないけれど、このブログをご覧になっている方がたこの件を知ることだけでも多少意義があるかもしれない。Keep yourself informed.

* * *

ハイチ: AMARC は、コミュニティー放送関係者に支援への参加を求めています

多数の死者を出し、重要なインフラを破壊した大地震を受けて、AMARC(世界コミュニティラジオ放送連盟)は、世界のコミュニティー・ラジオ放送関係者に、ハイチ国民の支援への参加を求めています。

概算では、ハイチ全人口900万人の3分の1が影響を受け、数万人*が死亡し、さらに多くの人びとが負傷し、適切な医療支援を受けられない状態にあります。大地震は、通信システムと他の重要なサーヴィスに大打撃を与えました。直接影響を受けた多くの人びとのなかには、コミュニティー・メディア従事者とその家族が含まれています。

AMARC は、影響を受けた地域のコミュニティ放送の現場の緊急調査を実施中で、機材と技術支援動員に取組んでいるところです。AMARC の概算では、最も深刻な地震被害を被った区域内に12のコミュニティ・ラジオ局が存在しています。影響の全容は未だ不明です。

AMARC は、コミュニティー放送関係者に、放送冒頭でのアピールその他の活動を通じた国際的な救済支援への参加を求めます。そして、機材の寄贈や財政支援を含む、地震の影響を受けたコミュニティー放送関係者への直接支援の提供を求めます。

今回の破壊的な災害以前ですら、ハイチは、輸送・通信インフラ、電力へのアクセス、高い非識字率の大問題に直面していました。1992年以来、コミュニティー・ラジオは、ハイチの通信環境の必要不可欠な一部として発展し、最も貧しいコミュニティーにも届き、それらコミュニティーの発展への参加を可能にしてきました。

コミュニティー・メディアは、緊急・災害時に重要な役割を果たします。通信インフラの復旧は、人道的な緊急対応の必要不可欠な最優先事項となるでしょう。AMARC は、ハイチの現地コミュニティー・ラジオ組織との協力のもと、コミュニティー放送サーヴィスの復興支援に取り組んで参ります。

*死者数は2010年2月9日時点のラセグ文化情報相(ハイチ)の発表によると現在23万人とも言われています。(訳者註)

ラジオ局分布地図


※画像をクリックすると大きい画像が別ウィンドウで表示されます。

ビデオ

ここをクリック

?p=haiti_solidarity_radios
?p=haiti_solidarity_news
?p=haiti_solidarity_message
?p=haiti_solidarity_resources
?p=haiti_solidarity_podcast
?p=haiti_solidarity_photos

News

Pulsar News Agency of AMARC-ALC:ハイチ特報
www.agenciapulsar.org

AMARC:コミュニティー・ラジオ局所在地へのハイチ大地震の影響
PDFファイルをダウンロード

ハイチのコミュニティー・ラジオ局の状況についての続報
PDFファイルをダウンロード
WORD ファイルをダウンロード

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コサキン DE ラ゛シ゛オ゛(BS朝日、木23:30-)、2010年4月8日(木)スタート!

○「コサキン DE ラ゛シ゛オ゛」(BS朝日、木23:30-)、2010年4月8日(木)スタート!

BS朝日 - コサキンDEラジオ! -

コサキンでラジオ (kosakinderadio) on Twitter

【コサキンコンビついに復活!!】(お知らせ|浅井企画オフィシャルWEBサイト)

コサキンコンビ 復活!!|社長の福耳さわりたいっ!! (浅井企画オフィシャルブログ)

2009年3月28日の「コサキンDEワァオ!」(TBSラジオ)終了から1年、コサキンがついに復活! 「コサキン DE ラ゛シ゛オ゛」(BS朝日、木23:30-)が2010年4月8日(木)スタート! ら゛!

以下、浅井企画公式サイトより引用:

【コサキンコンビついに復活!!】

速報!!!

コサキンDEワオ終了から早一年・・・
お待たせしました!

小堺一機、関根勤のコサキンコンビがついに復活します!!

コサキンの新番組、スタートが決定いたしました!

4月8日毎週木曜日 23時30分から!

BS朝日 「コサキンDEラ゛シ゛オ゛」

コサキンワールド全開で送るテレビのようでラジオなようなプログラム!

番組の詳細が決まり次第、お知らせしていきます!!

コサキン復活しまーす!

ブンダバー!!

私はBSチューナーをもっていないので観ることはできないけれど、コサキン・リスナーには朗報。ラジオじゃないのがちょっとだけ残念。

でも、こういうことって、ホントに起きるんだねぇ。

呂゛!

※加筆(2010年3月11日)

私たちが発行しているミニコミ誌『ラジオ中毒』にご参加頂いている田野弘高さんが、twitter で

「コサキンが復活するのはいいけど、BS朝日みれないよう」という方へ。これを機会にBS視聴環境を整えて「コサキンの番組を見るためにBS朝日を見れるようにしました!」というメールをテレビ朝日に送りましょう。そういうのが重要なんですよ! 生きた金を使え!

とおっしゃっていた。なるほど〜。軍師ですなぁ。

人生こればっか(田野弘高さんのウェブサイト)

※当ブログ内の「コサキン」関連エントリー:

コサキンDEワァオ!(TBSラジオ、2009年3月28日(土)24:00-25:00)

ラジオのミニコミ誌を発行しております(29):小堺一機さんからおハガキを頂いてしまいました。

コサキンDEワァオ!(TBSラジオ、2006年9月23日(土)24:00-25:00)


 
Google

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラジオびんびん物語(フジテレビ、1987年8月3日~9月21日、月21:00-21:54)

○「ラジオびんびん物語」(フジテレビ、1987年8月3日~9月21日、月21:00-21:54)

月曜JUNK ZERO「バナナマンのバナナムーン」(TBSラジオ、2010年3月8日(月)24:00-25:00)を聴いていると、ちょっとだけ「ラジオびんびん物語」(フジテレビ、1987年8月3日~9月21日、月21:00-21:54)というドラマの話が出ていた。

そんなドラマあったなんて知らなかった。「教師びんびん物語」のほうは記憶があるけれど:


「ラジオびんびん物語」(フジテレビ)
 

月9なんですね。DVD化はされていない模様。

なんだか、大雑把なストーリーで、時代を感じる。

ラジオ番組で、メイン・パーソナリティーが突然いなくなって、ずっと音楽が流れるなんてことが実際にあったら大騒ぎだろうなぁ。

今やラジオ界の大スターとなった大竹まことが、テレビの人としてラジオの人を足蹴にしているのが可笑しい。

大竹まこと ゴールデンラジオ

以下、Wikipedia情報。

企画に亀山千広が名を連ねている。亀山モデル。

ニッポン放送を舞台にしたドラマで、上柳昌彦アナウンサーも出演したとか。

上掲動画に出てくる南野陽子の番組は、当時実際に放送していた「南野陽子 ナンノこれしきっ!」(ニッポン放送、1986年10月12日~1990年6月26日、日25:00-25:30)を基にした「ナンノこれしきっ!スペシャル」という架空の番組とのこと。

「ラジオびんびん物語」は、人気がなかったのか、8回で終ってしまったらしい。


「南野陽子ナンノこれしきっ!」(ニッポン放送、1988年12月)

 

南野陽子ナンノこれしきっ!最終回 (「プレイバック南野陽子」内)
※最終回の音源の完全版が公開されています。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオに関するブログのご紹介:「BATTLE TALK RADIO アクセス」(TBSラジオ)関連

○ラジオに関するブログのご紹介:「BATTLE TALK RADIO アクセス」(TBSラジオ)関連

 

<その1>
アクセス (2010.02.26.放送) - ラジオウォッチ ブログ

先ほど、私たちが発行しているラジオのミニコミ誌『ラジオ中毒』にご参加頂いているkikuさんのブログ「ラジオウォッチブログ」を拝見して、2010年2月26日(金)の「BATTLE TALK RADIO アクセス」の「二木啓孝の取材ノート!」のコーナーで、二木啓孝・麻木久仁子・小西克哉・角谷浩一が「アクセス」およびラジオについて熱く語っていることを知る。

この回は聴き逃していた。それどころか、聴き逃していたことすら忘れていた。

ポッドキャストで聴けるので、TBSラジオ以外の局で聴いているかたや、私のように聴き逃していたかたなどは、ぜひお聴きください。kiku さんのブログのエントリーにリンクが貼ってあるので、上のリンクからどうぞ。聴き所の抜粋もあります。

二木さん、涙ぐんだっぽいよ。

 

<その2>
アクセス後番組は、大型情報ワイド「DIG」。「JUNK ZERO」はどうなる???|冷静に、殴り書き!

同じく『ラジオ中毒』にご参加頂いているFree@Tokyoさんのブログ「冷静に、殴り書き!」に、「アクセス」の後番組についてのエントリーが。情報、早すぎです。

その他、TBSラジオの春改編予想など、「なるほど!」と思わせる考察も。

面白い。

こちらも、上のリンクからどうぞ。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日野エフエム(東京都日野市高幡不動周辺 76.8MHz)、2010年3月31日(水)に「15年間ありがとう FM多摩閉局特別番組」を放送予定。

○日野エフエム(東京都日野市高幡不動周辺 76.8MHz)、2010年3月31日(水)に「15年間ありがとう FM多摩閉局特別番組」を放送予定。

先日、このブログでも話題にしたエフエム多摩閉局の話題。

東京都日野市のミニFM局・日野エフエム(東京都日野市高幡不動周辺 76.8MHz)が、2010年3月31日(水)に「15年間ありがとう FM多摩閉局特別番組」の放送を予定しているようだ。

放送時間などの詳細はまだ明らかになっていないが、追って公式サイトで発表されるはず。

日野エフエム 76.8MHz(公式サイト)

日野市もエフエム多摩の放送エリアなんだねぇ。

水曜日なので私は聴きに行けないけれど、高幡不動周辺のかたは、是非ご一聴を。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北野 誠、「BATTLE TALK RADIO アクセス」(TBSラジオ、2010年3月8日(月)22:00-23:55)にゲスト出演決定。

○北野 誠、「BATTLE TALK RADIO アクセス」(TBSラジオ、2010年3月8日(月)22:00-23:55)にゲスト出演決定。

外国人永住者地方参政権、日教組、日本の多言語化・多民族化、記者クラブ——終了を目前にして、スリリングなテーマを立て続けに提示している最近の「BATTLE TALK RADIO アクセス」(TBSラジオ、月〜金22:00-23:55)。終ってしまうなんて本当に惜しい——ってしつこいですか?

BATTLE TALK RADIO アクセス(公式サイト)

2010年3月5日(金)の「カウントダウン・トゥデイ」で、芸能事務所アヴァンギャルド社長・牧野昌哉の脱税事件の有罪判決の話題に続けて麻木久仁子が、

なお、芸能事務所をめぐる話題といえば、来週月曜日の「アクセス」ですが、北野誠さんがご出演ということでございま〜す。

と読み上げた。ビックリ!

感情を入れずに明るく読み流していたのが、かえって含みをもっていて可笑しかった。

一応あの件は公的には「芸能事務所」とは関係ないことになってるんじゃなかったっけ?

放送当日のテーマは何になるかは判らないけれど、あの件に全く触れないのは変なので、なにがしか言及があるかもしれない。ないか。

北野 誠は、復帰後まもないのであまり踏み込んだことは言えないだろうし、過度に期待するのも気の毒だ。トークパーソナリティーは田中康夫か。康夫が頑張ってくれることに期待(何言っても平気そうな人だし)。

※加筆
Free@Tokyoさんからのコメントによると、当該の日のトークパーソナリティーはえのきどいちろうとのこと。言われてみれば、国会が……とか言っていたような。期待込みで書いてしまいました。すみません。

「アクセス」はインターネットでの生放送も行っている。ネット環境が整っていれば、放送されていない地域でも聴くことができる:

||| BATTLE TALK RADIO ACCEESS |||(ネット生放送のページ)


「たかじん胸いっぱい」(関西テレビ、2010年2月27日)
 北野 誠『死んだら、あかん!』(メタモル出版、2009年)
やしきたかじんについてのくだりを読んで
この動画を見ると、感慨深い。
 
Google

| | コメント (3) | トラックバック (1)

Togetter - まとめ「伊集院さんが深夜につぶやいたラジオ局の行く末まとめ」

○Togetter - まとめ「伊集院さんが深夜につぶやいたラジオ局の行く末まとめ」

今さらな話題つづきだが、私自身のためのメモも兼ねているのですみません。

ついさっき書いた「RADIKO」についての話題に関連して、bluesman7777氏が、伊集院光と twitterユーザーの人たちとのやり取りをまとめている。

とても興味深い:

Togetter - まとめ「伊集院さんが深夜につぶやいたラジオ局の行く末まとめ」

伊集院は驚くほど冷静。IPサイマル放送に特段の期待はしていない模様。

私が一番気になったのはここ:

Twitter / 伊集院光: 僕個人は見えてると思い込んでいますが(苦笑)聴いても ...

僕個人は見えてると思い込んでいますが(苦笑)聴いてもらえない(泣)RT @GABE_LAVEN: @HikaruIjuin 広告費を収入源としたビジネスモデルに限界を感じる昨今なんですが、次のビジネス形態が見えていますか?

HikaruIjuin
2010-02-12 04:48:10

伊集院に見えている次のビジネス・モデルって、どんなものだろう? 気になる。以前言っていた有料配信ではないらしい。

その後、この話にちなんで、ソフトバンク社長・孫正義から返信が来たり、iPhoneシニアエヴァンジェリスト・中山五輪男と会ったりしたらしい:

Togetter - まとめ「伊集院光さんとソフトバンク孫正義社長」
heartlogic氏によるまとめ

Togetter - まとめ「伊集院さんがソフトバンクのiPhoneシニアエヴァンジェリストと会ってた」
kakkunpakkun氏によるまとめ

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井上 理「大手民放ラジオ13社、ネット同時放送解禁へ——3月から変わるラジオ局 NHKは地方はどう動く?」(日経ビジネスオンライン記者、2010年2月12日)

○井上 理「大手民放ラジオ13社、ネット同時放送解禁へ——3月から変わるラジオ局 NHKは地方はどう動く?」(日経ビジネスオンライン記者、2010年2月12日)

大手民放ラジオのサイマル放送関連記事等:

大手民放ラジオ13社、ネット同時放送解禁へ:日経ビジネスオンライン

radiko.jp

TBS RADIO 2010年2月12日(金) キラ☆キラ オープニング☆トーク - 小島慶子 キラ☆キラ

ラジオはソーシャル・メディアの原点だ - 記者の眼:ITpro

文化通信.com - 在京阪ラジオ局「IPサイマルラジオ協議会」発足、在京も来年PCサイマル放送

遅ればせながらサイマル放送の話。

在京キー局6社・在阪の準キー局6社・ラジオNIKKEI の13のラジオ局が、インターネットを通じたサイマル放送を始めるというニュースが、ラジオ・ファンのあいだで話題になっている。今年3月15日から半年の試験期間を経て、9月から本格運用が始まるようだ。

ただし、IPアドレスから割り出された受信者の住所をもとに番組が配信されるため、本来のサーヴィス・エリア外から受信できるわけではないらしい。

ちなみに、上掲の日経ビジネスオンライン記事内では「在阪の準キー」の記載が一部省略されているので、参加する放送局をすべて下に挙げておく:

在京キー局TBSラジオニッポン放送文化放送TOKYO FMJ-WAVEInterFM 

在阪準キー局ABCラジオMBSラジオラジオ大阪 FM OSAKAFM802FMcocolo

短波ラジオNIKKEI

加盟コミュニティー放送局の番組を同時配信する「サイマルラジオ」を知っている人にとっては「今頃か?」という話。

サイマルラジオ

ネット経由でのサイマル放送が既に技術的に可能であったことは今さら言うまでもない。

また、法律上可能であることも知られていた。今まで、サイマル放送ができない理由は「著作権上の問題」と説明されてきたが、サイマルラジオの前例を知っている人にはお為ごかしに過ぎないということはとっくに判っていた。ほんの数局のコミュニティーFM局から始まった、決して大きいとは言えない組織にクリアーできた問題を、大放送局がクリアーできないはずがない。

モーリー・ロバートソンが「想像上の既得権」と表現していたように、大手民放局は、自社の番組がひょっとしたらいつか売れるかもしれないという仮定の下で、高音質でコピーできるネット配信を拒否してきただけにしか思えない。

i-morley LIVE 01/20/10 07:04AM(当ブログ内)

急展開の理由は、これまではネットでサイマル放送しないメリットのほうが大きいと信じていた放送局が、ここへ来て、サイマル放送することで得られると想定されるメリットに飛びついたからではないかと想像する。あるいは、やるメリットがあるかどうかは判らないが、やらないデメリットは明らかなので、「見る前に跳べ」ということなのかもしれない。

先日匿名のかたからのコメントで紹介して頂いた「頑張る放送、意気込む通信」(Net-Cast研究部会セミナー、2008年3月24日(月))の講演資料「関西におけるIPラジオの取り組み 『IPラジオRADIKO』について」によると、ラジオ広告費の減少・ラジオ放送のデジタル化という新展開・都市化による難聴取、が相まってIPラジオへの期待が高まっているのだとか:

Net-Cast研究部会セミナー
「関西におけるIPラジオの取り組み 『IPラジオRADIKO』について」(PDFファイル)

ネットでも聴けるという新味で、ラジオの広告媒体の価値を高めるというねらいがあるようだが、「なるほど、ラジオの価値が高まった!」「ネットでも聴ける。じゃぁ広告を出そう」となるかな?

キー局・準キー局のような高出力局においてすら、広告で潤沢な収益をあげるというビジネスモデルがそもそも成立しなくなってきているようだ。最近、ラジオ・ショッピングが増えてきたような気もする。

RADIKO とは別に TOKYO FM が独自で無料配布している iPhone アプリでは現在オンエア中の楽曲をiTunes Music Store で買えるようになっているようだが、ゆくゆくは、RADIKO 経由で直接何かを売るということが射程に入っているのではないかと私は邪推している。

TOKYO FM、iPhone専用ネットラジオアプリケーションを1年間無料配布(マイコミジャーナル、2009年12月19日)(当ブログ内)

まぁ、以上は、いちリスナーの勘ぐり。

そもそも、いちリスナーとして言わせてもらえば、そういうのはラジオのおもしろさとは直接関係がない。

IPサイマル放送によって、聴取率一位の番組や、永年愛されてきた人気番組が終了しなくて済むようになるのであれば、大歓迎ではあるけれど。

大手民放ラジオ13社、ネット同時放送解禁へ
3月から変わるラジオ局 NHKは地方はどう動く?

井上 理(日経ビジネスオンライン記者)

 2月上旬、NHKのラジオセンターに衝撃が走った。

 「どうやら民放が、ネットでのサイマルに踏み切るらしい」「何だそれ、聞いてないぞ」――。

 マスメディア産業の一角が、ついに生き残りをかけて、重い腰を上げた。NHK以外の民放局である。受信料で成り立つNHKと民放とでは、それだけ危機感に雲泥の開きがあるということだ。

 AM、FM、短波の大手民放ラジオ局13社は、3月中旬から、地上波と同じ放送内容をインターネットでもサイマル(同時)送信することを決めた。日本音楽著作権協会(JASRAC)や日本レコード協会といった権利団体とも合意を得た。2月中にも正式発表する。

 パソコンなどから「RADIKO(ラジコ)」のウェブサイトにアクセスすれば、無料で地上波と同じラジオ放送を聴けるようになる。ただし、アクセス元のIPアドレスから住所を類推する仕組みを用いて、当面は首都圏と大阪府の利用者に限定する。

 大手放送局が、地上波と同一の放送を、同時に通信回線経由で再送信する本格的な取り組みは、国内初。1925年のラジオ放送開始から85年、「通信と放送の融合」が極まった。

地上波に手を加えない、事実上の「ネット解禁」

 ネットでの同時送信に踏み切るのは、TBSラジオ、ニッポン放送、文化放送、エフエム東京、J-WAVE、エフエムインターウェーヴ(InterFM)の在京キー局6社と、朝日放送、毎日放送、エフエム大阪など在阪の準キー局6社、加えて短波の日経ラジオ社の合計13社。

 民放各社は昨年12月、共同でインフラ整備や権利処理にあたるための組織「IPサイマルラジオ協議会」を発足し、準備を進めていた。

 「ネットで聞けるラジオ」は、今年3月から半年を試験期間とし、9月から本格運用とする模様。試験期間とはいえ登録は不要で、特別なソフトも必要としない。配信方式は「Adobe Flash Player」を選んだ。

 地上波から数秒の遅れが生じるため、各社とも「時報」はカットすると見られ、権利処理が相当に困難なオリンピックやサッカーのワールドカップなど一部のスポーツ中継は、別番組に差し替えるなどの対応を取るようだ。

 だが、それ以外は原則、各局ともに地上波の放送内容に手を加えず、すべての番組、CMを再送信する方針。事実上の「ネット解禁」となる。

経営環境悪化で大手の足並み揃う

 これまでもニッポン放送やJ-WAVE、エフエム東京など一部放送局が、パソコンやモバイル端末に向けた地上波放送の再送信を試みていた。だが、期間や 聴取者の人数を限定したり、権利処理ができない番組やコーナー、音楽、CMなどをカットして再編成したりするなど、試行の域を出なかった。

 海外では既に始まっているラジオ放送のネット同時送信。日本でも事態が大きく動いたのは、受信環境と経営環境の悪化に窮する大手各社の思惑が一致し、足並みが揃ったからだ。

 ネットへのシフトを進めた場合、電波の聴取者が減ったり、広告に影響が及んだりする可能性があり、大手各社は二の足を踏んでいた。だが、大手ラジオ局関 係者は「都市化で受信障害が増え、ラジオ受信機そのものも減っている。聴取者と広告費の減少が止まらず、いよいよ食えなくなってきた」と漏らす。

 一方で、「Twitter(ツイッター)」などのソーシャルメディアでは、テレビやラジオの話題で盛り上がることが多く、ネットと放送の相性が良いことが分かってきた。

 特に若年層は、ネットに接触する時間が年々伸びており、欧米ではネットでの同時送信を機に、ラジオ局の聴取者が反転して増えているという調査結果もある。

 同時送信が可能になれば、放送しているサイトへのリンクを張ってツイッターなどからユーザーを誘導することも可能だ。また、通販サイトや、楽曲の販売サイトなどへリンクを張り、放送中の商品や楽曲の購入を促すといった、新たなビジネスモデルも模索できる。

 家庭や職場などからは、ラジオチューナーが消えつつあり、物理的に不利な状況となっていた。が、コンテンツの質が大きく落ちているわけではない。「出るところへ出れば、それなりの需要と収益を見込める」との思惑が、徐々に業界内に浸透した。

大手民放を取りまとめた陰の功労者

 大手各社がネット放送に保守的だった理由として、「電波利権」をどう守っていくかという問題との兼ね合いもあったようだ。

 だが今回、「都市部の難聴取を解消するための実証実験」という大義名分を前面に押し出しながら、ネット時代の新たな聴取者獲得への橋頭堡を築くという道を歩むことで、各局は一致した。

 民放各社の合意が進んだ背景には、各局を取り持つ形で協議会の事務局を買って出た電通の存在もある。

 広告を取り次ぐ電通は、ラジオの媒体力低下とともに沈むのではなく、ラジオ局に聴取者を拡大してもらい、再び広告媒体としての価値を高めてもらう方向へと業界を誘いたかった。

 ラジオ広告費は91年の約2400億円をピークに、2008年の約1550億円まで減少している。今年に入っても広告量は前年割れが続いており、電通としても、最も痛んでいるマスメディアの再興は急務だった。

コミュニティFMは4年前から同時送信を実現

 同時送信が実現しない理由として、音楽著作権者や出演者、広告主との交渉が困難である、という「建前」もあった。

 だが、経営基盤が弱いコミュニティFM各局は既に、2006年から徒党を組んでJASRACと交渉、音楽も含めたネット同時送信を実現させている。この点について、前出とは別の関係者は「要は大手各社の足並みが揃わず、前向きにもならなかっただけ」と斬る。

 ところが電通が音頭をとり、足並みは一気に揃った。そうなると、権利団体も軟化せざるを得ない。音楽関連だけでなく、CMの権利を持つ日本広告業協会や大手芸能事務所などとも、スムーズに合意が取れたようだ。

 業界が一丸となり、「ラジオ復権」に向けて動き出した民放各社。ただし、前途洋々というわけにはいかない。多くの解決すべき課題が、取り残されている。

 まず、放送業界のドン、NHKをどう扱うのか、といった問題がある。2月に入ってから情報を嗅ぎつけたNHKは、即座に対応を協議しているようだが、未だに方針は固まっていないと見られる。

 ある協議会の関係者は「NHKさんが仲間に入りたいというなら断る理由はない」と話すが、出し抜かれた格好のNHKが素直に仲間に入るとは思えず、時間がかかりそうだ。

 モバイル端末の扱いも課題として残る。ラジオメディアこそモバイルの需要は高いはず。だが、当初は、パソコン向けのサービスとして始め、携帯電話などの モバイル端末には対応しないという。ラジオ局の免許はエリアごとに与えられており、地域をまたぐ聴取の扱いをどうするのか、議論が必要だからだ。

 パソコン向けでも聴取可能地域は当初、在京局は首都圏の1都3県に、在阪局は大阪府に限定される。この制限は、存在意義を問われかねない地方系列局の反 発を阻止する狙いもある。協議会は、順次、地方局にも参加を呼びかけ、各局の放送エリアに限定して、ネットの同時送信を実現してもらう方向で考えているよ うだ。

聴取可能地域の制限は、内輪の論理

 だが、ユーザー側の視点に立てば、日本のどこにいようが、好きな放送局を選べる方が便利なことは自明。旅行先や転出先で、慣れ親しんだ地元のラジオ放送を聴きたいというニーズもあるはずだ。聴取可能地域の制限は、内輪の論理に過ぎない。

 実際、一足早くネットの同時送信を実現させたコミュニティFM各局は、聴取可能地域を制限していない。コミュニティFMのポータルサイト「サイマルラジオ」では、日本全国のコミュニティFMを、誰でもどこにいても聴くことができる。

 例え、ネットの同時送信で地域制限がなくなったとしても、地方の系列局は、地元地域に根ざした独自番組を増やすなどして勝負すればよい。そうした経営努力で、より地元密着のコンテンツが増えるのであれば、地域のリスナーも喜んで聴いてくれるだろう。

 キー局と地方系列局の摩擦もさることながら、キー局同士が波の壁を越え、さらに新興のネット放送局とも同じ土俵に乗ることで、より競争が激化することも予想される。

マスメディアの一角が動いた事実は、大きな一歩

 これまでラジオ各局は、電波区分の違いで、棲み分けを図ってきた。だが、ネットに区分はない。免許を持つ優位性もない。フラットな条件でリスナーを奪い合う以上、これまで以上にコンテンツ力の強化を迫られる可能性がある。

 ただ、改革に痛みや努力はつきもの。多くの業界が情報革命に対峙し、リストラや組織改編などをしながら、市場に体を合わせてきた。

 その中で、大きく変わらずにいたマスメディアの一角が、さまざまな課題を孕みながらも動いたという事実は、大きな一歩と言える。

Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

てるてる坊主(FMジャングル:兵庫県豊岡市周辺 76.4MHz、火19:00-19:30、再放送 金13:00-13:30;土20:00-20:30)

○「てるてる坊主」(FMジャングル:兵庫県豊岡市周辺 76.4MHz、火19:00-19:30、再放送 金13:00-13:30;土20:00-20:30)

コミュニティーFM局のおもしろい番組の話題。

てるてる坊主|番組紹介|FMジャングル 76.4MHz(公式サイト)

ふたりのお坊さん、平尾宗信(臨済宗南禅寺派清峰山盛重寺住職)、天尾隆心(高野山真言宗末代山妙楽寺住職)が、メイン・パーソナリティーを務めるトーク番組。葬儀社・花屋・仏具店がスポンサーに付いている。

今週も、宗派を超えて、身にしみる仏教法話を、身近に親しみやすくノリノリでいってみたいと思います。

というオープニングの言葉に心を射抜かれてしまった。

週末の早朝にやっている宗教番組とは趣の異なる愉しい雰囲気の番組で、特にウケ狙いをしているわけではないけれど、ノリがよく、話の内容もけっこう面白い。番組は法話と「おもしろ仏教雑学」で構成されている。

聴いていると「桜川マキシム」(ネットラジオ)を思い出す。

ネットでも過去の放送を聴くことができる。アツいぜ、豊岡のイケ住(イケてる住職):

インターネットラジオ|FMジャングル 76.4MHz

番組のエンディング・テーマは、つのだ☆ひろ「般若心経」らしい。残念ながらネット配信では聴くことができない。

ベートーヴェンの交響曲第9番の「歓喜の歌」のメロディーに乗せて、般若心経がゴズペル風に謳い上げられる。鷲峰山高台寺岡林院・寺前浄因住職のプロデュースで、作詞 玄奘三蔵、作曲 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン、編曲 つのだ☆ひろという豪華コラボ。CDは、鷲峰山高台寺岡林院(京都市東山区)および高幡不動尊金剛寺(東京都日野市)で販売されているとのこと。

「故知般若波羅蜜多ぁあ〜」のところがカッコいい。羯諦羯諦波羅羯諦。


つのだ☆ひろ「般若心経」
Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

○「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(27)

2010年1月のつづき:

桑原茂一の PIRATE RADIO(InterFM、2010年1月19日(火)23:00-23:30)

海賊放送あれこれ

こんなの発見!:「犀蹴放送」

ラジオのミニコミ誌を発行しております(48):貸本喫茶ちょうちょぼっこさんに納品しました&タコシェさん・ちんき堂さんに追加納品しました&「QIC」(ウェブラジオFMC)でご紹介頂きました。

伊集院光のギャグオペラ in 「激突!あごはずしショー」(ニッポン放送、1987年?月?日(土)20:00-21:00)

ラジオのミニコミ誌を発行しております(49):「大森俊治のこしょこしょ話」(HBCラジオ)で『ラジオ中毒』がプレゼントになったようです。

東島 大『なぜ水俣病は解決できないのか』(弦書房、2010年)

東京のミニFM局リスト(暫定版)2010年1月29日改訂

ラジオな一曲(15):稲葉浩志「TRASH」(2002年)

犀蹴電台

2010年2月:

リチャード・カーティス[監督]『パイレーツ・ロック』(2009年) を観て来た。

博士の異常な鼎談(TOKYO MXTV、2010年1月7日、14日、21日(木)23:30-24:00)

i-morley LIVE 01/20/10 07:04AM

イ・ジュニク[監督]『ラジオ☆スター』 (2006年)

馬場康夫[監督]『波の数だけ抱きしめて』(1991年)

Radio Connection ラジオ・バイキング(ぎふチャンラジオ、2002年4月〜2008年6月29日、日25:00-27:30)

「BATTLE TALK RADIO アクセス」(TBSラジオ)、2010年3月で終了?

続:「BATTLE TALK RADIO アクセス」(TBSラジオ)、2010年3月で終了?

ラジオのミニコミ誌を発行しております(50):「土曜だ!! 江越だ!?」(RKKラジオ)で『ラジオ中毒』がプレゼントになったようです&熊本のキララ文庫さんに納品しました。

「爆笑問題のススメ」乙一 深夜ラジオのススメ(STV、2005年1月3日 (月)24:20-24:50、ほか)

過去の総目次:

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(1)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(2)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(3)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(4)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(5)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(6)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(7)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(8)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(9)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(10)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(11)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(12)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(13)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(14)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(15)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(16)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(17)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(18)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(19)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(20)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(21)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(22)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(23)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(24)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(25)

「ラジオ批評ブログ——僕のラジオに手を出すな!」総目次(26)

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アダチ区民放送局(ネットラジオ:足立区民放送、2010年2月27日(土)23:00-24:55)

○「アダチ区民放送局」(ネットラジオ:足立区民放送、2010年2月27日(土)23:00-24:55)

この日はコミュニティーFM局開局に関する話が満載で興味深かった。開局へ向けてのロードマップなども詳しく紹介されていた。

足立区民放送 - Radio Adachi Broadcasting

ニコニコ動画内にコミュニティーができたようで、今のところ2月27日の放送が視聴可能。アカウントをもっている人は参加しよう:

私はアカウントをもっていないので、公式サイトから聴取。

このあいだ、エフエム多摩(G-WIND)閉局の話題にふれたとき、「コミュニティーFMの経営って、どのくらいお金かかるのかねぇ」などと書いた:

エフエム多摩(東京都多摩市周辺 77.6MHz)、2010年3月31日で閉局。(当ブログ内)

足立区民放送は、最終的には5000万円の出資金を募る予定。なんでも、送信所だけで1000万円かかるのだとか。結構、お金かかるんですねぇ。

足立区民放送はサテライトスタジオは作らないのだそうだ。東京都内の常設サテライトスタジオは高コスト体質のもとかもしれないけれど、でも、「足立区にもラジオ局があるよ」ということを示すためには、リアルなプレゼンスがあったほうがよいとも思う。まぁ本音としては、ラジオ・ファンとして、ラジオやってるところを見たいだけなんですけど……。時どきどこかに間借りでもよいので定期的に公開放送などやってほしいなぁ。

ところで、放送内で言及されていた、宮ヶ瀬ダムのほとりにできたコミュニティーFM局・宮ヶ瀬レイクサイドエフエム(神奈川県愛甲郡清川村周辺 83.6MHz)が気になる。出力2W(!)だとか。今のところ予備免許のようだ:

宮ヶ瀬レイクサイドエフエム放送機構株式会社 | お知らせ

無線ファンには好評の模様:

VHF-DX blog 〜海外FMを聞く〜  宮ヶ瀬レイクサイドエフエムから返信

Google

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、見つかってしまいましたね。私のようなニコニコ動画のアカウントがない人でも、サイトへの埋め込みなら見れてしまうのです。次の放送の頃には削除されると思いますが、とりあえず、消えるまで。


2時間は長い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「RADIKO」ウェブサイト radiko.jp

○「RADIKO」ウェブサイト radiko.jp

東京・大阪のラジオ13局が、ウェブサイト「RADIKO」を通じて2010年3月15日からIPサイマル放送の試験放送を開始することが話題になっているが、サイトができていた。以前見た時は工事中だった:

radiko.jp

ただ、今のところは特にこれといった情報もなく、まだ放送も始まっていない。

ただ、Google上に残されたキャッシュによると、既にモニター向けの運用を行っていたようだ:

RADIKO - ラジコ - IPラジオ研究協議会(Googleのキャッシュ)
※匿名のかたから頂いたコメントにより、2008年に関西で行われていた配信実験についてのものと判明。

上記サイトによると、モニター段階では Windows XP と Vista のみ対応のようだ。3月15日以降はMacでもちゃんと聴けるのかねぇ。

現在トップ・ページには、参加する全局のアイコンが表示されているが、サイトのニュースリリースを見たところ、開始後は聴取者の地域に応じた局だけが表示されるようだ。

「IPサイマルラジオ」実用化試験配信開始について(PDFファイル)

ロゴなど、なんとなくデザインの雰囲気がTBSっぽい。

Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

伊集院光『のはなしに』(宝島社、2009年)

○伊集院光『のはなしに』(宝島社、2009年)

/25 「のはなしに」の宣伝(YouTube)
※『のはなしに』の宣伝で、伊集院が様ざまなな番組に出演した時の音源がアップされています。

今、月曜JUNK「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ、月25:00-27:00)『のはなし』(宝島社、2007年)の文庫化の話をしている。

写真追加とか上下巻とか、また買わないといけないじゃないか。ズルくねぇ?

それはさておき、いまさら、伊集院光『のはなしに』(宝島社、2009年)のレヴューなどしても、伊集院フリークの諸兄は既に手にしていると思うので、ちょっと違うアプローチの話を。

去年の秋、『のはなしに』が出で間もない頃、久びさに伊集院の母校・東京都立足立新田高等学校の近くを通った。その時に、『のはなしに』の1本目に収録されている「アウトセーフのはなし」——野球部でレギュラーになれずブルペン・キャッチャーだったときに、練習試合でアンパイアをやらされたときのエピソード——のことを思い出して写真を撮った。

東京都立足立新田高等学校 トップページ地図

その写真を、この機会に公開:


※何でここだけ青地に赤? 地蔵通りのときわ食堂か?
以前は白かった。
  

「広い自前のグランドがあり」(p.8)
ホームベース側から観たグラウンド
言うほど広くはない。23区内では広いのかもしれない。
  

※「『三塁側ファールグランドにある用具倉庫の裏手にある
駄菓子屋の前」という球拾いのポジション』(p.9)
現在、駄菓子屋はない。
  

※ついでに一塁側も撮影
関東精糖という会社がある。
この道のつきあたりが隅田川。
  

※噂のブルペン
 

TBSは、『のはなしに』の「アウトセーフのはなし」をふくらませて映画化したほうが良い。『ROOKIES』なんかより、よっぽど感情移入できる。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM/AMラジオ搭載ネットブック「C411A5」(オンキヨー)を実際にさわってきた。

○FM/AMラジオ搭載ネットブック「C411A5」(オンキヨー)を実際にさわってきた。

先日このブログで、オンキヨーからAM/FMラジオ・チューナー内蔵ネットブック「C411A5」(ONKYO)が発売されたことを話題にした。想像以上に関心が高いようで、意外とアクセスが多い。

FM/AMラジオ搭載ネットブック「ONKYO NOTE PC C4シリーズ C411A5」(オンキヨー)、2010年2月15日発売。(当ブログ内)

オンキヨー株式会社:新製品ニュース>地上デジタルテレビチューナー・FM/AM ラジオチューナーを搭載したネットブックなど、オンキヨーのNEW ノートブックシリーズ(オンキヨー公式ウェブサイト)


「C411A5」(ONKYO)
  

実物が見たくなり、日曜日に秋葉原に行ってみた。

ネットブックは lenovo と acer が強いとみえて、ONKYO の売り場はチョッとだけ。

比較的広い売り場を確保しているヨドバシカメラにも、地デジ内蔵のほうは展示してあったが、ラジオ内蔵のものは出ていなかった。よって、カメラ売り場で三脚の伝道師・森 泰生氏の映像だけ観て店をあとに(アレはいつ観てもシビレる)。

さて、数軒廻ってみると、Sofmap のパソコン総合館(もとヤマギワソフトだったビル。燃え〜)に展示してあったので、試しにさわってみた。

店舗情報 東京・秋葉原 パソコン総合館 | sofmap.com地図

「PureSpace RADIO」というソフトを起動し、「ラジオを聴く」を選択すると下のような画面が現れた:


貧乏くさい絵ですね。

FBIの霊感捜査官の絵みたいですみません。写真は撮れないので、記憶に基づいて再現。よって、正確でない箇所もあるかもしれない。

上段には左から、チャンネル番号・AM/FM切り替え・周波数と局名が表示され、左右の三角形をクリックすると左右に移動、上下の三角で局などが切り替わる。

下段は、選局ボタン・録音ボタン・ヴォリュームとなっている。

上下段どちらでも選局できる。録音も簡単で、画面上の録音ボタンを押すだけ。

局の登録は、地域を指定することでリストが設定される。

画面の構成は非常にシンプルで、解りやすいけれど、操作感はラジオっぽくないかもしれない。ラジオ・ファンとしては、実際のラジオのインターフェイスをシミュレートしてくれたほうが愉める。でも、支障があるということはない。

ビル内の展示品なので感度の良し悪しなどは充分に確認できず、実際に使ってみないと解らない点もあるかもしれない(モニター募集とかしてないのかなぁ)。普通にラジオを聴くぶんには特に問題はなさそうな感じ。

秋葉原の Sofmap のパソコン総合館にしばらくは展示してあるはずなので、足を運べるかたは、実際に確認してみてはいかがだろうか。

Google

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マジ高ネットラジオ 第146回 PTA特典DVDレポ(ネットラジオ、2010年2月26日配信)

○「マジ高ネットラジオ」第146回 PTA特典DVDレポ(ネットラジオ、2010年2月26日配信)

この日の「マジ高ネットラジオ」では、Perfume ファン・クラブ限定の特典DVDについて、マジ高氏が語っていた。

マジ高ネットラジオ : PTA特典DVDレポ〜マジ高ネットラジオ第146回放送

ときどき笑けながらうれしそうに語るマジ高氏のキモ愉しげな様子がとてもステキで、聴いていてコッチもうれしくなってきた。

以前、ウェブラジオFMCの「明日の基礎知識/日刊FMC→neo」で、石橋 凌が話題にのぼった時(おそらく、2009年7月19日配信分)、キレいだがやや安易にまとめようとするレツゴー匠平氏に対して、セントヘレンズ理惠女史が「それは違うと思います」と何度も訂正していたことがあった。その感じがとても良く、自分の好きなものについて妥協せずに語れるのがネットラジオの良さだなぁと思わされたことがある。

オープニング・テーマの謎

さて、今回の「マジ高ネットラジオ」では、興味深いことに、ついに「マジ高ネットラジオ」オープニング・テーマの謎が明かされた。私は時どき、ついつい口ずさんでしまっている。

番組テーマ曲についてのむんぞー氏からの質問に応えて、マジ高氏が自身の音楽歴と作曲方法について語っていた。むんぞー氏は以前、「ごすいせん」(ネットラジオ、Web R@dio Station "くりらじ")という番組で「マジ高ネットラジオ」を紹介していたかただ。

正直なところ、私も気になっていた。

番組テーマ曲をご自身で作詞・作曲なさっているとかで、さぞや音楽をやりこんでおられるのではと思いきや、楽器も弾けず、楽譜も読めないとの意外なお答え。マジ高氏はMacユーザーで、作曲は Macintosh 付属の音楽ソフト GarageBand で行っているのだとか。

番組内で紹介されていた jetdaisuke 氏の10分以内に GarageBand を使って1曲つくる動画も秀逸。単なる曲芸や腕自慢の類ではなく、10分以内に GarageBand の使い方のあらましが解る内容になっている:


YouTube - GarageBand 10 minutes Time trial

スゴいぞ、GarageBand!

私は、GarageBand はレコーダーとしてしか使ったことがなく、作曲支援ツールのほうは全くの手つかずだった。しかし、マジ高氏とjetdaisuke氏に刺激を受け、自分も初めて作曲支援ツールのほうをさわってみた。

さすがに10分以内はムリだったが、1時間もかからずに曲らしきものができた。といっても、メロディーはソフトに入っている音源をそのまま使っているので、作曲というよりは編曲かもしれない。歌には自信がないのでインストルメンタル。気に入って下さったかたは、ご自由にお使いください:


ダウンロード
曲名:精神なきド素人

作曲童貞の私にこんなに簡単にできてしまっていいのかとビックリ。これはハマりそう。

簡単にテーマ曲やBGMがつくれてしまうので、Macユーザーのポッドキャスターのかたには、ぜひともご活用をお勧めする。

USBキーボード

気を良くした私は、ソフトに入っている音素材("Apple Loops" と呼ぶらしい)には飽き足らず、自分でフレーズをつくりたいと思い、入力用のUSBキーボード(鍵盤)を見に行ってみた。

かねてから気になっていた KORG の nanoKey を店頭で触ってみた。タッチは鍵盤というよりはPCのキーボードのようだが、そのこと自体にはそれほど違和感は感じなかった。値段も5000円弱で悪くない。ただ、黒鍵と黒鍵のあいだが詰まっていて、なおかつ、開いている黒鍵と黒鍵のあいだにも白鍵の部分がなく、少し使いにくさを感じた。例えば、TOTO の "99"(キーはG#マイナー)の、黒鍵を多用するイントロのアルペジオや、ほとんどのコードは弾きにくい。

YouTube - 99 - Toto


KORG nanoKey
 

私には AKAI の LPK25 のほうが使いやすかった。鍵盤ハーモニカのような見た目もなかなかプリティーで良い。ただ、これも一長一短で、鍵盤のストロークが浅すぎるのが難。レスポンスも全くといっていいほどない。タッチに関してはむしろ割り切って KORG の nanoKey のほうが良いかもしれない。それに、値段も7000円台で高め。


AKAI LPK25
 

で、結局買わずに帰って来たのであった。

Google

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »