« ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ、2009年5月2日(土)21:30-24:30) | トップページ | ラジオのミニコミ誌を発行しております(29):小堺一機さんからおハガキを頂いてしまいました。 »

JET STREAM(TOKYO FM、月〜金24:00-24:55)

○JET STREAM(TOKYO FM、月〜金24:00-24:55)

大沢たかおが、2009年4月から「JET STREAM」(TOKYO FM、月〜金24:00-24:55)の新機長になった。

私がこのブログを書くのに使っているココログ@nifty のココログニュースでも話題に登っていた。

“新機長”大沢たかおの魅力 ココログニュース:@nifty

やっぱりこの人選は、彼の「旅」のイメージに関係があるのだろうか。

上記記事では、タイトルでも判るように概ね大沢たかお新機長を好意的に評価するブログが紹介されている。

ちなみに、ネガティヴな評価の人は「城達也や伊武雅刀の味わいには到底及ばない」という意見が多いと推測される。ポジティヴに評価する人は「新しい機長には、新しい味わいがある」と感じているのかもしれない。まぁ、これは人それぞれで趣味の範疇。言っても仕方がない。

それでも、結論から言うと、私にとっては大沢新機長のナレイションはしっくりこない。概ね悪くないのだが、次のふたつだけはどうしても気になるのだ:

(1)平板アクセント

聴いていていちばん気になるのは、「満天の星をいただく」の「いただく」の語尾が平板アクセントになっていること。こういうのホントにダメなんです、私。今どき身の回りには平板アクセントを多用する人も少なくないし、もはや多数派かもしれない。平板アクセントを忌み嫌っている私でさえ、うっかりすると平板になっているときもある。しかし、フリー・トークならまだよいとしても、ナレイションで平板アクセントを使われると、興が殺がれる。いい感じのバラードを聴いている途中に急に音程がハズれてコケる感じに似ている。

いままで、色いろな人たちが「JET STREAM」のパーソナリティーを務め、番組のスタイルも様ざまに変遷して来た。正直言って好き嫌いもある。ただ、ナレイションのアクセントで引っかかったのは、今回が初めて。

(2)BGMの切れ目とナレイションの切れ目の齟齬

次に、曲とナレイションが一体になっていないのが気になる。BGMである溝口肇の「Mr. Lonely」は、1コーラス目が終ると、曲が盛り上がりつつ2コーラス目に入る。徐々に昂まる期待感が主題に戻るときにふっと解放される、曲のハイライトと言っても過言ではない部分だ。

この一番いいところが、「夜の静寂のなんと饒舌なことでしょう」と「光と影の境に消えていった」のあいだの中途半端なところに当たってしまっている。しかも、とって付けたようにBGMのレヴェルが上がりすぐに下がり、不自然極まりない。

オープニングのナレイションは詩的な部分とアナウンス的な部分(=「これからのひと時」以後の部分)で構成されている。詩的な部分が終り、曲が盛り上がり、主題に戻る開放感でひと呼吸置いて、アナウンスに戻るのが最も美しい構成ではないかと思う。ナレイションの切れ目と曲の切れ目が揃っているほうが、聴いていて安定感がある。

ただ、この点については、城達也と伊武雅刀の時どうだったか定かではない。YouTubeでいくつか聴いてみたら、アップされている音源ごとにまちまちだった。ちなみに、40周年特番「JET STREAM 40th Anniversary Around the oneworld」(TOKYO FM、2007年7月3日(月)23:00-24:55)で使用された城達也時代の第1回の音源では、「日本航空が、あなたにお送りする音楽の定期便、ジェットストリーム」までをフランク・プゥルセル・オーケストラ(Franck Pourcel Orchestra)の "Mr. Lonely" の1コーラスに収めている。伊武雅刀の時どうだったかご存知の方は是非ご教示下さい。

このように考えるのは、単に私が偏執狂なだけだと思うので、気にしないで下さい。

Google

|

« ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ、2009年5月2日(土)21:30-24:30) | トップページ | ラジオのミニコミ誌を発行しております(29):小堺一機さんからおハガキを頂いてしまいました。 »

FM」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

高校時代の遠い記憶では、城達也のナレーションは同じセリフを毎回収録していたのではないでしょうか(冒頭の遠くから迫り来る「ジェットストリーム!」は録音使い回しですが)。ちなみに個人的には「ミスターロンリー」はフランク・プゥルセル楽団しか認めません! 試験前だろうが何だろうが、イントロのあのオルガンが別世界へいざなってくれました(笑)。

投稿: やきとり | 2009年5月 9日 (土) 01時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JET STREAM(TOKYO FM、月〜金24:00-24:55):

« ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ、2009年5月2日(土)21:30-24:30) | トップページ | ラジオのミニコミ誌を発行しております(29):小堺一機さんからおハガキを頂いてしまいました。 »