« ラジオのミニコミ誌を発行しております(48):貸本喫茶ちょうちょぼっこさんに納品しました&タコシェさん・ちんき堂さんに追加納品しました&「QIC」(ウェブラジオFMC)でご紹介頂きました。 | トップページ | ラジオのミニコミ誌を発行しております(49):「大森俊治のこしょこしょ話」(HBCラジオ)で『ラジオ中毒』がプレゼントになったようです。 »

伊集院光のギャグオペラ in 「激突!あごはずしショー」(ニッポン放送、1987年?月?日(土)20:00-21:00)

○伊集院光のギャグオペラ in 「激突!あごはずしショー」(ニッポン放送、1987年?月?日(土)20:00-21:00)

ギャグオペラ歌手・伊集院光


「激突!あごはずしショー」(ニッポン放送、1987年)

伊集院光が落語家時代に、落語家の身分を隠して、元兄弟子の構成作家(石田章洋)が担当しているオーディション番組に出演して優勝。それがラジオ・パーソナリティーの道へ進むきっかけになったという話は何度かラジオで聞いた。

でも、実際に放送を聴いたのは初めて。

放送日は判らないが、「メリー・クリスマス」と言っているので12月あたりだろう。司会は越前屋俵太。

つかみのネタで大爆笑。

よく聴くと、オペラ歌手ほど歌唱が安定していないが、間違えたときの立て直しやネタの後のやりとりなど、素人・新人のレヴェルではない。優勝するワなぁ。

この後、ギャグオペラ歌手としてしばらく活動。本当にオペラ歌手だと思われていたため、オペラの公演に招待され、両どなりの席ががSONYの盛田昭夫会長と大屋政子だったこともあったとか。

それにしても、「阪神の榊原さんですか?」って、シブ過ぎる。


榊原良行
 

「冗談画報2」(フジテレビ、1989年)
Google

|

« ラジオのミニコミ誌を発行しております(48):貸本喫茶ちょうちょぼっこさんに納品しました&タコシェさん・ちんき堂さんに追加納品しました&「QIC」(ウェブラジオFMC)でご紹介頂きました。 | トップページ | ラジオのミニコミ誌を発行しております(49):「大森俊治のこしょこしょ話」(HBCラジオ)で『ラジオ中毒』がプレゼントになったようです。 »

AM」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

ニッポン放送」カテゴリの記事

コメント

MasaruS さま

はじめまして。
ラジオを朝から晩まで毎日聞いている男34歳、真理男と申します。何かの拍子でこちらのブログにたどり着き、私と似た人がいると思ってうれしくなって書き込みさせていただきました。
これからも楽しくたびたび拝見させていただきます。

(参考)私のラジオ遍歴
初体験
小学5年生の時に高校野球が聞きたくて父親にポケットラジオを買ってもらう。
中学・高校時代
カセットに録音してデーモン閣下、とんねるず、大槻ケンヂ、鴻上さん、伊集院などのANNをほぼ毎日聞くなどラジオ漬けの生活を送る。あごはずしショーも聞いた記憶があります。
大学時代
伊集院JUNKを筆頭に、吉田照美ヤルマン、宮川賢ラジナメ、ドリアン助川などの番組が思い出されます。復活ラジアメでハガキが読まれたのが自慢。
現在
トークマスターを使いこなす日々。今は東京を離れているのでTBS、QR、LFはあまり聞けないのですが、AM NHK第一「新・話の泉」「深夜便」LF「てれじん」TBS「アクセス」FM「山下達郎」「福山雅治」「安部礼司」などを好んでおります。

投稿: 真理男 | 2010年1月28日 (木) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊集院光のギャグオペラ in 「激突!あごはずしショー」(ニッポン放送、1987年?月?日(土)20:00-21:00):

« ラジオのミニコミ誌を発行しております(48):貸本喫茶ちょうちょぼっこさんに納品しました&タコシェさん・ちんき堂さんに追加納品しました&「QIC」(ウェブラジオFMC)でご紹介頂きました。 | トップページ | ラジオのミニコミ誌を発行しております(49):「大森俊治のこしょこしょ話」(HBCラジオ)で『ラジオ中毒』がプレゼントになったようです。 »