« 東京のミニFM局リスト(暫定版)2009年10月20日改訂 | トップページ | 秋の夜長のおともにラジオ。ラジオって聞いてますか?「赤坂ブロガー祭り」(「小島慶子 キラ☆キラ」TBSラジオ×@niftyココログ) »

MUSIC INSIDE OUT(FMおだわら:神奈川県小田原市周辺78.7MHz、再放送:2009年10月22日(木)22:00-23:00)

○「MUSIC INSIDE OUT」(FMおだわら:神奈川県小田原市周辺78.7MHz、再放送:2009年10月22日(木)22:00-23:00)

ヒカシューの巻上公一が、FMおだわらでラジオをやっている。

「MUSIC INSIDE OUT」
 FMおだわら 神奈川県小田原市周辺78.7MHz
 ・本放送:月曜日20:00-21:00
 ・再放送:木曜日22:00-23:00

FMおだわら(78.7MHz)
makigami vocal world(巻上公一公式ウェブサイト)

FMおだわらは、神奈川県小田原市のコミュニティーFM局。地上波放送は小田原市周辺でしか聴くことができないが、サイマルラジオがストリーミング放送しているので、ネット環境さえ整っていれば世界中どこででも、トゥヴァ共和国でも聴くことができる。

サイマルラジオ

「MUSIC INSIDE OUT」は、オープニングのナレイションにもあるように、

心の内側、体の外側ひっくり返る。世界の内側、地球の外側裏っ返し。これはハズれている、良いとも悪いともつかない、でも何か気になる。そんな音楽の世界をお届けしています。

という番組。

先週たまたま聴いて気に入ったので、今週も聴いてみた。

ヒカシューのアルバム『ヒカシュー』(1979年)『夏』(1980年)のリマスター版が9月に紙ジャケット仕様で出たのを受けて、それらのアルバムを中心にかけつつ、トゥヴァ族の女声ホーメイ歌手を紹介したりしている。

エンターテインメント性は必ずしも高くないかもしれないが、メジャーなラジオ局で聴けない曲が聴きたいという音楽ファンにはおススメ。

・ヒカシュー「20世紀の終りに」(1979年)


上の動画は、先週の放送でかかった「20世紀の終りに」。「いやよ」「ハイハイハイ」など音はメロトロンで演奏されている。

ご存じないかたのために説明すると、メロトロンとは、サンプリング楽器・鍵盤楽器の一種。鍵盤のひとつひとつがテープ・ヘッドと連動しており、鍵盤を押すとテープに録音されたストリングスやコーラスなどの音源が再生され、鍵盤から指を離すと瞬時に巻き戻される、意外とシンプルで偏執狂的な機構をもつ楽器。The Beatles の "Strawberry Fields Forever" (1967年)のイントロなどでも使用されているので聴いたことのある人は多いはず。

もちろん、メロトロンには「いやよ」「ハイハイハイ」などの音源は収録されていない。当時日本で、メロトロンのテープまで自作していたのはヒカシューだけだったとのこと。今で言うところのサンプラー的な使い方だ。

「洋楽ならデヴューさせてもいいよ」

今週紹介されていたエピソードで面白かったのは、東芝EMI(現・EMIミュージック・ジャパン)イーストワールド・レーベルの話。

宇多田ヒカルを輩出したイーストワールド、第1号専属契約アーティストは、誰あろうヒカシューだったとか。

イーストワールドは洋楽のレーベルであったため、当時の東芝EMIでは傍流だったそうだ。かたや邦楽セクションは、ニュー・ミュージック、歌謡曲などジャンルごとに独特の世界が出来上がってしまっていたため、そのどれにも当てはまらないヒカシューは「洋楽ならデヴューさせてもいいよ」ということで、イーストワールド第1号専属契約アーティストとなったらしい。

Kakiiin(TBSラジオ、2009年6月15日(月)18:00-21:00) (当ブログ内)
※大槻ケンヂがゲスト出演し、ヒカシューなどの楽曲を紹介。

巻上公一、加藤和彦をチョッとだけ語る。

先週は『ヒカシュー』中心の選曲だったが、この日は『夏』から「Alternative Sun」「パイク」などがかかった。

・ヒカシュー「Alternative Sun」(1980年)


「Alternative Sun」は加藤和彦プロディースの曲であるため、図らずも加藤和彦との想い出話が披露された。

聴いた感じでは、おそらく加藤和彦が亡くなる前に収録されたようで、あくまでもレコーディング秘話の紹介という感じだった。「Alternative Sun」のイントロは加藤和彦から借りた12弦ギターで演奏された、「パイク」のエレクトリック・シタールも加藤のものを借りた、イギリスで加藤が学んできたレコーディングの技術を教わった、そういったエピソードが披露された。

いずれ加藤和彦特集もやってほしい。

コミュニティーFMの再放送

AM・FMの大出力局では、どんなに面白い番組でも基本的に再放送しない。東京のコミュニティーFM局でも、再放送していないところが多い。

しかし、日本のコミュニティーFM局全体を見れば、自社制作番組を再放送しているところのほうが多い。たとえば、三角山放送局(北海道札幌市西区、76.2MHz、サイマルラジオでも配信中)は、7:00-19:00に放送した番組を同日19:00-7:00に再放送している。

実際のところは、再放送が多いのは制作費の問題なのだろう。しかしリスナーとしては、もし面白い番組を見つけることができれば、自分に都合のよい曜日や時間を選んで聴くことができるし、聴き逃しても再度聴くチャンスがある。

地元のコミュニティーFM局やサイマルラジオでお気に入りの番組を探してみるのも愉しいと思う。「求めよ、さらば与えられん」(マタイ伝:7:7)。

サイマルラジオには加盟していないし、再放送もしていないけれど、レインボータウンFM(東京都江東区周辺、79.2MHz)で、田代まさし・中村有志・南部虎弾が、「田代・中村・南部・中井ちゃん」(レインボータウンFM、水20:00-21:00)という番組を担当していると知ったときは、「どういうメンツ?」と思ったものだ。


「田代・中村・南部・中井ちゃん」
(レインボータウンFM、2009年9月30日(水)20:00-21:00)
上の動画を見た感じでは、公開放送のようだ。
Google

|

« 東京のミニFM局リスト(暫定版)2009年10月20日改訂 | トップページ | 秋の夜長のおともにラジオ。ラジオって聞いてますか?「赤坂ブロガー祭り」(「小島慶子 キラ☆キラ」TBSラジオ×@niftyココログ) »

コミュニティーFM、ミニFM」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MUSIC INSIDE OUT(FMおだわら:神奈川県小田原市周辺78.7MHz、再放送:2009年10月22日(木)22:00-23:00):

« 東京のミニFM局リスト(暫定版)2009年10月20日改訂 | トップページ | 秋の夜長のおともにラジオ。ラジオって聞いてますか?「赤坂ブロガー祭り」(「小島慶子 キラ☆キラ」TBSラジオ×@niftyココログ) »